カテゴリ

カテゴリ:★6

シークレット スペイサイド 25年 1992-2018  For モルトヤマ 49.6%

カテゴリ:
136403168_o1
Single Malt Scotch Whisky 
A Secret Speyside 
Aged 25 years 
Distilled 1992 
Bottled 2018 
For Maltyama 5th Anniversary 
700ml 49.6%

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1年程度
場所:自宅@サンプル
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで華やか、スパイシーなオーク香。バニラに加えて洋梨やマスカット、色の濃くない果実のフルーティーな要素、ジンジャー、また微かにマロングラッセのような甘くほのかにビターなアロマも伴う。

味:香りのドライさ相応のスパイシーな刺激、乾いた木材を思わせるウッディネス。ただし相反するまろやかさもある。
洋梨のピューレ、ファイバーパイナップル、微かにナッティー、所謂オーキーなフレーバー主体。徐々にリキュールのような甘さ、近年系のトロピカルなフルーティーさも感じられつつ、華やかでドライ、スパイシーなフィニッシュが長く続く。

最近増えているスペイサイドリージョン長熟系統に似た樽使い、というだけである程度分類が出来てしまう香味構成。ただ、このボトルは香りこそドライでスパイシーだが、熟成が適度で味わいにまろやかさがあり、余韻にかけて開いてくるフルーティーさが好印象。香りは及第点だが味は★6+加点。この段階的な変化は加水するとぼやけてしまうので、ストレートでじっくりと楽しみたい。

IMG_20191006_211602

富山の酒販、モルトヤマが開業5周年を記念してリリースしたオリジナルリリースの1本。店主曰く、5周年記念の集大成と位置付けるボトルです。
少し前に静岡の某S氏と小瓶交換していたのですが、すっかり飲み忘れており。。。先日富嶽三十六景グレンキースを飲んでいて、あれそういえばあったよなと思い出し、今さらですがレビューをUPします。

蒸留所は非公開。飲んで早々わかるような明確な特徴もないのですが(もしヒントがなければグラントかバーギーあたりかと思うフルーティーさです)、ラベルに写っているのは樽のフープの鋲"リベット"とのことで、成る程そういうことねと。とすると、名前に"A"がついてるのは"The"の変わりで、スペイサイドの蒸留所のなかの一つという以上に文面上特定できないからか。
そう言えばこのボトルのリリース前に、モルトヤマの下野君はThe Whisky hoopのチェアマン坂本さんとスコットランドの蒸留所、ボトラーズメーカーツアーを実施していました。今回の原酒をその関係のなかで調達したとしたら、フープの意味はそういうこと?とも読めて、色々意味が込められてるラベルだと思えてきました。
今度イベントとかで会うと思いますので、その辺聞いてみたいと思います。

香味は華やかで強くドライ、そしてスパイシー。所謂オークフレーバーに該当する要素ですが、ドライさやスパイシーさに特徴的なものがあると感じます。それはかつてダンカンテイラーのピアレス香と言われたもの以上に作為的なニュアンスがあり、それが不味いとは言いませんが、どう処理した樽を使ってるのかは疑問の一つ。
少なくとも2000年代前半にかけてGM、シグナトリーケイデンヘッドやムーンインポートなど。。。ボトラーズ界隈の"Tier1"と言えるような古参主要メーカーは、こういう味わいのものをリリースしていませんでした。
そこに変化が出てきたのが、2000年代後半。ドイツ系ボトラーズ、ウイスキーエージェンシー社ら新興勢力の登場からです。

同社がリリースする長期熟成のモルトには、妙にスパイシーで華やかさの強調されたオーク香を持つものがあり、代表的なのが1970年代蒸留のスペイサイドリージョン。金太郎飴かってくらい、みんな同じ香味があるんですよね。
で、今回のボトルはそれに近いニュアンスがあり、近年系の仕上がりだなと思わせつつ、口当たりから広がるマイルドな甘味とトロピカル系統のフルーティーさが魅力。値段は相応に高いですが、1990年代蒸留ながら良い樽引いてきたなと。同酒販店の業界との繋がりと、その意味で5年間の活動の集大成と感じるような1本でした。

