カテゴリ

カテゴリ:★6

ハイランドクイーン 1561 30年 40%

カテゴリ:
IMG_3536
HIGHLAND QUEEN 1561
Aged 30 years
Traditional Cask Maturation
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでオーキー、軽やかで品の良い香り立ち。ドライアップルやナッツ、ビスケットを思わせる甘みと香ばしさ。徐々にスパイスを思わせるアロマ、微かに乾いた草っぽさを含んだウッディネス。

味:香り同様に華やかでドライな口当たり。皮むきアーモンドナッツ、乾いた麦芽、薄めた蜂蜜や砂糖をまぶしたオレンジピール。舌をコーティングする柔らかい甘み、スモーキーでピーティーなフレーバーがじわじわと開いてくる。 
余韻はスパイスが軽やかに口内を刺激し、ほろ苦いピートを伴うオーキーで華やかなフィニッシュ。

モルティーで嫌味の少ない、バランスの良いブレンデッドウイスキー。30年熟成らしくドライでライト、香味の余計なところはそぎ落とされているが、グレーンが効いているためか、フレーバーの繋がりが良く、モルトウイスキーとして飲んでも遜色のない仕上がり。
加水するとボディが薄くなり、バランスが崩れてしまうのでストレートで。


先日の持ち寄りブラインド大会で、「くりりんさんにはガチで飲んでもらいたいボトルがありますから」と、全ての回答が終わった後で、Jさんから出題されたエクストラステージ。 飲んでもらいたいボトルがあるって、本当に光栄です。
これは完全なブランドというより、キーモルトは何か→銘柄は何か、という流れで回答していたっため、最初の段階でブレンデッド系であることが指定されており、完全にブラインドというワケではありませんでした。
ただ、結果的には正解しているので、味わって感じたことと、中身のブレはあまりないものと思います。

まずノージングで思い浮かんだ銘柄がハイランドモルト、グレンモーレンジの18年。一口飲むと同18年ほど硬さが無く長期熟成の印象。余韻はピートフレーバーがじわじわと出てきて、これは良くできたウイスキーだなーと感じていたところにキーモルトを指定する最初のクエッション。
これがグレンモーレンジで正解なら銘柄はおのずと限られてきて、長期熟成をリリースしている銘柄となるとマジェスティ30年のあるハイランドクイーンになるわけです。
つい先日、ブラックな酒屋さんが、平行で入ってきた30年モノを「コスパ良好!」としてPRしていたので、後は邪推で銘柄までたどり着くことが出来ました(笑)。


ハイランドクイーン1561シリーズは、同銘柄のプレミア品であり、30年は同銘柄120周年(1893年に製造元が創業)を記念してリリースされた限定品とのこと。メーカー情報では、1982年蒸留のモルトウイスキーと、1978年、1979年蒸留のグレーンウイスキーが、モルト75%、グレーン25%でブレンドされ、シェリー樽で6ヶ月間のマリッジを経ているそうです。 
シェリー感はそれほど強くなく、アメリカンオークのフレーバーが強い構成で、ダンカンテイラーのロナックシリーズやハートブラザーズの長熟度数落ち系統のフレーバー。
1982年蒸留のモルト原酒にグレンモーレンジか含まれているかはメーカー情報からはわかりませんが、類似の特徴が感じられます。

通常、現行品のブレンデッドウイスキーはグレーンが6、モルトが4という構成が一般的であるところ、75%は相当リッチであり、クラシックな造りです。そのモルティーな構成は香味からも充分感じることが出来る一方、飲み疲れないブレンドらしいバランスの良さも魅力。
30年以上のモルト原酒のフレーバーを楽しめつつ、価格がミドルエイジクラスに収まっているのも嬉しい、ナイスリリースだと思います。

アードベッグ ウーガダール 54.2% 近年流通品

カテゴリ:
ARDBEG
UIGEADAIL
(No Aged)
750ml 54.2%

グラス:木村硝子テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:開封後2-3年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:甘くピーティーでスモーキー、ハイプルーフらしく強いアタック。キャラメル、アーモンド、ひじきの煮付けを思わせる樽香由来の甘みやヨードのニュアンス。時間経過で土っぽい香り、溶剤のような刺激も奥から感じられる。

