カテゴリ

カテゴリ:その他

ニッカウイスキー ノースランド 角瓶 1970年代流通 特級表記

カテゴリ:
NORTHLAND
NIKKA WHISKY
SPECIAL GRADE
1970's
720ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:評価無し

香り:埃っぽさを伴う乾いた穀物香、メンソール、ウォッカのようなアルコール感。時間をおいても香りがあまり立たない。

味:ピリピリとしたアルコールの刺激を伴う口当たりから、べったりとしたシロップのような甘み、淡いモルティーさ。
余韻はハッカ飴、ドライであまり強くなくじんわりと染み込むように消えていく。


ニッカウイスキーの、そして竹鶴政孝の理想を形にした記念すべきブレンデッドウイスキーが、ノースランド角瓶(1973年発売)です。
1960年代中頃、カフェ式蒸留機の導入で念願の本格ブレンデッドウイスキー作りが可能となっていたニッカウイスキー。その中で竹鶴政孝は、スコットランドでの経験からウイスキーをより味わい深くするには、異なる地域で蒸留、熟成したモルト原酒が必要であると考え、さらなる理想のために新しい蒸留所の建設に向けて動き出します。

そして紆余曲折の末、1969年に竣工した宮城峡蒸留所で蒸留、貯蔵されたモルト原酒に、余市蒸留所の原酒、さらに当時は大阪の西宮工場で生産されていたカフェグレーンをブレンド。
竹鶴政孝の理想がまさに結実した新商品が、このノースランドだったわけです。
(1970年にはグランドニッカや、リニューアルしたスーパーニッカがリリースされているので、宮城峡の原酒も使われているかもしれませんが、3年未満で理想とは言いがたく。)

ノースランドは今回紹介している特級規格の角瓶と、2級規格の丸瓶がリリースされていました。
背面ラベルやニッカのPRでは「北海道余市のハイランドモルト、宮城峡のローランドモルト、カフェグレーンをブレンドした、まろやかでコクと気品ある味わい、Gentleタイプのウイスキー」と、ハイランド、ローランドはこの時期から使ってたのか。。。とか、Gentleタイプなる聞きなれない単語に時代を感じます。
他方、ノースランド角瓶の1970年代流通は、理想が結実したと言いつつも、日本のウイスキー黎明期といえる原酒20%程度な味わい。経年を差し引くと当時はソフトでクリーン、飲みやすいウイスキーだったのではないかと思います。
1980年代になると比較的モルティーな風味もはっきりしてきて、原酒の熟成、ウイスキーメーカーとしての成長を感じることも出来ます。

時代の区別については、1970年代はラベルに埋め込まれている赤いエンブレムが、1980年代頃からラベルとしてプリントされるようになるので、非常にわかりやすいです。
ちなみに、ノースランドは1980年代に終売となったものの、余市蒸留所のショップ名称として現在まで息づいています。

ニッカウイスキー G&G (ゴールド&ゴールド) 白ビン 43%

カテゴリ:
IMG_3454
GOLD & GOLD
NIKKA WHISKY
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:香り立ちはあまり強くないが、ほのかな酸味を伴う香ばしいアロマ。徐々に焦げたようなスモーキーさと林檎ジャム、ハッカを思わせるスーッとするニュアンスも感じられる。

味:まろやかな口当たり、やや重みのある酒質で飲みごたえがある。トーストとママレード、アップルビスケット。中間からピートフレーバーと奥にはチャーした樽香も感じられる。
余韻は軽くスパイシーでジンジンとした刺激、味わいに比べて荒さもあるが、トースティーで甘くほろ苦く、長く続く。


先日自宅の酒収納スペースを掃除したところ出てきた1本。そう言えば終売になるっていう時になんとなく買って、そのままにしていました。
ちょうどハイボール枠に空きができていたので、在庫整理も兼ねて開封。結果ハイボールには少々物足りなかったものの、色々考えさせられるボトルとなりました。

