カテゴリ

カテゴリ:★5

アマハガン ワールドモルト エディション No,2 赤ワイン樽フィニッシュ 47%

カテゴリ:
IMG_20190612_233156
AMAHAGAN 
World Malt Whisky 
Edition No,2 
Red Wine Wood Finish 
700ml 47% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5ー6)

香り:スウィートで安いイチゴジャムのようなベリー香、奥に干し草、カカオのようなビターなウッディネスを伴う。時間経過で微かに柑橘や乳酸のような若さに通じる要素もある。

味:香りでも感じられた系統のシロップのような甘みとウッディなタンニン。アタックは強く、籾殻のような乾いたニュアンスと、じわじわとスパイシーな刺激を感じる。余韻はビターでややハイトーン。タンニンが染み込むよう。微かに染み込むようなピートフレーバーもあるが、ワイン樽の個性が支配的。

しっかりと樽由来のキャラクターがあり、奥行きはそこまでないが分かりやすい味わいに仕上がっている。加水するとバランスが崩れ、ニューポッティーさが顔をだす。ストレートで。


長濱蒸留所が自前の原酒と輸入原酒をブレンドして作ったリリース。前作が面白いというか、光るものを感じる出来だったので、今回は比較的早めにテイスティングです。
フィニッシュ前のベースとなっているのは昨年リリースされたアマハガン・ファーストリリースと同じものですが、そこに赤ワイン樽でフィニッシュをかけることで、仕上がりは前作とは大きく異なっています。

というのも、ファーストリリースでは序盤に若さが感じられ、中間以降輸入原酒がバランスをとって、フィニッシュはそのどちらの個性も混ざり合うような感じでした。
一方今回のセカンドリリース、ワイン樽フィニッシュは、序盤の若さをワイン樽の要素が塗り潰した。。。勢いで、中間、余韻にかけても影響。前作の仕込みから半年程度のフィニッシュでありながら全く別物のような分かりやすい仕上がり。
前作も上手く作ったと思いましたが、今回もまた原酒も限られている中で一般的なユーザーの欲しがる味わいにしっかりアジャストしてきていると思います。


1つのロットでベースとなるウイスキーをまとめて仕込み、複数回のリリースに使うことは、生産量や原酒に限りがあるクラフト蒸留所にあって珍しい手法ではありません。
むしろその土地のワイナリーの樽や、その土地で育ったミズナラ、桜、栗などの木材を使うことで、インスタント的ではありますが、地ウイスキーとしての体裁を整えることができるのです。
まあこの手の樽材等は扱いが難しいので、おいそれと簡単に成功するものでもないと思いますが・・・。

今回のボトルは、推定1年未満と少ない追加熟成期間のなかで、これだけはっきりとワインのニュアンスが出ているところに、滋賀県という地域の特色も感じられる。同じブレンドがベースとなっていることから、ワイン樽の影響を学ぶ意味でも前作との飲み比べをしてみるのも面白いと思います。

ブリタニア 8年 ピュアモルト 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190608_011134
BRITANNIA 
YEARS 8 OLD 
Pure Malt Scotch Whisky 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:干し草っぽさを伴う、熟した洋梨やべっこう飴のスウィートなアロマ。ハーブや紙系のニュアンス、古酒感の一つとしてほのかに沢庵っぽい酸もある。

味:やや尖ったような口当たり。軽やかな刺激、香ばしくナッティでほのかに洋梨のような蜜っぽさ。余韻は干し草や紙系のニュアンスを伴いつつドライでピーティーなほろ苦さが染み込むように続く。

評価が難しいウイスキー。華やかではないがモルティーな甘み、ブレンドにはない厚みと複雑さがあり、フレーバーのレイヤーは豊富である。ただ、いかんせん紙や植物系統を含み通好みな部分があり、人によっては苦手な要素を強く感じてしまうかも。

IMG_20190608_010749
IMG_20190607_230711

キーモルトはグレンスコア、そしてリトルミルだろうと言われている昭和の洋酒業界によくある謎ブレンデッド。
この点については作り手の素性としても、テイスティングで感じた香味の観点からも、伝え聞く情報に違和感なしといったところ。
特に今回テイスティングしたピュアモルトからは、それらの蒸留所に似た個性が感じられます。

