カテゴリ

カテゴリ:コニャック

ギィピナール 2007-2019 フォルブランシュ 43% ドラス&信濃屋向け

カテゴリ:
IMG_20190508_232454
Guy PINARD & Fils 
FOLLE BLANCHE 
Distilled 2007 
Bottled 2019 
For BAR DORAS & SHINANOYA 
500ml 43% 

香り:ややドライで鼻腔を刺激するスパイス、微かに溶剤のようなニュアンス。奥には若い白葡萄や白桃、白系の果実の品の良いアロマもあるが、開いてくるのに時間がかかる。

味:少し水っぽさのあるスウィートな口当たり。香り同様の刺激があるが、後半から余韻にかけて黄桃や林檎のコンポート、そして熟したライチのような南国感と角のとれた酸味が、若い原酒の勢いそのままに広がる。余韻は非常に長く、スパイシーで張り付くような樽感を伴って長く続く。

加水されてなお適度な勢いを保った原酒の若さが、フルーティーな要素を後押しする余韻が最大の魅力。長期熟成コニャックだと余韻にかけて甘みがべたつくようなものもあるが、このボトルは勢いとフレッシュさを維持しており、アメリカンオークホグスヘッドで20年程度熟成したスペイサイドモルトのようでもある。
ネガを見ればきりがなく、良いところに注目したい1本。ハイボールが美味だが500mlをすぐに飲みきってしまうので注意が必要。

IMG_20190508_232551

スピリッツにおけるトロピカルフレーバーを分類すると、ウイスキーのみならずコニャックでも該当するフレーバーを感じられるものがあります。
ポールジロー、ジャンフュー、ラニョーサヴォランなど、特にグランシャンパーニュ地方の銘柄が代表的。ただ、それらは総じて長期熟成品に多く、若い原酒だと片鱗くらいは感じられるのですが、例えるならトロピカルのトぐらいのイメージ。10年前半の若い原酒だと難しいという印象でした。

そこにきて今回のリリースで驚かされたのは、香りはさておき味での余韻にかけてのフルーティーさ。
マンゴーというよりは、オーク要素由来の黄桃や加熱した林檎のような香味が主体ですが、合わせてライチなどの温暖な気候の中で熟した果実の香味が発散するような、ある種のフェロモンとも言うべきニュアンスも備えているのです。


このコニャックの原料には、絶滅危惧種とも言われる葡萄品種、フォルブランシュが使われています。フォルブランシュは1863年から始まったフィロキセラ大繁殖以前は主要葡萄品種だった、言わば古代種。その後フィロキセラの影響がない品種へ切り替わっていくなかで、一部蒸留所ではフォルブランシュを好み、ギィピナールでも少量復活させていました。

現在の品種と比べて何が良いかと言われても、正直コニャックの原料の違いに伴う香味の変化は経験不足でよくわからず。知人いわく濃厚な味わいを得やすいとのこと。
そこで指標になると感じているのが、2015年にリリースされた、同蒸留所2005年蒸留のフォルブランシュ。こちらも近い熟成年数でしたが、フルーティーというより酒質に勢いがあり、コニャックらしい葡萄由来の甘みと共に余韻は辛口な構成だったと覚えています。
今回のテイスティングでも、香りや味の序盤には相応に荒さも備え、所々で鼻腔や口内を小突いてくるような刺激もあり、この辺は若い原酒の共通点。熟成を続けていけば、角がとれて樽を受け止め、芳醇な香味に変わっていく要素だと思いますが。。。
ただ、大きな違いがフルーティーさです。熟成に使われた樽の影響でしょうか。例えば新樽で、強めに出た樽要素が原料由来の要素と融合し、該当する要素が感じられやすくなったのかもしれません。


今回のテイスティングアイテムは、”浅草の黒豹”あるいは”旅するバーテンダー”で知られる、BAR DORASの中森氏と、信濃屋の共同ボトリング。
ウイスキーに限らずコニャックでも長期熟成原酒が高騰するなかで、コストを押さえた若い原酒で、我々飲み手が好む要素をピンポイントで押さえて来た。自身が作ってきた蒸留所との繋がりはもちろん、日々お酒を提供するバーマンとしての確かな目利きが感じられる、グッドリリースだと思います。

