カテゴリ

カテゴリ:★7

グレンフィディック 21年 ウェッジウッドデキャンタ 43% 1990年前後流通

カテゴリ:
IMG_5245
GLENFIDDICH
21 Years old
Pure Malt Whisky
"wedgewood decanter"
1980-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★★(6-7)

香り:グラスに注いだ瞬間から立ち上がるオーキーで華やかなアロマ。熟した林檎を思わせる果実香、バニラ、ビスケット、淡い古酒感も纏っている。時間経過で蜜っぽい甘さが強くなり、花束を思わせる植物感の混じった甘い香りへ。

味:とろりとした口当たり、林檎のコンポート、黄桃、薄めた蜂蜜の甘み、微かにナッツ。干草や麦芽を思わせるフレーバーも感じられるが、時間経過でコクのある甘みが強くなってくる。
余韻はドライでウッディ、華やかなオーク香が鼻腔に抜け、林檎や洋梨を思わせる果実香が長く続く。

華やかなオーク香と熟成感のあるウイスキー。樽由来の香味、ボディ感、全体のバランスが良く、負担なく飲み進められる完成度の高さが魅力。
少量加水すると最初はドライなニュアンスが落ち着き香味も開いてバランスが良くなるように感じるが、時間経過ですぐ水っぽくなってしまう。ストレートで時間をかけ、じっくりと楽しみたい。


ウェッジウッド社の代名詞とも言える、美しいウェッジウッドブルーのジャスパーウェアにボトリングされた、グレンフィディックのプレミアムグレード。付属するネックタグに蒸留所名等仕様が書かれているのですが、今回のものは取れてしまっていて、知らない人が見たら中身が何かはわかりませんね。 

このボトルは1990年当時、日本で8~10万円というとんでもない価格設定で販売されていました。
おそらくはブランド料の積み重ねだと思いますが、中身は決して悪いモノじゃありません。というか良いものです。
グレンフィディックはスタンダードの12年を飲むと、華やかでライトなウイスキーという印象を持ちますが、このボトルはそのキャラクターを濃縮したような熟成感、果実味のある味わい。現行品の21年と比較しても、さらにしっかりとした骨格を感じられます。

時代を遡ると、グレンフィディックはスコッチウイスキー全体が黄金期といわれた1960年代に魔のパフューム時代があり、それが終わりを告げたのは1960年代後半ごろ。リリース時期から逆算すると、今回のボトルはそこからの21年以上の熟成を経た原酒で構成されているわけですから、ギリギリ黄金期の原料、樽等を背景に構成された中長期熟成モルトウイスキーであると言えるわけです。

DSC00035
(スコットランド最大級の規模を誇る、グレンフィディック蒸留所のポットスチル群。創業時カーデューから原酒を買い付けたり、中古の蒸留設備を調達した過去は1世紀以上昔。今や世界に名だたるシングルモルトメーカーである。Photo by K67)

我が家は妻がウェッジウッドのファンなので、その表現を借りるなら、ウェッジウッドの陶磁器は原料の一部に牛骨灰を混ぜて焼き上げるボーンチャイナを採用し、軽くて強度をもった製品を作ることが出来た。
そして優しく美しい発色が特徴であるジャスパーウェアが、当時としては画期的だった色合いをもたらし、実用性と気品あるデザインを両立していたことが最大の魅力だったとのこと。
確かに陶磁器独特の手触りに、少しマットですが吸い込まれそうな青色は、ボトルで所有したいという気持ちになります。

そんな同社ならではの色合いとデザインが魅力であるボトルですが、1つ妻と私で意見が分かれているものがあります。
それはボトルの底に施された装飾。私はポットスチルを熱する炎をイメージしているのではないか、デキャンタの形状もポットスチルのそれに近しい形であるし、グレンフィディックは直火加熱方式(現在は一部)を採用しているとの見解。対して妻は「ただの草じゃない?」と。
炎のほうがロマンがあって良いと思うんですけどねぇ・・・。
IMG_5248

以下余談。
このグレンフィディックについては、レモンハートで書かれていたエピソードが妙に印象に残っています。

BARレモンハートに常連の社長が飲みに来たときのこと。その社長は仕事が暗礁に乗り上げて資金繰りに苦労していたのですが、マスターはグレンフィディック蒸留所設立時のエピソードと共に、創業者の苦労と情熱を語り、そうした苦労の先に誕生したのが、このグレンフィディック21年ウェッジウッドであると紹介します。
それだけ歴史が詰まってるなら凄い酒なんだろう、1杯いくらだと聞く社長に、マスターは10万円ですと返します。
社長は酒に詰まった情熱と歴史、それを10万円と天秤にかけ、最終的には飲んで「これは凄い酒だ、なんだかがんばれそうな気持ちになってきた」となって帰っていくわけですが・・・。

