カテゴリ

カテゴリ:★5

サントリー シングルモルト 山崎 NA 43% オフィシャル

カテゴリ:
IMG_4412
SUNTORY WHISKY
YAMAZAKI 
Single Malt Whisky 
No Aged 
180ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとしたアルコール感、ウッディで甘いアロマの奥からハーブ、少し焦げたようなニュアンス、キャラメル、焼き芋や黒砂糖。香りの要素に分離感のある構成。

味:ねっとりとした甘い口当たり。ザラメ、乾いた木材、淡く植物系のニュアンス。少しざらつくような口当たりを残しつつ、奥から若い原酒を思わせるエッジの立ったアルコール感。
余韻はスパイシー、あざとさのあるオークフレーバーの後は、若い原酒の荒さを残して長く続く。

12年に共通する樽香も一部感じるところがあり、山崎らしさは備わっている一方
。香味とも荒さが目立ち、ストレートは少々呑み疲れる。飲み方は少量加水が好ましい。ロックも初めは悪くないが、氷に負けるのが早い印象。


ハイボールブームの折、山崎10年のフェードアウトを支える形で2012年に発売された、山崎ノンエイジ。
先日、久々に白州NAが飲みたくなって180mlボトルを購入したわけですが、ついでだから山崎NAも飲んでおくかとセットで購入していました。
自分の周囲の飲み屋では、白州ハイボールは比較的ラインナップにあって角ハイボールに飽きた時に頼んだりするのですが、山崎NAはあまりなく、かつハイボールというイメージも無いため、NAを飲むのはそういうシーンを含めても本当に久しぶりです。

そんな久しぶりの山崎は・・・"荒い"というのが第一印象。例えば若さというとニューポッティーで乳酸系の酸味が強いというような要素がありがちですが、これはそのタイプではなく。ワイン樽やホワイトオークなど使われた樽由来と思しき甘みはそこそこあるのですが、ベースとなる原酒の奥行きが乏しいので、舌あたりの荒さ、アタックの強さが目立ってしまう印象です。
昔某ウイスキー雑誌のテイスティングコメントで「まだ時間が必要」と書かれていた事を、朧げながら思い出しました。

一方、飲み進めていくと、テイスティングの通り「この辺は上位グレードと共通点があるな」と思う部分もあります。
その一つが余韻にかけて感じる華やかなオーク香、熟成した山崎原酒に感じられる要素です。
限られた原酒の中で苦労して作られている事が伺えます。
これはこういうもの、として割り切るなら、楽しめる要素にフォーカスして飲んでいける。エントリーグレードのあり方を考えさせられるボトルでした。

サントリー シングルモルト 白州 NA 43%

カテゴリ:
IMG_4375
SUNTORY WHISKY
HAKUSYU
No Age
180ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5-6)

香り:つんとしたアルコール感、酸味のある若いニュアンスと乾いた木材、微かに干草。淡く華やかでオーキーなウッディネス。時間経過で洋梨を思わせる甘いアロマも開いてくる。

味:蜂蜜やバニラを思わせるまったりと甘い口当たり。あわせて若さを感じる酸味、スパイシーな刺激、オーキーでナッティーなニュアンスのあるウッディネス。余韻はドライで乾いた木材、内陸系のピーティーさを伴う。

ストレート、加水、ロック、ハイボール・・・突き抜けないが、どんな飲み方でも楽しめる万能的なシングルモルト。バーボン系の樽香が森の木々を連想させる。飲み方によっては若さが前に出るものの、ハイボールにすると飲み口で酸味のあるモルティーさに微かなピート、若さが爽やかな飲み心地に繋がっている。 
IMG_4374

後述する事情から白州ハイボールが飲みたくなり、すぐ近所の酒屋で買い求めたもの。軽めの飲み口から爽やかなモルティーさとライトな樽香が、サッパリとした飲み口に繋がり風呂上がりの1杯にぴったりです。
オールドボトルやアイラモルトなど、味のしっかりあるハイボールも良いですが、こういうのもたまには、特に夏場には良いもんです。

白州NAは会社の飲み会で注文するケースは多いものの、ストレート含めてちゃんと飲むのは、発売直後に買って以降あまり記憶がありません。
そう言えば、5年くらい前に某ショップが「山崎プレミアムソーダを2ケース買ったら山崎&白州NA(700ml)セットでプレゼント」なんて意味不明な企画をやっていて、それ以来か。ちょうど良いので、直近ロットの味を見ておこうと思います。

(白州蒸留所の蒸留器群。山崎同様、様々な形状のポットスチルがあり、多様な原酒を作ることで、ブレンド、リリースに幅を生み出している。Photo by T.Ishihara)

