カテゴリ

カテゴリ:★1~4

プリンス スペシャルスコッチ 1970年代流通 特級表記

カテゴリ:
PRINCE
Special Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子
場所:自宅
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★(4ー5)

香り:蜂蜜、干し藁、穀物、乾燥とうもろこし、強くグレーンの甘いアロマ。ほのかにほうじ茶を思わせる渋みも感じる。

味:スムーズでバニラや穀物のグレーン系の甘さ、甘みは強いが奥行きはそれほどない。徐々に干し藁、ウッディーな渋み、じわりと開くピート香。長く染み込むように残る。

体感はグレーン主体に中庸な内陸系モルトの組み合わせというブレンデッドで、目立った個性は感じられないが、奥から開くピーティなフレーバーに原酒の時代を感じる。ハイボールでガシガシ飲みたい。


1969年設立、ブレンデッドメーカーのレッドライオンブレンディング社がリリースしていた、プリンスホテル向けブレンデッドウイスキー。構成原酒不明、熟成年数は飲んだ感じ8年から12年程度でしょうか。
数あるブレンデッドメーカーにあって、同社は自社でブランド作って市場を開拓するよりも、買い集めた原酒を用いてODM的な製品開発で他社向けのリリースを行なっていたようです。

上記写真は、プリンススコッチウイスキーの1980年代流通ラベル(左)と1970年代流通ラベル(右)。手持ちの都合で180mlボトルですが、通常品は750ml。どちらもマイルドでグレーン系のフレーバーが主体ですが、特に1980年代流通はその傾向がより強くなっています。

当時のブレンドメーカーの中で、特にマイナーメーカーがリリースするスコッチには、この手の構成がよく見られます。
これは勝手な推測ですが、これらメーカーは特定の蒸留所を傘下としていないだけでなく、DCLなどのスコッチ産業主流派グループに属していたわけでもありませんでした。
そのため、ブレンドのキーモルトとなる原酒調達の不確実性を補うため、味にブレの少ない中庸なモルトやグレーンを中核とせざるを得なかったのではと考えています。

ちなみに、レッドライオンブレンディング社について調べていたところ、ウイスキーマガジンのデータベース上にあった記述から、同社の社長Robert Mendelson(ロバート・メンデルスゾーン)氏が、ブレンダーとしてその他のリリースにも携わっている事がわかりました。

そのうちの一つが下記のダイナースシリーズ。ダイナースクラブの会員向けだったウイスキーで、この付属冊子にロバート・メンデルスゾーン氏がドイツの音楽家メンデルスゾーンの後裔であることと、スコットランドでも5指に入る天才ブレンダーであると言う事が、同氏の肖像と共に書かれていました。
個人的には驚愕というか、じわじわツボにくる写真なのですが、今日のところそのPRの真贋は読者の皆様にお任せし、ここで一息、一度筆を置くとします。

マルスウイスキー HHAE はえ By南ノ風 40% 鹿児島限定

カテゴリ:
IMG_2977
HHAE
Mars Blended Whisky
By 南ノ風
720ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅 (お土産@Iさん)
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★(4)

香りは酸味や乾いた植物感を伴うを伴う若いアロマ。ほろ苦い麦芽風味。
ライトでやや水っぽく、アルコール感を伴う口当たりから、徐々にモルトスナックなどのほろ苦く香ばしさを伴う広がり、余韻にかけて軽いピートフレーバーが感じられる。

メーカー推奨の飲み方である、水割り、ロックでは・・・。若いライトピートなウイスキーだけに、夏場にハイボール(南風ボール)で頂きたい。


マルスウイスキー(本坊酒造)が、津貫蒸留所のオープンを記念して、昨年11月に九州地方限定で発売したブレンデッドウイスキー。
「はえ」とは山陰地方、九州地方で使われる、南風の呼び名で、時期にによって黒南風(くろはえ)、白南風(しろはえ)があるのだそうです。
っていうか、今こうして記事を書いていて、"はえ"の変換で南風が普通に出てくることにちょっと驚いてしまいました。

