カテゴリ

カテゴリ:★5

ハイランドパーク ヴァルキリー 2017年リリース 45.9%

カテゴリ:
IMG_5779
HIGHLAND PARK
"VALKYRIE"
Viking Legend Series
2017's
700ml 45.9%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月以内
評価:★★★★★(5)

香り:生っぽいウッディさの漂う淡いシーズニングシェリー香、ほのかにサルファリーさも漂う。時間経過で黒砂糖、奥には若さと熟成感の混じったような酸味、華やかなモルティーさが穏やかなスモーキーさと共にスワリングで交互に感じられる。

味:クリーミーでシロップのような甘みを感じる口当たり。ローストした麦芽の香ばしさと苦味、乾燥した植物感、ジンジャー、シェリーのコクとほのかな硫黄。後半には土っぽいピートも感じる。
余韻はドライで焦げたホットケーキのようなほろ苦さ、口の中に張り付くシーズニングシェリーの甘みを伴い長く続く。

オフィシャルらしく複雑さとそれなりのバランスを備え、なんとなく飲めてしまうボトル。万人向けと言えばそれまでだが。。。個人的に求めているハイランドパークはコレジャナイ。少量加水で硫黄が浮つく傾向はあるが、一定以上加水すると樽感と麦芽風味がメインで広がり、ピートも残る。加水、またはロックで。


日本では先月11月下旬に発売されたばかり、ハイランドパーク・バイキングレジェンドシリーズの第一弾。戦乙女として知られるヴァルキリーの名を冠したニューリリースです。

「死の、先を行く者達よ!」と言えば、自分世代の男性陣には結構通じるだろう、北欧神話におけるヴァルキリーの基本設定(ちょっと違う?w)。
ただ、最近のハイランドパークの限定リリースは、中身とネーミングとの関連がほぼ無いといっても過言ではなく。それこそ、流行りの漫画ラベルのようなイベントボトルと違いがない世界でもあります。
まあそれを否定する訳ではありませんが、初期のヴァルハラシリーズは、コンセプトと中身のリンクが多少なりにあったんと思うんですけど、流石にネタ切れ。。。でしょうか。


(ヴァルキリーは戦場で優れた武功を挙げた戦士を天上界、ヴァルハラへ迎え入れるという。個人的に天上界のイメージに近いのがこの写真。オークニー島、ストーンサークルにてK67氏撮影。) 

そんなわけで中身の話。ハイランドパーク・ヴァルキリーの樽構成は、シェリー樽原酒とバーボン樽原酒のバッティングである旨が公開されているところ。
飲んだ印象では、シェリー樽といってもファーストフィル以外にリフィルも使われている印象で、比率は1st fill シェリー2、2nd fillシェリー4にバーボン4くらい。熟成感は10〜15年程度で極端に短熟や長熟が使われているという感じでもなく、ピートも穏やか。淡いシーズニングシェリーのフレーバーがメインに感じられる、バランス型の仕上がりです。

コアな愛好家からすれば半端な感じは否めませんが、価格的にはエントリー寄りのミドルグレードで、そもそもブランドの位置付けが半神のヴァルキリーの序列をイメージしているのかもしれません。(または、エントリーグレードのウイスキーで経験を積んだ飲み手を、ヴァルハラという名のさらなる沼に引きずり込むというグレード設計か。)

新しくボトルデザインに関わったJIM氏のそれは、バックバーにあって目を引く高級感。中身も突き抜けないながら上手くバッティングして万人向けと言える味わいに仕上げているため、BAR等での使い勝手は良さそうです。

チャールズウェイン 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
CHARLES'S WAIN
Aged 12 years
Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:名称不明テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★(5)

香り:カラメルシロップや穀物系のバニラ香、アロエ、ほのかにサトウキビのような植物感、香りはしっかりしているがやや単調気味。微かにドライオレンジピールのようなアロマもある。

味:穀物系の香ばしさ、キャラメリゼを思わせる甘みとほのかな苦味。スムーズな口当たりだがアルコールのアタックは強めで、余韻にかけてハイトーンな刺激、ケミカルなフレーバーも感じられる。
   
ブレンド向けハイランドモルト主体な構成が連想される味わい。アイラ的なピーティーさはほとんどなく、素直というか、癖が少ないというか、あまり特徴が無いことが逆にプラスにも感じられるスコッチウイスキー。ロック、ハイボールどの飲み方でも無難に楽しめそう。


チャールズウェイン(北斗七星)の名を冠する親元不明なウイスキー。数あるバブル期の遺産の一つであり、日本市場向けのボトルだったのか、海外市場ではあまりその姿は無く。国内では4年、8年、12年、17年、20年と比較的豊富なラインナップが、1980年代後半流通品に集中して確認できます。