以前は家が近かったので伺っていましたが、最近はご無沙汰な浅草DORAS。また機会をつくって伺いたいです。

ラフォンタン 1969 アルマニャック 1990年代流通 40%

カテゴリ:
IMG_8019
LAFONTAN - Armagnac 
Distilled 1969 
Release in 1990's 
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1周間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:クリームチーズのような少し発酵したような酸と、合わせてレーズンやダークフルーツのを思わせる甘いアロマ。古い木造倉庫のような土や埃っぽさを伴う落ち着いたウッディネス。メンソールのようなスッとするニュアンスを伴う。

味:粘性を伴うマイルドな口当たり。酸味を伴う葡萄、紅茶キャンディー。ほのかに果実の皮のような苦味と渋味、樽由来の香味か乾いた植物っぽさも伴う。中間以降の広がりがもたつくというか、平坦で単調。余韻はウッディで、キャラメルの甘みを思わせる少々ベタつく質感が口のなかに残る。

アルマニャックらしい甘味と発酵したような酸味、土っぽさとウッディネス。熟成感はそれなりに備わっているが、ベース部分には荒さも残っており、もう10年くらい熟成させたら。。。とも感じた。ただし経年変化で後追いで整えられつつある要素も感じられ、時間が形作る香味の一端を味わえる。
全体を加水やカラメル添加で整えているのか、フレーバーの起伏と広がりは序盤の勢いほどはない。この手のタイプはシガーと共に。

IMG_8030

ラフォンタンと言えば、200mlサイズでヴィンテージが1年毎に揃っているアルマニャック地方のブランデー銘柄。
ブランデーのみならず蒸留酒で、1年毎に区切られたリリースがあるというのは非常に珍しく。製品の特性上、誕生日、退職記念、あるいは還暦祝いなど、主に個人に由来する年に関連した、プレゼントとして活用されることが多い銘柄といえます。

一方で、ウイスキーを主として扱うBARでは、ポールジローやラニョーサボランなどのコニャックが勧められることはあっても、謎の多いアルマニャック地方産で、しかも200mlのラフォンタンが勧められるのは稀。味について触れられることも少ないように思います。
ただ現在の日本で多く流通する200ml規格以外に、XOやVSOPなどの通常のブランデーの規格やヴィンテージ入り700mlでリリースも行われており、1990年代には日本市場にも輸入されていました。
今回のテイスティングアイテムは、そのうちのひとつである1969年蒸留の1本。熟成年数は恐らく25年前後といったところになります。


ラフォンタンを日本の酒関連サイトで調べると、4代目となる作り手が伝統的な製法で原酒を作り、手作業でボトリングするということから独立した生産者であるように感じます。
ところがブランドを調べていくと、ラフォンタンは生産者というよりボトラーズのようなものであり、フランス・ノガロにある生産者貯蔵庫共同機構(CPR:Cave des Producteurs Reunis)が所有する原酒を使ってリリースされていたものであることがわかります。※現在はCPR Les HDM(Hauts De Montrouge)という組織名称に変わった模様。

フランス・ノガロは人口2000人に満たない小さな街です。そのなかでCPRは農家から葡萄を買い取って蒸留し、あるいは蒸留設備を持っている会社からは原酒を買取り、ひとまとめにして貯蔵し、製品化する。小規模集落で行うビジネスとしては、適切かつ合理的な取り組みの中で発展してきたようです。
現在、同機構の生産拠点の周辺には広大な葡萄畑が広がり、蒸留のみならず多くの契約農家が様々な品種の栽培を行っていることがWEB上でも触れられていました。