勿論この手のブレンドには、大手が販売した所謂バルク扱いの原酒や、当時調達できた他蒸留所のものも当然使われているはずで、キーモルトのみで議論するのは難しくあります。
実際今回の8年からも、内陸の熟成した原酒とおぼしき蜜っぽい甘さが備わっていたりしますが、納得できる個性があるということは重要だと思います。
特に香味とも序盤で感じる植物系のニュアンス、紙っぽさはリトルミルやロッホローモンド系列でまさにといった個性ですし、NAS仕様のブレンドの軽さはローランドらしさでもあります。また、余韻に感じられる強く主張しないほろ苦いピーティーさが、グレンスコアというのも違和感ありません。

ブリタニアは当時海外への輸出が中心のブランドだったようですが、調べてみると現在も似た名前のものがリリースされています。
当時日本に流通したのは、NAと8年のブレンデッド、8年と25年のピュアモルト。(この中では25年のみ未経験。。。)
ブレンデッドのほうはピュアモルトより色が濃いように見えますが、ボディが軽くライトで、妙にグレーン系の甘味が残るためハイボールにするならあるいはですが、飲み応えは流石にピュアモルト8年に及ばない。
モルト100%だけあってなかなか複雑さがあり、純粋にテイスティングを楽しむことが出来ました。

人気のなさから流通価格は安価な部類であり、今回のボトルはオールドボトルのピュアモルト入門として丁度良いかもしれません。

ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ 45%

カテゴリ:
IMG_20190601_174017
BLACK NIKKA 
Deep Blend 
NIGHT CRUISE 
LIMITED Bottled in 2019 
700ml 45% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★(5)

香り:若さを感じさせる酸と刺激のある香り立ち。時間経過でチャーオーク系の濃い樽香。キャラメルのような甘味に、樹皮や炭を思わせる焦げた木材。黒土系のピート、スモーキーなアロマも開いてくる。

味:香りで感じた刺激よりはマイルドで、粘性のある口当たり。香り同様にチャーオークのほろ苦さと甘味、舌に張り付くような濃さのあるフレーバー。キャラメリゼ、焦げたパン、青みがかった柑橘の酸。
余韻はピーティーでスパイシーな刺激、微かな塩気のコクを伴うビターなフィニッシュ。

一言で特徴を言えば、10年くらい前のニッカ製品を思わせる無骨さのあるウイスキー。濃いめのチャーオーク香と、存在感のあるピーティーさ。主たる原酒は多少若く、樽由来の香味の奥から荒らさや刺激も伴うが、少量加水するとオーキーな樽香とピートの裏にモルティーな風味が瞬間的に開く。荒削りだが長く楽しめる作りである。

IMG_20190601_174053

ブラックニッカシリーズの限定品、第6弾(ブレンダーズスピリットの2作を1つにカウントすると、第5弾)。
「またかい。」
今回のリリースのニュースを見てそう思った愛好家は、きっと自分だけではないでしょう。そもそも前作エクストラスイートの時点で、やりすぎ感が漂っていたにも関わらず、スーパーニッカでもフロムザバレルでもなく、またしてもブラックニッカ推し。ここまでくると、上位グレードをいじれるだけの熟成した原酒の余裕が無いのかとも思ってしまいます。(低価格でこれだけ味のバリエーションが楽しめるのは、他のメーカーにはない魅力とも言えますが。。。)

そのブラックニッカ・ナイトクルーズですが、ブレンドの特徴はなんと言っても濃いめの樽感と角のとれたピート香です。
前作エクストラスイートでは、10年以上熟成した余市と宮城峡原酒を効かせて、全体的なボリュームアップを狙いとしていたわけですが、樽香はソフトなバニラ系が主体でスウィートなタイプでした。

一方、今回もキーモルトである余市原酒の熟成年数は10年以上としつつも、先に触れたようにチャーオーク系の色の濃い甘さとビターなフレーバーが増して、濃厚さが強調されています。
またピート香で言えば、ヘビーピーテッド仕様の同原酒が良い仕事をしていますね。これまでのリリースではクロスオーバーがそれを際立てていたブレンドでしたが、今作の場合は俺が俺がと強く主張するものではなく、濃い樽感からじんわりと、しかし濃く広がってくるようなイメージに仕上がっています。

個人的に、この華やかさとは異なる無骨な系統のフレーバーは好みであるとともに、10年くらい前のニッカのブレンデッドを思い出させる構成であります。
たられば話ですが、もし原酒が潤沢だった10年前にディープブレンドがリリースされていたら、こういう味で売り出されていたのではないでしょうか。ナイトクルーズは評価が分かれている、という話も店頭で聞きましたが、もともとニッカのブレンデッドは、華やかでスウィートな響などのブレンドと異なり、好みの別れる強い個性が売りでもあります。
今回のナイトクルーズの評価は、昔のニッカ味であればこそ。一夜の夢の如くブーム前の時代に戻ってきたようでもあるのです。

