カテゴリ

カテゴリ:★5

笹の川酒造 963 ブレンデッドウイスキー 赤ラベル 46%

カテゴリ:
IMG_5116
963
MALT & GRAIN
RED LABEL
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:ツンとしたアルコール感、ハッカのようなスーッとする爽やかさ、ザラメの甘さ、乾いた穀物のようなアロマ。時間経過でラムのような植物っぽいニュアンスが開いてくる。

味:ややドライで若さを感じるニュアンスはあるが、まろやかなコクのある甘みがある。ケーキシロップ、バニラウェハース、ビスケット。
余韻はヒリヒリとしたアルコール感、ドライ。干し草、微かなピートを伴いさっぱりとしている。

香りほどアタックは強くなく、口に含むと柔らかい甘みにモルティーな味わい。ハイランドタイプのブレンデッドを地で行く構成。単調気味だが飲みやすくまとまっている。
ストレート、ロック、ハイボール、様々な飲み方で気軽に飲める晩酌ウイスキー。


先日紹介した963の黒ラベルの姉妹品。黒ラベルがアイラモルトを彷彿とさせるピーティーな原酒を主体に作られているのに対し、赤ラベルは穏やかなハイランドタイプの原酒を主体に構成されています。
WEB上の評判は黒ラベルのほうが良いようですが、香味のベクトルの違いはあれど、質的に両者にあまり差はなく、この赤ラベルもなかなか頑張ってるなと感じています。

ピートや樽感というものはお化粧のようなモノで、付けすぎているとケバくてしつこいものの、原酒の嫌味な部分、若い部分などをマスクするため、それなりな仕上がりになる傾向があります。ニューポットなんかはまさにそうですね。
他方、ノンピートならぬピートをほとんど焚いていない原酒の場合はその逆、酒質由来の要素がダイレクトに飲み手に届きます。
若い原酒を使うウイスキーでは、そうした香味とのバランスが特に難しいと思う部分になります。

IMG_5110

この963赤ラベルは、全体のバランスをとるため若い原酒に加えて中熟クラスの原酒が使われている印象があります。
樽感は淡くリフィルタイプですが、飲み口の後に広がる甘みに柔らかいモルティーなコクが混じって余韻への橋渡しとなっており、若さ、嫌味な要素を軽減。熟成感としては黒ラベルよりも感じられます。
こういう樽が強くなくコクのあるウイスキーは、ハイボールにしても柔らかさ、スムーズな飲み口が残るので、テイスティングの通り色々な飲み方に使えるわけです。

笹の川酒造のお膝元である福島県郡山市では、酒販店頭にも多く見られるようになってきたという963シリーズ。
カクハイを卒業したら次はご当地ハイボール。笹の川酒販では今年からピーテッド原酒の製造も始まったとのことで、このまま現地の文化として成長し、根付いていって欲しいですね。

ニッカウイスキー 余市蒸留所限定 ブレンデッド 40%

カテゴリ:

NIKKA WHISKY
YOICHI DISTILLERY LIMITED
BLENDED WHISKY
(No Aged)
500ml 40%

グラス:木村硝子
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:フレッシュで爽やかな香り立ち。ツンとしたアルコール感、レモングラス、ドライオレンジピール、乾いた木材、時間経過でビスケットのような甘みと香ばしさ。淡い土っぽさとピート香もアクセントとして感じられる。

味:柔らかいコク、酸味の混じる口当たり。クリーミーで厚みがある香ばしい麦芽風味、クラッカー、微かにメレンゲクッキーのような甘み、じわじわとスモーキーなフレーバー。余韻はしっとりとしてピーティー、染み込むように続く。

ラベルの色合いそのまま、爽やかな若さを感じるウイスキー。フレッシュな香りに反して味はコクのある甘み、少し時間経過で穀物系のニュアンスも出てくるが、総じてモルティな味わい。加水、ロック、ハイボールと飲み方を選ばない。個人的には爽やかさとモルティーな甘みのバランスが取れるハイボールがオススメ。


つい先日、余市蒸留所で新しく発売を開始したばかりのブレンデッドウイスキー。
余市蒸留所ではこれまで平べったい360mlボトルで限定ブレンデッドウイスキーが販売されていたところ、それがリニューアルされる形となりました。
(ウイスキー仲間のSさんの投稿をFBで見掛け、感想を聞いたところサンプルを送ってくださいました。ありがとうございます。)

余市蒸留所の原酒をベースに作ったブレンデッドで、熟成感としてはオフィシャルのシングルモルトNAとほぼ同じくらいですが、若さによる嫌味として出てくるであろう部分をグレーンがマスクし、余市の個性がありつつバランスの良い仕上がり。
ただ、前作のブレンデッドと比べると、余市らしさが強調される一方、キャラメルのような甘みをベースとした、バランス寄りの味わいからはベクトルが大きく変わっています。

