カテゴリ

カテゴリ:★6

スプリングバンク ファウンダーズリザーブ 1st レッド 46%

カテゴリ:
IMG_4573
SPRINGBANK
FOUNDER'S RESERVE
"RED FOUNDER'S"
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス 
量:1ショットらしいです(笑)
時期:不明
場所:自宅&個人宅
評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしい麦芽香に加え、金属を思わせるシャープなアタック。ドライオレンジピール、土っぽさ、ブラウンシュガーや硫黄も微かに感じるがバランス良くプラスの要素に繋がっている。

味:緩い口当たりから、香ばしさのある麦芽の甘み、微かに干し草、蜂蜜レモン、少し蝋っぽいニュアンスを伴うコクのある旨味。じわじわと塩気も感じられる。
余韻はほろ苦く、塩気を思わせる辛味に通じる刺激とコクが柔らかく収束する。軽やかな香ばしさも漂う。

独特なニュアンス漂う麦芽風味、コク、そして塩気・・・バンクのキャラクターとして王道的な要素を備えている1本。
熟成感は15年程度で、樽はバーボン樽以外にシェリー樽も若干使われているような特徴が感じられる。
元々緩さはあったが、ボトリング後10年を経て飲み口はだいぶ柔らかい。加水はらしさが薄まるのでストレートで。


1960年代のスプリングバンクのキャラクターを再現したとされる、ロッホデール社のファウンダーズリザーブ。10年以上ウイスキーを飲まれている方々からは、懐かしいと感じるボトルだと思います。
オフィシャルではなくボトラーズ区分ですが、作り手がスプリングバンク創業者の子孫であり、半オフィシャルと言えるボトルでもあります。

以下の写真にあるように、赤、青、黒、金と2000年代前半から1種類ずつ、計4種類がリリースされ、確か赤、青とリリースされた後、黒が発売されるまでは少し時間が空いていました。
2009年にゴールドラベルがリリースされてからは、同シリーズに動きはありません。
(ファウンダーズリザーブ全種。友人であるマッスルK氏宅にて。飲みたいって言ったよな、と注がれた1ショットは。。。)

今では見かけなくなったシリーズですが、自分がウイスキーを本格的に飲み始めた頃はどれも普通に飲むことが出来ましたし、探せば買えました。
そしてこれらの評判はというと、特筆した何かという事でもなく、芳しくない声もあったと記憶しています。

今改めてこれらを飲んでみると決して悪い出来というわけではなく、それは1960年代のスプリングバンクを再現したという自ら上げたハードルの高さも少なからず影響していたと感じられます。
実際、同時期のバンクというと、ローカルバーレイやウエストハイランドなどの伝説的ないくつかのリリースがあり、過去が偉大であるがゆえ、どうしても復刻品にもその片鱗を期待してしまう消費者心理があります。

冷静に考えると、全てのスプリングバンクが伝説的だったわけではなく、70年代〜80年代にかけてのリリースにはロット差もかなりありました。
同じ蒸留所ですから、当たり前と言えば当たり前ですが、一般的なそれらに共通するところは確かにあると感じます。
というか、普通においしいボトルです。
最近オフィシャルが美味しいと言われるバンクですが、合わせてこの辺りのボトルに注目してみても面白いかもしれません。


【以下、雑談】
1週間ほど間があいてしまいました。読者の皆さま、ご無沙汰しております。
この4月頃から大きな仕事を任されていて、ここが勝負の1週間だったこともあり私生活もほぼ仕事に向けていました。
ブログページを開いたのも本当に久しぶりです。
そんな1週間になることがわかっていながら、休日に記事ストックを作ってなかったのも問題ではあるんですけどね
(笑)。

まあその甲斐あってか、なんとか最初の山を越えることは出来ました。自分一人の力ではなく、表で、裏で、部署関係なしに多くの協力があったことに涙が出そうになります(実際トイレで泣きましたが)。
今後どうなるかというと、ブログは自分の趣味であり、ライフスタイルの一部のようなモノですので、勿論書き続けていくわけですが、今の仕事が終わったわけではなく、先には2つほど大きな山が控えているので、また今回のように更新が止まるかもしれません。

仕事と趣味、どちらも大事ですが、やはり仕事あっての趣味ですので。まして自分は一家の大黒柱でもあります。
その時は、「ああ、あいつも頑張ってるんだな」なんて思いながら、皆さまの生活の基盤となる"仕事"のやる気につなげて頂けますと幸いです。

