カテゴリ

カテゴリ:★5

ミルトンダフ 7年 2011-2019 アスタモリス for モルトヤマ 60.6%

カテゴリ:
IMG_20190927_212736
MILTONDUFF 
ASTA MORRIS 
For Maltyama 
Aged 7 years 
Distilled 2011 
Bottled 2019 
Cask type Sherry Butt 
700ml 60.6% 

グラス:国際企画テイスティンググラス
時期:開封後1周間程度
場所:自宅
評価:★★★★★(5→5ー6)
※加水等で調整した場合。評価に幅あり。

香り:淡くサルファリー、かりんとうのような香ばしい甘味、あるいは焼きいもっぽさのあるオーク香。シェリー感は控えめで、微かにニッキのようなスパイスも感じられる。

味:口当たりは度数ほどは強くなく、キャラメルソースのかかったバニラ、膨らみのあるやわらかい甘味が淡いシェリー感とともに感じられる。そこから余韻にかけてはハイプルーフらしくひりつくような刺激が、カカオのような苦味とともに口内を支配する。

ストレートでは、仕上げが粗い未完の作品という印象。加水するとスパイシーかつオーキーなウッディネスと、ミルクチョコレートを思わせる甘いアロマが、若干の生っぽさと共に開く。味わいは一気にマイルドになり、樽由来の良い部分と酒質の膨らみのあるマイルドな味わいを感じやすくなる。加水またはロックで変化を見ながら楽しむのがオススメ。


シーバスリーガル、バランタインなどのキーモルトで知られるミルトンダフ。昔はピートとフルーティーさと、複雑さのある味わいでしたが、近年はマイルドでプレーンな主質というイメージです。
今回のボトルは、アメリカンホワイトオークのシーズニングシェリーバット(期間短め、チャー少なめ)での熟成と思われる構成で、熟成期間の短さと合わせてシェリー感は淡いタイプ。その分、酒質由来の要素も残っていて、総合的な完成度というよりも、こういう仕上がりになるのかという一樽の個性を楽しむボトルだと思います。

その個性が悪いという話ではなく、特に60%越えでありながら、飲み口の柔らかさと膨らみのある甘味に、ほんのりとシェリー樽由来のフレーバーという組み合わせは、若いカスクであるからこそ見えてくるキャラクターというか、オフィシャルとはベクトルの異なる構成です。
モルトヤマのオリジナルラインナップを見ていると、アスタモリス経由のリリースはそういう限られた条件のなかで光るものを持つ原酒を探すような、そんな位置付けを狙っているのかなとも感じます。


しかし最近こういう短期熟成が増えてきたなあ。。。と思いながら飲んでいましたが。よくよく考えると、10年前も長熟リリース以外でこういうボトルがないわけではなかったんですよね。
プロヴェナンスとか、ヘルムズデールとか、ケイデンヘッドのグリーントールなんてもう、若いしバッチバチだし。時代による酒質の違いはありますが、若いなりの個性を楽しむリリースは普通にあったことを思い出しました。

先に述べたように、このリリースもその位置付け。総合的な完成度が高い訳ではなく、ストレートでの評価は並です。
ただ是非試して欲しいのは加水。46~50%くらいまで下がったあたりからの、チョコを思わせる香り、焼いた洋梨のようなオークフレーバーに加えて味わいのまろやかさ、好ましい要素が開いてバランスがとれてきます。
じゃあ最初から加水でリリースすれば良いじゃないかと言う意見もありそうですが、それじゃ面白くない。最後のやすりがけを自分でするように、比較しながら調整することで酒質の良さやボトルとしての良い部分を感じやすくなる。結果、成る程と思える一本だと思います。

IMG_20190928_165243
IMG_20190928_182355

今日のオマケ:ラグビーワールドカップ日本代表戦ということで、ラグビーと言えばビール。ハイネケンです。
まあ。。。特にコメントは不要ですね。軽くて飲みやすい、湿度の高い日本の夏向きなビール。水のように飲めてしまう。
さあ頑張れジャパン。。。って勝ったよ!
前大会に匹敵するジャイアントキリング!だけど今回の試合は、奇跡じゃなくて純粋に勝つべくして勝ったって感じがある。
おめでとうジャパン!おめでとう日本代表!!ばんざーい!!!