IMG_20190602_181437

視点を変えると、使われているであろう若い原酒故、香味の粗さがどうしても感じられますが、これは時間をおいておくと特徴が開いて多少改善されます。
グラスに入れながらレビューを書きつつちびちびやっていたところ、その粗さが慣らされていくような、良い方向への変化がありました。「読書をしながら飲むのに最適」というPRは、時間をかけて飲むという意味でなるほどとも思えます。

一方で、メーカー推奨のロックは、樽香が薄くなり酒質部分の変化はわかりやすいものの、ボディの軽さが目立つというか、ベースとなった原酒の土台部分が脆い印象もあります。
これでボディを支える厚みと奥行きのある原酒が使えていれば。。。ってそうなるともうブレンダーズスピリットクラス、あるいは今の原酒事情で実現可能なブラックニッカの枠を越えてしまうのでしょう。

ただハイボールは逆にその軽さが飲みやすさにつながり、ほのかなスモーキーさと樽香がアクセントになって、食中酒としても使いやすかったです。通常のディープブレンドより熟成の長い原酒を使っているためか、まとまりが良いのも飲みやすさに繋がっているように感じます。
贅沢を言えばヘビーピート原酒の存在がわかりにくくなるため、これからの季節は冷凍庫等でしっかり冷やしてから濃いめで作るのがオススメです。

山桜 ブレンデッドモルト ポートワイン&シェリーカスクフィニッシュ 46%

カテゴリ:
IMG_20190507_234538
YAMAZAKURA 
BLENDED MALT WHISKY 
PORT WINE CASK FINISH & SHERRY CASK FINISH 
Sasanokawa shuzo 
700ml 46% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5ー6)

香り:ウッディでシーズニング系のドライプルーンやチョコレートクリームのような甘さを感じるシェリー感。次第にワイン樽由来のシロップと薬草香。少し人工的な要素を伴う特徴的なニュアンスも伴う。

味:口当たりは少々緩めではあるが、角のとれたウッディな樽由来の甘味、シーズニング系のシェリー感。口の奥にウイスキーが流れていくにしたがって、木苺や酸化した赤ワインのような酸味、微かにハーブや椎茸っぽさも伴う。
余韻はスパイシーな刺激と共に、ビターで微かに焦げたような苦味と若干のタンニンが感じられる。

少しポートワイン樽由来とおぼしき甘味と酸味が目立つが、シーズニングシェリー系の香味をベースに、穏やかなモルティーさのある味わいでバランスは悪くない。少量加水すると最初は個性がぼやけるが、時間を置くことで馴染んで一体感が出てくる。ロックで飲んでも悪くないかもしれない。

IMG_20190507_234629

こんなの出てたのか、というリリース。
元市民の自分としては、笹の川酒造と県南酒販の商品はなるべく取り上げたいところですが、最近の笹の川酒造は安積蒸留所のニューボーンだけでなく、買い付けた原酒を数年程度熟成庫で追加熟成させ、オリジナルブレンドのリリースも精力的に行っており、百貨店限定品とかもあったりするのでつい見落としがち・・・。
調べてみると、直近ではシェリーやワインなど、各種フィニッシュのリリースが行われていたところでした。

今回のリリースは、50本と非常に少数のリリースであることから、何らかのイベント向けかなにかで、こうした貯蔵原酒の一部を用いてブレンドされたものと考えられます。
香味から察するに、ベースになった原酒の系統はハイランドタイプ。使われている原酒の熟成期間は10~15年程度といったところでしょうか。
ポートワイン樽とシーズニングシェリー樽でそれぞれ原酒をフィニッシュしたそうですが、ポートよりもシェリーの方がフレーバーが馴染んでいるため、ベースに使われた原酒がそれぞれ異なるか、あるいはフィニッシュ期間がシェリー樽原酒のほうが長いのかもしれません。

シーズニングシェリー系の香味をベースに、ポートワイン由来の甘味や酸味がアクセントになっているような構成。加水で整えられた口当たりは穏やかで、突き抜けないものの、全体的にバランスは悪くありません。
それこそ初期の頃にリリースされていた山桜15年シェリーカスクなどと比べると、ブレンドのノウハウが蓄積されてきてるなぁ、とも感じるリリースでした。