話をウイスキーに戻すと、このブレンドのコンセプトは、ズバリ名前の通り南風。南国を思わせる味わいとして、ややピーティーな原酒を使用したそうですが、先ほどの「はえ」の変換同様に、自分の中でピート=南国が繋がらず、ここでも疑問が。。。なんだろう、南国=ボウモア=ピート?、それとも南風=潮の香り、海の匂い=ヨード、塩気、アイラモルト=ピート、という事なんでしょうか。

個人的にはイメージが繋がらないコンセプトでしたが、味わいは確かにライトな飲み口で、余韻にかけてピートフレーバーが開いてきます。
原酒の熟成年数は若いですね、信州の3年クラスや、グレーン、あるいはグレーン代わりのブレンデッドとして、同クラスの輸入原酒も使用しているのではないかと推察します。

このボトルは、Iさんこと写真提供を度々いただくT.Ishiharaさんから、津貫蒸留所を見学された際のお土産として頂いたもの。南風の吹く夏が恋しくなる味わいでした、ありがとうございます!

ゴールデンホース 武州 ブレンデッド 43% 2016年リリース 東亜酒造

カテゴリ:

GOLDEN HORSE
BUSHU
Blended Whisky
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@Yさん)
時期:開封2~3週間程度
評価:★★★★(4)

香り:レモングラスを思わせる爽やかな酸味と少し焦げたような香り立ち。徐々に乾いた植物感、若干の未熟香とニューポッティーなアロマ。加水すると薄めた蜂蜜を思わせる甘みも感じるが、奥行きはあまり無く単調気味。

味:乳酸系の酸味を伴うクリアな口当たり。じわじわと麦芽系の香ばしさ、薄めた蜂蜜、レモンキャンディーを思わせる甘み。ほのかにパンの生地っぽさも感じる。余韻は軽くスパイシーでジャスミンティーの軽い渋み、あっさりとしている。少量加水するとパン生地系の白い甘みが開く。


先日復活した、東亜酒造のゴールデンホースブランド。
ブレンデッドの武州と、ピュアモルトの武蔵が発売され、かつてのファンから注目も集めている銘柄のようです。
どこかで飲めれば良いやと思っておりましたが、例によってウイスキー繋がりでサンプルが巡ってまいりました。
本当にありがたい限りです。

東亜酒造は元々羽生蒸留所を所有していましたが、業績不振から蒸留所を解体、ストックも破棄(最終的には笹の川酒造を経由してイチローズモルトが買い取り)しています。
そのため、現時点で原酒は保有しておらず、今回はスコッチ原酒を調達してブレンドし、ゴールデンホースの再販を開始しました。
経緯の詳細については先日の記事「東亜酒造がウイスキー事業再開 ゴールデンホース武蔵 武州 を発表」をご覧いただければと思います。

今回テイスティングしたブレンデッドウイスキーの武州は、「3年以上熟成したブレンデッドウイスキーと、モルトウイスキーをブレンド」したもの。これはバルクウイスキーとして現地業者が販売している無名のブレンデッドスコッチと、バッテッドモルトをブレンド しているものと推察されます。
グレーン単体では購入できなかったのか、あえてしなかったのか、という経緯は不明ですが、何れにせよグレーンが含まれている以上はブレンデッドです。

味は比較的モルティーで、若いは若いですが変なクセや嫌味は少なく、爽やかな味わいです。
飲み方はロックやハイボールだけでなくストレートもOK。特にハイボールはさっぱりとした中にパン生地のような甘みがほのかに感じられ、食事を邪魔しないタイプとして、食中酒にも使えると思います。(現に今こうしてクラッカーを食べながら飲んでみると、これが中々・・・。)

ただ、こうしたスコッチバルクウイスキーをベースとしたブレンドを飲んでいて思うのが、表情が感じられないということ。元々何かのベースになるように作られているのがバルクですから、キーモルトも無ければ個性にも乏しく、モブキャラというか、ユニクロの服というか。
なので、差し出がましいコメントになりますが、東亜酒造の新生ゴールデンホースに一言物申すなら、自社蒸留じゃなくても良いので、例えば国内で操業を開始し始めたどこかの蒸留所と組んで、キーモルトとして使える個性のはっきりとした原酒作ってもらい、ブレンドに使うことでさらに魅力的なウイスキーに繋がるのではないかと感じました。

