カテゴリ

カテゴリ:★5

シングルモルト 駒ケ岳 小彼岸桜 ネイチャーオブ信州 52%

カテゴリ:

KOMAGATAKE
KOHIGAN SAKURA
Nature of Shinshu No,2
(No Aged)
700ml 52%

グラス:不明
量:計30ml程度
場所:個人宅
時期:開封後2ヶ月程度

【ブラインドテイスティング】
地域:日本
蒸留所:秩父
熟成年数:6年程度
樽:活性樽ベース
度数:57%
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:ドライでアタックの強い、ミントやスパイスのアロマを伴うオークの華やかさ、ほのかに焦げたニュアンスもある。加水でドライパイナップルやアップルビスケットを思わせるフルーティーさ。

味:ウッディでスパイシー。ピリピリと若さを感じる荒さから、ねっとりと甘くシロップ漬けのチェリー、キャラメル、焦がしたバーボンオークに古樽のえぐみが広がる。
余韻は淡くピーティーで序盤同様に樽香を伴うハイトーンなフィニッシュ。

若さを樽由来の香味が補っているウイスキー。日本的な樽感だ。香味共に奥行きはそれほどないが、バランスは整っている。加水は崩れやすいのか量が難しい、少量までならバランスが良くなる。


先週末、ウイスキー仲間宅で開催された持ち寄りブラインドテイスティング大会で、主催者Jさん出題の1本です。
小彼岸桜は昨年末にリリースされた、マルスウイスキーのブランド、"ネイチャーオブ信州"の第2弾。自然の恵みに感謝する意味を込めて、再稼働後2013年に蒸留された3年熟成程度の原酒をベースに、その自然が育んだ信州蒸留所休止前の20年ものの原酒をバッティングした意欲作です。

このウイスキーは、昨年のウイスキーフェスで試飲して以来のテイスティング。
ノージングでジャパニーズであることはほぼ絞れていたものの、甘く強い樽香に、スパイシーでピーティーなフレーバーを主として拾い、一瞬余市蒸留所か?と連想。(活性樽と書いたあたりに名残がw)
しかしそれにしてはボディがあまり厚くなく、短熟気味なフレーバーも感じられ、マルスか、イチローかと悩んで樽由来のえぐみにそれっぽさを拾ってイチローの道へ、というのが流れです。
まあ冷静になると、淡くピーティーで短熟だけでは整えられないバランスなど、イチローのシングルモルトは除外される条件がいくつもあり、そこを拾いきれなかった経験の浅さが出てしまった結果でもありました(汗)。

前述の通り、"小彼岸桜"は、前作の"竜胆"に続き長熟原酒と短熟原酒のバッティングです。
前作の方がピーティーでしたが、この第二弾はピートフレーバーを抑え目にしつつ、その分樽を強くしてきた印象。長熟はリチャードバーボン主体、若い方はポート系の樽も使ってそう。そして両者に共通するのが、若さがありながら全体のバランスが整っていることにあります。

大手メーカーとクラフトメーカーの製品にある違いの一つに、ストックしている原酒の種類があるわけですが、特に熟成年数は製品の出来にモロに効いてきます。
近年ニューポットの段階から狙った酒質を作るノウハウが確立しつつありますが、それでも長熟と短熟の仕上がりの差を埋めるには至っていません。
つまり「長期熟成」のストックを使えるというのは、クラフトメーカーの中では大きなアドバンテージであるわけです。

個人的には竜胆の方が好みでしたが、今作は前作に比べ、ブレンドテーマがわかりやすい構成とも感じました。そのストックを使って次作は何がリリースされるのか、今後も魅力あるリリースを期待しています。

マッカラン 12年 シェリーオーク 40%

カテゴリ:
MACALLAN
Highland Single Malt
Sherry Oak
Aged 12 years
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み@(Y's Land IAN)
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5)

香り:黒砂糖や紹興酒を思わせる甘みと酸味を伴う香り立ち。ドライプルーン、鉛筆の削りカスのようなウッディネス。ややのっぺりとした感じもある。

味:とろりとしてスパイシーな口当たり、黒砂糖やプルーンの甘みから、ほのかにオロロソっぽい酸味、ウッディネスは徐々に生木っぽさを伴う。後半は単調。余韻はべったりとウッディ、シーズニングオーク、キャラメルの甘みを伴い長く続く。

シェリー樽由来の甘さはあるが、のっぺりとしていて香味共に後半単調で開かない。酒質だけでなく樽の厳しさを感じる1杯だが、これを大量生産しているシステムはある意味で凄い。ロックで飲む分にはそれなりに味はキープ出来る。