味:パワフルなアタックとともに広がる、スモーキーフレーバーと磯っぽさ、とろりとした甘み。みたらし、ローストアーモンド、焦げたウッディネス。
余韻はピーティーでスモーキー。ヒリヒリとした刺激を伴い程よくドライ、ウッディーでカラメルソースの苦味を伴う長い余韻。

パワフルで実に飲みごたえがあるアードベッグ。
仕上がりは多少荒いが、少量加水すると最初のアタックが収まりバランスが良くなる。キャラメルナッツを思わせる樽由来の甘みが引き立ち、焚き木のような焦げたニュアンスも強く感じられる。葉巻との相性も実に良い。


アードベッグの水源である、ウーガダール湖から名付けられたリリース。
ウーガダールが発売されたのは2003年のこと。発売当初は1991年、1993年蒸留のバーボン樽熟成原酒に、1976年と1977年のシェリー樽熟成原酒を少量バッティングした、実に豪華な構成でした。
アードベッグは1980年代に操業を休止、再稼働後も1989年から1996年まで非常に不安定な状態だったため原酒の種類も少なく、バランサーというか品質を安定させるためのミドルエイジとして、1970年代の熟成原酒を使用していたようです。(結果、色合いがアイラ島のピートが溶け込んだ水と同じ茶褐色になったのか、狙ってのネーミングかは、とりあえず後者ということに。)

勿論これは発売当初のみのレシピ。2004年、アードベッグの所有がディアジオ社に移った後もしばらくは類似の構成だったようですが、少なくとも現代においては、2000年代以降に蒸留された10年熟成程度の原酒で構成されているそうです。
まあ今も当時のままのビンテージだったら何年ものだよ、っていうか先日リリースされたアードベッグ21年はどうなるんだって感じですよね(笑)。

     
(ウーガダールのファーストリリース。ボトリングの年次は外箱に書かれている。野澤、国分の組み合わせが懐かしい。ラベルはトラディショナルストレングス表記が現行品との大きな違い。)

さて、前置きが長くなりましたが、このアードベッグウーガダール、現行品だからどうということはなく、中々良く出来たオフィシャルボトルです。
樽の構成は通常のバーボン樽原酒を主体に、リチャードバーボン樽、そして少量のシェリー樽といったところか。初期ロットと比べると、味わいの奥深さというか、1990年代アードベッグの現代とは違う荒さを包み込むまろやかさは得難いものがありますが、近年のアードベッグは中間がクリアで当時ほどの雑味がないので、はっきりとしたピートフレーバーに樽由来の甘い香味がうまく馴染んで、結果的に類似の系統になっている。
これはこれで良いじゃないかと思えるレベルに仕上がっています。

それこそ高騰するアードベッグのボトラーズリリースを追うなら、この1本で充分じゃないかと思えるクオリティとコストパフォーマンス。
テイスティングに記載したように仕上がりの荒さが多少あり、パンチも強いので初心者向けとは言えませんが、樽の使い方はラガヴーリンに近いものがあり、例えばアイリークのカスクストレングスを飲んで「美味しい」と感じるなら、このウーガダールもおすすめだと思います。

グレンギリー 22年 1993-2016 ディスティラリーコレクション 56.2%

カテゴリ:
IMG_3531
GLENGARIOCH
Distilleries Collection
Aged 22 years
Distilled 1993
Bottled 2016
700ml 56.2%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:個人宅
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:オーキーでツンとした刺激を伴う香り立ち。パイナップルや林檎のドライフルーツ、ジンジャーシロップのニュアンスに、ほのかに焦がしたようなスモーキーさも感じる。

味:とろりとした粘性のあるスパイシーな口当たりから、近年系トロピカル、オーキーなフルーティーさが強く開く。パイナップルや煮た林檎、香り同様の構成だが想定するより強く感じる。
余韻はややドライ、蜂蜜レモンの甘みとほのかにシナモン、乾いたウッディネスが長く残る。

