カテゴリ

カテゴリ:★6

トバモリー 20年 1997-2018 モルトマン 49.8% 日本市場向けボトル

カテゴリ:
IMG_20190709_215336
TOBERMORY 
The maltman 
Aged 20 years
Distilled 1997 
Bottled 2018
Cask type refill sherry #800 
Specially selected and bottled for Japan 
700ml 49.8% 

グラス:テイスティンググラス
場所:萌木の村 BAR Perch
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:しっかりとスモーキーで燃えた後の薪のようなニュアンス、オールブラン、ほろ苦いモルティーなアロマのなかに、柑橘や乳酸系の酸を伴うアロマ。微かに塩素のような薬品香も。

味:香ばしくやや尖ったようなモルティーさと、合わせて土っぽいピート。それらをコーティングするような樽由来の要素。プラムの果肉、オレンジピールを思わせる微かな酸とビターなフレーバーを感じる。
余韻にかけてはピーティーな苦味とスモーキーフレーバーが強く主張し、若干の荒さ、スパイシーさを口内に残して長く続く。

リフィルシェリー樽だが、シェリー感は若干の酸味程度で、シェリーシェリーする味わいではない。むしろ樽由来の要素が酒質由来のピーティーさとうまく馴染んで全体の荒さをコーティングし、バランスの向上に一役買っているようだ。近いキャラクターではアードモアをイメージする仕上がり。


マル島にあるトバモリー蒸留所において、トバモリー名義のものは、オフィシャルではノンピートの仕込みのモルトに用いられる名称。ピーテッドモルトを使ったものはレダイグですが、このボトルはレダイグと同じピーテッドモルトを使った仕込みのようです。

ハートブラザーズをルーツに持つ、モルトマンシリーズは、マイナー蒸留所でも安定したというか、日本人好みのチョイスが多い印象が個人的にあります。そのモルトマンから日本市場向けにリリースされたものが、今回のトバモリー20年。
調べてみると結構売れ残っているようですね。トバモリーという蒸留所の人気に加え、メーカーコメントだと、どっちの属性かわかりづらいので警戒されているのかもしれません。

トバモリー(レダイグ)といえば、1990年代より前のそれは香味がとっちらかっているというか、飲み疲れるようなまとまりの無さが特徴でした。
1993年にバーンスチュアート社が買収、テコ入れした結果、近年リリースされたオフィシャルのうち、短熟はそれなりであるものの、近い熟成年数であるオフィシャルのレダイグ18年はこれまた煩い味わいで、酒質がそんなに強くないのかなと思っていたところ。
これが案外悪くない。何より20年という熟成が近年の短熟アイラにはないバランスのよさで、日本向けにインポーター側の選定者が選んだ理由がわかるような構成でした。

ただ同じモルトマンからはレダイグ1997もリリースされているため、なぜこの味でトバモリー名義なのかは・・・疑問が残るところです。単に重複を避けただけか、あるいはサンプル事故とか・・・?






ロブロイ 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190714_093306
ROB ROY  
Years 12 old 
Fine Old Deluxe Quality 
Scotch Whisky 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1週間以内
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:ピーティーで薄めたみたらし、干し藁のような乾いたニュアンスと若干の紙っぽさ。仄かにハイトーンな刺激を伴うが、時間経過で微かな古酒感と、オレンジママレード、スモーキーなアロマに変化する。

味:ねっとりとしてコクのある口当たり。べっこう飴の甘味とオールブランやオレンジピールのほろ苦さ、土っぽいピートフレーバー。徐々にスパイシーでヒリヒリとした刺激が感じられる。
余韻はみたらしのような粘性のある甘味が舌に残りつつ、スパイシーで焦げたようなピーティーさ、張り付くような余韻で長く続く。

グレンギリー系の強いピーティーさ、オーヘントッシャンの3回蒸留らしい尖った風味。そこに熟成したグレーン。ボウモアよりもこの2つのモルトの影響を強く感じる。少量加水すると刺激が和らぎカラメル系の甘味が広がってバランスが良くなる。開封後時間が必要かもしれない。

IMG_20190628_223807

1980年代にボウモア、オーヘントッシャン、グレンギリーの3蒸留所を傘下としていた、モリソンボウモア社がリリースしていたブレンデッド。先日レビューした10年の他、12年があり、1990年代以降ブランドとして残るのはこの12年のほうです。
もっとも、日本には1990年代中頃ないし後半あたりから輸入されていなかったようですが。。。

