カテゴリ

カテゴリ:★7

I.W.ハーパー ゴールドメダル 特級表記 1970年代前半流通 43%

カテゴリ:
I.W.HARPER
GOLD MEDAL
Kentucky Straight Bourabon Whisky
1960-1970's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後〜1週間程度
評価:★★★★★★(6-7)

香り:しつこさのないメローで艶のある甘さ。シロップ漬けチェリー、カステラ、奥にはコーンフレークを思わせる軽い香ばしさ。角の取れたチャーオークのウッディネスで、麩菓子、キャラメリゼを思わせるほろ苦さも感じられる。

味:マイルドで引っかかりのない口当たり。薄めたメープルシロップ、チェリー、ドライオレンジのほのかな酸味を伴うコクのある味わい。
余韻はドライ、穀物感は多少あるがオーキーな甘みでしっかりとまとまっている。

バーボン特有のメローな香味にフルーティーな酸味のアクセント。樽が支配的なコテコテした香味というわけではなく、どちらかと言えば品の良い樽感と言える。味の濃さに反してコクがあって、物足りなさは感じない。例えるならダシをちゃんと引いた椀のよう。ライトなバーボンとはこうあるべきと言える、その理想形。


IWハーパーのスタンダード銘柄である、ゴールドメダル。バーンハイム蒸留所のバーボン、IWハーパーが誕生したのは1877年。名付けのエピソードはwebを参照頂くとして。。。(こちらのページが判りやすくまとめられています。ホント、BIBの表記とTAXは謎です。→ウイスキーの庭様)

ブランドヒストリーとしては、1885年の万国博覧会で金賞を受賞した事を皮切りに、1900年代にかけてあわせて5つのメダルを国際博覧会で受賞したことが語られていますが、当時のIWハーパーはライウイスキーで別物と言える仕様。コーン主体のマッシュビルで知られるIWハーパーがリリースされたのは、禁酒法と第二次世界大戦後の1950年代に入ってからとなります。

また、IWハーパー・ゴールドメダルは、40〜43%という加水仕様もあり、オールドは温度環境の変化に伴う濁りが出てしまっているものが少なくありません。
そのため、中々ベストなモノを飲める機会が少なかったりするのですが、今回はラベルの見た目に反し奇跡的に状態の良いゴールドメダルに当たり、その美味さを堪能させて頂きました。



何が良いって、長熟バーボンに見られるリッチなチャーオーク感とは違う、軽やかで品の良い甘みが香味の主体でありながら、しっかりとコクがあり、ストレートで引っかかりのない口当たりは勿論、ロックにしても香味がしゃばしゃばにならないこと。ライトタイプのバーボンの理想形ってこういうのだよなと、感じさせてくれるような構成なのです。

ハイボールにしても勿論美味しいのですが、流石にそこまで水が入ると、その後の時代と比較して大きな違いが現れにくいこともあり、どっちかと言えばストレートかロックでじっくり楽しみたいという印象でもあります。
こう言うのが家にあったら、癒されたいときに間違いなくチョイスするなぁ。

(IWハーパー、1990年代ジャーディンマセソン時代(左)と、今回の1970年代サントリー時代(右)。ジャーディン時代の味も悪くないが、ドライでコクもなくなりつつある。ここまでくるとハイボール要員。)

余談ですが、IWハーパーと合わせてよく語られるのが、マッシュビルのコーン比率。連邦アルコール法で定めるコーンウイスキーの基準(81%以上)の範囲まで使われているという話ですが。。。
どうやら現在の本国流通のIWハーパーは、コーンが73%、ライ18%、モルト9%で、そこまで使われていないようです。(15年は86%なので、コーンウイスキー基準の範囲内。)

だから何が、という違いを感じ取れるほどの経験はないのですが、特にバーボンは日本で語られる情報と現地の情報が違っていたり、一部抜けている事が結構あるので、こうして記事をまとめるたび、新たなトリビアにも遭遇できるのです。

エヴァンウィリアムズ 23年 53.5% 近年流通品

カテゴリ:
IMG_9010
EVAN WILLIAMS
Kentucky Straight Bourbon Whisky
23 Years old
750ml 53.5%

