カテゴリ

カテゴリ:★6

フェイマスグラウス プレステージ 43% 1990年代流通

カテゴリ:
FAMOUS GROUSE
PRESTIGE
Finest Scotch Whisky
1990's
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★★(6)

香り:エステリーで熟成感のある華やかな香り立ち。ドライなオーク香、微かなハーブ、洋梨、奥からおしろいを思わせる麦芽の甘いアロマ。強くはないが存在感のあるスモーキーさも感じられる。

味:まろやかで徐々にドライな口当たり。ハチミツや麦芽風味主体の甘み、ナッツ、じわじわピート。香り同様の洋梨の甘さも混じる。ボディもそこそこあり、モルティーで飲みごたえがある。
余韻は心地よくドライでスパイシー。スモーキーで麦芽の甘みも残る。

熟成感あり、ややドライでブレンデッドとしてはオーキーな樽感が強いようにも感じる一方、モルティーでボディも暑く、全体のバランスが取れている。正直これは良く出来ている。
加水すると甘みが強く麦芽風味が前に。ハイボールも悪くないが、少々麦芽風味が野暮ったい。。。

1990年代、アジアマーケット向けにリリースされたという1本。WEBの情報を見る限りでは、2000年代前半あたりまでリリースされていたようです。
「あの有名な雷鳥のウイスキーをくれ」そんなエピソードから"フェイマス"の名を冠した同銘柄に、名声、一流といった意味を持つPrestigeの表記は、単に酒のグレードを表す以上にしっくりときます。

当時、フェイマスグラウスを製造していたマシューグロウ&サンズ社はハイランドディスティラリー傘下であり、UD系列。
中核を成した原酒はタムデューあたりでしょうか。モルティーで麦芽風味がしっかりと感じられ、スモーキーフレーバーもGOOD。ノンエイジですが体感20年前後の熟成感があり、樽由来のフレーバーも充分です。
裏ラベルに書かれたPRに偽り無く、下手なフェイマスグラウスのオールドより、出来がいいボトルだと思います。
家飲み用に常にストックしておきたいくらいです。

このフェイマスグラウス・プレステージ、国内のリユース市場ではあまり見かけませんが、日本市場には並行品が2000年ごろに出回っていった形跡があります。
この頃、同ボトルはデザインこそ無駄に重厚感あるそれから変わりませんが、ラベルからロットナンバーが消え、やや濃いめの色合いのラベルに変わっています。価格も中々お手頃だったようで、機会があればこの頃のモノも試してみたいです。

ちなみに、当時購入された方はご存知と思いますが、ハリボテかと思いきや蓋もボトル同様妙に重く、思わず落としそうになってしまいました。取り扱い注意です(笑)。

グレンギリー 15年 シェリーカスクマチュアード 53.7% 免税向け

カテゴリ:
GLENGARIOCH
Aged 15 years
Sherry Cask Matured
Exclusive to The Global Traveller
700ml 53.7%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:かりんとうやダークチョコレートのほろ苦く甘いアロマ。同時に梅やあんず棒の酸味、淡くベリー感。徐々にサルファリーな硫黄香、度数以上に強いアルコールのツンとした刺激も感じられる。

味:甘酸っぱく粘性のあるリッチな口当たり。かりんとう、レーズンチョコレート、カカオパウダー。じわじわとサルファリーでビターなニュアンスが支配的。
余韻は硫黄由来の苦味を伴い、ハイトーンでひりつくようなフィニッシュ。

度数以上に強いアタックがいかにも近年のギリーらしい。加水すると若干硫黄香は若干残るが、コクがあってマイルドな飲み口に。香りはハニートーストのような甘みも感じられる。ストレートよりは加水向きのモルト。