しかしこのようなケースでは、製品に使われる原酒の出自ははっきりしなくなります。
葡萄品種についても、現在はコロンバール、フォルブラン、ユニブランのようですが、このラフォンタン1969に何が使われたのか(味から察するに伝統的なものでしょうけれど)、そこからしてよくわかりませんでした。
同機構からはバルク的に原酒を販売しているケースもあるようで、アルマニャックの生産に謎が多い一因となっているとも感じました。

IMG_20190507_184210
(フランス・ノガロ郊外にあるCPR Les HDM の生産拠点。同地域のアルマニャック生産者全てが関わっている模様。ラフォンタンのラベルに書かれた生産者住所、32110 Nogaro France はノガロ市までのもので、Google先生の力で調べても街中の古びた建物しか出てこない。)

さて、ウイスキー愛好家の間では1960年代というとウイスキーの黄金世代として特別な意味があり、ついつい他の酒類でも特別ななにかを期待してしまいます。
確かに生産量の関係か、樽の関係か、美味しいものは多くなるように思いますが、全てが素晴らしいわけではなく。ことアルマニャックの場合、熟成年数によっては近年と大差ないレベルのものや、逆に落ちるものもあります。(バルク買いした原酒をろくに熟成もさせないで、ナポレオン表記でリリースした。かつての日本では多いに売れていたモノとか。)
そのため、蒸留時期よりも原酒に対して熟成期間がどれだけ適切に確保されているのか、という方が重要なのではとも感じます。

他方で、このラフォンタンの1969年というと今から50年前。熟成期間プラス経年での変化がもたらす落ち着いた味わいは、近年の原酒とは異なる仕上がりでもあります。
現在の技術でこれを擬似的に再現する方法はなく、何より目からの情報という説得力のある要素がもたらす特別感は得難いもの。
近年、長期熟成の原酒の確保がより一層困難となるなか、まだ手に入る60年代としてオールド・アルマニャックに目を向けてみるのも良いかもしれません。

補足:アルマニャック生産者には謎が多く、本件も調べきれてない情報や誤認もあると考えます。新たな情報がありましたら、是非教えていただけますと幸いです。

ジャンフィユー レゼルヴ ファミリアル 40%

カテゴリ:
jean-filloux-reserve-familiale-tasting
JEAN FILLIOUX
Reserve Familiale
Tres Vielle Grande Champagne
700ml 40%

グラス:リーデルコニャック
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
参考評価:★★★★★★★★(8)

香り:華やかでオーキー、アプリコットやマンゴーなどのドライフルーツ、白葡萄、林檎などの甘酸っぱさと共に、ほのかに甘栗を思わせる香ばしさ。注いだ瞬間はドライ気味だが、周囲に拡散する素晴らしい香り立ち。

味:濃縮感に加え角の取れたウッディな口当たり。合わせてピーチ、林檎のカラメル煮、熟した甘酸っぱい果実風味が樽由来のタンニンと共に広がる。粘性のある舌当たりだが、徐々にドライな刺激を感じる。
余韻はドライで華やか、強い熟成感を伴う実に長いフィニッシュ。

濃厚にして繊細。うっとりするような艶のある熟成香、樽感、長期熟成のボトラーズスペイサイドモルトにあるようなフルーティーさが広がる。大振りのグラスに注ぐとグラスの中にそれらが凝縮し、より芳醇なアロマを堪能できる。じっくりと時間をかけて楽しみたい。


コニャックの中でも最高峰の格付けを受けるグランシャンパーニュ地方。その中でもポールジローやラニョーサボランなどとともに、近年ウイスキー好きに認知され始めている作り手がジャンフィユーです。

ジャンフィユー社の商品には様々な熟成のレンジがあり、今回のレゼルヴ・ファミリアルはブランド通常ラインナップ最上位に位置する長期熟成品。使われている原酒の熟成期間は50年以上で、リムーザンオーク由来の華やかさと、多彩さを含む熟成香が魅力である一方。香味には熟成由来のウッディネス、ドライさも感じられるわけですが、それはギリギリ自然な範囲に収まっており、時間をかけて温めながら飲んでいくと香味の蕾が開くように、あるいは煮込み料理で材料が柔らかくなっていくように、グラスの中で好ましい変化が得られていきます。