後はどちらが好みかと言う話でもありますが、蒸留所でこそ買えるウイスキーという意味では、その蒸留所の個性を際立たせたモノのほうが・・・とするなら、この1本は飲みやすさと個性を両立している、商品としてのバランスの良さが評価できる構成だと思います。
また、余市蒸留所関連の限定品としてはこのほか、2000's、ピーティー&ソルティ、ウッディ&バニリック、シェリー&スウィートがあり、それぞれ500ml6000円が相場。一般的には手が出にくい価格帯である一方、この蒸留所限定ブレンデッドはそれ以下の価格に抑えられていて、手に取り易さもポイントですね。

ラフロイグ 1815 レガシーエディション 免税店向け 48%

カテゴリ:
IMG_5074
LAPHROAIG
THE 1815 LEGACY EDITION
TRAVEL RETAIL EXCLUSIVE
700ml 48%

グラス:木村硝子ティスティンググラス
場所:個人宅テイスティング会
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:焦げたゴムや木材を思わせる存在感のあるスモーキーさ。遅れてバニラ、アーモンド、ヨード香に潮っぽさ。微かに薬っぽい香りも混じる非常に個性的なアロマ。

味:コクのある甘みからヨード、バニラ、干し草、焦げた木材、燻した麦芽。口当たりは柔らかいが徐々に力強さ。
余韻はビターでナッティー、少しアルコールのアタック。焦げたゴムのような香りがピートスモークと共に鼻腔に抜ける。

香りに焦がしたような薫香、スモーキーさが強く、個性的なモルトウイスキー。恐る恐る飲むと香りの印象よりはコクがあってまとまりのある味わいだが、このアロマには少々面食らう。少量加水すると多少香りのバランスが良くなる。
IMG_5077

2017年4月に免税向けで発売されたラフロイグの新商品。PR情報そのままですが、1st fillのバーボン樽で熟成した後でヨーロピアンオークの新樽で再貯蔵しているそうです。
お馴染みと言えるバニラ系の香味に焦げたようなニュアンス、この独特のアロマは特に再貯蔵側の樽によるところが大きいのかもしれません。

レガシーというと遺産、先人の遺物 という意味。このボトルはラフロイグ蒸留所の偉大な歴史を作り上げてきた関係者への敬意という位置づけで、蒸留所マネージャーのキャンベル氏が手掛けたようです。
いまいちその位置づけと中身が繋がらない味わいではありますが、キャンベル氏は以前「ラフロイグ蒸留所の伝統、ノウハウや知識への敬意」としてバーボン樽とヨーロピアンオーク樽でダブルマチュアードした原酒を使った、ラフロイグ・ロアをリリースしており、ヨーロピアンオークを使うことや、個性を際立たせるリリースは、同氏のこだわりなのかもしれません。新しいチャレンジは面白いですね。

他方テイスティングのとおり、香りのスモーキーさ、焦げ感が強く、そこで好みを分ける可能性があります。
それこそオフィシャル10年などを愛飲していても面食らう個性的な仕上がりで、例えば夏の旅行のお土産に。。。なんて旅行先免税店で考えられてる方は、プレゼントされる方の好みを考えられてからでも良いかもしれません。

ボウモア 10年 ダーク&インテンス 40% 免税店向け平行品

カテゴリ:
IMG_5078
BOWMORE
DARK & INTENSE
Aged 10 years
Marriage of Spanish Oak
Sherry cask & Hogsheads
1000ml 40%

香り:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:塩気を伴うツンとしたアロマ、緩くシェリーのニュアンスに淡いウッディネス、焦げたようなスモーキーさもあるが全体的に緩い。

味:甘く柔らかい口当たり、ケーキシロップや甘口ワイン、じわりとピリピリとした刺激、微かにオイルやゴムっぽさ、焦げた木材。
余韻はドライでウッディー。ダシ系の塩っぽさ、淡くピートが染み込むよう。

加水が効き過ぎているのか、ずいぶんと緩いウイスキー。甘くスムーズで非常に飲みやすいが、ボウモアらしいクセ、フルーツ、スモーキーさは控えめ。言い換えれば飲みごたえがないとも言える。アイラを飲み慣れない人には丁度いいかもしれない。

今年2月ごろに発売された、ボウモアの免税向けボトルの一つ。他には15年、そして先日当ブログでも紹介した18年が展開されています。
このボウモア10年は、スパニッシュオークのシェリー樽を主体に熟成された原酒が使われており、加水が強めですがそれらしいニュアンスもあって、ラベルチェンジ後のオフィシャル12年と明確に差別化が計られています。

数年前のデータですが、ボウモアで貯蔵されている樽の比率は、シェリー樽が14%程度だったとする資料が手元にあるのですが、そこから考えてもずいぶんとシェリー樽を使ったリリースが増えたなという印象。
ラベルチェンジにあたってレシピを変える中で、例えば若い年数のものではオフィシャル12年をバーボンやリフィル系の原酒で構成する形に変更し、シェリー系の原酒を今回のような他のリリースに回しているのかもしれません。
オフィシャル12年、新旧ラベルで飲み比べると新ラベルはずいぶん奥行きが軽くなりました・・・。