作り手であるMELROSE DROVER社は小規模なワイン商という記録が残っているものの、ウイスキー業界との繋がりは不明。1990年代後半~2000年頃には既に消滅しているだけでなく、蒸留所側の歴史においてもMD社の名前を聞いたことは無いので、おそらくどこかしらの子会社か代理店として、海外市場への商品企画か輸出に関わっていたのではないかと推察します。

したがって、企業から辿る線では中身について情報が得られないので、ラベルや味から推察するかありません。
まず、北斗七星という銘柄ですが、現地ではインバーゴードン社からエジンバラウィンという、同じく北斗七星の名前を冠したボトルが発売されていました。
インバーゴードン社はフィンドレイター社、ロングマン社を傘下として、日本の伊勢丹デパートにフィンドレイターを。阪急デパートにグレンドロスタンを輸出しており、小田急デパートにはMD社を介して本ボトルを展開していたとすれば、非常に細い線ですが繋がるような気もします。

実際、これらのラインナップは複数年数グレードを揃えて豊富にあり、生産力もお墨付き。まあ北斗七星なんて名前はありふれすぎていて、同じような銘柄が無関係なメーカーからリリースされていてもおかしくはないのですが。。。
そこで味はというと、テイスティングで述べたようにハイランド的な味わいが強い構成。上記2銘柄とはベクトルが異なっており、しいて言えばグレンドロスタン寄りですが、ブレンデッド向けのモルトを量産していた蒸留所の中ではインバーゴードングループのディーンストンでもタリバーディンでも無く、トマーティンを連想する要素が感じられました。
当時は宝酒造がトマーティンを買収しており、BIG-Tやトマーティンを国内向けに販売していたため、日本とのパイプは繋がっています。その繋がりで・・・という線もないワケではなさそうです。

ただし当時はバブル期の日本市場をめぐり、今となっては名前も知らないような自称名門スコッチが数多く入ってきていましたので、こういう繋がりもあまりアテにはなりません。
真実は今となっては定かではありませんが、そこを考えながら飲むのもまた、バブル期の遺産の楽しみ方なのかもしれません。

ブラックニッカ アロマティック フルーティー&スウィート 40% ニッカウイスキー

カテゴリ:
IMG_5680
BLACK NIKKA
AROMATIC
FRUITY & SWEET
Limited Bottled in 2017
NIKKA WHISKY
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5)

香り:穏やかで甘くややドライな香り立ち。最初はあまり香りが立たず、穀物系の乾いたアロマと湿ったようなウッディネスがひっそりと感じられるのみだが、徐々にバナナクレープやパンケーキ、安価なオレンジジャムのような甘みが開く。 

味:口当たりはスムーズでまろやか、薄めたケーキシロップ、洋菓子、乾いた麦芽を思わせる仄かに香ばしいモルティーさ。中間からのっぺりとした舌当たりで、鼻腔に宮城峡のシェリーオークらしいアロマが抜ける。
余韻はほろ苦く、グレーンの穀物系の甘みが去った後で若い原酒のピリピリとした刺激や若干のえぐみが残る。

評価の難しいウイスキー。通常は平凡というか癖と個性の少ないブレンデッドなのだが、ほんの一瞬輝く瞬間(林檎のカラメル煮の華やかな果実味や、キャラメルナッツの香ばしさ)が感じられる。しかしそれは持続しない。 
少量加水すると刺激が収まり、まろやかでスムーズな飲み心地へと変化する一方、奥にあった火薬のような硫黄香も前に出てきてしまう。
ロックは甘みが引き立ち、刻々と変化する香味に加え、飲み口にコクが感じられて最もバランスが良い。ハイボールも同様に良好で、夏場にぐいぐいと楽しみたい。
IMG_5682

ブレンダーズスピリット、クロスオーバーと続いてきたブラックニッカ3部作のトリを飾るのが、このアロマティックです。
アロマティックは宮城峡のモルト原酒やカフェグレーン、カフェモルトをベースとしたブレンデッドで、メーカーPRでは「これまでの2作と比べて最も華やかでフルーティー」とのことですが、個人的にはそこまではっきりとした個性はなく、如何にも万人向けの味わいに仕上がっている、というのが第一印象でした。

グレーンとモルトの比率は、ブレンダーズスピリットよりグレーン感が強く、クロスオーバーと同じくらいでしょうか。
ただしピートの強弱、カフェモルトなどの使われた原酒のキャラクターから、穏やかで癖が少なく、グレーンの風味も感じやすい仕上がり。特にピーティーさの際立っていたクロスオーバーとは、対極にあるようなブレンデッドです。
それ故、テイスティングの際に「今回は平凡な仕上がりのブレンドだなあ」と感じたのですが、飲み進めて行くと意外に奥行きがあり、そこにキラリと輝く要素というか、ただ平凡なだけではない何かがある事にも気がつきます。

