カテゴリ

カテゴリ:★6

バルブレア 23年 1993-2016 ロイヤルマイル 53.2%

カテゴリ:
BALBLAIR
ROYAL MILE WHISKY
Aged 23 years
Distilled 1993
Bottled 2016
700ml 53.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:自宅セミナールーム持ち寄り会
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかなでドライな香り立ち、ナチュラルな麦芽、淡いドライパイナップル、少し植物系のニュアンスを伴う樽由来のアロマ。

味:ピリピリとした刺激を伴う口当たり。トーンの高い甘さ、乾いた麦芽風味、バニラウェハース、ほのかにドライパイナップル。
余韻はスパイシーでドライ、ハーブの爽やかさを伴う爽やかなフィニッシュ。

樽感は淡く、口当たりでスパイシーな刺激を伴う一方で、青っぽさなどの癖はなく非常にニュートラルなハイランドモルトという印象。加水するとまろやかで甘みを感じやすいが、ボディが軽く水に負けやすいイメージも。

ウイスキーショップ、ロイヤルマイルのオリジナルボトルの1本。
同ショップ向けのリリースは、ソサイエティでバイヤーを務めていたアーサー氏がカスクチョイスを行うなど、業界との強いコネクションを活かしたレベルの高いものが多く、このバルブレアもロイヤルマイルと聞いた瞬間、まず間違いないだろうと感じていました。

使われた樽はバーボンホグスのリフィル辺りでしょうか、オークフレーバーが適度について、樽材由来の渋みや苦味は控えめ。そこに麦芽風味とドライなニュアンスが共存しており、同蒸留所のハウススタイルを感じさせる、らしい香味が備わっています。
思い込みが強いかもしれませんが、それこそ旧ラベル時代のソサイエティがチョイスしていそうなカスクだなとも感じます。



グレングラント 12年 ノンチルフィルタード 48% 免税向け

カテゴリ:
GLENGRANT 
Aged 12 years
Non Chill-Filtered
Travel Exclusive
1000ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとした刺激を伴う華やかなオーク香。乾いたウッディなアロマが主体だが、洋梨、バニラウェハースなどの甘みもある。

味:ドライでオーキー、軽やかな刺激を伴う口当たり。乾いた木材に若干の溶剤っぽさ、淡くドライパイナップル、バニラの甘み。
余韻はウッディでドライ、無糖シリアルのほろ苦さと香ばしさを伴う長い余韻。

バーボン樽を思わせるオークフレーバーが主体。ストレートではウッディーな刺激が強く感じられるが、加水すると柑橘系の爽やかさ、林檎、麦芽風味も開いてバランスが良くなる。
ハイボールでは適度なコクを残しつつ、爽やかな木のアロマが鼻腔に抜けていく、夏向けの1本。


昨年末にリニューアルしたグレングラント12年。国内に展開されている通常販売品は40%加水品でしたが、免税店向けで展開されたリリースは48%のノンチルフィルタードで、ウイスキー好きがグッとくるスペック。加えて価格もリッターボトルで7000〜8000円程と、700ml換算で通常品と大差なく、手を出しやすい設定なのも魅力的です。

だったら高度数でノンチル仕様の12年の方が買いじゃないか(アサヒビールは40%だけ正規輸入して何やってるんだ)と思うのですが、ストレートでそのまま飲む分には果実味はどちらも同じくらい。逆にバランスは40%加水品の方が整っており、飲み進めやすい印象を受けました。
今回テイスティングしたノンチル品は樽由来の要素は強いのですが、その分木材由来のえぐみや苦味も強く、まだ調整の余地が残されている印象。ターゲットをどこに置くかで考えて作られてるんだなと、それぞれのボトルに見るところがあったのは興味深かったですね。
(40%加水、国内正規品のグレングラント12年。華やかでフルーティー、バランスの良い仕上がり。)

以上のように、近年リリースの中では整ってよくできたボトルですが、辛口なことを書くとグレンリベットにしてもグレングラントにしても、あるいはロングモーンにしても近年のスペイサイドモルトに感じるのが酒質の軽さ。ライトでスパイシー、チクチクとしたエッジの鋭い刺激は3回蒸留のモルトのようでもあります。
そこに今回のようなバーボン樽主体のオークフレーバーが出てくると、樽の味が主体になってしまうのが傾向として感じます。