バーボンオーク由来と思われるフルーティーさが色濃く出ている。ピートはそれほど感じない。開封直後は荒削り気味だが、樽の良さと相まって、いかにも近年のギリーという感じである。


最近リリースが増えた印象のある、1990年代以降のグレンギリー。
この時期のグレンギリーは、酒質の変化が大きい時期でもあり、パフューミーな1980年代から、オイリーで酸味を伴う癖があり、ピーティーな1990年代前半、1995年から1997年の休止後はノンピートで徐々にキレの良い酒質に・・・といった具合に、様々なキャラクターを楽しむことができます。
グレンギリーが最も評価されているビンテージは1970年代前半という印象はありますが、個性を楽しむという点では近年蒸留も捨てたものじゃなく、非常に魅力ある蒸留所です。

(グレンギリー蒸留所の再留器。同蒸留所は初留25000リットルに対し、再留11000リットルと2倍以上の差がある。Photo by T.Ishihara)

なかでも1993年から1995年のグレンギリーは、パフューム時代名残とも言える癖が抜けてきて、樽由来のフレーバーのノリと、スモーキーフレーバーのバランスが取れている。勿論樽さえ良ければですが、1990年代グレンギリーの中で最も美味しい時期だと感じます。 

今回テイスティングしたグレンギリー1993は昨年のウイスキーフェスでテイスティングし、なかなか良いと感じていたボトルの一つ。
改めて飲んでも樽由来のフルーティーさが非常にはっきりとあり、開封直後はもちろん、しばらく時間を置けばややギスギスしたニュアンスもこなれ、さらに美味しくいただけるのではないかと思います。
また、ラベルもいい感じですね。このディスティラリーコレクションは総じてラベルのセンスが良いなと感じており、今回の雄鹿のイラストも、ギリーのエンブレムとマッチして雰囲気が出ています。

ハイランドパーク 25年 48.1% オフィシャル

カテゴリ:
IMG_3305
HIGHLAND PARK
Aged 25 Years
750ml 48.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:力強くどっしりとした香り立ち。黒蜜や黒砂糖の甘み、イチジクの酸味を伴うシェリー香。みたらしを思わせる古酒感に、じわじわとスモーキーで土っぽい香りもある。

味:リッチだがやや荒さのある口当たり、古酒系のシェリー感、黒蜜、ドライプルーン、オランジェット。徐々にスパイシーでピート、乾いた植物のほろ苦いニュアンス。微かにダシっぽさも感じられる。
余韻は力強く、スモーキーで乾いたウッディネスが長く続く。

リフィルと1stフィルシェリー樽のバッティングからくる濃縮感のあるリッチな香味、そしてスモーキーフレーバー。スパイシーで アタック強く、やや荒さも感じるが、ハイランドパーク好きが求めるフレーバーが備わっている。ストレートから少量加水で楽しみたい。


気がつけばずいぶん高嶺の花になってしまった1本。
同蒸留所のオフィシャルボトルは限定品、免税向けも合わせると把握しきれないほどのラインナップがあり、今尚精力的にリリースが拡充されていますが、その中で25年は代々ハイランドパークの本流とも言える味わいが特徴。5年ほど前は1万円程度だったボトルですが、今は流通量少なく、あっても高騰。すっかりお見かけしないボトルになってしまいました。

今回はウイスキー仲間の持ち寄り会で久々のテイスティング。ラベルやボトル形状は現行品ですが、度数が48.1%なので厳密には現行品から1世代前の25年となります。(現行品の度数は45.7%)
まろやかで円熟味を楽しめる30年や、フルーティーさが際立った18年と異なり、この25年は少々やんちゃ。アタックの強さが特徴的ですが、テイスティングで記載したように"らしさ"がしっかりと備わっており、ハイランドパークが好みな人は間違いなくストライクゾーンに入ってくるボトルだと思います。

DSC06366
DSC06404
(ハイランドパーク蒸留所のウェアハウス外観と内部。同蒸留所の1970年代以前は当たりが多い。1979年蒸留の詰まったこの樽はまさに生唾もの。。。Photo by K67)

