カテゴリ

カテゴリ:★6

オーヘントッシャン 8年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20200116_201808
AUCHENTOSHAN 
TRIPLE DISTILLED SINGEL LOWLAND MALT 
Aged 8 years 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週刊程度
評価:★★★★★★(6)

香り:やや古酒感のあるアロマ。べっこう飴や乾いたザラメを思わせる甘いアロマに、やや醤油系のヒネ、干し草っぽさのあるドライなニュアンスを伴う。

味:スムーズだがハイトーン。エッジのたった口当たりに、きび糖のような雑味のある甘さ、微かにレーズンを混ぜたキャラメル、シェリー系の淡いアクセントが感じられる。
余韻はかりんとうやオールブランの軽い香ばしさとほろ苦さ、スパイシーな刺激を伴って長く続く。

3回蒸留らしくピリピリと尖ったような刺激が特徴的な香味構成があり、そこに素朴なモルティーさ、樽由来の甘味が合わさっている構成。少量加水すると、あまやかでコクとほろ苦い味わいがバランスよく延びるあたりに、ベース部分の良さ、時代を感じる。

IMG_20200116_201828

今回のボトルは、オーヘントッシャン蒸留所が1984年にモリソン・ボウモアに買収される直前の流通品。その後ボウモア社が1994年にサントリー傘下となったため、この辺りから日本市場との繋がりは強くなって色々リリースが増えていきます。
その反面、このモリソンボウモア買収前の時代は、日本市場では中々レアな銘柄だったのではないかと思います。

今このボトルがバックバーにあると、コアな愛好家が「オッ」と思うんでしょうけれど、1980年代前半頃は洋酒ブーム真っ只中とはいえ地味なラベルに誰も知らない(そもそもどのブレンドに使われているのかもわからない)オーヘントッシャンは、無名もいいところだったはず。
きっと売れなかったんだろうなぁと。ラベルにかかれた三回蒸留表記なんて、なんのこっちゃという感じだったんだろうなあと思われます。


さて、その3回蒸留の原酒ですが、特徴はプレーンでクリアな味わい・・・というよりは、クリーンな反面香味にあるトゲトゲしさ、エッジが立ったような刺激にあると感じます。(現行品のオフシャルスタンダードのオーヘントッシャンは、加水が効きすぎてこのシャープな部分がべったりとした感じに・・・。)
蒸留を繰り返すことで、丸かった酒質から香味、雑味が取り除かれ、シャープに削られていくことでそのような特徴が出るのではないかと予想。結果、その個性が良い方向に出ることもありますが、そもそも3回蒸留の原酒は樽と混ぜてもいまいち混ざりきらないというか、プレーンな樽で熟成させるならともかく、混ぜても何となく特異な質感が残るような印象があるのです。

酒質の引き算とも、あるいは鉛筆削りをしているようでもある三回蒸留ですが、これは昔の麦感が豊富で厚みのあった酒質では、プレーンな原酒を作る上で有効な手法だったのではとも感じています。
今回のボトルや、同銘柄の12年などを飲んで見ると、さすが70年代のまだ麦芽風味が強かった時期の作だなという麦芽風味が残っており、素朴な味わいを楽しむことができるのです。
少しばかり癖はありますが、これはこれで良いシングルモルトだと思いました。

グレンエイボン 25年 1990年代流通 40%

カテゴリ:
IMG_20200109_172649
GLEN AVON 
SINGLE HIGHLAND MALT 
Gordon & Macpahil 
Years 25 old 
1990 - 2000's 
750ml 40% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:サンプル@BAR 1two3
評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかい香り立ち。カラメルソースとドライプルーンを思わせる色濃い甘さ。枯れたようなウッディネスに、煮出した紅茶のような濃厚でビターな印象も感じられる。

味:緩くスウィートな口当たり。カラメルソース、デーツやドライプルーンを潰して混ぜたような、ほろ苦く甘いダークフルーツ風味。ビターなウッディネスが余韻にかけて広がり、序盤の甘さを打ち消すように、タンニンが染み込む。

