カテゴリ

カテゴリ:★7

バランタイン21年 1975年流通 明治屋90周年記念 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_5511
BALLANTINE'S
21 years old
Bottled for 90th anniversary MEIDIYA
1975's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月未満
評価:★★★★★★★(7)

香り:熟成感のある華やかでスモーキーな香り立ち。林檎のコンポートやマスカット、蜂蜜、乾いた麦芽香、モルティーなアロマ。徐々にスモーキーフレーバーが強くなっていく。 

味:とろりとしてコクのある口当たり。熟した洋梨、ナッツ、タルト生地を思わせる香ばしい麦感、ほのかにべっこう飴を思わせる古酒感。徐々にピートフレーバー。 
余韻はピーティーで、土っぽさとほろ苦い麦芽風味が染み込むように長く続く。

熟成感があるハイランドモルト由来の華やかなモルティーさ、そしてスモーキーなピートフレーバーがしっかりと主張し、融合しているオールドスコッチのお手本のような1本。
バランタイン系列の特有とも言えるキャラクターもあり、完成度は高い。
ストレート以外に、ロック、ハイボール、様々な飲み方で楽しめる。


バランタインの正規輸入元だった明治屋が、自社の創立90周年を祝い、関係者に配布?したと思しきボトル。表ラベルにはバランタインのトレードマークが無い代わりに"感謝"の2文字と明治屋のロゴ、裏面のシールには(非売品)の表記があります。 
バランタイン30年の正規価格が約70000円だった当時、普通に販売すればそれなりのお値段だったであろう21年を記念に配布するのは、普通に考えて相当な大盤振る舞いです。

それ以上に、そもそも公式には1993年発売であるバランタイン21年は、当時まだスタンダードラインナップに無いはず。海外の一部地域で販売していた在庫を引っ張ってきてラベルだけ替えたのか、あるいはこのためだけにバランタイン側に作らせたのか。高度経済成長から洋酒ブームでウイスキー消費量がピークを迎えていた時期だったとはいえ、当時の明治屋の影響力の強さを如実に物語っている1本だと思います。 

さて、その中身はブレンダーの技が光る、まさに当時のスコッチのお手本の一つとも言うべき熟成したモルティーさとピートフレーバーのバランス。同時期のジョニーウォーカーブランドのように樽やカラメルを効かせたタイプではないので、使われた原酒ベースの味わいが光ります。
バランタインとして引き合いに出されることが多い蒸留所で考えると、ミルトンダフやバルブレア、グレンカダムあたりのハイランドモルトを中核としているイメージ。香味から結構しっかりピートの主張が感じられますが、原酒仕込まれた1950年代当時はハイランドモルトが充分ピーティーだった時代ですから、アイラの比率は低いように思います。


バランタインブランドは長らくNA、12年、17年、30年というラインナップで販売されてきたというエピソードで語られがちですが、実際はアメリカ向けなどで、20年、21年、25年、28年という17年から30年の間を埋めるグレードが展開されていました。
スタンダード的な扱いではなかったためか量は出回らなかったようで、モノがあるのは現地。国内ではまずお目にかかれません。

昔一度だけ赤青紋章(1970年代)で角瓶の21年アメリカ流通品を、ヤフオク出品物で見かけたことが有り。競り合いの末、関西方面在住の某氏らしきIDが落札されていたようですが、果たしてあれがこのバランタイン21年のベースとなっているボトルなのか、まるきりベツモノなのかは、ちょっとだけ気になっている話だったりします。


以下余談。
おそらくこの記事が更新されているころ、当ブログは累計700万アクセスを達成していると思います。
最近仕事や家事の忙しさから更新できない日があったり、そもそも外飲みできる時間が無かったりで、更新がペースダウンしています。仕事が明け方まで続いて2~3日更新できないときは本当に歯がゆいですね。。。そんな中でも日々当ブログを訪問いただいている読者の皆様や、情報やテイスティングの機会を度々頂いているウイスキー仲間には、本当に「感謝」しかありません。
今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。

ラガヴーリン 16年 アイラフェス2017 モスカテルウッド 56.1%

カテゴリ:
LAGAVULIN
FEIS ILE 2017
Aged 16 years 
Bottled in 2017
Wood type Double Matured in Moscatel cask wood
700ml 56.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み&持ち寄り会
時期:開封直後&開封後1ヶ月後
評価:★★★★★★★(7)

