カテゴリ

カテゴリ:★6

モートラック 1982-2002 ジェームズマッカーサー 55.2%

カテゴリ:
MORTLACH
James Mac Arthur
"OLD MASTERS"
Distilled 1982
Bottled 2002
Cask type Sherry #4174
700ml 55.2%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:強い香り立ち。やや青みがかったニュアンスを伴うハイトーンで乾いたウッディネス。合わせてエステリーで林檎のコンポート、蜂蜜、微かにカカオ。奥には木材の燃えかすのようなスモーキーさも伴う。

味:スパイシーでフルボディな口当たり。香り同様ハイトーンでヒリヒリとした刺激があるが、蜂蜜を思わせるコクのある甘み、香ばしくスモーキーな麦芽風味が淡いシェリー感やほのかな古酒感と共に広がってくる。
余韻はピーティーでビター。微かに青みがかった樽香を伴いパワフルで長く続く。

モートラックらしい強さと個性のある酒質に淡いシェリー感。口開け直後に比べ、柔らかくなってきた印象もあるが、ストレートでは未だパワフルな印象は拭えない。少量加水すると好ましい変化があり、特にピーティーさが際立つ。

普通に美味しいモートラック。テイスティングの通り酒質の"らしさ"が感じられ、ハイプルーフボトリングも手伝って香味に勢いがある。ジェームズマッカーサーのこのリリースは、これまで何本か飲んできたものの詰めたてが硬かったろうなってボトルが多い印象で、今回の1本も同様な構成です。

それでも15年程度の経年に、熟成年数20年程度と、樽に染まりきらないバランス型の熟成感は通好みであるだけでなく、真価を発揮するのは少量加水から。ハイトーンなアタックが落ち着き、程よい甘みを残してピートと林檎系の果実味が香ばしい麦芽風味と共に開くのが好印象です。
こういう古典的なスタイルの内陸系モルトは好みなんですよねえ。余韻の引き締めるような苦味がたまらんです。

ただ、あえて言えば裏ラベル。モートラック蒸留所のハウススタイルと思しき内容が解説されていて、このボトルを飲んで納得できる要素が多い反面、ストロングシェリーというにはさすがに樽感淡すぎという印象も。。。
香味の系統からすると、シェリー樽が不足し始め、シーズニングも今ほど一般的でなかっと思われるこの時期のアメリカンオークのリフィルシェリーだと思います。こういうもんだと思って飲めば良いんですが、シェリーだと思って飲むと「あれ?」という感じなのです。

それでも、近年増えてきたわかりやすくもやや露骨な樽づかいから見れば、こういうかつてのケイデンヘッドとかにありがちなタイプの樽づかいは貴重になったとも言えます。
期待したシェリー感とは違いましたが、これはこれで楽しめる味わいでした。

バランタイン 17年 1960年代流通 43% 赤白紋章

カテゴリ:
BALLANTINE'S
Liqueur blended scotch whisky
17 years old 
1960's
760ml 43%

グラス:グレンケアン
場所:個人所有スペース
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:存在感のあるスモーキーさと燻した麦芽や土っぽいピートフレーバー。古びた家具を思わせる古酒感、色の濃い蜂蜜。奥には干し藁、バニラウェハース、モルティーだが軽い穀物感も混じる。

味:モルティーでコクがあってピーティー。中間にはべっこう飴やほのかにサトウキビを思わせる甘み、カラメル的なニュアンス、アーモンドナッツとピーティーなほろ苦さ。
余韻は少し埃っぽさを感じるが、スモーキーで染み込むように長く続く。

しっかりとピーティーで、作られた時代を感じるオールドスコッチ。このボトルはこのボトルで美味しいのだけど何かが物足りない。単に開ききってないというより、例えばもう少しシェリー系のニュアンスが強ければ・・・。


1937年に誕生したバランタイン社を代表する銘柄であり、日本ではThe Scotchの通り名を持つ17年。昨年の2017年は誕生80年の節目を迎えたことを記念し、当時のラベルデザインを模したバランタイントリビュートが発売されていたことから、この「赤白紋章ラベル」を新旧どちらかでも知っている方は多いのではないかと思います。

今回テイスティングしたボトルは、その1960年代流通。この時期のボトルは、Ballantine'sの下に書かれたIn use for over表記でおおよそ流通時期の判別がつくことで知られていますが、今回のロットはコルクキャップではなくスクリューキャップなので、60年代でも後期のモデル。
すなわち、伝統の赤白紋章ラベル時代の17年としては最後の流通時期に当たります。

