カテゴリ

カテゴリ:★7

ロイヤルマイル 40年 2015年リリース ブレンデッドモルト 47.1%

カテゴリ:
ROYAL MILE WHISKIES
Blended Malt Scotch Whisky
Three Cask Blend
40 Years old
Matured in Sherry Casks
700ml 47.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後2年程度
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:濃厚で香ばしくビター、カカオチョコレートやアーモンド、松の樹皮、ウェアハウス。スワリングしているとラムレーズンのような甘酸っぱいアロマも感じられる。

味:リッチな口当たり。レーズンなどのダークフルーツの入ったチョコレートケーキ、カカオパウダー、かりんとう。コクのある甘酸っぱいシェリー感から、ビターなウッディネスへと変化する。
余韻はタンニンを感じつつ、スパイシーな刺激と微かにサルファリー。少しねっとりとした樽感が口内に残り、長く持続する。

開封直後はサルファリーな要素が若干感じられたが、時間経過で変化した模様。全体的にこなれて現在はビターで香ばしい程度であり、少量加水するとカカオ系の苦味が和らぎドライフルーツやお菓子を思わせる香味が主体になる。


今から3年半ほど前、イギリスのウイスキーショップであるロイヤルマイルがリリースしたブレンデッドモルトです。
構成原酒はマッカラン、グレンロセス、タムデュー。トップドレッシングとして高い評価を受けた蒸留所の組み合わせに加え、それらの40年オーバーの長期熟成原酒のバッティングでありながら、価格的にもそこまでではないという良心的なリリースでした。

そんなわけで、当時仲間内でロイヤルマイルから共同購入していたボトル。
期待とともにテイスティングすると、1970年代前半から中頃蒸留の原酒にファーストフィル相当と思しきシェリーカスク、何より上記蒸留所の組み合わせは現代の飲み手垂涎のスペックであったのですが、開封直後は思ったほどでもなかった・・・なんて声も仲間内ではあったのです。

シェリー感としては良質な時代のそれを感じさせるニュアンスが感じられる一方、比率的にはタムデューとロセスが多かったのか、あるいは原酒の一つが度数落ちだったのでしょうか。
酒質の軽さが部分的に感じられるところに、それを上塗りする強いアタックのちぐはぐさ、そしてウッディな苦味。単に複数の原酒を使うだけでは混ざりきらない、ブレンデッドモルトの難しさを感じるのです。

一方今回時間を置いたものを飲んでみると、そうした要素が開封後の経年変化でいい具合に馴染んできたという感じ。個人的には開封直後もそれはそれで見るところがあるという構成でしたが、コクのある甘みとドライフルーツの酸味、好みの樽感がメインに感じられて楽しんでテイスティングできました。
シングルモルト、シングルカスクで単一の個性を味わうのも良いですが、複数が混じり合ったボトルをじっくり馴染ませながら変化を楽しんでいくのも、ウイスキーの面白さですね。

レアード ローガン 1970年代流通 八角スクリューキャップ 43%

カテゴリ:
LAIRD O' LOGAN
Deluxe
(Aged 12 years)
1970's
760ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店 他
評価:★★★★★★★(7)

香り:落ち着きのある香り立ち。カラメルっぽい甘みから香ばしい麦芽香、かすかにダークフルーツ。ヨードを含む土っぽいピーティーさに加え、スパイシーな刺激もある。

味:とろりとした口当たりからカラメルソースやカルメ焼き、香ばしい甘みとともに、しっとりと存在感のあるピーティーさ。鼻腔に抜けるヨード、こなれたアイラのニュアンス。
余韻はスモーキーで奥行きのある甘み。ややドライで長く続く。

完成度高いブレンデッド。ラガヴーリンと思しきアイラモルトの個性がバッチリ感じられる。80年代に比べボディも厚い。加水するとカラメル感が少なくなり、ベースのアイラ系の原酒のニュアンスが引き立つ。


ホワイトホースの上位グレードで、構成原酒はラガヴーリンを中心にグレンエルギン、クライゲラヒ。。。という説明はもはや不要ですね。
今回のロットである八角形スクリューキャップ時代は、現在のリユース市場に比較的流通がある1950年代から90年代流通のローガンの中でも、最もオススメする時代のボトルです。今日の記事は当該ボトルの紹介と合わせ、ローガンの各年代違いを総括します。