イエローストーン 特級表記 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190911_230316
YELLOW STONE 
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON 
1980's 
750ml 86Proof (43%)  

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:FRUIT RESTRANT BAR AIKA 
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:酸を感じるドライな樽香。チェリーや薄めたメープル、焦げたオーク、微かに溶剤、あるいはオレンジのような柑橘系のニュアンスも混じっている。

味:口当たりは甘味が薄く、酸味とドライでビターなウッディネスが主体。樽由来のエキスが乏しい反面、ライ比率が高いのかスパイシーで口内へのアタックがやや強い。余韻は薄めたメープルやオレンジママレード。徐々にドライでスパイシー、乾いた質感が残る。

構成原酒は2~3年程度と比較的若いのか、特に口当たりで粗さ、ドライさが目立ち、ストレートでは引っ掛かりがある。どちらかと言えば割り材、カクテル向きで、実際これで作るミントジュレップはAIKA来店時のお約束メニューである。
ふんだんに使われたミントの爽やかさとライムや添えられたオレンジの柑橘が、ベースの酸や甘味と馴染んで実に美味。

IMG_20190911_230736
IMG_20190911_230802

100年を越える長い歴史を持つバーボンの有名銘柄のひとつ。イエローストーン。
ラベルにかかれているのは爆弾による爆発ではなく、イエローストーン国立公園にある間欠泉。イエローストーンで検索をかけるとウイスキーより上位に出てくる有名な観光スポットなので、もはや説明は不要ですね。

ただ、考察が必要なのが今回のイエローストーンが、どの蒸留所で作られていたのか、ということ。
バーボン業界では、蒸留所の装置や蒸留工程そのものがもたらす個性という観点が、スコッチモルトほどPRされておらず(どちらかと言うと重視されているのはブランドエピソードと原料比率)。銘柄の版権の売買や、蒸留所の買収に伴う蒸留拠点の一点集中といった動きが多くあるのが、同業界の特徴と言えます。

現在のイエローストーンは2010年、ケンタッキー州レバノンにライムストーン蒸留所が新たに創業し(完全に親会社から独立しているわけではなく、Luxcoグループの支店的な位置付けの模様)、そこで作られた原酒を使ってリリースされています。
蒸留所を管理するのはイエローストーン等の関連する銘柄をかつてリリースしていた一族の末裔で、念願かなって版権を取り戻した、なんて読めるPRもされています。

では今回のボトル、1980年代後半流通(1988年頃と推測、仕込みは1983年、1984年頃か)のイエローストーンがどこで作られていたか。
同銘柄は1944年からGlenmore Distilleryグループに版権があり、これが1991年にUDV傘下に移り、その後はヘブンヒルで原酒が作られていたようです。(火災時等は違ったのでしょうけれど。)
今回のボトルはUDV移行前なので、前身のグループが所有する蒸留所のどこかということになるわけですが、ラベルにはルイビル表記があるので、同地区の蒸留所と考えるのが有力。

ルイビルは元々イエローストーンを作っていた、Taylor & Williams Distilleryがあった場所。同蒸留所は既に閉鎖されており、蒸留設備もなくなっていたようですが、コメント頂き調べてみると、1933年にTaylor & Williams Distillery社がその郊外にShively蒸留所を新設しており、1985年に閉鎖されるまで稼働していたようです。
Glenmore社はイエローストーンをフラグシップブランドとし、Mellow-mashと位置付けた仕込みで製造。蒸留所の閉鎖後は原酒のストックで製造を継続し、上述の通り1991年にUDVに売却したそうで、特級時代末期のイエローストーンは上記Shively蒸留所の閉鎖間際の仕込みである可能性が高いことがわかりました。(かもさん、いつも的確なコメントを頂きありがとうございます!)