だいたいの人が一度は飲んだことがあり、今の時代のスタンダードの一つであるマッカラン12年シェリーオーク。
実は世界中で販売されている訳ではなく、シェリーオークはアジア圏を中心としたリリースで、免税向けには様々な樽を使ったノンエイジ商品に、欧州、アメリカなどではファインオークが中心という話。
少し古いデータですが、同社では年間26億円(2013年時点)を樽関連に投資しており、スコットランドに入るシェリー樽の約8割を確保するという、様々な努力の上で、なんとか成り立っているウイスキーです。

ただそのイメージは、好きな方を悪くいう訳ではないですが、BARでロックを飲むとなんとなく雰囲気の出る(ように感じる)ウイスキーで、合わせてハロッズ読本に書かれた「ロールスロイス」という表現が、お約束のように使われる。
一般的な知名度の一方、ウイスキー愛好家からは「今のマッカランは。。。」と軽くディスられ、そして率先して飲まれる機会は減っていく。
マッカランのスタンダードに対するイメージを書き出すとこんな感じですが、今回は先日発売したダブルカスク12年と比較するため、久々にスタンダード品もテイスティングしてみました。

単品で飲んだ印象は上述の通り。しかし飲み比べてみると、ダブルカスク側にあるアメリカンホワイトオーク由来のの癖やシェリーオーク側のスパニッシュオークらしい甘み、ウッディネスがわかりやすく、これは相互リンクしているウイスキーだと実感。どちらもシェリー樽原酒100%で構成比率の違うウイスキーであるため、逆に違いがわかりやすいのだと思います。
もう一つのマッカラン、ファインオークだと樽構成が違いすぎて、飲み比べても「まあバーボン樽入ってるから違って当然だよね」となってしまうのです。

ちなみにロールスロイスという表現は、その当時のマッカランの品質、こだわり、高級品としてのステイタス等の数々から例えられたものと言われているものの、実際当時の状況等からどうだったかというと、一つの本に書かれたに過ぎない言葉が、日本で独り歩きしている感はあります。
ロールスロイス社は1970年代に経営破綻、買収など紆余曲折ありましたが今尚高級ブランドとして存続しており、ゴースト、ファントム等に代表される、基本特性プラス超豪華な内装、設備を売りにしたクラクラしてしまうほどの高級車を少数生産で展開しています。(モーターショーくらいでしか見たことないですけどw)

マッカランも現行品の最上位グレードまで行けば、味の良し悪しはともかくロールスロイスとも言えるこだわりを見ることは出来ますが、勿論数は作れない。そう、ロールスロイスなんてそんなにバンバン走ってないんです。
この表現に拘るなら、現行品12年はさながらロールスロイスから技術提供を受けたメーカーが作った軽自動車、という印象。
結果、色々比較するとそんなに悪くないと思いつつ、ついついもっと頑張れよと思ってしまうのです。


マッカラン ダブルカスク 12年 40%

カテゴリ:
IMG_3475
MACALLAN
DOUBLE CASK
Highland Single Malt
Aged 12 Years
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:乾いた草を思わせるウッディネス、ほのかに漂う七味のようなスパイスのアロマ。カカオチョコ、微かにオレンジピール、時間経過でスパニッシュオークらしい生っぽいニュアンスを伴う樽香。

味:やや粘性のある口当たり。オレンジチョコの甘みとほうじ茶のような苦味、スパイシーなエッジの効いたウッディネスを伴う。中間はオールブラン、シーズニングオーク、コクのある舌触り。フィニッシュはビターで軽くスパイシー。口の中に張り付くように長く続く。

アメリカンホワイトオークのシーズニングらしいキャラクター、乾いたウッディネスや植物っぽい癖を要所に感じる。時間経過でドライプルーン系統の甘みも開きそう。度数以上の飲みごたえがあり、バランスも悪くないが、売り文句「ロールスロイス・マッカラン」に求めるフレーバーかと言うと。。。シェリー樽100%でリリースしたことはともかく、大量生産の難しさを如実に感じる味わいでもある。
IMG_3476

昨日3月7日から国内正規品が発売された、マッカランの新しいスタンダードラインナップ。12年のレンジとしては、シェリーオーク、ファインオークに継ぐ第3のマッカランです。
IANで飲んでいたところ、サントリーの営業さんがちょうどこのボトルを持ってこられ、折角なのでとテイスティングしてみました。