価格は白ラベル時代以前のローガンほど高騰しておらず、それでいて状態も金属張りキャップほど悪いロットに当たりづらく、味わいは"オールドラガヴーリンらしさ"が厚みのあるモルティーさのなかに主体的に感じられる。様々な要素が高いレベルでまとまっているのが八角形スクリュー時代の特徴と言えます。
もちろん、オールドブレンデッドの強みとも言える価格面を追求するなら、下写真の1980年代は、安価でありながらラガヴーリンに通じる要素が感じられるオススメのロットなのですが。。。この時代は本ボトルに比べてボディが軽く、完成度を求めるなら、やはり70年代前半流通を推したいところです。

(1960年代流通のローガン(左)と、1970年代前半に流通した今回のボトル。60年代の方がカラメルっぽさが淡く麦感主体でピートも柔らかい。どちらもレベルの高いブレンデッドだが、流通量等からか左のほうが高騰気味・・・。)

(1970年代後期から1980年代前半流通。スモーキーさは健在だが、カラメル系の甘味は控えめで、ドライな印象を受ける時代でもある。)

(1980年代流通のローガン、小豆色キャップ時代。ボディは多少軽いが、安価で流通量多く、普段飲みでハイボールにガシガシ使える優等生。)

(1980年代後期流通品。キャップ形状が異なっている。裏ラベルなどの遍歴から、上の1980年代流通でも近い時代のロットもある。香味も同様でアイラ系のスモーキーさが備わっている一方、ボディが多少軽いのと内陸系のニュアンスも目立ちはじめる。)

こうしたローガンを飲むと、経年を加味しても現行品とは原酒の質が雲泥の差。当時の上位グレードの位置付け、メーカーの気合の違いを感じさせられると言っても過言ではないのですが、ネームバリューの差か同年代のホワイトホースより安価であることも現代にあっては珍しくありません。

ラガヴーリンやホワイトホースが好みという人には、是非飲んで欲しいブレンデッド。また個人的に家飲みのブレンデッドは、重いタイプはローガン、華やかなタイプはセントジェームズ、複雑さのバランタイン、スモーキーさのジョニ黒やハイランドネクターといった具合でそれぞれ好みの年代を手元に置いておきたいです。

デュワーズ ネプラスウルトラ 12年 1980年代流通 40%

カテゴリ:
DEWARS 
Ne Plus Ultra
AGED 12 YEARS
SCOTCH WHISKY Deluxe
1980-1990's
750ml 40%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
時期:不明
場所:BAR Sanndrie
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:モルティーな香り立ち。おしろい系の麦芽香を主体に、古酒感、蜂蜜やレモンバウム、しっとりとした甘みの奥に淡く柑橘感のある柔らかい広がり。内陸のピーティーさも伴う。

味:口当たりはマイルドで、香り同様に麦芽風味主体な構成。ボディは厚く、べっこう飴や色の濃い蜂蜜紅茶と ほのかにオレンジママレードを思わせるほろ苦さ。
余韻はドライでウッディ。干草や麦芽風味、微かにピーティーで長く続く。

モルティーで熟成感がある、柔らかい飲み口からボディのしっかりしたブレンデッド。アバフェルディ主体なバッテッドと言われても違和感がない。


デュワーズブランドの最高峰にして、その名の通り"至高"の一本と位置付けられている銘柄。リリース開始時期ははっきりとわからないものの、デュワーズ社がDCL傘下となった1925年から30年あたりではないかと推測。1930年前後 には日本にも輸入され、銀座のBARなどで提供されていた記録も残っています。

興味深いことに、現在の市場価格は他のオールドブレンデッドと比較して高価格帯で取引されている本銘柄ですが、当時の相場ではそれほど大きな差はなかったこと。 リリース直後と思しき1930年代流通のボトルに12年表記が確認出来ることから、 ブレンドのグレードは 当時のデラックスクラスだったのではないかと考えられます

