カテゴリ

カテゴリ:★7

ミルトンダフ 22年 1966-1988 セスタンテ 43%

カテゴリ:
IMG_20200104_101237
MILTON DUFF 
SESTANTE IMPORT 
Aged 22 years 
Distilled 1966 
Bottled 1988 
Matured in Sherry Wood 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★★(7)

香り:古典的なシェリー香。林檎のカラメル煮、レーズンを思わせる好ましく色濃い果実香に、ナッティーで華やかなオーク、ほのかに枯れたようなニュアンスも混じるドライなウッディネス。奥には柔らかいスモーキーさも感じられる。

味:スムーズでスウィート。香り同様の古典的なカラメル感の混じるシェリー樽フレーバーは、レーズンや濃い目の紅茶。そしてクリーミーな麦芽風味がボディを盛り上げる。
余韻はウッディでほろ苦い。樽感の奥に麦由来のフルーティーさ、強くはないが存在感のある内陸系のピートフレーバーと、ダークフルーツとカラメルの甘味。枯れたウッディネスのスパイシーさが口内を刺激し、染み込むように長く残る。

一言でオールドバランタイン味、特に1980年代後期から1990年代前半の30年に共通する甘やかさと熟成感のあるフルーティーなフレーバーを感じるミルトンダフ。品の良いオールドシェリーに麦芽風味と内陸ピート、オークの華やかでドライなニュアンス。43%仕様だが厚みのある味わいが、当時の酒質の強さを感じさせる。他方で加水するとクリーミーさより樽のウッディな部分が強調されるので、ストレートがオススメ。

IMG_20200104_101123
IMG_20200104_101115

イタリアのセスタンテ・インポート向けのリリース。同じラベル、スペックで58.4%のカスクストレングスの仕様もあり、そちらのほうが有名でしょうか。どちらも同じような樽からボトリングされているのか、シェリー感は共通点の多い構成となっています。

ただハイプルーフ仕様の方がハイトーンでスパイシーなアタックが強く、シェリー感を突き破って口内にひりつくような酒質由来の刺激を感じさせる、当時のセスタンテ系に度々見られる構成。開封済みであってもこなれるのに年単位の印象がある一方で、今回レビューする加水仕様の方は、開封直後から全開。グラスに注ぐと一気に香りが広がるトップギア状態で、逆にへたれるのが早そうな印象も受けます。
贅沢な話ですが、48~50%くらいで間をとるという発想はなかったのか・・・(笑)。

ただ、こうして43%加水のリリースをテイスティングしてみると、レビューでも触れたように同時期のバランタインを連想させる香味要素がいくつか感じられ、やはり同銘柄のキーモルトとして大きな役割を果たしていたの感じさせられます。
特に共通項があるのは、1980年代後半から1990年代前半あたりの30年。17年のほうは1980年代後半のものだとパフュったり、味わいもやや軽くなったりで多少迷走するため、一番わかりやすいのは30年だと思います。

c7d10271

ミルトンダフ蒸留所は、1974年に大規模な拡張工事を行っており、蒸留所の近代化も行っていることから、この時期を境に酒質が変わったとする意見もあります。(実際は、麦芽も古代種からゴールデンプロミスへと代わり、次第に現代品種となっていく時期でもあるため、複合的な要員であると思いますが。)
今回のボトルの仕込みは蒸留所拡張前かつ、古代品種の時代。加水でありながら、コクと厚みのある味わいが、古き良き時代を感じさせる要素となっています。

ちなみに、近年のミルトンダフはバランタインブランドから15年のシングルモルトがリリースされているものの、ボディが軽くなり、ドライで干し草のようなウッディさが目立つ構成に。原酒の厚みが失われたことで、魅力も失われてしまったのは、その他のスコッチモルトと同様です。
改めてこの時代のミルトンダフを飲むことで、樽も重要であるが、それ以上に麦芽風味の重要さに気づかされる。最近はスコッチモルト銘柄で麦にこだわったリリースが増えてきており、原点回帰と言える動きが、過去には意識されていなかったそれを、ひとつのトレンドとして定着させてほしいなと感じています。

IMG_20200104_173405

今日のおまけ:若鶴酒造 蔵元直送限定醸造 元旦届け2020 純米無濾過生原酒 

三郎丸蒸留所を操業する、若鶴酒造の限定醸造酒。ウイスキー側の方にはあまり認知されてないかもですが、若鶴酒造は富山における日本酒の老舗蔵元であり、苗加屋を初め、手頃な価格で美味しい日本酒を数多くリリースしています。

今回の1本は、若鶴酒造がその銘柄名の通り、年末に醸造し、絞りたてを無濾過で生のまま詰め、購入者には元旦に届くよう配達されるという、気合いの入ったサービス(作り手は年末まで仕込みがあるし、発送もせにゃならんわで大変ですがw)。
流行りの吟醸香マシマシ系ではなく、旨味のしっかりある味わい。原酒らしい強さはありつつも含み香は柔らかく、柑橘類に通じる酸味もほのかに混じる、しつこくない甘味。酒として旨い酒と言いましょうか。なんとも正月の料理全般に合いそうな日本酒です。
年始から富山ブランドで楽しませて頂きました!