ただ、メロウマッシュとの位置付けにしては、ドライというかビターで辛口というか、今回の1本はちょっと違うようにも。。。(汗)
さらに古いイエローストーンもちゃんと飲んで見たいですね。
そういえば、某店にオールドのイエローストーン7年があったな・・・。

※蒸留所の考察について、コメントいただいた内容に基づき再度調べ、本文中の記載を修正しました。(2019/10/10)

マルスウイスキー 信州 太陽と鳳凰 6年 2013-2019 #1597 ウイスキートーク福岡

カテゴリ:
IMG_20190903_235311
MARS SHINSHU DISTILLERY 
PHOENIX & THE SUN 
5th Release 
Distilled 2013 
Bottled 2019 
Cask type Sherry Butt #1597 
Exclusivery Bottled for WHISKY TALK FUKUOKA 2019
700ml 57% 

グラス:グレンケアン
時期:不明
場所:BAR Eclipse first
暫定評価:★★★★★(5)

香り:スパイシーで焦げ感のあるウッディさ、鼻腔を刺激する香り立ち。梅やレモン、シロップやチョコレートの甘味と、香ばしいウェハースのような乾いたニュアンスも感じられる。

味:リッチで度数相応にパワフル。粘性のある口当たりから、甘酸っぱくレーズンや梅ジャムのような酸味。そこからじわじわと若さ由来の粗さが感じられる。余韻はほのかに焦げ感を伴うウッディネスから、スパイシーでひりつくような質感を残す。

樽味のジャムをクラッカーに塗って食べたような、後乗せ感のあるウイスキー。例えるならあらしぼりというか、樽の濃厚さは基準値にきているが若さ由来の粗さが随所にあり、まだ時間が必要な原酒ではある。飲み頃は先、加水しながら好みの状態を探りつつ楽しみたい。

IMG_20190903_235413
IMG_20190903_235436

「鳳凰と太陽」は、2015年のウイスキートーク福岡から継続してリリースされている、同イベントの限定ボトルのひとつ。
同イベントは当日会場でオーダーシートを提出し、希望者多数の場合は抽選のうえ後日記念ボトルの購入権が確定するという物販方式を採用しています。そのため、イベントは6月でしたが限定ボトルが届き始めるのは、その数ヵ月後という時系列になっています。

また、イベント時にはカスク選定が完了しているわけではなく、ボトルの内容が変更、または後日決まる場合もあり。(これで売り切れるってブランド力も相当ですよね。)
今回の鳳凰と太陽・第5弾も、イベント時のラベルイメージではアメリカンホワイトオークの記載で年数等も未定でしたが、最終的にはシェリーカスクとなった模様。
また、同シリーズはこれまで熟成年数3年はそのままで、蒸留年数が1年刻みで上がっていくリリースが4作続いたところ、今年はそこから外れて6年熟成でのリリースとなっています。
今年はウイスキートークが開催10周年でしたので、特別な位置付けだったのかもしれません。

構成はノンピート麦芽の原酒に、圧殺するようなシェリー感とウッディネス。シェリー感は最近アランやファークラスなどでみられる、クリーミーさを伴うようなタイプではない、ちょっとギスギスした質感のある系統。
若い原酒のフレーバーと合わり梅を思わせるような酸味が熟していない果実のようでもあり、温暖な環境での熟成を思わせるウッディさは若干の焦げ感を伴って、一気にドバッと出たような良くも悪くも短熟で日本的だなぁと感じる部分があります。

07879936
(マルスウイスキー駒ケ岳6年2012-2018 ヘビリーピーテッド仕様のシングルカスク。同じ熟成年数で、同様に若さに由来する粗さはあるが、それをピートが上手くマスクしている。一方加水するとネガ要素が顔を出すので、ピークはまだ先にあるとも感じられる1本。)

毎度思うのですが、この手のウイスキーをどう評価するかはなかなか難しい部分があります。
それこそ同じ熟成年数のマルスでも、今年のTWSCでアワードをとった写真の6年とはだいぶ位置付けが異なります。若くてもそれなりに飲めるタイプに仕上がるピーテッドに対して、あくまで樽次第となるノンピートのシェリー樽は。。。
今回の1本は、純粋に味の完成度で勝負するというより、ワークインプログレス的な成長途中の指標としてBAR等で楽しむのが良いグループに入るのかなと思います。
それこそこの果実が熟した10年、12年くらいでちょっと加水したものを見てみたい・・・かな。

グレングラント 10年 40% & 酒育の会リカル9月号

カテゴリ:
IMG_20190901_234830
GLEN GRANT 
Aged 10 years
Release 2018~ 
700ml 40% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5ー6)

香り:華やかでドライ、オーキーな香り立ち。若干粉っぽさもあるオーク香だが、ファイバーパイナップルや洋梨を思わせるフルーティーさと仄かな酸味。奥には白粉っぽさも混じる麦芽香も潜んでいる。

