カテゴリ

カテゴリ:★8

アードベッグ 10年 1970年代流通 40%

カテゴリ:
ARDBEG
Years 10 Old
OLD ISLAY MALT SCOTCH WHISKY
1970's "White Label"
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人所有スペース@NS氏持ち寄りボトル
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8-9)

香り:スモーキーで強いヨード香、燻した麦芽と土っぽさ、地磯の海藻が混じる海の香り。レザーを思わせるニュアンスやほのかな柑橘感もあり、実に充実している。

味:マイルドだが存在感のある口当たり。麦芽風味はコクと厚みあり、ピーティーでヨードと魚介のニュアンス、ほのかにきび糖のような甘み、ナッツの香ばしさやグレープフルーツのワタに通じるほろ苦さを伴う。
余韻はしっかりとスモーキーだが、角の取れた麦芽風味主体。じんわりと広がって長く続く。 

加水と経年でバランス良く整った香り立ちとマイルドな口当たりでありながら、当時のモルトらしい厚みとはっきりとした個性が感じられる、秀逸なシングルモルトウイスキー。是非ストレートで。


アードベッグの1970年代流通オフィシャルボトル。当時のアードベッグはハイラムウォーカー傘下で、ピーテッドモルトの需要増に伴う増産が行われ始めた時期に該当しており、加水でありながら強い個性を感じる仕上がり。今年のアードベッグデーでリリースされたグルーヴスのPRでも、その繁栄ぶりが紹介されています。 

他方、その後訪れる1980年代冬の時代についてはここで解説するまでもなく・・・。一時閉鎖を経て大改修工事が行われ、その間の原料の変化と製法も変わったためか、少なくとも当時のような存在感の強い魚介、レザー、土、あるいは消毒液的な要素が合わさったような個性は鳴りを潜めてしまいます。
蒸留所はグレンモーレンジないしディアジオ傘下で安定し、そのブランドを確立して現代に至るわけですが、少なくともそのキャラクターは酒質がクリーンでピートが悪目立ちするオレオレ系。ハイボールにするには美味いものの、当時とはずいぶん異なるように思います。

IMG_7793
(ウイスキー仲間との持ち寄り会にて。アードベッグ1980年代流通(左)と、1970年代流通(右)。80年代流通にはグリーントール時代もあり、流通時期で分かれると推測。その他熟成年数のオフィシャルリリース等を見るに、グリーントールのほうが後期だろうか。)

また、近年との比較のみならず、この10年間でもスタイルは異なっているようです。
今回、持ち主のご好意で貴重な飲み比べを経験させていただいたわけですが、80年代流通はスモーキーでありながら麦感伴うどこか素朴なニュアンスを伴うアイラモルトである一方、1970年代流通は香味の厚み、個性の強さ、ピートの存在感共にワンランク上。特に加水でありながら海系のニュアンスの存在感の違いをはっきりと感じます。

日本のウイスキーが樽の香味を重ね合わせるものとすれば。スコットランドのウイスキーでイメージするのは、アイラに限らず樽は酒質を育てるもので、本質的なところは麦とピートというどこか田舎くさい土着のものにあると思うのです。近年はノンピートやライトピートスタイルが増えているだけでなく、麦系のニュアンスも弱く、どちらかと言うと樽主体の構成が増えていますが、今回のようなオフィシャルボトルを飲むと、その性質の違いによる独自の魅力を改めて感じさせられます。貴重なテイスティングの機会をいただき、感謝です。


以下雑談。
今回のアードベッグのラベルを見て思い出す構図が、以前記事の挿入画像として使わせていただいたK67氏提供の1枚。
おそらくほぼ同じ地点と思しき構図(ラベルのほうがやや陸寄り)なのですが、建物が微妙に異なるなどしているのは、イラストが忠実とすれば大改修前後の変化ということなのかもしれません。また、海側も、船着場として利用できたであろう桟橋が2箇所沖まで伸びており、当時の物流で機能していたであろうことが伺えます。

DSC08972

カリラ 1966-1995 GM センテナリーリザーブ 40%

カテゴリ:
CAOLILA
GORDON & MACPHAIL
CENTENARY RESERVE
Distilled 1966
Bottled 1995
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:サンプルテイスティング@マッスルK
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:しっとりとしたスモーキーさ。黒土とレザー、乾いた魚介のアクセントうピート香に、ベリーシロップや黒砂糖の甘みが漂う濃厚かつ妖艶なシェリーが融合。ヨード系の薬っぽさ、時間経過で徐々に焦げた木材のようなニュアンスも感じられる。

