カテゴリ

カテゴリ:★6

ダフタウン 8年 1970年代流通 40%

カテゴリ:
THE DUFFTOWN-GLENLIVET
OVER 8 YEARS OLD
A DE LUXE MALT SCOTCH WHISKY
1970's
760ml 40%

グラス:
時期:不明
場所:BAR ミズナラカスク (水楢佳寿久)
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしく強い麦芽香。干草、おこしやザラメなどの乾いたニュアンス。時間経過でクッキー、淡くオレンジピール。こなれた甘さと微かな酸味も伴う。

味:古酒っぽさがありながら、エッジの立ったアルコール感と芯のある麦芽風味。おしろいやバニラ、微かにキャラメルソース。ピリピリとした刺激がありつつ、コクのある口当たり。
余韻はやや粘性があるスウィートな麦芽風味から、干草、アーモンドナッツ、ほろ苦く染み込むようにピーティー、長く続く。

こなれて古酒感はあるが、状態が良くしっかりとアルコール感も立っている。麦の厚みも感じられるシングルモルト。
同時期のブレンドに通じるものがある香ばしいモルティーさが最大の特徴。加水するとマイルドでふくよかな麦芽風味がさらに強調される。


ダフタウン蒸留所は1933年にブレンデッドウイスキー・ベルを製造するアーサーベル社の傘下に入り、同社における中核的な蒸留所として稼働してきました。
スコッチの需要が高まった1960年代以降は、1968年、1974年、1979年にそれぞれスチルの増築を行い、2つだったスチルは8つ、また増産に舵を切るのと合わせてフロアモルティングも1968年に廃止し、大規模かつ近代的な蒸留所に生まれ変わっていった歴史があります。

今回のボトルは1970年代中頃の流通で、逆算すると蒸留された時期は近代化前の1960年代。1980年代に流通した同じ8年熟成と比べると、スウィートな麦芽風味は同様でも香ばしさも強く、若い原酒故に複雑さはそこまでないですが、40%加水とは思えないほどしっかりした酒質であることが感じられます。
時期的にゼファーからゴールデンプロミスに切り替わった麦芽品種に加え、上記の蒸留設備の違いも少なからず影響しているのでしょう。

(1980年代流通のダフタウン8年。流通先によってか、40%、43%、46%仕様のものがある。柔らかくスウィートな麦芽風味が主体で、穏やかな構成。素性の良さが感じられる。)

なお、今回のボトルを飲んで真っ先にイメージしたのは、同じ原酒が使われていたとされるオールドのベルでした。
当たり前の話と言えばそうなのですが、乾燥した麦系の風味、干草っぽさやおこし系の甘味など、面白いくらい共通項があるのです。
では、現代のベルに限らず現代のスタンダードブレンドを飲んで構成原酒がどうこう言えるかというと・・・モノによってはわかりやすい原酒の組み合わせもあるのですが、それを感じるのは中々難しく。やはり原酒の個性が強かった時代は探る楽しみがあるなと、改めて感じた1本でした。

(ベルの1970年代後期から1980年代流通品。良く見ると上のダフタウンにも同じネックタグがつけられており、ベルのブランドを使ってアピールされていた時代の名残も見られる。)

リープフロッグ (ラフロイグ) 12年 1987-1999 マーレイマクデヴィッド 46%

カテゴリ:
Leapfrog-1987-tasting
LEAPFROG
(LAPHROAIG)
Aged 12 years
Distilled 1987
Bottled 1999
Cask type Bourbon
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後2ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしく藁や木材が焦げたようなピーティーさ、乾いた麦芽香にシトラス、尖ったような柑橘感と共に奥にはバニラを思わせる甘いアロマ。

味:しっとりとしたコクのある口当たり。乾いた麦芽、オレンジやグレープフルーツを思わせる柑橘感を伴う強いピーティーさ、鼻腔に抜けるヨードとスモーキーさ。
フィニッシュは薄めた蜂蜜、焦げたようなピートフレーバー、ドライで張り付くようなフィニッシュ。

クリアで少し水っぽさもあるが、経年を経てしっとりとした口当たりであり、バニラと柑橘、ピート主体の香味。少なくともトロピカルフレーバーはない。
ロック、加水等は不要、元々きわどいバランスであり一気に崩れてしまう。


今飲むにはちょうどいいかなと開封した、短熟の1987年蒸留のラフロイグ。確か1999詰めと2000詰めの2種類があり、特段注目されている銘柄というわけでもありませんでしたが(確かウイスキーワールド誌か何かで、ラフの1987が当たり年という説はあったような)、ボトリングから20年経とうかという今見てみると「おっ」と思うスペックですよね。