香り:穏やかな香り立ちから柔らかく広がる。スモーキーで土っぽいピート香、合わせて柑橘、蜂蜜。焦げた木材とヨードのアクセント、時間経過で酸味を伴う。

味:とろりとした口当たり。香りに反してパワフルなアタック。シロップの甘み、柑橘、蜂蜜レモン、中間からピートフレーバー、ダシ系のニュアンス。支配的なスモーキーさ。
余韻はスパイシーでパワフル、スモーキーで焦げたような余韻。

序盤は甘く爽やかな柑橘を思わせるニュアンスから、ピートの広がりや強さが余韻にかけて主張。ハウススタイルとモスカテル樽によるダブルマチュアードは自然な一体感がある。
加水も少量なら悪くない、後半の力強さが落ち着いて適度なコクとスモーキーさが残る。


ラガヴーリンのアイラフェス2017向けリリース。昨年は蒸留所創業200周年記念と掛けた18年が、王道かつ気合の入ったリリースで、愛好家から高い評価を受けたのは記憶に新しいところ。
そうなると今年のリリースはハードルが上がって、実際以上に辛辣な評価を受けることも珍しくありませんが、これがまた中々良く出来たリリース。ラガヴーリン蒸留所のポテンシャルの高さを、改めて感じることが出来ました。

DSC08743
(アイラ島の巨人、ラガヴーリン蒸留所といえば、この外観。というぐらいに有名な1ショット。Photo by K.67)

今年のフェスボトルは、甘口の酒精強化ワインであるモスカテルワイン樽で後熟成感ダブルマチュアード。
正直イロモノ系かもしれないと警戒した部分もありましたが、テイスティングの 通りモスカテル由来の樽感は自然な範囲。過度に甘口やウッディネスに寄らず、フルーティーさや酸味が付与されていて、ラガヴーリンらしさ、原酒そのものの熟成感のほうが方がメインにある構成となっています。

恐らく使われた樽はモスカテルワインの中でもフレッシュなタイプか、あるいはリフィルの樽なのだと推察。モスカテルカスクといえば、ディアジオ系列ではカリラのディスティラリーエディションから毎年リリースされていますので、樽を融通したとすればカリラで使用された後の樽を使ったということかもしれません。
あるいは近年のカリラのモスカテルも、今回のようにあまりモスカテルモスカテルしていないというか、フレッシュな感じに仕上がる傾向が見られますので、そうした樽を入手するようにしているいのか。。。

またこうしたリリースにおいて感じるのは樽もさることながら、ベースの良さですね。
単に力強いだけでなく、厚みのある味わいが樽感を受け止めることで、バランスよく仕上がるのではないかと。ラガヴーリンが今も昔も、高い評価を受ける理由を感じることが出来ます。
話題のボトルということもあって、口開け、時間経過後と複数回飲みましたが何も美味しくテイスティングさせて頂きました。
通常リリースの16年とは樽構成は異なりますが、逆に飲み比べて見るとベースの良さが共通して分かりやすく、面白いと思います。

ワイルドターキー 8年 1970年代流通 50.5%

カテゴリ:
WILD TURKEY
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON
8 Years old
1970's
1Quart 101proof

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:艶のある甘みとベリーやチェリーの果実香。メープルシロップ、カカオを思わせる焦げたオーク材。華やかでウッディなアロマが、穏やかでありつつも、じわじわとスパイシーな刺激と共に香り立つ。

味:コクのあるまろやかな口当たり、小麦を思わせるような柔らかさと落ち着いた甘み。甘酸っぱくクランベリーや焦がしたバニラ、徐々にキャラメリゼのほろ苦くビターな味わいへと繋がっていく。
余韻はドライでウッディで力強い。スパイシーな刺激と焦げ感を伴いつつ、華やかで艶のあるオーク香が長く続く。

ワイルドターキーの魅力が十二分に詰まった実にウマい1本。この時期のバーボンに多く見られるコクと甘酸っぱい赤い果実のニュアンスを伴いつつ、ヘビーチャーを施す処理故か焦げたウッディネスもらしさとして感じられる。余韻にかけて力強さが増していく構成で、ストレート、少量加水、ロック、どの飲み方でもOK。


