カテゴリ

カテゴリ:★5

グレンスタッグ 15年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191128_234738
GLEN STAG 
FINEST BLENDED SCOTCH WHISKY 
Aged 15 years 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング 
時期:開封後1ヶ月程度 
場所:お酒の美術館 神田店 
評価:★★★★★(5)

香り:ねっとりとしたみたらしやカラメルを思わせるアロマ。スワリングするとほのかに熟成したモルトの林檎系のフルーティーさ、スモーキーさも垣間見れるが、基本的には熟成グレーンのそれである。

味:マイルドでスウィート、鼈甲飴、あるいはみたらし、熟成したグレーンの甘味と少しピリリとした刺激。濃さはあるがやや単調。じわじわとスモーキーさを伴うほろ苦いフィニッシュへ。

モルトは70年代のものが使われており、現代にはないしみじみとしたピートフレーバーを味わえるが、同時にグレーン感が強く、味は濃厚であるものの奥行きと広がりがもうひとつ足りない。レシピは近年寄り、グレーン7のモルト3あたりで、モルトは没個性的なハイランド主体か。。。

IMG_20191128_234815

ブレンドメーカーのGlen Talla社がリリースしている輸出向けブランド。今回のボトルは日本市場向けで、他に10年と21年がある、バブルの産物とも言えるブランドです。
元々Glen talla社は自社の名を冠する10年前後のピュアモルトや、ブレンド銘柄のテイサイドをリリースするなど、小規模ながら活動を行っており。。。
今回のグレンスタッグにしても、リリースされた直後(あるいはほぼ同時期)に、大手インヴァーゴードングループの傘下に入るなどし、現在も細々と販売が継続している銘柄でもあります。

特徴はなんと言ってもグレーン感。15年熟成表記は伊達ではなく、香味ともとろりと濃いめの甘味がありつつ、一方でグレーン比率の高さを思わせる奥行きの少なさにも繋がっているようです。
モルトもハイランドのなかでも没個性的なものが主体なのか、柔らかくはあるもののフルーティーさやモルティーさが目立つ印象はありません。ただ、少量ながら使われていると思われるアイラ系の原酒のスモーキーさが、味わいに多彩さを与えており、古き良き時代を思わせる個性としても感じられます。

先に書いたGlen tallaとしてリリースされていたモルトウイスキーにアイラ表記のボトルがあり、その系統と同じものと思われます。真偽のほどは定かではありませんが、それはラガヴーリンという話も。。。
なお、この年代で従価表記があるということは、税率の整理で高級品区分だったのでしょう。
コアなオールドラヴァーには物足りないかもしれませんが、マイルドで飲みやすいウイスキーは、飲み始めの方や現在のスモーキーさが苦手な方にオススメと感じる1本です。



ベンネヴィス 20年 1996-2017 AQUA VITAE #2028 50.6%

カテゴリ:
IMG_20191115_200537
BEN NEVIS 
AQUA VITAE 
Aged 20 years 
Distilled 1996 
Bottled 2017 
Cask type Sherry Butt #2028 
700ml 50.6% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:ジェイズバー
暫定評価:★★★★★(5)

湿ったようなウッディネス。ブラウンシュガーやドライプルーンの甘いアロマから、サルファリーでオロロソシェリーそのものが混じったような椎茸っぽさを感じさせる。
口当たりはリッチで、かりんとうの甘味からカカオを思わせる苦味がすぐに開き、そのままサルファリーさとビターなフレーバーが主体。余韻はややハイトーン。ウッディで熟成感がある一方、評価が難しい。

ビターな樽感とサルファリーさで、90年代ベンネヴィスに求めるフルーティーさは潰れている。これもシェリー樽の系統のひとつであるが、AQUA VITAEのラインナップでは異端。
レビューすべきか迷ったが、エピソード的に厚みがあったので掲載。カスク選定の難しさ、サンプル通りの味わいにならないこともままあるという1本。

IMG_20191115_200556

先月、ジェイズバーで開催された信濃屋およびAQUA VITAEによるテイスティング会にて。
90年代中頃のベンネヴィスといえば、経緯は不明ですが所謂ジェネリックトロピカルと言われるケミカルなフルーティーさが特徴として挙げられます。
それ故、ボウモアのトロピカルフレーバーや、ホグスヘッドの華やかなオークフレーバーを好む同社代表のAllen氏なら、このスペックのボトルであれば間違いなくそっちの系統をチョイスしているだろうと飲んでみると・・・全くイメージと異なる味わいに驚かされました。