本ボトルはイベント会場で購入したものとのこと。ブースにあったのか、ボールペンを使って書かれた社長のサインが、本人を知ってる人には逆にチャーミングです(笑)。



J&B クラシック 1980年代後期流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190425_080346
J&B CLASSIC 
FINEST SCOTCH WHISKY 
1980's
750ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★(5ー6)

香り:香り立ちはドライで乾いた麦芽や穀物、干し草、微かにハーブを思わせる青みがかった要素。奥にはバニラや粥を思わせる甘く柔らかい甘味、リンゴのコンポートのようなフルーティーさも潜んでいる。

味:軽くドライな口当たり。乾いた麦芽、バニラウェハース、徐々にコクのあるモルティーな甘み。余韻はドライで干し草を思わせるような乾いた麦芽と穀物感があり、甘味のあとでほろ苦さも感じられる。

J&Bらしいライトというかドライな香味であるが、一方でスタンダード品のJ&B RAREに比べて熟成し原酒が使われているのだろう。モルティーさや、コクのある柔らかい甘味も備わって、ストレートでもハイボールでも美味しく飲むことが出来る。中々使い勝手が良さそうである。

IMG_20190423_232058

J&Bの上位グレード。現在で言う12年クラス相当で、リリースされた期間は2年(※裏付け未確認)と短かったようですが、そこはバブル期。かなりの物量が日本に出回ったようで、現在も多くの遺産がリユース市場で見られます。
そして、人気が無いのか結構安価ですね。

ブレンデッドウイスキーJ&Bについて改めて説明は必要ないように感じますが、久しぶりなので軽めに触れておくと。。。
かつてアメリカ市場を中心に人気となったライトタイプブレンデッドの代表格。世界第二位まで売り上げを伸ばしたようですが、近年は2016年が世界21位、2017年が23位。2013年から毎年10万ケースずつ販売量を減らしており、2018年も同様の結果が見込まれます。
しかしその販売量は未だ340万ケースと相当な量。現在絶好調のブラックニッカ以上売り上げているあたり、流石世界的なブランドとディアジオの販売力だなと感じます。
(参考情報:ブラックニッカ300万ケース、角470万ケース。Millionaires Clubレポートより。)

ただし、同じディアジオ傘下であるジョニーウォーカーらかつてのライバル銘柄と比較すると、ブランド戦略の違いかリリースは低価格帯が中心。
キーモルトとされるスペイサイドモルト(グレンスペイ、ストラスミル、ノッカンドゥ、オスロスクら)の個性を感じることはもちろん困難で、ライト・・・というか、無個性でドライな穀物アルコール。スタンダード品の位置付けも割り材として使うことを前提としているようで、日本の正規代理店であるキリンのWebページを見てると、その認識が間違いではないように感じます。

229674a1
(1980年代後半、同時に販売されていたピュモルト。ノッカンドゥ主体を思わせる、ややドライでスパイシーな刺激と共に、らしい麦感とフルーティーさが備わっている。クラシックより流通量は少ないが、特級のノッカンドゥ12年を買ったと思えば、お買い得な1本である。)

この変化はグレーンもさることながら、やはりモルトの厚みが無くなったのが大きいのでしょう。上記4銘柄は元々そこまで厚みや強い個性をもった原酒ではありませんでしたが、特にグレンスペイやストラスミルは元からライトな位置付け。熟成が若いところに近年のウイスキー全般のライト化で、それが一層進んだと考えれば違和感はありません。

一方、一定以上熟成した当時のオスロスク、そしてノッカンドゥは、モルティーで華やかでフルーティー、コアな愛好家から人気の高いスペイサイドモルトです。
1980年代、スタンダード品のJ&B RAREは現在と同様にそこまで熟成した原酒を使っていないのか、両者の良さは感じにくいものの、グレードが上がったクラシックは10~15年程度熟成と思われるオスロスクやノッカンドゥに通じるモルティーなフレーバーが備わって、これが全体のレベルを引き上げているのです。
複数回飲んでみましたが、楽に飲みたいときにちょうどいい味わいでした。


以下、余談。
最近特級時代のブレンデッドの投稿してませんでした。デュワーズ以来なので、約1ヶ月ぶり。
オールドブレンデッド探訪、メジャーどころは今年中にまとめるつもりでいるので、ペースあげていかなくては。。。あと50種類くらいかな。幸い、お酒の美術館が日本向け流通品はカバーしてくれてるので助かっています(笑)。

このページのトップヘ

見出し画像
×