グラス:グレンケアンテイスティング
場所:BAR Eclipse 
時期:不明
評価:★★★★★★(6-7)

香り:メローだが溶剤感を伴うドライなアロマ。焦げ感のあるウッディさ、オレンジをコーティングしたキャラメリゼ、バニラ、チェリーを思わせる甘みのアクセント。奥にはエステリーさとりんごのような果実味もある。

味:リッチで粘性のある口当たり。チャーオーク由来の濃い甘みと焦げたウッディネスは、キャラメル、甘栗、微かにチェリー、パワフルで余韻にかけて強い主張。ビターでえぐみも軽く伴う。
余韻はドライ、タンニンとほのかな焦げ感に加えて、ふくよかな樽香が長く滞留する。

強い樽感がねっとりと舌に乗るような印象だが、度数の高さで樽香がギリギリ浮つかない。加水すると意外に香りが立たず、ドライな印象が強い。口当たりはマイルド、チェリーや加熱したリンゴのような甘みが特徴的。ロックでじっくり飲みたい。
最近姿を見なくなってきた、エヴァンウィリアムズの近年流通ラベル。2018年現在、一応このデザインが在庫として流通する現行品扱いになりますが。。。というか、現在も生産されているかはちょっと謎だったりします。(少なくともバカルディの日・米どちらのサイトにも記載はなく、蒸留所でのみ販売されている模様。)

そもそも、エヴァンウィリアムズ23年に用いられていた原酒の生産元、旧ヘブンヒルは1996年に火災消失しており、作れたとしてもここ数年前後までと言えます。加えて、移転後に作られた原酒は12年ですら原酒不足で特定地域向けになってしまっている状況を考えると、今後の復活も困難と考えて間違いないでしょう。
バーボン最高峰とも言えるエヴァンウィリアムズ23年、リリース開始から約30年の歴史に幕が降りようとしているのです。

(2000年代流通のエヴァンウィリアムズ23年。この写真では見づらいが、ラベルの上部にEvan Williamsの文字が直接プリントされている。)


(先日記事にした1990年代流通の2本。この後、上の写真のボトルのように、トールボトルがダンピー形状に切り替わる。)

今回テイスティングしたエヴァンウィリアムズも、上に写真を掲載したこれまでの23年同様に、非常に濃厚な口当たりと樽感は健在。そして50%を越える度数で、余韻にかけても香味がヘタらずパンチもあるフルボディな味わいです。
一方で、長い熟成年数ゆえ飲み口はマイルドと、相反する要素を内包しているのが、この手のウイスキーの魅力とも。一言で、美味しいバーボンと言える味わいですね。

ただ、近年のエヴァンウィリアムズ23年は、旧世代に比べて溶剤感が目立つというかドライさが強いというか、香味の"艶"は控えめで、果実味もベリー系の要素は微かにある程度。チャーオークのメローな香味が中心となっています。
この辺はまさに現行のバーボン全般に見られる要素であり、このまま販売が継続しても良い方向に転がったかは微妙であり。。。
それこそ、人気ピークですっぱり終わった連載のような、それはそれで良かったとも思えるのです。

グレングラント 1964-1989 ムーンインポート アニマルシリーズ 46%

カテゴリ:
IMG_8820
GLEN GRANT
MOON IMPORT "THE ANIMALS"
BUTT 1-2-3
Distilled 1964
Bottled 1989
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:KuMC@NSさん
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:黒砂糖、レーズン、スワリングしていると非常に豊かなダークフルーツ系の果実香を伴う一方で、オイルやゴムに通じるような、経年変化と少しヒネたようなニュアンスも含んでいる。

味:スムーズでリッチな口当たり。黒砂糖を思わせる甘み、デーツ、ドライプルーンなどのダークフルーツ系のフレーバーが主体。微かにベリー系の甘酸っぱさも混じる。中間以降は平坦気味。後半はタンニン系のニュアンスが主体。余韻はかりんとうの香ばしさ、カカオ多めのチョコ、タンニン。ウッディーでビターで長く続く。 

