カテゴリ

カテゴリ:グレンリベット

グレンリベット 1961-1990 GM ライオンラベル 40%

カテゴリ:
GLENLIVET
GEORGE & J.G.SMITH'S
GORDON & MACPHAIL 
Distilled 1961
Bottled 1990's
750ml 40%

グラス:スピリッツスニフター
時期:不明
場所:BAR Sandrie
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:艶やかで熟したイチゴやダークフルーツ、薄めたカラメルソース、ランシオを感じる柔らかいシェリー香。合わせて乾いた麦芽、微かに土っぽいピート香も感じる。

味:口当たりはドライでウッディだが、こなれていて柔らかい。香り同様のベリーや枝付きレーズンなどのニュアンスを伴うシェリー感が主体。
余韻はウッディだがやや粘性があり、トロピカル系統の果実味が感じられる。ドライで長いフィニッシュ。

ボディは少々緩く注ぎたてはドライな印象もあるが、香味とも加水と経年で柔らかく、何より時代を感じるベリー系のオールドシェリーと麦由来のトロピカルな要素が交わった妖艶な構成が垂涎ものの1本。


ALL MALT表記に時代を感じる、ライオンラベル(蒸留所ラベル)のグレンリベット。相当種類が出ているシリーズで、中身もピンキリだったりするのですが、1961同一ビンテージではセスタンテ向けの57%が高い評価を受けています。あのパワフルで濃厚、そして妖艶なシェリー感は、ちょっと反則なリリースですよ。。。

一方このボトルは加水ですが、飲んでみると近い時期の蒸留表記があるオフィシャルマッカランを思わせるような、ベリーやランシオ漂う古典的なシェリー感。ウッディネスは熟成期間が30年弱であるためそれなりに強いですが、加水であることで程よい程度に止まり、これはこれでバランスの良さがあります。
それこそ、一日中の終わりにこれを飲めたらどれだけ癒しになるだろうかという感じです。

(Sandrieさんにてテイスティングした、1958年蒸留のマッカランオフィシャルボトル。シェリー感では今回のボトルにも通じるところがあり、時代の共通項を感じさせる。この1杯、文句なく至福のひととき。)

グレンリベットは1966年にフロアモルティングを取りやめるなど、他の蒸留所同様に近代化を進めているようです。
当時グレンリベットを傘下としていたグレングラントもまた、この時期より前の原酒は、特有のフルーティーさが麦由来の要素に感じられるだけでなく、田舎っぽさに通じる土っぽいピートが、いい仕事をしているように感じられます。

もはや想像の域を出ない話ではありますし、結局ここに帰結してしまうのですが、ゼファー種、フロアモルティング、1960年代前半までのシェリー樽。これらはウイスキーにおける失われた3種の神器なのではないかと思うのです。
最近飲み始めた飲み手に是非経験してほしいと思う反面、失われた時代のものであると割り切る気持ちも必要な、なんとも勧めにくいボトルです。

グレンリベット 12年 アンブレンデッド 1980年代前半 43% 免税店向け流通

カテゴリ:
IMG_9191
GLENLIVET
12 YEARS OLD
Unblended all malt Scotch Whisky
1980's
Singapore duty not paid
1Litre 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6ー7)

香り:淡くブラウンシュガーや古酒っぽいニュアンス。すりおろした林檎、色の濃い蜂蜜、乾いた麦芽と土っぽいピーティーさ。酸味と合わせていぶりがっこのような要素もほのかに感じられる。

味:スムーズで心地よくドライな口当たりは麦と干し藁、徐々に熟した林檎と洋梨で蜜感もしっかりあるコクを感じるボディ。
余韻にかけては淡いシェリー感に加え、ほろ苦く、皮ごとかじった林檎のようなフルーティーさとピーティーさを伴い長く続く。

シェリー系のニュアンスはほのかにありつつ、その後のピュアシングルモルト表記時に主体的に感じられる、すりおろした林檎を思わせるフルーティーさと、蜂蜜などの甘みに通じるニュアンスが端々にある、まさに狭間のモルトである。加水すると林檎やおしろい系の甘味が引き立つ。

IMG_9192

昨年後半、妙に集中してテイスティングする機会があったのがグレンリベットのオールドボトル。そういえば年末最後のブラインドまでグレンリベットでした(笑)。
そんなわけで、2019年の更新1発目はグレンリベットでいきましょう。

このボトルはアンブレンデッドオールモルト表記なので、流通時期的には1970年代から1980年代前半ということになりますが、リッター表記で背面ラベルにバーコードがあり、かつ香味的に1980年代後期のピュアシングルモルト時代に通じる要素が強いことから、アンブレ時代後期の流通となる1982年〜1985年頃ではないかと感じています。

