カテゴリ

カテゴリ:BAR訪問

【BAR訪問記】GOSSE Meguro (ゴス) @目黒

カテゴリ:
今回紹介するGOSSEさんは、9月にリニューアルオープンしたばかりの新しいお店です。

リニューアルと書いたのは、お店としては2000年頃から目黒にあったのですが、以前はお姉さんのいるカジュアルバーで、ウイスキーは我々ウイスキードリンカーからすればお察しくださいという内容だったとのこと。
それが今年6月に一度閉店。現在のオーナーがご兄弟で店を引き継ぐに事となり、そのお一方がウイスキー愛好家だったため、ウイスキーも楽しめるお店に劇的ビフォアアフター!
オーセンティックバーというよりカジュアル ウイスキー バーとして、9月1日に晴れてリニューアルオープンされた、という流れになります。


BAR GOSSE Meguro (ゴス)
営業時間:19:00〜23:30
定休日:日曜日
WEB:https://m.facebook.com/pg/gosse.meguro/about/?mt_nav=1
TEL:03-3779-9779 

お店の立地は目黒通りと山手通りの交差点すぐそばという、駅からもほど近いところ。看板が小さく、外観ややカジュアルなので見逃してしまうかもしれませんが、よくある路地裏一本入るような迷う場所ではありません。
また、以前は豹柄の壁に赤い照明という「いかにも」なルックスだった店内は、木目調でカジュアルな空気を残しつつ、何よりバックバーに鎮座するウイスキー群で旧店舗との違いは明らかです。 

 
オーナーである油井さんとはFacebook繋がりで、BARオープンについて伺っていたものの、中々伺えておらず不義理を詫びにいざ来店。
まずはお約束のハイボールから。こちらのスタンダードはジョニーウォーカーですが、ただのジョニーではなくオールドボトルの特級時代。いいですね、オールド好きの自分としては嬉しくなってしまうチョイスです。


ハイボールを美味しくいただきながら、今日はどんな組み立てで飲もうかなとバックバーを物色していると、「そういえばこの辺は飲まれてないですよね、イギリスでは相当人気みたいですよ」と、出てきたのは意外な1本。アイリッシュウイスキーはレッドブレストのシェリーカスク。
アイリッシュらしい素直な酒質に、こってりとしたシェリーカスクで、確かにいかにも本国で人気が出そうな感じです。

油井さんは、ウイスキー愛好者としての活動はそれほど長くないものの、ここ数年間で購入された量はかなりのもの。上記レッドブレストのように、海外からの個人輸入もされていました。
そのため、バックバーのウイスキーはここ5年間でリリースされたシングルモルトが中心となっており、そこにオールドはオフィシャルやブレンデッドの間違いないところが少々という陣容です。

(ウイスキー愛好家の間で評価の高いアバフェルディ28年やシガーモルト・モートラック18年。オーナーの好みでシェリー系のボトルが多いが、アードベッグ21 年、マスターピースのラフロイグ等話題のアイラモルトも揃えている。カティサーク25年 やロイヤルマイル40年はオススメの1本。)


先述の前店舗の経緯もあり、このBARの客層はウイスキー好きというより「ライトなお酒好き」の方が多いそうです。
もちろんウイスキー好きもオーナーの交友関係や口コミから徐々に増えているものの、GOSSEでは、そうしたウイスキー入門者に位置付けられる方々から、我々愛好者クラスまで広くウイスキーの楽しみを広めたいと、様々な工夫をされています。

その一つが以下、ウイスキーのメニューで、ボトル仕様や1杯の価格に加えてテイスティングノート、さらにはボトルを番号で注文できるというシステム。


これが結構ハマっているそうで、旧店舗 時代からの常連が、ウイスキーの美味しさを覚えて「今日は〇〇番で」と注文されることも多く、1番人気は41番、ダンカンテイラーのダルユーインなのだとか。
テイスティングコメントは、オーナーご自身のもの以外に、日本有数の飲み手である"ストイックドリンカーの日々"のT.Matsukiさんと、僭越ながら私くりりんのブログから引用されています。
自分の書いたコメントが、実際にお酒と飲み手の架け橋となっているのを見ると、光栄であり嬉しいですね。

