カテゴリ

カテゴリ:★8

グレンリベット 1961-1990 GM ライオンラベル 40%

カテゴリ:
GLENLIVET
GEORGE & J.G.SMITH'S
GORDON & MACPHAIL 
Distilled 1961
Bottled 1990's
750ml 40%

グラス:スピリッツスニフター
時期:不明
場所:BAR Sandrie
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:艶やかで熟したイチゴやダークフルーツ、薄めたカラメルソース、ランシオを感じる柔らかいシェリー香。合わせて乾いた麦芽、微かに土っぽいピート香も感じる。

味:口当たりはドライでウッディだが、こなれていて柔らかい。香り同様のベリーや枝付きレーズンなどのニュアンスを伴うシェリー感が主体。
余韻はウッディだがやや粘性があり、トロピカル系統の果実味が感じられる。ドライで長いフィニッシュ。

ボディは少々緩く注ぎたてはドライな印象もあるが、香味とも加水と経年で柔らかく、何より時代を感じるベリー系のオールドシェリーと麦由来のトロピカルな要素が交わった妖艶な構成が垂涎ものの1本。


ALL MALT表記に時代を感じる、ライオンラベル(蒸留所ラベル)のグレンリベット。相当種類が出ているシリーズで、中身もピンキリだったりするのですが、1961同一ビンテージではセスタンテ向けの57%が高い評価を受けています。あのパワフルで濃厚、そして妖艶なシェリー感は、ちょっと反則なリリースですよ。。。

一方このボトルは加水ですが、飲んでみると近い時期の蒸留表記があるオフィシャルマッカランを思わせるような、ベリーやランシオ漂う古典的なシェリー感。ウッディネスは熟成期間が30年弱であるためそれなりに強いですが、加水であることで程よい程度に止まり、これはこれでバランスの良さがあります。
それこそ、一日中の終わりにこれを飲めたらどれだけ癒しになるだろうかという感じです。

(Sandrieさんにてテイスティングした、1958年蒸留のマッカランオフィシャルボトル。シェリー感では今回のボトルにも通じるところがあり、時代の共通項を感じさせる。この1杯、文句なく至福のひととき。)

グレンリベットは1966年にフロアモルティングを取りやめるなど、他の蒸留所同様に近代化を進めているようです。
当時グレンリベットを傘下としていたグレングラントもまた、この時期より前の原酒は、特有のフルーティーさが麦由来の要素に感じられるだけでなく、田舎っぽさに通じる土っぽいピートが、いい仕事をしているように感じられます。

もはや想像の域を出ない話ではありますし、結局ここに帰結してしまうのですが、ゼファー種、フロアモルティング、1960年代前半までのシェリー樽。これらはウイスキーにおける失われた3種の神器なのではないかと思うのです。
最近飲み始めた飲み手に是非経験してほしいと思う反面、失われた時代のものであると割り切る気持ちも必要な、なんとも勧めにくいボトルです。

ジャンフィユー レゼルヴ ファミリアル 40%

カテゴリ:
jean-filloux-reserve-familiale-tasting
JEAN FILLIOUX
Reserve Familiale
Tres Vielle Grande Champagne
700ml 40%

グラス:リーデルコニャック
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
参考評価:★★★★★★★★(8)

香り:華やかでオーキー、アプリコットやマンゴーなどのドライフルーツ、白葡萄、林檎などの甘酸っぱさと共に、ほのかに甘栗を思わせる香ばしさ。注いだ瞬間はドライ気味だが、周囲に拡散する素晴らしい香り立ち。

味:濃縮感に加え角の取れたウッディな口当たり。合わせてピーチ、林檎のカラメル煮、熟した甘酸っぱい果実風味が樽由来のタンニンと共に広がる。粘性のある舌当たりだが、徐々にドライな刺激を感じる。
余韻はドライで華やか、強い熟成感を伴う実に長いフィニッシュ。

濃厚にして繊細。うっとりするような艶のある熟成香、樽感、長期熟成のボトラーズスペイサイドモルトにあるようなフルーティーさが広がる。大振りのグラスに注ぐとグラスの中にそれらが凝縮し、より芳醇なアロマを堪能できる。じっくりと時間をかけて楽しみたい。


コニャックの中でも最高峰の格付けを受けるグランシャンパーニュ地方。その中でもポールジローやラニョーサボランなどとともに、近年ウイスキー好きに認知され始めている作り手がジャンフィユーです。