本人がその場に居るのですから質問しない手はありません。
くり「ベンネヴィスだけ他のボトルとイメージが違うように感じるんですが。」
Allen「サンプルの時はもっとクリアなシェリー感だったのに、ボトリングしてみたらウッディな感じになってしまったんだ。」
くり「ちょっとサルファリーですよね?(控えめに質問)」
Allen「ちょっとじゃないよ、かなりだよ(笑)」
Allen「でも、海外のイベントとかで人によっては美味しいって言うんだ。だから1本くらいはこういうボトルがあっても良いかなって思うんだよね。」
まあ僕は好みじゃないけど、というコメントが飲み込まれたようにも感じましたが、なるほどなあと。

この手の話は、樽の中身は場所によって味が異なる(樽感が一定ではない)ということからくる”ボトリングの罠”です。
樽の中のウイスキーは、樽の木材に触れている部分が濃く、ウッディであり。中心部分はクリアである傾向があります。これが熟成が長い樽であればあるほど全体が均一になってくるのですが、スコットランドで20年クラスのものは、その差が大きいのでしょう。
樽の”中取り無濾過”とかできれば良いんですが、払いだしの際は全部混ざってしまいます。結果、他のサンプルでも、カスクサンプルとボトリングのもので味が違うことはよくある話です。
(故に、店頭でサンプルを飲む場合は、これがカスクサンプルなのか、ボトリング後のサンプルなのかを確認すると誤差を減らせるという訳です。)

IMG_20191115_204322

という話は、自分の英語力では残念ながら翻訳することが出来ず。。。その場に居たウイスキー仲間も断念し、伝えることができなかったのですが、ボトラーの選定者が、どういう狙いで樽を選び、その結果に対してどういうイメージを持っているのかという感想まで聞くことができた。非常に実りの多いイベントだったと思います。

日本という国は、高度経済成長からバブル景気にまたがる洋酒ブームからの、不景気とウイスキー冬の時代の到来。また、日本の洋酒ブーム時には本国側がウイスキー冬の時代にあったという点も重なり、この落差が多くのオールドボトルを日本国内に産み出す結果になりました。
では台湾はどうかというと、アジア向けのボトルは多少ありますが、日本が埋蔵する在庫量とは比べ物になりません。
そうしたなかで、気軽にオールドを飲めないなら、自分がそれに近い味わいのものをリリースしたいと考えたAllen氏の行動力に、あれこれ動いている自分もエネルギーを貰えたようにも感じました。
近い将来、自分が関わったリリースが出た暁には・・・逆に感想を聞いてみたいですね。

フィンドレイター 1823 ファウンダーズ 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191118_210326
FINDLATER'S 
1823 FOUNDERS 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1980's (1988-1989)
750ml 43%

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★(5)

香り:ブラウンシュガーを思わせるドライで甘いアロマの後、みたらしのややひねた酸、いぶりがっこ。コーンフレークのドライな穀物っぽさも感じられる。

味:マイルドな口当たりから黒糖ふ菓子のような乾いた甘味。微かに無花果のような甘酸っぱさもあるが、基本は緩い甘さ主体。余韻は黒飴のとろりとした甘味を、ドライな質感が引き締めて染み込むように残る。

飲みやすくマイルドなブレンド。こういうのをロックや水割りにしていたんだろうという昭和の味。淡くカラメル系のシェリー感がありつつ、熟成感もデラックスクラスとはいかないまでも感じられる。個人的にはもう少し変化が欲しいところだが、特級時代の末期流通にしては良くできている。

IMG_20191118_210403

当時インヴァーゴードンディスティラリー傘下だった、フィンドレイター社のリリースした日本向けボトル。
輸入業者および取引先にあるセンチュリートレーディングカンパニーは、三越伊勢丹グループのインポーター。現在はワインを中心とした輸入を担当していますが、当時はこのフィンドレイター社と伊勢丹のタッグで、洋酒ブームを背景に相当売り上げを伸ばしたようです。

ファウンダーズリザーブは、直訳すると創業者や創始者の貯えという意味。ですがウイスキー業界でよく見るそれは、創業者がストックしていた原酒が使われているわけではなく、いわゆる復刻版でレシピや味を再現したという位置付けのブランドに使われることが多くあります。
今回のボトルも、フィンドレイター社のルーツとなる酒類問屋が創業した1823年をブランド名としたものではありますが、1823年当時の原酒を使ったわけでも、味を再現した・・・なんてことも多分なく。それっぽい名前をつけた、というのが実態と考えられます。
(そもそも、フィンドレイター社の創業当時はウイスキーの製造・ブレンドを行っておらず、それが始まったのは1826年からという話も。。。)