調べてみると、構成原酒の中にはシェリー樽熟成原酒や20年以上熟成したモルト原酒も使われているとの事。主体的に感じられる熟成感はそれほど長期ではなく、平均8〜10年程度という感じですが、そうした幅広いレンジの原酒が織りなす多彩さが、「平凡なだけではない何か」と、全体のバランスの良さにも繋がっていると感じます。
特にロックにするとその真価が発揮され、飲み口のまろやかさやコク、香味に変化と伸びが感じられる。この点はハイボールも同様で、ストレートや常温加水よりも、ロックやハイボールにして飲むべきウイスキーのようです。


今回のブラックニッカ・アロマティックは、20代から30代のウイスキーエントリー層をメインターゲットとしており、確かに第一印象で感じた通り、これまでのブラックニッカのリリースより万人向けで、言い換えれば広く親しまれやすい1本です。

ニッカのラインナップでは、ブラックニッカクリアから入って、リッチあたりを飲んで、次のちょっと上位グレード用という感じ。度数が43%から40%仕様となっている点も、飲みやすさを重視してということかなと。
それ故、飲み慣れた人だと物足りなさを感じる場合もありそうですし、個人的にもさらに香味のはっきりした46%仕様のアロマティックを飲んでみたくもありますが。。。エントリーユーザーで考えれば、ウイスキーを嗜み始めて強い酒を色々飲んで行く中でストンと落ちてくる「心落ち着く美味しさ」のあるウイスキー。
ブラックニッカ・アロマティックはそんなブレンデッドの一つだと思います。


以下余談。
ブラックニッカのリミテッドは、過去2作とも販促サンプルで先行してレビューを公開していました。今回もそのつもりだったのですが、ここ数ヶ月間本業のプロジェクトが山場を迎えていて、業務時間がえらい事に。あっという間に時間が過ぎて、サンプルも発売日もすっかり忘れてました(汗)。
気がついたのは、発売前にゲットした知人のSNS投稿という始末。。。
何れにせよ普通に買うんでいいんですが、ちょっと祭りに乗り遅れたような気持ちも感じつつ、本日のレビュー更新です。

マッカラン 8年 ファインオーク 40% とマッカラン1878の話

カテゴリ:
IMG_5546
MACALLAN
Fine Oak
8 Years old
Carefully matured in a unique combination of Bourbon & Sherry oak Casks
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@借り物
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:スパイシーでやや青さの残るオーク香。メレンゲクッキーのような甘み、柑橘や白粉系の麦芽香。時間経過でほのかにシェリー香も感じられる。

味:スムーズな口当たりからピリッとした刺激、薄めた蜂蜜、りんごジャムを塗ったパン、ほのかに青っぽさが鼻腔に抜ける。
余韻は乾いたウッディネスを感じつつ、スパイスの刺激とほろ苦いフィニッシュ。

とても40%加水とは思えないピリッとした刺激のある味わいが、いかにも現行マッカランらしい。樽感はバーボン樽主体、ほのかにシェリー樽。嫌味の少ない樽感に素直なモルティーさが、オールドになって化けるボトルとして期待できる。現状は1杯目のモルトとしてストレートで。ハイボールも中々。


ウイスキー仲間のHPさんから、意外と旨いから飲んでみ?と言われてお借りしている2010年ごろ流通の短熟マッカラン。
HPさんはコッテコテのどシェリー系は苦手で、このような華やかな樽感、バランス系のモルトを好む傾向があり、確かにこれは案外。。。というか、今はまだ刺々しさはあるのですが、全体を通しては将来性の高いボトルだと感じられました。

マッカランはご存知の通りロールスロイスなんて売り文句があって、滑らかで上質なウイスキーであるかの如く宣伝されていますが、実際はフルボディでパンチの強い酒質であることは、このブログでも度々触れてきたところです。
10〜20年くらいのバーボン樽熟成のシングルカスクなんて、舌の上でバッチバチですから。
他方、それがシェリー樽を受け止め、長期熟成に耐え、加水されて初めてバランスが取れる訳で、今回のボトルもまた40%まで加水されているとは思えないニュアンスや、飲みごたえも残っていました。

現状はストレート以外にブレンドのベースとしてグレーンを加えても過度に軽くならず、他のモルトともよく馴染みそうな素直さが魅力。20年くらい瓶熟させると、今オールドボトルとして評価されてる80-90年代流通の一部のハイランドモルトに近い素朴なキャラクターが得られるのではないかとも感じます。
考えてみると、40%加水のスペイサイドでこういうキャラクターは、現行品には中々ないですね。