自分の周囲のウイスキー仲間を見ていて思うのですが、ハイランドパークはウイスキー愛好家の琴線に響く、不思議な魅力を備えていると感じます。
それは樽なのか、植物主体のオークニー島のピートなのか、フロアモルティングによる麦芽の処理なのか。。。複雑でコクのある甘みとスモーキーフレーバーが、スコッチモルトを飲んでいるなという満足感を感じさせてくれるのです。

現行品の25年は中々手を出しにくい価格帯ですが、ハイランドパークは普及価格帯の12年もその魅力の一端をちゃんと備えており、作り手の努力を感じる銘柄。
また、たまに国内に流通する以下の免税向けやボトラーズモルトなど、きらりと光るリリースもあるので、オークニーモルトの旅は中々に冒険と発見に満ちています。
HIGHLAND PARK 1998-2011 For Global Travel Retail 700ml 40%
テイスティング@BAR GOSSE

オールドパー デラックス 1970年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_3497
OLD PARR
De Luxe Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでカステラの茶色い部分を思わせる甘くほろ苦い香り立ち。あるいはパンの耳、穀物系の香りでもある。奥には若干古酒系のヒネ香もあるが、オールドらしさを感じる要素として楽しめるレベル。

味:とろりとした厚みのある口当たり。黒糖麩菓子、オールブラン、ほのかに草っぽい穀物風味とスモーキーフレーバー。余韻にかけてはピーティーで、カラメルソースを思わせるほろ苦い甘みが張り付くように残る。

香味に感じる色の濃い甘みは強い部類にあるが、同時に麦芽のほろ苦く素朴な味わいでバランスが取れている。加水すると鼈甲飴や林檎ジャムのような甘みも開いてくる。   
ボディのしっかりしたブレンデッドであるため、ストレート以外にロックがおすすめ。氷が溶けていく中でも味わいをキープし、まったりとしたひと時を楽しめる。

昭和の洋酒ギフトの筆頭候補。政治家、財界人などに様々な経緯から愛されたオールドパー。どこか不思議な存在感があると感じるのは自分が日本人だからでしょうか。
ジョニーウォーカー、バランタイン、シーバスリーガル、ホワイトホース、そしてオールドパー。オールドにハマった頃、この5銘柄はどこかに売ってないかとずいぶん探して回ったものです。
そしてずいぶんお金を溝に・・・いや、高い授業料を払ったものです。

というのも、オールドパーのオールドボトルはキャップに難がある、というのはこれまでも散々記事にしてきた通りで、地雷率の高い銘柄の一つ。それこそ、年代によっては8割とは行かずとも、7割くらいは外れるんじゃないかという被弾率ゆえ、ある種の鬼門として近年は敬遠し続けてきました。
そんな中、Facebookのグループ上で何名かが果敢に地雷率の高い銘柄に挑んで開栓をされて、華々しく散っていく・・・といった流れがあったので、ならば自分も続かないわけにはと、大丈夫そうな雰囲気を感じたボトルを開栓したところ、キャップ汚染度は10段階のうちの1か2程度。味への影響はほぼ無く、本当に大丈夫な個体を引き当ててしまったわけです。(みんな、すまん・・・。)

前置きがずいぶん長くなりましたが、せっかくアタリをひいたのですから、テイスティングしていきましょう。
今回のボトルは先述の通り1970年代流通のデラックス表記。1980年前後でマイナーチェンジがあるのですが、キャップシールの印字が斜めなのか横なのかで、流通時期を判断します。1970年代流通の中でもラベルに微妙な違いがあり、1960年代はティンキャップなので一目瞭然です。
その味わいはキーモルトがクラガンモアとグレンダラン、特にグレンダランと言われると納得の、しっかりしたボディにほろ苦いオールブランやカラメルソースを思わせるモルティーさ、どっしりとしたスモーキーフレーバーもあります。

オールドのグレンダラン12年は先日記事にしていますが、こうした構成は結構好み。毎回このレベルのボトルに当たるなら、もっとオールド市場で評価される銘柄なのだと思いますが・・・。なかなか状態のいいボトルに当たらないのが難しいところです。

このページのトップヘ

見出し画像
×