主たる構成原酒は、同社に関連するディーンストン、タリバーディン、ブルイックラディ、そしてグレーンはインヴァーゴードン。この中では、特にディーンストンが効いている印象。
フィンドレイターはマイルドかつスモーキーさの少ないタイプのものが多く、このファウンダーズ1823も同様の構成。特に若さは感じられず、適度な熟成感(8~10年程度か)味は比較的リッチにまとまっています。

このブレンドのポジティブなところは、1980年代後半という多くのブレンドが味を落とした時期に、そこそこのクオリティを維持しているという点にあります。
淡いながらも効いたシェリー感、マイルドでのみやすい味わいに昭和のウイスキーシーンを感じる。当時から飲んでいた方からすれば、味わいも含めて懐かしいボトルなのだと思います。

シングルモルト 駒ヶ岳 リミテッドエディション 2019 48%

カテゴリ:
komagatake_limited_edition_2019
KOMAGATAKE 
MARS SHINSHU DISTILLERY 
Single Malt Japanese Whisky 
Limited Editon 2019 
700ml 48% 

グラス:アランノベルティーグラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR ヒーロー
評価:★★★★★(5ー6)

香り:フレッシュな香り立ちで、原酒由来の酸を感じるアロマ。レモングラス、ライムシロップやアロエ果肉を思わせる甘さと淡いオークの華やかさ。奥にはニューメイクに由来するニュアンスもあって、ピントが合う度に若さを認識させられる。

味:とろりとした口当たりと共に、樽由来のフレーバーの粗さが舌の上で感じられる。アタックはあるが、オーキーな華やかさもあり、レモンタルトやバニラウェハース、余韻はドライで乾いたオークやレモングラスの爽やかさ、スパイシーなフィニッシュ。

オーキーな華やかさとともに、繋ぎになるコクのある質感と比較的若い原酒のアタックが備わったボトル。若さは特に香りで感じられるが嫌みなほどではない。加水するとまとまり、爽やかな香味構成になるので少量加水推奨。先は長いが期待は出来る。

IMG_20191109_092638

マルスが毎年リリースしている、信州蒸留蒸留所の原酒をブレンドして作るリミテッドエディション。
これ以外にも一年に数回限定リリースがあるマルスなので、リミテッドエディションが特別という印象はありませんが、48%の加水調整と複数樽バッティングの仕様から、将来的にリリースされるオフィシャルボトルをイメージしているのかなと。言わばキルケランがやっていたワークインプログレスのイメージに重なるところがあります。

昨年のリミテッドはバーボン樽オンリーでしたが、今回の原酒構成はバーボンバレルで熟成された原酒を"主体"としたヴァッティングで、シェリー樽やアメリカンホワイトオーク樽原酒(マルスの表記では何度も使ったプレーンオークか、新樽か)も使われているとのこと。
香味から察するに、おそらくメインの原酒の熟成年数は5~6年程度で、3年くらいの若いタイプも混じっている印象。シェリー樽についてはリフィルでたぶんこれが若い方の原酒。フレーバーの主体は説明文の通りバーボン樽系統ですね。

ピートの主張も殆どないので、メインノンピートタイプかライトピーテッド。淡くオークフレーバーの効いた爽やかな味わいは、近年のスペイサイドモルトに共通する要素を感じさせます。
一方、口当たりにとろりとした粘性のある甘味があるのが特徴的でもあり、ここはバーボン樽以外の樽が仕事をしている部分と推察。リフィルシェリーともプレーンオークともとれるが、後者でしょうか。それが全体をカバーして、レビューの通りストレートでは若干の粗さと酸のある香味構成ながら、嫌みにならない程度に収まっているのだと思います。

この一本、信州蒸留所の現在地としては過熟感もなく、引き続き熟成して10年以上は熟成期間を見られそうなマイルストーン。4~5年後に10年熟成としてオフィシャルスタンダードでリリースされるのが楽しみです。
このリリースだけ見ると、それはグレングラントっぽくなりそうな気がしてきました。