バランタインの赤白紋章時代は味が良く、流通時期もわかりやすいことからオークションでも高い人気がある銘柄です。
特に30年はこれぞブレンデッドスコッチと言える、熟成したモルトとピートフレーバーのハーモニーが絶品ですし、逆にファイネストであっても若いなりに良さがあり。そしてその中間である17年もまたバランスが良く、しっかりとスモーキーで素晴らしいブレンデッド。。。であるわけですが、今回テイスティングしたボトルは特段状態が悪いわけではないものの、美味しいのだけれど樽由来の厚みが足りないのか、以前飲んだボトルに比べて少し物足りない印象も受けました。
当時は結構ロット差も大きかったと聞きます。リスキーな話ですが、これもオールドボトルと言えるのかもしれません。


さて、バランタイン17年といえば有名なエピソードが「魔法の七柱」です。
バランタイン17年を作るにあたって、レシピに用いられたという7種類の主要モルト原酒の総称ですが、これはバランタイン社を傘下とする企業の推移等によって時代毎に変わっており、常に当時と同じ銘柄が維持されてきたわけではありません。ただあまりにも有名すぎて一人歩きしている感があり、今尚当該レシピで紹介されていることも・・・。

一方、あまり知られていない話がそもそもこの「魔法の7柱」は、バランタイン17年が誕生した1937年の時点で崩壊していた可能性があるということ。
7柱である「アードベッグ」「プルトニー」「グレンカダム」「バルブレア」「グレンバーギー」「スキャパ」「ミルトンダフ」各蒸留所の操業期間を見てみると、例えばプルトニーは1930年から1951年まで閉鎖されていたという記録が残っています。
また、グレンバーギーは1925年にオーナー企業が清算手続きに入っていただけでなく、少なくとも1927年から1935年の間閉鎖されていたため、1937年にブレンドが完成した当時は原酒を使えても、すぐにこれらの原酒が調達できなくなる恐れがありました。

こうした背景を踏まえ、さらにオーナー企業等の関係を見ていくと、魔法の7柱が同一企業の傘下で安定するのは1960年代のハイラムウォーカー社時代。今回テイスティングしている17年がリリースされた頃のロットが該当します。
勿論、稼働時に作られたストックから20年、30年熟成の原酒がブレンドされていればレシピは維持できますが、そこまでしていたかは疑問。むしろ、7柱の話が積極的にPRに用いられて定着したのは、実はこの時代からだったのではないかとも考えられるのです。

グレンキンチー 24年 1991-2016 スペシャルリリース 57.2%

カテゴリ:
GLENKINCHIE
Special Release
Aged 24 years
Distilled 1991
Bottled 2016
Cask type Refill European Oak Butts
700ml 57.2%

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:BAR飲み@Y’s Land IAN
時期:開封後1年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:青みがかったウッディさ、ドライな麦芽香、ハイプルーフらしくアタックは強く鼻腔を刺激する。奥から蜂蜜を思わせる甘み、ほのかに林檎のようなニュアンスも。

味:ややぬめりのある口当たり。麦芽風味、洋梨、中間はクリアで雑味が少なく徐々にドライ。シロップのかかったホットケーキ、微かにレモンジャム。
ツンとした刺激が感じられ、ジンジャーエールのようなヒリヒリとした余韻へと繋がる。

ディアジオのリフィルオーク熟成らしい、ニュートラルでトーンの高い味わいのモルト。軽くスパイシーさを伴う酒質由来の香味を感じつつ、樽材そのものが溶けたような要素も伴う。アメリカンオークのようなフルーティーさは控えめなあたり、材質の違いを感じる。


昨年のリリース時に飲み損ねていたグレンキンチーのスペシャルリリース。
グレンキンチーの通常リリースは12年のみで、限定品のダブルマチュアードも同等程度の熟成と、近年はボトラーズリリースもほとんどない中、久々にリリースされることとなった20年オーバーは、いちウイスキードリンカーとして純粋に興味をそそられていました。

1990年前後において、蒸留所に特段大きな変革は無かったようなので、ロケーションや蒸留環境云々の話は省略。
熟成のバランスは充分。元々そこまで強い酒質ではないので、近年蒸留では25年前後がちょうど良いかもしれません。
軽い麦芽風味やスパイシーさをそのまま伸ばしたような香味に、ディアジオのスペシャルリリースらしいリフィルオーク由来の樽感がそれを邪魔しない。ファーストフィルシェリー樽のように、圧殺するような構成ではないため、丁寧な作りとも感じる「面白みはないが、個性は楽しめる」といったボトルだと思います。

グレンキンチーは現存する数少ないローランドモルトとして、もう少し日が当たってほしい蒸留所。
企業側の方針もあるので難しいでしょうが、ディアジオ傘下にはそうした蒸留所がいくつかあり、今年はグレンエルギン、来年はオーバン。。。普段はブレンデッド向けに位置付けられている蒸留所のハイエンドリリースの中で構成される酒質の個性が、こうしたボトルを飲む楽しみです。

