カテゴリ

カテゴリ:★8

ベンリアック 50年 1966-2016 GMケルティックラベル 54.3%

カテゴリ:
BENRIACH 
GORDON & MACPHAIL
Aged 50 Years
Distilled 1966
Bottled 2016
Cask Type 1st Fill American Hogshead #606
54.3% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:持ち寄り会@マッスルKさん
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★★★(8)(!)

香り:ツンとした樽香とシナモンなどのスパイス、ハーブ。徐々に甘栗、ドライアプリコット、熟したパイナップル。最初はドライで香りが立たないが、ほんの数分でフルーティーさが充実してくる。

味:最初はドライな口当たりだが、徐々に甘みと粘性がひろがる。紅茶を思わせる心地よいタンニン、ピリピリとしたスパイシーさから舌の上で発散するフルーティーさ、熟した桃、アプリコットジャム、トロピカルフルーツ。ボディはしっかりして、生きている。
余韻はドライ、華やかなオークフレーバーが非常に長く残る。

最初はドライで樽のニュアンスが強いが、5分10分もすれば急速に香味が開き、甘み、フルーティーさが充実してくる。
今後開封後変化でさらに開く印象がある一方、加水するとボディが崩れ、一気に香味とも弱ってしまう。ストレートでじっくりと、時間をかけて半世紀に渡る時の流れを楽しみたい。
昨年リリースされたLMDWの60周年記念シリーズ。もっとも突き抜けたスペックであり、目玉とも言える1本が、このベンリアック50年GMケルティックラベルです。
ケルティックラベルは数年前に乱発されて以降、リリースされるのは久しぶりという印象がありますが、流石メゾン、そして流石GM。長熟原酒の枯渇が叫ばれる現代において、「奇跡」と言っても過言では無い、とんでもない樽を持っていました。

他の銘柄を含めると50年オーバーのウイスキーはこれが初めてというわけではありませんが、総じて度数が低かったり、過熟気味のウッディーさが強かったりで「ピークを過ぎてるけど飲めるレベル」という仕上がりが多い印象。
それがこのベンリアック1966は、50年の時を越えてなお、枯れず、くすまず、54%と高度数を維持。酒質部分の香味はだいぶ削られてシャープになっている感じはありますが、樽感は華やかでフルーティー、過熟感のあまりないオークフレーバーが、舌の上で綺麗に発散していくのです。
これは長期熟成原酒にありがちな、40%前半まで度数が落ちてしまった、最初はフルーティーだけど後が続かないものとの大きな違いです。

樽は1st fillのアメリカンホグスヘッド。この時代ではシェリー樽だと思うのですが、明示的にこれがシェリーと言えるかは曖昧なフルーティーさ。何より1st fillのシェリーホグスヘッドであればもっと濃厚なシェリー感が備わっているところ、そういうニュアンスはありません。
ではバーボンホグスヘッドかというと、シェリーに比べて容量が小さい環境で50年も熟成させたら、もっとドライで渋みも強く出るはず。。。どちらの樽であっても、このベンリアックのフレーバーには繋がらないのです。(エンジェルズシェアをざっくり計算すると、どちらの樽でも一応今回ボトリングしている本数は得られる可能性はあり、足し合わせ等ではないようです。)

何かヒントはないかとメゾンのサイトを見ると、樽仕様が「Remade hogshead 1st fill」となっていました。
ホグスヘッドは基本組み直して作るものですから、リメードである事はおかしい事ではありません。
しかし使い古したアメリカンホワイトオークの樽を再加工して作ったリメードホグスヘッドを起点とし、そこに1度ウイスキーを熟成させた後の1st fillであれば、今回のような熟成感もある程度説明がつきます。

一方、樽は前述の通りであっても、度数に関しては高度数すぎるものを入れた感じでも無いので、純粋に一般的な度数で樽詰めされ、熟成環境が噛み合った結果と言う印象。
何れにせよ半世紀という時間をかけて作られた原酒を飲む事は、味わい以上に特別な想いがあります。まして今回のように、特別にバランスの取れたものは尚更です。
素晴らしいウイスキーをありがとうございました!

エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留 53.5%

カテゴリ:
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whiskey 
Years 23 old
Distilled 1972
750ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅@KuMC
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:リッチでふくよか、艶やかに甘い豊かな香り。少し焦げたキャラメル、フローラルな華やかさ、チェリーのシロップ漬け、微かに柘榴のニュアンスも。非常に充実している。

味:リッチな甘みのある濃厚でパワフルな味わい。キャラメルとドライベリー、林檎のカラメル煮、濃く入れた紅茶。舌あたりにベタつく感じと、やや焦げたような樽感があるがしつこく残らず余韻に消えていく。

華やかかつ濃厚でパワフル、長熟ハイプルーフバーボンの魅力が詰まった1杯。少量加水すると、ベリーや花を思わせるさらに華やかな香味が開く。


個人的に、美味いバーボンは?と聞かれたら、まず出てくるのがエヴァンウィリアムズ23年です。
時代的には焼失前の旧ヘブンヒル蒸留所での製造にあたり、スコッチモルトに対抗したのか1980年代から1990年代あたりまではこうして単一蒸留年度の表記のある珍しいリリース形態。自分は全ての年度を体験できているわけではありませんが、それぞれに異なる魅力があると聞いています。

勿論、これ以外に美味いバーボンはいっぱいあります。
現行品で衝撃を受けたフォアローゼスPBは記憶に新しく、今回のボトルを含む90年代に流通した各種長熟、ヴァンウィンクルとか外さないですね。
それ以前のオールドバーボンではヘブンヒル系列、ジムビーム系列、ターキーなどなどもうだいたい美味い。特有の赤い果実風味、うっとりするような艶やかな甘みがあって・・・と話が逸れましたが、その中でもエヴァンウィリアムズ23年はまず名前が出てくる濃さ、パワーがあります。
家に1本は開けておきたいと思っているのですが、最近その手のバーボン相場は青天井。なんとも世知辛い世の中です。

エヴァンウィリアムズ23年は、今回テイスティングしたトールボトルから、2000年前後に、上記写真のややずんぐりとした形状に変化。この時代のボトルは単一蒸留年度縛りが無くなったためか、同じベクトルでありつつも、香味のバランスが良くなった印象。例えばこの1972年蒸留のエヴァンは、樽由来のニュアンスが強く、リッチな味わいながら口当たりでベタつく感じがあります。
どちらを好むかは人それぞれだと思いますが、間違いなくバーボン好きには堪らない旨さがあるということに違いはありません。

なお、2000年前後に切り替わったラベルの上にシルクプリントでEvan Williamsの記載がありますが、近年流通ではこれが無くなり紙ラベルのみとなります。このロットであれば、今でも酒屋やBARなどで見かける事があります。
トールボトル、シルクプリント、近年流通の3種飲み比べとかやってみたいなーと思いつつ、一体幾らになるのか地味に怖い(笑)。
何れにせよ、長期熟成バーボンの魅力を感じる、古き良き時代の素晴らしい一杯でした。

グレンファークラス 35年 1971-2006 ウイスキーフェア 51.4%

カテゴリ:
SPEYSIDE SINGLE MALT
(GRENFARCLAS)
THE WHISKY FAIR
Aged 35 Years
Distilled 1971
Bottled 2006
Cask type Oloroso Sherry Butt
700ml 51.4%

グラス:木村硝子
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:香り立ちはスパイシーで淡いスモーキーさ、ナツメグを思わせるアロマ。湿ったウッディネス、枝付きレーズンやチョコレートを思わせる甘さが徐々に発散してくる。

味:口当たりはとろりとリッチ。黒砂糖の甘みからレーズンとドライベリー、チョコレートケーキ。酸味を内包した甘みが豊かに広がる。中間はコクがあり、微かにシナモンを思わせるスパイシーさ。
余韻はドライでウッディー、ほのかにバニラやオーキーなフルーティーさを伴う長い余韻。


いわゆるオールドシェリーに分類される長期熟成シェリー樽に、ドイツ系ボトラーズらしいフルーティーなエッセンスが加わっている1本。
ドイツ系のボトラーズがなぜフルーティー系統が多いのかとか、シェリーバットで35年熟成で534本はちょっと多いのでは・・・とか思ったりもしますが、バットで700本ボトリングする某蒸留所とかに比べれば熟成の神秘で説明がつくレベルであり、話を先に進めます。