ジャンフィユー社の商品には様々な熟成のレンジがあり、今回のレゼルヴ・ファミリアルはブランド通常ラインナップ最上位に位置する長期熟成品。使われている原酒の熟成期間は50年以上で、リムーザンオーク由来の華やかさと、多彩さを含む熟成香が魅力である一方。香味には熟成由来のウッディネス、ドライさも感じられるわけですが、それはギリギリ自然な範囲に収まっており、時間をかけて温めながら飲んでいくと香味の蕾が開くように、あるいは煮込み料理で材料が柔らかくなっていくように、グラスの中で好ましい変化が得られていきます。

ぶっちゃけ、近年のモルト。。。特にスペイサイド系はどんどん若さやボディの軽さが目立つ状態にあるわけですが、かつてのモルト(ピアレスの60年代のグレングラントとかストラスアイラとか)にあった熟成感に近いニュアンスを備えているのは、樽材の種類は違えどオーク由来の香味と熟成がもたらすものに共通項があるからでしょう。それなりに値段のするボトルではありますが、飲む価値はあると思います。

なお、このコニャックをはじめカルヴァドスなど熟成したブラウンスピリッツは、お湯割りとの相性が素晴らしいのです。(上の写真の紅茶っぽい構図、あれはお湯割りですw)
50〜60度くらいの温度で割ってやると、香りは柔らかく芳醇に、口に含む味わいはドライさがこなれて、華やかさとジャムのような果実味、体の隅々に染み込むような美味しさ。。。ただしこれ、初見のBAR等で注文する場合はマークされる危険を伴う諸刃の剣、素人にはオススメ出来ない。
また飲みやすさから杯が進み、気がつけば記憶をなくすという副作用も報告されているので、合わせて注意が必要です。

グレンアルビン 34年 1965-2000 キングスバリー 49.1%

カテゴリ:
GLEN ALBYN
Kingsbury
Aged 34 years
Distilled 1965
Bottled 2000
Cask type Sherry #3833
700ml 49.1%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:オールドシェリー特有のカラメルソースを思わせる深みのある甘み、淡いベリー香とドライフルーツ、熟したオレンジ、ふくよかでリッチなアロマ。

味:リッチなシェリー感のあるクリーミーな口当たり。シロップ漬けチェリー、デラウェア、瑞々しさと品の良さのあるフルーティーな甘み。徐々に古樽の落ち着いたウッディネス。
余韻ヒリヒリとしたアタックを若干感じつつ、ほろ苦い土っぽいピートのあるスウィートなフィニッシュ。

リッチなシェリー感だがどこかシロップ的な甘みとクリアなニュアンスがあり、これがドライフルーツとは異なる果実味に繋がっている。またオールドシェリーらしいベリー感も感じられる、充実した1本。


キングスバリーのケルティックシリーズ。他にラフロイグやボウモア、様々なリリースが行われましたが、どれも非常に良い出来で、輸入していたジャパンインポートの当時の無双っぷりの象徴であると共に、コレクターズアイテムにもなりつつある貴重な1本です。

グレンアルビンと言えば、インヴァネスやネス湖といったエピソードが定番ですが、もう一つあるのが今やタムデューに残るのみとなった、サラディン式モルティング設備を、1954年にグレンモールと共に先立って導入したというエピソード。
当時両蒸留所はマッキンレー社の傘下で、ブレンデッド・マッキンレーズの主要原酒として増産路線にあり、同社の方針によるところがあったのでしょう。この他、当時における最新の設備を揃えていた蒸留所であったとも語られています。

1960年代は、各蒸留所でモルティングが行われていた最後の時代にあたります。1970年代になると、業界最大手DCL社は傘下蒸留所でのモルティングをモルトスターに一元化する形に切り替え、他社の多くがそれに追従する形で現在に至ります。
この出来事は、その地で収穫された麦芽とその地のピートという"地酒"から始まったスコッチウイスキーが、一元管理された製品へ大きくシフトした出来事だったと言えます。

話が引き続き脱線しますが、モルティングの代表的な方法は、フロアモルティング、サラディン式、ドラム式と単語だけ語られる事が度々ありますが、その違いが酒質に対してどのような効果を及ぼすのか、語られる事はあまりありません。
一つ考えられるのは、仕込まれた麦芽の均一度合いの違いでしょう。フロアモルティングは敷き詰めた麦芽を人出を使ってひっくり返しますので、どうしても均一な仕上がりにはなりません。ムラはかなりあったのではないでしょうか。
サラディン式は敷き詰められた麦芽に対して、一方方向から強い風を送りつけて撹拌・乾燥させるため、それなりに効果はあると思いますが、完全ではないように感じます。(っていうかエネルギーもえらく使いそうです。。。)
一方、ドラム式は洗濯乾燥機みたいなもので乾燥させるため、これはかなり均一に仕上がると考えられます。

