カテゴリ

カテゴリ:★7

ティーニニック 43年 1973-2017 パーフェクトドラム 48.8% リンブルグウイスキーフェア向け

カテゴリ:
IMG_4406
TEANINICH 
THE PERFECT DRAM 
WHISKY AGENCY 
Aged 43 years 
Distilled 1973 
Bottled 2017 
Cask type EX-Sherry Butt 
700ml 48.8% 

グラス:サントリーテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(BAR GOSSE)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:チェリー、枝付きレーズンあるいは黒葡萄、林檎のカラメル煮を思わせる華やかでフルーティーなシェリー香。やややドライ、徐々に渋みを感じるウッディネス、キャラメルコーティングしたアーモンドナッツのアクセント。

味:フルーティーでオーキーな華やかさが口当たりから広がる。レーズン、ドライマンゴー、シナモンアップルパイ。ハイトーン気味でヒリヒリとした飲み口の硬さもあるが、ボディはしっかりしており、樽香とのバランスは悪くない。
余韻はウッディでドライ。濃く入れた紅茶を思わせるタンニン、ナッティーなオークフレーバー、艶やかで長く続く。

高貴さの漂うフルーティーなシェリー香に、エージェンシーフレーバーとも言えるナッティーなリフィル系のオーク香が合わさって、充実した1本に仕上がっている。口開け直後のテイスティングだったが、過度な硬さは無くうっとりする味わい。加水は水っぽさがあり向かない、ストレートで。


つい先日開催された、リンブルグウイスキーフェア2017向け、ウイスキーエージェンシーからのリリース。何とも目を引くラベルは、同社代表であるカーステン氏の奥様がプロデュースしたとのことです。

ここ最近、ウイスキーエージェンシーからは1970年代前半蒸留となる"スペイサイド名称"の長期熟成モルトが集中的にリリースされています。 
同社はドイツ系ボトラーズメーカー。つまりこのリンブルグ向けは自国向けのリリースということにもなるわけですが、このリリースも最近集中しているスペイサイド・・・かと思いきや、銘柄はまさかのティーニニック。随分マニアックなチョイスだなと感じてしまいました。

こういうボトル、長期熟成リリースが枯渇している昨今においてはもっと注目されるべきと思うものの、ここまで短期間だとありがたみが無くなっていく不思議。味わい的にもテイスティングに書いたように、"エージェンシー味"と言える独特の樽感があって、だいたいその系統なのも一役買っているようです。
直近では信濃屋のNAGOMI、山岡氏がリリースに関わったスペイサイドリュージョン、海外のBARのプライベートボトリング・・・これらは一説にはグレンファークラスとも言われており、樽はリフィルシェリーホグスヘッドタイプだろうというオーク系の華やかな香味、長期熟成ゆえにややボディが硬く、ドライな味わいが共通するところです。 

このティーニニックも"そんな感じ"かと思っていたわけですが、共通するフルーティーさこそあれど、香りの段階からひきつけられる要素がいくつかあり。加えて近年中々見ることの無い、澱みの無いシェリー香は「間違いない」という確信に近い予感が沸き起こる。思わず口角が上がってしまいます。
   
ティーニニックの中ではかなり旨いリリースである一方、"らしさ"は開封時点ではほぼ皆無。目を瞑って飲むと「またスペイサイド出してきた?」と思ってしまうかもしれません。
それでも約49%の度数とボディが樽感を支え、樽しゃぶり系になりつつある長期熟成モルトとは一線を画している仕上がりに、エージェーンシーの自国向けボトルとしての本気を感じます。
また、最近増えたスパニッシュのコテコテシェリーボトルとは異なる、長期熟成によってこそ作られる華やかでよどみの無いフルーティーさが、懐かしくも、そして嬉しくもある1杯でした。

グレンリベット 39年 1974-2013 エイコーン スペイサイド 51.3%

カテゴリ:
IMG_4380
SPEYSIDE
GLENLIVET
Aged 39 years
Distilled 1974
Bottled 2013
Cask type Sherry #8179
700ml 51.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★★(7)

香り:甘酸っぱくリッチなシェリー香、スパイシーな刺激もある。レーズンやクランベリー、ダークフルーツの入ったパウンドケーキ。時間と共により豊かなフルーティーさや艶やかな甘みが、ウッディーなほろ苦さと共に開いてくる。