今回は口開け直後であるためか香り立ちに少々難がありましたが、元々黒糖系の甘みが主体であるところに、時間経過でドライフルーツの酸味もが広がってきて、これはなかなかイケてるグレンファークラスです。
テイスティング中の変化と同様に、開封後の時間経過で果実味がさらに開いてくれば。。。★7はわりと辛口めな評価でありますが、★8まで伸びていく変化も期待できます。

ここ最近、上等なグレンファークラスのリリースが集中してあったわけですが、10〜20年前後で仕上げたスパニッシュオーク系のボトルも決して悪くはないものの、当時の突き抜けたボトルを飲むと、役者というか時代の違いをどうしても感じてしまいます。
だからと言って今評価されている新規リリースを軽視するわけではなく、これはこれ、それはそれでそれぞれ良い。バーボン樽熟成とシェリー樽熟成は直接比較しないように、シェリー樽熟成の中でも整理をする時代が来ているのかもしれません。

ちなみにこうしたウイスキーのベースとなっていると考えられる、数十年単位でシェリーの熟成に使われた樽は、某商社と取引されている方の話を聞く限り、実は数こそ少ないものの一定数市場に出回っており、しかも価格は数ヶ月~数年間のシーズニングシェリー樽よりも安価なのだそうです。
オフィシャルメーカー側としては安定して数を確保できるシーズニングシェリー樽を重視し、計算しづらい古樽は敬遠している・・・のでしょうか。あるいはそうした樽が、オフィシャルのファークラスであればファミリーカスクになり、ボトラーズなどからリリースされる飛びぬけた1本に繋がっていくのかもしれません。
とすると、案外今後もそれなりなリリースは続いていくのかと楽観的なことを考えてしまったり。ただ可能であれば、近年系シェリーではなく、こうした古き良き時代のシェリーカスクも再現してほしいものです。

サントリー 山崎 ミズナラ サロンドシマジ向け 2016年リリース

カテゴリ:
IMG_2791
SUNTORY WHISKY
YAMAZAKI DISTILLERY
MIZUNARA
For Salon de Shimaji
2016's
700ml 48%

グラス:ショットグラス アンティーク
量:30ml
場所:サロン ド シマジ 伊勢丹新宿店
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★★(8)

甘くコクのある華やかな香り立ち。熟成感を感じるレーズンやアプリコット、干し柿などの甘みと酸味。まろやかな口当たりからボディは適度な厚みがあり、徐々にドライで高貴な香木系のウッディネスが余韻にかけて広がる。加水するとより華やかでバニラやメレンゲクッキーを思わせる甘み、シルキーな口当たりに変化する。

近年のリリースでは軽さが目立つ山崎ミズナラ原酒にあって、バランスの良さに加え、コクと深みがある良い部分だけ集めたような1本。2016年にリリースされたジャパニーズシングルモルトの中で、最も印象に残ったボトル。

IMG_2789

昨年12月、伊勢丹のサロンドシマジに入荷した、山崎ミズナラの同店向けリリース。現チーフブレンダーである福輿氏が、山崎蒸留所のミズナラ原酒のみを使用して作った60本限定のシングルモルトです。
華やかでコクのある口当たり、果実味と高貴なウッディネス。原酒の蒸留年は1990年代との話を聞きましたが、明らかにそれ以上、30年クラスの熟成感が感じられるのがポイント。サンプリングの段階から島地勝彦氏も関わっているそうです。

サロンドシマジでは、通常ウイスキーをストレートでは提供しておらず、1;1の加水がメイン。ですが、このボトルに限ってはまずストレートで利いて、徐々に加水していくのがオススメ。加水用の水は同店スタンダードのスペイサイドウォーターではなく、様々な水を試した結果、ベストマッチだったという龍泉洞のナチュラルミネラルウォーターが用意されています。
ストレートで1ショットが終わったら、次は1:1の比率でシェイク。熟成期間の眠りを覚ますという1杯は、島地氏のこだわりを体現したものと言えます。


(12月中旬に伺ったところ、すでに6本が空に。「このクオリティで1ショット5000円は安いぞ」との言葉を裏付けるように、何杯もの注文が入っていた。)

なお、誤解を恐れず言えば、サロンドシマジのウイスキーサーブはショットグラスであることと、シガールームでもあるため、ウイスキーそのものの香り立ちにはやや難がある環境と言えます。
ただし、紫煙と混じり合ったウイスキーの香気は時に素晴らしく。今回の山崎ミズナラは、お香を思わせる和のニュアンスと、繊細かつ幾重にも重なる香味が交じり合うことで、まるで煙管を燻らす着物姿の女性のよう。
同店でのウイスキーの役割は、まさにシガーとのマリアージュなのです。

