カテゴリ

カテゴリ:グレングラント

グレングラント 10年 1970年代流通 43% スクウェアボトル

カテゴリ:
IMG_3320
GLENGRANT
Aged 10 Years
1970's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@マッスルK氏)
時期:開封後3ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(6-7)

香り:乾いた牧草、ローストしたような香ばしさ、ほろ苦い香り立ち。どこか田舎っぽさを感じさせるアロマ。時間経過でシトラスや白葡萄、洋梨などの爽やかな要素も感じられる。

味:ややドライだが、柔らかくもボディをしっかり感じる口当たり。グレープフルーツの綿を思わせるほろ苦さと柑橘系のニュアンス。白葡萄、後から乾いた植物感、粘土のような土っぽさが麦芽風味とあわせて開いてくる。
余韻は軽くスパイシー、トーストの香ばしさ、ほろ苦くビターな麦芽風味とあわせて長く続く。

少量加水すると、土っぽさと麦芽やオークの華やかな香味が開く。特に麦芽由来のバニラや粥っぽい甘さが香味の厚みに繋がり、加水してなお飲みごたえが持続する。現行品も良く出来ているが、この厚みのある味わいと独特な麦芽風味はこの当時ならでは。


グレングラントのオールドボトルと言えば個人的にはこの角瓶です。ラベルデザインは先日ストラスアイラの記事でも触れたGM蒸留所ラベルを参考にしたデザインが採用されており、最近飲み始めた方でも見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。

ラインナップは。。。5年、8年、10年、12年、20年など短熟から長熟まで色々あり、半端な熟成年数や限定品を含めると本当に色々ありすぎて不明(笑)。
5年などの短熟はトールボトルでもリリースされ、1970年代から日本にも一部輸入されていますが、やはり流通の大元は海外。特にこのグレングラントはイタリアで高い人気があったことから、同国周りの流通品が現在もオークション等で数多く見られます。
(同時期流通、プラスクリューキャップの20年、21年。スコッチオデッセイによると、20年は当時シェリー樽の最高傑作との評価を受けていたという。)

このグレングラントの角瓶は先に書いたように本当に様々なラインナップがあるだけでなく、スタンダード品は同年数でもロット違いでだいぶ味にバラツキがある印象。
まるで人の手作りの体温を感じるような、おおらかな当時を象徴する作りですが、それでも大体のボトルで外れがなく、旨いから良いだろ?細かいことは気にするな、という味わいが、このグラントを飲む楽しみだったりします。

それこそ、今回テイスティングしたボトルも、以前飲んだものと比べて。。。だったり(笑)。
このボトルはウイスキー仲間のマッスルKさんが「良いグラントの当たった」と送って下さったモノ。
グラントの味わいとダブルで暖かさを感じる夜のひとときでした。

グレングラント 18年 1998-2016 カスクストレングス 蒸留所限定

カテゴリ:

GLENGRANT
Distillery Edition
Cask Strength
Aged 18 Years
Dsitilled 1998
Bottled 2016
Cask type Bourbon #23113
500ml 58.6%

グラス:テイスティンググラス(名称不明)
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1週間以内
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかな香り立ち。上等なバーボンを思わせるメローなウッディネス。アプリコットジャム、パイナップル、蜂蜜、強くオーキーでほのかに乾いた木材のえぐみもあるが、全体は綺麗にまとまっている。

味:オークフレーバー主体だが嫌味なところが少なく、ねっとりとしてリッチな口当たり。蜂蜜、オレンジママレード、濃縮したオーク。余韻は華やか、メローな甘みを伴いつつウッディでドライ、舌先にスパイスの刺激も感じる。 


グレングラントの蒸留所限定リリース。
500mlで近年蒸留というスペックのためか、ワリと普通に買えてしまうボトルのようですが、その香味は華やかで濃縮したオーキーさが楽しめるグットボトルです。