その香味は、先日レビューしたアンブレ表記初期の頃にあるシェリー系の強いタイプでは無く。むしろシェリー感は淡く青リンゴや洋梨などの白色系のフルーティーさと酸味、果皮を思わせる植物感を軽く伴う構成。麦芽風味やピートもしっかりとしていて、まさにオールドスタイルのグレンリベットという、古典的な香味を楽しめる仕上がりです。

(BAR Rosebankにてテイスティングした、アンブレンデッド表記の初期頃流通。写真の暗さで分かりづらいが、色合いもやや濃く、味わいはシェリー系のニュアンスが強い。)

(今回のボトルの数年後、1980年代後半から1990年代前半にかけてリリースされたと思われる、ピュアシングルモルト表記の同国免税向け。リフィル系の樽感に、林檎系の果実味がしっかりと備わって、共通するニュアンスが感じられる。裏ラベルは肖像画に微妙に違いが。)

さて、アンブレとピュアシングル表記のアザミラベル、どっちがオススメかというと、ボトルや流通時期によってややブレ幅の大きいアンブレ表記は当たれば赤玉時代の味わいがあるので間違いなくオススメなのですが。今回のように流通時期後期と思しきボトルを引くことを考えると・・・価格的にも品質的にも安定している、ピュアシングル表記の方がオススメしやすいかなと感じています。

ピュアシングル表記でもオールドスタイルのグレンリベットは十二分に味わえますからね。
それでも古い時代のものをということであれば、裏面にバーコード表記がなく、度数や要領表記が古い時代のものを調達するようにすると良いかもしれません。

グレンリベット 12年 ピュアシングルモルト 特級表記 1980年代流通

カテゴリ:
GLENLIVET
Pure Single Malt Scotch Whisky
Aged 12 years
1980-1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:すりおろした林檎、洋梨を思わせる爽やかでフルーティーなアロマ。合わせてバニラ、乾いた麦芽、干草、微かにアロエや花のような植物感も感じる。

味:心地よくドライでスパイシーな口当たり。乾いた麦芽から蜂蜜、あるいはリンゴの蜜を思わせる甘みとコク、徐々にほろ苦く、余韻は淡くピーティー。ドライで長く続くフィニッシュ。

爽やかで清々しいフルーティーな香気が、まさにスペイサイドと言う山間の清流を思わせるキャラクター。味わいも麦芽風味がしっかり感じられる。
近年流通のグレンリベットに語られるキャラクターの原点と言える個性が、より強く備わっている。


かつてバーマンの間で、まず飲むべきモルトとして、全てのシングルモルトに通じる香味があると語られたグレンリベット。ですがそのキャラクターも時代によって異なっており、近年で最も大きな変化があったのが、「Pure Single Malt Scotch Whisky」表記のある今回のボトルでしょう。

1世代前にあたる「Unblended all malt 」表記のあったボトルは、ロットによって多少異なるものの、シェリー系のニュアンスを伴うモルティーさとスモーキーなフレーバーが特徴。それが1980年代後半にリニューアルした今回のボトルは、林檎、洋梨などのフレッシュなフルーティーさが主体となって、スモーキーフレーバーも穏やかに。。。明らかに樽や原酒の構成が変わっていることが感じられます。
当時のグレンフィデック8年や10年を追従する構成とも言えますが、リベットの方が林檎系の香味とピートの存在感が強いですね。

(1970年代から1980年代前半ごろまで流通していた、アンブレンデッド表記の12年。レビューはこちら。)

(1990年代後半に再度リニューアルしたピュアシングルモルト表記ラベル。現行品を思わせるデザインに近づいている。)

近年のグレンリベットのスタンダードクラスは、バーボン樽で熟成した原酒を中心に構成されています。
そのキャラクターへのターニングポイントが、今回のボトルの原酒が蒸留された時期である1970年代後半あたりと考えられ、現代にかけて2ndフィル以降のシェリー樽やバーボンバレルの比率が上がっていったのでしょう。
また、その変化はスペイサイドらしさとも言える華やかさ、爽やかな個性を後押ししており、近代スペイサイドモルトの原点に通じるキャラクターとも感じます。

そう考えると、グレンリベットが全ての基本とする位置付けは、最初に公認を得た蒸留所という背景もある一方で、キャラクターとしても言い得て妙です。80年代以前はシェリーとピート。90年代以降はアメリカンホワイトオーク由来の、華やかさ。その時代その時代で押さえておくべき香味が確かに備わっている。
現行品のグレンリベットが入門用なら、このオールドリベットは、ウイスキーに慣れてきた人に是非飲んで欲しいと思う1本です。

グレンリベット 12年 アンブレンデッド表記 1980年ごろ流通 43% アメリカ向け

カテゴリ:
GLENLIVET
12 years old
Unblended all malt Scotch Whisky
1970-1980's
750ml 43%

