カテゴリ

カテゴリ:★6

カリラ 2006-2017 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
CAOLILA
Distillers Edition 
Distilled 2006
Bottled 2017
Moscatel Cask Finish
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーでドライな香り立ち、焦げたようにほろ苦く、乾いた麦芽、微かな塩素を思わせるアクセントとほのかにレモンのような柑橘香。

味:マイルドな口当たりから淡いヨード、燻した麦芽や牧草、ほろ苦い風味とコクが染み込むよう。ほのかにレモンキャンディを思わせる酸味もある。
余韻はクリアでピーティー、燃えかすの灰のようなスモーキーさを伴い、長く続く。

シェリーシェリーした樽感はないが、カリラらしいクリアさが余韻にありつつ、後熟による程よい樽感がボディのコクに繋がって、バランス良く楽しめる1本。


ここまで1ヶ月間細々とレビューしてきたMHDのニューリリース、ディスティラーズエディション(DE)2017ラインナップ。そのトリを飾る1本は、個人的に今年のDEを象徴するような樽使いと感じた、甘口のシェリー酒であるモスカテルシェリーのシーズニングカスクでカリラを後熟させた1本です。

カリラはオフィシャル12年が一昨年くらいから出来がいいと話題になり、実際5000円程度という価格帯の中では、優良なリリースであると言えます。
それこそスペシャルリリースのアンピーテッドが非常にわかりやすいわけですが、クリアな酒質を活かすリフィル系の樽構成にピートフレーバーが溶け込む。オールドのそれと比べると麦感や塩気は軽くなりましたが、現行のスタイルとしては方向がはっきりとしているリリースと言えます。


他方、DEはブレ幅が強いというか、カリラのクリアでスモーキーなキャラクターに対し、モスカテルが強すぎるとなんだかわからなくなる、実はバランスが難しい組み合わせなのではないかと感じているところ。
ただ今年のDEは、全般的にシーズニングで用いられたワインの影響がライト寄りになったというか、その香味がアクセント寄りとなったものが多く、物足りなさを感じつつもそれが逆にまとまりの良さに繋がった印象もあります。

中にはタリスカーのように使われたワインではなく、樽材そのものの香味が強く出たものもありましたが、カリラは上記のようにアクセント程度に留まったワイン感がバランスの良さにつながっている。適度な熟成感と合わせてオフィシャル12年と違いはありながら、しかし破綻せず枠の中にある。そんなリリースだと思います。

ブレアソール 23年 1993-2017 スペシャルリリース 58.4%

カテゴリ:
BLAIR ATHOL
Natural Cask Strength
Aged 23 years
Distilled 1993
Bottled 2017
Bottle No,1241/5514
Cask type European Sherry Oak
700ml 58.4%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:Y's Land IAN
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:最初はあまり香りが立たないが、ドライでスパイシーなアロマ。プルーン、黒蜜、ナッツ、少し古酒っぽさを伴う甘みが徐々に感じられ、奥からハーブや林檎のコンポートのようなフルーティさも開いてくる。

味:スムーズでとろみのある口当たり。プルーン、蜂蜜入りのエスプレッソティー、徐々にビターで干草を思わせるウッディネスが感じられる。
余韻はシロップのような甘みが残り、オーキーさからドライなフィニッシュが長く続く。

所謂温かみのある味わい。近年系のシェリー感だが、それは濃厚というほど強くなく、シェリー樽熟成としてバランスの良い範囲にまとまっている。時間で甘みが開くので、じっくりと楽しみたい1本。


スペシャルリリースでは珍しいシェリーオークでの熟成にして、シリーズ初となる同蒸留所のリリース。ブレアソールはオフィシャル扱いである花と動物シリーズがシェリータイプでしたので、この樽使いはそこに合わせてきたのかもしれません。
さながら花と動物の進化版、あるいは真打ち。シェリー樽熟成のウイスキーとしてバランスが良く、ハイプルーフながらまとまりのある味わいは、流石大手の安定感です。

