カテゴリ

カテゴリ:★5

ブラック&ホワイト セレクトリザーブ 1990年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_8710
BLACK & WHITE
SELECT RESERVE
OLD SCOTCH WHISKY
1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後半年程度
場所:自宅
評価:★★★★★(5-6)

香り:品の良い麦芽香とバニラウェハース、淡い古酒感。微かにスモーキーで、奥には熟成したモルトを思わせる洋梨、薄めた蜂蜜の甘みを伴う。

味:スムーズな口当たり、おしろいっぽさを伴う麦芽風味と麦芽糖、ピリピリとした軽やかな刺激や少し粘性を伴う舌当たり。余韻にかけてほのかなピーティーさ、干草や乾いた麦芽を伴いあっさりとしている。

素朴なハイランドモルト感が主体のブレンデッドウイスキー。癖は少ないものの意外にモルティーで、いわばダルウィニーを主体に感じる構成。加水は不要、ハイボールは麦感メインで好みが分かれるが、個人的には気持ち薄めですっきりと楽しみたい。


1990年代初頭。日本向けにリリースされていた1本。正直この時代だからグレーン増し増し、味も薄くてライトな量産路線だろと、勝手に予想していたのですが、飲んでみると特級時代末期のブラック&ホワイトと比べても頭一つ抜けた完成度で、少々驚かされました。

ブラック&ホワイトのキーモルトはダルウィニーとグレントファース、ブキャナン社所有蒸留所の原酒が使われていると言われていますが、業界最大手ディアジオの前身たるUD社傘下のブランドですから、様々な原酒が融通されていると思います。 
しかしその中にあって、このセレクトリザーブは、ダルウィニーに共通するハイランドモルトの香味が厚く、若さも変に主張してこない。
麦系メインの地味滋味構成で、多彩かつ複雑な味わいというわけではありませんが、素朴で心が落ち着く、意外においしいブレンデッドウイスキーなのです。

このモルティーさは、通常のブレンドがグレーン6〜7割と言われているところ、そのレシピより少しモルトが多いためではないかと予想。体感の熟成感は10〜15年程度といったところで、強いて言えば、飲み口のマイルドさ、粘性のある舌当たりの中で、ピリピリとした刺激があるのは少し気になりましたが、ポジティブに考えればそれも香味のアクセントです。

このグレードでこの味わいなら、ブラック&ホワイトブランドから、当時リリースされていた銘柄もそれなりなのか?
セレクト、プレミアムなど、優先順位を下げていたブランドも試してみたいと思います。

ハイランドパーク 12年 バイキングオナー 40% ブラインドテイスティング

カテゴリ:
HIGHLAND PARK
12 YEARS OLD
VIKING HONOUR
700ml 40%

【ブラインド解答】
地域:アイランズ
蒸留所:ハイランドパーク
年数:12~15年程度
度数:43%程度
樽:アメリカンホワイトオーク、リフィルシェリーオーク主体。
仕様:加水、複数樽バッティング、近年流通品。

グラス:木村硝子テイスティング
時期:不明
場所:ブラインドサンプル@ぎんが
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:サルファリーさを含む淡いシェリー香。微かにピートと干草、オレンジピールのほろ苦さ。奥には蜂蜜の甘みを伴うエステリーさとオーキーなウッディネスがあり、スワリングすると一時的に開いてくる。

味:ややえぐみのある口当たり、中間に塩水を思わせる潮気、蜂蜜の甘み、やや緩いボディ。フィニッシュは林檎のコンポートを思わせるオーキーで華やかなフレーバーが、土っぽさと植物感のあるピート、スモーキーさのアクセントとなって感じられる。

おそらく現行品のオフィシャルボトル。ミドルエイジ・・・までいかない、比較的若い原酒を加水で整えている印象はあるが、大手の作りらしく上手くまとまっている。乾いた植物感を伴うピートフレーバーと樽由来のニュアンスが程よく混ざり合い、特に余韻のオークフレーバーとスモーキーさが可能性を感じる。