味:リッチでコクのある口当たり。葡萄を皮ごとかじったような果実味とほろ苦さ、枝付きレーズン、微かにドライベリー。じわじわとカカオチョコレートを思わせるほろ苦いウッディネスが広がる。
余韻はドライ、スパイシーな刺激と共にシェリー樽由来の高貴な甘いアロマが鼻腔に抜けていく。

古きよき時代を思わせる、リッチでスパイシーでふくよかなグレンリベット。このシェリー感は、近年主流になりつつあるスパニッシュオークのシェリー樽では出せない。
加水不要。チェイサー片手にストレートで。


エイコーンからリリースされた、オリジナルボトリング。当時はしれっと発売されて、結構美味しいよと噂が立つ頃にはしれっと売り切れていた、そんなボトルだったと記憶。最近すっかり見なくなった、オールドタイプのシェリー感を持つ1本です。

ボトラーズを中心に1960年代から1970年代前半のグレンリベットは数多くリリースされていたところですが、その中でも特にBBR系列の同蒸留所リリースに、安定して良いものが多かったように記憶しています。
酒質の点で共通するのはニュートラルで癖のないベースにスパイシーな刺激。以前46%加水でありながら、今回のボトル以上にビリビリ刺激のくるボトルに当たったこともあり、この時期のグレンリベットの特徴だったのだろうなと思います。

一方、特筆すべきはシェリー感です。こうした香木感のあまり無い、30年以上の熟成を経てなおフルーティーで果実味のあるシェリー系モルトは、ボデガ払い出し、ソレラで使われていたアメリカンホワイトオークのシェリー樽によるものと考えています。
この手のシェリー感はここ1〜2年のリリースには本当に数がなく、モノによっては貴金属か何かかという価格がつくこともしばしばです。

現在ウイスキー業界では、古くウイスキーの熟成に使われてきたシェリー樽とは、シェリー酒輸送用のスパニッシュオーク樽であり、1986年に樽でのシェリー酒輸出が禁止されたため、それを再現するべくスペインのボデガではシーズニングでウイスキー熟成用の樽が作られている、という説が公開されています。
この説には違和感があり、根本的に辻褄の合わない部分が複数あります。
その点についてこの記事で指摘していくことは避けますが、何れにせよ古典的なシェリー樽熟成モルトを再現するのがシーズニングシェリー樽の当初の目的、到達点とするなら、この系統のボトルが量産されるようになれば、同技術・ノウハウは完成の域に到達したと言えるのだと思います。

しかし残念ながら近年のそれは熟成期間の長さとは無関係に、この領域とは別のところにあり、ゴールはまだ先にあると感じます。
ただ、別なベクトルで好ましい味わいの近年系シェリーのウイスキーを生み出しているのも事実。10年後、20年後、いつか今回のグレンリベットのような味わいのボトルが量産されるようになることを、愛好家の1人として願っています。

グレンエルギン 36年 1968-2004 GMコニッサーズチョイス 46%

カテゴリ:
GLEN ELGIN
Gordon & MacPhail
Connoisseurs Choice
Aged 36 years
Distilled 1968
Bottled 2004
Cask type 1st fill Sherry Casks
700ml 46%

グラス:木村硝子ティスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:皮付き葡萄、ほのかにベリージャム、カラメルソースのほろ苦さを伴う甘いリッチなアロマ。高貴なニュアンスがある。スワリングしていると麦芽の芯の部分、バニラを思わせる甘みが開いてくる。

味:まろやかだが少しベタつく口当たり。レーズンチョコレート、ほのかにカカオ、カラメルソース。ほろ苦さとあまずっぱさがしっかりと広がる。鼻抜けはベリーを含むフルーティーなシェリー香。
余韻にかけては麦芽風味、ややベタつく舌触りを残して長く続く。

ザ・GMという独特の甘みのあるまろやかなシェリー樽由来の香味から、淡く高貴な果実味。酒質由来の麦芽風味やほのかなピート香も感じられる。個性と樽感のバランスが取れた佳酒。加水調整によるひっかかりの少ない飲み口で、負担なく飲み続けられる。是非ストレートで。


