カテゴリ

カテゴリ:★7

グレンファークラス30年 1987-2017 サイレンスバー30周年記念 44.5%

カテゴリ:
IMG_6179
GLENFARCLAS
THE FAMILY CASKS
Aged 30 years
Distilled 1987
Bottled 2017 
For Silence Bar & Shinanoya
To Commemorate the 30th Anniversary of Silence Bar
Cask type Refill Sherry Hogshead #3813
700ml 44.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(6→7)

香り:最初はややビター、カカオチョコやウッディなえぐみが前に出ているシェリー感だが、徐々に樽由来のオーキーな華やかさ、ビスケット、甘栗、レーズンとドライアプリコットなどの黄色系のドライフルーツの甘みが開き、香りが充実してくる。

味:とろりとした甘み、キャラメルやレーズン、少しニッキのようなスパイス。乾いたウッディネスとあわせ、じわじわとオーキーな華やかさ、ドライアップルやアプリコットのフルーティーさがシェリー樽由来の甘みとともに広がり、鼻腔に抜ける。
余韻は少し粉っぽい樽感、オーキーで淡いタンニン、レーズン、ほろ苦く長く続く。

時間と共に樽系のニュアンスが開いてくるだけでなく、少量加水すると多少分離感のあったシェリーの甘みとオーキーな華やかさの一体感が増し、近年系トロピカルフレーバーを思わせるフルーティーでウッディな余韻へ繋がる。時間をかけ、グラスの中での変化を楽しんだ後は是非少量加水をしてほしい。詰め手が何を見出したのかが伝わってくるようである。

IMG_6178

香川県丸亀市、瀬戸内海のに面する漁港のほど近く、ここに日本の中でも有数のウイスキーBARとして名を馳せる、サイレンスバーがあります。佇まいに加え膨大なウイスキーのストック量は、さながら漫画のBARレモンハートを思わせるような雰囲気があり、モデルになったBARの一つではないかいう話もあるほどです。

そのサイレンスバーが1987年の創業から昨年で30年を迎え、信濃屋経由でボトリングした記念ボトルが今回のグレンファークラスです。
近年のグレンファークラスと言えば、国内に多く流通したボトルではメインモルト&キャンベルタウンロッホの1989、信濃屋プライベートボトル10周年記念の1991と、高い評価を得たボトルが複数あり。あのサイレンスバーの記念としてリリースされるのだから、間違いなく良いものを詰めて来るはずだと、期待していた飲み手も少なくなかったと思います。

さて、その中身は予想に反して?きれいな近年系シェリー。
正直、最近流行りの一撃必殺濃厚スパニッシュオーク系だろうと思っていたので、一口目は「なんだかはっきりしないシェリー感だな」とさえ感じたところ。
ただ、後半にはシェリー感と共に熟成を感じさせるオーキーなフルーティーさが広がり、グレンファークラスでいうプレーンカスクに通じる要素がある。
それが少し浮ついたというか、シェリーとの分離感があるようにも感じられるのですが、ホグスヘッドにするにあたって鏡板を新しくしたとかで、シェリー以外の要素が強めに出たからかもしれません。おそらく元々の樽は70年代くらいの アメリカンホワイトオークと思われます。

先述の1989や1991はスパニッシュオークでの熟成と思われる香味。材質から異なるため、フレーバーの傾向も当然変わります。
こうした長熟スパニッシュオークシェリー樽の、甘みと香木っぽさがある味わいはそれはそれで良いんですが、最初からどかーんと来てしみじみ楽しむという感じではないんですよね。
今回のファークラスは時間経過でグラスの中で開き、馴染む味わいがポイント。余韻にかけてじっくり楽しんでいける方向性は、オーセンティックな雰囲気を感じさせると言うか、なんて言うかシブいですね。
将来性も十二分に感じさせるボトルだと思います。

ボウモア 18年 43% 2017年ニューラベル

カテゴリ:
BOWMORE
Islay Single Malt Scotch Whisky
Aged 18 years
2017-2018's
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:スモーキーで乾物魚介や磯っぽさを伴う香り立ち。塩素、熟したグレープフルーツ、ほのかにシェリー系の古酒っぽさとウッディなニュアンス。時間経過でヨード香も感じる。

味:オイリーな口当たり。濃いめの味わいで、土気と焦げ感を伴うピート、スモーキーフレーバーが鼻腔に抜ける。中間から後半にかけてオレンジやグレープフルーツのジャムを思わせる柑橘感。余韻はドライで塩気と焦げたようなピートの後からトロピカルなフルーティーさ、華やかでスモーキーなフィニッシュが長く続く。
       