このエピソード、グレンフィディックは1本10万円であって、1杯10万ってとんでもない価格設定じゃね?と疑問に思ったのが当時の印象。最初はボトルキープの価格設定かと思いましたが、社長が天秤にかけているのが1杯の価格で10万円としか読めない内容だったのです。
レモンハートを読んだ当時、自分はまだこのグレンフィディックを飲んだことが無く、いつか飲んでみたいなと思うに至り、その後縁あって何度か飲む機会があっただけでなく家飲みボトルでも楽しませてもらっているわけですが。。。 
流石に1杯10万は無いよなぁと思う気持ちは変わりないものの、作中の社長のように仕事への活力をこの1杯から貰っています。

グレンモーレンジ 18年 43% 1990年代流通

カテゴリ:
GLENMORANGIE
Single Highland Malt
Years 18 old
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子エールホワイトワイン
量:ハーフショット
場所:BAR飲み
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:華やかで艶のあるシェリー香。サルタナレーズン、リンゴのカラメル煮、果実香がしっかり感じられる濃厚なアロマ。奥には削った木材のような香りも感じられる。

味:とろりとしてコクのある口当たり。甘酸っぱくウッディなシェリー。オレンジママレード、レーズン、バニラ、徐々に麦芽風味。淡いピートがウッディな苦味とともに染み込むように残る。

軽い陶酔感を纏った熟成香が素晴らしい。濃厚な樽香に引きずられがちだが、中間から余韻にかけては酒質由来の味わいもあり、バランスも良好。余韻の苦味が蓄積するように残っていくので、ストレートで時間をかけながらじっくりと楽しみたい。

久しぶりに飲んだグレンモーレンジの2世代前オフィシャル18年。10年と異なり18年が発売されたのは1990年代に入ってからで、こちらはその免税向けの1本です。
グレンモーレンジ18年はどの世代のボトルも美味しく、現行品でも1万円以内で飲んでおくべき1本の代表格と言えますが、ドライでオーキーな現行品に比べ、今回の旧ボトルはそのキャラクターが大きく異なる、一言で美味しいボトルです。

グレンモーレンジと言えばバーボン樽でピート控えめ、ライトで華やかな酒質。。。というのが、こと近年の通常ラインナップのスタイルです。
そこから考えると違和感があるやもしれませんが、70年代蒸留あたりまではシェリー樽もそれなりに使っていましたし、ピートも多少感じられ、厚みのある酒質でした。
その違いは今回の18年を筆頭に、過去のボトルを飲めば一目瞭然。果実が熟したような艶やかな甘さ、バニラ、麦芽系の風味を挟んでスモーキーさがアクセントとして広がる。古典的なハイランドスタイルを地で行きつつ、シェリー樽原酒が魅力的なニュアンスを加えているのです。

もちろん、樽が良かったと言われればそれまでで、近年のシェリー樽の状況で無理やり使っていくよりは、現行品18年に感じられるようなリフィルのホグスヘッドのそれに留めておくのが得策とは思います。(実際、シェリー樽系のグレンモーレンジが現行品でもリリースされていますが、突き抜けて素晴らしいものがあるかというと。。。)
古き良き時代を味わえる1本。この時代のボトルは国内オークションでもモノがないわけではなく、値上がり傾向ながらぶっ飛んだ価格になってないのも魅力。1日の終わり、自宅でゆったりこういうモルトを飲めたら最高です。

ストラスアイラ 57年 1953-2010 GM 43%

カテゴリ:
STRATHISLA
Gordon & Macphail
(Aged 56-57 years)
Distilled 1953
Bottled 2010
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:甘く濃厚で艶のある香り立ち。カラメルシロップを思わせる甘みのあるシェリー感。華やかに香るレーズンやデラウェアの葡萄香、微かにハーブ。時間経過でビターチョコのようなほろ苦さとドライなニュアンス。

味:まろやかでコクのある甘みのある口当たり。ミルクチョコ、ぶどうの皮、枝付きレーズン、徐々に染み込むようにドライなタンニン、ウッディネス。中間あたりで少し水っぽさも感じる。
余韻は華やかなウッディネス、カラメルソースの甘みとほろ苦さ、ドライベリーのアクセントが長く残る。

GM系のシェリー感に葡萄や微かにベリーを思わせる華やかさも伴う。くすんだ味わいはなく、加水調整で樽感とのバランスも良好な部類。他方時間経過でややドライさ、ウッディネスが前に出て、甘みの後退がみられる。ストレートで楽しみたい。


GMが数多くリリースしていた、ストラスアイラの長期熟成シングルモルト。このシリーズは同一ビンテージの複数樽をバッティングし、加水など各種調整を行なった上でリリースされていたため、共通してシングルカスクのような突き抜けた個性や樽感はなく、まったりと穏やかで、甘みの強いリリースがあれば、フルーティーなリリースもあるという、ある種安定感に優れたシングルモルトです。