味:フレーバーの輪郭は少しぼやけているが、ライトでスムーズな口当たり。乾いた麦芽風味とオークフレーバー。香り同様に華やかな含み香に加え、若干の酸を伴う。徐々に薄めたパイナップルシロップの甘味と、じわじわとスパイシーな刺激、干し草や乾いたウッディネスを伴うドライなフィニッシュ。

香味とも加水で若さや熟成の荒さを誤魔化したような部分はあるが、癖の少ない酒質の素性の良さに加え、時間経過で麦芽香がオークフレーバーのなかに開いてくる。ストレートだけでなくハイボール等他の飲み方に幅広くマッチする、使い勝手の良い1本。価格も実にお手頃。

IMG_20190721_213206

現行品のスペイサイド・オフィシャルでオススメを問われたら、間違いなくチョイスするのがグレングラントです。
変な癖のない素直な酒質に、バーボン樽(アメリカンオーク樽)由来の華やかなオークフレーバーを組み合わせた、近年スペイサイドの典型的な構成とも言える仕上がりが特徴で、香味の安定感だけでなくキャラクターを経験する意味でも価値ある1本。
2016年にラインナップが大々的にリニューアルされ、以降上記の傾向が強調される形になっています。

グレングラントのオフィシャルリリースは通常ラインナップで4種あり、すべてに共通するのがアメリカンオークの華やかなフレーバー。熟成年数を増すごとにそれがリッチになっていく、分かりやすい違いがあります。
ラインナップでもっとも若い5年・メジャーリザーブは流石に若さが目立つものの、以降は適度な熟成感に樽香のノリが良く。
特にリッチなフルーティーさが楽しめるのは18年ですが、コスパが良いのは10年、12年。店頭価格3000円程度で購入できる10年は現行品のスコッチモルト全体を見てもなかなかのものだと思います。

スペイサイド&ハイランド地方から、他の同価格帯のモルトを挙げると、グレンフィディックやグレンリベット12年などもありますが、それぞれキャラクターが異なっている。飲み口の柔らかさならフィディック、華やかさならグラント10年といった具合です(なおリベットry)。ただフィディックは近々ラベルチェンジが行われるようで、今後「良くなった」といわれる味わいを維持できるかは様子見の状況です。
また、似たようにライトでオーキーなタイプだとグレンマレイ12年もありますが、ほんの少し流通価格が高く、これならグラントやフィディックで良いかなとか思ってしまうのです。

Screenshot_20190901_081951
Screenshot_20190901_081937

さて、先日発刊された酒育の会の機関誌「LIQUL(リカル)」9月号。
メインの特集では蒸留所リストと共に、ジャパニーズクラフトの同行について触れられていて読みごたえのある内容。
そのなかで、担当させていただいているコーナーで、グレングラントをクライゲラヒと共にスペイサイドモルトのオススメ2銘柄として掲載しています。
※酒育の会:LIQUL(リカル)電子版はこちら

記事の文字数制限で両者に関する詳しい解説は省略していますが、これも今回のように補足していければと。記載の2銘柄だと、グレングラントからは山間を吹く冷涼な風を思わせる爽やかな味わいが。クライゲラヒからは、一面に広がる麦畑を思わせる牧歌的なイメージ、というくらいに明確に違いがあります。

違いの理由については断定できませんが、調べてみると蒸留方法でグラントは1980年代に新しい設備への切り替えがあった一方、クライゲラヒは古典的な設備をそのまま使っていることが少なからず影響しているように考えられます。
スコッチモルトはかつてグレングラントも含めて麦感を厚く備えた原酒が多かったわけですが、一方で近年は麦芽品種の変更や、ピートの使用を控えたり、あるいは蒸留方法を切り替えたりで、先にも述べた通りライトで華やかなタイプの仕上がりが増えてきているのです。

地酒が世界的なブランドに成長するなかで、求められる香味にアジャストしていったようにも見える変化。ただし、そのフレーバーが完全になくなった訳ではなく、オーク香の奥に潜んでいるのも感じ取れます。
今回レビューしたグレングラント10年か、あるいは別途記事にしている12年あたりと、該当する麦芽風味が出ているモルトを飲み比べていくことで、さらに個性の理解が進むようにも感じられます。