では昔からこういうキャラクターだったかというと、けっしてそんなことはなく。昔はもっと野暮ったく、ピートの効いた個性の感じられるスタイルでした。
時代とともに変わっていくハウススタイル、いい部分も物足りない部分もあります。洗練されたキャラクターが今後どの方向に向かうのか、今の時代を楽しみつつ、先に起こりうる変化も楽しみにしたいと思います。

クライゲラヒ 17年 46% オフィシャル

カテゴリ:
CRAIGELLACHIE
Speyside Single Malt Scotch 
Aged 17 Years
700ml 46% 

グラス:リーデル
量:30ml
場所:BAR飲み(Nadurra)
時期:直近開封
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでオーキーな香り立ち、ドライパイナップル、グレープフルーツピール、乾いた牧草、麦芽香。徐々にバタークッキー。生木っぽい要素もある。加水すると林檎を思わせるフレーバーが開く。

味:少し薄口だがスパイシーでドライな口当たり。薄めた蜂蜜、洋梨、乾いた麦芽、余韻はドライでウッディ。ほろ苦い風味を伴い開くように長く続く。
加水すると甘みが増すが、青みがかった植物感がある。

オーソドックスな味わいのあるスコッチモルトウイスキー。複数種類の樽感からくる複雑さ、強い個性ではなく軽やかなそれは多くの飲み手に受け入れられそう。ストレートで充分バランスは良いと思う、加水はお好みで。


クライゲラヒ(あるいはクレイゲラキ)と言えば、創業者がホワイトホースとラガヴーリン蒸溜所経営者の一族で、かつては蒸溜所にホワイトホースの看板が掲げられるほど強い繋がりのあるキーモルトとして有名です。
現在も繋がりはあるようですが、業界の編成から近年ではラガヴーリン、グレンエルギンらの属するMHD傘下ではなく、デュワーズを製造するバカルディ社の傘下となっており、今は比重的にデュワーズのキーモルトとしての方が大きいでしょうか。

(クライゲラヒの影響が強くなった時代とされる1980年代流通のホワイトホースファインオールド。この他、日本向けに同モルトを主軸としたホワイトホースマイルドも発売された。)

つまるところ、生まれも育ちもブレンド用の原酒であり、長らくオフィシャルよりはボトラーズからのリリースが主体でしたが、バカルディ社の方針変更で数年前からオフィシャルリリースが本格的に登場。13年、17年、23年、そして先日発表されたWWA2017でワールドベストシングルモルトを獲得した31年と、充実したラインナップを揃えるに至っています。
(また近年では愛好家から高く評価されているボトラーズリリースもいくつかあるなど、注目も集まっています。)

その酒質は麦芽風味主体でスパイシー、ライト寄りな素直なキャラクターという印象。13年はホワイトオーク由来の乾いた植物系のニュアンスがメインに感じられましたが、17年はフルーティーさと全体のまとまりが良くなり、蒸溜所のキャラクターと樽感のバランスが取れたリリースに仕上がっています。
23年、31年はテイスティング出来ていませんが、ボトルに出会えたら是非試してみたいですね。

チェッカーズ スペシャルリザーブ 15年 1980年代流通 特級表記

カテゴリ:
CHEQUERS
Special Reserve 
Aged 15 years 
Deluxe Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml弱
場所:個人宅@Jさん
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでエステリーな熟成香に、乾いた干し草、ザラメ、ほのかにハーブの爽やかさと青っぽさが混じる。奥にはスモーキーフレーバーもあるが熟成香が主体。

味:軽い刺激を伴う口当たり、カステラの甘み、林檎のコンポート、徐々にスモーキーフレーバー。ボディはやや軽いが味はしっかりしている。
余韻は乾いた麦芽やビスケットを思わせる軽い甘みを伴い、染み込むように消えていく。

特別モルティーというわけではないが、しっかりとした熟成香が備わっているウイスキー。ストレートで楽しみたい。


チェッカーズは昭和のアイドルグループ、ではなくリンクウッドがキーモルトに使われた、今はなきブレンデッドウイスキー。
そのラインナップは1970年代以前のデラックス表記か、1980年代流通の12年。あとは下位グレードとなるアボットチョイスだけだと思っていたのですが、輸入が途絶える1990年間際、この15年が発売されていたとは知りませんでした。
(アボットチョイス陶器ボトル(左)とチェッカーズ・デラックス表記。この時代のチェッカーズはオールドスタイルのリンクウッドの個性がしっかりと感じられた名作。)