昨日に続きハイランドパークのブラインド記事。昨年大幅リニューアルしたハイランドパーク・オフィシャルラインナップの12年モノ、バイキング・オナー。

その新しいデザインは、近年のハイランドパークの販売戦略であるヴァイキング文化をベースに、世界遺産「ウルネスの木造教会にある壁面装飾」をモチーフとして、従前ののっぺりとしたボトルから大きく異なる。バックバーにあって明らかに目を引くデザインとなっています。


(ウルネスの木造教会の壁面装飾。ヴァイキングが信仰したというドラゴンが、蔦の浮き彫りの中に隠されているという。また教会はヴァイキング船の建造技術が応用され、釘を使わず建てられている。引用元:

今回のリニューアルでは、変わったのは上記パッケージだけで、価格、中身は変わっていないと公式には発信されています。
確かに価格は据え置きなのですが、味について発売当時に比較テイスティングした限りでは、新しいボトルのほうがシェリー感が控えめで、その分ピートが際立っていた印象がありました。

今回は期せずしてそれをブラインドテイスティングで確かめた形。解答がボトル指定出来ている以上、特徴は掴みやすかったと言えますね。
ピートフレーバーがはっきりしているだけでなく、余韻にかけて感じられるアメリカンホワイトオーク由来と思しきオーキーなフルーティーさ。これは先日記事にした、17年ザ・ライトに備わっていたものほど強くはないものの同一の香味です。

一方、ハイランドパークの王道とも言えるシェリー樽熟成の原酒由来と思われる微かな硫黄臭は、オークフルーツ路線でいくなら不要とも・・・。
シェリー系原酒で厚みとバランスをとるのはいいと思うんですが、やはり中途半端にシェリー路線を走るくらいなら、オークフルーツ路線が良い。その傾向がスタンダードボトルから出ているのは、個人的にはポジティブであり、将来的に期待が出来るリニューアルであったとも感じるのです。


さて、今回のブラインドサンプルは、以前ちょっと特殊なブラインドを出題頂いた、ぎんがさんから。
先日、持ち寄り会に呼ばれていたのですが、家庭都合で参加できず。。。すると事前にいくつかのサンプルが送られてきました。ありがたいことに、明らかに煽ってきているブラインドサンプルとともにです。
ここまでやられたらリアルタイムで解答してやるよと、持ち寄り会の時間帯に解答をツイッターで送信。「鋭敏」を期待されていたようですが、期待通りの結果を提供出来て満足であります。

サントリー ローヤル 1990年代流通 43% 干支ラベル申年

カテゴリ:
ROYAL
SUNTORY WHISKY
Release 1991-1992
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後3ヶ月程度
場所:自宅
評価:★★★★★ ★(5-6)

香り:甘く熟成したウッディーな樽香、続いて干草や乾いた穀物感。蜂蜜とドライアプリコット、カシューナッツ。徐々に香りが落ちていき、ドライなニュアンスが強く感じられるようになる。

味:飲み口はスウィートで林檎のコンポートやケーキシロップのような甘みに加え、ほのかな香木感を伴うオークのウッディネス。軽やかな穀物感も合わせて感じられ、口当たりはしっかりしているが、ボディはやや軽い。 
余韻はほろ苦く、すっきりとしてドライなフィニッシュ。 

香味とも現行品より品の良い熟成したモルティーさが、文字通りのトップドレッシングとして感じられる。しかし各香味の繋がりには若い原酒の荒さが若干あり、特に中間から余韻にかけてが少し弱い。
ロックはそうしたボディの弱さが目立つが、ハイボールはすっきりとした中に華やかなオーキーさが感じられる。また、意外に水割りが悪くない。


サントリーから毎年干支毎にリリースされている干支ボトル。申年のローヤルは1992、2004、2016が該当しますが、今回のローヤルは1995年に12年表記が発売される前、旧酒税法改正後の1991年ごろに発売された1本です。