ここ数年リリースが見られるラフロイグの20〜30年熟成は、オフィシャルを中心に熟成を通じてトロピカル系統の香味が備わっているものが多く、飲み手が求める系統の一つになっていると言えます。
それが何によって得られているのかと言うと、フロアモルティングによるものとする説が一つあります。
ただ、今回のような短熟タイプを飲むと一概にトロピカルな構成とは言い難く。それが備わる下地がフロアモルティングや麦芽由来の香味によって備わっているところに、樽由来の華やかさ、フルーティーさが熟成を通じて混じり合うことで、該当する仕上がりになるのではないかと感じています。

(ここ数年リリースされたオフィシャル長期熟成のラフロイグ・リミテッドの一部。今回のボトルと近いビンテージは1988、1989年蒸留の27年。柑橘のニュアンスに加え、マスカットやトロピカルフルーツに例えられる華やかさが備わっている。)

今回のボトルを上記の整理で見て、現代の長熟のそれと比較すると、フルーティーで華やかなニュアンスに通じる樽感がつく前の原酒を、加水で整えてリリースした形なのだろうという印象も合わせてもちました。
フルーティーさやウッディさがそれほどでもない代わりに、麦芽風味がピートと共に感じられやすく。それでいてただ若いだけではない仕上がり。

ラフロイグが偉大な蒸留所であることに異論はありませんが、こうして当時そこまで注目されていなかったリリースも、今だから見える要素もあり、楽しく美味しくテイスティングさせていただきました。

メインバライル 25年 1993-2018 キングスバリー 43.1%

カテゴリ:
MHAIN BARAILL
Kingsbury
Blended Scotch Whisky
Aged 25 years
Distilled 1993
Cask type Sherry Butt #7
700ml 43.1%

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR LIVET
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:リッチなアロマ。しっかり目の甘さはチョコレートクリーム、ドライプルーン、微かにカカオ。合わせて干草とドライなウッディさ、少しひりつくような刺激も感じられる。

味:香りの濃厚さに反してやや軽さを感じるボディ感だが、味はチョコレートケーキやドライプルーンの濃厚な甘み。土っぽいニュアンスのある植物感、椎茸の出汁っぽさを伴う。余韻は湿ったようなウッディネスと共に、スパイシーで長く続く。

近年系シェリー感主体の濃厚なブレンデッド。ドライな刺激も伴うが甘みもリッチでタンニンもバランスよく、まとまった仕上がりである。少量加水するとバランスが崩れて、香味がバラつく。ストレートで。


キングスバリーがリリースする、シングルビンテージのブレンデッドウイスキー、メインバライルシリーズ。ブレンデッドでありながら、ビンテージ表記ありの熟成年数表記が特徴で、使われた原酒全てが同一年に蒸留されてバッティングされたものという意欲作です。

その構成はぱっと見「面白そうじゃん。」と思うものの、シングルモルトはともかく、ブレンデッドで原酒を同一ビンテージに統一する理由があまりないよなぁ、なんて思ってしまうロマンのない自分の思考回路。
ただメインバライルはゲール語でシングルカスクを意味する言葉。つまりニューメイクの段階でブレンドされたシングルカスクブレンデッドであれば、単一蒸留年度の意味もあり、飲んでみるとこれが中々悪くないのです。
メインバライルは初期リリースである32年も熟成感のある整ったブレンドでしたが、この25年はしっかりシェリー系でありつつ、ブレンドという仕様を活かして価格も抑えられているのが特徴。原酒の使い方に25年熟成でこの価格は、まさにボトラーズリリースという感じですね。

構成原酒はマッカラン、グレンリベット、グレンロセス、ハイランドパーク、ブナハーブン。モルト比率は70%と高く、各蒸留所由来と思しき特徴が端々に感じられます。
例えば干草っぽい感じはロセス、スパイシーな要素はグレンリベット、重みのある要素がマッカラン、土っぽさと若干ヘザー系に通じる植物はハイランドパークかなとか(ブナハーブン?わからんですw)。ただ、それらは長い熟成期間とグレーンとシェリーが繋ぎになって、一体感というか違和感のない仕上がりです。