IMG_20191006_192832
今日のオマケ:ルナ・ヴィンヤーズ・ピノ・ノワール 2012
如何にも新世界ですという、濃厚で強いカリピノ。ピノらしいベリー香に、果実の皮や湿った木材、濃縮葡萄ジュースのようなジューシーな甘味と酸。樽は古樽主体か目立たず、余韻は程よいタンニンと微かにスパイス。ジューシーさが少々くどいというか、アルコールを思わせる若干の引っ掛かりもあり、食事と合わせるなら今でも充分飲めるが、飲み頃はまだ先にあると感じる。
2012年は当たり年との評価で、環境が良かった結果強いワインが産まれたのか。現時点のイメージは若手の豪腕速球タイプ。もう5年は様子を見てみたい。さらに成熟した選手に育つか、あるいは。。。

とある事情で、このワインが通常流通価格の半額以下とめちゃくちゃ安く手に入る機会があり。この手のワインの香味はウイスキー好きの琴線に触れるものがあるので、まず間違いないと、普段飲み用にまとめ買い。
ただあの価格だから買うのであって、日本での流通価格(5000円前後)で買うかと言われたら候補にない。。。というかカレラが最強過ぎる。濃厚で強いタイプならオーボンクリマでも良い。
とりあえず自分で2本、会社の飲み会等で2本、4本飲んだので残りは熟成に回す予定。来年の今頃、また様子をみたいと思います。

IMG_20190914_160112

ブラントン シングルバレル 1989年ボトリング 46.5%

カテゴリ:
IMG_20191005_015334
BLANTON 
SINGLE BARREL 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON WHISKEY 
Distilled 1978-1981
Bottled 1989 
Cask No,433 
750ml 46.5% 

グラス:國際企画テイスティング
開封後:半年程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香:ハーバルな華やかさとスパイシーな刺激。合わせてキャラメルソースやビスケット、微かにシナモンやオレンジピールのアクセント。濃くはないが程よい甘味が感じられる。

味:口当たりはスムーズでメローな甘味から、スパイシーな刺激が口内に広がる。薄めたメープルシロップやべっこう飴、紅茶の出涸らし、酸味は少し発酵したようなニュアンスを伴う。ボディは度数相応のボリュームがあり、余韻はスパイシーでウッディ、ドライなフィニッシュが長く続く。

樽感はそこまで濃厚ではないが、香味とも程よく熟成を感じさせる味わいが、あとに続くスパイシーなフレーバーを邪魔しない。恐らくライ麦由来の特徴だろう。また、ちょっと牧場っぽいニュアンスがあるというか、オールドのブラントンには独特の特徴がある。個人的な好みを言えば、もう少し樽が濃ければ。。。ロックは及第点、ハイボールまたはミントジュレップがオススメ。

IMG_20191005_015538

現在のバッファロー・トレース蒸留所が、かつてエンシェントエイジ蒸留所として操業していた時代にリリースされた1本。ブラントンは1984年に誕生したブランドで、今回のものは初期のボトルに当たります。
名称変更が行われたのは1999年、合わせて結構な改装もしている模様。その影響だけの問題ではないとは思いますが、現行のブラントンとは良くも悪くも別物な仕上がりだと感じます。

ブラントンの最大の特徴は、シングルバレルであるということ。加水とは言えバーボンバレル一つからは300本程度しかボトリングされないなかで、万単位の出荷を行うスタンダードグレードをブレンドしないでリリースするというのは、余程原酒をしっかり選定しているか、フィルタリング等で細かい誤差を取り除いてるか、そのどちらかだと感じます。(コストと時間を考えると、後者と推察・・・)
熟成行程では4年程度熟成した原酒のうち、ブラントンとして相応しいとされる樽を専用の熟成庫Hに移し、さらに4~6年熟成させるという情報が日本市場では広く使われていますが、現地では専用のマッシュビル(コーン75-78%、ライ12-15%のハイライ仕様)で仕込んだものを、最初から熟成庫Hで6~8年とされています。