懐かしの典型的GMシェリー味。緩い口当たりであるが、独特の甘さと加水の緩さのあとから枯れて細いボディの印象があり、いまいち広がりに欠ける。過去何度か飲んだボトルだが、大体こういう系統だった。
この緩さはまるでXOクラスの量産コニャックを飲んでいるようなイメージで、そこからウッディでビターで、樽感全開。蒸留所の個性は見当たらないが。。。

IMG_20200110_082441

先日のジョン・グラント17年に続いて、bar 1two3の村田さんから頂いたサンプル。
グレンエイボン(というかGMのリリース)は1990年代後半からトールボトルにデザインが統一されているようなので、今回のボトルは1990年代の前半から中頃のものと推察。たまにオークションで「ウイスキー」表記のシールが張られた特級時代の名残を感じさせるボトルが出回ったりしています。

グレンエイボンの中身はグレンファークラスと言われていますが、仮にそうだとすると今回のボトルの香味でファークラスのオフィシャルで共通項があるのは、同じ流通時期である90年代のダンピーボトル25年。カラメルソースが混じったような、緩く甘くてウッディな・・・可もなく不可も無しというか、率直に言って面白味の少ない味わいと言えるボトルです。

IMG_20200122_204345
(角瓶からリニューアルした1990年代流通のオフィシャル・グレンファークラス。ネックの付け根部分の年数表記がポイント。この時代の30年は濃厚かつ香味の広がりもある美味なシェリー感を味わえるが、25年は今一つ締まりがない。)

ただ、今回のボトルはそんなオフィシャルに共通する緩い甘さに混じって、異なる個性が感じられるのがポイントだと思います。
それは線の細いボディ、枯れたようなウッディさ、ビターな余韻。これが良いか悪いかはさておき、原酒の傾向としては熟成年数表記以上の長い熟成期間を感じるものです。

おそらくですが、所有原酒の中でもピークを過ぎて微妙になってしまったものを、こうしたブレンドに回しているのではないかと推察。ボトラーズメーカーとして、シングルカスクだけでなく、シングルモルトやオリジナルブレンド銘柄等(さらには他社への原酒供給まで)手広く実施している準オフィシャルメーカーとも総合商社とも言えるようなメーカーがGMです。
グレンファークラスの場合は、蒸留所名は使えなかったようですが、良質なものは単一蒸留年表記のグレードに回したり・・・とか調整していたのではないでしょうか。

厳しめのレビューになりましたが、決して味が悪いわけではありません。ただなんというか面白味がないから、ちょっとネガな部分が目立ちやすいのが損なボトルなのです。

ウシュクベ リザーブ 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20200107_215453
USQUAEBACH 
Reserve 
Blended Scotch Whisky 
1980-1990's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)

香り:ビターで香ばしい麦芽香がメイン。オールブランや焦げた揚げ餅、仄かにザラメやオレンジピール。奥にはどっしりとしたスモーキーさがあり、スワリングすると麦芽香と混じって開く。

味:スムーズでほろ苦い口当たり。最初は少しドライだが、香り同様の香ばしいモルティーさとビターなフレーバーが、色の濃いはちみつのような甘味を繋ぎに広がる。余韻にかけてしっかりとピーティー。香ばしいモルト風味が染み込むように長く続く。

適度な熟成感があり、華やかさやフルーティーさはほぼないが、飾りのないモルトや穀物フレーバーに加えて内陸ピートのしっかりとした存在感を感じる地酒的ブレンデッド。通好みの美味しさを備えた、いぶし銀な1本である。

IMG_20200107_215536

ロバートバーンズの詩である、「タム・オ・シャンター」の一説がブランドエピソードとなっているウシュクベ。また、ウイスキーの語源としても知られており、古くは1877年にブランドが商標登録されたそうです。しかしその後はブランドの買収やらなんやらあったようで、現在販売されているウシュクベは1974年にアメリカで再設立したものがルーツとなっています。

