カテゴリ

カテゴリ:その他

ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート 46% 2018年リリース

カテゴリ:
IMG_8538
BLACK NIKKA
Deep Blend
EXTRA SWEET
Limited Bottled in 2018
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1~2日
場所:自宅
評価:★★★★★(5)(!)

香り:トーストと蜂蜜を思わせる甘く香ばしい香り立ち。ツンとした刺激が鼻腔を刺激するが、奥には淡いオーク香があり、熟成を感じさせるアクセントになっている。

味:ボリュームがあってスウィートな飲み口に、やや若さを感じる荒さ、刺激が続けて感じられる。中間はグレーン由来の蜂蜜や穀物系の甘み、徐々に程よいスモーキーさ。若干べたつく甘さが舌に残るものの、ほろ苦くドライな香味が余韻に繋がっていく。

通常のブラックニッカをスケールアップさせた上位互換と言える構成。やや荒さも感じられるが、全体的にボリュームがあり、いい意味で飲み応えに繋がっている。加水やハイボールは飲みやすくはあるものの、これといったポジティブな要素は見つけられなかった。 ロックはある一点を超えるとシャバシャバになるが、そこまでは意外に香味が持続する。
なお、開封後の時間経過で、一部のスコッチモルトを思わせるような若干ケミカルなニュアンス、モルティーさが香りに感じられるようになる。

IMG_8533

・ブレンダーズスピリット2016
・ブレンダーズスピリット2017
・クロスオーバー
・アロマティック
・エクストラシェリー
とリリースが続いてきたブラックニッカの限定品。ベースから別格で総合的にレベルの高かったブレンダーズスピリット以降は、自分の評価はどれもブラックニッカという枠の中で、目先を変えてピートやシェリー原酒の個性を際立たせる。例えるなら夏はトマト、冬はカボチャみたいな、レストランの季節限定メニューのような印象でもありました。

それはそれでテイスティングをする面白さが勿論あるのですが、流石にここまでブラックニッカ枠が続くと食傷気味になるというか、新鮮味も薄れます。 
そろそろスーパーニッカとか、ザ・ニッカとか、違う路線で限定品が来きてほしいな・・・と方向転換を期待していたのですが、予想通り再びのブラックニッカ。
だってリッチブレンド銘柄の限定品を出したんだから、残ったディープブレンドでもやりますよね。

そんなわけで今回はいつもの先行テイスティングもせず、見かけたら買おうくらいにトーンダウン。あ、46%なんだ、ニッカで珍しいねえ・・・とか、ボトルを見てやっと気づくほど(汗)。
しかしその味わいは、ここに来て本シリーズ一番の王道系、原点回帰とも言える構成。これまでの限定品のように何かに特化したわけではないし、ブレンダーズスピリットのように全てが別次元の構成というわけでもない。
いわば同じ素材のスープですが、ダシの量が2倍になってるというか、煮込み時間がずっと長いような違いと言いますか。スケール感の違いを感じる構成に、これはサンプル手に入れるべきだったかなと、ちょっと後悔しました。

ブレンドのキーになっているのは新樽で10年以上熟成された余市、宮城峡のモルト原酒とカフェグレーンとのこと。新樽はちょっと前のカラメル系の色合いのヘビーチャー新樽ではなく、バニラやオーク系のタイプで、ブレンドには若さ一辺倒じゃないコクがあります。時間経過で一部のスコッチモルト的なケミカルさは顔を出しますが、その中で余韻にかけてのピーティーさがニッカらしさに繋がっていると感じます。

これまでのリリースで言えば、ブラックニッカ復刻版にあったようなピーティーな原酒の存在感。そこに価格にしては頑張っている熟成感と、46%だからこその飲みごたえ。
ピートやシェリーと、ある意味ウイスキーエントリー層向けにわかりやすい個性を強調してきたブラックニッカ限定シリーズですが、このエクストラスウィートは往年のブラックニッカファンにこそ勧めたい。そんな1本に仕上がっている、玄人好みのリリースだと思います。