また熟成に使われるウェアハウスHについても、該当する熟成庫である理由は験担ぎのようなもの、というのが日本側で説明されている内容ですが、実際はAからZまである熟成庫のうち、Hだけが木造ではなく屋根や外壁が一部金属で作られていて、室内温度が屋外とあまり変わらなくなる(むしろより温度差が大きくなる)。これによってさらに熟成が進むため、とする明確な理由があるようです。
なぜ日本と現地で異なる素性説明が存在するのか。それは恐らくですが、ブラントンがリリースされた直後は、原酒の状況に応じてあてがうブランドを変えるため樽を移す作業が行われていたものの、近年はプロセスを簡略化し、最初から専用の原酒を作り、かつ温度差の大きい熟成庫であることを考慮してトータルの熟成年数を2年程度短くしたのなら、効率化の観点に加え情報の違いがあっても違和感ありません。

この手の変更は資本や体制が変わった時に行われることが多いので、1999年の蒸留名称の変更と合わせて仕込み方法を変えた。。。とかでしょうか。もしそうであれば、この1989年ボトリングのブラントンは原酒を選定していた時代のもので、現行のブラントンとは異なる作りだったことになります。
まあ、それが味のどの部分に作用しているかというと、これがこうと断定は出来ないですが(汗)。
ただ2000年代くらいまでのブラントンは、良い意味で野暮ったいところが魅力としてあります。特に度数の高いものはそれがボディの厚みと共に際立っており、ストレートフロムザバレルやゴールドラベルらハイプルーフのものは、オススメしたいバーボンの一つです。

IMG_20191006_112401

なお、ブラントンは個人的に思い入れの深い銘柄でもあります。
リリースが1984年で生まれ年というのもありますが、話は10年以上遡って大学院時代。1学年上の先輩と研究室の帰り際にBAR飲みすることが多かったのですが、その先輩が好んで飲んでいたのがブラントンでした。
当時の自分はまだスコッチとバーボンの違いもよくわかってないような状態でしたが、独特のボトルデザインがかっこよく、カウンターで研究の相談をしながらロックで飲んでいたのです。

そういう意味で、自分にとってブラントンは青春の味というか、大学の思いでの一つ。
こうして飲む度に、あの頃の景色を思い浮かべ、初心に戻れる。まさに特別な1本と言えるのかもしれません。

IMG_20190303_092506
IMG_20190303_092351
今日のオマケ:ブラントンのコルク修復について。
バーボンのオールドボトルは、コルクが折れやすいものが多い印象があります。
バーボンそのものに含まれる樽成分(樹液、糖分に類するもの)が、時間と共にコルクとボトルを固着させてしまうからと考えられますが、中でも大口径のブラントンのコルクが折れると、替えが効きにくいので困ったことに。。。
そんなブラントンは、シャンパンやスパークリングワインのコルクがフィットするのでオススメです。(ロイヤルサルート等にもフィットするので、1つ持っておくと便利。)

ただ、ブラントンと言えばキャップトップの競走馬が象徴でもあり、それがなくなるのはビジュアル的に。。。という声も。
ご安心(?)ください。実はオールドのブラントンはコルクをネジ止めしているので、写真のようにもとのコルクを取り除いて、新しいコルクを接着剤をつけてねじ込むと、キャップを再生できるのです。
万が一があっても安心、気兼ねなくオールドブラントンをお楽しみください(笑)

ビームス チョイス 100ヶ月熟成(8年)1970年代流通 45% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20190929_085204
JIM BEAM 
BEAM'S CHOICE 
BLACK LABEL 
AGED 100 MONTHS 
(Aged 8 years) 
Kentucky Straight Bourbon Whisky 
Bottled 1975 
750ml 45% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:キャラメルやメープルシロップのかかったポップコーンを思わせる、軽い香ばしさのある甘さと穀物香をベースに、スパイシーでほのかに溶剤、チェリーシロップ、黒パンを思わせる酸もアクセントとして伴う。
また、時間経過でハーブや赤い花を思わせる植物っぽさも混じる。

味:マイルドでメロー、チョコレートクッキーやチョココーンフレークのような、色濃い甘味と軽い香ばしさ。甘味はリッチだが、ボディはやや軽め。ウッディでビター、軽くスパイシーなフィニッシュが、メローなチャーオーク香を鼻孔に感じさせつつ長く残る。

オールドバーボンらしい濃厚な甘味、強めのチャーを感じさせるウッディネス。加水の影響か味はやや単調気味ではあるが、時代を感じさせる要素がなんともそそる1本。現行のジムビームとは全くの別物。ただ加水またはロックにすると、ボディがだいぶ薄くなるので、それはそれと割りきるか、ストレートで楽しむのがちょうど良い。
大降りのロックグラスにダブル以上注いで、葉巻を咥えたら完璧か(笑)