この当時、バブル崩壊とブームの終焉で国内のウイスキー消費量が減り出したことと反比例するように、サントリーのブレンデッドの品質は2000年代初頭にかけて響を筆頭にピークに向かう時期。
ローヤルも同様で、ボディが妙に軽かったり、ウッディな樽香が浮ついていた旧酒税法時代に対し、この時代のものはだいぶバランスが取れてきています。

特に特級表記ジャパニーズの大半に感じられた、独特の香味の薄さがなくなったのが大きいですね。ああ、やっとウイスキーになってきたなと。
この辺りから2000年代中頃くらいまでのローヤルは、響ほどのレベルはないですが普段使いにもってこい。おそらく単純に原酒の使用比率と質が上がった結果だと思うのですが、新しい酒税法の整理では特級区分は品質を落とすことも出来た中で、逆に骨格がしっかりしてきているのは、純粋にメーカーの総合力が向上した結果とも感じています。

ちなみにローヤルの裏ラベルには、15年熟成の山崎原酒を効かせた旨の記載があり、確かにそのニュアンスはトップノートで感じることが出来ます。この後リリースされるローヤル15年に通じる香味でもありますね。
また、前述でも触れたように原酒の質としてはグレーンの質が上がったのでしょう。8〜10年くらいの熟成とは思いますが、完全ではないものの単に薄くならず全体の香味を繋いでいます。
60's表記のある1980年代以前流通のローヤルから飲んでくることで、ブレンデッド作りには良質なモルトとグレーンが欠かせないのだという、ある種当たり前のことを実感させてくれるのです。

ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート 46% 2018年リリース

カテゴリ:
IMG_8538
BLACK NIKKA
Deep Blend
EXTRA SWEET
Limited Bottled in 2018
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1~2日
場所:自宅
評価:★★★★★(5)(!)

香り:トーストと蜂蜜を思わせる甘く香ばしい香り立ち。ツンとした刺激が鼻腔を刺激するが、奥には淡いオーク香があり、熟成を感じさせるアクセントになっている。

味:ボリュームがあってスウィートな飲み口に、やや若さを感じる荒さ、刺激が続けて感じられる。中間はグレーン由来の蜂蜜や穀物系の甘み、徐々に程よいスモーキーさ。若干べたつく甘さが舌に残るものの、ほろ苦くドライな香味が余韻に繋がっていく。

通常のブラックニッカをスケールアップさせた上位互換と言える構成。やや荒さも感じられるが、全体的にボリュームがあり、いい意味で飲み応えに繋がっている。加水やハイボールは飲みやすくはあるものの、これといったポジティブな要素は見つけられなかった。 ロックはある一点を超えるとシャバシャバになるが、そこまでは意外に香味が持続する。
なお、開封後の時間経過で、一部のスコッチモルトを思わせるような若干ケミカルなニュアンス、モルティーさが香りに感じられるようになる。

IMG_8533

・ブレンダーズスピリット2016
・ブレンダーズスピリット2017
・クロスオーバー
・アロマティック
・エクストラシェリー
とリリースが続いてきたブラックニッカの限定品。ベースから別格で総合的にレベルの高かったブレンダーズスピリット以降は、自分の評価はどれもブラックニッカという枠の中で、目先を変えてピートやシェリー原酒の個性を際立たせる。例えるなら夏はトマト、冬はカボチャみたいな、レストランの季節限定メニューのような印象でもありました。

それはそれでテイスティングをする面白さが勿論あるのですが、流石にここまでブラックニッカ枠が続くと食傷気味になるというか、新鮮味も薄れます。 
そろそろスーパーニッカとか、ザ・ニッカとか、違う路線で限定品が来きてほしいな・・・と方向転換を期待していたのですが、予想通り再びのブラックニッカ。
だってリッチブレンド銘柄の限定品を出したんだから、残ったディープブレンドでもやりますよね。