G&Gの歴史、薀蓄については今更述べる事でもないので割愛させて頂くとして、このウイスキーは自分にとって学生時代の味です。
当時の自分には、"サントリーは宣伝、ニッカは職人"、という自分勝手な思い込みによる認識があって「自分で買って飲むなら職人気質なニッカだよな!」と、竹鶴12年、フロムザバレル、スーパーニッカ、そしてG&Gをよく飲んでいました。
中でもフロムザバレルとG&Gはウイスキー冬の時代だった当時は扱っている酒販が限られていて、探すのに苦労したのを覚えています。


そんなG&Gも、ノーマルな白ビンを最後に飲んだのは7〜8年前。当時とは知識も経験も大きく違う中で、改めてこのウイスキーと向き合ってみると・・・実にニッカらしさが詰まった良作である事がわかります。
まろやかな口当たりの奥に感じられる活性樽や新樽熟成の余市の樽香、重みのあるスモーキーフレーバー。最近のニッカには感じられるリリースが少なくなった宮城峡原酒由来と思われる甘酸っぱい香味が懐かしい。一方で香り立ちは少々軽く、加水やハイボールにするとボディがずいぶん軽くなる等、若い原酒がブレンドされている刺激や要素も感じられますが、これが2000円未満だったと言うのは今の基準で考えると驚異的です。

2015年の終売騒動の折、ニッカの歴史を語る上で避けられないG&Gを終売にするなんて正気か?という意見も多数目にしましたが、これは作り続けられませんよ、っていうかよくこの価格で今まで維持してたなと思うくらいです。
今回のように惜しまれながら終売になってしまったウイスキーを飲んでみると、当時のニッカのラインナップには「無理なく続けられる枠」と「実はちょっと無理してます枠」があって、原酒のマネジメントに苦労した結果、共倒れにならないよう苦渋の決断だったのだろうなと言うことが伝わってくるように感じます。

ニッカ ピュアモルト赤黒が休売 フロムザバレル出荷遅延などの動き

カテゴリ:
先日、ニッカウイスキーのピュアモルト レッド、ブラック、そして竹鶴ピュアモルトNAとフロムザバレルの4種類が、アサヒショップでの取り扱いを終了。合わせて、この4銘柄が終売、生産終了になるのではないかという噂が立ちました。

これらは2015年9月に起こったラインナップの大幅整理、"ニッカショック"を生き延びた銘柄の1部。特にピュアモルトレッド、ブラック、そしてフロムザバレルは1980年代の発売以来、ブランドが継続しているベテラン選手で、コアなファンの多い銘柄でもあります。
このウワサ、信頼できる酒販関係ルートから真偽を確認してもらったところ、どうやら以下となる模様。現時点ではメーカー発表の公式文章が無いため、ご判断は皆様にお任せいたしますが、確認した限りでは1984年から始まったピュアモルトシリーズ、約30年の歴史に一旦幕が引かれるようです。


【休売】
・ピュアモルト ブラック 500ml 43%
・ピュアモルト レッド 500ml 43%

【出荷遅延の可能性】
・フロムザバレル 500ml 51.4%

【現時点で不明】
・竹鶴ピュアモルトNA 700ml 43%

【数量限定で再販(3/28)】
・ブラックニッカ ブレンダーズ・スピリット 700ml 43%

IMG_2520
(発売当初のピュアモルトブラック、レッド。余市、宮城峡のモルトに加え、輸入原酒を使って仕上げたことで、ジャパニーズらしからぬ個性を楽しむことが出来た。)

しかしなぜ急にラインナップ整理があったのか。
自分の勝手な推察ですが、今回の動きには「世界的なウイスキーブームによる、輸入原酒の高騰」と「ブラックニッカ・ブレンダーズスピリットの再販に伴う原酒の調達」、大きく2つの背景があるものと考えています。

