カテゴリ

カテゴリ:サントリー

サントリー プライベートストック 佐治敬三 1960〜70年代流通 43%

カテゴリ:
SUNTORY
Private Stock Whisky
Specially Blended by Keizo Saji
1960-1970's
720ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅セミナールーム@TWD
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:軽やかなモルティーさ、蜂蜜、りんごのコンポート、やや経年を感じさせるオフフレーバー。奥からドライなウッディネス、過熟系のニュアンスがほのかに。

味:香り同様に軽やかなモルティーさ、すりおろしたりんご、おしろいを思わせるドライな麦感。中間に薄めたカラメル、少し甲類的なのっぺりとした要素があるものの、総じてモルティーな味わい。
余韻はほのかに湿ったような樽感を感じるが、スパイシーでドライ、すっきりとしている。

シェリー樽表記があるが、ファーストフィルというよりリフィル的な構成。グレンフィディックのようにスムーズで柔らかい、スペイサイド的ニュアンス主体。短熟と長期熟成が混じったような要素も感じられる。バランス良く、普通に美味しいウイスキー。


初代並びに2代目マスターブレンダーの作にして、皇室、政界や関連業界のトップ層、そして特に親しい方への贈答品、時にはある種名刺がわり的に使われていたと言われているのが、このプライベートストック。
このブランドは、その後プレジデントチョイスとして名を変え、1990年代まで続くことになります。
勿論、非売品だったという話です。

当時のジャパニーズウイスキーは黎明期にあたり、原酒の制限や消費者の趣向もあって、広義のそれらは決してレベルが高いウイスキーではなかったことは、これまでも度々触れてきました。
しかし、時のサントリー社のトップからの贈答品が、ハンパなものであるはずがなく。近年のハイグレード品に比べると見劣りするところはありますが、同時期のジャパニーズウイスキーの中では、相当気合いの入ったリリースに分類されます。

スペイサイド的なモルティーさ、スモーキーさは控えめで、樽感も過剰にないリフィル系統。ちょっとブレンドアルコール的なニュアンスも感じますが、経年によるフレーバーを差し引けば、なんというかこの時期のジャパニーズらしくない綺麗なウイスキーですね。
1960年代当時のサントリーは、山崎以外に蒸留所がなく、白州稼働後も熟成した原酒はがなかった中で、この多彩さとバランス、何より日本とは異なるスコットランド的な熟成感。山崎の原酒以外に、熟成した輸入原酒が使われているのではないかと。。。
何れにせよ、当時の文化を考えれば、ストレートというより水割りやロックが主流と思われますが、充分良さが発揮できる構成だと感じます。

今回のボトルは、1961年に取締役社長兼マスターブレンダーに就任した佐治敬三氏が手がけたもので、その前には鳥井信治郎氏の手がけたプライベートストックが複数種類存在しています。
先に記載した用途だっただけに、一般流通とはいかずともまとまった本数があったものと考えられます。
中には皇室に献上したと思われる、菊花紋章をボトル背面にプリントしてあるものもあり、これの実物は日本橋の某BARでしか見たことがありません。

・・・という話はテイスティングの感想を除いて大半が伝聞ベースで、一般に販売されてないためか、記録らしい記録が見つからないのもこのウイスキーの特徴だったりします。
何方か詳しい話をご存知でしたら教えて頂けますと幸いです。


雑談:サントリーと言えば、今ちょっとした噂がありますね。
自分が聞いている範囲では、確度は高めながらまだ具体的な動きなし。ただし2月20日に何らか発表があるという情報もあり、今後の動きは引き続きアンテナを張って確認していきます。

山崎 リミテッドエディション2017 サントリー 43%

カテゴリ:
SUNTORY
YAMAZAKI
Single Malt Whisky
Limited Edition 2017  
No Aged
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(5→6)

香り:華やかでドライ、ツンとしたウッディネス。リンゴのカラメル煮、オレンジチョコ、香木を思わせるアロマ。時間経過で蜜っぽい甘さも感じられる。

味:ウッディでやや刺激のある口当たり。ドライオレンジピールから杏子のジャム、微かなハーブ、濃く入れた紅茶のタンニン。ボディが軽くドライな質感が目立つものの、徐々に粘性も感じられる。
余韻はドライでスパイシー、ほのかな焦げ感。華やかな樽香が染み込むように残るビターなフィニッシュ。

ボディは軽く、香りも浮ついたようで重厚な感じではないが、華やかなウッディさがあるボトル。サントリーらしさ、山崎らしさに通じる特徴的な樽香。ドライ気味でビターな味わいは、加水するとバランス良くなり蜜系の甘味が広がる。少量加水、あるいはロックも楽しめそう。