かなりリッチなシェリー系モルト。加水が効いて飲み口はマイルドだが、中間の広がりには欠けてやや単調気味でもある。シェリーのタイプはマッカランの旧ボトルに近い要素を感じる香味構成。少量加水すると香味とも伸びる印象あり、こういうモルトは葉巻に合う。


こってこてのシェリーカスク、それもカスクストレングスではタンニンもバッチリ効いていたであろうタイプのものを、加水で整えたシングルモルト。
香味の端々にある残滓から考えるに、おそらく、ボトリング直後はそれなりにサルファリーな要素もあったタイプだと思うのですが、それが経年変化で落ち着いた、30年近い時間が育てた味わいと言えるのかもしれません。

テイスティングの通り、濃厚で整った飲み口は純粋にシェリー樽熟成のウイスキーのうまさを感じるのですが。一方で、加水が効きすぎたのか、ボディの部分で膨らむ印象がなく、そこがこのウイスキーの弱さであり、逆にいいところでもあると思います。
つまり、葉巻を合わせたり、何か生チョコレート系の甘味をさらに加えたり、後付けする余地が残されているとも思えるのです。

この日は一通り飲み終えた後で、締めにパルタガスと合わせてみました。
序盤の濃厚さが葉巻に負けず、しかし中間以降は煙と合わさるように負担なく煙の味わいと混じっていくような。。。中々良い組み合わせだと感じました。

ムーンインポート The Animals シリーズ。画像引用:

以下雑談。
近年、ウイスキーとは全く関係ないラベルデザインでボトルを彩り、それを付加価値としてラベル買いさせるようなボトルが、一つのジャンルを作りつつあります。
その始祖は、リリースがシリーズ的に行われ続けたという条件で見れば、ムーンインポートがリリースする各種シリーズだと思います。

同時期に流通していたGMやシグナトリーのテンプレ的なものに比べて、ムーンインポートのものには所有することも一つの目的みたいな。。。なんていうか一つの絵画、芸術に通じる要素があるように感じられるのです。まさに飲める芸術ですね。

モートラック 37年 1968-2006 GM プライベートコレクション 45%

カテゴリ:
MORTLACH
GORDON & MACPHAIL
PRIVATE COLLECTION
Aged 37 years
Distilled 1968
Bottled 2006
700ml 45%

グラス:サントリーテイスティング
時期:不明
場所:Y's Land IAN
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:濃厚でスウィート、ややベタつきがあり、長期熟成のクリームシェリーを思わせるようなアロマ。カラメルソース、黒蜜、レーズン、微かにベリー感を伴う果実香と、湿った木材を思わせる落ち着いたウッディネス。

味:マイルドで滑らかな口当たり。クリームシェリー、レーズンや皮付きの葡萄、ブルーベリージャム、濃く入れた紅茶のタンニン。濃厚な甘みを主体とする中で、ほのかな酸味とタンニンがアクセントになっている。
余韻は渋みが強く、タンニンが収斂するドライなフィニッシュへと続く。

見るからに圧殺シェリーだが、近年のスパニッシュオーク系ではなく、GM独特の甘みの強いカラメル系。なんとも葉巻に合いそうである。加水というよりチェイサーで余分なシェリー感を流すと、余韻の強いタンニンが軽減され、フルーティーさが残る。


GM社のディレクターがカスクチョイスしたというシリーズ、プライベートコレクション。
要するに立場ある人間のチョイスだから、普段のリリースより特別な樽を選んでるぜ、って位置付けだったのだと思うのですが、最近は特別感のある1950〜70年代の蒸留原酒以外に、カスクフィニッシュなど意欲作もリリースされており、位置付けがよく分からない印象もあります。(中にはプライベートコレクション=カスクフィニッシュに限定しているようなPRもあったり。。。)

ではこの時期のGMのリリース傾向と、このプライベートコレクションで考えてみると、如何にもGMらしいカラメルっぽいシェリー感のこってりした味わい。45%加水でありながら、このシェリー感の濃厚さは特筆モノですし、加水だからこその滑らかな口当たりもポイント。タンニンは強くあるものの、なるほどこれは中々悪くない濃厚系シェリーです。