まず、ニッカのピュアモルトシリーズは、発売当時は海外からの輸入原酒(バルクウイスキー)が使われていました。当時のボトルからは黒はカリラ、赤はベンネヴィスかトマーティン、白はボウモアベースのアイラモルトのニュアンスが感じられます。
その後現行に至るにつれ、黒は余市ベース、赤は宮城峡ベースをより強くし、徐々に使用比率は落ちていったようですが、完全にゼロになったわけではないのではと。
そうした中、近年では世界的なウイスキーブームからバルクウイスキーが徐々に価格が上がっており、生産の継続が困難となったことから、価格が落ち着くまで「休売」という処置を取ったのではないでしょうか。
終売ではなく、一時的な休売としたところにニッカ(あるいはアサヒビール)の最後の抵抗が感じられるようです。

また、上記休売とフロムザバレルの生産調整で浮いた原酒は、3月28日に再販されるブレンダーズスピリットの生産に回す。これにより、一時的にアサヒショップでの取り扱いも困難となった・・・という流れは矛盾も無いように感じます。
竹鶴ノンエイジの取り扱いが無くなったのも、こうした背景から生産調整によるところなのかもしれません。
随分と自転車操業感の漂う話であり、そこまで逼迫しているとも思えませんが。。。

そして何より驚きはブレンダーズスピリットです。
再販ということは、発売から3ヶ月足らずで14万本を売り切ったということ。確かにあの価格であの味わいは驚異的ではあったものの、実態を目の当たりにすると驚きを隠せません。
今回の再販は通常ラインナップとして発売されるというわけではなく、あくまでも限定品扱い。現在は酒販業者毎に販売予約を受け付けている状況で、予約多数の場合は抽選になるのだとか。
再販分がどの程度あるのかまではわかりませんでしたが、この再販決定がこれらのラインナップに影響を与えた可能性は否定できないと感じます。

以上、推測混じりですが、今後の動きも引き続きアンテナを広げて情報収集していこうと思います。
また何かわかりましたら記事にしていきます。

ニッカウイスキー フォーチュン80 1990年代流通 43%

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
FORTUNE'80
(No Aged)
1980-1990"s
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:穏やかであまり強くない香り立ち。カルメ焼きやべっこう飴を思わせる甘さ、奥からモルティーな熟成香、ほのかにスモーキーさも感じる。

味:香りとは裏腹にしっかりとコクのある口当たり。乾いた麦芽風味とカステラ、グレーンのバニラやサトウキビを思わせる甘さ。後半にかけて微かにピーティー。
余韻は軽くスパイシーでオールブランのほろ苦さと穀物風味、あっさりとまとまる。


1980年から1997年まで販売されていた、ニッカウイスキーのギフト向け商品。
80の由来は1980年の発売からとられたもので、先立って1976年に発売されていた鶴と同格と言う整理だったようです。

旧酒税法時代、ニッカブレンデッドウイスキーのツートップであるわけですが、モルティーで原酒の個性が強かったのが鶴。フォーチュンはバランス型で、当時主流の食中酒、水割りで楽しめるようなコクがあってマイルドな味わい。香りの主張はあまり強くありません。
この辺は発展途上の酒という印象を受けるものの、余市原酒由来と思しきしっかりとしたボディやグレーンの香味に、過去の製品と比較してウイスキーメーカーとしての成熟が感じられるようです。

(夕暮れの余市蒸留所。赤い屋根がさらに映えるひととき。 Photo by T.Ishihara)

前置きが長くなりましたが、今回のボトルは、フォーチュン80の1990年代流通品。1980年発売当初から、その独特なデザインこそ変わっていないものの、1989年4月の酒税法改定によって様々なブランドが終売、置き換わる中で生き残り、のちに発売されるグランドエイジ、プライズらと共にハイエンドラインナップの一角を構成しました。

味の方向性は1980年代流通のそれと比べても大きくは変わりません。ただ80年代の方が、濃さと合わせて荒削りというか、野暮ったい感じは少しあった印象。また、どちらもコルクに難ありで、スカスカになっていることも度々あるようです。
今回のボトルもコルクは弱っており、別なコルクに置き換えてありますが、なにぶん口径が大きく、現行品ではあまり無いサイズなので注意が必要です。