ボウモア 19年 1998-2017 アイラフェス2017向け 54.3%

カテゴリ:
IMG_4551
BOWMORE
THE FEIS ILE COLLECTION 2017
Aged 19 years
Distilled 1998
Bottled 2017
Cask type 1st fill Sherry punchon
700ml 54.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅(借り物@マッスルKさん)
時期:開封後1ヶ月未満
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:リッチでバタークリームのような濃厚な甘さを感じる香り立ち。スワリングするとレーズンやドライクランベリーの酸味、あわせてほのかにゴムっぽい癖、焦げた木材のような苦味、煙っぽさもある。

味:ややベタつきのある甘く濃厚な口当たり。ピリピリとしたハイプルーフらしい刺激と共に、レーズンバター、魚介系ダシ、たまり醤油、中間から焦げた木材やキャラメリゼのほろ苦さとスモーキーさが開く。
余韻はスモーキーで徐々に口内の水分が奪われドライに。ドライプルーン、アーモンド、ゴムっぽさとダシ系のニュアンスのまま長く続く 。

ねっとりと濃厚で甘いシェリー感の奥にスモーキーフレーバー。圧殺気味だが、近年リリースの中ではシェリー感に特筆すべき点がある。 
一口目は良いが、途中で水か、パンか、何かを間に挟むことで美味しさが継続する。時間経過で果実味が香りに開くようでもあり、開封後の変化も見逃せない。 飲み方はストレート、あるいは極少量の加水で。加水するとシェリー感のバランスが良くなると共に塩気が感じやすくなる。


アイラフェス2017を記念し、ボウモアからボトリングされた1本。熟成庫はお約束のヴォルトNo.1。フェスに参加した現地組関係からの情報で、前評判の高かったボトルでもあります。
その中身は非常に濃厚なシェリー系で、ベリーやレーズンなどの果実味を伴う部分が好印象。香木感はそれ程出ていませんが、この濃厚さはスパニッシュオークのカスクでしょう。
こうしたカスクがボウモアに限らず増えてくるのは、シェリー樽好きにはたまらなく嬉しいことでもあります。

一方でこのシェリー感、なるほどこれは確かに、と納得する部分でありつつも、ボウモアらしさとも言えるフルーティーさは圧殺気味。1998年、99年蒸留のボウモアは樽と合わせてフルーティーさが強くでる傾向にあるのですが、そうした酒質との バランスでは少々アンバランスだと感じました。
この辺は飲み手がボウモアに求める姿、キャラクターや見解の相違もあります。自分の感覚では厚化粧しすぎかなという印象でしたが、基本的には美味しいボトルなので、高く評価される方も多いでしょう。例えばモルトマニアックスでの高評価は待った無しだと思います(笑)。


ボトラーズ含めボウモア全体のリリースを見ていると、80年代に比べ、90年代のボウモアにはシェリーカスクが増えているように思います。
あくまで推測ですが、サントリー山崎など、シェリーカスクでこうした濃厚なタイプが多くありますから、樽の出どころとして同資本だけに共通するところがあったのかもしれません。

ただ、一部に共通するのが硫黄とは違うゴムのような癖を伴うケース。このボトルも例に漏れず、そのキャラクターが若干感じられます。
恐らく、樽の香味としてはそこまでゴム系ではないのでしょうけれど、ボウモアのピートやヨードなどのニュアンスがシェリー樽のウッディさと組み合わさって、そう認識されてしまうのかなと思います。

余談ですが、ボウモアのアイラフェスボトルはハンドフィルでその場で詰めて販売していたそうですが、今年はボトリング後のものが販売されていたとのこと。 
まあハンドフィルと言いつつそうした体制で販売している蒸留所も少なからずありますから、時間が短縮出来るのは良いこととしても、自分の手で詰められないのはちょっと寂しいですね。



羽生蒸留所 伊知郎 1991-2014 三越伊勢丹 54.1%

カテゴリ:
羽生蒸留所伊知郎1991
ICHIRO 
HANYU DISTILLERY
Aged 23 years
Distilled 1991
Bottled 2014 
Cask type Madeira #1386 
700ml 54.1%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅@TWD氏
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:淡くサルファリーな煙っぽいニュアンス、樽香強くウッディで熟成した梅酒のような酸味、黒砂糖、若干の植物感を伴う。