個人的に"メンチ切りターキー"と呼んでいる、ターキーの顔が正対した、若干エイリアンっぽくてキモいデザインの8年ハイプルーフ。
この系統のラベルは、かなり古い時代から2000年頃まで続くため、一見すると見分けがつきづらいですが、日本市場には1970年代以降のボトルの流通が多く、ネック部分に使われたシール素材やコルクキャップ部分の違いを認識すれば、比較的容易に見分けられます。
また、1970年代から1980年代のロットにおける新旧の区別は、裏ラベルのバーコード有無で線引きすることも可能です。(アメリカは1980年代初頭からバーコードが酒類に採用されているため、08バーコードがあるほうが後期ロットということに。)

ワイルドターキーは、1980年代流通のゴールドラベルで七面鳥が空を飛ぶ、12年熟成の通称"フライングターキー"が高い評価を受けていますが、この"メンチ切り"ターキーも負けず劣らず素晴らしいバーボンだと感じています。
昔はもっと荒々しかったのかもしれませんが、経年で落ち着いた飲み口に広がる華やかでコクのある甘み、果実を思わせる甘酸っぱさ、余韻にかけて強まる香味の刺激。1990年代の8年熟成も決して悪くないのですが、完成度が頭ひとつ違います。

そしてそれは現行の8年を何十年熟成、瓶熟させようと、ベースが違いすぎて辿り着かない領域でもあることは言うまでもなく・・・このレベルのバーボンを量産していたのですから、古のアメリカはなんと言う技術を持っていたのでしょうか。
昔安かった時期にいっぱい買っておけばよかったとか、後悔しているボトルです。

近年、モルトウイスキーの長期熟成原酒が枯渇する中、グレーンウイスキーの長期熟成原酒がリリースされるシーンが度々見られるようになってきました。
もちろんそれはそれで美味しいものもあるわけですが、であればこそバーボンにあまり興味がないというスコッチタイプ派のウイスキードリンカーにも、この辺りのボトルは是非飲んでもらいたいですね。
ひょっとしたら、新しい発見(沼)があるかもしれません。

ラフロイグ 30年 リミテッドエディション 2016 53.5%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Aged 30 years
Limited Edition 2016's
Distilled 1985
Cask type ex-bourbon barrels
700ml 53.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:焦げたピートのスモーキーさ、淀みのない香り立ちで勢いがある。ヨードや塩素、バニラ、時間経過で柑橘、ドライパイナップル、ややエステリーでハーブのアクセント。乾いたウッディネスのスパイシーさも感じられる。

味:香り同様に勢いがあり、フレッシュでフルーティ。グレープフルーツ、オレンジママレード、淡いトロピカル要素。奥からピートのほろ苦くスモーキーな味わいがしっかり。ナッツと乾いた麦芽、スパイスの刺激。
余韻はスモーキーでフルーティー。ハイトーンでオークの華やかさとウッディなドライさが長く残る。

長熟ラフロイグらしいフルーティーでピーティーなキャラクターがしっかりとある魅力的な1本。枯れた感じの少ないフレッシュさ、度数相応のアタックが開封直後は硬さにも繋がっている印象。
少量加水すると華やかさは増すが、思ったよりボディが伸びずピートもぼやけてしまう。時間をかけてじっくりと楽しみたい。

順番が逆になりましたが、昨年2016年にリリースされたラフロイグのリミテッドエディションです。
リフィルのバーボンバレルで30年熟成させた複数樽をバッティングした、シングルモルトのカスクストレングス。長期熟成オフィシャルのカスクストレングスで、この度数というのも近年珍しい仕様ですが、それ以上にバーボンバレルのみで30年熟成はボトラーズでもすっかり見なくなりました。

バーボン樽熟成とあって近年仕様のラフロイグを象徴するような、あるいは目指す姿の一つを見るような1本。
シェリー樽のニュアンスがない分、逆に樽感にキレがあり、全体を通しての華やかさやフレッシュさが強調されている一方、それが飲み口の硬さにも繋がっているようにも感じます。
例えばここで25年などに使われているリフィルシェリー樽やホグスヘッドなどが使われて入れば、もっとマイルドでコクのある味わいになったかもしれません。ただ、それは時としていい意味でも悪い意味でもオフィシャルバッティング的な味わいとなり、主張のはっきりとしたキャラクターになるかは別だと感じます。