オフィシャルらしい複雑さと飲み疲れないバランスの良さを備えながら、蒸留所の特徴が良く出ているボトル。
温度が低いとややドライでフルーティさが開ききらないちぐはぐな味。また、樽系の味や塩気が強めに蓄積してくるので、水やクラッカーなどを挟みながら飲むと良い部分を引き出せる。
加水すると余韻のフルーティさがぼやけるが、マイルドな飲み口が得られる。


ついにパフューム時代との決別を果たした、ボウモアのニューラベル18年。その筋のフレーバーが好みな方には残念なお知らせと言えますが、自分を含めボウモア蒸留所に1960年代のトロピカルなフレーバーを求める世代にとっては、感慨深い瞬間が訪れたと言えます。

ボウモア蒸留所にラベンダーあるいはレモン石鹸的なパフュームフレーバーが現れたのは、1970年代前半蒸留あたりから。そしてそれが消え始めたのが1989年から1990年ごろ。つまりオフィシャル18年は2010年前後から、いつ脱パフュームしてもおかしくなかったのですが、旧ラベルの18年は頑なに1980年代の原酒を使い続けていたようでした。
そんな中、昨年ボウモアのオフィシャルラインナップ全面リニューアルが発表されたわけですが、やはり気になったのは18年の出来。なぜここまで18年に注目しているかというと、それは使われる原酒の蒸留時期と熟成期間にあります。

ボウモアの1990年代蒸留を振り返ると、
1990~1994:フルーティーさが強く、ボディの厚みもバランスが良かった時代。1993年は当たり年評価。一部イレギュラーあるが、この時期名品多数。
1995~1996:フルーティーさはほどほど、ボディの厚みやピート、良い意味での雑味が旨みに繋がっている。
1997:悪くは無いが、ボトラーズリリースでベクトルから外れたボトルが散見。
1998~1999:ボディは少し軽くなったが、その分フルーティーさが際立っているリリースが多く見られる。個人的には第二の当たり期間。

という感じで、原酒の傾向に多少の変化はありましたが、一部のリリースは1960年代の復活とまで評された、総じてレベルの高い時期です。
そして2018年の今、18年の構成原酒はまさにこの蒸留期間の真っ只中であり、使われている原酒が世代代わりすれば、時期的にも熟成感的にも素晴らしいリリースが期待できると、ここ数年の変化に注目していたわけです。

他方、自分の期待とは裏腹に、リニューアル後のボトルは在庫がはけやすいところから変わっていったようで、まずは12年が置き替わり、これは2000年代のボウモアらしい紙っぽさが強く。次は18年かと思ったら、スタンダード品ではなく、免税向けシリーズであるディープ&コンプレックス18年の方が先に国内に入り始め・・・この免税向けボトルは未だ淡いパフュームフレーバーを備えており、旧18年の延長線上のような構成。
なかなかモノが入ってこない日本にあって、焦らされてる感が募ります(笑)。

(免税向けのディープ&コンプレックス18年。ラベルが似ているが、色使いと記載内容、そして味わいも異なるので注意。)

明けて2018年、待望?のボウモア18年のニューラベルがようやく日本に入荷。
バーボン樽とシェリー樽、複数タイプの樽使いと原酒が織り成す、複雑でありながら重みとバランスのとれたオフィシャルらしい香味。18年表記ですが、使われた原酒の幅からか、熟成感は体感プラス5年増しくらいにも感じます。

キャラクターは1990年代を総括するような内容であり、ボウモアらしいニュアンスを伴ってピーティーでフルーティー。ほんの少し前時代的なニュアンスもありますが、過度な主張は無く。
近年の飲み手にとっては「普通に美味しいボウモア」という評価が得られるでしょうし、フレーバー構成からは1969年から1972年あたりのボウモアを思わせる要素もいくつか見られ、往年のボウモアファンにとっては普段飲みできる「60年代ボウモアレプリカ」とも言える出来。

何より通常販売価格が1万円でお釣りが来るのですから、高騰気味の同時期蒸留ボトラーズボウモアからすればコストパフォーマンスは文句のつけようがありません。 (評価は6-7にするか悩みましたが、今後ポジティブな変化も期待出来そうなので、7点固定としました。)
カスクストレングスと異なり、バッティング加水は突き抜けるようなフレーバーはありませんが、このバランスは評価したい。
家飲み、BAR飲みで広く使えるミドルエイジ。ボウモアのもう一つの新しい時代到来を告げる、歓迎すべきニューリリースです。

ラフロイグ 10年 アンブレンデッド表記 1980's 45% アメリカ向け

カテゴリ:
IMG_5906
LAPHROAIG
10 Years old
Umblended Islay Malt Scotch Whisky
1980's
750ml 25.4fl oz 90US.Proof

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7ー8)

