カテゴリ

カテゴリ:サントリー

サントリー ローヤル 1990年代流通 43% 干支ラベル申年

カテゴリ:
ROYAL
SUNTORY WHISKY
Release 1991-1992
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後3ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★ ★(5-6)

香り:甘く熟成したウッディーな樽香、続いて干草や乾いた穀物感。蜂蜜とドライアプリコット、カシューナッツ。徐々に香りが落ちていき、ドライなニュアンスが強く感じられるようになる。

味:飲み口はスウィートで林檎のコンポートやケーキシロップのような甘みに加え、ほのかな香木感を伴うオークのウッディネス。軽やかな穀物感も合わせて感じられ、口当たりはしっかりしているが、ボディはやや軽い。 
余韻はほろ苦く、すっきりとしてドライなフィニッシュ。 

香味とも現行品より品の良い熟成したモルティーさが、文字通りのトップドレッシングとして感じられる。しかし各香味の繋がりには若い原酒の荒さが若干あり、特に中間から余韻にかけてが少し弱い。
ロックはそうしたボディの弱さが目立つが、ハイボールはすっきりとした中に華やかなオーキーさが感じられる。また、意外に水割りが悪くない。


サントリーから毎年干支毎にリリースされている干支ボトル。申年のローヤルは1992、2004、2016が該当しますが、今回のローヤルは1995年に12年表記が発売される前、旧酒税法改正後の1991年ごろに発売された1本です。

この当時、バブル崩壊とブームの終焉で国内のウイスキー消費量が減り出したことと反比例するように、サントリーのブレンデッドの品質は2000年代初頭にかけて響を筆頭にピークに向かう時期。
ローヤルも同様で、ボディが妙に軽かったり、ウッディな樽香が浮ついていた旧酒税法時代に対し、この時代のものはだいぶバランスが取れてきています。

特に特級表記ジャパニーズの大半に感じられた、独特の香味の薄さがなくなったのが大きいですね。ああ、やっとウイスキーになってきたなと。
この辺りから2000年代中頃くらいまでのローヤルは、響ほどのレベルはないですが普段使いにもってこい。おそらく単純に原酒の使用比率と質が上がった結果だと思うのですが、新しい酒税法の整理では特級区分は品質を落とすことも出来た中で、逆に骨格がしっかりしてきているのは、純粋にメーカーの総合力が向上した結果とも感じています。

ちなみにローヤルの裏ラベルには、15年熟成の山崎原酒を効かせた旨の記載があり、確かにそのニュアンスはトップノートで感じることが出来ます。この後リリースされるローヤル15年に通じる香味でもありますね。
また、前述でも触れたように原酒の質としてはグレーンの質が上がったのでしょう。8〜10年くらいの熟成とは思いますが、完全ではないものの単に薄くならず全体の香味を繋いでいます。
60's表記のある1980年代以前流通のローヤルから飲んでくることで、ブレンデッド作りには良質なモルトとグレーンが欠かせないのだという、ある種当たり前のことを実感させてくれるのです。

響 ジャパニーズハーモニー 43% サントリー

カテゴリ:
HIBIKI
JAPANESE HARMONY
SUNTORY WHISKY
700ml 43%

グラス:響フレグランスグラス
時期:不明(開封後そう長い時間は経過してない)
場所:HIBIYA BAR WHISKY-S
評価:★★★★★(5)

香り:軽い香り立ち。ドライでやや青みがかったウッディネスと穀物香、干草。奥から淡い植物感と金柑のようなほのかな果実香もある。

味:若干若さを伴うピリッとした軽い口当たり。干し草、スパイス、乾いたウッディネス。果実味はあまりなく、シロップのような甘みと木材感のあるほろ苦さ、ドライな余韻。

全体的に若さが感じられ、ビターでドライな構成。加水するとかなり薄くなるが、奥にはオーキーな華やかさも感じられるようになる。ハイボール要員としては使いやすいか。
なお大ぶりのグラスで開かせることで香りのネガティブな点は隠れてはいるが、全体のピンボケにも繋がっている気がする。

近年ロットのジャパニーズハーモニー。
同銘柄は2015年のリリース時に何度か飲む機会があり、12年や17年に比べ特筆して深みのある香味ではないものの、響らしいウッディネスの層が若いなりに備わっている。エントリーグレードという限られた条件の中で「ブレンダーの努力が見える酒」、というのがこれまでの認識でした。