シングルカスク 余市 10年 2009-2019 マイウイスキーづくり 59% #411127

カテゴリ:
IMG_20191130_101033
NIKKA WHISKY 
YOICHI
SINGLE CASK 
Aged 10 years 
Distilled 2009.4.18 
Botteld 2019.8.29 
Cask type New American Oak Cask #411127 
700ml 59% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★★★(7)(!)

香り:トップノートはエステリーで、すぐに松の樹皮を思わせるような無骨さのあるウッディさ、ローストアーモンド、チャーオーク由来のキャラメルの甘味。奥には林檎、オレンジママレード、ほのかに甘栗。スパイスのアクセント。

味:リッチな口当たりから、フルーティーな甘味がとろりと広がる。ボディはしっかりとして厚みがあり、リンゴのカラメル煮やみかん缶のシロップ。甘味だけでなく柔らかい酸味の後から、濃いめの紅茶を思わせるほろ苦さ、タンニンがアクセント。微かなピートと共に心地よいフィニッシュが長く続く。

厚みのあるボディとアタックの強い酒質に、新樽らしい樽感。焼き具合がそれほど強くないのか、エステリーかつフルーティーな要素がチャーオークフレーバーのなかに溶け込んでいる。余韻にかけては微かなピートフレーバーもあり、ただ樽感が濃いだけではない香味の多彩さが素晴らしい。少量加水良し。ロックも悪くはないが、チェイサーと共にストレートで楽しみたい特別な1本。


ニッカウイスキーがファン向けの企画として、宮城峡、余市でそれぞれ年10回程度開催しているウイスキーづくり体験会が、通称「マイウイスキー作り(宮城峡はマイウイスキー塾)」です。

参加のためには希望日程で抽選に申し込み、当選する必要があるのですが(日程が金曜日から1泊2日であるため、一般の会社員は金曜日に休暇を取得する必要があるのもハードル)。参加すると、それぞれの蒸留所でのウイスキー作りにおける主要な行程を体験出来ると共に、10年後には自分達で樽詰したウイスキーが1本(複数本必要な方は別途購入)贈られてくるという企画。元々人気はありましたが、近年のジャパニーズウイスキーブームもあって、倍率は30倍程度にまで増えていると聞きます。

今から10年前、本格的にウイスキーにハマった頃の自分は、日頃の感謝を込めた旅行のプレゼントとして父親を連れて参加。
それから10年の間、公私とも本当に色々ありましたが。。。まあ個人的な苦労話はさておき、ウイスキーの経験値としては、この1本を味わい尽くすための準備が充分できたのではないかと自負しています。

IMG_20191230_061013
(2009年、イベント当日に配布された、余市のニューメイク。厳密に言うと蒸留時期が半年ほど違うものだが、この飲み比べのために10年間飲まずにとっておいた。ボディが厚く、香ばしい麦芽風味に酸のしっかりあるタイプで、ピートレベルはライトピート。ここにアメリカンオークの新樽由来の風味が合わさることで、樽由来の甘味と苦味に加え、調理加工した柑橘類のような甘酸っぱさを伴う香味へと繋がったと考えられる。)

ベースとなっている原酒は上記の通り。樽は250リットルの新樽ですが、この樽の焼き具合(あるいはウイスキーと接する部分の木目の違い)と、倉庫内の熟成場所の違いからくる微妙な差が積み重なって、10年間で樽毎の大きな味わいの違いをもたらしています。

どれくらい異なるかというと、同じ年度の仕込みであっても、もっとガッツリ新樽のチャーオークフレーバーが効いたものがあれば、自分の樽のようにバランス寄りでフルーティーさを伴うタイプもある。あるいは、あまり樽感が乗り切らず、若々しいあタックの強さがメインに出ているものもある。
今回のボトルは、あと2年くらいは熟成させたかったという気持ちもありますが、現時点で普通に美味しいボトルですし、酒質とのバランスもとれています。