J&B レア 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190826_225535
J&B RARE 
A BLEND OF THE FINEST OLD SCOTCH WHISKY 
Justerini & Brooks Ltd 
1980's
750ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★(5ー6)

香り:ドライで穏やかな麦芽香、干し草や乾いた穀物。ハーブ、瓜のような微かに青みがかった要素に、若干の古酒感、蜂蜜、レモンピールを思わせるアクセントも。強くはないが意外な複雑さがありつつ、素朴で落ち着くアロマ。

味:口当たりはややドライだが徐々に柔らかいコク、若い原酒の酸味と麦芽風味、グレーンの蜂蜜の粘性から、じわじわと軽くスパイシー。余韻は少し焦げたカルメ焼きのような、甘味の後からほろ苦く、内陸系のピートだろうか、染み込むように長く続く。

スケールはそれほど大きくないが、ライト系のフレーバーはバランス良く、程よいこなれ具合でなんとも癒し系の味わい。ハイボールは酸味が少し出てくるが、合わせて不思議なコクも感じられ、ただ薄くなるだけではない変化も。スポーツドリンクのように爽やかに、そしてスイスイ飲める夏向きの1本。濃い味の酒類に疲れた時にもおすすめ。

IMG_20190826_225609
IMG_20190826_232057

侮っていた。この一言がしっくり来るのが今回のボトルです。
J&BのスタンダードグレードであるRARE (レア)。流通時期は1980年前後から中頃と思われるロットで、オールドスコッチの感覚では特段古いわけでもない、ヤフオクだけでなく未だに古い酒屋の店頭でも見られるボトルの一つです。

先日、このJ&Bのキーモルトであるノッカンドゥのレビューを公開したところで、折角だから久々にこっちも飲んでみるかと後日注文した1杯。ただ、このJ&Bは以前飲んだ特級時代末期のものがライトでドライで・・・どうにもピンと来なかった印象しかなく。
60年代ならともかく、80年代はなぁと、途中で継ぎ足してハイボールにしてもらうくらいの覚悟で注文したわけです。

ここで冒頭の「侮っていた」に繋がるのですが、ライトでありながら決して単調でなく、香味とも若い原酒に見られるツンケンした荒さが目立たない。故にノッカンドゥやオスロスクなどのスペイサイドモルト原酒に由来する、J&Bシリーズ共通の麦芽風味が素朴な味わいの軸を作って、妙に心落ち着く。
地味だけど、意外に美味しいんじゃない?と、1杯じっくり飲んだ後でハイボールも追加で頼んでしまうほどでした。

IMG_20190826_225447
(1980年代流通のJ&Bとノッカンドゥ12年。お互いに流通当時はもう少し粗さがあったと思われるが、それ以上に現行品に比べて味わいに厚みがある。キーモルトとしての繋がりも分かりやすい。また、この時期のJ&Bから、74年創業のオスロスクの原酒が加わり始めたと推測される。

思いがけず楽しめる味わいに驚かされ、常連愛好家&マスターとで「あれ、これこんなに良かったっけ」なんて盛り上がってしまったこの日の美術館。
他方で冷静に考えると、この手の味わいはたまに飲むから美味しいのであって、毎日飲むには飽きやすいという弱点もあります。リユース市場で微妙に人気がないのは、こういう背景もあるのでしょう。カナディアンなどと同じで大体1杯ちょっとで飽きがくる。ですがシングルカスクの濃いヤツとか、最近流行りのやたら華やかなラムやコニャックとか、そういうこてこてした日々の合間に飲むと、舌がリセットされ、逆に響く系統だったりするのです。(それでも、モノが悪ければ響くものも響きませんが。)

J&Bはかつてアメリカ市場の獲得を狙ってリリースされ、大きく躍進した銘柄であることは有名な話。当時のアメリカをターゲットとして展開されたリリースで、特に色合いの薄かったリリースにカティサーク、ブラック&ホワイト、そしてJ&Bの3名柄があります。この薄い(白い)三連星のなかではJ&Bが最弱、というのが自分の印象だったところ。この日その序列に変化があったことは事実で、安いし家にハイボール用で1本買っておいてもいいかななんて、考えてしまいました。

このページのトップヘ

見出し画像
×