グレンギリーの免税店向けボトル。日本国内市場には12年ないしファウンダーズリザーブが中心ですが、実際は今回のシェリーカスク15年以外に、ビンテージシリーズなど様々なラインナップがリリースされています。
オフィシャル以外の領域を見ると、ここ数年は1990年代蒸留のリリースがボトラーズから増えてきて、その味わいは1990年代前半、後半、そして2000年代でそれぞれ変化があって個性としても楽しめる。もっと評価されていいのになあ、とこのブログ上で呟くのはこれが初めてではないですね(汗)。

さて、今回のシェリーカスクですが、当ブログでは素晴らしい写真でお馴染み、T.Ishiharaさんが「このギリーは美味い!」と絶賛されており、気になっていたボトルでした。
(グレンギリー蒸留所外観。いつの時代も独自の個性を持ち、愛好家からの評価も高い。Photo by T.Ishihara)

2000年前後、ここ最近のグレンギリーらしいハイトーンな酒質に、シェリー感は硫黄由来のニュアンスが底支えとなって甘酸っぱいベリー系のフルーティーさがあるイメージ。オフィシャル12年にも共通する酸味、オイリーなフレーバーもアクセントとして感じられます。
また1997年以降、グレンギリーはほぼノンピート原酒と言われており、この15年からも明確なピート香は感じません。

一方、近年のグレンギリーのシェリー系は硫黄が出ているものが多いイメージがあり、これもその例に漏れず。系統としては、先日記事にしたアデルフィのグレンギリー1998にも近い感じです。
樽はスパニッシュではなくアメリカンホワイトオークと推測。サルファリーなフレーバーは気になる人は気になると思いますが、気にならない方の満足感は高いと感じると共に、こういうボトルが時間経過でいい方向に変化するのではないか、とも感じます。
実際、このボトルは開封後1ヶ月以内の時点から、3ヶ月ほど経過した現時点まで様子を見ているものの、ギリーらしい個性が開いてきたり、既に変化も見られているところ。
将来の姿を想像しながら、テイスティングを楽しませていただきました。

ボウモア 18年 43% Deep & Complex 免税向け 2017年リリース

カテゴリ:
IMG_4361
BOWMORE
Deep & Complex
Aged 18 years
Bottled 2017
Excluxive by the Global Traveller 
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:100ml程度(サンプル@T.Ishiharaさん)
場所:自宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:香り立ちは焦げたようなアロマ。じわじわと赤い果実を思わせる甘いフルーティーさ。ドライクランベリー、プルーン、ミルクチョコレート、あわせてピートスモーク。微かなにフローラルなパフューム香も混じるが、総じて好ましいニュアンスが中心。

味:甘くオイリーでリッチな口当たり。熟したピンクグレープフルーツ、ザクロのキャンディ、フローラルなフレーバーがほのかに感じられる。
余韻はピーティーで焦げたようなスモーキーフレーバー。ヨードの甘みを伴うドライで長いフィニッシュ。

甘くまろやかでスモーキー、シェリー感は悪くなく好ましい複雑さもある、オフィシャル加水らしい構成のボウモア。
加水するとオレンジシロップのような香りに、フローラルなパフューム香が存在感を出してくる。味は引っ掛かりが少なくまろやかだが、いくつかの要素が消えて単調で水っぽさも感じられるようになる。好み次第ではあるが、ストレートで。
ボウモアがこの2017年から空港免税店向けに展開を開始したシリーズの一つ。10年、15年、そしてこの18年と、3種類が現時点でリリースされています。
時を同じくして、通常流通のオフィシャルラインナップもラベルチェンジが発表されており、ぱっと見「あれ?同じもの?」と思うかもしれませんが、この免税品"Deep & Complex"はシェリーカスク(オロロソ&PXシェリー)で熟成された原酒のみで構成されており、通常品とは構成が異なります。

