カテゴリ

カテゴリ:★6

クライヌリッシュ 14年 花と動物 43%

カテゴリ:
CLYNELISH
Single Highland Malt Whisky
Years 14 Old
1990-2000's
700ml 43%

グラス;木村硝子テイスティンググラス
場所;BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くワクシーな麦芽香、おしろい、すりおろしたリンゴや洋梨、軽やかな香ばしさとほのかに尾行を刺激するスパイシーな刺激。奥からドライでオーキーな華やかなアロマも開いてくる。

味:まろやかな口当たり。ワクシーで麦の芯を思わせる甘み、微かな植物感、バニラ、じわじわとオークフレーバーが広がり、洋梨などに通じる果実味も感じられる。
余韻は淡いピートがほろ苦く、ナッツや麦芽風味主体で長く続く。

甘い麦芽風味、独特のワクシーさ、程よい厚みのあるボディはミスタークライヌリッシュという味わい。樽香はバランスよく、酒質部分が主導の中で後からアクセントとして開いてくる。もはや加水は必要なく、ストレートで楽しみたい。


通称「花と動物」のクライヌリッシュ。UD時代から飲まれている人にとっては、特に懐かしいボトルだと思います。
もはやお約束レベルなのでさくっと流しますが、花と動物シリーズは、UD社(現ディアジオの前身となる企業)が保有する蒸留所の原酒を、シングルモルトとしてリリースしたもの。ラベルにはその蒸留所と関わりの深い、花や動物の絵が描かれていて、クライヌリッシュは山猫です。

蒸留所の親会社がリリースしたボトルであるため、半ばオフィシャルという位置付けとなっており、この上位グレードには、UDレアモルトシリーズが展開されていました。
花と動物シリーズは、トータルで20種類以上リリースされていたと記憶していますが、足並み揃って20種類ではなく、アバフェルディのように蒸留所が他社に売却されたりして販売されなくなったもの。あるいは別シリーズ展開のためにリリースを休止したものや、逆に近年までリリースが続いていた物などがありました。

今回のクラヌリッシュは2000年代前半、花と動物シリーズ発売から割と早期に生産が休止されており、動シリーズの中ではレアなボトルに入ります。他にレアなところはアバフェルディやカリラですかね。
ただ、その代わりなのかヒドゥンモルトシリーズとして同時期にオフィシャルのクライヌリッシュ14年が発売され、その後はマイナーチェンジを繰り返しながら今日に至っています。

(クライヌリッシュはシングルモルトを嗜むなら抑えておきたい蒸留所の一つ。ボトラーズリリースが多いだけでなく、ジョニーウォーカーを構成する主要原酒の一つでもある。Photo by K67)

オフィシャルとの比較では、一時期は花と動物が圧倒的で、今飲んでも「まさにクライヌリッシュ」という麦芽風味やワクシーな味わいが好印象なボトル。
なぜこのような味わいになるかは諸説ありますは、ファンの間で最有力な話が「ポットスチルのラインアーム部分を洗浄していないため」という話。
鰻のタレ、あるいはくさやか、ファンが多い蒸留所である一方で、人によってはその経緯から受け付けないという方もいたりします。

一時期のオフィシャルはこの要素が薄くなり、ドライでスパイシーな傾向にシフトしていたものの、昨年あたりでオフィシャル14年がひっそりと「美味しく」なり、あの味わいが戻ってきました。
飲み比べをしても面白そうだと感じています。



ジョニーウォーカー グリーンラベル 15年 48% 台湾限定品

カテゴリ:
IMG_5293
JOHNNIE WALKER
GREEN LABEL
Blended Malt Scotch Whisky
Aged 15 years
TAIWAN LIMITED EDITION 
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:ほのかに青みを帯びたアロマ。スワリングすると干し草、ナッツ、オークの華やかさとバニラや洋梨の甘み、微かなスモーキーさ。時間経過で華やかでドライなオーク香が強くなってくる。

味:しっかりとしたモルティーな甘みと、ややドライなオークフレーバー。香り同様の構成で、干し草、ナッツ、洋梨、薄めた蜂蜜。余韻にかけて微かに酸味のある樽香、ピートが染み込むように残る。ピリピリとした刺激が心地よい。