現在のGMコニッサーズチョイスから、2世代前に当たる時期のボトル。個人的にはGMがGMであった時代というか、GMだからこそと感じるリリースでもあります。

それは色合いや風味に加え、このボトルが複数樽バッティングによるシングルモルトであること。
使われた原酒は1968年6月蒸留の1st fillシェリーカスク熟成のみで、味の傾向にブレもなく、恐らく当時のグレンエルギン蒸留所からニューポットをXX樽分として買い付け、まとめて自社保有の樽に詰めて熟成させていたのでしょう(結果蒸留時期が同じで味の系統も同じ樽が複数揃う)。

メーカーとしての規模に加え、長い歴史があるからこそ可能なリリース。
そのシェリー感は、近年主流になりつつあるスパニッシュオークの香木系ニュアンスを含むフレーバーではなく、カラメルソースのようなとろりとした甘みにウッディなほろ苦さが混じる独特のGMシェリーをベースに、ベリーや葡萄の果実味のある高貴なシェリー感のある構成。
先に書いたように樽の系統が複数樽の中で大きくブレている感じはなく、似た系統の樽でそれぞれ熟成されていると感じられます。

リリースの多かったGM社一連のシリーズ。店頭は難しそうですが、きっとまだBARや愛好家のストックとして眠っているモノも多いはず。
あともう2〜3本ストックしておきたいのですが、どこかに転がってないものか。。。

このグレンエルギンは、先日、友人との持ち寄り会に持ち込むので開封した一本。60年代のグレンエルギンというと、結構珍しいですね。GMなら大きくは外さないはず。。。と思ってましたが、やはりさすがの安定感です。
(さりげなく書かれているホワイトホース表記も個人的にグッときます。)

今から6年前、某ショップに売れ残っていたこのボトルを購入する際、同じコニッサーズチョイスで同じビンテージのグレンキースも在庫があり、どちらにするか悩んでエルギンにしたことをボトルを眺めていて思い出しました。

当時は3回蒸留時代のキースを買っておけば良かったかなと若干後悔したのですが、実はそのボトルは数年後に嫁経由で自分の手元に来るという奇跡的な縁を見せ・・・。なお、自分の好みを言えば、内容的にはダントツでこのシェリー樽熟成のグレンエルギンを買っておいて良かった。今のウイスキー市場を見ると、殊更そう感じます。

ハーシュ セレクション 25年 スモールバッチリザーブ 43%

カテゴリ:
IMG_4250
HIRSCH SELECTION
Small Batch Reserve
25 years old
Kentucky Straight Bourbon Whisky
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:艶のある濃厚で甘い香り立ち。トースト、メープルシロップ、林檎のカラメル煮、ドライベリーを思わせる酸味や、チャーオークの苦味を伴うウッディネス。充実したアロマ。 

味:とろりとした口当たり。メープルシロップの濃い甘みと焦げたオークの苦味、シロップ漬けチェリー、ダークフルーツジャム、まるで長熟コニャックのような甘みと濃厚さだが、鼻腔に抜けるパン酵母を思わせるアロマがバーボンであることを主張する。
余韻はビターで程よくドライ。柔らかいウッディネスとオークの甘いバニラ香が染み込むように残る。

25年というバーボンの熟成期間では一つの到達点とも言える、長熟のバーボンウイスキー。濃厚な飲み口で、多少ベタつきのある甘さも感じるが、加水調整によるまろやかなタンニンが心地よい。
ロックも悪くないが、このバーボンはストレートか少量加水でメローな味わいを楽しみたい。勿論葉巻との相性もGOOD。

1990年代から2000年代初頭にかけてリリースのあったプレイスインポート社のハーシュ・セレクション。
同社は蒸留所を所有せず、原酒の買い付けでリリースを行なっていたメーカーの一つ。そしてハーシュと言えば、ウイスキー愛好家の間ではペンシルベニア州の閉鎖蒸留所、幻のミクターズ蒸留所の原酒で作られているとして有名ですが、同銘柄でミクターズの原酒とされているのは16年で、その後リリースされた20年はアメリカンウイスキーで出所不明、今回の25年はウィレットだと言われています。

他方、このウィレット蒸留所も1980年代に蒸留を休止しており、その後は別途買い付けた原酒とストックを消費してのリリースを展開。今回のハーシュに使われた原酒も、そうした中で樽売りされたものでしょう。
ウィレットで蒸留が再開されたのは2012年のこと。近年は休止前のストックが枯渇してしまったのか、再開後の原酒?と思われる短熟のバーボンがリリースされています。(あるいはこれも買い付けか?)
いずれのせよ、このハーシュ25年も16年同様に今は亡き時代の忘形見ということに・・・。