ご参考①:ボウモア免税向けリリースに関するニュース。
ご参考②:ボウモア通常ラインナップのラベルチェンジ、リニューアルについて。

上の記事でも書いてますが、従来のオフィシャル18年は、近年リリースのボウモアでありながらパフュミーな香味を残していました。
本来、2016年マイナス18年は1998年、今年ボトリングされるものは1999年が最も若い原酒となります。魔の1980年代、本来ならパフューミーさのパの字もない時代です。隠し味的に1980年代の原酒を加えているのでしょう。

一方、これまでのリリースの傾向を見るに、この1998年や1999年はボウモアとしてフルーティーさがはっきりと出ている、アタリ年と言われてもおかしくない時期。そこに1995年頃の紙っぽいニュアンスの少ない、2000年代に比べてボディの厚い、いい意味で雑味のあった時代の原酒が加われば。。。これはもう期待せざるを得ないわけです。
そうした背景から、ラベルチェンジすれば変わるだろうと、この新しい18年に期待を込めていたわけですが・・・。期せずしてその前哨戦となった免税向けリリースでは、裏切られたとは言わないものの、テイスティングの通り喜び半分悲しみ半分、複雑な結果と言えます。

シェリー樽由来のリッチな甘み、酒質由来のフルーティーさ、スモーキーフレーバー。ここまではGOOD。量産品でこのクオリティは流石とさえ感じます。
パフュミーさは従来のオフィシャル18年の1/4くらい、香りの段階ではあまり目立たなくなりましたが、依然アクセント的なレベルで依然効いています。
自分は飲めるレベルですが、あるだけで厳しい"鋭敏さん"には苦しいか。
オフィシャル通常ラインナップは、シェリー樽以外にバーボン樽原酒等も使われてフルーティーさがより出てくるでしょうから、そこに向けては今回のリリースで軽減が見られたのが明るい兆しとも。
自分にとって真実のボウモア18年を探す旅は、まだ続きそうです。

グレンマレイ 27年 1988-2015 ジャックウィバース 44.4%

カテゴリ:

GLEN MORAY
JACK WIEBERS WHISKY WORLD
OLD TRAIN LINE
Aged 27 years
Distilled 1988
Bottled 2015
Cask type Bourbon #1341
700ml 44.4%

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:BAR飲み(持ち寄り会)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとしてウッディな香り立ち。オーキーな華やかさ。干し草、青リンゴ、ドロップを思わせる甘み。徐々に麦芽香も感じられる
                       
味:口当たりは柔らかく、ややのっぺりとしてあまり広がらない。青っぽい植物感、生焼けホットケーキ、オーキーなフルーティーさ。そこから余韻にかけて樽由来の乾いたウッディネス、渋みが続きドライなフィニッシュ。

フルーティーで華やかだが、ボディが弱く加水にはあまり耐えられない。ストレートで。

グレンマレイならぬ、土下座マレイ。雰囲気の漂うラベルが特徴の、ジャックウィバースのオールドトレインシリーズ。樽由来のフルーティーさの奥には、青みがかった植物感を伴うホットケーキのような麦芽風味。かつてのオフィシャルリリースに通じる穏やかな酒質がらしさとして感じられます。
決して悪くはないのですが・・・厳しいことを言うと、熟成期間を経て度数、ボディ共にだいぶ削られており、ボトル全体としてのパワーが弱い典型的な度数落ちモルト予備軍という構成です。
今はまだギリギリですが、これ以上熟成したら完全に酒質が弱って、樽をしゃぶっているだけの味になっていたように思います。

こうしたモルトは味はフルーティーでぱっと見良い印象ですが、勢いという点でどうしても飲んだ後が続かないのがネック。ボディが弱いというより、元々あったものが薄くなっている印象。上述のとおり、このマレイはまさにそのタイプに該当します。
逆に言えばボディが薄い分、際立って感じられる華やかさに好感を持つ人も少なからず居る模様。そういう意味で、ボトリングのタイミングは絶妙。ボトラーズのシングルカスクリリースだからこそ味わえる、これもまたモルトの面白さを味わう1本であるとも感じます。

