カテゴリ

カテゴリ:★9

ストラスアイラ 35年 1937-1973 GM コニッサーズチョイス 43%

カテゴリ:
STRATHISLA
Gordon & Macphail
Connoisseur's Choice
Over 35 years old
Distilled 1937
Bottled 1972-1973
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:KUMC
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:ウェアハウスを思わせる古く落ち着いた香り立ち、キャラメルナッツ、熟したオレンジ、燻した麦芽から土っぽいピート香、存在感のあるスモーキーさ。ほのかに貴醸酒のような古酒感や、陶酔感を感じる。グラスの残り香も素晴らしい。

味:まろやかでコクがあり、どっしりとした麦芽風味主体の口当たり。サルタナレーズン、林檎のカラメル煮。後半にかけてじわじわとピーティーでスモーキーなフレーバーが開き、鼻腔にも抜けていく。
余韻はカラメルソースやローストした麦芽風味、染み込むようなほろ苦さが長く続く。

ピートと麦芽風味の素晴らしい一体感。そこにリフィル系の枯れたオールドシェリー樽のアクセント。アルコールも立っており、状態は素晴らしい。少量加水するとスモーキーさが穏やかになる一方、陶酔感あるシェリー香、麦芽香が主体的になり、うっとりとするようなアロマが広がる。ただし味は水っぽさが強くなり、加減が難しい。


エドワード&エドワード表記、ジャッコーネ向けのコニッサーズチョイス。これはもう時代と経年がもたらした贈り物と言える、オールドモルトの良さが結実したようなボトルです。
懐古厨と言われようと、ラベル酔いと言われようと、良いものは良い。やはりスコッチモルトは麦とピートの酒なのだという、そのものの本質と、格の違いを感じさせられてしまう1本でした。

ストラスアイラは1950年にシーバスリーガル社の傘下となり、現在はペルノリカールグループにおける文字通り"キーモルト"を提供する、主要蒸留所であり続けています。
今回はその買収遥か前、当然設備や製法なども旧式だったと思われる時代の作。1940年代、30年代のモルトは平均して語れるほど多くの蒸留所を飲めていませんが、これまで飲んだモノに共通してあるのは分厚い麦感、そして内陸とは思えないほど存在感のあるピートの層。
おそらくボトリング当初はもっと強い主調があったものの、経年によってまとまった香味の形が、この時代のウイスキーを飲む醍醐味だと感じています。

また、コニッサーズチョイスは単一ビンテージで複数樽バッティングがあるのもポイント。バッティングによる香味の複雑さと安定化、今の原酒はそうでもしないとってのはありますが、香味の強いこの時代でそれをやってたらもう反則ですよ。
それをオフィシャルではなくボトラーズ1社が定常的にリリースしている点が、GM社が様々な蒸留所の準オフィシャルとして機能する、圧倒的な原酒保有量を垣間見る要素とも言えます。
いやはや、本当にスケールが違うメーカーです。

(今回のヤッテヤッタデス事例。主犯は自分では無いが、結局一口便乗したので同罪か。美味い、美味いがこれじゃなくても。。。あまりの罪深さに手が震えて、写真のピント合わせもままならない(笑))

なお、GM社は今年から既存ラインナップの全面的な見直し、リニューアルを始めています。
この動きは、GM社の100年を越える歴史の中で初めてのこと。近年のGM社は物凄い勢いでラインナップを拡充してきましたので、差別化がわかりにくいものや、継続しているのかもわからないシリーズもちらほら。ここで一気に整理して、選択と集中を行うのもアリだと思う一方、こういうのは大概値上げとセットになりがちですから消費者としては一抹の不安が。。。(JISさんの発表ではディスカバリーなるシリーズも誕生するようですし。)

既にリニューアルが発表されたのが、今回の記事でもあるコニッサーズチョイス。1968年にリリースが開始され、今年で半世紀、節目の年のリニューアル。
ラインナップにおける基本的な方針はこれまでと変わらずですが、カスクストレングスとウッドフィニッシュが正式の加わる模様。ラベル下部の色でラインナップを分けており、ゴールド:従来通り46%加水、シングルカスク並びにスモールバッチ含む。グレー:カスクストレングス。レッド:カスクフィニッシュタイプ。と整理されるようです。