サントリーが毎年ギフト向けにリリースしている山崎の限定品。メーカーのテイスティングコメントは毎年同じですが、ブレンドの方向性という扱いのようで、年度毎に違う香味、仕上がりを楽しめます。

そのコンセプトは、シェリーやポート樽などによる20年以上の長期熟成原酒に、パンチョンやバーボン樽などの若い原酒をブレンドして仕上げるノンエイジ仕様。熟成で失われがちな香味のパワーを若い原酒で補った、両者のいいとこ取りということなのですが。。。この手のコンセプトは他社のリリースにもしばしば見られ、実態がかけ離れているケースも少なくなく。つまり、混ぜても香味や熟成感は完全に平均化されないので、下手すると若い原酒に食われていたり、嫌な部分が目立ってしまう場合もあります。

ブレンドには相反する要素が必ずあり、そこの間を埋めていかないと、一つの要素が孤立して目立ってしまうのです。(逆にギッチリ埋め過ぎても、それはそれで個性のぼやけた味になるのでバランスが難しいわけですが。)
この山崎リミテッドエディション2017はどうかというと、主たる香味の間を繋ぐ濃厚さのある原酒が少ないのか、長期熟成による華やかでウッディな樽感はしっかり感じられる一方、口当たりは妙にスパイシーでボディが軽い。同シリーズでは、特に2015からこうした傾向が顕著であり、今年はさらに突き詰めてきた印象があります。

IMG_4793
(先日久々に見学した山崎蒸留所。ちょうど蒸留器のメンテナンス中で、蒸留中のにおいを感じることは出来なかったが、これはこれで貴重なシーンを見学できた。)

華やかな樽香が感じやすい反面、全体的にはアンバランスとも言えるわけですが、加水すると水が架け橋となって間が埋まり、マイルドでフルーティーさを感じやすくなるポジティブな変化がありました。 
メーカーサイトには「まずストレートで飲んで欲しい」と書かれており、熟成した山崎らしい華やかな樽香をストレート感じた後は、ロックなど一般的なウイスキーの飲み方で肩肘張らずに楽しんでいけるのが、作り手のイメージなのかもしれません。

なお、テイスティングに記載したように、今回のボトルには香木に通じるウッディさがあります。
これはスパニッシュオークやアメリカンホワイトオークに由来する樽香、ブレンドの妙からくるものと思いますが、そうしたニュアンス漂う華やかでボディの軽い味わいは、サントリーがウリとする近年のミズナラカスクにも通じる方向性。個人的には"擬似ミズナラ"としても位置付けられる仕上がりで、意外な共通項にもブレンダーの技を感じました。

近年18年の出来がちょっとアレな中、そして12年が絶滅危惧種な中。この山崎リミテッドは代替品として案外良い仕事をするんじゃないかとも思います。

サントリーウイスキー 角瓶 1950年代流通 寿屋 ウイスキー特級表記 43%

カテゴリ:
SUNTORY
Liqueur Whisky
KOTOBUKIYA
1950-60's
720ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★(4)

香り:癖の少ない甘くほろ苦い香り、甲類系のニュアンス。少し油絵の具のような古酒感があるが時間経過で軽減され、モルティーで落ち着いた蜜のような甘さ、華やかで香木のようなアロマが広がる。

味:スムーズでまろやかな口当たり。ほろ苦いキャラメリゼ、チョコレートウェハース。少しピリッとしたアルコールの刺激と、複雑さはないが妙なコクと奥行き、飲みやすさ。
余韻は焦げたような麦芽風味やキャラメルソース、ビターで張り付くように残る。

味はそこまで変化がないが、少量をテイスティンググラスに注いでスワリングしながら時間をかけて開かせると思いがけず様々なアロマが開いてくる。これは中々面白い。
熟成感は10年程度。ハイボール、水割り、ロック、いずれの飲み方も共通して昭和の味、黎明期の味。

(中之島2丁目に本社があったのは1958年から。同1963年にビール事業参入と合わせて寿屋からサントリーへと社名を変更しており、このボトルは1958年から1963年までに発売されたものとわかる。それにしてもこの時から"京都にほど近い山崎"を掲げていたとは。) 

今回のボトルは寿屋時代末期の角瓶です。今から50年以上前のボトルですが、見た所状態は非常に良く、液面もバッチリ。今この瞬間買ってきた復刻版と言ってもわからないレベルです。

そんなボトルでしたが、このまま放置してもどうせ飲まなさそうなので、ばっさり開封してテイスティング。ついでに、というほど記憶は定かじゃないのですが、比較対象としてストレートで現行の角瓶も購入して飲んでみました。
ハイボールではなんだかんだ頻繁に飲んでますが、少なくともラベルが変ってからストレートで飲むのは初めてです。