この他、お客さんが注文されたボトルから、似たような味のモノや比較してほしいボトルを少量サービスでサーブされることも多く、価格もかなり勉強された設定になっているため、ついつい飲み過ぎてしまうことも(笑)。
これまで2回伺いましたが、どちらも終電間際までお世話になってしまいました。


BAR GOSSE Meguroはウイスキー愛好家はもとより、昨今のブーム等でウイスキーに興味を持ち始めた方々が、色々飲んで世界を広げていける、そんなきっかけの一つになれるお店だと思います。
雰囲気のあるアンティーク、洗練されたカクテルなどを求める空間ではありませんが、その分間口が広く、肩肘張らずにお酒を楽しむことができると感じます。

なお、オーナーは別業がある関係で日によってお店に出ていない場合もあり、もしウイスキー目的に来店される場合は、事前に電話やFacebookなどで確認されると良いと思います。

【BAR訪問記】BAR AES(アエス)@駒込

カテゴリ:

近隣に住まれている方、営業されている方には大変辛辣な物言いとなってしまうかもしれませんが、数多くの飲食店、BARがある東京都内、それも山手線沿いにあって、BAR不毛地帯が「駒込」という駅前だと思っていました。
本郷通り沿いはマンションしかなく、下町っぽさの残る東口は多少飲食店はあるものの、風俗系の臭いは都内とは思えないほど少ない。
そんな中、先日友人との集まりで北千住のBAR BRASSで飲んでいたところ、このBARの3号店が駒込駅近くにオープンしていたことを知ったのです。


 BARの名前はAES(アエス)。オープンは2015年5月で、お酒の数はほどほどですが、ウイスキーやリキュールなどマニアックなモノが揃っているそうです。
これも何かの縁、ちょっと顔を出してみますか。
なんて金曜日の夜の終電後、ふらっと足を運んでみると、店構えはまさにBARという感じ。予想に反して軽く開くドア、カウンターはほぼ満席、奥にあるテーブル席も後からお客さんが入られて、なんだか非常に繁盛している様子。

あ、これは良いBARかもしれない。
どんな出会いがあるのか期待しつつ、まずはお約束、ハイボールからいってみます。(っていうかこの日は会社の飲み会があった後だったので、すっきりとしたハイボールが欲しかったのです。) 


「すいません、ハイボールお願いします。」
「どんな感じが良いでしょうか。」
「2軒目なので、すっきり目で、後はお任せでお願いします。」
かしこまりました、といって出てきたのはモンキーショルダーのハイボール。
ウィリアムグランツ社が作るブレンデッドモルトウイスキーで、オーク系の爽やかな樽香に、キーモルトであるグレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィーというスムーズな酒質のモルトの組み合わせらしく、さっぱりと飲みやすい。

常連と思われるお客さんとの会話をリズム良く切り上げて、マスターが次の注文と合わせ、BARの紹介をしがてら色々ボトルを見せてくれます。
バックバーのボトルは事前情報通りそう多くないものの、中々マニアックなボトルもいくつかあり、特級時代のウイスキーもちらほら。開店1年ちょっとでこの量ですから、状態の良いボトルをその時にしっかり扱っていくのが、この店のスタイルなんでしょうね。


バックバーのウイスキーに後ろ髪を引かれつつ、折角ですから2杯目はカクテルいってみましょう。
マスターの市川さんはこの道10年以上のベテラン。カクテルにも明るいそうで、ともすればこだわりのある1杯を飲まなきゃ失礼というものです。