味:まろやかでスウィート、コクのある口当たり。黒蜜、カカオチョコレート、あるいはダークフルーツケーキのしっとりとした甘みとほのかな酸味。そこに香りと同系統のピートフレーバーや古酒感がある。
余韻にかけては序盤の芳醇な甘みを引き継ぎつつ、スモーキーでエッジの立った塩気と舌の上にウッディなタンニンを伴い長く続く。

完成度の高いアイラシェリー。40%という構成を感じさせない香味の存在感とボディの厚み、果実味を備えたGMシェリー感、オールドピートとそれらの加水による一体感。文句のつけようがない構成で、開封後から時間を経てさらに開いてきた。

GM社創業100周年記念としてリリースされたボトル。何種類かリリースされていて、モートラック、ハイランドパーク、ベンリネス、バルブレアあたりがあったでしょうか。中でもハイパは美味かった記憶があるのですが、あまり注目していなかったので全体の詳細は不明。。。

そのカリラは、1972年から1974年に行われた、大規模改修前にしてフロアモルティング採用時代の仕込み。1974年以降の70年代から80年代前半は、比較的多くのテイスティング機会に恵まれましたが、1960年代は流石に少なめ。しかし1974年のカリラが透明感が増してクリアでピーティーな味わいがあるのに対し、1960年代はコクとアイラらしいフレーバーで、異なる酒質を持っている印象も受けます。

今回のボトルは、そこにGMらしいカラメル系の濃厚なオールドシェリーが加わっているわけですが、多少あったであろうピートフレーバーの荒さがシェリー感と加水で整地され、経年と共に整った仕上がりが感じられるのが魅力。で、ただしっとり系かと思わせて余韻にはシャープな塩気も感じられる。いやーいい仕事してますね。
時間経過で奥にあった果実味やピートが開いてきた感もあり、この秋から冬にかけての変化が楽しみです。

なお、今回のテイスティングサンプルはウイスキー仲間のマッスルK氏から頂きました。
同氏に限らず貴重なウイスキーを経験する機会に恵まれており、本当にありがたい限りです。
自分の舌がご期待に添えるかはわかりませんが、グラス、環境、そして体調とも、極力整えてテイスティングに挑みたいと思います。

エヴァンウィリアムズ 23年 1966年蒸留 53.5%

カテゴリ:
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Years 23 old
Distilled 1966
Bottled 1989
750ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:萌木の村 Bar Perch
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:力強く芳醇な香り立ち。熟成を感じさせる香りの艶、陶酔感。熟したベリー、キャラメルやチョコレートクッキーを思わせるメローでほのかにビター、チャーオーク、ナッツの香ばしさを伴う。

味:パワフルでコクのある口当たり。キャラメリゼ、シロップ漬けチェリー、濃く入れた紅茶、オレンジピールチョコレート。粘性のある甘みから徐々にほろ苦く、ウッディなタンニンを感じる。
余韻はスパイシーでドライ、焦げた木材のアクセント、バニラやメープルシロップの熟成したバーボンの芳醇な香りが口内から鼻腔に広がり、充実した長い余韻へ繋がる。

長熟バーボンらしく濃い色合いに混じる赤みがかった美しい光沢。力強くありながら、コクがある艶やかな甘み、長く残る余韻の幸福感。その一つ一つの上質さに格の違いを見せつけられるようなバーボンである。
少量加水すると赤い果実を思わせるフルーティーさが感じられる。


日本及びアジアマーケット向けにリリースされたという、エヴァンウィリアムズ23年1966年蒸留。先日1972年蒸留を記事にした際にコメント頂いたところでは、エヴァンウィリアムズ23年シリーズで、ビンテージ入りのボトルはこの1966がファーストリリースだったとのこと。
リリースの経緯は不明ですが、当時の日本市場はスコッチにしてもバーボンにしても巨大なマーケットとして注目されていたのは間違いなく、多くのボトルが輸入されていました。このエヴァンウィリアムズも同様に、バブル期の遺産といって差し支えないのかもしれません。

(エヴァンウィリアムズが作られる、ヘブンヒル蒸留所の熟成庫。スコッチのそれと違い、一昔前の団地のような外観。間隔が開いてるのは火災の際の被害を少なくするためだという。 Photo by T.Ishihara)