グラス:リーデルテイスティングコニャック
場所:Bar Rosebank
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:古酒感のあるシェリー香が土っぽさを伴う妖艶なピート香と混じり合う、ふくよかな香り立ち。燻した麦芽、奥にはりんごジャムのようなこなれたエステリーさもある。

味:マイルドな口当たりからオールドシェリー、どっしりとした土っぽさとスモーキーフレーバー、ウッドチップ、ややドライで枯れたようなフィニッシュに繋がる。

ボディのしっかりした酒質に内陸系のピート香という、かつてのスペイサイドモルトの典型。そこに品の良いオールドシェリー香が合わさって、12年程度とは思えない熟成感を醸し出している。
赤玉時代に通じる妖艶な古酒感がたまらない。


通称アンブレリベット。
一口にオールドボトルのグレンリベットといっても、通称でいくつか区分があります。

一般的なのがラベルでの区分で、1970年代以前流通品は朱色の丸型ロゴがあしらわれていることから"赤玉"、そして1970年代後半から1980年頃にかけて登場するのが、アザミの花をモチーフにした今回のアザミラベルです。
この時代、ラベルに書かれたunblended all malt表記を赤玉時代から継承しているロットが流通時期的に初期にあたり、その後1980年代後半からPure malt 表記に変わることから、1980年代のグレンリベットはそれぞれ、アンブレ、ピュアモルトとして区別されています。


香味はアンブレ時代ののほうがシェリー感が強く、ピュアモルト時代の方が爽やかな傾向。ピートも古い方が存在感があって、全てのモルトの基本というのも頷ける。。。というのは大枠での整理であり、アンブレ時代以前のリベットはロット差が大きかったため、時代以外に向けの違いで、思わぬボトルにヒットすることがあります。

今回のロットは、自分が思うオールドリベットの香味がふんだんにあり、「グレンリベットでいつの時代?」とブラインド出題されたら、赤玉と答えるだろう構成に感じられたほど。
一方で、以前読者の方からブラインドテイスティングで出題頂いた"ほぼ同時期日本向けのアンブレ"は、どちらかと言えばピュアモルト寄りの構成に感じられる爽やかなタイプでした。写真は残っていませんでしたが、記憶している限り色合いも違っていたと思います。

グレンリベット12年 アンブレンデッド表記 ウイスキー特級 日本向けロット 1970年代後半流通品

ネックが写っていませんが、今回のボトルはアメリカ向け。アメリカ向けの場合、1982年頃から裏ラベルに08バーコードが入るため、今回はそれ以前である1980年ごろのロットと推測できます。
毎回こんなロットに当たるなら、赤玉買う必要ないんだけどね。とはマスターの弁。
状態抜群だよとの触れ込みから、久々に飲んだオールドリベットでしたが、なかなかどうして充実した1杯で、これがあるからオールドは面白く、そして怖いのです(笑)


グレンリベット コード 48% 2018年リリース @先行テイスティング会

カテゴリ:
THE GLENLIVET
CODE
Release 2018
700ml 48%

グラス:スピリッツスニフター
場所:イベント会場&販促サンプル
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライでツンとした香り立ち。干草やオレンジピールから徐々にシェリー、トフィーや林檎のコンポート、微かにシナモンのアクセント。若さを感じる要素も伴うが、複雑で変化がある。

味:しっかりと味の強さを感じる口当たり。ピリピリとした若い刺激からコクのある甘さ。木材、林檎のカラメル煮、蜂蜜生姜、奥には麦芽風味も感じられ、じわじわとほろ苦く広がる。
余韻はスパイシーでウッディ、ビターだがカステラのような甘い香りが鼻腔に抜け、長く続く。

シェリー系の樽感と共に、アメリカンホワイトオークを思わせる個性が混じり、大きく複雑な香味を感じる。熟成年数は幅広く、ベースとなる若いものから長期熟成まで、おそらく10年から25年熟成程度の原酒が使われているのではないだろうか。少量加水するとさらに香味が開く。


2013年発売のアルファ、2016年発売のサイファーに次ぐ、グレンリベット マスターディスティラーであるアラン・ウィンチェスター氏から第3の挑戦状。
このシリーズに共通するのはスペック、香味共に全てを非公開とし、ボトル外観から色すら見えない徹底ぶりで、我々ユーザーに謎解き感覚でウイスキーを楽しんでほしいというものです。

「Do you have what it takes to unlock the taste?」
グレンリベット・コードは、第二次世界大戦で活躍したブリティッシュ・コードブレイカーにインスパイアされたもの。どんな香味があるか、どんな樽が使われているのか、普段はあるはずの情報に頼らない、さながらブラインドテイスティング的なリリースです。
日本での正規品発売は6月18日となりますが、先立って愛好家向けに開催されたPRイベントに招待いただきましたので、今回はテイスティングレビューと合わせてイベントの様子もまとめて記事にさせて頂きます。