以下は雑談。マッカランと言えば、数ヶ月前にスイスのホテルBARで1ショット100万円というマッカラン1878がオーダーされ、それがフェイクなのではないかと話題になったのは記憶に新しいと思います。
Swiss hotel's £7,000-a-dram Macallan turns out to be fake

このマッカラン、オックスフォード大学のラボでの検査の結果、やはり真っ赤なフェイク。
ラベルが作られたのは25年ほど前。中身は1970〜1972年に蒸留されたモルト60%、グレーン40%程度のブレンデッドウイスキーだったのだそうです。
まあそりゃそうですよ、多くの愛好家が疑問視したように、ラベルが綺麗すぎますし、何より100年以上経過していてここまでコルクが原型を留めているのはおかしいですから。せいぜい20〜30年くらい前だろうと感じていた、まさにその通りの結果でした。

確かフェイクだったらオーダーしたお客に返金するという話だったと記憶していますが、ホテル側はたまったものじゃないですね。
せめてラベルは本物だったらオブジェくらいにはなったかもしれませんが、どちらもフェイクとあっては救いようがない。。。

現在、中国市場においてオールドマッカランの人気がとてつもないことになっているそうで、今後さらにフェイクが量産されていくことは間違いありません。
中国国内にとどまるぶんには我々に被害はないですが、それが放出され始めたらどうなるか。
一部銘柄に関して、オールドボトルは自分で育てる時代が来ているのかもしれません。

ベンウィヴィス ブランド シングルハイランドモルト 10年 43%

カテゴリ:
BEN WYVIS
SINGLE HIGHLAND MALT
INVERGORDON DISTILLERS
Gall & Gall Netherland
Aged 10 years
2000's
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR飲み@個人所有ボトル
時期:開封後1〜2ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:青みがかった植物や穀物系の香ばしさ、ほのかにバニラ香、奥からケミカルなニュアンスも感じるアロマ。バランスは良い。

味:水っぽい口当たりで序盤は香味が主張しないが、徐々にモルトスナックを思わせる香ばしい麦芽風味、薄めた蜜、微かに土っぽさ。
余韻はほろ苦く、鼻抜けに青みがかった植物感。モルティーで長く続く。

オーソドックスなハイランドタイプの一種。加水が効いて飲みやすい、普段飲みの使えそうな1本だが、これという強みはあまり感じられない。


ベンウィヴイスは、日本ではレディバーン、キンクレイスと並んで三大レアモルトとされる幻の蒸留所の一つ。インヴァーゴードン・グレーン蒸留所の敷地内に建設され、操業期間は1965年から1977年の僅か12年間。作られた原酒はブレンドに回されており、シングルモルトとしてテイスティングできる頻度は最も少ないであろう蒸留所の一つ。。。であるわけですが、よく見るとこのボトルは何かおかしいことに気がつきます。

というのも、1977年に閉鎖されたはずの蒸留所が、なぜ1990年代以降に10年熟成のシングルモルトをリリース出来るのか。
実はこのボトル、ウイスキー愛好家の間では「ベンウィヴイス名義を使った別物」として有名な、地方の商店?(Gall & Gall Netherland)のプライベートリリース。
中身はインヴァーゴードン系列の蒸留所のシングルモルトが使われており、例えるならスプリングバンクがリリースするヘーゼルバーンやロングロウ的なものとも言えるかも知れませんが、経緯も蒸留所も明らかでないこのリリースは、ちょっとやり方が違う気がします。


その紛らわしさ故、海外ではベンウィヴイスの短熟オフィシャルと勘違いする方々も見られる一方。珍しさも相まって、ある種コレクターズアイテムにもなっている1本です。
いつか飲んでみたいと思っていたボトルでしたが、今回なんとウイスキー仲間のNさんのご好意で、この偽ベンウィヴイスだけでなく、ホンモノのベンウィヴイスと飲み比べという、大変贅沢なシチュエーションで実現することとなりました。

味については熟成年数などのスペックの違いは差し引いても別物・・・なのは当たり前として、案外といっては失礼ですが、麦芽系の風味が主体的な、普通に飲めてしまうハイランドスタイルのモルトです。
その中身は、インヴァーゴードングループ関連の蒸留所のどれかと考えれば、麦感、青みがかった要素に土っぽさ、ダルモアが有力候補かなと感じられる要素がいくつかありました。

当時の販売価格は、一般的なスタンダードのシングルモルトと同様、お手頃な程度だったようで、売り手としてはシャレのつもりだったのでしょうか。当時は今ほど閉鎖蒸留所が注目されるとは思っていなかったのかも知れません。
今のように情報が拡散し、記録、精査される時代ではない、おおらかな時代だからこその偶然。ちょっとしたイタズラというか、それを楽しむ気持ちで飲みたい1本ですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×