カテゴリ

カテゴリ:★9

タリスカー 1954 GM イーグルラベル 40%

カテゴリ:
TALISKER
Isle of Skye Pure Highland Malt
Gordon & Macphail
Distilled 1954
1980's
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(KuMC)
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:ベリー感を伴う落ち着いたシェリー香に麦芽香。チョコレートクッキー、枝付きレーズン、古いウェアハウス。妖艶で土っぽいピート香も感じられる。

味:とろりとリッチな甘み、ベリージャム、カステラ、微かにカカオ。強い麦芽風味と染み込むようなピートフレーバー。40度加水とは思えないボディの厚みがある。
余韻は古典的な麦芽風味、序盤から続くシェリーの甘みを黒土を思わせるほろ苦さが引き締め、スモーキーで染み込むように長く続く。

オールドシェリーとそれを受け止める分厚い酒質、スモーキーフレーバー。加水で調整されたウイスキーならではの負担のない飲み口。蒸留所云々を差し引いても、長期熟成ウイスキーとして整った旨さがしっかりとある。
こうしたウイスキーを量産できていた当時のGMは、やはりどこかおかしい。


1954年蒸留のタリスカー。ーグルラベルのタリスカーは長い期間結構な種類がリリースされていましたので、ボトリング年の特定はできません が、ラベル形状等から1980年代流通で、中身は25から30年熟成といったところと思われます。

少しラベルが退色していたので、開封前はフェイク疑惑も話題にありましたが、中身は間違いなく本物です。
オールドシェリーの傾向の一つとも言える、カラメルソースを思わせるとろりとした甘さ、それを支える分厚い麦芽風味、タールや黒土のようなピートフレーバー。。。
これはGMが凄いのか、それとも1950年代のタリスカーのポテンシャルゆえか。あるいはそのどちらも凄かったというこというか。シェリー感の強いバージョンや麦芽風味が強いバージョンなど、構成にばらつきはありますが、兎に角、これまで飲んできたどのボトルを思い返しても、この時代のGMタリスカーはハズレなしどころか、安定して突き抜けている印象があります。

先日開かれたウイスキー仲間との持ち寄り会では、1950年代蒸留の短熟オフィシャルと、長熟タリスカーの超豪華な飲み比べとなり、それぞれの良さを堪能させていただきました。(写真の並びは参加メンバーが高評価したボトルの順。。。タリスカー2本はダントツでした。)

短熟オールドの経年で丸みを帯びつつも個性がわかりやすい味わいも文句なく良かったですが、個人的には熟成を経たことで備わったオールドシェリーの妖艶な甘さと、どっしりとしつつも落ち着きがあるピーティーなニュアンスがどストライク。
むしろ短熟を飲んでいたからこそ、このボトルの良さがわかりやすかったのかもしれません。

なお、これを飲んだからといって現行品不甲斐ないなどと言う話ではなく、もはや同じ名前をした別な何かと考えています。
言わばパラレルワールドのようなもの。機会があればこうして覗かせてもらうわけですが、その世界は困ったことにとんでもなく魅力的なのです。

タリスカー 8年 1960年代流通 TDラベル 43%

カテゴリ:
TALISKER
Pure Malt Whisky
Over 8 years old
1960's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
量:ハーフショット強
場所:個人宅(KuMC)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★★(8-9)

香り:リッチな麦芽香、熟成した葉巻を思わせる妖艶なスモーキーさ、土っぽいピート香にプラムやママレードを思わせる酸味、ほのかにヨードのようなニュアンスが混じってくる。

味:とろりとした口当たり、香り同様に強い麦芽風味、塩キャラメル、土っぽいピートに湿ったウッディネス。コクと厚みのあるボディ。
余韻は古典的な麦芽風味、微かにオレンジジャムを思わせる。スモーキーで染み込むように長く残る。

経年によりやや熟れすぎた感はあるが、それにしても素晴らしいボディの厚み、ピート、古典的な麦芽風味。。。スコッチモルトたる要素が充実している。今の時代よりも遥かに強い個性の存在感。これを普通に飲めた時代がなんとも羨ましい。


1980年代以前のタリスカーのスタンダードである、TDラベル。
現行品のようにただ荒さの残る味わいではなく、深いコクと染み込むようなピートを感じるそれらは「この時代こそ」と愛好家から高い評価を受けています。
ラベル遍歴としては、マップ(1990年代から)→JW(1980年代後期)→TDという順に古く、JW時代、TD時代には8年と12年がリリースされており、特に今回の1960年代は、日本国内への輸入がなかったことに加え、後述する理由から現存するボトルそのものが少ないという状況、自分も初めてのテイスティングになりました。

随所に時代を感じさせるラベルデザイン、Pure Malt Whisky表記にDistillery Isle of Skye表記、見た目からしてそそられますが、味も古酒らしいこなれた香味に麦由来の強い風味がしっかりと備わって、ウイスキー好きの本能に訴えかける魅力があります。
また、この時代の短熟オフィシャルの特徴として、8年表記でありながら若いニュアンスはなく、長期熟成原酒とのバッティングでバランスがとられているであろうことも伺えます。
(タリスカー蒸留所外観。目の前には海、背後には不毛の大地。華やかという単語は似合わないが、この環境が詰まっていると思うと納得出来る味わいがタリスカーにはある。 Photo by T.Ishihara)