エヴァンウィリアムズ23年シリーズの特徴は、なんといってもバーボンにおける最長期熟成の一つにして50.5%を超えるハイプルーフ仕様にあります。バーボンの平均的な熟成期間のおおよそ2〜3倍といえる期間でありながら、高い度数を保ち、枯れずに残るボディと味わい。
おそらく60%前後を保った原酒をバッティング、少量加水して仕上げているのだと思いますが、その原酒は通常品のそれと比べて単に樽のチャーがマイルドとかの小手先だけではない、根本的な違いがあるように感じます。

全種類とまではいかないものの、過去自分が飲んできた中でどれもが素晴らしいエヴァウィリアムズ23年のビンテージ入り。この1966は特に香りが素晴らしいですね。
自分はこの手の香味を備えたバーボンのコメントで「艶がある」という表現を使いますが、そのニュアンスがパワフルで濃厚な香りの要素を繋ぎ、思わず鳥肌が立つような陶酔感を感じさせるのです。


さて、ちょっと時間が開いてしまいましたが、今日のボトルは先日萌木の村に伺った際にテイスティングした1本です。最高の1杯を、素晴らしい空間で堪能させて貰いました。
5月に新しいバーマンが着任されて、新体制で活動を開始したBAR Perch。7月から8月には今年で29回目をむかえるフィールドバレエもあり、夏を思わせる暑い日を数えるほどに、シーズン中の現地に伺いたい気持ちが日に日に強くなってきています。

ストラスアイラ 1949-1996? GM 蒸留所ラベル 40%

カテゴリ:
STRATHISLA
Gordon & Macphail
Distilled 1949
Bottled 1996?
(Metal Screw Cap)
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:持ち寄り会@KuMC
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:存在感のあるピート香、腐葉土、古酒感、焦がしたカルメ焼きやチョコレートマカロンの苦味のある甘さ、奥にはおしろい系の麦芽香も感じられて多層的。芳醇で妖艶さに通じる要素をそなえている。

味:マイルドな飲み口、ややドライな舌触りだが、合わせてコクも感じる。キャラメリゼ、オレンジピールチョコレート、おしろい系の麦芽風味。後半はどっしりと強いピートフレーバーで、燻したアーモンドや香り同様土っぽいアロマが鼻腔に届く。
余韻はスモーキーで微かに焦げたようなピートフレーバー、スイートな麦芽風味を伴って長く続く。

熟成による古酒感、どっしりと存在感のある内陸系ピートと麦芽風味の組み合わせ。熟成期間にしては過熟感はなく、樽はリフィルのアメリカンオークシェリーバットあたりと推察。
ややピートの主張が強い印象を受けるが、少量加水すると香味の良い部分が伸び、奥からトロピカルフレーバー、妖艶な香りが引き立つ。


何種類かリリースが確認されている、GM蒸留所ラベル・ストラスアイラの1949年。今回のボトルはメタルスクリューキャップ仕様で、1980年代から1990年代流通のロットと推測。1980年代のものはラベルの1949表記がもう少しずんぐりしているため、おそらく1990年代でリリースが確認できる1996年ボトリング、46〜47年熟成原酒のシングルモルトと考えられます。

今回のストラスアイラで特筆すべき点は、強く存在感のあるピートフレーバーです。
当時のスペイサイドを含むハイランド地域の蒸留所は、今以上にピートを使っているところが多くありました。しかしその時代背景に加え、50年弱の熟成と加水による度数調整を経てなおこれだけ強いのですから、かなりピートを使っていたのではないかと考えられます。

それはこれまで何度か飲んだ1950年代蒸留のストラスアイラに感じたどれよりも際立っており、先日記事にしたコニッサーズチョイスのストラスアイラ1937同様、この時代の同蒸留所は何か違うのではないかと感じる要素でもあります。
歴史を紐解くと、ストラスアイラはかつてMilltown(ミルタウン)という蒸留所名で、違うオーナーの元操業していましたが1949年に破産。買収を経て、1951年にシーバスブラザーズ社傘下でストラスアイラとして操業しています。
つまり、このボトルは前オーナー時代最後の年の原酒。アメリカに販路を広げていたシーバス社において、仕込みの傾向が変わっていたとしてもおかしくありません。

(記録上は、決して操業等が不安定だったわけではないミルタウン蒸留所。海外サイトにまとめられた情報では、蒸留所オーナーは脱税が原因で破産したという。。。Photo by K67)

さて、近年流通するピーティーなウイスキーは、ピートが「俺が俺が」と強く鋭く自己主張するものが多く見られます。
一方、今回のボトルのような長期熟成の原酒や、オールドボトルなどにあるピートフレーバーは、鋭いタイプではなく、どっしりとして図太い。
ドラマなどに例えると、前者が声高に絡んでくるチンピラ的なキャラクターに対し、後者は吼えることはなく、ワンテンポ置いて威圧感を持って登場するボス的なキャラクターという違いがあります。