特にシェリー感という点では、GMシェリーとも例えられるカラメルソースのようなまったりとした甘みが印象的。
1980年代後半あたりの蒸留頃まで、これでもかというくらい共通のニュアンスが存在していましたが、ところが最近は不思議なことにすっかりナチュラルカラー路線に・・・。今でもGMシェリー系のリリースは一部続いているようなので、過去形にしてしまうのは表現として適切ではないかもしれませんが、それらは総じて60年代頃のビンテージ、10万を超えた値付けが当たり前になってきてもう手が出ません。

今回のボトルはというと、やはり安定のGM系シェリーに、近年のスパニッシュオークでは決して出ないであろう、1960年代オールドシェリー系の華やかさと果実味が調和。50年の熟成を超えてなおくすまない甘みと、決して強すぎない樽感、この辺はバッティングもさることながら加水調整がうまく効いているようです。
今回のようなボトルを飲むと、ああGMだなあと、ある種安心感のようなものさえ感じてしまいます。

っていうか、まだウイスキーブームが本格的に到来していない2010年頃とはいえ、50年オーバーの原酒でそれも加水調整に耐える度数のあるものが多数存在していたということになります。しかも他にリザーブラベルやケルティックシリーズなど、別シリーズでもリリースしていたわけで・・・考えれば考えるほど、とてつもないボトラーズメーカーです。

清里フィールドバレエ 28th イチローズモルト ブレンデッドウイスキー 48%

カテゴリ:
IMG_5015
KIYOSATO FIELD BALLET
28th Anniversary
Ichiro's Malt & Garin Japanese Blended
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★★(7)

香り:熟成感を感じる重みのある香り立ち。キャラメルやチョコチップクッキー、ナッツ、杏ジャムの酸味、ハーブの爽やかさ・・・まるで熟成庫の中にいるような多層的なアロマ。時間経過でウッディネス、ハーブを思わせるニュアンスが強くなっていく。

味:とろりとコクのある口当たり、黒砂糖、キャラメリゼしたアーモンドや胡桃の甘みとほろ苦さを感じた後、ドライアプリコット、熟成梅酒、落ち着いた甘酸っぱさからじわじわとタンニンが広がっていく。樽感は強いが決してしつこくない。
余韻は柔らかくドライ、酸味を伴うウッディネスとほのかなえぐみ。滑らかに伸びていく。

クラフトウイスキーとして完成度の高いブレンデッド。熟成感は体感30年ほどだが、それを越える古酒、傾向の違う原酒が使われてバランスが取られている印象もある。羽生らしさと重厚感のある香味、余韻にかけてのまとまり、柔らかさに注目したい。
加水すると飲み口はさらに柔らかく、樽感もおだやかになってポジティブな変化が見られる一方、甘みや果実味が多少犠牲になる。チェイサー片手にストレートで楽しみたい。
IMG_5031

清里、萌木の村で毎年夏に開催されているバレエの野外公演、清里フィールドバレエ。今まさに28年目の公演が行われている最中であり、今年もその公演を記念したウイスキーがリリースされました。

記念ウイスキーのリリースは3年前の25周年から始まり、今作のブレンダーは26周年、27周年に引き続きイチローズモルトの肥土伊知郎氏。
閉鎖蒸留所である羽生蒸留所のモルト原酒と川崎蒸留所のグレーンを使ったブレンデッドウイスキーで、どちらも原酒のストックが非常に少なくなり、もうリリースできないのではないか。。。という話も囁かれる中。貴重な原酒を使ったリリースを継続しているのは、イチローズモルトと萌木の村との結びつきの強さを感じます。

今回のリリース、純粋にブレンデッドとして26周年、27周年以上によく出来ている1本だと思います。
これまでのイチローズモルトによる2作、26周年は長期熟成グレーンのバニラ系のニュアンスが強く、27周年はモルト、樽が強く出て荒々しさも残る構成。
そして今年の28周年は、長期熟成モルトとグレーンがバランス良く調和、これまでと傾向が異なり濃厚でコクがありながら、ともすればしつこくなりがちな味わいが余韻にかけて穏やかにまとまる。
観劇が終幕することへの一抹の寂しさと、後に残るウッディネスがじんじんと興奮の名残のごとく感じられるのです。

勿論、同じ★7評価の中でもこれ以上に綺麗で華やかで、そしてスムーズなブレンデッドウイスキーが他に無いわけではありません。ネガティブな要素も少なからずあります。
ただ、今回のボトルはクラフトやジャパニーズの「らしさ」を備えつつ、多層的な香味として高いレベルでまとまっている点が素直に良さとして感じられるのです。
ウイスキーは時間と環境が育てるものだということを再認識した1杯でした。