BAR AESで一番こだわってるカクテル、ウォッカトニック。
ウォッカトニックのレシピはウォッカ、トニックウォーター、そしてライム等の柑橘類。AESではウォッカとの組み合わせから吟味しているそうで、柑橘類には国産のレモンを使用しています。
普通のウォッカと何が違うんですか?という問いには蒸留回数ですという答え。
自分はウォッカに関する知識は無いに等しいのですが、そんなに変わるモンかねぇと一口、クリアな甘さにレモンというよりオレンジを思わせるような優しい柑橘の香り、非常にさっぱりとした飲み口で、こりゃ旨いやと、細かいことはどうでもよくなりました。

後のウイスキーは最近1977年生まれのお客さん用に開けたというカナディアンウイスキー、クラウンローヤルの1977年流通に、アイルオブスカイ12年の1980年代流通。



クラウンローヤルは久しぶりに飲みましたが、この時代のカナディアンは「ライト&スムース」を地で行く、優しい飲み口ながら穀物由来の味があるウイスキーで、近年のただ薄いだけとは全く違います。
個人的には上品で淡いバーボンって感じで、時々無性に飲みたくなります。
アイルオブスカイは少しコルク系の臭いがありましたが許容範囲、スモーキーでリッチな味わいが楽しめるオーソドックスなオールドブレンデッドでした。


初めてのBARに行く時、ウイスキー好きであることは隠しませんが、自分から「こんなブログをやってて〜」なんて無粋な話はせず、ただ一人のウイスキー好きとして入るようにしています。
その方がいろんな話を聞けますし、会話のキャッチボールの中で"慣らし"ながら、自分に合うBARであるか見ていく事が出来ると感じています。

市川さんの語り口は丁寧ですが、おそらく慣れてくると随所にちょっとした毒が出てくるキャラクターなのでしょう。
その毒がお客を楽しませ、オーセンティックな雰囲気の中にリラックスした会話が弾む。まさに帰宅前の止まり木、仕事とか肩に背負ったものはここに置いていく、常連になってみる価値のあるBARだと思います。
このBARとも長い付き合いになりそう、そんな予感を感じつつ、長いようで短い夜が更けていきました。


BAR AES
http://brass-zincu.com/aes.html
営業時間:18:00~翌3:00 (日曜定休)
住所:東京都北区中里1-9-5
(JR山手線駒込駅東口より徒歩5分)

【BAR訪問記】Regalo AKASAKA (レガロ 赤坂)

カテゴリ:

9月1日、ふとFBを開くと今回紹介するBAR Regalo AKASAKAが3周年を迎えたという投稿が目に入ってきました。
このBARのドアを開けたのは、赤坂経済新聞のWEB配信記事に同店が掲載されていたのがきっかけでした。
いわく、OLがウイスキー(それもオールドボトル)の魅力に取り付かれ、脱サラして、長野県にあるBAR Regaloにまで修行に通った後、飲食激戦区とも言える赤坂に開店したという話。
「このBAR面白いかもしれない」
そう思って仕事帰りに足を運んでから、月並みですがもう約3年が経過しているんですね。


当時書いた記事はこちら。
グレンアルバ1970年代流通 @BAR Regalo 赤坂 
http://www.whiskylink.com/?p=23572

その後、何度か利用させてもらっていましたが、引っ越したり、部署の異動があったりで、赤坂方面が疎遠になって2年半が経過。
ところが、この4月から異動で職場が非常に近くなり、機会があったら顔を出そうと思っていたところ。今日がその時と、まるで昨日も来店していたかのような態度でカウンターに座りました。


前置きが随分長くなってしまいましたが、ここからはお店の紹介をしていきましょう。
レガロ赤坂は、赤坂の雑居ビルの3Fという、「ふらり」と入るにはどう考えても向いてない、隠れ家的なお店ですが、入ってしまうとその独特の緩みとマスターのキャラクターで"落ち着いてお酒を楽しめる"、気難しさのあまり無い空間が特徴。
それこそ「ウイスキーって何?」という女性のお客さんが、たまたま会社の飲み会のあとで一人で来店され、お酒を楽しんだ後に常連になるというエピソードを、この日来店されていた常連(ご本人)が教えてくれました。