ロブロイ12年は、1990年頃に角瓶からなで肩のデキャンタデザインに変更。日本に流通しているボトルはこれが最後となりますが、この頃のロブロイはボトルのキャップが樹脂製で、キャップ汚染の進んだロットが複数見られること。
また、蒸溜時期1980年代は、ボウモアだけでなくグレンギリーにもパフュームフレーバーが出ることから、それらを構成原酒とするロブロイにも同様の変化が出ているロットがあり、ダブルで注意が必要。オフフレーバーと石鹸を好むマニアックな趣味が無い限り、角瓶時代のロブロイを狙うのがオススメです。

105d9675
(同時期に流通していたロブロイ10年、トップの写真は照明の関係でわかりづらいが、色合いは10年も12年も同じ。やや12年のほうがマイルドかというくらいだが、フレーバーの系統も同じ。ロブロイとモリソンボウモア社については「ロブロイ10年」のレビュー記事を参照。)

”ロブロイ”と言えば、日本ではウイスキーよりもウイスキーベースのカクテルが有名。かつてウイスキー冬の時代は、「ロブロイをソーダ割り、氷無しで」なんて注文したところ、首を傾げながらカクテルのロブロイをソーダで割られそうになったこともあったとか。(某有名バーマンの経験談)
ですが近年はボウモアの評価と人気の高まりから、愛好家を中心に「ボウモアが使われているブレンドとして知られてこの銘柄も知られて来ているように思います。

ただ、この角瓶時代の10年、12年はどちらもグレンギリーを中心にローランドモルトをブレンドしたような、ボウモア比率が低めの構成であるところ。ボウモアが使われている=トロピカルフレーバーという構成にはなっていません。
また蒸溜時期としては1970年代の前半あたりですが、当時ピーテッドモルト代替のためグレンギリーのピーティーさが強く、またボウモアはギリギリパフュームが出ていないものの、フルーティーさは控えめに変化していた時期。このブレンドをそれらの構成原酒のキャラクターから分解すると、得心がいく部分が多く感じられるのです。






オールドエズラ 15年 2010年代流通 終売間際 50.5%

カテゴリ:
IMG_20190712_110113
OLD EZRA 
RARE OLD Sippin' Whisky 
15 YEARS OLD 
Kentucky Straight Bourbon Whiskey 
2000-2010's 
750ml 50.5% 

グラス:シュピゲラウ テイスティンググラス
場所:BAR Harry's 高岡
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:チャーオークの濃厚なアロマ。ややドライで溶剤系の刺激、干し草、チョコウェハース、焦げたトースト、アーモンド。ドライクランベリーやチェリーを思わせる長熟バーボンらしい赤い果実香も伴う。

味:メローで甘酸っぱい、パワフルな口当たりだがすぐにウッディでビターな苦味、タンニンが支配的になる。樽感強く濃厚だが、甘味を持続させるコクが足りない。
余韻はビターでウッディ、軽いえぐみを伴ってドライ、スパイシーなフィニッシュが長く続く。

微かに赤みがかった濃い色合い。香りは長期熟成バーボンらしい濃厚さと果実味、素晴らしい部分が多いが、味は樽のドライさやエグミなどの要素が混じってしまっている。ただ充分美味しいバーボンであることは間違いない。加水すると多少マイルドにはなるが、ボディが軽くなりすぎてしまう。

IMG_20190713_142729

2010年前後で終売になったと思われる、オールドエズラ(エズラブルックス)の最長熟成品。ですが、終売後10年近く経ってなお在庫があるのか、近年も流通が。。。ってこの書き出しは先日も使ったのですが、今回のテイスティングアイテムはまさにその現在も流通している並行品(在庫)なので、これ以外の書き出しはないというか、決して手抜きではないのであります。

さて、オールドエズラの発売時期に加え、1990年以前に関する情報は、以下の時代のレビュー記事とコメントを参考にしていただければ、現在一般に知り得る事が出来る情報はほぼ網羅できると言えます。スコッチに比べ、バーボンの情報はインポーターのやる気か、あるいはアメリカ側の雑さからか、明らかに間違っている情報がそのまま広まっていたりするので、実際にモノを見てきた愛好家による記事の補足は本当にありがたいですね。

IMG_6252
(1980年代流通、ラベルデザイン的には2世代前に当たるオールドエズラ。中身はメドレー蒸留所の原酒と考えられ、なによりオールドバーボンらしい艶やかな甘味とコクが香味に感じられるのが最大の特徴と言える。流通時期考察等を含むレビューはこちら。)