ニッカウイスキー 博多 モルト100%ウイスキー 43%

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
HAKATA
MALT 100
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み@Ambrosia
時期:不明
評価:★★★★★★(5-6)

香り:香ばしくモルティーな香り立ち、濃く入れた焙煎麦茶のようで、奥には淡いサルファリーさ、かりんとう。奥には微かに青みがかったニュアンス。

味:スムーズでモルティな口当たり。香ばしい麦芽風味、微かなケミカルやバニラ、カラメルソース。派手さはないが奥行きがある。
余韻は淡いサルファリーさとほのかなピート香を伴うドライなフィニッシュ。

ベースのモルト比率は見えないが、あまりスモーキーなタイプではなく、宮城峡タイプ主体の印象。加水するとスムーズでまろやかさが引き立ち、飲みやすさの中に香ばしさと微かな青みが感じられる。


ニッカウイスキーが博多地区限定でリリースしていた、バッテッドモルトウイスキー。元々は1990年代に博多倶楽部としてリリースされていたもので、ラベルチェンジ後は博多モルト100%ウイスキーとして2015年のラインナップ整理までリリースされ続けていました。

発売の経緯はニッカウイスキーの「地域に根ざした企業」とする理念から、九州地区に限らず、伊達、国分町、千葉、横浜。。。といった具合に、所縁の地で様々なご当地ウイスキーをリリースしていたもの。これも原酒に余裕があったからこそできていた活動だったのか、現在ほとんどのリリースがないのは寂しいものです。(同地区は九州工場が稼働、1999年売却。)

原酒構成はややシェリー樽由来と思われるニュアンスがあり、それでいてピーティーさの際立ったところがないことから、宮城峡タイプの原酒を主体に、余市モルトが使われているものと推察。ただあくまで香味の主体は酒質由来のところにあり、未熟感はなく、麦由来の味わいを感じながら飲み疲れずゆったり飲んでられるようなバランスが、親しみやすい1本だと感じます。

ザ・ニッカ 40年 ブレンデッドウイスキー 43%

カテゴリ:
THE NIKKA
NIKKA WHISKY
Aged 40 years
Premium Blended Whisky
Release 2014
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:萌木の村
時期:不明
評価:★★★★★★★★★(9)

香り:強く膨らみのある熟成香、注いだ瞬間から周囲に広がる。キャラメル、熟したバナナの甘み、ドライアプリコット、香木香を伴う落ち着いたウッディネス。深みがあり、時間経過でヴェールが解けるように多層的なアロマが広がる。

味:とろりとしたコクのある甘酸っぱい口当たり。熟したグレープフルーツやオレンジママレードに、レーズンを思わせるアクセント。角の取れたピート、香り同様に強い熟成感と多層的なフレーバーが広がる。
余韻はトロピカルな果実味、ナッツの香ばしさ。鼻腔に届く香木香、やや過熟気味なウッディーさもあるが素晴らしく長い余韻。

スケールの大きな素晴らしいブレンデッド、まさに渾身の作。加水すると甘栗や熟したパイナップルを思わせる香味、余韻の微かなネガが消え、フルーティーでリッチな樽香がさらに広がる。
積み重なった歴史と、培われた技術を飲む感覚を味わえるウイスキー。


2014年、創業80年を迎えたニッカウイスキーがリリースした、同社最長熟の渾身のブレンデッドウイスキー。同年は竹鶴政孝の生誕120周年にもあたり、新しいオフィシャルブランドとなるザ・ニッカ12年とともに700本限定での発売でした。
構成原酒には、現存する最古の原酒という1945年蒸留の余市モルトと、1969年蒸留の宮城峡モルトなどが使われており、最も新しい原酒で1974年というジャパニーズでは非常に珍しい長熟のウイスキー。700本という本数から、残っている原酒を少量ずつ組み合わせて作られていることも伺えます。

