カテゴリ

カテゴリ:★6

オールドパー 1960年代流通 ティンキャップ 43%

カテゴリ:
IMG_20190328_230751
OLD PARR 
Deluxe Scotch Whisky 
1960's 
760ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:落ち着きがありマイルド。オールブランや黒糖ふ菓子。甘く香ばしいモルティーなアロマから、スモーキーで徐々に土っぽいオールドピートが薫る。

味:マイルドでコクのある口当たり。古典的な麦感と角のとれたピートフレーバーが主体。薄めたカラメルソース、カステラの茶色い部分、少し焦げたチョコレートクッキー、微かに溜まり醤油的な古酒感もあり、深みのある甘さとほろ苦さ。
余韻はビターで内陸系のピーティーさ。染み込むように長く続く。

時代を感じさせる古典的なハイランドモルトの麦芽風味と内陸系のピートフレーバーに、樽由来の甘味のオーソドックスな味わいが特徴。このボトルのキャップの汚染度合いは10段階で2~3といったところ、今後半年から1年程度で香味が開けば、よりオールド本来の味わいが楽しめるはず。

IMG_20190328_230845

1916年から日本に輸出されていた記録が残っているオールドパー。今回の流通時期である1960年代には、著名人が愛飲していたことなどから、ギフトとして需要があったとされる銘柄です。
世界一長寿だったとされるトーマスパー氏のエピソード、斜めに立つボトルデザインなどの験担ぎが、当時の政治家などの上流階級にヒットしたようです。1971年に洋酒輸入自由化が行われると、わずか2年後の1973年には、オールドパーを中心に取り扱う正規代理店オールドパー株式会社が設立されたことからも、その人気が伺えます。

当時は味で評価されたわけではなかったとする意見もありますが、キャップ臭の影響が少ない個体に当たれば、キーモルトのひとつであるグレンダランを思わせる厚みや香ばしさのあるモルティーさとピートフレーバーが備わっていて、派手さはないもののオーソドックスな美味しいブレンデッドに仕上がっています。
今回のテイスティングでも、その系統のフレーバーが感じられ、しみじみと飲み進めることができました。

35c86cfe
8963ecbb
(オールドパーの1970年代前半流通(写真上)と、1970年代後半から1980年代前半流通品(写真下)。デザインの違いはキャップシールがわかりやすい。また、1980年代中頃以降は熟成年数として12年表記が入る。)

オールドパーは元々アジア地域への輸出でヒットしたブランドだったため、同じ1980年代以前のものでも、特級表記のないものが個人購入品として数多く日本に入ってきています。
流通時期によるデザインの違いは上記の通り。味は1980年代のほうがグレーン由来の甘味が強く、ピートフレーバーも控えめになって少しべたつくような感じを受けます。

一方で、1970年代前半のものは、1960年代ティンキャップ時代と大差なく、上記のとおりグレンダランの特徴が主体。
1950年代に入ると、カラメルっぽさより純粋に麦芽系の風味が強く感じられるようになり、これは非常に美味しいのですが・・・この時代のオールドパーはキャップの汚染を考えるとまず当たりがでないため、BAR等で状態の問題ない(あるいは妥協できる)レベルのものがあれば、是非テイスティングしたい1本です。

グレンドロナック 15年 リバイバル 2019年リリース 46%

カテゴリ:
IMG_20190330_201330
GLENDRONACH 
REVIVAL 
Aged 15 years 
Cask type  PX and Oloroso sherry 
2018-2019's 
700ml 46% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:BAR LIVET
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:おがくずのようなウッディネス、干し草やジンジャー等のスパイス香、ブラウンシュガーの甘みと合わせて、徐々にプルーンやオレンジなどのドライフルーツを思わせるシーズニングシェリーのアロマ。

味:やや草っぽさとリコリス、ビターなウッディネスが粘性を伴って広がる。続いて色の濃いはちみつ、オランジェット、プルーンのドライフルーツの甘味もあり、杯を重ねるごとに存在感が増す。
余韻はウッディで、カカオのようなタンニンと合わせて奥にはオーキーさも多少あり、アプリコットのようなフルーティーさも潜んでいる。