ニッカウイスキー 丸壜ニッカ エキストラ 1960年代流通 2級表記

カテゴリ:
EXTRA NIKKA
NIKKA WHISKY
Finest Malt Pot Still
1960"s
640ml 37%

グラス:木村硝子
量:30ml程度
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★☆(4)

香り:微かにスモーキーで乾いた穀物を思わせる香ばしさのある香り、ほんのりと甘み。それ以外はクリアでほとんど香りが立たない。まるで甲類焼酎や刺激の少ないウオッカのよう。

味:少しピリッとした刺激と水アメを思わせる甘さ。焼き芋のような香ばしさも感じる。中間はべったりとして変化に乏しい。余韻は弱く、微かに乾いた穀物っぽさを感じた後ですっきりと消える。

ハイボールにすると異常にすっきりとした飲み口で、アルコールも感じない、余韻で微かにブラウンシュガーの甘み。
ウイスキーというよりただただ飲みやすいお酒、ジャパニーズウイスキー黎明期の味。
通称"丸壜ニッキー"の名は、ニッカウイスキーファンか、あるいは竹鶴政孝関連の書籍を読まれたことがある人なら、一度は目にした事があると思います。
1950年代、日本で激化したとされる"2級ウイスキー商戦"で、当時の弥谷副社長が発売を提案したのが丸壜ニッカ(丸壜ニッキー)です。
価格を下げて容量は増やす。目先の利益ではなく数年先の利益を見込んだ商法で、販売及び収益増に繋げ、ニッカウイスキーの基盤を築いたというストーリーは、ニッカの社史を語る上では外せないエピソードの一つと言えます。

前置きが長くなりましたが、その後1962年、酒税法の改正により2級ウイスキーの原酒の混和率が0〜10%(旧税法では0〜5%)に引き上げられたことを受け、後継品としてリリースされたのが、今回のエキストラです。
ラベルにある「Finest malt pot still」や「Guarantued matured in wood」など、現在には見ない記載に加え、「NO METHYL ALCOHOL」という戦後の酒業界を伺い知ることが出来る表記に、ロマンと 時代を感じます。

当時の発売広告をみると、原酒をたっぷり入れて、さらに美味しくなったということが書かれています。
とはいえ、上限ギリギリまで入っていても残り90%は水やブレンド用アルコール。飲んでみると香味は弱く、奥行きも少ない。申し訳程度に原酒の香味が感じられると程度で、あくまでウイスキーに馴染みがなかった当時の市場のための商品であることが明確に伝わってきます。

つまり、嗜好品として香味を楽しむというより、飲みやすく、気持ちよく酔うためのアルコール的な位置付け。それを裏付けるかのようにハイボールで飲んだ時の飲みやすさはとんでもなく、まるで「まろやかな水」のように炭酸の刺激とともに口の中に入ってきます。
ボトリングから半世紀以上、経年による変化もあるとは思いますが、何もなさすぎて逆に違和感を覚えるほどでした。


余談ですが、丸壜ニッカの発売とほぼ同時期に、今年60周年を迎えたブラックニッカもリリースされています。
丸壜ニッカは2級であるのに対して、ブラックニッカは特級規格で発売され、「これぞ日本洋酒界の代表!」と、価格も内容も高級路線でした。
対する丸壜ニッカはその後のブランド編成の中で姿を消しますが、現在販売されているブラックニッカクリアブレンドに、その姿を見るように思います。

画像引用(エキストラニッカ広告):https://www59.atwiki.jp/nikka/sp/pages/305.html

ヘリオスウイスキー 暦 ピュアモルト 43% ローソン限定

カテゴリ:
IMG_2384
HELIOS WHISKY 
REKI 
Pure Malt 
(No Age) 
180ml 40% 

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★(3-4)