今回のボトルは、前回さわる程度だった1990年代後半以降。ヘブンヒル蒸留所の原酒を用いていた終売間際の頃と思われるもの。
オールドエズラは1991年に一度生産を休止したものの、その後すぐに再版。ところが2000年代後半に再びメーカー生産中止となって終売。。。2008年にはリーマンショックがあり、不況の影響から販売計画を見直したか、あるいは旧ヘブンヒル蒸留所の火災が絡んでいるのでしょうか。
ヘブンヒル蒸留所は1996年に大火災が発生、44棟のウェアハウスのうち7棟90000万樽と、蒸溜設備が焼失するという大きな被害があったことは有名な話です。その後、ヘブンヒル関連の既存のリリースは一部縮小しながら残ったストックと、別蒸留所に委託して凌ぎ、ルイビルのバーンハイム蒸留所を1999年に買収して蒸留所名としては復活を遂げました。

旧蒸留所で作られていた限りある原酒とニーズの変化もあり、2000~2010年頃にかけて多くの長期熟成銘柄が姿を消すのと合わせ、このオールドエズラ15年もまた同様に終売となった・・・という情報があれば、2010年頃、日本からの要望を受けて原酒ストックを調整し数量限定で再び生産されるようになったという話もあります。
これもすぐに終売になったようで、そもそも本当に作られていたのか、在庫を並行輸入しただけだったのかは謎です。

まあ、ヘブンヒルの火災時期である1996年から、15年熟成を名乗れるのは2011年ないし2012年が最短の払いだしですから、ここがオールドエズラ15年のラストイヤーなのかもしれません。

クラガンモア 12年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190705_221832
CRAGGANMORE 
Classic Malt Series 
Age 12 years 
1990-2000's
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティンググラス 
時期:開封後1週間程度 
場所:お酒の美術館 神田店 
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:甘みのあるややドライな香り立ち。麦芽の白い部分を思わせる白粉のようなアロマ、パンケーキなどの洋菓子、すりおろしりんご、ほのかにスモーキーで徐々にビターな印象も感じる。

味:マイルドな口当たり。程よい酸のある麦芽風味はオレンジやおしろい、生焼けホットケーキのような粘性と粉っぽさを同時に感じる。余韻にかけてはピーティーでほろ苦く、麦芽系のニュアンスはやや張り付くように感じられるが、比較的さっぱりと消えていく。

古典的なハイランドモルトに通じる構成。樽はリフィルのバットが主体かあまり主張はないが、その分厚みのある麦芽風味が特徴的。また麦芽風味のなかに多彩な香味要素が溶け込んでおり、単に麦系な酒ではない奥深さが魅力である。加水すると洋梨を思わせるフルーティーさ、さらにマイルドでスウィートな味わいに。


1988年、UD社傘下時代にクラシックモルトシリーズのひとつとなったことで、シングルモルトのリリースが始まったクラガンモア。
それまではオールドパーやホワイトホースなど、DCL傘下のブレンド銘柄の構成原酒ではありましたが、恐らく知名度という点ではほとんどなかったであろうモルトのひとつです。

ただ、シングルモルトとしての魅力がないわけではなく、その可能性をメーカーサイドが評価していたということが、UD傘下の数多くのスペイサイド蒸留所の中からクラシックモルトに選ばれていることからも明らかです。
当時のクラガンモアが備えていた厚みのある麦芽風味は短熟では多彩な、長熟ではシェリーやバーボン樽の要素に耐える酒質であり、コアなファンも多く。オールドのクラシックモルト・クラガンモアを飲むと、そのポテンシャルが伝わってくるのです。

61a4dfeb
(1988年頃からリリースされた、UDクラシックモルトシリーズのクラガンモア初期ボトル。細かいデザインの違いはいくつかあるが、ラベルの模様が少し緑色を帯びているのと、CRAGGANMORE表記の斜め上にSPEYSIDE表記がポイント。)

なぜそのようなフレーバーが出ていたのか。そしてなぜ現行品のクラガンモアからは失われてしまったのか。その他の銘柄含めて大いなる謎のひとつです。
クラガンモアは蒸留設備について大きな変更がなく、名物とも言えるスワンネックをカットした、特殊な形状のスチルは現役。一方、クラガンモアは1990年代までフロアモルティングを行っていた蒸留所であり、熟成年数から逆算していくと近年のフレーバーの線の細さの要因になっているのは精麦行程ではないかと考えられるのは、他の蒸留所とも共通する事項と言えます。