IMG_5024

この2017年、萌木の村からはこれで3本もの記念ウイスキーがリリースされたことになりました。
ポールラッシュ生誕120周年のシングルモルトとメーカーズマークがそれぞれ4月と7月に。そしてこのフィールドバレエが8月に。タイミングもあるとは言え凄いペースです。
オーナーであり企画人でもある舩木氏は「清里の奇跡」と表現していましたが、願うだけで奇跡は起きないわけで、きっと様々な苦労や調整があったのだと思います。

清里フィールドバレエ記念ボトルは、サントリーが手掛けた25周年ボトルの、美しく華やかな味わいに始まったストーリーが、中間から後半は様々な動きと伏線が絡まる重々しい内容となり、今年のそれは起承転結で言うフィニッシュ、フィナーレとしてぴったりな内容でした。
順を追うならこの後はカーテンコール・・・。来年はどういったリリースが行われるのか、今から楽しみです。

ティーニニック 43年 1973-2017 パーフェクトドラム 48.8% リンブルグウイスキーフェア向け

カテゴリ:
IMG_4406
TEANINICH 
THE PERFECT DRAM 
WHISKY AGENCY 
Aged 43 years 
Distilled 1973 
Bottled 2017 
Cask type EX-Sherry Butt 
700ml 48.8% 

グラス:サントリーテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(BAR GOSSE)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:チェリー、枝付きレーズンあるいは黒葡萄、林檎のカラメル煮を思わせる華やかでフルーティーなシェリー香。やややドライ、徐々に渋みを感じるウッディネス、キャラメルコーティングしたアーモンドナッツのアクセント。

味:フルーティーでオーキーな華やかさが口当たりから広がる。レーズン、ドライマンゴー、シナモンアップルパイ。ハイトーン気味でヒリヒリとした飲み口の硬さもあるが、ボディはしっかりしており、樽香とのバランスは悪くない。
余韻はウッディでドライ。濃く入れた紅茶を思わせるタンニン、ナッティーなオークフレーバー、艶やかで長く続く。

高貴さの漂うフルーティーなシェリー香に、エージェンシーフレーバーとも言えるナッティーなリフィル系のオーク香が合わさって、充実した1本に仕上がっている。口開け直後のテイスティングだったが、過度な硬さは無くうっとりする味わい。加水は水っぽさがあり向かない、ストレートで。


つい先日開催された、リンブルグウイスキーフェア2017向け、ウイスキーエージェンシーからのリリース。何とも目を引くラベルは、同社代表であるカーステン氏の奥様がプロデュースしたとのことです。

ここ最近、ウイスキーエージェンシーからは1970年代前半蒸留となる"スペイサイド名称"の長期熟成モルトが集中的にリリースされています。 
同社はドイツ系ボトラーズメーカー。つまりこのリンブルグ向けは自国向けのリリースということにもなるわけですが、このリリースも最近集中しているスペイサイド・・・かと思いきや、銘柄はまさかのティーニニック。随分マニアックなチョイスだなと感じてしまいました。

こういうボトル、長期熟成リリースが枯渇している昨今においてはもっと注目されるべきと思うものの、ここまで短期間だとありがたみが無くなっていく不思議。味わい的にもテイスティングに書いたように、"エージェンシー味"と言える独特の樽感があって、だいたいその系統なのも一役買っているようです。
直近では信濃屋のNAGOMI、山岡氏がリリースに関わったスペイサイドリュージョン、海外のBARのプライベートボトリング・・・これらは一説にはグレンファークラスとも言われており、樽はリフィルシェリーホグスヘッドタイプだろうというオーク系の華やかな香味、長期熟成ゆえにややボディが硬く、ドライな味わいが共通するところです。 

このティーニニックも"そんな感じ"かと思っていたわけですが、共通するフルーティーさこそあれど、香りの段階からひきつけられる要素がいくつかあり。加えて近年中々見ることの無い、澱みの無いシェリー香は「間違いない」という確信に近い予感が沸き起こる。思わず口角が上がってしまいます。
   
ティーニニックの中ではかなり旨いリリースである一方、"らしさ"は開封時点ではほぼ皆無。目を瞑って飲むと「またスペイサイド出してきた?」と思ってしまうかもしれません。
それでも約49%の度数とボディが樽感を支え、樽しゃぶり系になりつつある長期熟成モルトとは一線を画している仕上がりに、エージェーンシーの自国向けボトルとしての本気を感じます。
また、最近増えたスパニッシュのコテコテシェリーボトルとは異なる、長期熟成によってこそ作られる華やかでよどみの無いフルーティーさが、懐かしくも、そして嬉しくもある1杯でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×