ニッカウイスキー レアオールド 角瓶(新角) 1950年代流通 37%

カテゴリ:
IMG_2951
NIKKA WHISKY
Rare Old
Finest Malt Pot Still
1950's
500ml 37%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★(4)※
※香味は参考程度

スーッとしたアルコール感にザラメを思わせる甘さのあるアロマ。やや甲類焼酎やウォッカにも共通するニュアンス。口当たりは甘みがあまり無く、プレーンで序盤はウォッカのようだが、徐々に干し藁を思わせる軽い香ばしさ、ピートを思わせるほろ苦さがピリピリとした刺激と共に余韻で開いていく。
決してウイスキーとしておいしいと言えるボトルではない。日本のウイスキー史を学ぶ上での教材ボトルであり、香味については参考程度として楽しむ1本。


ニッカウイスキーの歴史を語る上で、避けては通れないレアオールド角瓶。今回のボトルの解説をするためには、話を1940年まで遡る必要があります。
1934年、竹鶴政孝が北海道余市に蒸留所(大日本果汁株式会社)を創業、その後1940年に第一号ウイスキー・レアオールド角瓶を発売、これが今回のボトルにも使われている"ニッカウイスキー・レアオールドラベル"の系譜の始まりとなります。
第一号ウイスキーは発売直後に勃発した太平洋戦争などの影響から一般市場にほとんど出回ることなく歴史の闇に消え・・・1950年、酒税法改正により公定価格が廃止される中、経営基盤を作るために竹鶴政孝が涙を飲んで3級ウイスキーの発売に舵を切ります。

「わしゃこんなもん出さんぞ」
このあたりのストーリーは、ドラマ・マッサンでも語られた話であるため、ご存知の方も多いかと思います。
こうして発売されたのがニッカウイスキー・スペシャルブレンデッドウイスキー(丸瓶、角瓶、ポケット瓶)であり、今回のレアオールド角瓶(新角)です。
前置きしたように、ラベルの表記が「Rare Old NIKKA WHISKY」で統一され、デザインもラベルサイズ程度しか変わらないため、パッと見では蒸留所に展示されている第一号ウイスキーに見えますが、実際は発売から10年後のボトルということになります。

(画像引用:ニッカウイスキーデータベース、読売新聞1951年12月12日紙面よりhttps://www59.atwiki.jp/nikka/sp/pages/403.html)

ニッカの3級ウイスキー発売に当たっては、「原酒は上限の5%まで入れる」「着色用のカラメル色素は自社で製造」という話が有名です。
今回のボトルは1952年の酒税法改正(3級表記→2級表記)と、本社が日本橋に移転した後の1953年以降のボトルではありますが、上限いっぱいまで入れるという企業方針は変わっていないようで、口に含むとザラメのような甘さ、甲類系のブレンド用アルコールの風味が主体的ではあるものの、余韻にかけてはスモーキーでピーティーなほろ苦い味わいが淡く残り、当時のジャパニーズらしい時代を感じさせる風味とあわせて、竹鶴政孝のこだわりを体感することが出来ます。
IMG_2965
(ハイボールについても当時のウイスキーらしく飲みやすさ重視で、黎明期の味わいだが、ストレート同様にほのかなピートフレーバーが余韻にかけて感じられる。)

このボトルは東日本大震災で被災した、とある酒屋に眠っていたという1本。外観はつい先日作られたかのように美しく、発売から半世紀を越えているとは思えない状態を保っています。
我が家にこのボトルが巡ってきた縁に感謝しつつ、ウイスキー仲間とのイベント等で興味関心を持っているファンに飲んでもらえるように使っていきたいと思います。


ご挨拶:新年明けましておめでとうございます。今年の1発目はニッカ第1号。。。とはいきませんでしたが、その系譜からスタートです。
本年もよろしくお願いします!

このページのトップヘ

見出し画像
×