気になる店頭価格は70ドルから500ドルの間くらいとのことですが、日本だと諸々込みで1万円弱くらい〜でしょうか。
後はどんな中身で来るか、続報を待ちたいです。

グレンギリー 21年 1965年蒸留 シェリータイプ 43%

カテゴリ:
IMG_6245
GLEN GARIOCH 
Aged 21 years
Distilled 1965
(Sherry type)
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:KuMC@NYさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8ー9)

香り:最初は黒蜜系の甘く落ち着きのある香り立ちだが、徐々に干し葡萄などのダークフルーツ入りチョコレートケーキ、奥から燻した麦芽や黒土、ほのかに乾いた草、鞣し革を思わせるアクセント。奥行きのあるアロマで淡い酸味を伴う果実香とピート香が陶酔感を誘う。

味:まろやかでとろみのある口当たり。燻した麦芽、黒糖麩菓子、ほのかにドライベリーやレーズンを伴う黒糖系オールドシェリー。ピリッとする刺激が舌の上に感じられる。
鼻抜けは微かにフローラル、余韻は柔らかいウッディネス、少しべたつきがあるが、深い甘みとほろ苦いピートフレーバーが長く続く。

思わず口角が上がってしまう旨さ。バッティング加水でバランスのとれた味わいに、シェリー樽の質の良さ、今より遥かに強い60年代のギリーらしい個性が渾然一体となって感じられる。その一つ一つを紐解くように、ストレートをじっくり時間をかけて楽しみたい。

IMG_6246

タイプ別で2種類リリースされている、1965年蒸留表記のグレンギリー21年オフィシャルボトル。表ラベルに小さく書かれたモリソンの社名に時代を感じます。リリース時期は単純計算で1987から1988年ごろと思われますが、今回のボトルは日本に1990年代に入ってから流通したようです。

上記"タイプ別"というのは、使い古したリフィルシェリー樽主体と思われるライトカラーのボトルと、今回のファーストフィルシェリー樽主体と思しきダークカラーのボトル2種類が、同じデザインのラベルでリリースされていたもの。
ライトカラーのほうは飲んだことがありましたが、ダークカラーは初めて。前者は樽感が淡いというか、オールド的なこなれた感じであるところに、ギリーらしい土っぽいピーティーさのしっかり感じられる味わいがわかりやすい、オーソドックスな構成だったという印象があります。

では後者であるシェリータイプはというと、ちょっと別格ですね。以前コーウェルさんの15年熟成に度肝を抜かれましたが、それに共通する要素もあるバッティング加水版と言いますか。
突き抜ける味わいではありませんが、加水でなおしっかり主張する存在感のある個性に、オールドシェリー樽のふくよかな甘みと果実味とが合わさって、グレンギリーとして完成度の高い味わいに仕上がっているのです。

近年のグレンギリーは、1997年の再稼働後はピーテッドモルトの仕込みを辞めてしまったようですが、この味わいを知ってしまうとやはりグレンギリーにはピートが欲しい。そしてオールドシェリーとの組み合わせが堪らない。自分ギリー好きだなと、改めて感じる1杯でした。
いつも素晴らしい1杯をありがとうございます!

スプリングバンク 31年 1965-1996 ケイデンヘッド シェリーウッド 50.5%

カテゴリ:
IMG_5435
SPRINGBANK
CADENHEAD'S
Aged 31 years
Distilled 1965
Bottled 1996
Sherry wood Matured
700ml 50.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@個人所有ボトル
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:華やかでフレッシュなベリー香、葡萄、ほのかに黒土、ドライでパワフルな香り立ち。微かにニッキのようなスパイス香もある。最初は角の立った硬さがフレッシュさとして感じられるが、時間経過で艶やかで奥深い甘みへと変化する。

味:少し硬さを感じるが、コクがあって甘酸っぱくパワフルな広がり。ベリージャム、枝付きレーズン、ブラウンシュガーをまぶしたお菓子、レザーのアクセント。ボディは厚みがあり、しっかりと広がる。
余韻はドライでウッディ、華やかなベリー系のシェリー感をほろ苦いピートとウッディネスが引き締め長く続く。素晴らしい。

開封からそこまで時間が経っていないためやや硬さはあるものの、果実味豊富なシェリー感を厚みとコクのある酒質がしっかりと樽感を受け止めている。序盤はフレッシュ、徐々にコクのあるジャム感。うっとりするような陶酔感。スプリングバンクで数あるリリースの中でも名作と呼べる1本。 