この時代のシングルモルトは、いくつかの要因で物が少ないと言われています。
一つが当時のウイスキー市場はブレンデッドウイスキーが全盛だったこと。まあこれはシングルモルトの生産量が、ブレンデッドに比べて少なかったという話で、今の時代もスコッチ業界全体としてはこの流れですね。
そしてもう一つが、当時のこうしたボトルは「あくまでスタンダードの一つ」であり、普通に飲まれてしまったために"残り辛かった"ということにあります。

マッカランなどのようにビンテージ入りだったり、ボトラーズリリースだったり、あるいは何かしらの限定品であればコレクションされていたものが後々流通してくることもありますが、このタリスカーなどは当時の愛好家からすれば、ただのオフィシャルの8年ものなのです。

今我々がタリスカーをじゃぶじゃぶハイボールにしてしまうように、こうしたオフィシャルが日常的に消費されたであろうことは想像に難しくありません。
ボットリングから半世紀の時を超えて、こうして目の前にボトルがある、その機会を頂けただけでも感謝です。

ボウモア 43年 1966-2009 ダンカンテイラー 44.9%

カテゴリ:
BOWMORE
Duncan Taylor
Special Peerless
Aged 43 Years
Distilled 1966
Bottled 2009
44.9% 700ml

グラス:木村硝子 古酒
量:30ml以上
場所:個人宅(Whiskylinkイベント)
時期:開封後3年程度。
評価:★★★★★★★★★(9)

香り:非常に華やかで陶酔感のある香り立ち。パッションフルーツやパイナップル。マンゴーやトロピカルフレーバーと形容される、フェロモンを思わせる熟した果実のフレーバー。オーキーなウッディネスやグレープフルーツの綿を思わせるほろ苦さ、土っぽいピートフレーバーも感じる。

味:ねっとりとした口当たりから土っぽさと心地よい香ばしさを感じる麦芽風味、オーキーな華やかさとパッションフルーツやマンゴーを思わせるフルーティーさが一気に開いてくる。
中間は程よいボディ感に、こなれたピートフレーバー。余韻は序盤から引き続き発散するトロピカルフレーバー、果実の皮のようなほろ苦いウッディネスと合わさって長く続く。


今回で飲み切り、無事に天へと還っていったモンスターボトル。 最後の一滴まで本当に素晴らしいボトルでした。
2010年のモルトナイト第一回を皮切りに、これまでのWhisky linkイベントで度々お世話になり、まさにピアレスフレーバーを体現したような"あざといまでのトロピカルフレーバー"で、自分を筆頭に多くの飲み手がアイラの女王にメロメロにされてきたわけです。
その別れを惜しむべく、最後の1杯を、こうしてノートに書き留めておこうと思います。 

このボトルを一言で表現するなら、先にも記載した「トロピカルフレーバー」です。
元々ダンカンテイラーはこうしたフルーティーなフレーバーを出しやすい、バーボンオークやリフィルホグス系の樽を中心につかってきたということもあって(※粉はないと考えます)、1960年代蒸留のボウモアに備わっているフェロモン系のフルーティーさがより一層強調されているように感じます。
ハイプルーフ仕様であっても、いくつかの原酒をバッティングしているオフィシャルとは異なる、シングルカスクだからこその「ど直球」なフレーバー。これまで飲んできたピアレスボウモアは総じてこのベクトルですが、このスペシャルピアレスのボウモアは特に凄かったです。

ボトルの構成として酒質はそれほど重くは無く、フルーティーさを邪魔しない程度に支えているという感じで、さらに麦芽風味とピート、土っぽいニュアンスがフルーティーさをより一層魅力的なモノにしています。
おそらくこれらのフレーバーが無ければ、ここまで引き込まれるフレーバーにはならなかったでしょう。

魅惑の1960年代ボウモア。いくつかの蒸留所では再現するための取り組みも行われているようで、その成果が出ることを心待ちにしている反面。この掛け替えのない個性を知ってしまうと、出来ることならボウモアでこそ取り戻して欲しいと感じてしまうのです。


ハイランドパーク 1956年蒸留 1985-86年ボトリング? 54.3% GM

カテゴリ:
HIGHLAND PARK  
Gordon & Macphail  
Orignal CASK
Distilled 1956
Bottled 1985-1986?
750ml 54.3%

グラス:シュピゲラウ グランドテイスティング
場所:個人宅
量:ハーフショット
時期:開封後2か月程度
暫定評価:★★★★★★★★★(9)

香り:濃厚な蜂蜜やママレードを思わせる甘さと、どっしりとしたスモーキーさ。オーク、アプリコット、ほのかにアーシー。誤魔化した感のない濃縮した旨みがぐんぐん迫ってくる。オフフレーバーはあまり無く、樽感もバランスがとれている。