言わば塩で味付けた料理(特にスープ類)に醤油を入れるようなモノですね。
このリミテッドリリースがそうした複数種類の樽を使ってこなかったのは、単に原酒の選定上そうなっただけとは思えず、作り手側に何か狙いがあったのかと感じてしまいます。
前年の32年がこの逆、複数タイプの樽を使って総合的に旨くレベルの高いボトルを出してきているだけになおのこと。

ちなみに今年リリースされた2017とはキャラクターは同系統ですが、樽使いの傾向の違いもあって、30、27、25で好みが分かれるなという印象です。
自分の好みとしては、樽感がストレートに感じられる30年はもう少し時間を置きたい。27年はバランスが良いものの、度数の低さ故勢いにはかけるのであまり時間はかけないほうがいい。とすると面白みは乏しくとも、毎年度リリースされている25年の安定感は流石だなぁとか感じています。

ラフロイグ 27年 リミテッドエディション 2017 41.7%

カテゴリ:
LAPHROAIG
Limited Edition 
Aged 27 years
Distilled 1988 & 1989
Bottled 2017
700ml 41.7%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:バニラクッキーの甘みと林檎のような華やかなオーク香、パイプを思わせるスモーキーなアロマ。ほのかな塩気、ヨード、柑橘を思わせるニュアンスもある。
注ぎたてはいくつかの要素が主張し合っているが、徐々にまとまってフルーティーに。

味:ゆるく柔らかいがピリッとした刺激のある口当たり。土っぽいピート、グレープフルーツ、ナッツの香ばしさ。すぐに華やかでトロピカル要素を含む果実香が口内から鼻腔に広がる。過熟気味な樽感に通じる、湿ったウッディネスのアクセントも微かにある。
余韻はグレープフルーツのワタ、微かな柑橘、スモーキーで染み込むようなほろ苦さ、しっかりとヨードが残る。

華やかでフルーティー。度数落ちで突き抜ける香味はないが、それが逆にいいバランスに繋がっている、口開けからピークなモルト。一口目のアイラ的な要素とフルーツの共演は素晴らしい一方、二口目は少しぼやけるので時間を置くかチェイサーを挟んだほうがいい。加水はNG。ソーダ水をチェイサー代わりにしても面白い。
ラフロイグの今年のリミテッドエディションの一つ。
ラフロイグは長期熟成の原酒不足も噂されて、200周年記念の一連のリリース後はしばらくおとなしいかな、なんて思っていたら、後に続く30年、27年という長期熟成リミテッドエディション。勿論単発でやれない程原酒はヤバくないのでしょうけど、25年をリリースした上でのリミテッドですから、ファン心理というか抑えるところはしっかり抑えてくるなーという印象です。      

(近年のラフロイグリミテッドエディション。どれもフルーティーでスモーキー、蒸留所の個性を備えて完成度高し。後は飲み手の好み次第という構成だが、個人的には陶酔感は32年、バランスは25年、フルーティーさは30年と27年。飲み比べると30年はウッディネスとアタックが強く、開封後少し時間が必要な気がする。)

今回の27年は1988年と1989年蒸留の原酒をリフィルホグスヘッドで熟成した後、ファーストフィルバーボンバレルとリフィルクオーターカスクで追加熟成。熟成はラフロイグが最近PRしている最も古いウェアハウスNo,1で行われ、それぞれの樽をバッティング、カスクストレングスでリリース。 
これまでの他のリミテッドと比較すると随分度数が落ちていますが、それ故スモーキーさや樽香が穏やかに感じられ、口開けから美味いウイスキーとなっています。

華やかな香味はホグスヘッドやバーボンバレル由来。柑橘のニュアンス、ウッディネスと共に少し枯れた香味というかほのかに混じる過熟気味の樽感が 、クオーターカスクでの後熟由来か。樽を使い分けているためか、注ぎたては香りが馴染みきってないような、異なる個性の主張もあります。
しかしこういう構成で度数落ちは、樽が強くドライで個性に乏しいウイスキーも少なくありません。確かにこのラフロイグもボディに緩さがあり、突き抜けていくような勢いはありませんが、それがネガティヴなところに繋がらない。
酒質が持つパワー、あるいは作り手の樽使いやバッティングの妙か、この仕様でバランスが取れてくるのは流石だなと感じます。

このページのトップヘ

見出し画像
×