ボトルの仕様などの外観情報は割愛させて頂くとして、中身の話をメインに紹介していきます。
ザ・ニッカシリーズはブレンド比率としてモルトをグレーンより多めにブレンドする、香味の強いクラシックなスタイルです。
そうした熟成感のある多彩な香味の中でも、ニッカウイスキーとして特徴的なのがミズナラを思わせる香木系の香味。それもかなり長熟なそれ。構成原酒について、公式にはリメード樽とシェリー樽という情報がありますが、その香味にはミズナラ樽熟成のウイスキーに見られる特徴が感じられるのです。

ニッカウイスキーと言えば"新樽"が代名詞の一つのようになっていますが、1980年頃まではミズナラ樽も使っていたという話があります。
ウイスキーの樽に使われる樽材の中で、元々日本の国内で自生していたのはミズナラ。その価値に気づかずほとんどタダ同然で海外に輸出していたという話もあるくらいですから、戦後の時期に海外から樽を引くよりも入手しやすかったのではないかと考えられ、当時の原酒が今回のブレンドを構成する1ピースであってもおかしくはありません。

ザ・ニッカ40年は発売当初から1年に1度くらいは飲む機会があったのですが、イベントの最中だったり、仲間内での回し飲みだったりで、落ち着いてテイスティング出来ずにいました。
その時のイメージで一番印象に残っていたのが、この香木系の香味。それ故、なんだかニッカらしからぬブレンドだなという印象が強くあったワケです。
しかしこの度、萌木の村にて再度テイスティングの機会を頂いたところ。余市、宮城峡の長期熟成原酒にあるどっしりとしたピートやナッティーな香ばしさ、あるいは熟した果実を思わせるフルーティーさがブレンドの軸を構成しており、"らしさ"を感じると共に、ミズナラの香味がブレンドのアクセントとなっている。
上述の香木香は自分の知らない時代の一つなんだなと、認識を改めるに至りました。

また、特筆して素晴らしいのがこれだけの長期熟成原酒で仕上げていながら、過熟を思わせるウッディネス、タンニン、ドライさを抑え、複雑さと一体感のある味わいを作り上げたブレンド技術です。
スワリングすると、そして舌の上に乗せると、ほどけていく何層もの香味のヴェール。
創業者の想いとニッカウイスキーの歴史が詰まった集大成は過言ではない、素晴らしいブレンデッドウイスキー。
願わくば今後もこの技術の元に、素晴らしいリリースがあることを期待しています。

ブラックニッカ リッチブレンド エクストラシェリー 43% 先行レビュー 5月29日発売

カテゴリ:
IMG_6833
BLACK NIKKA
RICH BLEND
EXTRA SHERRY
Limited Bottled in 2018
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@販促サンプル
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:注ぎたてはグレーンの穀物香から、うっすらとしたシェリー樽原酒の甘み。レーズン、ドライオレンジ、徐々にコーヒーフレッシュのようなミルキーさ、ほのかな硫黄も伴う。

味:まろやかでクリーミーさを伴う口当たり。シェリー樽のニュアンスはプルーンやシロップ漬けのチェリー、オレンジママレードを思わせる甘み、ほろ苦さ、微かにサルファリー。バランス寄りの構成。
余韻はややドライでビター、少しピリピリとした刺激、ふわりとチョコレートクッキーのような甘く香ばしいアロマが鼻腔に抜ける。

ブレンデッドらしくどこか軽さのある口当たりだが、シェリー樽由来のニュアンス、味わいの濃さ、全体として混然となったような香味が感じられるウイスキー。熟成感は8~10年程度といったところから、それ以上に若い刺激も感じるが、香味全体を抑えるシェリー樽や原酒由来のバランスの良さもある。余韻で感じるビターな樽感が、長期熟成原酒の名残であろうか。

少量加水すると華やかさ、蜂蜜や柑橘系の香味が開きバランスが良くなる。ロック、ハイボールは際立った変化はないが、ブレンデッドウイスキーらしくマイルドで飲みやすい味わい。