そもそも、白州が急に飲みたくなった原因は、Facebookに投稿されていた白州蒸留所の写真群でした。
いやー良いなー、最近蒸留所行けてないなーと思ったところで喉が鳴り、久々に飲んでみるかと。それでも700mlフルボトルじゃないのは、これ以上開封済み増やすのもなという、ささやかな抵抗、あるいは無駄な足掻きから。
や、このサイズの瓶はストックがあると何かと便利なんですよ、うん。

白州は、スコットランドで言うハイランドモルトに近いキャラクターがあると感じます。
ハイランドと言っても東西南北、厳密には島もいくつか含まれる広域な区分ですが、白州や山崎は上の写真のように様々なタイプの原酒を作っているため、蒸留所としては基準となるキャラクターがありつつも、リリース毎にスタイルが微妙に異なるイメージ。
白州NAは他のグレードに比べて香味が軽く、ハイランドの中でもややスペイサイド寄りの印象。昔飲んだ時はもう少しバーボン樽系の樽感があり、それこそグレンモーレンジっぽいなと思ったのですが。。。久々のテイスティングとなった今回、香味の方向性は変わっていないものの、自分の味覚の変化かロット差か、あるいは時代やブームでレシピが変わったのか、樽感がライトで原酒の若さが感じやすかったように思います。

それでも他社が原酒を確保しづらい中で、大量生産でこのクオリティをよく維持できるなと。色々話題になる企業ではありますが、作り手の腕は本当に凄いと感じます。

クラガンモア 2004-2016 ディスティラーズエディション 40%

カテゴリ:
CRAGGANMORE
Distillers Edition 
Double Matured 
Distilled 2004
Bottled 2016
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:干し草のような乾いた植物感、アメリカンオークの癖とシロップの甘いアロマ、徐々に麦芽香もある。

味:スムーズな口当たりからほろ苦い麦芽風味、キャラメリゼ。干し草、やや薄めだがじわじわと土ぽいピートが染み込むようにほろ苦い味わいと共に感じられる。
余韻はスモーキーでビター、えぐみがある。カカオパウダー、アーモンド、を思わせるタンニンがはっきり感じられ、長く続く。

ルビーポートワイン樽で追加熟成されたためか、甘みに加えタンニンやえぐみといったニュアンスもスタンダードリリース以上に付与されている。今年のリリースは後者が少々強いイメージだが、40%加水でそれをまとめている印象。水を加えると甘みがより薄く、水っぽくなってしまう。


クラガンモアと言えば派手さはないが、華やかで柔らかい、麦芽風味主体のモルト。スペイサイドモルトですが、ハイランド的な特性が強く感じられます。
オールドボトルは特にそのニュアンスがわかりやすく、それがらしさとして感じられるところ。このダブルマチュアードはそうした酒質をベースに樽感が付与されているため、時に別物という仕上がりを見せることもあります。

今回の2017年流通品は、テイスティング記載の通りルビーポート樽由来と思しき甘み、それ以上にタンニンや樽のニュアンスが強く、いい部分も悪い部分も含めて、らしさはあまり強くない1本だなと感じます。
では蒸留所のらしさはさておき、全体の完成度はというと、小さくまとまっているイメージで、個人的にはこれもあと一手ほしい、中途半端さが。。。
結局のところ、クラガンモアという蒸留所は特別クオリティの高い樽に当たらない限りは、あまりいじることなく、そのままの特性を伸ばしたほうが良い仕上がりになるのかも。
DSC02365

この一連のダブルマチュアードシリーズは、特に内陸モノは飲み手の好みによらず平均して飲めるだろうというリリースが少なくありません。万人受けというか、特に感動もしない変わりに「美味しいよね」と言ってもらえるクオリティが維持されている。
その中でも今年はダルウィニーに光るモノがある一方、クラガンモアは面白みに欠けると言わざるを得ない出来だと感じました。もっと出来る子だと思うのですが、ここ数年、キラリと光るクラガンモアのニューリリースに出会っていないのは残念です。

ラングス 12年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
ラングス
LANGS
Years 12 old
Scotch Whisky
Distllers Glengoyne Scotland
1970-1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後半年程度
評価:★★★★★(5)

香り:甘いシロップのような香り立ち、メレンゲクッキー、サツマイモを思わせるグレーンの甘み、干草っぽいニュアンスが混じる。徐々に品の良いオールドシェリー香と合わせてソーピーなアロマも混じり、存在を主張してくる。

味:口当たりははっきりとした主張、カステラやおこしを思わせる色のついた甘み、中間からはまろやかでスウィートな麦芽風味やグレーンの甘みが中心だが、香り同様パフューミーなフレーバーも感じられ、鼻に抜けていく。
余韻はソーピー、紅茶のタンニンを思わせるほろ苦く染み込むようなウッディネス、ジンジンとした刺激を伴い長く続く。