ジョニーウォーカースイング 1960年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:

JOHNNIE WALKER SWING
1960's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:アポロニア
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソースのかかったプディング、洋菓子を思わせる甘みとスモーキーなアロマ。古酒感、奥には乾いた麦芽香、かりんとうを思わせる香ばしさも感じる。

味:マイルドでキャラメルを思わせる甘み、醤油飴、香ばしいモルティーさとじわじわとピートフレーバー。ほろ苦く染み込むようなフィニッシュが長く続く。

リッチな甘味が強いが、合わせてモルティーさとしっかりしたピートフレーバーも感じられる。ハイボールよりはストレート向き。シガーやパイプと合わせても面白い。


ジョニーウォーカーシリーズの上位グレード。生い立ち、バックストーリーについては今更説明の必要もないと思いますので割愛しますが、ゆらゆらとスイングする独特のボディは客船の中で振舞われることを前提に開発されており、そのデザインがある種のシンボルとなって、近年まで続いています。

(スイングはラベルは違えどボトルデザインは現行品まで変わらない。1960年代流通(左)、1970年代流通(右)、現行品(中央)。1970年代は甘みがさらに強く、わかりやすい味わい。現行品は内陸系のモルティーさでバランスが良い。)

オールドスイングの特徴はシェリー樽熟成による濃い甘みのある構成。1970年代流通が甘みとしては一番強く、60年代のコルクキャップ時代は甘みもあるものの、スモーキーさが強い。これは当時のカーデュー由来でしょうか、マイルドな味わいでありながら特徴的な内陸系のピーティーさがオールドラヴァーにたまらないですね。
これが1980年代後半になると甘みが控えめになり、島系のピーティーな味わいが強くなる。現行品は再び内陸系に。。。どの年代が好みかは、飲み比べるのが面白いと思います。


ちなみに個人的な話が自分は離島旅が好きなのですが、船に乗るとこのスイングをつい連想してしまいます。
その最たる例、26時間の船旅の末にたどり着く小笠原のBARで飲んだ現行品のスイングは、不思議な美味しさがあったのが懐かしい旅の記憶です。

ローガン デラックス 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
LOGAN
De Luxe
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR アポロニア
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでやや古酒感のある香り立ち。カラメルソースのほろ苦くビターな甘みと、奥には少し穀物を思わせる乾いたアロマも感じられる。

味:まろやかな口当たり、干草のニュアンスと土っぽさ、麩菓子、キャラメリゼ、ほのかに醤油飴のようなヒネ系の甘味。ボディはミディアム程度で、ビターでスモーキーなフレーバー、染み込むようにピーティーで長く続く。

しっかりとピーティーなブレンデッド。中間が少し軽めだが、ラガヴーリンの個性が効いておりストレートでも美味しく飲める。そしてそれ以上にハイボーラー。古酒特有のヒネ香が軽減され、飲み口はスモーキーでマイルド。炭酸の刺激と実によく合う。


物量が豊富で手に入りやすく、そしてスモーキーなオールドブレンデッドの代表格がローガンです。
ホワイトホースの上位グレードという位置付けであることと、その名称にラガヴーリン蒸留所におけるブレンデッドウイスキー開発のルーツとなる人名を冠していることなどから、主軸の原酒にはいつの時代もラガヴーリンと思しきモルティーさが感じられる点が特徴。
もっと人気があっても良いと思うのですが、ホワイトホースよりも安価に入手できることもザラにあります。

その要因には、1970年代以降のローガンの細かいラベルの変化にあると推察。ついつい流通時期判別で身構えがちではないか。。。と。ただこれまで何本も飲んできた経験則から言えば、見ればいいのはキャップ部分のみ。12年表記の有無やレアード表記の有無、Logan'sとLoganの表記の違いで大きな違いがあるというと、むしろボトルの状態の方が重要という印象です。

今回のキャップ、鉛シール貼りのプラスクリューキャップは、同じ濃いえんじ色の金属スクリューキャップ時代の直後に当たる、80年代中頃から後期の流通となります。
比較的入手可能な60年代以降流通のローガンの中で、最も香味の厚みとスモーキーさのバランスが取れているのが70年代前半のゴツゴツした鉛キャップ時代だと思うのですが、次いで良いのが80年代のえんじ色スクリューキャップ時代。
内陸系の原酒としてクライゲラヒなどの比率が増えているのか、ボディは少々軽いものの、ピートフレーバーは充分存在感があります。

梅雨明けていよいよ夏本番、ハイボールが美味しいこの時期。オールドブレンデッドハイボール要員に、是非オススメしたい1本です。

このページのトップヘ

見出し画像
×