アメリカンオークのシーズニングだろうか。最初は草っぽいウッディさが強く、ビターで好意的ではない要素もあって思わず身構えてしまう。しかし飲んでいくと気にならなく、むしろシェリー樽由来の粘性や甘味、ドライフルーツを思わせる要素が馴染んでくる。何口かゆっくり馴染ませて良さを引き出したい。

IMG_20190330_201401

グレンドロナック15年再復活。2015年に終売となったグレンドロナック15年が、2018年の9月頃から順次リリースを再開。今年に入ってアサヒビール取り扱いの正規品も日本に入ってきました。
グレンドロナック12年から21年のオフィシャルラインナップは、シェリーカスク由来の濃厚な味わいでファンが多く、愛好家にとっては待ち望んだ出来事、明るいニュースです。

終売になった経緯は、グレンドロナックの操業期間にあったと考えられています。
同蒸留所は1996年から2002年の間操業を休止していたため、該当する原酒が不足。結果、15年リヴァイバルは2012年以降いつ終売になってもおかしくなかったのですが、むしろよく2015年まで販売を続けたなという状況でした。なんせ15年表記なのに一番若い原酒で18年相当の熟成年数という、おかしなことになってしまうのですから。
(同じ理由で終売されるのではと予想された18年アラダイスは、販売を継続して今日に至っているので、18年のリリース継続のため原酒をセーブしたのかもしれません。)


さて、新たにリリースされたグレンドロナック15年は「リバイバル」の名称そのまま、ラベルデザインも終売前のものを踏襲していますが、よく見るとAGED 15 YEARS表記の下に書かれた説明文が2015年以前のものと異なっています。
※旧ラベルのまま新ロットを販売しているサイトも散見されるので、注文の際は注意。

IMG_20190403_181203
(画像引用:グレンドロナック15年リバイバル旧ラベル)

旧)EXCLUSIVELY MATURED IN THE FINEST SPANISH OLOROSO SHERRY CASKS
新)MATURED IN THE FINEST PEDRO XIMENES & OLOROSO SHERRY CASKS FROM SPAIN

新しいリバイバルは、スペインで製造(あるいは調達された)PXとオロロソシェリー樽を用いた熟成と読める表記ですが、旧リバイバルのように、100%スパニッシュシェリー樽であるかは指定がありません。
PXとオロロソを用いるバッティングは、グレンドロナック12年でも採用されており、その世代の樽が15年で使えるようになってきたこと。加えて、シーズニングシェリーカスクは近年アメリカンホワイトオークの割合が増えているそうで、表記の違いにはこうした背景もあるのだと考えられます。

味のほうは、一口目が植物感というか苦味というか、シェリー樽由来のあまり良くない要素が感じられて「おや?」と思う一方で、続いてくる良い部分が口内に馴染んで行き、何口か飲んでいくとむしろ良さのほうがメインに感じられる点はポイント。これは旧15年にはなかった特徴です。
製造方法も一部変わった再稼働後の原酒、新しい世代のグレンドロナックであり、酒質や樽で当然変化はあります。それを上手く活用して、スタンダードラインナップを復活させた。
樽で苦労してるとは思いますが、歓迎すべきリリースなのです。


ノッカンドゥ 21年 1990年蒸留 マスターリザーブ新ラベル 43%

カテゴリ:
IMG_20190328_011132
KNOCKANDO 
AGED 21 YEARS 
Master Reserve 
Distilled 1990 
700ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1年程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーで干し草を思わせるウッディなニュアンス。おしろいっぽさのある麦芽香、微かに青みがかった甘みは瓜や青林檎。スワリングすると薄めたはちみつを思わせる甘い熟成香も伴う。