会場は西麻布にある隠れ家的BAR。薄暗い謎めいた建物の入り口を潜った先にある、ラグジュアリーな空間。
イベントのテーマは「UNLOCK THE CODE」。ここで言う"UNLOCK"は、コードブレイカーの如く謎を解き明かすことを意味し、イベント全体がグレンリベットに関わる謎解きをテーマとした構成となっています。

そのため、イベント中のテイスティングセミナーも全てブラインド。このイベントに合わせて来日したブランドアンバサダー、イアン・ローガン氏のレクチャーで、黒塗りのグラスに潜むLOCKを一つずつ解き明かしていきます。
「今日は3本のウイスキーをブラインドテイスティングして頂きます。ですが、私が解説するのは2本目までです。残りの1本は皆さんで自由に考えてください。質問されても、私は何も答えません。チアーズ!」
そう言って、ちょっと疲れた表情でイベントを開始するイアン氏。聞けば今日はすでに3回目の会とのこと。
「でもこの回が最後だから、やっと私も飲めるよ!」
いやはや、仕事とはいえお疲れ様です。ウイスキーがさぞかし喉にしみることでしょう(笑)。


スタンダードなグレンリベット12年から、オロロソシェリー樽のナデューラへ。2杯のグレンリベットのテイスティングを済ませた後、3杯目はいよいよ新商品のグレンリベット・コードです。
何も言わないという事前の宣言の通り、本当に構成等に関する具体的なレクチャーはなかったのですが、その香味からここまでのブラインドテイスティング2本が、謎を解き明かすヒントになっているのではないかと感じました。(テイスティングについては上記の通りなので省略します。)

その後は、会場となったBARの3F〜5Fの部屋や設備に隠された"CODE"を探し、そこに記された謎を解く過程でグレンリベットそのものへの知識を深めていくといった流れ。
CODEは全部で10個。写真立ての裏、プールの底、トランクの中。。。イベントの一連の説明を聞いていれば半分くらいは答えられる内容でしたが、この回の参加者は比較的ライトな愛好家が多かったようで、いくつかの出題は調べるのも難しかったように思います。
かく言う自分もフレーバー系の出題で盛大にコケたり、マスターディスティラーのフルネームをど忘れしたり、お恥ずかしい限りな内容だったのは。。。ま、まあ宝探しみたいで楽しいイベントでした。



さて、前回のサイファー同様、グレンリベット・コードでは、アラン氏の作り出したフレーバーの謎に挑戦する特別サイトが準備されています。(日本語版は4月現在ありませんが、発売される6月18日には公開されるのではないかと思います。)
基本的には前回同様、テイスティングしてフレーバーの種類とレベルを選んでいくというもの。ただフレーバーホイールの12項目を解き明かすサイファーに比べ、今回は8項目を順番に一つ一つ選んでいく形式で、難易度は多少下がった印象もあります。

イベント会場では、上記CODEの謎解きを終えた参加者との歓談そっちのけで、残った時間を使い"真の謎解き"に挑戦。
この手のテイスティングは、日本と現地との味覚(あるいは食文化)の違いを補正することがカギになると考えています。
フレーバー一つ一つを紐解き、ハウススタイルやオフィシャルに使われる表現に置き換えて。。。結果、1回目のトライで88%、2回目で100%を解明、"Master Distiller"の称号を獲得し、グレンリベット・コードをUNLOCKすることに成功しました。

グレンリベット コード イベントサイト(英語版):

関係者も初めて見たという完全攻略!
サイトに登録されてるスコアボードでは、4/16時点で世界で8人。まだ発売されたばかりのボトルですし、今後増えていくとは思いますが、このイベントのタイミングで達成できたのは嬉しいですね。
「アランはもうすぐ引退だから、次は君がグレンリベットに来い」
なんてイアン氏とのやりとりもあったりで、思わぬサプライズとなりました。


閑話休題。前作、グレンリベット・サイファーの印象と比較すると、グレンリベット・コードも幅広いレンジの原酒を使っているのは変わらないものの、今回のレシピはシェリー樽原酒の比率が高かったのではないかと思います。
それもファーストフィルというより、セカンドフィルを使ったようなバランス感。ただそれだけでは表現できない複雑さもあり。。。このバッティングの妙は今後(今年末ごろ)明かされていくことになりますが、何れにせよ若いニュアンスがマスクされ、全体的に強い味わいは残しつつバランスが取れているような、オフィシャルらしい複雑さを備えた構成であると感じます。

そういう点で、グレンリベットコードは謎を解くと気張らず、普通に楽しみやすいウイスキーであるとも思います。
そう言えば1つ、イアン氏が言っていた注意事項が「頼むから氷を入れるのはやめてくれ」でした。
ストレートか少量加水で、チェイサー片手にじっくり楽しみたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×