香り:スモーキーで燻した麦芽香、干し草、魚介系の出汁っぽさ。薄めたキャラメルを思わせるほろ苦くも甘い香りに、ほのかにオレンジピールの要素も感じられる。
  
味:滑らかでややオイリー、コクのある口当たりからヨード、柑橘系のドライフルーツ、粘性のある土っぽいピートフレーバーが広がる。
余韻はピーティーでスモーキー、舌の上を包み込むようなニュアンスの柑橘、グレープフルーツ、ナッツの香味がピートと共に長く続く。

オフィシャルらしいバランスの良い飲み口に加え、厚みもしっかり感じられる完成度の高いボトル。43%仕様よりオイリーさが強い印象。現行品より強いラフロイグの個性が堪能できる1本。

IMG_5907

アンブレンデッド表記に時代を感じる、ラフロイグのオフィシャル旧ボトル。流通時期から推察するに、蒸留されたのはスコッチウイスキー業界初の女性マネージャーであるベッシー・ウィリアムソンの時代。

流通地域の関係か45%と度数が高めの仕様であり、イタリア向け43%仕様のほうは以前も何度か飲んだことがありましたが、今回のボトルとは樽構成が違うのか、単に保存状態の違いなのか。2%の度数違いとは思えないテクスチャーや香味の違いを感じます。

記憶が確かなら、43%のほうが華やかで土っぽさ、フルーティーさがメインにあり、今回の45%のほうはオイリーでコクがあるといった具合。ただ当時のラフロイグは向けや年代で多くのリリースがあり、度数では一概に測れない話でもあるわけですが、少なくとも今回のボトルがNGという話ではなく、総じてレベルは非常に高い。当時はこれらがスタンダードレベルだったという点に、ただ驚愕するばかりです。

ここ1週間強をかけて紹介してきた、BAR IANのウイスキーラバーズ名古屋2018向けボトル。イベントはいよいよ今週末開催。自分が紹介する予定のボトルは、そこまでに全部掲載していく予定です。
当日のIANブースのメインは、何と言ってもこのラフロイグ10年を筆頭に、上記写真のプライムモルトシリーズ。
一部ラフロイグではないと思われるものも混じっていましたが、それをあれこれ考えるのも面白い。また、複数のオールドラフロイグを世代毎にテイスティングできることは、現代では得難い経験だと思います。

スプリングバンク 15年 1990年代流通 46%

カテゴリ:
SPRINGBANK
Aged 15 Years
Campbeltown Malt Scotch Whisky
1990's
750ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ベリー系のアロマ、熟した果実や黒砂糖、華やかさとみたらし系の古酒感が混在している、リッチなシェリー感。合わせて土っぽさや燻したスモーキーさ、モルトスナックを思わせる香ばしい麦芽風味も奥から感じられる。

味:とろりとした粘性、コクのある味わいが感じられる口当たり。ベリージャムとカラメルソース、黒砂糖、中間はややべったりとして変化に欠けるが、厚みのあるボディと徐々に顔を出すピートフレーバーが樽感を受け止めている。
余韻はドライでウッディ、そして柔らかいスモーキーさ。収斂するタンニンに対してベリー感が長く残る。

ベリー系の風味が混じる古きよきシェリー感、厚みのあるボディ、加水で整えられたまろやかな飲み口。樽感と酒質のバランスが取れており、現行品では中々見られない総合的に完成度の高い味わいを楽しめる。是非ストレートで。


当時は普通に売られていたボトルも、今飲むと完成度が非常に高いことに気がつく。マッカランしかり、グレンドロナックしかり、ハイランドパークしかり・・・。近年のオフィシャルも一時期に比べて良くなってきたとは思いますが、70年代蒸留の原酒が普通に使われているそれと比較するのは酷というものです。
加えて1990年代というのは、酒税法大改正や円高の影響もあり、洋酒の価格崩壊が起こった時期。世間はバブル崩壊による不況でそれどころではなかったとは思いますが、ウイスキー愛好家的には天国のような時代だったとも言えます。

今回のスプリングバンク15年は、まさにその時代を体現するかのようなボトル。オールドシェリーのニュアンスがぷんぷんするだけでなく、厚みのあるボディのスプリングバンクらしさが底支えとなって、味はまろやか、香りはふくよか。モルトの香水などと例えられたのも理解できる、高い完成度を誇るオフィシャルリリースという印象の1本です。
このボトルが普通に買えたのは、羨ましい限りです。


そうして当時流通量が多かったこともあり、この時期のスプリングバンクは比較的飲む機会に恵まれているのですが、色がまちまちでロット差が大きいという印象もあります。
これはバンクのボトリング設備がそこまで大きくないので、ロット差が出やすいこともさることながら、スプリングバンクが一時期"冬の時代"に陥り、樽の調達も差が出てしまっていたのではないかとか、色々感じるところはあります。