味:口当たりはスムーズで少し水っぽいが、麦芽風味とナッツ、徐々にドライで乾いた木材を思わせるほろ苦いウッディネス。厚みはそれほどでもなくややライト寄りで、樽由来の要素が強め。
余韻はドライで干し草やオレンジピール、香り同様若干の青さ、微かに内陸のピートも伴う。

樽の関係かトップノートや含み香に若干の青さを感じるが、それ以外はベースの麦感に、オーキーなウッディネスとフルーティーさが加わって、複雑さがありつつ安定して旨い内陸系モルト。

IMG_20190328_012020

一般的には無名だが、コアな愛好家からは評価されることの多いノッカンドゥ。J&Bの構成原酒。。。というのは現行品がアレなのであまり良い印象はないのですが、オフィシャル18年や21年は、それ以下の年数に感じられる若いニュアンスが熟成を経て穏やかになり、樽由来の甘味と華やかさなど複数の香味と合わさってバランスがとれてくる。まさに飲み頃なボトルという印象です。

元々ノッカンドゥのオフィシャルリリースは、熟成年数を表記せずピークを迎えた原酒を同じ蒸留年の中からバッティングしてリリースするという方針をとっていました。
その後、2000年代あたりから、12年、21年といった他社と同じ区分に統一してリリースが行われるようになりましたが、蒸留年表記はそのまま残って現在に至ります。(もっとも、熟成年数が表記される前も、リリースの区分は若いタイプが10~13年前後、長熟が20年前後と、大きな違いはなかったようですが。)

オールドと現行品の違いは、まず酒質由来のフルーティーさ、ボディの厚みにあります。昔の方が明らかにこの要素が強いですね。今回のラベルデザインは2011~12年頃にリニューアルされたものですが、旧ラベル時代に比べて香味にドライな要素や、青みがかったニュアンスが出てきており、それは直近日本で流通する新しいビンテージのものでも同様です。

e408d5bb
(旧ラベルで同じ1990年蒸留表記のマスターリザーブ。色合いから違っており、直接比較は出来てないが、傾向は同じであるものの、味わいにある甘味、ボディの厚みから異なっているように感じられた。)

21年の樽構成比率は、シェリー樽が10%、残りはバーボン樽とのこと。この手の青みがかった風味はリフィルのシェリーバットで熟成されたモルトに感じることが多く、使われているシェリー樽の系統、あるいはリフィルとファーストフィルの比率が変わった結果ではないかと推察します。
以前ほどの良さはないですが、このクオリティで1万円以内は近年の市場では充分な出来。家でじっくり飲むには申し分ない1本だと思います。

バランタイン 21年 ヨーロピアンオークエディション 40%

カテゴリ:
IMG_20190307_203300
BALLANTINES 
AGED 21 YEARS 
SIGNATURE OAK EDITION 
European Oak 
700ml 40% 

グラス:サントリーテイスティング
時期:開封後1ヵ月程度
場所:日比谷BAR
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:シーズニングシェリー系統の黒蜜やドライプルーン、湿ったウッディネス。時間経過で乾いた草や穀物など、奥に潜んでいた要素も感じられる。

味:スウィートで徐々にドライさを帯びる口当たり。ほのかな古酒感があり、黒砂糖、ドライプルーンやチョコウェハース、干し草のようなウッディさが後半にかけて感じられる。中間はやや単調気味だが余韻にかけてしっかりとスパイシーで程よいタンニンを伴う。

黒蜜系で圧殺にならない程よい濃さ、バランスのいいシェリー感が備わっている。ただし時間経過でシェリー感が抜けて乾いた草やグレーン感が顔を出す。また、少しオレンジ系のニュアンスも。序盤は★6台なのだが。。。
少量加水で刺激が和らぎバランスは多少整うが、これならストレートでも変わらない。

IMG_20190307_203412

バランタインから免税店向けにリリースされた、一つの樽の個性を際立たせたブレンデッド、シグネチャーオークエディション。
アメリカンホワイトオーク樽、ヨーロピアンオーク樽のものがそれぞれリリースされており、今回はヨーロピアンオークエディションをレビューします。