先日、ロイヤルマイル・ブレンデッドモルトの記事を書いた際、モルト100%の難しさに多少触れましたが、今回のボトルのようなリッチなモルティーさのブレンデッドを飲むと、繋ぎ役となるグレーンの重要さを改めて感じます。
それは例えるならお蕎麦みたいな感じですか。十割蕎麦は香り豊かで美味いは美味いですが、二八蕎麦のほうが少し風味が軽くなるものの、喉越しやまとまりが良くなりやすいのは事実です。
モルトはどうしても主張が強いため、複数使うと馴染まないアタックの強さ、荒さが目立つことがあるんですよね。
それをグレーンが繋いで緩和することが、ブレンドとしてのまとまりの良さに繋がるわけです。

そして質のいいタレ(樽感)があれば文句なし。
今回のシェリー感は濃い目のシーズニングタイプではありますが、少し古酒っぽいニュアンスも感じられ、長期熟成に由来するメリットと思しき要素となっています。
突き抜けて美味いというタイプではありませんが、いずれにせよ冒頭述べたように悪くない仕上がりなのです。
少なくともシェリー系スコッチモルトで代表格で言えば、現行のマッカラン18年を飲むより、満足感は得られると思います。

※メインバライルの素性について、ニューメイクからのブレンデッドではないかとのコメントをいただき、改めて確認したところ該当する説明があり、一部表現を訂正させていただきました。(1/11修正)

クレイモア 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
CLAYMORE
RARE OLD SCOTCH WHISKY
1970's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ややドライな香り立ち。カルメ焼きやブラウンシュガーの甘み、オールブランのような軽い香ばしさとほろ苦さ。微かにスモーキー。

味:マイルドで香ばしい口当たり。麩菓子、乾煎りした麦芽、色の濃い蜂蜜を思わせるコクのある甘みとほろ苦さ。
余韻は軽い刺激と共に、オールドらしい染み込むようなピーティーさを伴う。

意外にしっかりとした熟成感が感じられるだけでなく、ハイランドモルト主体の焙煎麦芽風味な香ばしさが特徴。少々単調だがどこか素朴で懐かしい。当然だが、オールドパーやサンディーマックとも共通する要素と言える。


オールドパーで知られる、DCL傘下のマクドナルド・グリーンレス社がリリースしていた、兄弟銘柄かつスタンダードブランドがクレイモアです。

同社の主要ブランドはオールドパー、サンディーマック、プレジデント、そしてクレイモアの4銘柄。
日本市場には、古くは兼松、その後は1973年に設立されたオールドパー株式会社によって広く展開されていたため、馴染み深い世代の方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
作り手はホワイト&マッカイグループに移るものの、現在もリリースされている長寿なブレンデッドでもあります。

主たる構成原酒はグレンダラン、クラガンモアとされていますが、スタンダード銘柄にどこまでこれらの原酒が活用されていたかは不明なところ。
特に同社の格付けでは、奴は4ブランドの中でも最弱。。。。じゃなかった、最安価格帯の銘柄にあたり、あまり期待していなかったのですが、そこは天下のDCLグループ。ブレンド用のバルクも安定感があり、メインの原酒は8〜10年程度の熟成にバランス用のミドルエイジでしょうか。スタンダードでも中々レベルが高いです。

オールドパーのオールドはご存知の通り金属臭の危険が伴うもの。これなら安全策で古いクレイモアをチョイスするというのも一手であると言えます。
また、最弱と言いつつも、クレイモアブランドからは1980年代後期に30年がリリースされており、ハイグレードがリリースされるほどには市場で評価されていたとも考えられます。


さて、このクレイモアですが、日本のWEBを見ると1977年リリースという情報がちらほら見られます。
一方、クレイモアのオールドボトルを追っていくと、古くは1950〜60年代流通のティンキャップまで確認出来、どうも情報にズレがあると感じます。

一つ仮説立てると、オールドパーやクレイモアら、MG社のブランドを日本に正規輸入すべく設立されたのはオールドパー株式会社ですが、1977年には国内販売部隊として、ロイヤルリカー株式会社が設立されています。
ここでロイヤルリカーの国内販売に関する情報が、なんらかのエビデンスとなってしまったのではないかと推察。実際、1980年代あたりのクレイモア等には、今回のOLD PARR COMPANYではなくロイヤルリカー扱いの表記があるボトルがあり、国内流通品の年代を区別する材料ともなっています。

オールドフォレスター ボンデッド 1980年代流通 50%

カテゴリ:
IMG_8825
OLD FORESTER
BONDED
Kentucky Straight Bourbon Whisky
Aged 4 years
1980's
1000ml 50%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR BRACK HEART
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:香り立ちは軽いセメダイン感や柑橘類の酸味から、メープルシロップやバニラ、メローなウッディネス。合わせてポップコーンなどの軽い穀物感、干草、香ばしさも伴う。