ぶっちゃけ、近年のモルト。。。特にスペイサイド系はどんどん若さやボディの軽さが目立つ状態にあるわけですが、かつてのモルト(ピアレスの60年代のグレングラントとかストラスアイラとか)にあった熟成感に近いニュアンスを備えているのは、樽材の種類は違えどオーク由来の香味と熟成がもたらすものに共通項があるからでしょう。それなりに値段のするボトルではありますが、飲む価値はあると思います。

なお、このコニャックをはじめカルヴァドスなど熟成したブラウンスピリッツは、お湯割りとの相性が素晴らしいのです。(上の写真の紅茶っぽい構図、あれはお湯割りですw)
50〜60度くらいの温度で割ってやると、香りは柔らかく芳醇に、口に含む味わいはドライさがこなれて、華やかさとジャムのような果実味、体の隅々に染み込むような美味しさ。。。ただしこれ、初見のBAR等で注文する場合はマークされる危険を伴う諸刃の剣、素人にはオススメ出来ない。
また飲みやすさから杯が進み、気がつけば記憶をなくすという副作用も報告されているので、合わせて注意が必要です。

ドメーヌ オニョアス 51年 1965-2017 バコ THE BOW BAR向け 42%

カテゴリ:
DOMAINE D'OGNOAS
BAS ARMAGNAC
Aged 51 years
Distilled 1965
Bottled 2017
Bottled for THE BOW BAR
700ml 42%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封後1週間以内
参考評価:★★★★★★(6ー7)

香り:穏やかな酸味を伴う華やかなウッディネス。杏子、メープルシロップ、バタークッキー。徐々に香木、ウェアハウスの湿ったようなウッディネスも伴う。
香り立ちは時間経過で非常によく、長い眠りから解き放たれるよう。

味:まろやかで華やかな口当たり。蜜のような甘みにブラッドオレンジや白ぶどうの酸味、じわじわとカカオチョコレートのほろ苦さ。ボディは程よく、深みに繋がっている。
余韻はウッディでビター、非常に長い。焦げたえぐみを伴う過熟気味の樽香、チャーオークのニュアンスも感じられる。

角の取れた香味と深みのある味わいに長期熟成アルマニャックの良さを感じる。
一見すると過熟気味の要素もあるが、それを補う香味の開き、多彩さがあり、開封後の変化に期待出来るだけでなく、時間をかけてじっくりと味わいたい。


札幌の名店、THE BOW BARの本間氏が選定、ボトリングした半世紀を超える長期熟成のアルマニャック。
正直アルマニャックは詳しくないので、素性の詳細は信濃屋さんの販促ページをご覧ください。という無責任なことしか言えませんが、そこから引用させて頂くと、オニョアスはバス・アルマニャック地方において最も古い歴史と多くのストックを持つ生産者の一つであるのだとか。

こうした現地生産者とのコネクションは、いかに情報社会といってもメールを送って「じゃあこれからよろしく」というワケにはいきません。
スコッチは既にいくつかのボトラーズや蒸留所との連携がある為、先立つものがあればなんとかなる場合もありますが、ブランデー、それもカルヴァドスやアルマニャックはまだまだ未開の地。酒販のインポーター以外に、今回のTHE BOW BARように現地とのコネクションを築いてきたBARの存在が、日本と様々な佳酒を繋ぐ架け橋となっているんですね。

今回のアルマニャックですが、赤みがかった美しく深い色合いから察することが出来るように、かなりの熟成感がある1本です。
特にテイスティングの通り香味の多彩さ、一見すると過熟気味なウッディーさが強く、この点は個人的にあまり得意ではない要素ながら、その奥から開いてくる多層的な香味が短期熟成では得られない"時を飲む"という贅沢な質感をもたらしてくれます。
レビューはいつものテイスティンググラスですが、大ぶりのグラスで香りを開かせながらじっくりと楽しみたい1本です。