素晴らしいシェリーオークで熟成された原酒は、銘柄問わずある程度のレベルに到達することは間違いはありません。しかしさらにそれ以上のレベルに行くとなると、酒質そのものの個性、ベースの良さ、樽との相性がモノを言います。
これらが合わさって伝説的な1本を生み出した蒸留所が、「偉大な蒸留所」として評価されるようになるわけですが、ことスプリングバンクに関してその評価に異論の余地はないと思います。

もっとも、良いものが常に評価されるとは限らず、スプリングバンクにも冬の時代はありました。時期によっては酒質の弱い迷走気味のボトルが見られることもあります。
しかし冬の時代があったからこそ様々なボトラーズ等に樽売りが行われ、長期熟成原酒もストックされ、こうして素晴らしいリリースの数々が生み出されたというわけですから、長い目で見れば冬の時代は必要なものなのかもしれません。
まあその期間製造側はたまったものじゃないワケですが(汗)

DSC00298

今回のテイスティングアイテムは、1990年代のケイデンヘッド、グリーントールボトルのオーセンティックコレクションシリーズから。ケイデンヘッドと言えば1980年代以前のブラックダンピーボトル時代の評価が高く、その後継であるグリーントール時代は樽感の淡いリフィル系のリリースが多い印象。
そのため美味しさよりもカスクストレングスゆえのキャラクターの違いや、酒質ベースの味わいで楽しむ、テイスティングの面白さに通じるところがあるワケですが、時折素晴らしいカスクで 突き抜けたリリースに当たるため侮れません。

ケイデンヘッドは、1972年にJ&Aミッチェル社の傘下に入ったボトラーズブランドで、このJ&Aミッチェル社はスプリングバンクを所有していたことから、以来同門の関係にあるのは周知の話。現地のケイデンヘッドショップではスプリングバンク系列の限定品やDuty paid sample などのカスクサンプルが販売されるなど、強い結びが感じられます。

今回のリリースもまた数ある1960年代蒸留のスプリングバンク・ボトラーズリリースにあって、オフィシャルとは異なる突き抜けたベリー系の香味とバンクらしいコクのある酒質との一体感が素晴らしく、経年を経たことでさらに完成度は増しているようです。

流石、系列企業は良い樽ストックしてるなと・・・まあ、なんとかなるさ方針の企業柄なので、当時そこまで考えてリリースされていたかはわかりませんが(笑)
近年はローカルバーレイのリリースなど、スプリングバンク側はかつての姿を取り戻そうとする"狙った"仕込みを続けているようですし、シェリー樽のノウハウ蓄積と合わせて今後素晴らしいリリースが増えていくことも期待したいです。



タリスカー 1954 GM イーグルラベル 40%

カテゴリ:
TALISKER
Isle of Skye Pure Highland Malt
Gordon & Macphail
Distilled 1954
1980's
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(KuMC)
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:ベリー感を伴う落ち着いたシェリー香に麦芽香。チョコレートクッキー、枝付きレーズン、古いウェアハウス。妖艶で土っぽいピート香も感じられる。

味:とろりとリッチな甘み、ベリージャム、カステラ、微かにカカオ。強い麦芽風味と染み込むようなピートフレーバー。40度加水とは思えないボディの厚みがある。
余韻は古典的な麦芽風味、序盤から続くシェリーの甘みを黒土を思わせるほろ苦さが引き締め、スモーキーで染み込むように長く続く。

オールドシェリーとそれを受け止める分厚い酒質、スモーキーフレーバー。加水で調整されたウイスキーならではの負担のない飲み口。蒸留所云々を差し引いても、長期熟成ウイスキーとして整った旨さがしっかりとある。
こうしたウイスキーを量産できていた当時のGMは、やはりどこかおかしい。


1954年蒸留のタリスカー。ーグルラベルのタリスカーは長い期間結構な種類がリリースされていましたので、ボトリング年の特定はできません が、ラベル形状等から1980年代流通で、中身は25から30年熟成といったところと思われます。

少しラベルが退色していたので、開封前はフェイク疑惑も話題にありましたが、中身は間違いなく本物です。
オールドシェリーの傾向の一つとも言える、カラメルソースを思わせるとろりとした甘さ、それを支える分厚い麦芽風味、タールや黒土のようなピートフレーバー。。。
これはGMが凄いのか、それとも1950年代のタリスカーのポテンシャルゆえか。あるいはそのどちらも凄かったというこというか。シェリー感の強いバージョンや麦芽風味が強いバージョンなど、構成にばらつきはありますが、兎に角、これまで飲んできたどのボトルを思い返しても、この時代のGMタリスカーはハズレなしどころか、安定して突き抜けている印象があります。