この均一度合いの違いが、その後糖化し、モロミを作る段階で、フレーバーの違いになって効いてくるのではないかと予想します。
今の麦芽品種に対してどの程度効果があるかはわかりませんが、麦芽由来の味が強く出ると言われるゼファーあたりの古代種の麦芽では、それが時にフルーティーさや複雑さ、あるいは今回のアルビンのように厚みのある味わいなど、ポジティブな影響を及ぼしたのではないでしょうか。
そこに良質なオールドシェリーの樽が使われるとくれば、不味い訳がないんですよね。

なおこのボトル、以前サンドリエのマスターが持ち寄り会に持参されていたのですが、その際のテイスティングノートが解読不能という有様。先日伺った際、追試をカウンターにて行ったものです(笑)。
合わせてお世話になりました!

グレンドロナック 25年 1968年蒸留 ANA向け 43%

カテゴリ:
GLENDRONACH
Aged 25 years
Distilled in 1968
For ANA
Cask No,20
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1年程度
場所:KuMC@NSさん
評価:★★★★★★★★(8-9)

香り:ベリー感を伴う濃厚なシェリー香。カカオをまぶしたチョコレートクッキー、イチジクの甘露煮、クランベリーや熟した苺の赤い果実香。スワリングしているとオーク由来の華やかさを感じる。

味:濃厚で芳醇な含み香。スムーズな口当たりから、香り同様にベリー感ある甘酸っぱさとこなれたウッディネス。枝付きレーズン、クランベリーチョコレート、アーモンドのアクセント。余韻はウッディで程よいタンニンを伴いつつ、陶酔感のあるシェリー香が長く続く。

ベリー系オールドシェリーの豊かな香味に、熟れた果実が発する、ある種のフェロモンを含むようなゾクゾクさせる要素を伴う素晴らしいボトル。
加水すると穏やかな飲み口でシェリーオーク由来の豊かな甘みがベリー感と共にさらに広がる。

グレンドロナックのオフィシャル加水リリースの中で、非常に高い評価を受けている一本。1960年代後半から1970年代前半のドロナックに多く見られる、深いコクとベリー感漂うリッチな香味が特徴の、ここ2〜3年以内のリリースではまずお目にかからない、素晴らしいシェリー樽熟成モルトです。
このままウイスキーのシェリーカスク製造方法に革命が起きない限りは、あるいは後述する後天的変化が起きない限りは、将来は伝説的な評価を受ける可能性が高いボトルだと思います。 

素性としては、成田−ヒースロー間を就航していた、ANA国際線の機内販売で限定販売されていたというリリースで、総本数は2500本と言われています。自分が機内で買ったら確実に我慢できず、その場で開けますねw
しかしなぜグレンドロナックなのか。マッカランでもフィディックでもボウモアでもなく、なぜANAは日本でほぼ無名とも言うべき蒸留所を選んだのかは疑問が残ります。(スコットランドでも当時第一線というほどではなかったと思います。)

どのくらい無名だったかと言うと、1990年代初頭、当時18年クリアダンピーが売れないからと、1本1000円で社内販売したという噂を。。。聞いた記憶が。日本市場におけるウイスキー冬の時代とバブル崩壊後が極まったようなエピソードが伝えられているほど。(ちくしょう!ケースで欲しい!)
ひょっとするとこのANAドロナックも、そうした過程の中でカスクが払い降ろされて誕生したのではと推察しています。

仕様は43%の加水であるため、バッティングのシングルモルトなのかと思いきや、シングルカスクの加水を複数リリースして計2500本だった模様。背面ラベルには異なるカスクナンバーと、ボトリング本数が記載されています。(確認できる範囲で、一番若いナンバーで3、大きい数字は27。2500本とする場合、6カスク程度あるものと推察。)
他方で、中には全く記載されていないボトルもあり、ひょっとするとバッティングもあったのかもしれません。


なお、グレンドロナックの加水は、このANA向けのような濃厚シェリーであっても後天的にパフュームに変化する可能性を秘めていると考えられます。
以前写真のオフィシャルクリアダンピー18年で該当する香味に変化したボトルを飲んだことがあり、このボトルもひょっとして状態次第で該当する変化が起きないか、極めて心配になってきました。