シェリーオークはシェリー樽100%、ファインオークはアメリカンオークとスパニッシュオークのシェリー樽にバーボン樽の3種類が使われ、それぞれ異なる個性で市場に展開されてきました。
今回のダブルカスクの住み分けとしては、文字の上ではファインオークからバーボン樽を除き、アメリカンオークとスパニッシュオークのシェリー樽で作られたシェリー100%のブランドという事になります。

ではシェリーオークとは何が違うのかと言うと、これはアメリカンオークのシェリー樽の比率にあると考えられます。
マッカランは、基本的には自社でボデガに発注したスパニッシュオークのシェリー樽(シーズニング期間2年間)で熟成させているという話は有名です。
シェリーオークはこのスパニッシュオーク主体、ダブルカスクはアメリカンオークの比率が高いという印象。また使われたアメリカンオークのシーズニング期間は、体感で1年未満、あるいは半年程度とそれほど長くはなさそうです。
飲み比べても色、香り、味、その違いは明確に感じられ、希望小売価格はシェリーオークと同価格の7000円(4月1日からシェリーオークが1000円値上げし同価格に)。どうにかしてシェリー系のリリースを維持していこうとする、マッカランの戦略も垣間見ることが出来ました。

IMG_3480
(写真左、ダブルカスク12年。写真右、シェリーオーク12年。ダブルカスクの方が複雑だが、色同様、シェリーオークの方が甘みの濃い樽感が感じられる。)

物足りなさは感じるものの、とりあえず現状の出来栄えは可なく不可もなし。
香味のイメージとしては口開け直後であるためか比較的スパイシーでウッディな苦味も強く、過去発売されたマッカランの限定品、エディションNo,1を飲みやすくしたような印象も受けました。
そう言う意味で、このマッカランは「らしさ」のあるオフィシャルなのかもしれません。


さて、ここまで書いて読み直すと、アメリカンオークを使っていることがマイナスであるような印象を受けるかも。。。と感じたので、誤解のないようにシェリー樽について補足すると、本来シェリー酒の熟成工程で使われる樽は、アメリカンオークで作られています。例外的に一部スパニッシュもあったようですが、主たるものではありません。

ここから先は諸説ありますが、ウイスキー製造の歴史の中で、需要が増えたシェリー樽に対応すべく、シェリー酒を染み込ませて樽を売り出すための「シーズニング」がボデガのビジネスとなり、アメリカンオークに比べて香味がつきやすいスパニッシュオークが1970年代後半、あるいは1980年ごろから主流となっていきました。
マッカランは1974年から自社で樽工場まで作り、スパニッシュオーク樽を量産しています。かつてマッカランの日本向け背面ラベルには2年間のシーズニングを説明する記述もあったほどです。

今回マッカランが使っているのはシーズニングで作ったアメリカンオークのシェリー樽で、シェリー酒製造工程本来のものとは異なるものと考えられます。
これを持ってシーズニングが悪い、スパニッシュが悪いと言う話をする訳ではありません。また、ダブルカスクを飲んで味が落ちたと感じたなら、それはアメリカンオークが味を落とした要因とするのも早計で、あくまでシーズニング樽の仕上がりの一例として捉えておくべきなのかなと思います。

ニッカウイスキー G&G (ゴールド&ゴールド) 白ビン 43%

カテゴリ:
IMG_3454
GOLD & GOLD
NIKKA WHISKY
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:香り立ちはあまり強くないが、ほのかな酸味を伴う香ばしいアロマ。徐々に焦げたようなスモーキーさと林檎ジャム、ハッカを思わせるスーッとするニュアンスも感じられる。

味:まろやかな口当たり、やや重みのある酒質で飲みごたえがある。トーストとママレード、アップルビスケット。中間からピートフレーバーと奥にはチャーした樽香も感じられる。
余韻は軽くスパイシーでジンジンとした刺激、味わいに比べて荒さもあるが、トースティーで甘くほろ苦く、長く続く。


先日自宅の酒収納スペースを掃除したところ出てきた1本。そう言えば終売になるっていう時になんとなく買って、そのままにしていました。
ちょうどハイボール枠に空きができていたので、在庫整理も兼ねて開封。結果ハイボールには少々物足りなかったものの、色々考えさせられるボトルとなりました。

G&Gの歴史、薀蓄については今更述べる事でもないので割愛させて頂くとして、このウイスキーは自分にとって学生時代の味です。
当時の自分には、"サントリーは宣伝、ニッカは職人"、という自分勝手な思い込みによる認識があって「自分で買って飲むなら職人気質なニッカだよな!」と、竹鶴12年、フロムザバレル、スーパーニッカ、そしてG&Gをよく飲んでいました。
中でもフロムザバレルとG&Gはウイスキー冬の時代だった当時は扱っている酒販が限られていて、探すのに苦労したのを覚えています。