(角瓶現行品との比較。ポケット瓶で奥行きの違いはあれど、色合いは現行品の方が薄く仕上がっている。)

まずオールドボトルの角瓶ですが、使われている原酒の傾向が現行品とは大きく変っており、華やかでライトな現行品に比べ、重みのある味わいが感じられます。
当時は当然白州も知多もなく、国産原酒は山崎のみ。グレーンウイスキーも満足に手に入らない中、山崎の原酒をベースにブレンド用アルコールも使いながら、味を仕上げていったのでしょう。薄められたようなモルティーな味わいの中に、甲類的なのっぺりとしたニュアンスが混じって感じられます。

輸入原酒については、グレーン含めおそらく使われていたと思われますが、戦後10年少々というこの時代にどれくらい使えたかは定かではありません。
使われた樽についても混ざりすぎてて正直よくわからないというのが本音のところですが、ほのかにシェリー樽を思わせる甘み、モルティーさ、香木香があり、リフィルからファーストフィル、手に入る様々な樽を使っていたと考えられます。
現代に比べて制限の多かった時代ですが、同時期の一部スコッチにも見られる高級感のイメージにコニャックを目指したような、こってりとしているというかまったりしているというか・・・良くも悪くもこの時代のジャパニーズに見られる傾向の一つです。

一方、現行品については先に書いたように、華やかでライムや柑橘を思わせる爽やかさも漂う、意外にモルティーな香味に仕上がっていて「あれ、ストレートだとこんな感じなのか」とびっくりしました。
グレーン感は味わいの余韻にかけてありますが、過度に主張する感じは無いですね。基本的には山崎よりも白州比率多めと感じられる香味と、後は自分の中で「バルク香」と表現している中性的なモルト原酒のニュアンスがあり、すっきりとした余韻に繋がります。
香りはちょっと露骨過ぎる感じもありますが、巷で言われるような異物感はなく、これはこれとしてバランスが良い。ストレートで飲んでも若さが上手く中和されてますし、香りの系統はハイボールで飲むにはピッタリです。

現代のウイスキー業界の動向については言わずもがな、1950年代はトリスバーの開業などでウイスキーブームが興り、現代同様ハイボールが好まれた時代。
ただ、それぞれのブランドの立ち位置としては、高級品だった時代の角瓶と、ハイボール要員である現代の角瓶とでは、目指す場所は異なってくる。
その方向性で考えると、オールドボトルは黎明期らしく飲み手も造り手も発展途上、まだふわふわとした部分が残っていて、とりあえずマイルドな味わいが目指されていますが、現行品はしっかり目指すところが見えている故にキャラクターや市場がはっきりとして、良く考えて作られているウイスキーだなと思います。

っていうか、今ウイスキー業界に参入してきた新興クラフトメーカーは、低価格帯ではこのウイスキーと味、価格、営業力などで戦わなければならないわけで、改めて飲むと壁の大きさも感じます。
なんとなく飲んでみたオールドと現行品ですが、それぞれに感じられる要素があって充分楽しませてもらいました。

サントリー シングルモルト 山崎 NA 43% オフィシャル

カテゴリ:
IMG_4412
SUNTORY WHISKY
YAMAZAKI 
Single Malt Whisky 
No Aged 
180ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとしたアルコール感、ウッディで甘いアロマの奥からハーブ、少し焦げたようなニュアンス、キャラメル、焼き芋や黒砂糖。香りの要素に分離感のある構成。

味:ねっとりとした甘い口当たり。ザラメ、乾いた木材、淡く植物系のニュアンス。少しざらつくような口当たりを残しつつ、奥から若い原酒を思わせるエッジの立ったアルコール感。
余韻はスパイシー、あざとさのあるオークフレーバーの後は、若い原酒の荒さを残して長く続く。

12年に共通する樽香も一部感じるところがあり、山崎らしさは備わっている一方
。香味とも荒さが目立ち、ストレートは少々呑み疲れる。飲み方は少量加水が好ましい。ロックも初めは悪くないが、氷に負けるのが早い印象。


ハイボールブームの折、山崎10年のフェードアウトを支える形で2012年に発売された、山崎ノンエイジ。
先日、久々に白州NAが飲みたくなって180mlボトルを購入したわけですが、ついでだから山崎NAも飲んでおくかとセットで購入していました。
自分の周囲の飲み屋では、白州ハイボールは比較的ラインナップにあって角ハイボールに飽きた時に頼んだりするのですが、山崎NAはあまりなく、かつハイボールというイメージも無いため、NAを飲むのはそういうシーンを含めても本当に久しぶりです。