そんなわけで今回はいつもの先行テイスティングもせず、見かけたら買おうくらいにトーンダウン。あ、46%なんだ、ニッカで珍しいねえ・・・とか、ボトルを見てやっと気づくほど(汗)。
しかしその味わいは、ここに来て本シリーズ一番の王道系、原点回帰とも言える構成。これまでの限定品のように何かに特化したわけではないし、ブレンダーズスピリットのように全てが別次元の構成というわけでもない。
いわば同じ素材のスープですが、ダシの量が2倍になってるというか、煮込み時間がずっと長いような違いと言いますか。スケール感の違いを感じる構成に、これはサンプル手に入れるべきだったかなと、ちょっと後悔しました。

ブレンドのキーになっているのは新樽で10年以上熟成された余市、宮城峡のモルト原酒とカフェグレーンとのこと。新樽はちょっと前のカラメル系の色合いのヘビーチャー新樽ではなく、バニラやオーク系のタイプで、ブレンドには若さ一辺倒じゃないコクがあります。時間経過で一部のスコッチモルト的なケミカルさは顔を出しますが、その中で余韻にかけてのピーティーさがニッカらしさに繋がっていると感じます。

これまでのリリースで言えば、ブラックニッカ復刻版にあったようなピーティーな原酒の存在感。そこに価格にしては頑張っている熟成感と、46%だからこその飲みごたえ。
ピートやシェリーと、ある意味ウイスキーエントリー層向けにわかりやすい個性を強調してきたブラックニッカ限定シリーズですが、このエクストラスウィートは往年のブラックニッカファンにこそ勧めたい。そんな1本に仕上がっている、玄人好みのリリースだと思います。

響 ジャパニーズハーモニー 43% サントリー

カテゴリ:
HIBIKI
JAPANESE HARMONY
SUNTORY WHISKY
700ml 43%

グラス:響フレグランスグラス
時期:不明(開封後そう長い時間は経過してない)
場所:HIBIYA BAR WHISKY-S
評価:★★★★★(5)

香り:軽い香り立ち。ドライでやや青みがかったウッディネスと穀物香、干草。奥から淡い植物感と金柑のようなほのかな果実香もある。

味:若干若さを伴うピリッとした軽い口当たり。干し草、スパイス、乾いたウッディネス。果実味はあまりなく、シロップのような甘みと木材感のあるほろ苦さ、ドライな余韻。

全体的に若さが感じられ、ビターでドライな構成。加水するとかなり薄くなるが、奥にはオーキーな華やかさも感じられるようになる。ハイボール要員としては使いやすいか。
なお大ぶりのグラスで開かせることで香りのネガティブな点は隠れてはいるが、全体のピンボケにも繋がっている気がする。

近年ロットのジャパニーズハーモニー。
同銘柄は2015年のリリース時に何度か飲む機会があり、12年や17年に比べ特筆して深みのある香味ではないものの、響らしいウッディネスの層が若いなりに備わっている。エントリーグレードという限られた条件の中で「ブレンダーの努力が見える酒」、というのがこれまでの認識でした。

以降、居酒屋などでハイボールは飲むものの、ここ1〜2年ストレートでテイスティングすることはなく。
上位グレードに当たる響ブレンダーズチョイスがリリースされたので、比較も兼ねてテイスティングをしてきたのですが。。。
同ボトルのテイスティングでも触れましたが、自分の中にあったキャラクターからはだいぶ離れた姿に感じられ、これならいっそローヤルでもいいんじゃ?と思ったほど。

その違い、具体的には熟成感と樽感ですね。
以前からドライというか樽の苦味が先行気味でしたが、少なからずコクがあり、それが樽由来の華やかさを繋いでいたところ。サントリーの製品に限らず、発売初期は気合入れて原酒が使われてるけど、ロットを重ねる毎に味がドライで熟成感が軽くなるケースは、ロット差のあるウイスキー全般少なくありません。
仕込んだ原酒の関係から時代の流れで味は少なからず変わるものですが、それでもこの短期間じゃちょっと露骨かなという印象を受けました。

そんなわけで一層ブレンダーチョイス悪くないじゃん、って思ったわけですが、響、山崎、白州、例外なく感じる近年の変化。これが2020年問題を超えて今の香味を維持できるのかは。。。結局消費量次第なのかもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×