ただ、このリリースは使われたシェリー樽に疑問点があり、今日の更新は蒸留所そっちのけで樽の話に終始します。 
今回のリリースにおいてMHDが配布した資料では、熟成に使われた樽は「元ボデガヨーロピアンオークシェリー樽」との記載があります。
この表記は「ボデガで使われていた樽」と見えそるのですが、その筋の知識がある方なら違和感を感じる表現。それは「元ボデガ」というのが、何を指すのかによって変わってくるのです。


使われていた樽が、"ボデガで「シーズニング」されていた樽"という意図なら、少なくとも表記上の矛盾はありません。(それは近年のウイスキー用シェリーカスクなので、普通にシーズニングと書けばいい話とも思いますが。)
しかし、"製品用シェリー酒を熟成させるソレラで使われていた樽"を用いた、ということなら話は別です。

シェリー酒製造側のプロセスで考えると、ソレラに使われる樽は通常アメリカンホワイトオークです。これは木材の特性からヨーロピアンオーク(スパニッシュオーク)ではシェリー酒そのものへの影響等により、長期間の熟成が困難であるためです。
誤解のないように補足すると、スパニッシュオークはウイスキーに対して良い影響を与える香味成分を持っています。近年ではメーカー側にノウハウが蓄積されて、山崎やグレンファークラス、あるいはカヴァランなどで高い評価を受けるリリースを生み出した実績と、将来的な可能性もある樽材です。
他方、それは近年の話。シェリー樽熟成のウイスキーは、1960年代前後蒸留のものが高く評価されており、この当時どんな素性の樽が使われていたかについて、明確な記録がないことから度々議論となります。

ウイスキー業界では「ボデガではアメリカンホワイトオークが使われていたが、当時ボデガから市場への輸送用の樽にはスパニッシュオークが使われており、それがウイスキー業界に再利用された」「1980年代以降は樽でのシェリー酒輸送が禁止されたため、シーズニングでそれを再現する努力をしている。」とする説明が、裏付けのために使われているところ。まあこれも矛盾点がいくつかあって議論の種ではあるのですが、今回の話とはこれ以上無関係なので話を戻します。


ボデガで商品向けシェリー酒の熟成に使われている樽は、ヨーロピアンオークではなくアメリカンホワイトオークであることは先に触れた通り。
このブレアソールに使われた"元ボデガ樽"がヨーロピアンオークであるなら、あくまでシーズニングのシェリー樽という可能性が高いと言えます。また海外のサイトを見ると、元ボデガに該当するような記載は見られず、ex-sherryのヨーロピアンオークカスクだという説明のみです。

以上から「MHDさん樽の説明ちょっと雑じゃない?」というのが現時点のオチなのですが、個人的にもう一つ感じている疑問が味わいに関する点。
このブレアソールは、ヨーロピアンオークでは付与されない、アメリカンホワイトオーク系の黄色いフルーティさをシェリー感の奥に備えているように感じます。
勿論ヨーロピアンオークのシーズニングに見られるねっとりした甘み、ウッディなスパイシーさもあるのですが、アメリカンホワイトオークと言われてもしっくりくる要素がいくつかあり・・・。例えば鏡板にアメリカンホワイトオークが使われている、ハイブリットカスクなのではないかという印象も持ちました。

シェリー樽は表記も含めて定まってない点が多く、謎の多い世界です。
少なくとも、このブレアソールはもう一度テイスティングしてみないといけませんね。IANさんが現在諸事情により短期休業中のため、再開次第同じボトルで確認します。
また、自分はこう感じたという意見がありましたら、非公開前提でも構いませんので是非コメントください。

ラガヴーリン 12年 カスクストレングス 2017年ボトリング 56.5%

カテゴリ:
LAGAVULIN
NATURAL CASK STRENGTH
Aged 12 years
Limited Edition
Bottled in 2017
Cask type Refill American Oak Hogsheads
700ml 56.5%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:クリアでハイトーン、魚粉や土っぽさを伴うピート香、スモーキーさ。奥には塩素を思わせるニュアンス、徐々に洋梨の果実香も感じられる。