以降、居酒屋などでハイボールは飲むものの、ここ1〜2年ストレートでテイスティングすることはなく。
上位グレードに当たる響ブレンダーズチョイスがリリースされたので、比較も兼ねてテイスティングをしてきたのですが。。。
同ボトルのテイスティングでも触れましたが、自分の中にあったキャラクターからはだいぶ離れた姿に感じられ、これならいっそローヤルでもいいんじゃ?と思ったほど。

その違い、具体的には熟成感と樽感ですね。
以前からドライというか樽の苦味が先行気味でしたが、少なからずコクがあり、それが樽由来の華やかさを繋いでいたところ。サントリーの製品に限らず、発売初期は気合入れて原酒が使われてるけど、ロットを重ねる毎に味がドライで熟成感が軽くなるケースは、ロット差のあるウイスキー全般少なくありません。
仕込んだ原酒の関係から時代の流れで味は少なからず変わるものですが、それでもこの短期間じゃちょっと露骨かなという印象を受けました。

そんなわけで一層ブレンダーチョイス悪くないじゃん、って思ったわけですが、響、山崎、白州、例外なく感じる近年の変化。これが2020年問題を超えて今の香味を維持できるのかは。。。結局消費量次第なのかもしれません。

響 ブレンダーズチョイス 43% 2018年リリース

カテゴリ:
HIBIKI
BLENDER'S CHOICE
SUNTORY WHISKY
2018's
700ml 43%

グラス:響フレグランスグラス
場所:日比谷BAR Whisky's
時期:開封後1日時点
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかなオーク香に、ツンとした刺激と乾いたウッディネス、淡く干し草っぽさ。洋梨のタルト、マスカット、ファイバーパイナップル。白系にうっすら黄色系の混じる品のいい果実香。

味:ドライで軽さもあるが、途中からコクを感じる口当たり。序盤はオーキーなフレーバーが中心で、心地よいスパイスの刺激とねっとりした舌触りが、焼き栗、バニラ、微かに柑橘の皮を思わせるニュアンスも。
余韻はウッディでほろ苦く、ややタンニンも伴う。

ホワイトオークのドライで華やかな香味をメインとし、長期熟成原酒が全体のバランス、ワイン樽の粘性のある甘みやタンニンがアクセント。わかりやすい構成で、比較的よくまとまっている。少量加水すると口当たりのドライさと粘性ある舌あたりが混ざり合い、一体感のある華やかさと微かなミズナラの残滓、香木香が感じられる。


今年2月、エッセンスオブサントリーの発売と合わせてPRされていた響の新商品、BLENDER'S CHOICE (ブレンダーズ チョイス)。9月4日発売予定で、1ヶ月前くらいから試飲会とか色々情報が出てくるやろーって思っていたら、見事に何もなく(笑)。
友人から「飲んだ?」と聞かれるまで、完全に忘れてました。

【響 BLENDER'S CHOICE】
発売:2018年9月4日(火)
希望小売価格:10,000円
仕様:ブレンデッドウイスキー
容量:700ml
度数:43%

<構成>
・様々な樽や様々なエイジングの原酒を厳選し、ブレンダーの匠の技でブレンドした特別な一品。
・平均酒齢15年程度、一部30年を超える高酒齢原酒を使用。
・ワイン樽後熟原酒を使用し、甘くまろやかで深みのある味わい。

上記が、PR用のビラに使われていた情報になります。
30年熟成原酒を一部使いつつも、平均酒齢15年という表記は気になるところ。まあ冷静に考えて、原酒不足なのに熟成感たっぷりで、全盛期の響を思わせるような構成のものがリリースされるなんてことはないんですよね。
飲んで見ると、やはりピリピリとした刺激や10年程度の若い原酒らしい軽さは感じられます。しかしテイスティングの通りフレーバーの繋がりに加えて口の中での変化と起伏があり、ただ若く、薄っぺらいだけの味わいにはなっていません。
正直なところ、思ったよりも悪くないというのが本音の評価です。

原酒についてはワイン樽後熟の表記がありますが、それはあくまでアクセント。メインになっているのは、パンチョンやバーボン樽のホワイトオーク系の原酒であるように思います。
他のジャンルに例えるなら、スコッチモルトでバーボン系の樽熟成のスペイサイドモルトや、ブレンドではシーバスリーガルの上位グレードにあるような華やかさ。この香味が主体にある事で、はっきりとわかりやすい構成を軸としたブレンドになっていると思います。

また、そこに長熟原酒やワイン樽の後熟原酒、あとはシェリー樽などの要素が加わり、オークフレーバーを軸に口当たりから余韻にかけての香味の変化、起伏、繊細にも感じる複雑さ。それは十二単のようなとまではいきませんが、樽由来の香味が幾つかの層を成す、日本らしいウッディネスが感じられる点も印象的でした。 