ボトルラインナップは現行品からオールドボトルまで幅広く、特にブレンデッドは量が揃っており、最初の1杯目はオールドブレンデッドのハイボールで入るのが、くりりん的にはこのBARのスタンダード。今回もその例に漏れず、1杯目はジョニ赤オールドボトルのハイボールからスタートします。

別に家で飲めるボトルですが、こうした空間で飲むとまた違った美味しさを感じます。
初めて来店したときの話などを語り合いながら、2杯目は自分が開店祝いに送ったボトルがまだバックバーにあったので、それを飲んでみることに。
「やっとお父さんに会えましたねー」とはマスターの言葉。開封されたのはいつかわかりませんが、残量的にしっかり役に立ってくれていた自分の息子(ボトル)、今の時代のファークラス12年にはない、コクのある濃い甘み、しっかり美味しい1本で安心しました。



さて、この3年間の集大成に、次はカクテルでも作ってもらおうかなあと、カウンターで同席していたお客さんたちと話しながら思慮していたところ、スッと出てきたブラインドテイスティング。
良かろう、受けて立ちますよ。
この3年間で成長したのはマスターだけではないことを見せるチャンスです。
隣席のウイスキー愛好家さんも、常連のお姉さんも注目。これは負けられません。

「このターン、俺の全てを賭ける!」
と内心意気込んで、一口、あ、オッケーこれはジャパニーズだ。
それもかなりハイプルーフで60%越え、経年の質感が無いことから詰めは近年、熟成感から逆算すると蒸留は1995か96あたりで、樽はアメリカンホワイトオーク系。
間違いなくサントリーのプライベートカスクだろうなと、ここまで絞って最初の予想は山崎。
予想を伝えると、目の前でマスターが爆笑しながら引いてます。
ただ思いのほか樽感が強く。これは白州でもこういうのあるかもなあと迷いが生じ、ちょっと加水してみたところさらに判らなくなって、やっぱり白州かもと伝えて正解発表。

正解は、やはりプライベートカスクの山崎パンチョンでした。
ファーストインプレッションでよかったのか。。。ブラインドは考えすぎると迷走するなあ。
引っ掛かりの無い口当たりにコクと甘いオークフレーバーがしっかりある旨いモルトでした。
成長を見せられたかどうかは判りませんが、その場は盛り上がったのでヨシとしましょう(笑)。


BARの形は色々あると思うのですが、レガロ赤坂のカウンターは、バックバーとの距離が、少しだけ他店より近い印象を受けます。
これでその間に入るマスターが厳格な雰囲気のある方だったら、それはそれで違った客層になっていたのかもしれません。

他方レガロ赤坂のマスター櫻井さんは、3年前は"ウイスキーに対して真面目で愛があって、おっちょこちょい"というキャラクター。
それが今は"真面目で愛がある"部分は残り、おっちょこちょい部分がだいぶ消えた・・・と思ったら、後から来たお客さんのチャーム出し忘れてるよ、訂正、少しおっちょこちょい。
そこにある種の貫禄もついたような印象で、きっと赤坂という魑魅魍魎の住む夜の街で、様々な経験をされてきたのでしょう。
年下の私が言う話じゃないかもしれませんが、バーマンとしての階段を一歩ずつ着実に登っているようで、ここから先5年後、10年後のRegalo赤坂が非常に楽しみです。 
3周年、おめでとうございます!


BAR Regalo AKASAKA
月~金 18:00~03:00 LO 02:00
土 18:00~24:00 LO 23:00
定休日:日曜/祝日
http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00324846/

BAR Caperdonichでブラインドテイスティング三昧

カテゴリ:
先日、新橋でとあるウイスキー関係な方々と打ち合わせをした際に、打ち合わせスペースとして使わせてもらったのがBAR キャパドニック。
個人的に一度訪問してみたかったBARであり、やっと伺うことができました。

28709295
BAR CAPERDONICH(キャパドニック)
東京都港区新橋2-11-8 小倉ビル4F
営業時間
18:00~28:00(月~金)
18:00~24:30(土)
17:00~24:30(日)
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13168890/