華やかなオークの香味が主体的で、モルティーな香味、ピートフレーバーも備わって多彩。度数に対してややボディは軽いものの、少量加水程度であれば香りに麦芽香が開き、味わいもまろやかで蜂蜜系の甘みが広がる。
ハイボールは爽やかゴクゴク系。ロック、水割り、どのような飲み方にも対応するが、全般的にボディが軽いハイランドモルトのそれを飲んでいるようで、少々物足りなさも。
IMG_5298

2012年に一時終売、2016年に流通が再開されたジョニーウォーカー・グリーンラベル。
どんな事情なのか、同ボトルは台湾では2012年以降も販売が続いていただけでなく、ラベルチェンジ後は今回の台湾限定品もリリースされていました。
このボトルについては通常品の度数増しなんて話もあって、それを真に受けていたところもあったのですが、飲んでびっくり、レシピからして違うように感じます。

テイスティングの通り、華やかな樽感が強く、よりハイランド・スペイサイド的な系統を強く感じる仕上がり。公式に挙げられているキーモルトの中で言えば、リンクウッド、クラガンモアでしょうか。特にリンクウッドっぽさは、トップノートで感じやすい気がします。
そのためか、通常のジョニーウォーカーに見られる、使い古したサードフィルあたりの樽由来か特定原酒由来か、えぐみや苦味のような香味が控えめで、上質な印象を受けるのです。

ハイボールにするなら樽香以外の要素とバランスが取れる通常品のほうが個人的に好みでしたが、そこも好みの問題というレベル。少なくとも台湾限定品のほうがストレートで飲んでいて、楽しくあるボトルです。
隣の芝生は青い。。。のかもしれませんが、近年の台湾市場の拡充ぶりは、ちょっとした嫉妬を覚えてしまいます。
どこか日本にも並行品で入れてくれませんかねぇ(チラッ。


このボトル、ウイスキー仲間から昨年お土産としていただいていたのですが、どうせなら本人含めメンバーが揃う集まりとかで開封しようと、その時は酒棚の中へ・・・そこから1年、中々タイミングが合わず、流石に飲まないと申し訳ないなと開封してみました。
価格的に通常のジョニーウォーカー・グリーンラベルと変わらないそうで、それでいて中身はさらに万人ウケするであろう華やかで飲みやすい味わい。これなら台湾旅行のお土産にしても喜ばれそうです。

グレンモーレンジ タグタ TAGHTA カスクマスターズ 46%

カテゴリ:
GLENMORANGIE
The TAGHTA
Cask Masters Selection 2014
No Aged
700ml 46%

グラス:グレンケアンテイスティンググラス
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:シェリーオークの甘いアロマ。バニラシロップ、サルタナレーズンやプルーン、徐々に乾いた草、アメリカンオークのウッディーな香りも感じられる。

味:香り同様粘性のあるとコクのあるシェリーオーク、ビスケットや焼き芋っぽい甘みと香ばしさ、ドライプルーン、舌の上からのしかかってくるよう。
余韻は徐々にウッディでドライ、少し焦げ感と干し草を思わせるニュアンスが感じられる。

とろりとしたシェリーオーク系の甘いニュアンスが主体的でわかりやすい味わい。香味のそれは近年系で、また味の後半にかけては違う樽のキャラクターも感じられ、フィニッシュらしい大味な構成。開封後の時間経過で一体感がさらに出てくれば面白い。


グレンモーレンジが2013年、いつの間にか開催していたファン投票で、ネーミング、ラベル、樽などのスペック、所謂コンセプトが決められたという1本。
TAGHTAはゲール語で「選ばれた者」という意味で、グレンモーレンジのお家芸とも言えるフィニッシュはバーボン樽熟成の後、マンサニージャ・シェリーカスクにて。

選考経緯を調べると、グレンモーレンジオリジナルをベースに3タイプのフィニッシュ(グランクリュ・バーガンディー、グランクリュ・ボルドー、そしてマンサニージャ・シェリー)が作られ、シドニーのSMWSメンバーによるテイスティングの結果選ばれたのが今回のリリース、マンサニージャ・シェリーカスクフィニッシュだったのだとか。
それが2014年の発売から約3年後の今になって、日本正規品の流通が開始されていた訳です。