以下余談。
ブランデージャンルで現地とのコネクションを築いているBARとしては、西から小倉のスタッグ、京都のカルヴァドール、K6、東京浅草のドラス、そして札幌のボウバーなどが有名(抜けがあったらごめんなさい、コッソリ教えてください)。
このブログでも何度か紹介しているカルヴァドス・アプルヴァルはその一本に該当しますし、現地の旅を著書としたドラスのマスター中森氏の「旅するバーテンダー」は、合わせて読むとさらにお酒が美味しくなる読み応えのある1冊です。

フランソワ ヴォワイエ XO Gold ”グランシャンパーニュ”

カテゴリ:

値上げ・終売の相次ぐウイスキー業界の陰で、フルーティーなモルトの代替品としてポールジローやラニョーサボランなど、グランシャンパーニュコニャックが評価されています。 
コニャックも例に漏れず値上がり傾向ですが、モルトほどではなくノーマークも多い。
今回記事にするフランソワ ボワイエ(ヴォワイエ)は、今年から日本への正規輸入が始まったモノで、個人的に注目のブランド。コニャックの風味の中にスコッチに共通する樽香、フルーティー要素があり、ボディもそこそこ。ウイスキー好きも納得の味わいだと思います。

FRANCOIS VOYER
Grande Champagne
XO Gold
1er cru de Cognac
40% 500ml

評価:★★★★★★★(7)

香り:熟した杏や桃、煮た林檎、微かにジンジャーの風味を漂わせる、艶のある豊かな甘い香り。所謂ランシオ香。時間と共に樽材由来のウッディネス、どこかエキゾチックなアロマ。

味:コクのあるとろりとした口当たり、皮付きの葡萄、シロップ漬けの黄桃、アーモンドナッツ、焦がしたバニラ、徐々に樽由来の渋みが現れてくる。
鼻抜けは熟した桃の香り。フィニッシュは程よくウッディーでタンニンの裏にオレンジママレードの甘さとほろ苦さ、序盤の甘さを引き締める長い余韻。戻りも充実している。

使われている葡萄品種はユニ・ブラン100%。保存料等は使用せず、補糖、カラメルも不使用。蒸留後はリムーザンオークの新樽で3年間熟成した後、長熟に耐えるよう古樽に移して毎年少量ずつ加水(2年で1~2%程度)しながら20年~30年程度の熟成を経たものが今回のXO Gold。
多数のコンテストで金賞を受賞しているため、GOLDの名称が付けられた。
※輸入元案内文より。

シャンパーニュコニャックのいくつかの銘柄は、長期熟成のモルトウイスキー、特にスペイサイド系に共通するフルーティーな要素を持つモノがあります。(もちろんあくまでコニャック系の香味なのですが。)
こうしたコニャックは一部例外を除いて40% 加水でリリースされることがほとんどであるため、長熟40% 度数落ちのモルトウイスキーに見られるような、香りは良いけどボディが弱い、味が付いてこないという特徴が度々見られます。
それを手のひらで暖めながら、じっくり開かせるのはコニャックの楽しみ方なのですが、シングルモルト的な感覚で飲むとちょっと物足りない。
しかしこのフランソワ ボワイエXOはフルーティーさに加えて適度なコクと樽香があり、甘さと苦味のバランスが良い、飲み応えのあるボトルに仕上がっています。

実際そのクオリティは、完成度と価格で考えると、今の相場では相当良いレベルにあると感じます。
700ml換算で約12000円。欲を言えば10000円前後だとなお嬉しいのですが、円安がなぁ…)
比較をするならば、先日在庫が販売されたポールジロー35年トレラール旧ロットよりもボディがあり、ラニョーサボラン・フロリレージュよりは若干荒削りながら香りの共通点がある。

コニャックラヴァーには今更な記事かもしれませんが、レミーやヘネシーなどのスタンダードなコニャックしか飲まれていない方にはぜひお勧めしたいですね。もちろんウイスキー好きにも試して頂きたい。
同銘柄を扱う東京八重洲地下リカーズハセガワでは試飲も出来ますよ!

このページのトップヘ

見出し画像
×