512828_2

自分の周囲では誰も予想していなかった、ブラックニッカからの新しいリミテッドリリース。"エクストラシェリー"が、2018年5月29日にリリースされる予定です。
ブラックニッカのリミテッドリリースと言えば、60周年を記念しリリースされたブレンダーズスピリットに端を発し、クロスオーバー、アロマティックとリリースされてきたわけですが、低価格ながらブレンドの方向性と原酒の個性をそれぞれ楽しめるウイスキーに仕上げられており、特にエントリーユーザーを中心に高い評価を得たのは記憶に新しいところ。

そして2018年、年初に発表された"アサヒビールの事業方針2018"では、ブラックニッカブランドに加えて、発売56周年となるスーパーニッカのブランド強化を行うことが発表されていました。
ここで、流石にもうブラックニッカで新商品は出ないだろうと。例えばクリアブレンドの販促キャンペーン強化くらいで、むしろスーパーニッカでピーテッドとかシェリーとか、あるいはピュアモルトとか出るんじゃないか・・・などと考えていたわけですが、その予想は鮮やかに裏切られるわけです(笑)。

今回のリリースは、昨年11月にリリースされたアロマティック同様に宮城峡の長期熟成原酒とシェリー樽原酒をキーモルトとした構成。また、通常リリースのリッチブレンドもシェリー樽原酒をキーモルトの一つとしていることから、これらとどのような違いが感じられるのかが気になるところです。
早速販促用のサンプルを入手しましたので、単品でのテイスティングに加えて、関連する銘柄との飲み比べもレビューしていきます。

ブラックニッカ飲み比べ
(左から、ブラックニッカ・アロマティック、リッチブレンド(ノーマル)、リッチブレンド(エクストラシェリー)。アロマティックとノーマルなリッチブレンドは色合いがほぼ同じように見えるが、エクストラシェリーは少し濃い色合いとなっている。)

まず、エクストラシェリー単品としては、濃厚とまでは行かずともはっきりとシェリー樽原酒の効いたブレンデッドであると言えます。 43%の設定もあって飲みごたえもある仕上がりです。

上記3銘柄での比較は、色合い同様、エクストラシェリーが最もシェリー感が強く、次いでアロマティック、そしてリッチブレンド。ただ後者2本は熟成感や香味の多様さこそ違うものの、樽感だけならそこまで大きな違はないとも感じます。
熟成感としては、ノーマルなリッチブレンドが最も若いと感じるのはある意味当たり前として、エクストラシェリーとアロマティックはほぼ同等。ただ、エクストラシェリーの方が樽感の分、一歩上回るかなという程度です。

そしてそのシェリー感ですが、そもそも宮城峡のシェリー樽原酒はサルファリーなニュアンスを持つものが多く見られ、その原酒が使われたエクストラシェリーもまた、若干ですがサルファリーな要素が備わっています。ここはアロマティックでも感じられており、共通する原酒の特徴であると言えます。
他方、エクストラシェリーにはクリーミーさを纏ったようなシェリー感があり、このフレーバーは、アロマティック含めこれまでのニッカのブレンデッドには見られなかった香味。ブレンドレシピのキモにして、全体の濃さとバランスを整える役割としても一役買っていると感じます。


昨年アロマティックが発売された当時、その感想には「スムーズで飲みやすいが、平凡で物足りなさを感じる」という声が散見されたところ。
勿論それは、アロマティックがエントリーユーザー層をターゲットとして開発されたからとも考えられるわけですが、一連のリリースで、ブラックニッカとして完成度の高いブレンダーズスピリットに続き、スモーキーなピーテッドモルトの個性を打ち出したクロスオーバーときた流れでは、シェリー樽原酒の個性を打ち出すという点でアロマティックはクロスオーバーの対極にはなりえなかったとも。
そこにニッカウイスキーの答えとして追加で開発された商品が、このエクストラシェリーであるなら、これこそ真打ちのブラックニッカ・シェリータイプと言えます。