それでも、もし機会があれば、この山崎はそれ単体でテイスティンググラスを使って飲んでみたい。ウイスキードリンカー魂を擽られる、完成度の高い1杯でもありました。
原酒枯渇の時代にあって、これほどのボトルを個人が詰めてしまう。冷静に考えるととんでもないことですね。

ラフロイグ 25年 カスクストレングス 2015's 46.8%

カテゴリ:
IMG_2609
LAPHROAIG
Aged 25 Years
2015 Cask Strength Edition
Cask type Aloroso Sherry & American Oak
700ml 46.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml+α
場所:持ち寄り会@蕎麦屋
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:しっかりとヨードを含むスモーキーなピートフレーバーと、微かにチーズのような酸味。スワリングするとレモンやオレンジの砂糖漬けを思わせる甘さと皮のほろ苦さ、柑橘系の爽やかさを伴う熟成香。奥には木材の焦げたようなニュアンスも感じられる。加水するとバニラや乾いたオークフレーバー、塩素っぽさもある。

味:とろりとコクのある口当たり、ヨードを伴うピートフレーバーと共に、蜂蜜レモン、グレープフルーツ、土っぽさ、じわじわとナッティーで香ばしいピートスモークが鼻腔に届く。ボディは厚く、フレーバーは濃縮されて実に複雑。
余韻はスモーキーで序盤に感じられたヨード香がそのまま残り、ほろ苦くピーティー。
加水するとピートフレーバーは柑橘系のフルーティーさが強く感じられる。また、ドライでウッディーなニュアンスも余韻にかけてはっきりと感じられ、全体的にフレーバーが伸びてくる。

ストレート、加水共に良く出来ており愛好家卒倒の1杯だが、実はお湯割が旨いという一面も。熟成でカドが取れているためアルコールの揮発は柔らかく、口に含むとピートスモークとヨードがふわりと開いてなんとも言えない酔い心地に。。。

都内某所、蕎麦屋での日本酒会で出会った1本。ラフロイグが最近ほぼ毎年リリースしている、カスクストレングスの長期熟成版。現地を中心にリリースされているボトルですが、毎年平行品が少量日本市場にも流通しています。 
この25年、2014年リリースも美味しいは美味しいのですが、全体的に輪郭がはっきりしないというか、それほど高まらないボトルだったのに対し、今回の2015年は樽感とピート、そして熟成感を感じるフレーバーの凝縮感が素晴らしい。近年ボトルらしく若干の荒さも感じられますが、それでも前年と比べワンランク上の仕上がりとなっています。

原酒のベースは1980年代後半から1990年ごろの蒸留。フルーティさがはっきり出ていた時期の原酒に、樽の出方はリフィルオーク系で、原酒そのものの香味を後押ししており、バランスは良好です。
よくよく考えてみれば、2015年はラフロイグ蒸留所200周年の年だったわけで、気合が入っていないワケがないですよね。
バイセンテナリーリリースは15年、21年、32年と、どれも愛好家を唸らせてきましたが、この25年もまったく見劣りしない。むしろ、60~70年代蒸留寄りのフルーティーで長熟らしく落ち着いた32年の系統ではなく、15年や21年のベクトルで、完成度の高い香味が感じられるように思います。
言わば、もう一つの200周年記念ボトルの形・・・と言って良いかもしれません。いやぁ~これはグットリリースです。

他方、そんな秀逸なボトルを、ロックでも加水でもなく、よもやお湯割りで呑もうなんて・・・と初めて聞いたときは驚きました。
しかしボトル持ち主であるS兄さんオススメとあれば、試さないワケにはいきません。
旨い、確かに旨い。そしてこの背徳感。体中にヨードを含むスモーキーフレーバーと、バニラや柑橘系の甘みが染み渡っていくようです。
暖かいラフロイグがこうも旨いとは。。。っていうかこんなこと私の頭じゃ思いつきませんし、思いついてもまず実行しません(笑) 

素晴らしいラフロイグとの出会いに感謝すると共に、新しい飲み方も、まだ寒さの続く今こそ別なラフロイグでも試してみたいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×