味:オイリーでコクのある口当たり、フルボディ、ピーティーなほろ苦さがスモーキーフレーバーと広がると共に、バニラ、蜂蜜レモン、徐々に乾いた麦芽や干草、松の樹皮のような鮮烈な香気が鼻に抜ける。
余韻はドライでスモーキー。ほのかな灰っぽさ、ピーティーで柑橘系のアクセントを伴いしっかりと長い。

ややクリアで一本調子なアロマだが、味わいはオイリーでピートと麦感の程よくマッチした同蒸留所の王道的味わい。少量加水するとピーティーさが浮ついたようではあるが、樽由来の甘みが開いて崩れることなく楽しめる。


メーカー公式資料によると、ディアジオ・スペシャルリリースの入門編に位置づけられているのが、ラガヴーリン12年カスクストレングスです。

基本的にスペシャルリリースはアメリカンホワイトオークのリフィル系の樽を使った酒質ベースの味わいで、蒸留所の素のキャラクターを延ばすような作りが特徴。このラガヴーリン12年もまさにそうした作りをファーストリリースから10年以上継続しています。
ファーストフィルのこってりとした味わいとは異なる自然な樽感が、このシリーズの魅力であることは今更説明不要でしょうか。

他方、樽由来の香味が控えめであることから、通常の加水版に比べ誤魔化しが効かないのもこのリリースの特徴。ラガヴーリンにおいては、初期の頃のボトルに比べ、特に蒸留が2000年代に入ったあたりからリリースはクリアで荒々しさが目立つ、旨味の少ない方向に振れた印象でした。
しかし200周年に掛かる2015-2016年あたりから歯止めがかかり、口に含むとオイリーさが荒々しさを包んで樽材由来の甘みに繋がるような仕上がりも見られると感じています。

安定のラガヴーリン。個人的にこうした現在のスペシャルリリース・カスクストレングスも悪くないのですが、やはり2000年代流通にあったいい意味での雑味、味の柔らかさが恋しくも。。。
ボウモアやラフロイグなどを見ると、同じ蒸留時期である1990年代前半のビンテージは、当たり年とする高い評価を受けるボトルがあります。
自分が良いと感じた時期のラガヴーリン・カスクストレングスも同じ時期の蒸留で、そこからこれらの蒸留所には、紙っぽさが出たり、味がクリアになったり、樹脂や溶剤感が見られたりするのですが。。。何が影響したのか、というか何が変わってしまったのかは気になるところです。

ダルウィニー 2001-2017 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
DALWHINNIE
Distillers Edition
Distilled 2001
Bottled 2017
Oloroso Sherry Cask Finish
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
時期:開封後数日程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかでドライな香り立ち。最初は麦芽や干し草を思わせるニュアンスから、徐々にホットケーキやシフォンケーキを思わせる甘いアロマが広がる。

味:スムーズな飲み口、ドライで乾燥した麦芽を思わせるオーソドックスなモルティさ。中間には柔らかいコクに香り同様の品のいい甘み。
余韻はオークのビターなウッディネスと麦芽風味、鼻に抜ける干し草の香り。染み込むように長く続く。

まさにモルトの風味と言える、酒質主体でモルティーな味わい。樽感は補う程度で、ほどよい甘みとアメリカンオークを思わせる乾いた草やウッディさが適度に香味に混じっている。


昨年のディスティラーズエディションから、シリーズ中最も大きな方向転換があったと言えるのが、このダルウィニーです。

昨年のリリースはオーキーでフルーティーさが強く、ややウッディなタンニンも合わせて強く感じられたところ。今回は樽感よりもモルティな香味が主体でまさにモルト風味。こうもはっきりと方向性の違うリリースですが、共通しているのはどちらもオロロソフィニッシュと言いつつ、一般に知られるオロロソシェリーらしい感じではないことにあります。

(高台に位置するダルウィニー蒸留所は、気象観測所としても機能していたことで知られている。ではその観測設備はどんなものだったかというと、学校の校庭にあるようなローテクな装置が一つだけという。。。Photo by T.Ishihara)

