カテゴリ

カテゴリ:J&B

J&B ロイヤルエイジ 15年 1980年代流通 特級表記

カテゴリ:
IMG_4433
ROYAL AGES
Aged 15 years
Blended Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会@J氏
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5)

香り:ドライな香り立ち。ハーブを思わせる爽やかさ、麦芽香、少し癖のある樹脂のようなニュアンス。徐々にトーストのような香ばしさもある。

味:香り同様ツンとしてドライな口当たり。ザラメ、干し草や麦芽風味、グレーンの軽く植物感を伴う穀物の甘みが主体的に広がる。合わせて薄っすらとべっこう飴のような古酒感もあり。
余韻はややトーン高く、ハードな刺激が感じられるキレのいい余韻。

癖の少ないライトでドライなブレンデッド。モルトに対しややグレーン感が強く、飲み応えという点ではいささか物足りない。1杯目のハイボール向き。

IMG_4434

ロイヤルエイジはJ&Bでアメリカ市場を席巻した、ジャスティリーニ&ブルックス社が1970年代にその上位グレードとして発売したブレンデッド。当時はデラックス表記のノンエイジでしたが、後に15年表記へとシフトしています。
今回のテイスティングアイテムは15年表記に切り替わった後、1980年代中頃あたりのものと思われます。

同社所有の蒸留所はグレンスペイ、ノッカンドゥ、ストラスミル。J&Bといえば原酒不足に対応すべく1974年に創業されたオスロスクもありますが、オスロスクの原酒が15年もののブレンデッドに使えるようになるのは1989年以降であることから、このブレンドには使われていないものと推察。

J&Bのオールドを飲まれた方はご存知かと思いますが、J&Bの通常品は流通時期を問わず共通して味わいが硬いというかドライでピリピリとした刺激があり、その奥に麦芽風味が広がるような構成。このロイヤルエイジもまた同様の傾向があります。
原酒3種類のうち、特にストラスミルの酒質はそうしたシャープで ドライなタイプですから、キーモルトとして同シリーズのキャラクターを作っているのは間違いないとも感じられます。

J&B レア 1960年代流通 JAPANTAX 特級表記

カテゴリ:
J&B
J&B RARE
Blended Scotch Whisky
1960-1970's
Japan Tax
43% 760ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル提供@愛知のSさん)
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:ツンとした刺激を感じるドライな香り立ち、鼈甲飴やザラメを思わせる甘さ、乾いた麦芽の香りも感じられる。徐々に植物感、軽くスモーキーでハッカ系のすーっとする爽やかなアロマでもある。

味:まろやかでコクのある口当たり、舌を刺激する軽いスパイス、香り同様に麦芽風味主体でザラメのような甘さ、砂糖漬けのオレンジピール、洋梨の淡い果実味。ライトタイプだがモルティーで奥行きもあり、徐々にパン生地やおしろい系の麦芽風味、乾いた植物感を思わせる微かなピーティーさも後半にかけて感じられる。
余韻は麦芽風味系統、ほろ苦くドライでさっぱりとしている。


1960年代後半から1970年代初頭に流通されたJ&B。
オールドブレンド関連で自分を師匠(相手の方が年上だけど)と言ってくれる、ウイスキー仲間との交換品の一つ。
細かい変化は幾つかありますが、最も大きなところでラベル上部にJusterini表記があるのがこの時代の特徴です。

このJ&Bが流通した時代は、オスロスク蒸留所が設立(1974年稼動開始)されておらず、キーモルトはグレンスペイ、ノッカンドゥー、ストラスミルが中心の組み合わせだった模様。
モルトウイスキーに明るい方なら、蒸留所名を聞いただけでその系統が伝わるような、スペイサイドモルトの組み合わせではないかと感じます。 

J&Bは特にアメリカ市場でヒットし、栄華を極めた銘柄の一つですが、結局それはマーケティング戦略と、ライトタイプが好まれていたという消費者趣向の影響が大きかったワケです。
こうしてライト志向に重点が置かれたJ&Bは、原酒そのものが軽くなる80年代に入って、さらにドライでライト、薄い味わいになっていきます。
現行品に関しては大変申し訳ないですが、コーラ持ってきてもらってもよろしいでしょうか、というアルコール水的な次元です。

本ボトルはサッポロビールが正規代理店となって輸入した背景から、現在のオールドボトル市場でもそれなりの数が流通しているものの、その筋のボトルを求める方々からすれば、ライトな味わいが物足りないのかあまり高い評価を受けているとは言いがたい状況です。 
自分は80年代から現行品まで飲んで敬遠していましたが、60年代はドライでエッジの立った飲み口が引っかかるものの、経年変化もあって多少軽減されているだけでなく。原酒由来の部分は決して悪いレベルでもなく、麦芽風味やコクも感じられ、見直すところも多くありました。

やっぱりちゃんと飲まないとダメですね。
それこそ飲み方とシーンによっては、ストレート以外にハイボールも良いんじゃないかと感じます。

J&B ピュアモルト 特級 (1980年代流通)

カテゴリ:

J&Bピュアモルト
43% 750ml 1980年代流通
里子という形で解釈となったので、最後の一杯を。


評価:★★★★★★(6)

"酸味のある白葡萄、麦パン、ほのかに蜂蜜の甘さ、徐々にメレンゲクッキー。
スウィートで複雑、麦芽香に微かなニューポット香を感じるアロマ。
口当たりは芯のある麦の粥のような甘さ、白ワインを思わせる果実味と微かな青さ。
フィニッシュはややドライ、柔らかいビターさとスモーキーさが長く残る。"


旨みのある雑味がある。というのがこのボトルの特徴。
ライトな飲み口ながら徐々に雑味が重なって、良い意味での厚みや複雑さに繋がっています。
シェリーやピート、トロピカルというわかりやすいタイプではありませんが、まさしく通好み。
主たる構成原酒は、ノッカンドゥー、グレンスペイ、ストラスミル、オスロスクとされており、
この中ではノッカンドゥーの印象が強い印象ですが、
そもそも単一蒸留所だとこの味わいは出ないでしょう。

BARだったら1杯目にお勧めです。

このページのトップヘ

見出し画像
×