ウイスキー仲間からは概ね好評で、交換で使った分を除いても既に2本目に突入している消費速度(笑)。こういう原酒に育ってくれた、巡り合わせに感謝したい。
何より、自分の分身とも思える樽が、自分が生きている環境とは異なる場所に存在して、現在進行形で成長しているという感覚は、なかなか特別感のあるものでした。
現在は当時と異なり、クラフト蒸留所のビジネスで共同オーナー制度等も珍しくなくなりましたが、ニッカさんにも是非継続してほしい、魅力溢れる企画だと思います。
また、いつか参加してみたいですね。

ブルーハンガー 25年 1stリリース 45.6% 

カテゴリ:
IMG_20191126_214018
BLUE HANGER 
YEARS 25 OLD 
LIMITED RELEASE SCOTS WHISKY 
Bottled 2003 
”First Release"
700ml 45.6% 

グラス:テイスティンググラス
場所:ー
時期:不明
評価:★★★★★★★(7)

香り:しっとりと角のとれた柔らかい甘さのなかに、やや枯れた要素のあるオールドシェリー香。サルタナレーズンやドライアプリコット、あるいは林檎のカラメル煮。微かにナッティーでシナモンのようなスパイスも仄かに漂う、多層的なアロマ。

味:香り同様に枯れた印象を感じさせるドライな口当たりだが、同時にダークフルーツや黄色系の果実に通じるフルーティーな甘味が、樽由来の濃い紅茶を思わせるニュアンスと共に感じられる。
徐々に徐々にウッディでオーキーさもほのかにあるが、タンニンが強めに残るビターなフィニッシュ。

リフィルシェリー樽で熟成したスペイサイドモルトの風味そのもの。圧殺ではなくほどよく効いたシェリー感、年数表記より長い熟成期間を感じさせる枯れた要素がフルーティーさのなかにあり、系統としてはGMのケルティック等で見られたタイプ。今のリリースには見られない味わい深さ、美味。

IMG_20191126_214053

2003年、英国で最も長い歴史を持つワイン商として知られるBB&R社が、所有する原酒のなかでも特別なものを使って仕上げたというブレンデッドモルトのリミテッドエディション。
この時期のBB&Rは、カティサーク25年に加え、シングルモルトボトラーズとしてのリリース開始するなど、ウイスキーのブランド戦略を大きく変更。ブルーハンガーは同社におけるブレンデッドの最高峰として、2019年現在で11作を数えることとなります。

ブルーハンガーのブレンドは同社が保有する原酒を用いるものの、シリーズを通じて必ず使う原酒が決まっておらず、ロット毎に異なる仕様や味わいに仕上がっているのも特徴です。
初期のものはシェリー樽熟成の内陸原酒を中心にブレンドしており、真偽は不明ながら1stリリースは僅か700本のみで、構成原酒はグレングラントとグレンリベット。2ndリリースについても蒸留所は同じ構成で、こちらは1974年蒸留の原酒で構成され、樽はシェリーバットとホグスヘッド、1000本限定。ここから徐々に使用する原酒の種類、生産本数が増えていくこととなります。

仮に今回の1stリリースを上記の構成としても、香味の印象からあまり違和感はありません。古き良き時代を感じさせる贅沢な構成が、しみじみと美味しい。
自分が飲み始めた頃に市場にあったブルーハンガーは4th~6thあたりで、既にその頃にはあまり良質なシェリー感とは言い難い状況になっていおり。当時の自分はこれがフラグシップなのかとも疑問に感じていましたが、こうして1stリリースを飲んで見て納得。これは確かにレベルが高いです。

c8432484

なお、同じ時期にBB&Rからリリースされたものでは、写真上のカティサーク25年のファーストリリースも、シェリー系の原酒のキャラクターが強く感じられるブレンデッドモルトです。
ただカティサークのほうがシェリー感が強く、ブルーハンガーはリフィルシェリーオークで熟成したようなフルーティーさもしっかりと備わっていて、原酒の系統の違いとして感じられます。


普段立ち寄らない遠方の地で、素晴らしいボトルに出会うことが出来ました。しかもモノは貴重なファーストリリースかつ、当時の価格を基準にしたと思われる1ショット設定は、都内じゃ考えられません。良いもの飲ませて貰いました。
店名については公開の確認をBAR側にしていませんでしたので伏せさせて頂きますが、外観、内装とも雰囲気あるBARで、チャームもご当地の旬のもの、縁のものが使われる我々外部の人間にとって嬉しいサービス。次の日がなければ看板まで腰を据えて楽しみたかった。。。