スタンダードなダルウィニーのオフィシャルボトルは、大人しい味わいながらハイランドらしい柔らかい麦芽風味が広がる、もっと一般に評価されてもいいウイスキー。特に一昨年リリースされたダルウィニー・ウインターズゴールドはその特徴たる麦芽風味が厚く、樽感も綺麗。個人的に5000円以内でオススメのハイランドモルト筆頭です。

対して今年のディスティラーズエディションは、テイスティングの通り同じ麦芽風味でも傾向が異なっており、ほろ苦く乾燥したような傾向が主体。これはこれで良くできた香味であり、麦系風味の仕上がりの違いとして飲み比べをするのも面白いと思います。

秩父 8年 2008-2017 酒育の会設立記念 モルトドリームカスク 61.3%

カテゴリ:
IMG_7286
CHICHIBU
ICHIRO'S MALT
Malt Dream Cask "Syuikunokai"
Aged 8 years
Distilled 2008
Bottled 2017
Cask type Bourbon Barrel
200ml 61.3%

グラス:スピリッツスニフター
場所:BAR飲み@ナデューラ
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5※)
※ウイスキー2〜3に対し、1程度の加水で★6

香り:フレッシュでハイトーン、ナッツや乾いた木材のアロマ、メンソールやハッカのような爽やかさと奥にはアクのようなニュアンス。徐々にビスケットのような甘み、微かにドライパイナップル。豊かな樽香を感じる。

味:ややアタックは強いがコクのある口当たり。蜂蜜、オレンジピール、ナッツの甘みと香ばしさ、少しえぐみを伴う所謂秩父味。舌の上で転がすとおがくずのような木香が鼻腔に抜け、ハイトーンで刺激の強いフィニッシュが長く続く。

秩父らしさと共に樽感がしっかりと感じられる。ストレートではフレーバー同士が多少バラついてとっちらかった感はあるが、加水するとまろやかな甘さ、パイナップルを思わせるオーキーなフルーティーさが開き、香味共一体感が出て楽しめる。


"酒育の会"は2015年から活動を開始した団体。お酒の文化や楽しみ方を普及させることで、多種多様な酒類が流通する日本だからこその、より良いお酒ライフをサポートすることを目的としています。当初は有志によるグループとしての活動でしたが、一般社団法人としての活動を2016年12月からスタート。その設立記念としてリリースされたのが、このイチローズモルト・モルトドリームカスクの秩父です。
初めは会員向けに販売されましたが、その後は一般にも販売されたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

秩父のリリースは数が多すぎて全ては追えてないのですが、この酒育の会のボトルは現在一般にリリースされている秩父モルトの中で最長熟の部類に入る1本です。
また近年リリースが主流となっている2010年前後ではなく、2008年蒸留という蒸留所稼働初期のころの原酒であるのもポイント。今の秩父とは少々異なる酒質を感じる味わいが特徴です。

香味は乾いたようなホワイトオークの樽感が強く、ストレートではクリアな酒質が樽由来の要素に馴染みきれてない印象を受ける部分があります。そこに個人的に"秩父味"と感じている樽のえぐみというかハッカのような独特なスパイシーさが蓄積してクドく感じるのですが、このボトルは加水で度数を落とすと一体感が出て樽由来の要素のいい部分も引き出せるようです。
今年2月で創業10周年を迎えた秩父蒸留所。おそらく今後リリースされるであろう10年熟成は、バッティング加水とシングルカスクが2種類あるのではないかと思いますが、この酒育会向けボトルを飲むとバーボンタイプで10年熟成は酒質との兼ね合いで際どいところ。他方でバッティングであれば可能性は残るでしょうし、特に48%加水仕様に期待したいです。 

IMG_7292

さて、今回のテイスティングは池袋のBAR Nadurra(ナデューラ)さんにて。
ナデューラは当ブログでも紹介させていただいた禁煙のBAR、このGW中はちょっと懐かしいものや、今では中々飲めなくなってしまったレアなボトルを含む16種類から3種を選んでお得な価格で楽しめるフェアを開催中です。(詳細はこちらから)

日曜日は定休日なので、フェアは今日を含めて残り3日。この他にもメーカーズマークのハイボールがサービス価格。気になるボトルをこの機会にどうぞ!

このページのトップヘ

見出し画像
×