この時、ブランドを所有していたスタンレー社(販売がトウェルブ ストーン フラゴン社)は、OMCで知られるダグラスレイン社にブレンドを委託。
ダグラスレイン社は元々アメリカにルーツのある企業であると共に、当時はボトラーズモルトではなく、キングオブスコッツやハウスオブピアーズ等の自社ブランドのリリースに加え、他社銘柄の製造を請け負うなどブレンドメーカーとして活動していました。
当時のウシュクベは裏ラベル下部にその記載があり、これが時代判定の大きな材料となります。

1990年代、需要増に対応するため、スタンレー社はウシュクベの製造委託先をダグラスレインから業界大手のホワイト&マッカイに変更。実際、アメリカでは1989年の大統領就任祝賀会で振る舞われるなど、実績のある銘柄だったようです。つまり、ダグラスレイン表記があるのは、90年代かそれよりも前のものと整理出来る訳です。

IMG_20200107_215748
(ダグラスレイン社がブレンドしていた時代のボトル(左)と、ホワイト&マッカイ社に移行した後のボトル(右)。表ラベルのデザインも微妙に異なる。フレーバーの系統は大きくは変わらないが、時代的な要因からかモルティーさやスモーキーさは後者のほうが弱め。その一方で、少し甘いフレーバーを伴う。

ウシュクベは自社で確保、熟成している原酒をベースにブレンドされており、原酒を含めてレシピも提供し、文字通りブレンドとボトリングの製造行程のみを外注しているそうです。
実際、ダグラスレイン社からホワイト&マッカイ社に製造が移るという、大きな変更があったにも関わらず、ベースとなる味わいがそこまで変わらなかった理由はこの点にあると考えられます。

そのレシピはモルト比率の高い古典的なブレンドであり、リザーブのブレンド比率はモルトは60%、グレーンは40%。使われている原酒の熟成年数は10~18年ですが、16~18年熟成のモルト原酒が全体の50%ともされており、つまり残りは10年程度の比較的若い原酒であると考えられます。
樽はリフィルのプレーンなタイプのアメリカンオーク樽と予想。オーキーな華やかさほぼないものの、ハイランド系の香ばしく、それでいて存在感のあるスモーキーなモルティーさがメインに感じられます。

他方で、現行品はシェリー樽による6ヶ月の後熟成が行われているそうで、この辺はホワイト&マッカイのダブルマリッジに関連してのことなのかも。実際、ダグラスレイン社時代のもののほうがビターで、ホワイト&マッカイ社時代移行は甘味が(特徴的なヒネ感を伴うケースも)あるのが、時代的な特徴といえそうです。

シングルカスク 余市 10年 2008-2018 マイウイスキーづくり 59% #409288

カテゴリ:
IMG_20200112_101741
NIKKA WHISKY 
YOICHI 
SINGLE CASK 
Aged 10 years 
Distilled 2008.5.24 
Bottled 2018.9.21 
Cask type New American Oak Cask #409288 
700ml 59% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:―
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:焦げたチョコレートクッキーのような、ビターなトップノートと色濃い甘味。ウッディなアロマと合わせて焙煎した麦芽のような香ばしさ、微かに溶剤系のニュアンス。力強いアタック。

味:ウッディでスパイシー、パワフルな口当たり。チャーオーク由来のキャラメル系のメローな甘みの中で、オレンジやパイナップルの果汁を思わせるフレーバーがアクセントに。余韻は味わいの中で感じられた甘みを残しつつ、スパイシーで舌の上がざらつくような焦げ感を伴うウッディネスが長く続く。

樽感のしっかり溶け込んだウッディな味わいが主体。ビターな樽由来の香味構成に、余市らしい香ばしい麦芽風味と、フルーティーさに通じる酸がアクセントになっている。加水に負ける感じではないが、香りにワックスのような、味わいはビターオレンジのような、特に香りには異なる要素が加わる。


先日我が家に届いたマイウイスキーづくりの余市10年 Cask #411127。例によって購入できるだけ購入し、同様にウイスキー繋がりで違う年度のマイ余市を購入していた方々と、それぞれの余市をトレードしました。
こうして参加者同士で繋がりが生まれて、お互いのボトルをシェアできるのは参加者の特権というか、広義の意味で言えば樽オーナー制度ならではの楽しみだと思います。