なお、同じく最近並行品が日本に流通した旧ラベルに当たるボウモア9年シェリーカスクには、余韻にかけて"らしい"フルーティーさが感じられる中で、10年熟成のこのボトルは緩いシェリー感が主体でだいぶキャラクターが異なっていました。
ひょっとすると今の生産者、作り手のボウモア蒸留所のハウススタイルへの理解が、こういうキャラクターなのかもしれません。(そう言えばマネージャー変わったってニュース出てたような。。。)

まあどこが悪いという話ではなく、所謂コスパの良いタイプのボウモアです。
ゆるゆる、家飲みで使いたいですね。

笹の川酒造 963 ブレンデッドウイスキー 黒ラベル 46%

カテゴリ:
963
MALT & GRAIN
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:透明感のある香り立ち。乳酸系の酸味、塩素、シトラスの爽やかさと焦げたようなスモーキーさ。徐々にローストナッツを思わせる香ばしさもある。

味:ドライな口当たりとあわせてとろりとしたオイリーな甘みのある粘性、ピリピリとしたスパイスの刺激、酸味を伴う麦芽風味にスモーキーフレーバーがしっかりと広がる。
余韻はドライでピーティーでスモーキー、根菜を思わせる苦味、焦げたようなピートの香味がしっかりと長く続く。

ピーティーでモルティーなブレンデッドウイスキー。原酒の若さ故やや単調な味わいではあるが、その分ピートレフレーバーという個性が際立っている。ドライな飲み口に反してボディもそこそこあり、ストレート以外にロック、そしてハイボール、あるいは最近流行りのシビハイなど用途は多い。


今年3月頃、笹の川酒造と福島県南酒造がリリースしたブレンデッドウイスキーの新商品。開封直後から味わい的に夏向きだなと、ブログ掲載時期をずらしたところ、気が付いたら8月に入ってしまっていました。
いやぁ、月日が経つのは早い。。。 最近特に早い。。。(笑)

この963シリーズは輸入原酒も含めて幅広く原酒を使って作る、福島県南酒販のプライベートブランドの一つです。
昨年は963の8年や21年が50%オーバーの仕様でリリースされ、特に21年が某ウイスキー雑誌で高評価されるなど注目も集めました。
今回テイスティングしている963の第二弾となるNA(黒ラベル、赤ラベル)シリーズは、46%加水で価格を抑えるために比較的若い原酒を使用。赤はハイランドタイプ、黒はアイラ系のスモーキーな構成、どこかで聞いたような住み分けですが、程価格帯の無個性なウイスキーから脱却し、モルトの尖った個性を付与する方向性でブレンドされています。

黒ラベルについては若いは若いのですが、嫌味に感じるほどの未熟香はなく、クリアでドライ、余計な要素が少ない分ピートフレーバーが際立ってブレンドの個性を楽しめる味わい。また、モルト比率も多めなのでしょう、結構しっかりモルティーで、例えば若いカリラやアードモアに共通する香味も感じられます。


(笹の川酒造・安積蒸留所でカリラというと思い出すのが貯蔵庫に転がっていたカリラの古樽。中身は既にカリラではないウイスキーカスクだが、こうした樽があるのは同社が長くウイスキーづくりに関わってきた証でもある。)

ウイスキーづくりはサントリーやディアジオのように多種多様な原酒を持てる場合を除き、特にクラフトの場合は作れる商品の方向性に限りがあり、しかも大体どの会社も同じところに収束する印象があります。
すると1本あたりのコストは大手の方が安く済むので、どうしてもクラフト系のブランドは割高になってしまいます。これはどの業界も同じような状況ですね。
ではクラフトは何を武器に大手と戦うか、一つは同じ市場で戦わない、大手が出さないような味、個性的な商品を作っていくのが一案。
そしてもう一つは、地域に根ざした活動で、ご当地アイドル的に一定の市場を確保する方法。

この963の黒、赤は個性という点で面白いウイスキーを作ってきたと思います。バランスよりも尖った味わい、しかしどちらのタイプもスコッチ・ジャパニーズ全体で珍しくないので、昨年試作品を見せてもらった日本酒酵母のウイスキーや現地のワインやリキュールなど何か使えないかと感じるところ。
後は963の(福島県郡山市を中心とした郵便番号から命名)このブランドがいかに現地でファンを獲得するか。現地の百貨店などではテイスティングイベントも行われているようですし、昨年募集されたカスク共同オーナーも素晴らしい企画でした。手間がかかるだけでなくトライ&エラーも続くと思いますが、今後も引き続き面白いウイスキーを作っていって欲しいです。

このページのトップヘ

見出し画像
×