なぜこの違いが生まれるのか。ピートを構成する成分の違いもあるかと思いますが、おそらくは熟成や経年変化によって、尖っている部分が削られた結果、土台の部分のどっしりとしたところだけが残るのではないかと推測しています。
か細いピートフレーバーのものは途中でピートそのものが感じられなくなってしまいますが、最初から強いものは土台の"存在感のあるフレーバー"が残る。そしてそれが、シェリー樽などの甘く芳醇な香味と合わさることで、えも言われぬ陶酔感を構成していくのです。

今回のボトルは、このピートフレーバーに加え、樽感がとても50年弱熟成とは思えない自然さ。過度なシェリー感、タンニンや樽由来の苦味がなくまとまっているのも特徴的。うーん、流石1990年代のGM、恐ろしい樽を持ってますね。
果実味豊富というタイプではなく、洋菓子のようなタイプではありますが、上記陶酔感のに通じる要素があり、ボディもしっかりと厚い。水数的少量加水して調整すると見事に花開く時間の贈り物。
充実した1杯を堪能させてもらいました。     

マッカラン 25年 1964-1989 アニバーサリーモルト 43%

カテゴリ:
MACALLAN
The Anniversary Malt
25 years old
Distilled 1964
Bottled 1989
Cask type Sherry
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@萌木の村 パーチ
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:華やかでしっとりとした香り立ち。ベリーや黒砂糖を思わせるふくよかな甘み、軽やかなナッツ、アーモンド、の香ばしさも混じるフルーティーさ。微かに古酒感。奥には土っぽさを伴う麦芽風味がどっしりとした存在感を発揮している。

味:スムーズでマイルドな口当たり。引っ掛かりのない上質な甘みは、ベリーやレーズンなどのダークフルーツソース、チョコレートケーキ、ほのかに黒蜜。柔らかいコクを感じる。
余韻は心地よくドライ、濃く入れた紅茶のタンニン、微かに土っぽいピート、華やかなシェリー香が鼻腔に抜ける。

マッカランがマッカランたる構成。端的に言えばシェリー濃いめでバランスが良いモルトということになるが、各要素一つ一つが整っていて、まるでビロードのよう。上質な味わい。


最近の更新で25年熟成のモルトウイスキーが続いていたので、オマケでもう一つ、マッカランのアニバーサリーモルトを。

1968年以前、まだマッカランがゴールデンプロミス種に麦芽品種を切り替える前、ゼファー種を使っていたとされる時代の仕込み。樽も自社製造が行われる前で、最近では所謂"リアルシェリー"と言われるボデガから排出された良質なシェリー樽が使われていた頃のもの。不味い訳がありません。
ただマッカランに限らず、各蒸留所で黄金を冠する麦芽品種が使われ始める前の時期が、モルトウイスキーの黄金時代と言われるのは、少々皮肉なことではあります。

この当時のオールドマッカランの特徴には、樽の良さに由来する芳醇なシェリー感や原料由来の麦芽風味もさることながら、その上に成り立つビロードのように滑らかな口当たりがあると感じています。
12年クラスはまだ荒さが残っているものの、18年あるいは25年となると、その滑らかさには一気に磨きがかかり、それは単に熟成を経てまろやかになったというよりは、整いつつあったものを加水でさらに整えたというイメージ。
例えるなら木材のカンナがけ。どんなものでも美しく仕上がるのではなく、木目のしっかりした木材であるからこそ、削り出した後で美しく仕上がるのです。

他方、そうして度数を下げたウイスキーは、シングルカスクのボトルに比べて経年によりヒネやすいという印象もあります。
今回のアニバーサリーモルトはというと、そうしたネガティブ要素は少なく、まさに前段の特徴がはっきりと感じられ、まろやかでコクのある味わいは極上の甘露。素晴らしい状態でした。


以下、余談というかトリビア。
ちょうど昨日ウイスキー仲間とのメッセンジャーで話題になったのですが、マッカランの名前の由来を"聖コロンバの丘"とする説があります。
この説はゲール語的にも立地的にも間違っているという話で、そのため最近は減ってきていますが、未だ引用している媒体も見られます。
他にもウイスキー関連では怪しい話はいくつもあり、マッカランでもう一つ言えばロールスロイスなる売り文句も。こうした話も、ウイスキーの素性と合わせて調べてみるとなかなか面白いです。

このページのトップヘ

見出し画像
×