今回のレビューアイテムは、北海道のSさんとトレードしたもの。自分のボトルよりも1年前の会のものです。
自分にとって節目の年だった、この2008年。企画そのものは知っていましたが、就職したばかりでとても平日休みをとれる状況になく・・・。2008年の余市は個人的に思い入れのあるボトルだったりします。

IMG_20200112_111412
IMG_20200113_095429
(マイウイスキー余市の樽違い。同じ新樽で10年熟成だが、樽の状態、置かれた場所、あるいは熟成期間中の気候によって色合い、味わいが異なる。色合いだけで言えば中央と右2つはほぼ同じで、気持ち右側のほうが濃いような気もするが、香味はそれぞれ大きく異なる仕上がり。)

今回のボトルである、Cask #409288の特徴はビターなウッディネス。
ハイプルーフなカスクストレングスらしい、パワフルなアタックの強さ。フレーバーは焦がしカラメルのようなほろ苦さと舌の上でざらつくビターなウッディネスが主体としてあり、そこにチャーオークのメローな甘味、余市のニューメイクがもつ酸味が熟成によって変化した柑橘系のニュアンスがアクセントとなっています。

これが他の余市とどう異なるか。上写真の我が家で開封済みの同じ10年では、写真左の#411127はウッディーさが押さえ目な代わりにエステリーでフルーティーな果汁感があり。今回のレビューアイテムである#409288と、同じくらいの濃さを感じさせる色合いである#406599(右)は、仕込みが11月でボトリングも11月と熟成が最も短いが、熟成環境の違いか最も濃厚なウッディさとメローな味わいがメインにあります。
アルコール度数もほぼ同じですが、単に樽の強さだけでなく、アルコール感の感じ方、アタックの強さが異なるのも面白いです。

しかしこうして様々な新樽熟成の余市を経験して思うのが、新樽熟成とその樽感を受け止めるだけのパワフルな酒質を作り出す余市の偉大さ。たまにピークをはずしているものもありますが、どれも一定レベル以上に仕上がる安定感があり・・・。
決して万人受けの酒ではないと思いますが、我々愛好家としてはこれで良いんだよこれで、と思える尊いウイスキーなのです。

クライヌリッシュ 25年 1993-2019 for TWC 52.2% #11192

カテゴリ:
IMG_20200107_082122
CLYNELISH 
CARN MOR "CELEBRATION" 
For THE WHISKY CREW 
Aged 25 years 
Distilled 1993.10.21 
Bottled 2019.03.01 
Cask type Bourbon Barrel #11196 
700ml 52.2% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:自宅
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:おしろいを連想させる、麦芽の白い部分の香りに、洋梨や林檎の蜜っぽいフルーティーな熟成香。オーキーな華やかさに、オレンジピールやドライアプリコット等を思わせるウッディさが合わさった多層的なアロマ。

味:やや硬質さを感じるウッディな口当たりだが、すぐにクライヌリッシュらしいワクシーな麦芽風味をベースに、熟した洋梨のフルーティーさが広がる。
余韻はほろ苦く、香り同様のオレンジピール等の柑橘感を伴うウッディなニュアンスが、ジンジンと心地よく口内を刺激する。

らしい麦芽風味に加え、オーキーなフルーティーさだけでなく、ニッカのウイスキーにあるようなリメード系の要素も備わっている多層的な香味構成が特徴的な1本。加水すると洋梨や林檎、さらにはマスカットを思わせる華やかな白色系のフルーティーさが開く。一方で冷えていると堅さが強く出るので、冬場の寒い部屋でのテイスティングはオススメしない。
クライヌリッシュファンだけでなく、ニッカ好きに薦めたいグッドリリース。

IMG_20200109_212210

過去の記事で何度か触れているように、最近のハイランドモルトは昔に比べて麦由来の風味が弱くなり、らしさを失いつつあるように感じています。
ただ、いくつかの蒸留所は昔ながらの個性を残しており、クライヌリッシュはまさにそのひとつ。1990年代以降の新しい原酒であっても、ワクシーでフルーティーな味わいを感じられるものが多くあります。