響ブレンダーズチョイスは、発売時期的にも価格帯的にも、休売となった響17年の後継品という位置付けが見える銘柄です。
また、今後響のラインナップは、
・ジャパニーズハーモニー(5000円)
・ブレンダーズチョイス(10000円)
・21年(25000円)
・30年(125000円)
※( )はメーカー希望小売価格
と、エントリーグレードから2つのノンエイジが並ぶことになります。
まずこの2本を飲み比べて見ると違いは明確。ジャパニーズハーモニーは比較的近年の発売であり、ベクトルは似ている部分もあるのですが、熟成感、果実味、複雑さ、ウイスキーとしての格の違いは明確で、値段なりの差は間違いなくあると言えます。(っていうかジャパニーズハーモニー、若くなったというかドライというか、味変わりましたね。。。)

一方で、響17年と比較すると、これは時代が変わってしまったのだと思わざるを得ません。
熟成感はそもそもエイジングとノンエイジ表記で条件が違うので、その差は当然あるものとして、それ以上に和的な要素に繋がっていたミズナラ系の香味が、最新ロットの響で3(全盛期の17年で5〜6)とすれば、ブレンダーズチョイスは1くらい。シェリー系のニュアンスも減っている印象です。
様々な原酒の香味、ウッディネスが多層的な香味を織りなすブレンドの方向性は変わらないでも、原酒構成がそもそも違うことが時代を感じてしまう要因となっています。

他方、原酒不足の中、それでも良いものを作らなければならない。まして新商品は響シリーズの代表格とも言える17年の後継的な位置付けとして、常に比較されるわけですから、様々な悩みと苦労があり、ブレンダーにとってはまさにチャレンジだったのではないかと思います。
その想いが結実したブレンデッド。単品として見れば、値段なりの美味しさはありますし、見るところがある良作だと思います。

サントリー シングルモルト 山崎 25年 43%

カテゴリ:
YAMAZAKI
SUNTORY WHISKY
Aged 25 years
700ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後5年程度
場所:BAR Perch 萌木の村
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかでコクのある香り。香木系のニュアンス、チョコレート、レーズンやベリーのドライフルーツ、あるいは熟した柘榴。深みを伴う甘酸っぱい馥郁としたアロマ。

味:スウィートでとろりとリッチな口当たりだが、すぐにビターでドライ、強いタンニン由来の渋みを感じる。
果実味は香り同様にベリーやプルーン、カシスとフルーツソースのような濃厚さだが、余韻は香木を伴うウッディネス、果実味のあるシェリー香が鼻腔に抜け、タンニンが強く染み込むように長く残る。

濃厚なスパニッシュ系のシェリー感に加えミズナラを思わせる香木香も伴い、香りだけでご飯3杯いけるようなウイスキー。ただし味はストレートだと濃厚な甘みの後にウッディーでタンニンが強く、色々な意味でのジャパニーズらしさもある。少量加水すると香味ともさらに開き、タンニンも軽減される。


ああ、山崎のシェリー樽だなぁと感じる1本。
近年、世界的なジャパニーズブームを受けて山崎25年の価格は青天井。加えてモノも品薄ときて蒸留所での試飲以外は飲む機会がなくなっていたのですが、どうも最近のロットはシェリー感が薄い印象があり、今回ブーム到来前のロットをテイスティングしてその構成を探ることにしました。

ボトルは萌木の村で開封されていた、2013年ごろの流通と思われるロット。
シェリー感はスパニッシュオークのオールドタイプ。そこにミズナラ、ホワイトオークといくつかの樽が混じり合っているようですが、比率はシェリー7、ミズナラ2、ホワイトオーク1くらいと感じるほど、濃厚なシェリー感が主体の構成です。
その香味はジャパニーズらしさと言うか山崎の到達点の一つと言えるものですが、最低25年という熟成期間の縛り故、樽由来の渋みが強く出て、極上のチョコレートケーキとエスプレッソを合わせているような、深い甘みと苦味の層を感じる味わいが特徴的です。

他方、今回のテイスティングのきっかけとなった、山崎蒸留所で試飲した25年の近年ロットはシェリー感が若干ライトになっており、ホワイトオークの比率が上がっていた印象。ざっくりとした比率でいうと、シェリー5、ミズナラ2、ホワイトオーク3くらいでしょうか。
年間製造本数1000本強と本当に限られた数しか作られないハイエンドでも、近年のブームの影響を見るようです。