そんな久しぶりの山崎は・・・"荒い"というのが第一印象。例えば若さというとニューポッティーで乳酸系の酸味が強いというような要素がありがちですが、これはそのタイプではなく。ワイン樽やホワイトオークなど使われた樽由来と思しき甘みはそこそこあるのですが、ベースとなる原酒の奥行きが乏しいので、舌あたりの荒さ、アタックの強さが目立ってしまう印象です。
昔某ウイスキー雑誌のテイスティングコメントで「まだ時間が必要」と書かれていた事を、朧げながら思い出しました。

一方、飲み進めていくと、テイスティングの通り「この辺は上位グレードと共通点があるな」と思う部分もあります。
その一つが余韻にかけて感じる華やかなオーク香、熟成した山崎原酒に感じられる要素です。
限られた原酒の中で苦労して作られている事が伺えます。
これはこういうもの、として割り切るなら、楽しめる要素にフォーカスして飲んでいける。エントリーグレードのあり方を考えさせられるボトルでした。

サントリー シングルモルト 白州 NA 43%

カテゴリ:
IMG_4375
SUNTORY WHISKY
HAKUSYU
No Age
180ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5-6)

香り:つんとしたアルコール感、酸味のある若いニュアンスと乾いた木材、微かに干草。淡く華やかでオーキーなウッディネス。時間経過で洋梨を思わせる甘いアロマも開いてくる。

味:蜂蜜やバニラを思わせるまったりと甘い口当たり。あわせて若さを感じる酸味、スパイシーな刺激、オーキーでナッティーなニュアンスのあるウッディネス。余韻はドライで乾いた木材、内陸系のピーティーさを伴う。

ストレート、加水、ロック、ハイボール・・・突き抜けないが、どんな飲み方でも楽しめる万能的なシングルモルト。バーボン系の樽香が森の木々を連想させる。飲み方によっては若さが前に出るものの、ハイボールにすると飲み口で酸味のあるモルティーさに微かなピート、若さが爽やかな飲み心地に繋がっている。 
IMG_4374

後述する事情から白州ハイボールが飲みたくなり、すぐ近所の酒屋で買い求めたもの。軽めの飲み口から爽やかなモルティーさとライトな樽香が、サッパリとした飲み口に繋がり風呂上がりの1杯にぴったりです。
オールドボトルやアイラモルトなど、味のしっかりあるハイボールも良いですが、こういうのもたまには、特に夏場には良いもんです。

白州NAは会社の飲み会で注文するケースは多いものの、ストレート含めてちゃんと飲むのは、発売直後に買って以降あまり記憶がありません。
そう言えば、5年くらい前に某ショップが「山崎プレミアムソーダを2ケース買ったら山崎&白州NA(700ml)セットでプレゼント」なんて意味不明な企画をやっていて、それ以来か。ちょうど良いので、直近ロットの味を見ておこうと思います。

(白州蒸留所の蒸留器群。山崎同様、様々な形状のポットスチルがあり、多様な原酒を作ることで、ブレンド、リリースに幅を生み出している。Photo by T.Ishihara)

そもそも、白州が急に飲みたくなった原因は、Facebookに投稿されていた白州蒸留所の写真群でした。
いやー良いなー、最近蒸留所行けてないなーと思ったところで喉が鳴り、久々に飲んでみるかと。それでも700mlフルボトルじゃないのは、これ以上開封済み増やすのもなという、ささやかな抵抗、あるいは無駄な足掻きから。
や、このサイズの瓶はストックがあると何かと便利なんですよ、うん。

白州は、スコットランドで言うハイランドモルトに近いキャラクターがあると感じます。
ハイランドと言っても東西南北、厳密には島もいくつか含まれる広域な区分ですが、白州や山崎は上の写真のように様々なタイプの原酒を作っているため、蒸留所としては基準となるキャラクターがありつつも、リリース毎にスタイルが微妙に異なるイメージ。
白州NAは他のグレードに比べて香味が軽く、ハイランドの中でもややスペイサイド寄りの印象。昔飲んだ時はもう少しバーボン樽系の樽感があり、それこそグレンモーレンジっぽいなと思ったのですが。。。久々のテイスティングとなった今回、香味の方向性は変わっていないものの、自分の味覚の変化かロット差か、あるいは時代やブームでレシピが変わったのか、樽感がライトで原酒の若さが感じやすかったように思います。

それでも他社が原酒を確保しづらい中で、大量生産でこのクオリティをよく維持できるなと。色々話題になる企業ではありますが、作り手の腕は本当に凄いと感じます。

このページのトップヘ

見出し画像
×