特にビンテージで比べると上記写真の同時期流通品25年と21年では21年の方が濃く、さらに21年よりも若干今回の15年の方が濃いという、普通に考えると逆じゃない?という構成。まあ上記ロット差や、流通先の違いもありますし、例えばグレンファークラスの角瓶時代も25年より21年の方が濃いとか普通にありますので、メーカーのブレンド方針というだけかもしれません。
ただこのわかりやすい違い故、当時は「スプリングバンクを買うなら色が濃いほうを買え」という愛好家共通の方針もあったのだとか。

イベントでわざわざテイスティングする特別感はあまり感じないかもしれませんが、はっきり言って下手なボトラーズに手を出すくらいならこういうボトルのほうが旨いのです。まして当たりロットならなおのこと。
このボトルは例によってBAR IANのウイスキーラバーズ名古屋2018先行テイスティング会でのテイスティングなわけですが、イベント当日、何を飲んで良いか迷うとか、あるいはとりあえず飲みやすくて美味しいものを求めるようであれば、1990年代のミドルエイジ・オフィシャルボトルを探してみると良いと思います。

ブラック&ホワイト 8年 1940年代流通 43.4% アメリカ向け

カテゴリ:
BLACK & WHITE
Blended Scotch Whisky 
8 Years old 
1940's
4/5Quart 86.8proof

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:やや金属感のあるアロマ、薄めたカラメルやカステラ、焦げた焼き芋。ほのかなオフフレーバーの混じる甘い古酒感。合わせてオールドらしく存在感のあるスモーキーさも主張してくる。

味:マイルドな口当たりから厚みのあるボディ。麦パフっぽい麦芽風味、ほのかに干し草、後半はどっしりとしたピートフレーバーが広がる。
余韻はしっかりピーティー。スモーキーで長く染み込むよう。

香りは多少警戒させられるも、味には目立ったオフフレーバーはなく、経年を考えれば状態はいい。麦とピートを味わうウイスキー。さながらピートが黒、麦が白か。


ブラック&ホワイト(B&W)のアメリカ向けボトル。
肩ラベルに書かれた「By Appointment to His Majesty the King」表記は、1936年から1952年まで在位したキングジョージ6世を指すものと考えられ、流通時期を推定する要素の一つとなっています。
(前後世代となる、キングジョージ5世並びにクイーンエリザベス2世の時代は独自のワラントがあり、それぞれの世代のB&Wにプリントされている。)
また、表ラベルの下に貼られた「Britain Drivers the goods」表記のシールは1945年に開催された英国展のものという話もあり、1940年代の流通が濃厚なボトルと言えます。

素朴な麦芽風味に加え、どっしりとしたピートフレーバーは、内陸系の原酒でピートが強かった時代の特徴。これぞオールドボトルの魅力です。
B&Wで言えば、1960年代以前のボトルにこうしたピートフレーバーが見られますが、今回のボトルは特にしっかりと感じられます。

キーモルトは、ダルウィニー、グレントファース、コンバルモア。また、B&Wを作るブキャナン社はDCL傘下であったため、グレンダラン、クライヌリッシュ、アバフェルディという、かつてブレンド向けだった蒸留所も歴代の構成原酒に名を連ねています。
今回のボトルの蒸留時期は1930年代以前。先にも記載したように、ピートフレーバーにしてもスコッチモルト全体で現在と異なるキャラクターがあり、どの蒸留所という指定は難しいですが、厚いボディと麦芽風味は旧世代のダルウィニーがいい仕事をしてそうなイメージです。

なお、B&Wのフレーバーの変化を追うと、華やかでマイルドな1970年代を挟み、1980年代以降のそれは市場のニーズに合わせた結果か香味のライト化が進んでいきます。特に2匹の犬が表ラベルに描かれるようになる頃はピーティーさも少なく、1980年代後以降もはや別物レベルの構成となっています。 
コンセプトが入門者や若者でも楽しめるマイルドな酒だったそうで、癖のあるピートフレーバーを削る方向にシフトしていったのかもしれません。


今回のボトルは、昨年12月にIANで開催された、「ウイスキーラバーズ名古屋2018・出展用ボトル先行テイスティング会」での1本。ウイスキーラバーズ名古屋の開催まであと2週間少々。今日からラバーズ名古屋開催まで、テイスティングしたボトルを紹介していきます。

今年のウイスキーラバーズ名古屋はコアユーザー向けの愛好家出展ブースを拡張していて、さらに凄い事になりそうな予感。当然、当日はIANブースに限らずオールドブレンドが少なからずあるものと思います。
目玉のボトルは多くありますが、古き良き時代のスコッチは、スターターとしても箸休めとしてもオススメです。

このページのトップヘ

見出し画像
×