味:香り同様な構成。口当たりからねっとりと濃く存在感のあるピートフレーバー、へザーハニー、ママレードの甘み。鼻抜けのスモーキーさ、ボディの広がり、経年を感じさせない生き生きした旨みがある。
フィニッシュはアーシーで口の中に染み込む存在感のあるピートフレーバーと、上等なキャラメルを思わせる艶のあるオーキーで華やかな余韻が長く続く。


スコッチウイスキーの歴史は、ブレンデッドウイスキー主導で近年まで続いてきました。
シングルモルトウイスキーがその消費量に占める割合はほんの数%に過ぎず、ラインナップにシングルモルトが無いという蒸留所もザラにあります。
シングルモルトの台頭はブームが起こり始めた1980年代、ないし1990年代以降。合わせてダンカンテイラー、ダグラスレイン、シグナトリー・・・著名なボトラーズ各社の活動もほとんどこの時期から活発化しています。
結果、古い時代であればあるほどシングルモルトのラインナップが少ないということになり、熟成期間の関係から、1960年代蒸留の原酒をシングルカスク&ハイプルーフで飲む機会はあっても、1950年代以前の原酒となれば、弾数の少なさは比較するまでも無いほど。

今回のボトルは老舗ボトラーズGM社のカスクシリーズのハイランドパーク。ブームの前からシングルモルトを展開していただけあって、良いところリリースしてますよね。
ボトリング時期が不明で、おそらくインタートレード向けと同様に85年、86年あたりだと思いますが、そんなことは関係なく既存スペックだけで高まるボトル。香味もハイランドパークらしさがさく裂しています。
強い内陸系のビターなピーティーさ、蜂蜜の甘み、そして上等なキャラメルのような樽の香味と濃い麦芽風味。樽がリフィルシェリー系であることも、蒸留所のキャラクターがメインに出てくるのを妨げておらず、濃縮された香味を楽しめます。
ボトリング当時はもっと強かったんでしょうけれど、20年の瓶熟期間でアルコールの角が取れ、風味の強さだけが残っているのもオールドボトルの醍醐味と言える味わい。 これまでの経験から1950年代は1960年代より土っぽさというか、ピーティーさの強いボトルが多いように感じますが、このボトルもそうした傾向があり、強い個性、ハイランドパークらしさを楽しめる素晴らしいボトルでした。

このボトルはウイスキー仲間のK兄さん主催、個人イベントでテイスティング。
オープニングからこのボトルでしたから、その日の疲れとか諸々吹っ飛んでしまいました。
開封後1~2か月で開いてきたかなという感じですが、このままこなれてもボディが厚いので違う方向性で楽しめそうです。素晴らしいボトル、経験をありがとうございました!

ロングモーン 1969年蒸留 2009年ボトリング #5293 GMリザーブラベル

カテゴリ:

LONGMORN
GORDON & MACPHAIL
RESERVE
Distilled 1969
Bottled 2009
(Aged 40 Years)
Cask No, 5293
700ml 59.3%
評価:★★★★★★★★★(9)

香り:シルキーで艶のある甘い香り立ち。キャラメル、チェリー、ベリージャム、黄桃の缶詰、嫌味の少ない高貴なウッディネス。熟したフルーツにあるような瑞々しく華やかさのあるシェリー香で、グラスの中でもどんどん開いてくる。

味:スムーズだが濃厚な口当たり、熟したベリー、レーズン、ナッツ、キャラメリゼ、ジャム系のコクを感じるボディの厚みもあり非常に充実している。
余韻は黄桃の瑞々しい甘みと天津甘栗を思わせるオークの香ばしさ、そして樽由来の渋みが混然となって長く続く。


先日ウイスキー仲間のRさんが煽りに耐えかねて抜栓した1本。煽ってみるものですね(笑)。
ゴードンマクファイルが当時色々出していた1960年代ロングモーン、その中でも度数、シェリー感、フルーティーさとバランスのとれた1本 で、60年代ボウモアの南国感にもあるような、熟した果実が発するある種のフェロモンを思わせる魅惑的なアロマが備わっています。 
このシリーズは過去に自分でも買っていたりBAR飲みもしているのですが、今となってはずいぶん高値の華になってしまいました。 口開け時は少しゴムっぽさ、硫黄系のニュアンスを感じたものの、時間経過でどんどん良くなってフルーティーさが開いてきます。

1960年代らしい嫌味の少ない上質なシェリー樽由来の甘さと、こちらも1960年代らしいロングモーンのフルーティーな個性がマッチ。フルーツ感は所謂トロピカルなタイプで、味の後半にかけてこれでもかと広がります。
流石に熟成期間40年は伊達ではなく、フルーティーさに続いてウッディーな要素も感じられますが、序盤からの艶のある甘みとフルーティーさを引き立てる要素とも感じられる素晴らしい相乗効果で、長い余韻はいつまでも感じていたい陶酔感をもたらしてくれます。

あぁ、これだよなー良いウイスキーってこれだよなーと思わせてくれる、そんなボトルです。
Rさんいつもありがとうございます!

このページのトップヘ

見出し画像
×