その意味で、このボトルは本当時良い時期に飲ませてもらえました。中にはこれを御本尊にように飾られているお店もあるようですが、開けたらウボァーってことになっていないことを、祈るばかりです。

エヴァンウィリアムズ 23年 1997年ごろ流通品 53.5%

カテゴリ:
IMG_8863
EVAN WILLIAMS 
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Years 23 old
Released in 1997
750ml 53.5%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1年程度
評価:★★★★★★★★(8)

香り:キャラメリゼ、ベリーや柘榴、オレンジの甘酸っぱさ、艶のある香り立ち。ややドライな刺激もあるが、ハイプルーフ由来の強さが香りをより一層発散させている。

味:香り同様に甘酸っぱく、パワフルで香味にしっかりと芯のある口当たり。濃く入れた紅茶、メープルシロップ、ドライクランベリー、オレンジチョコレート。鼻腔にもしっかりと抜けていく。余韻はウッディーで微かにこげたようなニュアンスと共に、タンニンが染み込むように感じられるが、熟成感に対しては強くなくバランス良くまとまっている。

赤みがかった濃い色合いが美味しさを予感させる。陶酔感を伴う甘酸っぱい香りは、加水すると一気に開く。特にオレンジ系のニュアンスが後押しされる印象で、ロックにしても充分に長く楽しめるコシの強さがある。グラスは口がすぼまっているタイプより、多少開放的なほうがポジティブな要素を拾いやすい。

IMG_8867

銘酒と言われるバーボンは数多くありますが、閉鎖とか終売とか、禁酒法時代とか。。。そういう付加価値を除いてダイレクトに味だけで勝負した時。間違いなく高い評価を受けるのが、80〜90年代流通のエヴァンウィリアムズ23年であることに、異論の余地はないと感じます。

同銘柄は、1989年から1995年ごろまで、1966〜1972年蒸留の原酒をそれぞれ年毎に用いて、マッカランを思わせる熟成年数と蒸留年を表記した単一蒸留年リリースを行っていました。
ところが1973年以降の表記はリリースされておらず、流通時期としては1996年ないし1997年ごろのボトルから、熟成年表記のみに切り替わったようです。(時同じく、ボトルのデザインもやや角ばったものから、若干丸みを帯びたデザインへと変更されています。)



今回のボトルは、瓶底の加工から切り替わった直後のボトルであると推察。そうでなくとも、1990年代後半の流通品であることは間違いありません。
この仕様の変化が何を意味するかは定かではないのですが、スコッチタイプのブレンドとは異なり、バーボンでは熟成年数表記以上の原酒がふんだんに使われるような印象はなく。おそらく使われても年跨ぎか、せいぜいプラス1〜2年といったところと思われます。

パッケージチェンジであって構成原酒の条件に大きな変化があったとは考えらず、何れにせよ高いクオリティを維持しています。
長期熟成バーボンに見られる芳醇で艶のある甘みと、オールドシェリー樽にも共通するベリー系の赤い果実の甘酸っぱさを伴う豊かな樽香。熟成感に対して余韻のえぐみがあまり出ておらず、タンニンが甘みを引き締めていく。ああ、これは美味い。66年表記のボトルにも感じられるベリー感をそのまま継続し、こちらは濃縮したようなオレンジ系のニュアンスも混じる。
72年表記にも負けず劣らずで、同時開封ではないので一概に比較はできないものの、先日ウイスキー仲間との持ち寄り会で比較テイスティングした結果、むしろこちらの方がという声もあったくらいなのです。

※ご参考
エヴァンウィリアムズ23年 1966年蒸留
エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留

それにしても、近年のバーボンは10年を超えない熟成でも、樽材由来と思しきえぐみが強く出ているものが少なくありません。
なぜこのエヴァンウィリアムズしかり、昔のバーボンの多くは、長期熟成であってもえぐみの少ない豊かな味わいに仕上げることが出来たのか。
製法や原料の違いもあるとは思いますが、それ以上に現行品の多くに感じられる、樽材の中に残るようなえぐみ的な香味の量等から察するに、樽材の仕上げに野外に干しておく期間が昔の方が長かったのではないかと予想しているのですが。。。その真相はオールドシェリー樽の真実同様に、予測はできても確定までたどり着けない謎の一つです。


このページのトップヘ

見出し画像
×