味:かりんとうのような甘みと香ばしさ、スパイシーで徐々にサルファリー。樽由来の香味は香り同様に濃く、リッチな味わい。
余韻はほのかな酸味とローストアーモンド、樽由来の苦みやえぐみが強く残る。

やんちゃというか、アンバランスというか、ジャパニーズらしい強い樽感が特徴的。酒質としても度数以上にアタックが強く、酸味を伴うアロマが甘みとともに樽由来の香味で後押しされ、羽生らしさとして感じられる。 
開封後数年単位で時間が必要。加水は硫黄が強くなる傾向があり、ストレートで。


三越伊勢丹限定品で2014年に発売されたイチローズモルト、羽生のマディラカスク。下の写真にあるように、2000年蒸留のコニャックカスクと共にリリースされ、2組の翼が対を成す、美しいデザインのボトルです。
当時はジャパニーズウイスキーブームが一気に拡大した時期、特に大陸方面からの買い付けが増えた時期でもあり、コレクターズアイテムとしての側面もあったと記憶しています。

また今回のリリースに限らず、羽生蒸留所からは、シェリー、バーボン、コニャック、マディラ・・・他のメーカーと比べても多様な樽が使われており、当時どのような考えでこうした樽を調達し、熟成に使っていたのか興味深くもあります。

ISETAN伊知郎

テイスティングで触れた「ジャパニーズウイスキーらしさ」は、酒質のフレッシュさに対して強く出がちな樽の影響、その両者によるバランスです。
同じ熟成期間を経たウイスキーでも、ジャパニーズのほうが短い期間で総じて強く樽の影響を受けている印象があります。
しかし、ジャパニーズウイスキーはスコッチウイスキーの流れを汲むもの。スコットランドと何が違う事でそうした影響が出るのかとすると、それは「温度(気温)」にあると考えています。

例えばこのカスクに限らず、近年リリースされた羽生蒸留所の原酒はほぼ全て、羽生で1度熟成された後、福島県郡山市の笹の川酒造の貯蔵庫に移され、そこで5~6年程度の時間をすごし、さらに今度は秩父に戻るというプロセスを経ています。
気象庁で過去の統計データを見てみると、羽生市のすぐ傍、気象台のある熊谷では2000年時、最高気温39.7度を9月に記録(最低気温は2月にマイナス4度)。スコットランドの平均気温を見ていただければ違いは一目瞭然、日本の方が全般的に高い温度環境の中で熟成されていたことがわかります。 

熟成のメカニズムでは、気温が高くなると樽材が膨張するため、寒い時期と比較して圧倒的にエキスが出ます。あまりに出すぎて、えぐみ、タンニンが強くなりすぎることも珍しくありません。
また、熟成はエキスだけで成り立つものではなく、寒さも必要です。低音環境下では樽材が縮み、これにより樽が呼吸するとされる条件が整うだけでなく、ウイスキーそのものも温度による体積の膨張、縮小、アルコールなどの揮発を繰り返していきます。
ウイスキーの熟成は"樽の呼吸"を伴うものであり、寒暖の差が大きいほうが熟成が早いとされるのは、こうした経緯によるわけです。

一方で気温の変化が比較的安定して、かつ冷温な環境下で長期間熟成させるほうが、分子の結合(あるいは樽材の縮小により産まれる微細な隙間)によりアルコール感が落ち着きやすいとする説もあります。
日本のクラフト系のウイスキーの大半は、羽生のようにツンとしたアルコール感と強い樽香が特徴的と感じるのは、こうした熟成環境によるところもあるのではないかと考えると、スコッチウイスキーとのスタイルの違いと環境の整合が取れるなと感じています。

ちなみに、この羽生の原酒は2004年頃に笹の川酒造の熟成庫に保管場所を移したわけですが、郡山市の気温は羽生市に比べると低く、しかし寒暖差という点では大きい傾向にありました。
怪我の功名というか、ポジティブな経緯ではないものの、これらの背景を考えれば、福島での熟成はそれはそれで価値のあるものだったのではないかと思えてきます。

先日、ブラインドで羽生のモルトを出題したところ、ハウススタイルついでにそんな話をする機会がありましたので、こちらでも自分の考えをまとめさせて頂きました。

ベンリネス 19年 1997-2016  ハイランダーイン 57.9%

カテゴリ:
BENRINNES
Highlander inn
Aged 19 years 
Distilled 1997
Bottled 2016
700ml 57.9%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(GOSSE)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:オーキーでドライ、爽やかなアロマ。ナッティーで軽やかな香ばしさと、青さの残る干し草、ドライパイナップル。ツンと鼻腔を刺激する鋭さも感じられる。