ちなみにローカルトークですが、なぜ土下座マレイかというと。。。
「これ美味しいぞ!」
「マジか!スペック的にはピンとこないな」
「飲ませてやる!土下座の準備しておけよ!」
というやり取りが仲間内であった事に由来。
その後実際に飲む機会を頂いたわけですが、今回の評価はギリギリ★6。
以上を受けて持ち主との両者協議の末、どちらが土下座することになったかは・・・お察しください(笑)。

ベル 20年 ロイヤルリザーブ 43% 1980年代流通

カテゴリ:

BELL'S
Royal Resrve
20 Years old
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:個人宅(@TWDさん)
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くまろやかな香り立ち。カルメ焼きやバタークッキー、ナッツを思わせる麦芽風味。古酒感はあるがアルコールも立って状態良し。時間経過でポン菓子系の穀物香、カスタード、お菓子のイメージ。

味:スムーズでコクのある口当たり。熟成を感じる穏やかな穀物風味。バタークッキー、ハニートースト、サトウキビのような植物のニュアンス。
余韻は穏やかでスウィート。淡くカラメルソースのオールドシェリー感を伴う。

スムーズでまろやかで程よい熟成感のあるブレンデッド。モルティーだが、華やかさより素朴な印象。クセの少ない構成はオールドボトルの入門にも勧めたい。ストレート、ロック、ハイボール、なんでも楽しめるタイプ。


アーサーベル社がリリースしていたハイエンドブレンデッド。市場には1970年代から1980年代、特に1980年代のものが多く流通しており、これもその時期のものと思われます。
スコッチオデッセイによると、傘下蒸留所はダフタウン、インチガワー、ブレアソールで、ベル社の製品はそれら蒸留所が作るモルトだけで構成原酒を賄う方針をとっていた模様。実際、今回のボトルを飲んだ印象もまた、3蒸留所の中ではダフタウンの比率が高いと感じる、素朴なモルティーさと柔らかい味わいです。

他方、アーサーベル社は1985年のギネス社による買収、そして1986年にはそのギネス社がUD社(現ディアジオ社の前身の一つ)を買収。
時の最大勢力と同門となったことでブレンド方針にも変更があったのか、ハイエンドに当たるベル20年の1980年代流通は、時代や流通先による香味の違いが大きかったように思います。

自分がこれまで購入した複数本も、コルクがべったり張り付くようなシェリー系のロットさに当たったと思えば、今回のようにソフトで穏やかなロットに当たることもある。
ラベルを見ると、細かい変更が何度も行われており、日本流通品などを頼りにある程度当たりはつけられましたが、その変化を時系列的に整理するのは困難と、昔ブログを書いていた時にさじを投げたのを思い出しました。

スコッチブレンデッドウイスキーにおける「キーモルト」は、その原酒だけでウイスキーを作っているという意味に加え、ブレンドにおける特徴づけをこの原酒で行なっているという整理も含めます。
そのため、各ブレンデッドメーカーでは傘下となる蒸留所の原酒の比率が多くなるのは勿論、その時その時で工面できる原酒をベースに使ったり、「バルク」として位置付けられるあらかじめブレンドされている無個性なウイスキーを購入してきたり、グレーンの比率を多くしたりしていたようです。

キーモルトは"これ"、とされているブレンデッドを飲んでも、それとわかる味がしなかったり。ロットによって味が大きく変わる一方で、ブレンデッドウイスキー全体で見て似たような味わいになっているものが少なからずあったりするのは、こうした背景によるものと考えられます。

話は変わりますが、ベルはイギリスにおける祭事、祝い事の際には欠かせない「門出の酒」として定着しています。
自分が結婚した時も、ウイスキー仲間の1人から、このベル20年を頂きました。
その経緯もあり、バックストーリー含めて懐かしい気持ちになった1杯でした。


このページのトップヘ

見出し画像
×