それは値段なり、と言える部分も当然ありますが、あくまでブラックニッカブランドであることを前提とすればこんなところか。むしろ現在一般的な市場で購入できる2000円前後のウイスキーでは、最も濃いシェリー感が備わっていると言える仕上がり。
近年、樽の調達コストが上がりがちなシェリー樽原酒は、市場で人気がある反面、低価格であるほど効かせるのが難しくなります。そこを価格を抑えつつ原酒の割合を増やしてきた点は、ピーテッドタイプのブレンドをリリースするより踏み込んできたなと感じます。
このボトルをきっかけにして、往年のブラックニッカファンはもとより、エントリーユーザーがさらにウイスキーを楽しんでくれるといいですね。

ニッカウイスキー キングスランド 1990年代流通 43%

カテゴリ:
KINGSLAND
NIKKA WHISKY
Premier
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5)
(ハイボールでの評価は★6)

香り:最初はあまり香り立ちは良くなくツンとしたアルコール感、熟成したグレーンの蜂蜜のような甘みと穀物感、アロエのシロップ漬け、乾いた麦、徐々にはっきりとしたスモーキーさ、焦げ感も感じる。

味:まろやかで粘性のある甘み、やや青みがかったモルティさ、ナッツ入りのおこし、乾いた麦芽の軽い香ばしさと、ビターな風味。
余韻はほろ苦くスモーキー、若い原酒のえぐみ、しっかりとした主張がある。

モルト風味よりグレーン感が先に来るが、余韻にかけてはしっかりとピーティーでスモーキー、複雑さの中に余市の個性を感じる構成。飲み方はストレートよりハイボールがオススメ。引っかかりなくスッキリとした飲み口、バランス良くモルティな香味、染み込むピート。まさにハイボーラーである。


先日実家に帰った際、なんのボトルも持ってこなかったので、近所の酒屋で家飲み用に買っていったもの。アサヒビール傘下に入る前(2001年以前)、そして特級時代後、実質的には1990年代のニッカウイスキー時代の流通品です。

キングスランドは余市モルトをキーとした、男性的でスモーキーなウイスキーと位置付けられていた銘柄です。
当ブログでもレビューを掲載した1974年の発売当初のものは、原酒の制約や消費者の趣向もあってか、香味そのものが控えめでしたが、この頃になると熟成したグレーンを繋ぎに、ハイランドやスペイサイドを思わせる内陸的な麦芽風味、しっかりとスモーキーで余市原酒の個性を効かせているのが感じられます。
1990年代から2000年代は、時代的にウイスキー冬の時代、逆風が吹き荒ぶ時期ですが、作られる日本のウイスキーの質は明らかに向上した時期でもありました。
国内外で生産・貯蔵される原酒の確保と技術の安定、そこにウイスキー不況を打開しようとするメーカーの努力、様々な要素が重なった結果なのでしょう。


話は変わりますが、キングスランドはボトルデザインが良いと思います。
近年は効率化からか、無個性というか共通して使えるようなデザインばかり増えているところ。以前リリースされたものはこうしてブランド毎に異なるデザインが採用されているのも珍しくなく、むしろ普通でした。
男性的で重厚感あるウイスキーというイメージを形にしたようなそれに、飲み始めの頃ずいぶん惹かれたことを覚えています。

また、この時代のニッカウイスキー製品は、現行品と異なりコルクキャップに樹脂コーティングされていない素のタイプのものが採用されています。ただ、先端部分にフィルムが貼られていてコルク臭の発生を多少抑制しているようです。
ギフト品としてのウイスキーは横置きされることも多かったので、それをケアする目的だったのでしょうか。
キャップ臭の発生なんて考えてない仕様のものが多かった時代。この仕様のコルクは日本の一部メーカーでしか見たことがなく、いい気遣いだなあと感じています。

なんだか中身の話から脱線しすぎてしまった感があるので、今日はこの辺で(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×