マスターはウイスキーの状態に関して、良い状態のウイスキーをサーブすることを心がけていると伝え聞いて、勝手に興味を持たせてもらっていました。(オールドボトルのヒネ関するセンサーも相当感度の高いものを備えられているとか。) 
ただ、先述のとおり打ち合わせでボックスシートを使用していたため、マスターとの会話はあまりできず、濃い話は次回に持ち越し。ボックス席の注文は全品お任せのブラインドテイスティングで、ボトルを通じてマスターと会話させてもらいました。


1問目:フレンズオブオーク キャパドニック21年 (1992-2014) 46%
回答:フレンズオブオーク キャパドニック22年(1991-2014)46%

マスターから、まさに名刺代わりという出題。
ほのかに青みがかったオークと麦芽香、植物感とオーク由来のフルーティーさに、後半は淡いピートフレーバー、ほろ苦い余韻。実は飲んだことがあったボトルで、ラベルを記憶違いで覚えていた結果の回答。加水、20年熟成、1990年代蒸留あたりでこのフレーバーのボトラーズ・・・と絞り込むと、自然とフレンズオブオークが出てきて、まああとはBARの名前とかけてるのかもと、ちょっと邪推してしまいました(笑)。
凡ミスでニアピンになってしまいましたが、こちらとしても名刺を返せたかなという回答でした。


2問目:アラン プライベートカスク 18年 (1996-2015) 51.7%
回答:スペイバーン 21年オフィシャルボトル

オフィシャルでシングルカスクですよ、と大ヒントがあった上での出題だったのに、ボトルはおろかアランにすらたどり着けなかったボトル。個人的に認識しているアランらしさが無く、逆に10年程度瓶内でこなれたような麦芽風味があり、2000年頃にリリースされたオフィシャルの高度数かなと迷走してしまいました。
樽感は淡く、熟成はリフィルシェリーホグスヘッドによるものと思います。


3問目:ダグラスオブドラムランリグ ラフロイグ14年 (1999-2013) 46%
回答:ラフロイグ、15年程度の熟成、46%程度、リフィルホグスヘッド

マスターからはこれは蒸留所だけでいいんじゃないですかねーというコメントと共に運ばれてきたボトル。
確かに香りの段階であらかた絞られますし、飲めば度数や熟成年数はそこまでひねりのある要素でもないので、一口飲んで確かになと。その蒸留所当ては、ラフロイグか、アードベッグか、この2択で悩みました。
ラフロイグのボトラーズだとフルーティーなタイプを期待するところ、このボトルはピートが前に出ており、そこからヨードやグレープフルーツ系のフルーツ。アードベッグでも似たようなボトルが出てきそうなのです。以前飲んだカーディスにも似た傾向があったため、直感を信じてラフロイグとしました。加水で調整されているため、染み込むような余韻が好印象、良い状態だと感じるボトルでした。


4問目:クーパーズチョイス リトルミル30年 (1985-2015) 44%
回答:ベンネヴィス、20年熟成程度、46%程度、ホグスヘッド

非常に悩まされたボトル。香りは落ち着いた熟成香から徐々にケミカルなニュアンス、少しの紙っぽさ。味は香り同様ケミカルな部分があるものの、官能的な要素も感じるフルーティーさが全開で、なんだこれはと素直に驚きました。
アイリッシュとは違うと感じだったのでスコッチでこの辺が出そうなところ・・・と悩みましたが結局地域すら絞れず。正解を見てこんなフルーティーなボトルもあったのかと、この蒸留所に自分の中で設定しているフレーバーの枠を見直すきっかけともなった、大変勉強になる出題でした。
(発売直後に瞬殺となったボトルとのことですが、これは納得ですよ。みんなこういうの好きですもんw)