(昭和9年の輸入業社カルノー商会の取扱商品一覧(上)と銀座のBARのラインナップ(下)。ネプラスウルトラに加え、ビクトリアヴァットなどの銘柄が確認出来る。

その後、世界大戦の影響で日本への輸入は途絶えたものの、1960年代に復活。1990年代から2000年代の一時期にかけてはリリースそのものが途絶えていたようですが、2015年ごろにネプラスウルトラ30年として免税店向けがリリースされ、現在に至っています。

自分はネプラスウルトラはこれまでファイネスト表記&グレートエイジ表記の70年代と80年代初期流通のみしかテイスティング出来ておらず、今回の80年代後半の12年表記で3種のみの経験ですが、印象は総じてモルティーでハイランド系の麦感や熟成感がしっかりある構成。
ネプラスウルトラの意味である"至高"という名付けは、原酒の選別もさることながら、同社の目指した形がこういうタイプのブレンデッドだったのでしょう。アンセスターあたりのデュワーズとも近いベクトルを感じますが、ネプラスウルトラの方がよりマイルドでモルティーです。

なお戦後流通品の遍歴をざっと調べてみると、向けや時期で比較的細かくラベルが変わっているのも本銘柄の特徴。
基本的にはボトルの色(ブラウン→グリーン)、キャップ形状(ティン→スクリュー)と、スクリューキャップ時代はネック部分の金色のメダルの表記がDか12かで1980年代前半以前かそれより新しいかがわかります。
また12表記でもラベルに The Very Finest Scotch Whisky of Great Age 表記がある場合は1980年代前半で、単にデラックスやブレンデッド表記の場合は後期以降の流通と見ることが出来ます。

タムデュー 27年 1961-1989 シグナトリー 45%

カテゴリ:
TAMDHU
Signatory Vintage
Aged 27 years
Distilled 1961
Bottled 1989
750ml 45%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封直後
場所:持ち寄り会@KuMC
暫定評価:★★★★★★★(7-8)

香り:注ぎたてはややドライだが、熟したアプリコットや熟成させたリンゴ酢などを思わせる、角の取れた甘酸っぱいアロマ。厚みのある麦芽香と共に淡いスモーキーさを伴うふくよかな香り。

味:甘酸っぱい酸味を伴う口当たりから、林檎飴、微かに柑橘のニュアンスとおしろい系の麦芽風味。ボディはやや緩いが舌あたりには粘性があり、後半にかけて麦系の香味が主体に。余韻は古典的なトロピカルフルーツが微かなピートを伴い長く続く。

個性的な酸味とフルーティーさを感じるモルト。60年代らしさもある。樽はリフィルのシェリーホグスヘッド(アメリカンオーク)だろうか、微かなシェリー感にオークのニュアンスはあるが、樽が強く出過ぎず酒質ベースの香味が中心にある。突き抜けないが当時の麦の良さを感じさせてくれる通好みの1本。


マニア垂涎のボトル、というべきでしょうか。例えばボウモアやロングモーンの1960年代蒸留で高い評価を受けているリリースが垂涎であることは勿論そうなのですが、こういうメジャーすぎない蒸留所の60年代蒸留に心惹かれてしまうのもまた、コアユーザーの真理だと思います。
今回の持ち寄り会、何開けようかと主催のNS氏から問いがあった際、その場にいた参加者満場一致だったのがこのタムデューでした。

元々、ある程度飲んでいる飲み手は、タムデューなどの内陸系の麦系酒質の蒸留所に興味を持つ傾向が有ります。
また、スペック的な面で言えば、スコッチウイスキーの蒸留所の多くは、消費量が増大した1960〜1970年代にかけてモルティング設備を切り替えたり、蒸留器を新設したり、何らかの拡張工事を行っていることが多くあります。

タムデューもまた1972年(一説では1975年)にスチル増設工事を行っているわけですが、蒸留設備の拡張以外に製麦行程やマッシュタンなどを変えたという記録はありません。
そもそもタムデューは1940年代という早期にフロアモルティングからサラディン式のモルティングに精麦行程を切り替えており、後の時代で替わったのは樽と原料です。(ミドルカットなどの諸条件は勿論変更になっているとは思いますが。)
なにより麦由来の風味でどのような好ましい要素が出ているのか、楽しみなボトルでした。