先日レビューしたアメリカンオークエディション(バーボン樽)は、オーキーなフレーバーが構成原酒に馴染みやすく、熟成期間もちょうどいい時期に当たる原酒が使えます。実際、らしいフルーティーさが備わっていて、美味しくバランスの良いブレンデッドでした。

一方で、このヨーロピアンオーク(メーカー情報ではシェリー樽)は、どこまで樽を効かせるか、加減が難しかったのではないかと推察します。
というのも20年程度の熟成なら、酒質部分のキャラクターが残りやすいバーボン樽に比べ、シェリー樽は文字通り酒質由来の香味を圧殺する恐れがあります。
真っ黒なバランタインも飲んでみたくはありますが、それはもはやバランタインなのかという疑問。逆に薄すぎると他の原酒の個性に負けてしまい、コンセプトに反するブレンドになってしまうのです。

その視点で今回のブレンドを見てみると、シェリー感は適度。通常のバランタイン21年に比べて黒糖系の甘味やダークフルーツの香味の備わったリッチな構成でありつつ、ハイランドモルトを軸にしたブレンデッドであることも感じられる。バランスの良い味わいに仕上がっています。
ただ惜しむらくは、樽由来の香味と酒質の軽くなったところが加水とチルフィルで整地され、単調さというか中途半端な印象も持ってしまうこと・・・ですね。
決して不味くはないのですが、この組み合わせの限界も見たように思います。

IMG_20190307_203053


以下、ウイスキーとほとんど関係ないスマホ雑談。
昨日HUAWEI社のスマートフォン最新モデル、P30シリーズが発表されました。
このシリーズはカメラ性能を最大の売りにしており、現在発売されているP20ですら下手なコンデジを凌駕して、全スマホ中最高レベルのカメラ性能と言われていたのですが。。。

新たに発表されたP30は、コンデジを凌駕っていうか、もはや駆逐しに来ましたね。そのまま一眼レフの領域まで踏み込んでいく勢い。
なんすか、ISO409600って(笑)。お馴染みのライカレンズのカメラは、メインが光学手ぶれ補正付きでf/1.6。ボトル撮影で活躍する望遠は光学5倍デジタル50倍ズームのf/2.4。イメージセンサのサイズは前作同様に1/1.7ですが、光を取り込む独自の工夫がマシマシ。
これってつまり、ハイエンドコンデジに最新のAI補正機能やらがついてポケットにすっぽり入るようなもんですよ。
手持ちで月が撮れるとか、その気になれば天の川まで撮れるとか、暗所に強いってレベルじゃない。ファーウェイまじハンパないって。

st52693_hu-01
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1903/27/news056.html

なぜこのニュースに食いついてるかというと、自分が現行機種であるP20ユーザーであるため。
使っていたコンデジが古かったので、買い換えるか兼用狙いでスマホをカメラ重視にするか検討し、2月からP20(無印)に機種変したところ。使ってびっくり、暗いBARでもそれなりに奥行きや質感が出て、手軽に綺麗な写真が撮れてしまう。今やブログの写真は全部スマホ撮影です。
オーセンティックなお店でカメラ撮影って、許可してもらってても少々憚られるものですから、さっと出してフラッシュ無しですぐ撮れて、それでいて綺麗って、SNSやブログユーザー的には凄い付加価値だと思うんですよね。

なお、HUAWEIのスマートフォンには”余計なものが見つかった”なんて報道があって、警戒している方もいると思いますが、以下のレポートにあるように、そんなものは存在しないと思います。
クラウド上のデータは、確かに中国というお国柄、国の要請で参照される可能性はありますが、それはアメリカとて同じこと。一般人が個人用途で使う分には、何ら問題はないわけです。