シェリー感が薄くなったことは賛否分かれると思うものの、上述のタンニンが穏やかになって、逆にバランスが取れたかなという印象もあります。
山崎18年や響21年も同様の変化が見られたことは先日記事にもした通りですが、それらのラインナップ一通りの背後に、ブレンダーの努力を見たようにも感じるのです。

ジャパニーズウイスキー「響」のフェイクボトル報道に思うこと

カテゴリ:
いつか話題になるだろうと思っていた、ネットオークションにおけるジャパニーズウイスキーのフェイクボトル。その逮捕者が出たというニュースが、本日配信されています。

中身は別のウイスキー 偽「響30年」販売容疑で逮捕(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL8P41T0L8PONFB006.html

自分がウイスキーを本格的に飲み始めた2010年頃、フェイクボトルと言えばスコッチでマッカランやスプリングバンク、あるいは陶器瓶のラガヴーリンなど、海外から買い付けるような一部のレアなボトルに限られていました。
代表的なものが、昨年ニュースにもなった100年前のマッカランとかですね。
国内ではマッカラン30年ブルーラベルが話題になるくらいで、よほど高額なものでなければフェイクづくりは割に合わないというのが定説だったとも記憶しています。

ところが、近年のジャパニーズウイスキーブームを受けて、まずはイチローズモルトのフェイクと思しきボトルがヤフオクなどで見られるようになり。スコッチモルトも高騰し始めた結果、近年リリースでもフェイクを疑われるボトルが徐々に増えていました。
そして極め付けが、今年発表された白州、響の休売ニュース。海外からの買い付けで流通価格の数倍という価格高騰を引き起こした結果、メルカリやヤフオクの所謂転売系の出品物に明らかにフェイクと思しき響17年以上が混じり始めたのです。(メルカリの方が多い印象。)
それは散見というほどの数はないものの、事件化することは時間の問題だったようにも思います。


疑わしきは・・・ということで、この場でWEB上に出品されている(されていた)ボトルを名指しすることはできませんが、例えば最近メルカリやヤフオクで見かけた響で、明らかに怪しかったモノの特徴は以下の通り。

①開封済みである。
②液面が通常より高い。
③撮影の影響を差し引いても、色が濃いor薄い。
④ラベルが張り直されたような跡がある。
⑤キャップシールのデザインが異なる。

はっきり言って、上述のレアなオールドボトルのそれと比べると殆どは雑なフェイクであり、個別に解説するまでもありません。ラベルをルーペで拡大したり、キャップシールを一部切り取ってコルクの状態を確認しないと認識出来ない精巧なフェイクに比べれば、あまりにも稚拙。
現時点ではキャップシールまで複製して詰め替えているようなケースは少なく、①、②、③がセットになっていたりで、笑いのネタにすらなるレベルです。

他方、④や⑤は解説の余地があるので少し述べていくと、まず④は最安価の響ジャパニーズハーモニーのラベルを剥がし、響17年以上のグレードのラベルを調達(あるいはプリント)して貼り直した、所謂ニコイチと思われるものです。
響はボトルのカットがグレード毎に変わるのと、ウイスキーの色合いもジャパニーズハーモニーと17年以上では異なるため、注意して見ればわかるのですが・・・。以前あったこの怪しい出品物は、残念ながら落札されていました。
また、⑤については、今回ニュースになっているケースが該当すると思われるもの。響のキャップシールは現行品だと斜めにカット(30年は垂直)が入り、HIBIKIなどの印字があるのですが、それらが全くないのっぺらぼうなモノがありました。

そして、このような市場状況が続くと確実に増えてくるのが、先に述べた「精巧なフェイク」です。
既に高額なジャパニーズウイスキーの空き瓶が、オークションなどで数万単位の価格でも落札されており、その行き先は純粋なコレクターだけとは思えません。
キャップシールを複製して詰め替えされると、少しでも液面の高さ、色合いをごますように見える写り具合のような、怪しいところがあれば購入しないという予防策を取る以外に手はないのです。

これまで海外から調達されてしまったオールドボトルのフェイクは、泣き寝入りするしかなかったケースが殆どであるように思います。現在は逆に、海外の愛好家がジャパニーズのフェイクを掴んでしまったという悲しい話もあります。
しかし現行品で国内となれば、明確なフェイクは責任の所在を辿ることはある程度まで可能であると思います。

今回のケースは、まさに氷山の一角。容疑者らが悪意を否定している状況(偽物と知ってたけど、騙す気はなかったって、弁明にならんがな。。。ってか何入ってたんだ)ですが、少なくとも逮捕者が出たことで、フェイクの出品に歯止めがかかってくれることを期待したいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×