先日開かれたウイスキー仲間との持ち寄り会では、1950年代蒸留の短熟オフィシャルと、長熟タリスカーの超豪華な飲み比べとなり、それぞれの良さを堪能させていただきました。(写真の並びは参加メンバーが高評価したボトルの順。。。タリスカー2本はダントツでした。)

短熟オールドの経年で丸みを帯びつつも個性がわかりやすい味わいも文句なく良かったですが、個人的には熟成を経たことで備わったオールドシェリーの妖艶な甘さと、どっしりとしつつも落ち着きがあるピーティーなニュアンスがどストライク。
むしろ短熟を飲んでいたからこそ、このボトルの良さがわかりやすかったのかもしれません。

なお、これを飲んだからといって現行品不甲斐ないなどと言う話ではなく、もはや同じ名前をした別な何かと考えています。
言わばパラレルワールドのようなもの。機会があればこうして覗かせてもらうわけですが、その世界は困ったことにとんでもなく魅力的なのです。

タリスカー 8年 1960年代流通 TDラベル 43%

カテゴリ:
TALISKER
Pure Malt Whisky
Over 8 years old
1960's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
量:ハーフショット強
場所:個人宅(KuMC)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★★(8-9)

香り:リッチな麦芽香、熟成した葉巻を思わせる妖艶なスモーキーさ、土っぽいピート香にプラムやママレードを思わせる酸味、ほのかにヨードのようなニュアンスが混じってくる。

味:とろりとした口当たり、香り同様に強い麦芽風味、塩キャラメル、土っぽいピートに湿ったウッディネス。コクと厚みのあるボディ。
余韻は古典的な麦芽風味、微かにオレンジジャムを思わせる。スモーキーで染み込むように長く残る。

経年によりやや熟れすぎた感はあるが、それにしても素晴らしいボディの厚み、ピート、古典的な麦芽風味。。。スコッチモルトたる要素が充実している。今の時代よりも遥かに強い個性の存在感。これを普通に飲めた時代がなんとも羨ましい。


1980年代以前のタリスカーのスタンダードである、TDラベル。
現行品のようにただ荒さの残る味わいではなく、深いコクと染み込むようなピートを感じるそれらは「この時代こそ」と愛好家から高い評価を受けています。
ラベル遍歴としては、マップ(1990年代から)→JW(1980年代後期)→TDという順に古く、JW時代、TD時代には8年と12年がリリースされており、特に今回の1960年代は、日本国内への輸入がなかったことに加え、後述する理由から現存するボトルそのものが少ないという状況、自分も初めてのテイスティングになりました。

随所に時代を感じさせるラベルデザイン、Pure Malt Whisky表記にDistillery Isle of Skye表記、見た目からしてそそられますが、味も古酒らしいこなれた香味に麦由来の強い風味がしっかりと備わって、ウイスキー好きの本能に訴えかける魅力があります。
また、この時代の短熟オフィシャルの特徴として、8年表記でありながら若いニュアンスはなく、長期熟成原酒とのバッティングでバランスがとられているであろうことも伺えます。
(タリスカー蒸留所外観。目の前には海、背後には不毛の大地。華やかという単語は似合わないが、この環境が詰まっていると思うと納得出来る味わいがタリスカーにはある。 Photo by T.Ishihara)

この時代のシングルモルトは、いくつかの要因で物が少ないと言われています。
一つが当時のウイスキー市場はブレンデッドウイスキーが全盛だったこと。まあこれはシングルモルトの生産量が、ブレンデッドに比べて少なかったという話で、今の時代もスコッチ業界全体としてはこの流れですね。
そしてもう一つが、当時のこうしたボトルは「あくまでスタンダードの一つ」であり、普通に飲まれてしまったために"残り辛かった"ということにあります。

マッカランなどのようにビンテージ入りだったり、ボトラーズリリースだったり、あるいは何かしらの限定品であればコレクションされていたものが後々流通してくることもありますが、このタリスカーなどは当時の愛好家からすれば、ただのオフィシャルの8年ものなのです。

今我々がタリスカーをじゃぶじゃぶハイボールにしてしまうように、こうしたオフィシャルが日常的に消費されたであろうことは想像に難しくありません。
ボットリングから半世紀の時を超えて、こうして目の前にボトルがある、その機会を頂けただけでも感謝です。

このページのトップヘ

見出し画像
×