初めて会うボトル、ましてそれが自分の好きな銘柄と関係があるとすれば、嫌でもテンションは上がるというものです。
ただその素性を調べるのは容易くはありません。そう、アイドルグループの方のチェッカーズの超人気曲が「ギザギザハートの子守唄」、この歌詞が「15で不良」とか歌うものだからWEB(日本語)はそれしか出てこない(笑)。
では海外はというと、どうも15年は日本向けのボトルだったのか、これも驚くほど何もないのです。
(後は流通時期と思われる88年から89年あたりの世界名酒事典を調べれば、という感じでしょうか。)

気を取り直し、香味から見ていきます。
香りは熟成したモルトのエステリーさ、じんわりと広がるオールドピートも健在。中々レベルの高いブレンデッドです。
エステリーな熟成香からは、おそらく15年以上熟成した原酒も結構使われているんだろうとする原酒構成が見えるとともに、合わせてボディの軽さ、乾いた穀物系のニュアンスから1980年代後期の、香味が軽くなってきたスコッチらしい原酒の傾向も感じられます。

珍しいブレンデッドをテイスティング出来、さらに経験を積むことが出来ました。
ありがとうございました!

ラフロイグ 16年 43% 200周年記念 免税向けオフィシャル

カテゴリ:
LAPHROAIG
Aged 16 Years
200th Anniversary 
Travel Retail of Laphroaig
350ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ナッティで華やか、ヨードを伴うバニラの甘さ。ドライパイナップル、オークのニュアンス。微かに絵の具っぽい癖も感じられる。

味:フルーティーでヨードを伴うオイリーな口当たり。ナッティーな香ばしさを感じるピート、グレープフルーツ、オークフレーバー。若干粘土質な土っぽさも余韻にかけて開いてくる。余韻はドライでスパイシー、ピートスモークがしっかりと残り鼻腔に抜けていく。

フルーティーでスモーキー、安定感のあるオフィシャルラフロイグそのものという味わい。樽はバーボン主体と思われるが、若干感じられる癖に新樽のような別な樽も混じっていそう。加水するとフルーティーさがボケてしまうようで、ストレートで楽しみたい。


ラフロイグ蒸留所が2015年の創業200周年を記念し、そして時期的にはオフィシャル18年ものを終売にしてリリースした免税向け16年。
200周年記念としては、1年を通じて15年、21年、32年、あとは毎年恒例のカーディスがリリースされ、そのどれもが一定レベル以上の出来。まさに記念となる年に相応しい、気合の入ったラインナップでした。
16年については発売前にこのブログでもネタにしていましたが、その後テイスティングを掲載しないまま現在に。先日改めて飲む機会がありましたので、やっと掲載です(汗)。

DSC09999
(ラフロイグ蒸留所外観。島内で採掘されるピート、フロアモルティング、波しぶきのかかる熟成庫・・・様々な要素が個性的かつ魅力的なラフロイグのフレーバーを作り出す。Photo by K67)

200周年の全リリースを振り返ると、32年は60年代から70年代のラフロイグにあるトロピカルで土っぽいフレーバー主体。現在のラフロイグの構成とは異なる妖艶さがあり、以前リリースされたスコシアロイヤルのラフロイグを彷彿。
15年、21年は現行品の進化系というか、今出来る原酒と樽を厳選するとこうなるんだろうなという、華やかでフルーティーでスモーキーな構成。個人的には15年の飲んだ後に広がる、原料由来と思しきフルーティーさがツボでした。

そしてこの16年もまた15年、21年の系統で、個人的にはやや21年寄りのフレーバー構成だと感じています。
何れにせよよく出来ているオフィシャルボトルなのですが、似た系統のリリースが続いてしまったこと。国内への並行品が15年の正規品に比べて割高だった事などから、多分200周年リリースの中で一番話題にならなかった、少々不遇なボトルでもあるという印象です。

ただこうして久々に飲んでみると、わかりやすい美味しさとらしさのあるラフロイグであることは間違いなく。
この系統のラフロイグは今後もリリースされると思いますが、この時代にウイスキーを嗜む愛好家はそのマイルストーンとしても、ぜひ飲んでおきたい1本、そしてシリーズであると思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×