製品分解で探るアジアの新トレンド(34):“余計なもの”って何? 「Mate 20 Pro」の疑惑を晴らす。

明るいところで綺麗に撮れるスマホカメラはいっぱいあります。ただ条件が厳しい暗所に強いカメラを搭載したスマホとなると、他社製品ではiPhoneXsが筆頭ですが、iPhoneは価格が高いのと、P20で同格だったところにP30の発表で一歩先にいかれた感じが。。。
日本での実売想定価格はP30無印で7~8万くらい、Proで10万~。1年くらい経って値下がりしてきたら、今のP20から機種変しようかな。
あぁ、お金ためいなと(笑)。

963 ブレンデッドモルト 17年 ワインウッドリザーブ 46% 福島県南酒販

カテゴリ:
IMG_20190325_081923
963 
BLENDED MALT WHISKY 
AGED 17 YEARS 
WINE WOOD RESERVE  
Release 2019 
Bottled No, 547/634 
700ml 46% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかな香り立ち。トップノートは乳酸系の酸と、人工のオレンジシロップのようなケミカルさ。合わせてフレーバーティーを思わせる甘みとウッディネス。

味:ほのかな粘性とビターな口当たり。カカオをまぶしたバニラ、若い林檎、口内にとどめるとパイナップルシロップのような甘み。
余韻はウッディでドライ、オーキーな華やかさが鼻孔に抜け、ケミカルなフルーティーさと樽由来の渋味が長く残る。

加水が適度に効いて飲み口は柔らかく、ワインカスクらしい張り付くような色濃い甘みはそれほどないが、タンニン、ウッディネスは健在。酒質由来の香味としては、似たキャラクターではベン○ヴィス的な味わいでまとまっている。この一体感、ティースプーンモルトだろうか。

IMG_20190325_081947

意欲的に様々なリリースを行っている、笹の川酒造の関連会社、福島県南酒販のプライベートブランドである963シリーズから、バーボン樽熟成の原酒を国産ワイン樽でフィニッシュした、ワインウッドリザーブのリリースです。

これまで、963の17年熟成ブレンデッドモルトはミズナラ樽フィニッシュが2本リリースされていて、どちらもハイランドタイプで癖の少ない原酒がベース。バーボン樽由来の華やかなオークフレーバーとミズナラ樽のスパイシーさと合わさった、”愛好家に認知されているミズナラフレーバー”を擬似的に構成している面白いリリースでした。
そして今回のワインカスクリザーブも同様にバーボン樽原酒がベース。。。なのですが、バーボン樽由来のオークフレーバーもあるはあるものの、それ以上に所謂ジェネリックトロピカルに該当するケミカルなフルーティーさ、シロップのような甘みが樽由来のビターな味わいのなかで主張していて、原酒の構成からしてこれまでのリリースとは異なっていて少々驚かされました。

ばらつきの無い個性、ケミカルなフルーティーさから、ブレンドを構成している主たる原酒はハイランドモルトの"Bの辺り"と推察。国産原酒でこの系統はまだ無いですね。
ワイン感はワインそのものを思わせる酸味やハーブ系のニュアンスは少なく、コクがある程度。色も写真の通りでうっすら赤みがかった程度であるため、国産ワイン樽といってもワインがそう濃く無いタイプか、あまり長期間使っていない樽だったのかもしれません。

一方で樽材由来のウッディさ、渋味はそこそこ強く、ここはスコットランドでのバーボンバレルによる熟成感と異なるところ。
裏ラベルには「17年バーボンバレルで熟成し、最後にワイン樽で後熟」という説明で17年表記となってますので、ワイン樽の期間が1年未満のように読めますが、それでこの樽感は少々違和感あり。例えばティースプーンモルトの輸入原酒(バーボン樽ベース)を、安積蒸留所で再びバーボン樽に詰め、ワイン樽後熟含めて3~4年単位熟成して仕上げたとかなら。。。熟成感の違いも納得できます。

何れにせよ、このウイスキーに備わったフルーティーさは近年のトレンドのひとつであり、これもまた面白いリリースだと思います。
ここで後熟に使った樽は、また新たな熟成に使えますし、原酒の幅を広げて更なるリリースに繋げていってほしいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×