そんなG&Gも、ノーマルな白ビンを最後に飲んだのは7〜8年前。当時とは知識も経験も大きく違う中で、改めてこのウイスキーと向き合ってみると・・・実にニッカらしさが詰まった良作である事がわかります。
まろやかな口当たりの奥に感じられる活性樽や新樽熟成の余市の樽香、重みのあるスモーキーフレーバー。最近のニッカには感じられるリリースが少なくなった宮城峡原酒由来と思われる甘酸っぱい香味が懐かしい。一方で香り立ちは少々軽く、加水やハイボールにするとボディがずいぶん軽くなる等、若い原酒がブレンドされている刺激や要素も感じられますが、これが2000円未満だったと言うのは今の基準で考えると驚異的です。

2015年の終売騒動の折、ニッカの歴史を語る上で避けられないG&Gを終売にするなんて正気か?という意見も多数目にしましたが、これは作り続けられませんよ、っていうかよくこの価格で今まで維持してたなと思うくらいです。
今回のように惜しまれながら終売になってしまったウイスキーを飲んでみると、当時のニッカのラインナップには「無理なく続けられる枠」と「実はちょっと無理してます枠」があって、原酒のマネジメントに苦労した結果、共倒れにならないよう苦渋の決断だったのだろうなと言うことが伝わってくるように感じます。

サントリー 山崎10年 40%  2010年代流通

カテゴリ:
YAMAZAKI
Suntory Single Malt Whisky
Aged 10 Years
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅@マッスルKさん
時期:不明
評価:★★★★★(5-6)

香り:やや青みがかった香り立ち。乾いた木材、麦芽、ほのかにドライナッツ、時間経過でバニラの甘みが開いてくる。

味:少し粘性のある飲み口からドライ、スパイシーで青みがかったウッディネス。度数以上に強さのある口当たりで、じわじわと開く蜂蜜の甘み、乾いた植物感、青りんご。
余韻は淡くエステリーで華やかだが若干の刺々しい刺激も伴う。

ストレートでは樽香と酒質のバランスが取れているとは言い難く、加水で整えられている以上に荒さが目立つ。もう少し熟成が必要だが、ロックやハイボールなら充分楽しめる。

先日ウイスキー仲間宅で開かれた持ち寄り会で、ちょっと懐かしいボトルに出会いテイスティングさせてもらいました。
山崎10年は白州10年同様に2013年頃まで発売されていた、12年の廉価版。2012年に発売されたノンエイジに普及品のバトンを渡す形で終売となりました。
今回のボトルの流通時期は、表記がピュアモルトではなくシングルモルトであることから終売間際と考えます。

一般的な構成としてシングルモルトの山崎はシェリー、ホワイトオーク、ミズナラなど様々な樽で熟成させた原酒を使って作られる中、10年はそうした原酒の中でも特にホワイトオーク樽を軸としています。
ただ、ホワイトオークとして真っ先に連想するであろうバーボン樽のようにエステリーでフルーティーな構成ではなく、やや青みがかった木のアロマ、植物っぽいニュアンスから、パンチョンのように大ぶりな樽か、あるいはリフィル樽の比率が多い印象を受けます。
後に発売されるワイン樽などを使って甘口に仕上げた山崎ノンエイジと比較すると、ずいぶん違う系統だと言えます。

この手の構成のウイスキーは、ストレートで飲むとまだ若い印象も同時に受けるものの、ハーフロックやハイボールなど、手を加えた飲み方にするなら話は別。樽材由来の木の香味が心地よく、爽やかに飲み進められ、むしろ12年より使いやすいとさえ感じる場面もあります。
山崎10年が発売されていた当時はウイスキー冬の時代。ハイボールブームを仕込んでいたサントリーとしては、12年とは違うステージで勝負できるレシピを考えていたのかなと思うのです。


以下雑談。ちなみになぜこれが懐かしいボトルなのかというと、自分の大学院時代、教授へのギフトに山崎が送られてくる事が度々あり、夜の研究室で研究のことや他の教授の悪口とか、他愛もない話をしながら飲んでいたことから。
自分が就職して間も無く恩師は退官、あの研究室で飲み交わすことはもうなくなってしまっただけに、自分の中で山崎10年は青春時代を思い出す、ちょっと懐かしいウイスキーなのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×