勿論これだけが背景にあるとは考えられず、蒸留の際の流量やワームタブでの冷却温度なども関連する要素に考えられます。
フレーバーがどの蒸留所でいつ頃消えたのか、あるいは新たに生じたのか。その前後に蒸留所で何があったのかを時系列でまとめてみると、見えてくるものもありそうです。


余談ですが、クラガンモア蒸留所の形状を上空から見ると、コの字に近い形状になっていることがわかります。
クラガンモア以外に、大がかりな改装を行っていない蒸留所などは、この形状であることが多いのですが、これはキルン棟にあのパゴダ屋根のデザインを採用した、蒸留所設計者チャールズ・ドイグの設計に見られる特徴なのだそうです。

蒸留所の真ん中のスペースに資材、麦芽などを搬入し、コの字の下側から上に向かうように各種工程が配置されている。そして最大の特徴であるパゴダ屋根のキルン塔。
近年はネットでの情報発信やツールの充実から蒸留所を現地以外からも見ることができるようになりました。
酒質以外に建物の作り、配置を見てみるというのも面白いかもしれません。

キングジョージ 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190625_223308
KING GEORGE Ⅳ 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1970's 
760ml 43% 

グラス:
時期:不明
場所:BAR Main Malt
評価:★★★★★★(6ー7)

香り: 存在感のあるスモーキーさ、べっこう飴や香ばしい麦芽香がトップノートに。ややドライでハイトーンな刺激を伴いつつ、オレンジピール、蜂蜜を思わせるグレーンの甘やかなアロマも感じられる。  

味:粘性のある口当たり。キャラメリゼやみたらしの古酒っぽさのある甘味と、オールブランを思わせる香ばしい麦芽のほろ苦さ。
後半にかけて軽いスパイシーさと染み込むようなピーティーさ。 余韻はほろ苦くピーティー、スモーキーなフィニッシュ。ピリピリとした刺激を伴って長く続く。 

オールドスコッチに求める方向性のひとつと言える味わい。コクのあるグレーンの甘味とモルティーな個性、適度な古酒感、そして現代とは異なる角のとれたピートフレーバーが時代を感じさせる。ハイボールも悪くない。

IMG_20190625_223406

オールドウイスキーのバイブルとも言える、スコッチオデッセイのページを開くと、まず最初に目に入るのが、このDistillers Agency Limited のキングジョージ、そしてハイランドネクターです。

親会社であるDCLの"至宝"とされるタリスカー、ブレンド用原酒のローズバンクとその他同社が有する様々な原酒をブレンド。
ブレンドされている原酒の熟成年数は5~12年程度といったところでしょうか。若干若さを感じる部分はあるものの、コクのある口当たりから、タリスカー由来のスモーキーフレーバーが広がる完成度の高いブレンデッドで、当時のDCLのレベルが抜きん出ていることも伺えます。

他方で、この時代になると普及品としての位置付けで"様々な原酒"の割合が増えてくるのか、60年代に比べてボディの厚みやピートフレーバーが多少穏やかになって来ているようにも感じます。
80年代流通は特にその傾向が顕著であり、相変わらず完成度は高いのですが、ボディが軽くなりスモーキーフレーバーが少し浮わつくようにも。麦芽品種と精麦プロセス、そして蒸留方法の変更と効率化。DCLが1960年代から70年代にかけて各蒸留所で進めたそれらが原酒に与えた影響を、香味の変化から感じられるようです。

10633156
(1960年代流通のキングジョージ。シェリー系の甘味を感じるふくよかな麦芽風味に、どっしりと存在感のあるピートフレーバーが下支えとなっている。まさにスコットランドの地酒という味わいで、この手のフレーバーがオールドスコッチ愛好家には堪らない。)

70年代以降は特に日本流通が多かったブランドで、リユース市場でもモノは度々見かけます。
流通しているのは日本向けが多く、各流通時期の見分け方は比較的簡単。ティンキャップの60年代、70年代は今回のボトル(ラベルに特級の印字がないもの)と、特級表記がある安宅産業輸入のもの。80年頃に代理店がニッカに切り替わり、ラベル変更が間に合わなかったのか通関コード部分を一本一本シールで修正するボトルが見られます。
また90年代以降はボトルがスリムになるので、一目でわかりますが、海外流通品だと70年代から80年代の区別がしづらいのは難点です。

このページのトップヘ

見出し画像
×