基本的にはマイルドでピート香はあまり感じられない、キーモルトらしさのあるモルティなブレンデッドウイスキー。味もはっきりとして、ただ穏やかなだけではない芯のある味わいが楽しめる。ただ1点、ソーピーなパフューム香が潜んでいることを除けば・・・。

IMG_4311

半年前、主催したオールドブレンデッドウイスキーのイベントにあわせて開封したものの、その際は香りが立っておらず押入れの奥にしまってそのまま放置していた1本。先日押入れの中を整理した際に出土、程よく香味も開いており、ちょうど良いのでテイスティングです。

注目はラベル向かって右下、Lang Brothers Ltdの右隣に、小さく書かれたグレンゴイン表記。ラングスの製造元である同社は、グレンゴインを傘下とするブレンドメーカー。当然そのラング社が製造するブレンデッドウイスキーには、グレンゴインがキーモルトとして使われています。 
ただ、グレンゴインだけではブレンデッドウイスキーは造れません。ブレンデッド・スコッチ大全によれば1965年、同社はロバートソン・バクスター社の傘下に入ったとされています。
これだけではナンノコッチャという話ですが、このロバートソン・バクスター社と密接な関係にあり、原酒を供給していたのが、ハイランドディスティラリー社。同社は当時、スコッチウイスキー業界において最大の勢力であったDCL社と対を成す、もう一つの巨大勢力です。
(ハイランドディスティラリー社の設立には、ロバートソン・バクスター社の創業者らが協力したとされています。)

ハイランドディスティラリー社は英国1位の売り上げを誇るブレンデッドウイスキー・フェイマスグラウスをはじめ、蒸留所としてはブナハーブン、グレンロセスから始まり、グレングラッサ、タムデュー、ハイランドパーク、そしてグレンタレットなどを傘下としています。
今回のテイスティングで、このラングス12年からパフュームを感じ、「あれ!?」となったのですが、ハイランドディスティラリー社側の蒸留所を確認して納得。この香味、間違いなくグレンタレット由来でしょう(笑)。
以前飲んだラングスの別ボトルにこのニュアンスはなく、体調でも悪いのかと何度もテイスティングしたので、ボディブローのようにソーピーなフレーバーが口の中、胃の中に効いてきています。
胃もたれというか胸焼けにもにた症状・・・やはりこのフレーバー、苦手です(笑)。

オーバン 2001-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
OBAN
Distillers Edition
Double Matured
Distilled 2001
Bottled 2016
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y’s Land IAN)
時期:開封後2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:スモーキーで焦げたようなアロマ。ローストアーモンド、落穂。時間経過でエステリーでオレンジチョコ、カカオを感じるシェリーのニュアンス。微かに硫黄も。

味:ピリッとした口当たり、塩気、焦げたカラメル、焙煎した麦芽のほろ苦さ。合わせてメープルを思わせる甘みと微かに油絵の具のような癖、チェリー、プルーン、シーズニングのニュアンス。スモーキーでスパイスを伴うビターな余韻が染み込むように残る。

蒸留所の特徴という点ではブリニーな味わいにピートフレーバーと、ハウススタイルが感じられるように思うが、焦げたような苦みが目立ち少々アンバランスでもある。しかしこの原酒はどこで熟成させているのだろう。


ハイランドの港町で作られるウイスキー。オーバンは個人的に好きな蒸留所の一つ。ボトラーズ含めてリリースが少ないため、こうして毎年リリースされるMHDのダブルマチュアードが結構楽しみだったりします。

同リリースはアモンティリャード・フィノシェリーのシーズニング樽で2度目の熟成が行われています。
シェリーの性質上、オロロソやPXのように濃く仕上がりませんが、アーモンド、オレンジ、カラメルソースの甘みといったシェリーの由来の要素に加え、新樽からそのまま作るシーズニング樽らしく樽材から出たと思しき木のエキスの癖が混じっています。
(また、香りには微かにサルファリーな要素も感じられましたが、これは以前のリリースにはなかったような・・・。)

一方、ベースとなるモルト原酒としては、オフィシャル通常リリースのものと同じかと思いきや、ピートや焦げたようなモルティーさが、通常リリース以上にはっきりと感じられました。
MHDのダブルマチュアードは、毎年決まった時期に蒸留され、熟成された原酒によって作られているところ。1年のうち、この期間の仕込みはダブルマチュアード用、として切り分けているのでしょう。
同リリースは、ここ数年ビターなニュアンスが目立つ出来だったと記憶していますが、今年のものは特にその点がはっきりとして、樽感と乖離しているというか、ややアンバランスに感じられました。
開封後、少し時間を置いて"なれ"させた方がいいのかもしれませんね。

このページのトップヘ

見出し画像
×