IMG_20190929_085233
IMG_20190929_085252

読んで字のごとくですが、ジムビーム蒸留所が製造する、かつてのプレミアムブランド。
100ヶ月熟成(要するに8年)という珍しい表記に惹かれて購入したものですが、当時のビームスチョイスは定常的に使われていた模様。
マッシュビルは通常のジムビームとおそらく同じ、または大きく変わらない程度の違いとは思いますが、ノーマルの4年、5年よりも熟成が長い原酒が使われ、その分樽感も濃厚に。色合いが明らかに違いますね。古いものだと今回のように度数も少し高めに設定されています。

そのリリースが始まったのは1960年代。ビームスチョイスと言えば、様々な形状で知られる陶器ボトルの”コレクターズエディション”があり、こちらはファーストリリースが1966年。(コレクターズエディションではないビームスチョイスは1963年のモノあり。熟成年数は6年)
ジムビームとしてのデキャンタリリースは1950年代からありますが、当時の広告等を見る限りでは、通常ボトルのビームスチョイスも、1960年代のほぼ同時期に発売されたのではないかと推測されます。

1980年代から1990年代にかけて、日本ではバーボンウイスキーのブームもあったことから、ビームスチョイスは該当する時期のものが相当数日本市場に残っており、現在もヤフオク等で見かけることが多いバーボンです。
その全てを飲めているわけではないですが、傾向としては古い方が濃厚で個人的に好み。1970年代中頃あたりまでは仕様が90Proofで、その後1980年代には80Proofと5%下がる。熟成年数は基本的には8年程度ですが、1990年代になるとこの表記もなくなり、5年熟成のグリーンラベルとして販売を継続したようです。

元々そこまでボディが厚いバーボンではないので、度数や熟成年数の推移は影響が大きく。特に80年代くらいまでは度数が下がっても同じようにマイルドでメローな味わいを感じられますが、それ以降は明らかにドライな仕上がりになっていきます。
また、90Proofの時代であっても、飲み方はやはりストレートがオススメ。ロックだと飲みやすくはなるものの、伸びるというよりは薄くなる感じで、氷に耐えられるライフが少ないように思います。

IMG_20190820_011413

なお、この手の加水調整されて甘味がしっかりあるバーボンは、ストレートで飲むと物足りなく、かといってロックでも同様だし、ハイボールにするにはちょっと勿体無いというジレンマがあります。
そこで邪道といえるかもしれませんが、バーボンのオリジナルブレンドに使うというのが一案。特にワイルドターキー・レアブリード、あるいはローゼズシングルカスクなど、度数は高いが樽感がそこまでリッチじゃない近年のバーボンとのバッティングは、お互いの良いところが合わさって鉄板と言って良い組み合わせに。ベースとなる味わいでスコッチの原酒ほどキャラクターの違いが大きくないため、調整も容易です。

近年、オールドのハイプルーフバーボンが高騰しており、昔ほど気軽に飲めなくなってきました。ターキー8年の90年代とか、安かったんですけどね・・・。だからこそ家飲みで、ロックで飲んで美味しいオリジナルブレンドを作ってしまおうと。そういう楽しみ方も個人的にはアリだと思っています。

IMG_20191005_105704
というわけで混ぜ混ぜ混ぜ。。。。

デュー オブ ベンネヴィス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190925_123456
DEW OF BEN NEVIS 
OLD SCOTCH WHISKY 
Ceramic decanter 
1970's 
760ml 43%

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封直後
場所:お酒の美術館
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:しっかりとした骨格を感じるリッチな香り立ち。香ばしさのあるカラメルソースとオールブラン、奥から熟した果実を思わせるフルーティーさ。また、微かにスモーキーなニュアンスも伴う。

味:ややアタックが強く、ボディはそれほどでもないが余韻にかけてひりつくような刺激に繋がる。フレーバーは香り同様で、色濃い甘味から香ばしさとほろ苦さ、徐々にフルーティー。ピートを伴うトロピカル感がカラメルソースを思わせるフレーバーのなかに溶け込んでいる。
余韻はビターでハイトーン、微かにハーブのようなフレーバーを伴って張り付くように残る。