味:軽やかにスパイシーでドライな口当たり。薄めたハチミツ、林檎、香り同様に青みのあるフレーバー。余韻はオーキーでハイトーン、乾いた木材のニュアンスを伴いあっさりとしている。

青みがかった香味と華やかな樽香が特徴的なボトル。突き抜けないが、若さ、過度な樽感などなく、らしさがうまくまとまっている。加水すると薄さが・・・ストレートで。


スコットランド、クライゲラヒにあるハイランダーインホテルがリリースした1本。ラベルに写る同ホテルに併設されたBAR(パブ)はウイスキー業界の心臓と呼ばれ、言わば聖地的な位置付けにあり、多くの著名人が訪れるのだそうです。(ちなみに同ホテルのオーナーが日本人の皆川達也氏であるのは、改めて紹介するまでもないですね。)

今回のボトルは、個人的にはベンリネスらしい味わいだなと感じています。
ベンリネスは一部原酒を3回蒸留で作っており、軽く、そしてツンとしたエッジの立ったような刺激のある香味が特徴的だという印象。
また、これは樽による部分もあると思いますが、3回蒸留だったり、近代的な設備を採用する内陸系の蒸留所には、青みがかったような香味を感じる事が多く、その点もらしさと感じるところです。

樽由来の香味は近年主流のバーボン系ですがリフィルタイプなのかホグスヘッドなのか、少し控えめな仕上がり。
この手のフレーバーは突き抜けないが安定していて万人ウケする、エースじゃないけど計算出来る選手という位置付け。
さっぱりと華やかなモルトを飲みたい時に、ちょうど良いボトルだと思います。

ボウモア 9年 シェリーカスクマチュアード 40%

カテゴリ:
BOWMORE 
Aged 9 years
Sherry cask matured
Limited Release
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み(サウスパーク)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:ゴム系のアロマ、輪ゴム、焦げたピート、やや癖のある香り立ち。徐々に黒蜜やシュガートーストのような甘みも開いて充実してくる。

味:甘くリッチな口当たり。溶剤系の癖と魚介ダシ、焦げたウッディネス、塩素のニュアンス。度数は低いが飲みごたえあり。
余韻はソルティーでキレがある。奥からマンダリンオレンジやアプリコットジャムのようなフルーティーさ。ドライでピーティーなフィニッシュ。

香りに輪ゴムのような癖があるが、味は甘くリッチなボウモアシェリー。余韻にかけてらしいフルーティーさが好ましく感じられる。口の中を支配するサルファリーな要素が無く好印象。今開封して秋頃に本領発揮しそうなイメージ。


最近日本にも入り始めたボウモアシェリーカスク。テイスティングの通り、ただコテコテした味わいでは無く、上手くまとまった甘みとらしいフルーツが印象的。熟成表記は9年ですが短熟ゆえの荒さはあまり感じず、加水も含めて上手く調整してあると思います。
シェリー系のリリースが高騰する中にあって、5000円前後と大変お買い得な価格設定も魅力な1本です。

今回はBAR飲みでの記録ですが、こうした評価もあって既にテイスティング会などでだいぶ機会に恵まれているボトルでもあります。(リカーズハセガワさんでは試飲ボトルも開いてますね。)

ボウモア蒸留所を見学すると、そのビジターツアーの中、熟成庫内で樽からその場で取り出したサンプルをテイスティングする事ができます。
サンプルはそれぞれバーボン樽とシェリー樽。先日放送されたクレイジージャーニーで目白田中屋の栗林氏が「これはエロい」とテイスティングされているシーンが放送されてましたので、ご覧になった愛好家も多いのではないでしょうか。

その話とこのボトル、なにが関係あるかと言うと、先日縁あってハンドフィル用カスクの中身を飲ませていただいたのですが、このシェリーカスクマチュアードにもそれと共通する部分が少なからずあり、ボウモアのシェリーのキャラクターを楽しむ上でも王道と言える味わいだと感じたワケです。
アイラ島は遠くはるか海の向こうの聖地ですが、そのキャラクターを感じられるボトルは幸いにして近くにあります。
ボウモア&シェリーが好みな方、普段飲み用に是非どうぞ!


このページのトップヘ

見出し画像
×