IMG_20191126_214135
IMG_20191126_214216

リトルミル 29年 1990-2019 47.3%

カテゴリ:
IMG_20191118_190429
LITTLE MILL
Aged 29 years 
Distilled 1990 
Cask type Refill bourbon casks 
Finished Oloroso Sherry Cask & Limousin Oak Cask 
Only 600 Release 
700ml 47.3% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:ー
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:やや重めの香り立ち。ゴムやオリーブオイル、湿った段ボールのようなニュアンスが最初は感じられるが、徐々にオーキーでスパイシー、後熟に使われたリムーザンオーク由来か、香木を思わせる要素も開いてくる。

味:素晴らしい。香りに反して華やかかつリッチでフルーティー、微かにケミカルな要素を伴うが、60年代のモルトに通じるトロピカルなフルーティーさがまず最初に開く。ライチやマンゴスチン、そこにパイナップルという果実の色合いは白から黄色に変化していくイメージ。余韻はウッディでドライ、序盤のフルーティーさは消えて華やかなオーク香、ハーブティー、微かに和紙のような香りが鼻腔に抜けていく。

香りでは警戒させられたが、思えばこれも含めて香味は”らしさ”がしっかりあり、ハウススタイルに忠実なフラグシップと言える構成。特に味わいのフルーティーさは、なぜ1990年でこれが出るのかという、リトルミルマジック。少量加水すると全体的にまとまりが出て、マイルドでフルーティー。美味。

IMG_20191118_140655

先日、ロッホローモンド及びグレンスコシアの輸入代理店である都光さん、ならびにリカーマウンテンさんから、ロッホローモンドグループの最高執行責任者(上の写真の人)の来日に合わせて開催された、関係者向けテイスティングセミナーのお誘いをいただき、ホイホイ参加してきました。

会の目玉はなんといっても、ブランドのフラグシップにして、オフィシャル最長熟のリリースとなるリトルミル29年、そしてグレンスコシア45年の発表。ただ個人的には最近好ましい変化が多く見られるロッホローモンド蒸留所で、いったいどのような取り組みが行われているのか聞いてみたかったことから、非常に楽しみなセミナーだったのです。
その取り組み、原酒の作り訳に関する情報は、追って同銘柄のテイスティングレビューの際にでも紹介させていただくとして。。。

今回はリトルミルです。リトルミルは1994年に蒸留所を閉鎖、その後火災で焼失という悲運もありましたが、原酒はすでにロッホローモンド蒸留所に移されていたため、難を逃れています。
最近は、この原酒を使ってプレミアムなボトルが発表されており、先日テイスティングの機会を頂いたリトルミル40年セレスティアルエディションを始め、29年、27年、25年がそれぞれリリースされています。
原酒については「数は言えないが1990年代のものがまだ残されている」という話でしたので、この手のリリースはしばらく続いていくものと思われます。

a9da557f
2e0660b1
(今年の始め頃に発表された、リトルミル40年1977-2018セレスティアルエディション。長期熟成の原酒らしく、多彩なウッディネスとリトルミルらしいフルーティーさが織り成す奥深い味わい。レビューはこちら。)

さて、先日紹介したリトルミル40年は熟成期間の長さから樽感が強く出ていましたが、今回の29年は適度。リフィルバーボン樽で熟成された原酒のフルーティーさを活かした、良い部分が解りやすい構成です
後熟に使われたシェリー樽とリムーザンオーク樽の要素は、香りのほうでやや重たい雰囲気を作り出していたものの、味の方はそこまで目立たず、繋ぎに徹してバランスの良い仕上がりとなっています。正直、40年よりも今回のほうが好みでした。

一方、同時にテイスティングしていたビル氏のコメントは「典型的なローランドスタイルで、フローラルで、パフューミーで、ラベンダーなどの花のようですよね。」とのことで、たぶんこの味わいのフルーティーさをフローラル、パフューミーと指しているのだと思いますが・・・この辺は国の違い、感じ方の違いというヤツなんでしょう。
確かにリトルミルでも60年代蒸留のものがパフューム系統の香味に変化しかけているものに当たったことはありますが、このボトルはそうではなく。近い系統のボトルをあげると、クーパーズチョイスのリトルミル30年1985-2015。我々の言うところのトロピカル路線なのです。

そんなわけで、蒸留所の個性もありつつ美味しいリトルミルであるこの1本。
なお価格については、40年の6000ポンドほどではないものの、税抜380000円となかなか。
なんというか、ここまで来ると芸術品ですね。リトルミルにしても、ローズバンクにしても、亡くなってしまった芸術家の作品が、ある日突然注目されるような。
自分のような一般人ではそうそう飲めないような貴重な1杯、機会を頂きただただ感謝です。

キルホーマン 100%アイラ 9thリリース 50%

カテゴリ:
IMG_20191115_194024
KILCHOMAN 
100% ISLAY 
THE 9th EDTION 
Release in 2019 
Cask type Bourbon 
700ml 50%

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:ジェイズバー
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★(6ー7)(!)