若干コルキーなニュアンスはあるが、それ以外はアルコールや香味の骨格もしっかりとしていて状態は良好。年数表記はないが、おそらく通常リリースと同じ8年程度だろう。それに由来するアタックの強さがある一方で、構成は熟成したグレーン多めの中にモルティーさの感じられる作り。キャラメルのような甘味の奥に、熟した南国果実の風味が潜んでいる。

IMG_20190924_205446

表記はベンネヴィスですが、シングルモルトではなくブレンデッド。当時の通常品はダンピー形状「Dew of Ben Nevis(ベンネヴィスの滴?)」8年表記で販売されていた銘柄の、セラミックボトルバージョンです。
蒸留所の名前がそのままブレンデッドに使われているというのは、トマーティン・BIG-Tと似ていますね。

リリースを遡ると、デューオブベンネヴィスは、1970年代がリリース最初期のようです。
その後1980年代は存在が確認できず、1990年代に入ると12年熟成のものと、ノンエイジの"蔵出し"がリリースされるようになります。
ベンネヴィス蒸留所は1978年に操業を休止しており、それを1981年にロングジョン社が買収。1984年には一時的に再稼働しますが、78年の操業休止とともにブレンデッドの生産も終了していて、その後原酒はロングジョンに優先的に供給。1989年にニッカ傘下に移った後、オリジナルのブランドを再開したとすれば、時系列に違和感はありません。

8年熟成にしては色濃い作りで、香味にはシェリー系のニュアンスを感じるだけでなく、この時代の他のブレンデッドとは異なる独特の香ばしさやフルーティーさを備えています。
このフレーバーをもたらしたキーモルトはベンネヴィス。そして主要なグレーンもおそらくベンネヴィス。ベンネヴィス蒸留所は、1955年に連続式蒸留器コフィースチルを導入し、スコットランドで初めてグレーンウイスキーとモルトウイスキー両方を作ることが出来る単一蒸留所となった経緯があり、モルトとグレーンで充分な量が確保出来たことから、自社としてもブレンデッドの生産に動いた(ただしメインは他社への原酒供給だった)、ということなのではと考えられます。

余談ですが、この紛らわしいベンネヴィス表記のブレンデッド。スコッチ法改正に伴って蒸留所名をブレンデッドウイスキーにそのまま使うことができなくなり、現行品はネヴィス・デューとしてリリースされています。
ただ法改正が行われたのは近年で、上記トマーティン含めて約40年そのままだったのは。。。おおらかというかなんというか(笑)

IMG_20190925_183115
今日のオマケ:カレラ ピノノワール セントラルコースト 2013
個人的にかなり気に入っている銘柄。ウイスキー仲間からも評価の高いボトルです。
以前1年違いの2012をレビューしていますが、それ以来迷ったらこれという位置付け。
5年くらい熟成させたカレラのセントラルコーストは、香味とも柔らかく、カリピノらしく熟したベリー感に加えて余韻のタンニンも適度でするする飲めてしまう。変に甘味も強くないし、バランスのよさが良い感じ。
こういうのを週末の家御飯で使えるようにストックしておくのは、アリだと思うのです。
だからまあまとめ買いも仕方ないってことで。。。

グレンキース 23年 1995-2019 富嶽三十六景シリーズ for モルトヤマ 53.4%

カテゴリ:
IMG_20190923_171155
GLEN KEITH 
Abeyhill (Kingsburry) 
Aged 23 years 
Distilled 1995 
Bottled 2019 
Cask type Hogshead 
For Maltyama 
700ml 53.4% 

グラス:シュピゲラウテイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで華やかな香り立ち。乾いたオークと干し草、レモンピール。スパイシーではあるが徐々に林檎やファイバーパイナップル等のドライフルーツを思わせるアロマ、バニラの甘さが開いてくる。

味:リモンチェッロ等の柑橘系のリキュールを薄めたような甘さから、すぐにドライでオーキーな華やかさと乾いた刺激。ナッツや洋梨、奥には麦芽を思わせる要素もあるが、樽感主体であまり目立たない。
余韻は華やかでドライ、微かに黄色系果実の戻り。ややエッジの立ったウッディネスとスパイシーな刺激を伴って長く続く。