そう言えば昔「モレンジでこんなコンテストやるみたい」なんて話を聞いた記憶があったような無かったような。。。あれは発売後の話だったか、あまり興味がなかったのでうろ覚えです。 
グレンリベットでも同じようなことしていましたね。ネットの普及でユーザー参加型の企画はやりやすくなりましたから、どんどんやって欲しいなと思います。
もっとも、この手の企画で選ばれるのはシェリーカスクやピーテッドが多そうですが。。。


それにしても日本正規品が本国から数ヶ月から1年程度遅れるのは割と良くあることですが、限定品で3年、これはかなりの遅延です。
ボトラーズリリースでは協会の審査通すのに時間がかかったりで1年以上遅れるのはよくありますが、ひょっとして海外でそこまで人気出なかった?とか勘ぐってしまいます。

なんてどうでもいいこと書きなぐってますが、実際テイスティングした際は、上記背景は把握しておらず、またニューリリース出したのかとか思っていた程度。スペックも含めて完璧に後付けですw
その分、先入観なくテイスティング出来たとも言えるわけですが、ほのかな酸味を伴う近年系シェリー感がしっかりと、そこにオーク由来の甘みとウッディネスが混じる。良く言えばわかりやすい仕上がりで、一定の評価はされるだろう、そこまで悪くはない構成です。

ただ、メーカーPRにあった「塩味」はコクっぽい感じはあったものの、元々感じ取るのが苦手な香味なので、正直よくわかりませんでした。
素性が分かった上でもう一度飲んだら、響くものがあるのかもしれません。

オルトモア 20年 1997-2017 ウイスキーギャラリー 50%

カテゴリ:
AULTMORE
Whisky gallery
Aged 20 years
Distilled 1997
Bottled 2017
Cask type Hogshead
700ml 50%

グラス:サントリーテイスティンググラス
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@Gosse
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:軽く華やかなオーク香、バニラや皮付きの洋梨、草っぽさ、微かにハーブを思わせるニュアンス。

味:オーキーでドライだが徐々に柔らかいコクを感じる。干し草、薄めた蜂蜜、淡くドライファイバーパイナップル。
余韻は華やかでスパイシー。乾いた木材、ほろ苦い麦芽風味に程よい雑味を伴うコクがアクセントとなっている。

所謂オークフレーバーと草っぽさが主体的、酒質はプレーンで主張は強くないものの、樽由来の甘みやコク、淡いフルーティーさがあってバランス良く飲み飽きないモルトに仕上がっている。しみじみ旨い、通好みな1本。


ウィスクイーがリリースするシリーズラベル、ウイスキーギャラリーの第一弾。
ウイスキーは、樽熟成によって無色透明の原酒に様々な色合いと香味がつくことから、無地のキャンパスから描かれる1枚の絵画に見立て、リリースしていくのが同シリーズのコンセプトなのだとか。

記念すべき第1作の中身に選ばれたオルトモアは、あまり個性の強くないスペイサイドモルト。うまく熟成させられていれば麦芽系のニュアンスやコクが残るものの、文字通り樽主体な味わいのボトルは少なくありません。
とするならば、今回の中身とラベルの絵がどのようにリンクしているのかは気になるところで、ラベルを選定した方の意見も聞いて見たいと感じます。
個人的な意見を言えば、草っぽさは感じますが、こんな鬱蒼として暗い感じの味ではなく、もう少し晴れやかで爽やかな味わいだと思うんですよね。。。 

とまあ文句を言うわけじゃないんですが、ラベルに対する疑問はさておき、中身は中々旨いオルトモアです。
ホグスヘッドの過度なウッディさのない華やかな甘みは程よく。余韻にかけての雑味と言いますか、近年のスペイサイドにありがちな、乾いたようなウッディさとドライで軽い感じではなく、麦芽風味にコクもあって飲みあきにくい構成のモルトに仕上がっています。