その香味は加水で少しボディが軽くはあるものの、60年代らしいフルーティーさが備わっていることと、近年の長期熟成70年代とは違う、樽で押し付けたようなドライな香味ではない仕上がりが好印象。寿命はそう長いボトルではないと思いますが、一冬越えて3月の少し温かくなってきた時期に飲むとより美味しくなっているようにも感じました。

今回も素晴らしいボトルのテイスティング機会をいただき、ありがとうございました。

スペイサイド 43年 1973-2017 アーカイブス 46.8%

カテゴリ:
ARCHIVES
A Speyside Distillery
Aged 43 years old
Distilled 1973
Bottled 2017
Cask type Refill Sherry Butt
For Whiskybase
700ml 46.8%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR Kitchen
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(6-7)

香り:ツンとしたエッジの立った刺激、ドライで華やかな香り立ち。ココナッツやバニラを思わせる甘いアロマ、華やかさに混じる黄色い果実香は、ドライパイナップルやアプリコット、かすかに金柑、ハーブを感じさせるニュアンスも。

味:エステリーでドライ、薄めた蜂蜜、バタースコッチを思わせる甘みと麦芽風味。合わせてオーキーで、ドライパイナップルなど香り同様のフルーティーさ。余韻は心地よくドライで華やか、リキュールのようなシロップ系の甘みを感じつつ、長く続く。

近年のトレンド、スペイサイドリージョン系統の香味構成と言って差し支えない。ドライで華やかで、アメリカンホワイトオーク由来のバニラや黄色い果実味がある。長期熟成と度数落ち故に酒質が削られ、それらがより一層際立っているのも特色。時間経過でこなれる印象もあり、時間をかけて楽しみたい。


コアな愛好家にとっては所有ボトルやテイスティングコメントの管理ツールとして、また、トレードや情報収集の場として重要な役割を果たしているWhiskybaseがリリースしているアーカイブス。
近年、同リリースから日本に入荷しているのは「フィッシュオブサモア」シリーズがありますが、今回のは「オーストラリアのヒトデ」シリーズで、同時に1996年蒸留のスペイサイドもリリースされていました。こちらは並行品がWEBショップなどで販売されたようで、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

1996と1973、同じ組みわせのリリースが別ルートからもありましたが、度数や樽番号から別物というより同じ一族と見るのが自然。中でも近年のニューリリースにおいて、40年を超える長期熟成スコッチのトレンドの一つとなっているのが、蒸留所不明な"スペイサイドリージョン"であり、今回のボトルはスペイサイドディステラリー表記ですが、これまでいくつか飲んだものと同系統な構成と感じます。

その香味はエージェンシーあらため、スペイサイドリージョン味。古くはダンカンテイラーでよく言われていた、ピアレス香の派生のようなものですが、こちらのほうが熟成が進んでいる分、樽感的にボトル毎に共通するニュアンスが強くなっています。
蒸留所はファークラスというのが定説ですが、熟成を通じてベースとなる酒質が削られるとともに、2〜3回目のリフィルシェリー樽(アメリカンホワイトオーク)由来の華やかな香味が強く付与されているため、何を飲んでも同じような香味に感じてしまうため、正直よくわからないないですね。
結局、ボトル毎の差は度数の違いからどれだけアタックやドライさが強いか、余韻が持続するか・・・というところだと思います。

ちなみに、この手のリリースの楽しみ方は、ストレートの場合は長期熟成のコニャックに近いものがあると考えています。
それはまず、グラスの中で時間をかけること。どうしても樽が強く、ドライさが抜けきらないので、手で温めながら華やかな香りを楽しみ、じっくりグラスの中でなじませていくのです。

テイスティングは熟成1年につき1分かける、とも言われていますが、少なくともこのボトルは1ショット30分はかけていい
思います。
ドライで刺々しかった樽感が丸みを帯び、華やかさはそのまま、全体的に一体感も伴ってくる。度数のないスペイサイドリージョンでは、こなれる前にへたってしまって難しいのですが、今回のボトルはギリギリ可能な範囲。
後はハイボールか、お湯割りですね。原価が原価なんで、かなり貴族な飲み方ではありますが、割った後でブラインドしてもそれとわかる個性は、ある意味すごいです(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×