ホグスヘッドで熟成した内陸原酒らしい、軽やかで華やかな構成。開封直後はツンとドライな刺激があるが、時間経過でポテンシャルを発揮する。グラスでの変化や類似リリースの傾向から、ボトル所有なら開封後1~2年後くらいで、余韻にかけてフルーティーさがさらに広がってくるような変化が期待できる。時間をかけてデレさせるべきボトル。
加水すると華やかさはぼやけるが、洋梨のピューレや麦芽風味を思わせるまろやかな甘味が感じられる。なお、ハイボールも悪くないがこのボトルじゃなくても感は否めない。


富嶽三十六景シリーズは、ここ数年積極的にプライベートボトルのリリースを行っている、富山のウイスキーショップ「モルトヤマ」のオリジナル。ファーストリリースのブナハーブンから数えて4作品目にあたります。
同店のオリジナルブランドのラインナップでは、富嶽三十六景は中長熟の原酒を選定し、全体を通して一定以上の完成度を目指しているシリーズで、近年のなかで間違いのないところが揃っているという印象です。

今回のグレンキースも、近年系スペイサイドの王道的な構成と言えるもの。ホグスヘッド樽(アメリカンオーク樽)のオーキーなフルーティーさが20年を越える熟成で酒質とほどよく馴染んでおり、ややドライな要素はありますが、それもキースらしさというか、熟成のピークに来ていることを感じさせます。
市場を見ると類似のスペックのボトルが結構リリースされていて、違いは樽がどれだけ効いてるかというところ。元々ボディがそこまで強くない酒質故に、軽やかでシャープな特徴を活かすなら、これくらいの味付けはちょうど良いように感じます。

グレンキースは1999年に操業を休止していましたが、近年のウイスキー需要増を受けて2013年に再稼働して現在に。
いわゆる生産調整というヤツですね。基本的にシーバスリーガルなどのブレンデッド向けの原酒ですが、1990年代に限らずボトラーズリリースが多いのは、冬の時代を中心に当時のブレンドメーカーに原酒が売られていたからと推察します。
なお、再稼働したグレンキースは、マッシュタン、ウォッシュバックなどの主要生産ラインを含む全面的なリニューアルを行っており、スチルの一部を残して全く新しい蒸留所に生まれ変わっています。
蒸留所側は休止前と同じ酒質を再現するよう心がけているとのことですが、近年の他蒸留所の動向を見ると、さらにライトで癖のない感じになりそうな。。。(何年ものが使われてるかわかりませんが、最近リリースされた蒸留所限定品のNASは、だいぶ軽い仕上がりでした。)

そう考えると、現在比較的市場にモノがあるグレンキースの90年代も、あの頃のフルーティーなキース、意外と良かったねと言われる時代が来るのかもしれません。
個人的な感覚ですが、グレンキースの熟成原酒は、過去のもの含めて開封から良さを発揮するのに時間がかかる。最近のリリースだけでなく、今より酒質が強かった1960~70年代でもそんな感じなので、ちょっと時間をかけながら楽しんでいくのがオススメです。
今回のボトルは、余韻にオーキーなフルーティーさがはっきりと開く変化が理想系。余韻部分だけ切り取ると、埋められた種から芽が出て花が咲くような、そんな成長が期待出来ると思います。


IMG_20190921_164034
今日のオマケ:リチャードハミルトン センチュリオン シラーズ 2002

週末飲んでたワイン。樹齢100年を越える古木から採れる葡萄を使って作られる、オーストラリアの濃厚シラーズ。毎年ラベルの年数が増えているのが特徴。穏やかながらフルボディなワインで、早飲みから10年以上の熟成にも耐えるという1本。
比較的新しいものは、シラーズらしい熟したようなベリー感とスパイシーさ、ギュッと歯茎を引き締めるようなタンニンが感じられますが、熟成した今回の1本は果実味やタンニンが落ち着いた代わりに黒土のような香りと枯れた木材、スパイスの種類も増えているような印象を受けます。

このワインは初日より2日目、時間をかける方が開きも良い。またスパイシーな肉料理との相性抜群。特にチョリソー、ステーキ等の焼き系はまず間違いない組み合わせなんです。ガッツリ行きたい日におすすめ。

このページのトップヘ

見出し画像
×