ただ、モートラックでこの他リリースされていた、イーグルラベルの1960年代単一蒸留年モノなどと比較してどうかというと。。。突き抜けている印象はなく、良いも悪いもあとは好みの問題という印象。
それだけ同時期のボトラーズリリースのレベルが高かった結果にして、GMの豊富な原酒保有量だからこそ、逆に埋没したリリースとも言えそうです。


今回のテイスティングはいつもお世話になっている日本橋のBAR IANにて。
ちょっと前のGMでシェリーの濃いヤツないっすかねと頼んで奥からしれっと出てくる、今となってはレアなボトルたち。価格も良心的で、こういうかつてのGMらしさを経験したいという近年のドリンカーには是非オススメしたい環境であり、1本だと思います。


ジョンベッグ ブルーキャップ 43% 1950年代流通 雑酒特級

カテゴリ:
JOHN BEGG
Blue Cap
Old scotch whisky
1950's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:KuMC@NSさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:灰っぽさを伴う穏やかなスモーキーさ。乾いた麦芽、土っぽさ。スワリングすると蜂蜜やリンゴのコンポートを思わせる甘み、エステリーなアロマ。

味:マイルドでコクのある口当たり。こなれた麦芽風味、ナッツやポン菓子の品のいい甘みや香ばしさ。徐々に存在感のあるオールドピートが柔らかく染み込むように広がる。余韻はピーティーでほろ苦い。しっかりとスモーキーで長く続く。

オールドブレンドの醍醐味とも言える柔らかい口当たり、こなれたモルティーさとどっしりと染み込むようなピートフレーバーを堪能出来る。灰っぽさを伴うこれらの風味は、個人的にオールドのロッホナガーの個性。少量加水するとピーティーさが全体に馴染むように感じられる。


ロイヤルロッホナガー蒸留所の創業者ジョンベッグ氏が設立した、ブレンデッドウイスキーメーカー・ジョンベッグ社のスタンダード。ブレンドに使用する原酒の中核は勿論、自らが創業したロッホナガーです。
1800〜1900年代当時、ブレンデッドウイスキーが市場を拡大したとされる時代にあって、蒸留所とブレンドメーカーという体制構築は規模のある企業では自然な流れ。徐々に現在の雛形となる大規模グループ化が業界として進んでいくことになります。

同社はその流れの中で、デュワーズ社の傘下となった後、最大勢力たるDCL傘下に入り。最終的にはロッホナガー蒸留所を残して銘柄そのものは消滅してしまう訳ですが。。。日本における第一次ウイスキーブームの折には、美味いウイスキー銘柄の一つとしてウイスキー通の間で知られていたようで、今尚ファンの間で人気のあるブランドです。


近年、リユース市場で見られるロッホナガー関連のブレンドはVAT69が中心です。ジョンベッグは写真左の紺色のラベルに、エリザベス紋章(1970年代流通)か、チェック柄紋章の1980年代流通のモノがたまに見られる程度。アメリカ向けには2000年代くらいまでブルーキャップがあったようですが、日本国内では中々手に入らないブレンデッドの一つになりつつあります。

今回はそのエリザベス紋章のさらに前。恐れ多くもキングジョージ5世の紋章が光る、オールドラヴァー垂涎のボトル。
ただ、キングジョージ5世の在位は1936年までで、本来このボトルの流通時期である特級区分が設定された旧酒税法施行時、つまり1950年代のイギリス国王はジョージ6世か、戴冠直後のエリザベス2世。
これはジョージ5世のスコッチウイスキーに与えた影響の大きさからか、ジョージ6世のワラントはウイスキーで見ることはなく、1960年代にエリザベス紋章に切り替わるまでキングジョージ5世の紋章が使われ続けるケースが多かったようです。

今回のボトルはロイヤルロッホナガーそのもの、あるいはそれが使われたとされる銘柄に備わった、独特の麦芽風味とピートフレーバーがメイン。ですがその個性は70〜80年代流通と比べて遥かに強い存在感で、半世紀を超える経年からオールド特有のこなれた味わいも堪能出来る、まさしく通好みの逸品でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×