かつてブレンダーからその酒質を評価され、今でもデュワーズを中心として構成原酒の重要な役割を果たすモルト。
今回のボトルは現行オフィシャル系統の味わいとも感じますので、現行品を飲んで気に入られた方は、BAR等で試して見ても良いと思います。

アプルヴァル キュヴェ グスターヴ (40年以上) 41%

カテゴリ:
IMG_5278
APREVAL
CUVEE GUSTAVE
Over 40 yeras
2015's
700ml 41%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後半年程度
参考評価:★★★★★★(6)

香り:角の取れた酸味を伴う艶やかな熟成香。熟した林檎、杏子、少しのはちみつ梅、ジャムやメープルシロップを思わせる甘み。時間経過で微かにオークの華やかさやハーブ香。湿り気を帯びたウッディネスも漂ってくる。

味:甘酸っぱく果実味豊かな口当たり。リンゴのコンポート、すもも、あるいは熟しきってない黄桃。ねっとりとした粘性のある甘酸っぱさからビターチョコレートを思わせる苦味へと繋がる。
余韻はドライでウッディなえぐみ、タンニン、鼻腔にシードルを思わせる少し発酵したような林檎の香りが広がる。

林檎を中心にしっかりと果実の要素があり、穏やかな酸味を伴う香味は流石の構成。香り立ち、口内での広がりは長期熟成だからこその風格がある。一方で余韻にかけて感じられるえぐみ、渋みも相応にあり、好みを分ける要素ではある。


信濃屋が直輸入するカルヴァドスの一つ、アプルヴァル。
同銘柄については昨年当ブログでも紹介したところですが、その後ちょっとしたブームもありましたので、普段カルヴァドスは飲まないというウイスキー愛好家の間でも、一定の知名度を確立したのではないかと思います。

今回のテイスティングボトルは、アプルヴァルの通常ラインナップでハイエンドに位置付けられている、40年以上熟成した原酒のみで構成したキュベ・グスターブです。
製造元であるマノワール・アプルヴァル社は、創業1889年と1世紀以上の歴史を持つ生産者ですが、カルヴァドスについては1960年頃から生産を本格化。つまりキュベ・グスターブに使われていると思われる1960〜70年代の原酒は、本格参入初期の蒸留に当たる希少なヴィンテージと言えます。

長期熟成ならではのまろやかな酸味。複数樽バッティングゆえ多彩さ、奥行きがあり、ともすれば強めのタンニンに対して潰れてしまいがちな果実味は、華やかで充実しているのがポイント。1200リットルの大樽と通常サイズ(400リットル)の樽を使い分ける熟成方法だからこその香味ででしょうか。
贅沢を言えば、仕上がりが荒いというか20〜30年熟成の原酒とも組み合わせた方が完成度は上がったんじゃないかと思わなくもないですが、長期熟成原酒のみだからこその、時の蓄積を感じる要素を充分味わうことが出来る1本です。

同時期の原酒としては、信濃屋と京都のBARカルヴァドールのジョイントボトルで、1974年のシングルカスクもリリースされていました。
こちらはシングルカスクということで、ボディは軽めでしたが、発散するような林檎の香りは素晴らしく。こうした原酒がキュベ・グスターブを構成していると考えると、その香り立ちや構成はなるほどなと感じるところでもあります。

アプルヴァル社のカルヴァドスは、質の良い生産者がいるとしてカルヴァドールのマスター・高山氏が信濃屋に紹介したことがきっかけとなり、2015年ごろから日本への輸入がスタート。
愛好家を中心にコスパが良いカルヴァドスと評価されてブームの下地はあった中で、昨年末にXO(18年〜24年のバッティング)が爆発的ヒット。保有していた在庫が全て売り切れ、さらに緊急輸入した在庫も売り切れてしまったというのですから、消費者のニーズにマッチした素晴らしいカルヴァドスだったことに疑問の余地はないと言えます。
その後、アプルヴァル社の代表も来日されるなど、日本の代理店との間で良い関係が築けているようです。
今後の展開に注目していきたい、楽しみなブランドです。

このページのトップヘ

見出し画像
×