テイスティングの通り、オールドバーボンの艶のある甘み、濃厚なフレーバーが実に旨い。先日紹介したエヴァンウィリアムズ23年の、ハイプルーフで背中を叩いて元気付けられるような味わいとは異なる、まったりとした飲み口だからこその酔い心地に包まれる1杯です。

以下、雑談。
昨晩はバーボンの日でした。というかバーボン以外は考えられませんでした。
日本時間5月29日早朝に届いたビッグニュース、佐藤琢磨選手による日本人初のインディ500優勝。
F1時代から応援していただけでなく、2012年インディ500、ファイナルラップでのクラッシュがあったので、尚更嬉しかったのは自分だけではないと思います。

それこそ、仕事を休んででもニュースと動画を梯子したかったのですが、それは叶わず。。。帰宅後はバーボンと、チェイサーには勿論ミルクを片手にPC前に噛り付きました。(この組み合わせ、カクテルにもあるだけに中々旨いです。)



まさに偉業、佐藤琢磨選手おめでとうございます!
それにしても、日本語実況の混乱とその後のグダグダっぷりが微笑ましいというか、いや気持ちはわかる(笑)。
月曜日、仕事始めで暗い気持ちを吹き飛ばしてくれる素晴らしいニュースでした!!

シガーモルト(モートラック) 19年 1997-2016 チーフタンズ 55.7%

カテゴリ:
THE CIGAR MALT
Chieftain's
Aged 19 years 
Distilled 1997
Bottled 2016
Cask type European Oak Oloroso Sherry Butt #5255
700ml 55.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:持ち寄り会@マッスルKさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:ツンとしたアタックに、焦げた甘みとほのかな酸味を伴うリッチな香り立ち。デミグラスソースや煮詰めたベリーシロップのような濃厚さ、プルーン、徐々に香木を思わせるウッディネス。

味:とろりと濃厚、ややベタつきのある口当たりでリッチな甘み、黒蜜、プルーン、ブルーベリージャム、軽いスパイスが舌を刺激する。
余韻はウッディでドライ、リッチな甘みはそのまま、ほのかに香木を思わせるアロマを伴い、長く続く。

リッチで嫌味の少ないシェリー系ウイスキー。使われた樽のシーズニング期間の長さが伝わる、濃厚な甘みが印象的。チェイサー片手にストレートで。シガーと合わせる場合、フルボディタイプの終盤に。


蒸留所不明のシガーモルト表記、そこはかとなく匂い立つ地雷感。。。
最初はそんなイメージだったイアンマクロード・チーフタンズの同リリースですが、昨年リリースされたシガーモルト18年が良質シェリー系モルトとして話題になったのは記憶に新しいところ。
単発かなと思ったら、熟成1年増しの19年ものがリリースされ、そのクオリティが前回限りではない事を証明した形となりました。
(前作のシガーモルト18年 1997-2015 57.7% 樽番号5240)

18年と19年、どちらも同系統でリッチなシェリー感。違いを述べると、19年の方がとろりとした甘みが強く、18年の方がドライでスパニッシュオークらしい香木を思わせるニュアンス、さらにカカオのようなピートフレーバーが余韻に広がるイメージです。
双方近年のシェリー系の中ではコスパ、クオリティ共に高く、サルファリーなニュアンスもない。どっちが良いかという話もありそうですけど、両者甲乙付け難く、もはや好みの問題としか言えません。

その中身はモートラック。リッチで良質なシェリー感ゆえ、ファークラスやグレンリベットなどの銘柄予想もありましたが、ボトル輸送用の段ボールに「モートラック18年」とするシールが貼られていたことが判明し、論争は終結。
今回については前述の通り樽感がさらに強く、酒質ベースの香味は掴みづらいのものの、18年と樽番号も近いため今回もモートラックではないかと思います。(っていうか美味しければぶっちゃけどこでもw)

既に美味しいと話題になっており、店頭購入は難しそうですが、BAR等で見かけたら試す価値はある一本。
出来れば本格的に暑くなって、シェリー系が厳しい時期になる前にお試しください(笑)

(ご参考:昨年の輸送用ダンボール。蒸留所不明ではなかったのか。)

このページのトップヘ

見出し画像
×