香り:オーキーなフルーティーさと塩素やヨードの混じるしっかりとスモーキーなアロマ。バニラ、リンゴや洋梨を加熱調理したようなエステリーな果実感、熟したパイナップル。そこにタイムを思わせるハーブ、ピート香には土っぽさと焦げたような要素もある。

味:パインやレモンの黄色いシロップのようなとろりとしたオーク由来の甘味。合わせて燻した麦芽のスモーキーさが、ほろ苦いピートフレーバーと共に口の中に開く。ボディはそこまで厚くなく、塩気も伴うが角が取れて柔らかい。
余韻はピーティーでややドライ、若干の根菜っぽさや植物感。近年寄りのトロピカルフレーバーも続いて開き長く続く。

アメリカンオーク由来の華やかさとフルーティーさにアイラピートの組み合わせ、そして麦芽由来のニュアンス。若さは目立たずむしろ熟成感があり、バッティング加水で適度に角がとれつつ複雑さもある。個人的にキルホーマンに求める味わいはこれ。ややフルーティー要素がが強いというか、それに見合うようもう少し酒質が厚いとなお良いが、充分すぎる完成度である。

IMG_20191115_193936

キルホーマンのローカルバーレイ。
2007年蒸留と2009年蒸留の原酒をバーボン樽で熟成させ、計43樽バッティングしたもので12000本の限定品。
前作8thリリースは、バッティングされたシェリー樽原酒がボディの厚さに繋がっているものの、同時に悪い部分にも繋がっていて、大器の片鱗は感じられるが惜しい作り。次はバーボン樽100%で作ってほしいなと思っていたところに、求めていた構成のキルホーマンがリリースがされました。

創業初期のキルホーマンの酒質は、そこまで厚みがあるものではない一方で、雑味も少ないことから10年熟成でそこそこ仕上がる早熟な傾向があり。また、バーボン樽との相性が良く、10年程度の熟成を経たものからは、好ましいフルーティーさを感じられるリリースが複数確認されています。
今回のボトルは、まさにその熟成期間である9~12年熟成の原酒バッティング。若さはあまり感じず、むしろ樽由来のフルーティーさがしっかりと備わっていることから、加水調整と合わさって熟成したモルトの風格すら感じられるのです。

それはさがなら、バッティングによって作られたオールドスタイルのラフロイグのフルーティーさ。
先日レビューしたシングルカスクのキルホーマンでは、仕上がりの荒さが経年によって穏やかになることを期待しているとを書きましたが、そのイメージがまさにこれ。"作られた"と表現した通り些か作為的ではありますが、確実に黄色系統のフルーティーさが備わっているアイラモルトが1万円以内で買えるのは、なんと精神的にもお財布にも優しいことでしょう。

少なくとも、過去リリースされてきたキルホーマンのなかでも、トップクラスの味わいであることは間違いなく。今後は同様の原酒を使ったスタンダードの10年クラスがリリースされていくでしょうし、最近良くなったと評価のある現行品マキヤーベイらに使われている、若い原酒の成長も控えているわけですから。。。キルホーマンの飛躍と、可能性を感じますね。今後益々注目すべき蒸留所です。
そんなわけでその場で1本購入。評価については家でじっくり飲んだあと改めてまとめたいと思いますが、ファーストインプレッションは★7。ウイスキー愛好家は是非飲んで、キルホーマンの進化を感じてほしいですね。

IMG_20191120_010948
IMG_20191123_160443

後日談:先週末、飲んだその場で注文したボトルを受け取り、着・即・開!!(言いたいだけ)
グラスの違いからか、ちょっとタールというか焦げたような要素は強めに感じられたものの、全体的にはフルーティーでスモーキーにまとまっていて今後の開き具合にも期待が持てる。何より口に含むほどに美味しさが持続する、原料由来の旨味のあるウイスキーの特徴を備えている点は、やはり好感が持てる作りです。
あと、これからのシーズンはお湯割りがなかなか美味ですぞ。(11/19~追記)

このページのトップヘ

見出し画像
×