追記:この記事に関連して「中身スコッチモルトなんですか?」という質問を、ウイスキーフェスの会場でお会いした方からされましたが、普通に信州蒸留所の原酒だと思ってます。そもそも表ラベルでSHINSHU DISTILLERY 表記かつSingle Malt Japanese Whisky 表記ですしね。
系統を分類するならスペイサイドタイプの酒質であり、それが熟成の結果、現行オフィシャルのグラント12年とか、そういうタイプの味になりそうだと感じたという話です。
その場で本坊酒造のスタッフにも確認しましたが、間違いなく信州蒸留所の原酒であるとのことでした。(11/17追記)

アンバサダー エンバシー 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191031_231636
AMBASSADOR 
"Embassy" 
Blended scotch whisky 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★(4ー5)

香り:ドライでライト、グレーン系の穀物感、あわせて乾いた麦芽、おこし、干し草、奥から仄かに白粉やバニラの麦芽香。淡くモルティーなニュアンスも感じられる。

味:ライトで柔らかく、あるいは少し薄い口当たり。薄めた蜂蜜、わたあめ、バニラウェハース、柔らかい甘味から徐々にドライでヒリヒリとした刺激。ほろ苦くドライなフィニッシュ。

ライトでプレーンなウイスキー。グレーンと無個性なモルトの組み合わせで、比率は7:3くらいか。ボディもモルティーさも熟成感も弱く、ピートフレーバーも乏しい。一方で若さが目立つわけでもなく、なんとも面白味のないウイスキー。
ハイボール、あるいは水割りで飲まれていたシーンは想像に難くない。

IMG_20191031_231754

スコッチの大使(アンバサダー)の大使館(エンバシー)という、それらしい銘をつけられているブレンデッド。ざっと調べた感じでは、日本市場向けのリリースだったようです。
流通時期にあたる1980年代後半。表記から察するに1988年頃の日本は天下のバブル景気真っ只中にあり、様々な銘柄で日本限定流通品がありましたから、元々輸出用銘柄であるアンバサダーがその市場に参入しないわけがなかったということですね。

アンバサダーは1954年からハイラムウォーカーの傘下にあり、構成原酒はバランタインと共通していると言われています。他方で、ベースで明確に同じなのはスキャパのみで、アードベッグやグレンバーギー等がどの程度使われていたかは未知数。実際、12年や25年などの上位グレードの構成は内陸寄りで、アイラの比率はバランタインに比べて控えめだったと感じます。
アンバサダーのメインターゲットはアメリカ市場だったようですから、スモーキーさを抑えてライトかマイルドな構成を目指すのも違和感はありません。

加えて今回の流通時期である、1980年代後半あたりのスタンダードグレードのスコッチウイスキーは、原料の品種改良や製造行程の簡略化など様々な要因から原酒のコクが乏しくなってきている時期にあたり・・・
このエンバシーからはアイラを思わせるスモーキーさも、熟成したハイランドモルトの華やかさもなく。ライトで無個性で、個性の弱い原酒をグレーンで引き伸ばしたような、まさに特級時代末期の量産型ブレンデッドという構成です。

ちなみにアンバサダーは、1970年代頃に”World Lightest"をキャッチコピーとして採用していたそうですが、当時はそこまでライトという訳ではなく。それが作り手の意図とは離れたところで”世界一ライトなウイスキー”にたどり着いたとすれば、なんとも皮肉な結果であると感じます。

IMG_20191028_213355
今日のオマケ:ポマール 2011 シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ
先日の痛い割り勘出費のうちの一本。銘柄解説は割愛。

ベリーシロップのような甘やかさ、木材と微かに苔、マシュルーム。少し湿ったようなニュアンスがあり、しっとりとしたアロマ。口当たりはブルゴーニュのピノにしては比較的肉厚というか、ボディのある味わい。そこから熟したザクロや梅干しを思わせる柔らかい酸、染み込むようなタンニンが蓄積していく。
こちらもチーズとの相性バッチリ。肉も食べたかった・・・。

死屍累々と言われるブルゴーニュでも、それなりに値段のするのはちゃんと美味しいんだなと感じた1杯。その筋の方からすれば1万円前後のワインなんて当たり前というか、こんなのまだまだという話かもしれませんが、特にこだわりのない自分からすると、こういうのが3000円くらいで飲めたら選択肢も広がるんだろうなと思ってしまう。
普段がはっきりと分かりやすい味わいの新世界中心なので、たまにブルゴーニュを飲むと香味の組み立てというか、全体のバランスの基準点を考えるいい機会になりますね。

このページのトップヘ

見出し画像
×