味:口当たりはややドライでパンチがあり、そこにメローで芯のある甘み。チェリーのシロップ漬けと薄めたカラメルソース、ウッディでビターなフィニッシュ。香りで感じられた穀物由来の香ばしさと華やかさが混じり合って鼻腔に抜ける。

15年オーバーの長熟のようなねっとりした味わいではないが、樽感は比較的しっかりついてメローでウッディな要素が主体的。そこにハイプルーフらしく酒質部分にはまだ力強さ、刺激が残っており、甘さの中にしっかりとパンチのある味わいでもある。ロックや少量加水で。

IMG_8826

ウイスキー関連企業の中でも、世界的に大きな勢力の一つであるブラウンフォーマン社が、1860年の創業当時にリリースしたバーボン銘柄がオールドフォレスターです。名前の由来はいくつか説があるようですが、有力なのは医者の名前説でしょうか。まあその辺はぐぐって頂くとして・・・。

当時同社は自前の蒸留所を持っておらず、他社から買い付けた原酒で製品を作っていたようです(他社に先駆けて瓶詰めでウイスキーを販売した、というブランドエピソードに該当する時代)。
その後紆余曲折を経て、禁酒法後に自社蒸留所としてブラウンフォーマン蒸留所をルイヴィルに建設。1980年代まで生産を継続した後、今度はアーリータイムズ蒸留所を買収・改築して原酒の生産をシフト。現在は2018年に新設・稼動したオールドフォレスター蒸留所で、将来に向けて蒸留を行っています。

このブラウンウォーマン蒸留所時代と、アーリータイムズ蒸留所時代の見分け方は、日本向け正規品の場合は特級時代であること。並行品や今回ようなボンデッドの場合は、ラベル下部や裏面ラベルに書かれたロットナンバーで判断します。つまり、「DSP KY 414」がブラウンフォーマン時代。「354」と書かれている場合は、アーリータイムズ時代となる整理です。

アーリータイムズの買収時期と、稼動後に原酒が仕上がるまでの期間等を考えると、原酒の切り替わりは1990年ごろだったと推測されます。
そのため該当するナンバーそのものが書かれていない日本正規品でも、特級時代で末期を除けば、蒸留はまずブラウンフォーマン時代だったと考えられます。
一方、1990年ごろに流通した現地向けのボンデッドを見ると、Distiller 354、Bottler 414という表記もあり、ボトリング設備は引き続き旧蒸留所のものが使われている形式だったようです。

IMG_8813
(バーボンには葉巻と肉料理!この日はバーボンに合わせて料理を注文したのではなく、料理に合わせてマスターがバーボンを開栓。程よく焼きあがった牛ヒレ肉に、オールドフォレスターをハーフロックの要領で1:1の濃いソーダ割り。この「ちょいソー」スタイルが抜群に合う)

オールドフォレスターはライ比率が18%と、ハイライ傾向のマッシュビルに加え、また発酵の時間も長いことから、クリアで華やか、フルーティーな酒質をハウススタイルとPRしています。
では上記414時代と354時代、マッシュビルが同じとしてどちらがそれを好ましい傾向に仕上げているかというと、自分は414時代を推します。
酒質だけでなく樽の違いも考えられるため、蒸留所の違いがもたらす要素が必ずしもとは言い難いですが、コクがあってメローかつ華やかな414時代と異なり、354時代のものは溶剤っぽい要素が強く、スパイシーでドライ。。。

該当する刺激はライらしさと言われればそうなのですが、比率の高さが良い方向に作用していないように思うのです。
オールドフォレスターは昨年から銘柄の名を冠する新しい蒸留所での生産を開始していますが、その原酒がリリースされるのは来年以降。果たしてどのような仕上がりになるのでしょうか。

(トリビア:オールドフォレスターは禁酒法時代でも薬品として販売を継続していたウイスキーの一つ。当時は上記のような許可証が、銘柄毎に発行されていたという。)

以下雑談。 
自分が酒屋めぐりをし始めたのが2009年頃。特級時代のシングルモルトは中々出土せず、むしろ1990年代~2000年ごろのオフィシャル・ボトラーズから選んでいくという感じでしたが、バーボンだけは色々と出土していた時代でした。
良く残ってたなという出会いの記憶と、悔やまれる多くの思い出がある中で、自分の実家近くの酒屋に少なくとも6本あったのが、このオールドフォレスターのボンデッド。ええ、勿論スルーしてしまいましたよ。
これは比較的軽症なほうですが、何で買わなかったかなぁ、という気持ちにさせてくれた今回のテイスティングでした。

このページのトップヘ

見出し画像
×