香り:ニューポッティーな香り立ち、香ばしい麦芽の香りと、淡い樽香。泡盛を思わせる酸味と穀物系のアロマ。レモングラスや乳酸のニュアンス。

味:口当たりはまろやか、蜂蜜系の甘味と穀物やトースティーな香ばしさ。そして泡盛っぽいフレーバー。
余韻はスモーキーで若い原酒のえぐみを伴う。

もはや泡盛や焼酎の古酒の一種として楽しむべきではないかというボトル。
そうした見方なら見るところがないわけではなく、好まれる方も居ると思うが、熟成原酒の見る影もない若さと香味の異物感は「面白い」と言える範囲を越えており、おおよそウイスキーとしては評価し難い。
飲み方はハイボールにして食中酒なら。。。ニンニクの効いたホルモンと飲みたい。


沖縄のヘリオス酒造とローソンがタイアップしてリリースしたピュアモルト(らしい)ウイスキー。
15年表記のピュアモルト500mlと、ノンエイジのピュアモルト180mlの2種類が、ローソン限定で発売されました。

このウイスキーは、ヘリオス酒造が地ウイスキーブームの際に製造。地ウイスキーブーム縮小後に蒸留を休止し、原酒2000リットルがそのまま貯蔵され続け・・・忘れ去られた原酒が関係者との間で話題になったことから、リリースを行うこととなった。というのが今年9月のニュース等に書かれていた内容です。

なんとも"偶然の産物"的なストーリーを感じる流れですが、この話はいくつか違和感があります。
まず、地ウイスキーブームは1980年代の出来事で、1990年代中頃以降は既に息も絶え絶えという状況でした。しかしこの原酒は15年、2015年に樽から出されていたとしても2000年の蒸留ということに。
同社は泡盛のメーカーでもあるので、熟成年数にカウントされないステンレスタンクにでも貯蔵されていたのかとも考えましたが、どうも時間軸にズレを感じます。

調べてみると、同社は1999年に日本国内ではなく台湾に販路を求め、神谷ウイスキーなる12年モノのウイスキーを発売しています。
当時琉球新報が書いた「台湾には米を原料とした泡盛が輸出できなかったので、麦を原料としたウイスキーを販売することにした」という記事も出てきました。
また、ソース不明ですがほぼ同じ時期にヘリオス酒造のWEBページでは、ウイスキー蒸留を行って原酒の貯蔵を進めているような話もあったようです。
この計画がうまくいったかどうかはわかりませんが、現在この神谷ウイスキーが販売されていないことから察すると、おそらくこの頃に調達ならびに製造した原酒の残りが、今回販売された"暦"ということなのでしょう。


さて、先にローソンから発売された15年のウイスキーは200本程度と少量しか生産されなかった事や、価格がそれほど高価ではなかったため、ブームの追い風を受けて即完売。その後、この15年原酒を20%、残り8割にその他調達した原酒や、新たに製造した原酒も使ったのではないかという、一般向けに量産した色んな意味でNAな仕様が今回のボトルになります。
  
キャップを外し、注ぎ口から香りを確認すると、ニューポットを思わせる若い原酒のアロマに、泡盛を連想する香りが感じられ、明らかにこのボトルが通常のウイスキーと異なる構成である事が感じられます。
後の感想は先に記載した通り。個人的な感覚では、泡盛やラム製造と蒸留器が同じという自社蒸留のニューポットからそういう風味なのか、あるいはブレンド用アルコールの代わりに泡盛を混ぜて伸ばしたような味わいで、ウイスキーというよりクースーと言うべきではないかというお酒です。(実際のクースーとはまたちょっと違うんですが。。。)

そして最大の謎、ピュアモルト表記なのは、自社蒸留以外の原酒に一体何を使ったのか。
まぁわかったところであまり良い結末にはならない事は明らかなので、ウイスキーブームの産物の一つと自分を納得させる事にします。
ヘリオス酒造は今後ウイスキー製造も行って市場展開していくようですが、温暖地域のウイスキー製造は台湾の事例や、鹿児島に新設される津貫があり、特徴を活かせれば評価されるウイスキーが出来ることは実証済み。
この泡盛風味ウイスキーも熟成を重ねることでキャラクターを確立していくのでしょうか。。。

このページのトップヘ

見出し画像
×