そんなわけで、ブラインドテイスティング4問、しっかり楽しんでしまったわけですが、肝心の打ち合わせのほうはというと、ブラインドして、終わったらまた打ち合わせして注文と、ローテーションしながらいい感じに集中して進めることが出来ました。
今回出題されたボトルは比較的近年よりのところでしたが、次はオールドボトルでも注文しつつ、マスターと濃い話をしてみたいと思っています。

【BAR訪問記】Bar Ambrosia (アンブロシア) @池袋

カテゴリ:

今回紹介させていただくお店は、先月1周年を迎えたばかりの池袋のBAR、アンブロシアです。
ウイスキーBARというよりはお酒全般を楽しめるBARで、ウイスキー、ワイン、ビール、リキュール…品ぞろえは比較的ライトなところから幅広く、ディープな部分への架け橋もある。
お店の雰囲気も良く、デートの2次会や待ち合わせで利用される方も多い様子です。

マスターの名和さんとは年が近いことや、イベントなどで色々繋がりがあって最近お世話になることが多いですが、ここは初見客のつもりでBARの紹介をさせていただきます。

 
お店は池袋北口方面から徒歩5分少々、ビルの7Fにあるのですが何気に入り口がわかりづらい(笑)
最初来たときは思いっきり通り過ぎて、ビルの前を何往復かしてしまいました。
もちろんエレベーターを降りると「おぉ・・・BARだよ」と、空気が一気に変わるのですが、事前に調べたりしないとふらっと入ることはなさそうです。
 

この日のチャームはザクロとウイスキーのゼリー。 カクテルで言うニューヨーク。
甘酸っぱい風味に樽香が口の中で広がります。飾り付けと容器が憎いですね。
こういうBARであればウイスキーに絞らずいろいろ楽しみたい、ってことでドリンクはカルバドスのソーダ割りから、オレンジピールを絞ってさわやかに。


 
ウイスキーで面白いのは?と聞くと、オールドとかはあまり無いんですが、この辺なんかどうでしょうと出てきたのが、一時期大量に市場に出回った懐かしのマキロップチョイス。
ボトラーズのリリースは蒸留所が樽売りした時期の重複からか、毎年まんべんなくではなく、ある程度リリースの集中するビンテージが存在するのですが、このボトラーズはなぜかそれを微妙に1年前後外してくるものが多く、今にしてみると面白いリリースが多いです。例えば目の前のグレンロッシーは1981が当たり年として言われてリリースも集中しましたが、これはその1年違い。リリースの少ないビンテージで逆に興味をそそられます。
 

ウイスキーのあとはカクテルいってみましょう、今日は幅広くがテーマです。
何か得意なカクテルはないんですか?と聞くと、その人の好みを聞いて作ることが多いんで・・・としばらく悩まれた後で、こういうのはありますね、と出てきたのが、ブランデーベースカクテル"ビトウィーンザシーツ"のベースをカルバドスに変えたもの。
さっぱりと爽やかで、元々の意味である"ベットに入る"というよりは、起き抜けのさわやかな朝のような味わい。レシピとしては正式にあるかもしれませんが、名前は知りませんとのことなので、アンブロシアではさながら"モーニングシーツ"でしょうか(笑)
 
このBARの持ち味は、最初に書いたように良い雰囲気の中でお酒を気軽に楽しめるところ。
肩肘張らないっていうんですかね、初めて来られた方でも、マスターとお店の雰囲気に押されて落ち着かないような感覚は覚えないと思います。
また、ただライトなだけではなく、例えばカウンターにピートが用意してあってピート香の体験ができたり、ポートワイン樽から樽出しを飲める等、一歩踏み込んだ楽しみ方もできるお店です。
年明けからはもう一人スタッフが厨房に入られるということで、フード等でより充実したサービスが受けられそうです。
まだ1周年で発展途上という印象もありますが、これから益々お店を成熟させていくのだと思います。
今後ともよろしくお願いします。


BAR Ambrosia
東京都豊島区池袋2-53-10 第10松本ビル 7F
TEL:03-6914-3922
営業時間:19:00~翌4:00
定休日:日曜日
 

このページのトップヘ

見出し画像
×