勿論全てのボトルが良いわけではなく、一時期よりは落ちた部分はありますし、樽によって左右される部分も多分にあります。
ですが今回のリリースは酒質由来の香味もさることながら、熟成感はピークギリギリの範囲でとどめられ、ウッディでありつつフルーティー。ウイスキー愛好家の間に何となく漂う、スコッチモルト1993アタリ説はやっぱりあるのかと感じてしまう、素直に良いモルトだと思いました。

また今回のリリースは上述のクライヌリッシュらしい麦芽風味だけでなく、その樽感が個人的にヒット。
バーボンバレル熟成表記のため、いわゆるアメリカンオークのオーキーで華やか、フルーティーなタイプかと思いきや、どこかニッカのリメード樽的なニュアンスも含んでいるのです。

IMG_20200109_214813
(確認のため、自宅にあるリメード樽熟成の宮城峡10年と比較。熟成年数だけでなく、酒質部分のフレーバーが異なるため一概に比較はできないが、やはり同系統のニュアンスが備わっている。)

ニッカのリメード樽は、バーボンバレルをベースに鏡板を新樽にして組み直した、バーボンホグスヘッドサイズ(250L)の複合樽です。樽材は同じアメリカンオークであるため、バーボンバレルとの共通項は間違いなくあるものと思いますが、新樽要素が含まれるためバーボン樽とでは仕上がりが異なります。

じゃあ今回のリリースは、ニッカの樽がクライヌリッシュでも使われたとか、荒唐無稽な説を述べるつもりはありません。
神のみぞ知るところですが、樽材が同じなのだから、たまたまそういう仕上がりになっただけか、あるいはウイスキーの熟成前に樽の修繕があり、一部が新樽に切り替わっていた辺りが、現実的な範囲だと考えます。
いずれにせよ、個人的にはニッカ独自のものと整理していた香味を備えている点が、今回のリリースの嗜好品としての面白さを後押していると感じます。

「専門性とは切り離されたところに、愛好家としての愉楽はある。」あるいは「女(ウイスキー)は秘密を着飾って美しく(美味しく)なる。」と言いますか。
ちょっとミステリアスな部分があって、あーだこーだと考えながら自己完結する嗜好品の楽しさがあり、それでいて美味しい。このボトルはまさに、というものなのです(それが正解かどうかは重要ではない)。
カスクチョイスをされたWhisk-eないしTWCのご担当者様、いい仕事してますね!

■THE WHISKY CREW (TWC) について

Screenshot_20200109_133934

さて、せっかくなので今回のボトルに関連し、TWC(The Whisky Crew)についても触れておこうと思います。
TWCは、Whisk-eが昨年オープンした、紹介制の販売サイトです。同社が扱うウイスキー並びにスピリッツ等の販売に加え、今回のボトルのようなTWC向けの限定リリースが定期的にあったり、一般市場では売り切れになったリリースがひっそりと特価で販売されていたりするなど、この1年間でコンテンツが充実してきています。

ただ、このサイトの利用にあたっては、既存の会員から紹介してもらわなければならない登録システムがあり(紹介者の氏名を入力するのが必須項目)。このブログの読者のなかには、周囲に該当する人が居ないとか、SNSじゃ本名をやりとり出来る空気じゃないとか、様々な事情があると思います。

で、以下はWhisk-eさんとのやり取り。
く「TWCのことブログで紹介して良いですか?」
W「良いですよ」
く「読者が会員になりたい場合って、どうします?」
W「紹介者に、くりりん、って書いてくれれば。」
くりりんさんのマニアックなブログ見てるような真剣な愛好家なら、ウチは歓迎ですよー。
ということで許可をいただいておりますので、ここまで駄文を読んでくださって、かつTWCに登録しておきたいという方がいらっしゃいまっしたら、「くりりん」と書いてご登録ください(笑)。


なお、これで登録が増えたからといって自分になんの利益も発生しないことは、補足しておきます。
長くなりましたが、本日はこの辺で。

Screenshot_20200109_134022

このページのトップヘ

見出し画像
×