恐らく長期間天日干しにされた後で、上質なバーボンを長熟させた樽が使われているのではないでしょうか。
オークフレーバーにありがちなドライで刺々しい刺激が控えめで、バーボンそのものなメローな香味も混じる、剛速球的な濃い樽感。欲を言えば酒質由来の部分がもう少し強くても、とは思いましたが、その分はっきりわかりやすい旨さが魅力とも感じました。
一緒に飲んでいたテイスターの某氏がこれなら100本欲しいと感動していましたが、確かにこれで普通に買えるなら自宅にあっても良いですね。

さて、グレングラントですがオフィシャル通常ラインナップの最長熟成年数は16年です。
16年はここまで樽感は強くないものの、やはりオーキーで華やかな香味が感じられ、値段を考えても十分オススメできるボトル。その香味のキーとなる部分を、今回のボトルに感じた気がします。

ただ、この16年の国内入荷が無くなり、いよいよ終売へと動いているという話です。
蒸留所限定ボトルは早々買えるものでもありませんし、10年は少々若すぎる。
これくらいのクオリティを出してくれる後継品があるなら、文句なしなんですが。。。

グレングラント 30年 1972-2000 BBR 46%

カテゴリ:

GLEN GRANT
BERRYS’ OWN SELECTION
Years 30 Old
Distilled 1972 or 1973
Bottled 2003
Cask type Sherry #8239
46% 700ml

グラス:シュピゲラウ グランドテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅
時期:開封後半年程度
暫定評価:★★★★★★★★(8)

香り:酸味と果実味のあるリッチなシェリー香。ベリーや枝付きレーズン、ほのかに黄桃を含む色濃いフルーティーさ、柔らかいタンニン、若干のラッカー香が経年を感じさせる。 

味:スムーズでリッチな口当たり。シェリーの濃さとフルーティーな香味はカラメルソース、リンゴのカラメル煮、レーズンチョコレート。徐々に黒葡萄を皮ごと食べたような苦味が口の中に染み込んでいく。
余韻はドライで渋みとほのかな土っぽさに、オールドシェリーの濃厚な甘みが長く残る。 

BBRは1960年代、や1970年代初頭を中心に、さすがワイン商と思わせるシェリーカスクをリリースすることが多いのですが、このグラントもベリー感の漂う素晴らしいシェリー感で、余韻がただ渋くドライなだけで終わらない、甘美な甘味の戻りを感じる、実に充実の1杯でした。これですよ、こういうシェリー感が欲しいんですよ。

蒸留時期は記載が無いので不明ですが、逆算して1972か1973であることは言うまでもなく。グレングラントと言えば一時期当たり年として1972が多くリリースされましたが、これは72だから良いわけでもなく、グラントは全体的にこのあたりのビンテージまで安定して旨いんですよね。
バーボン樽でもシェリー樽でも輝く、本当に素晴らしい蒸留所です。


余談。
最近持寄り会の際に、ボトルをグラスの中で少量ずつバッティングして即興ブレンドを作ることが多いのですが、今回は自分が持ち込んだリンクウッド1973に、ベンリアック1975、そしてこのグレングラント30年を加えた3種バッティングが素晴らしい味わいで感動してしまいました。

先日記事にしたロングモーン1964バージョンも作ったのですが、グラントのほうがシェリー感のフルーティーさが良い方向に作用しており、完成度は上。
なんとも贅沢な遊びですが、これもまた持ち寄り会の楽しみ方ってことで。。。いやー良い夜でした。

グレングラント40年 1970年蒸留 2010年ボトリング インプレッシブカスク

カテゴリ:
GLENGRANT
Impressive Cask
Aged 40 Years
Distilled 1970
Bottled 2010
46.1% 700ml

グラス:創吉テイスティンググラス
量:所有ボトル
場所:自宅
時期:開栓後2年程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:熟成感のあるエステリーで華やかなオーク香、蜂蜜、ホットケーキ、ナッツ、そして甘酸っぱく充実したフルーティーさ。
杏、熟したパイナップル、煮た林檎、黄桃の缶詰、微かなシナモンスパイス。徐々に麦芽を思わせる香りもあり、実に充実している。

味:粘性もあるリッチな口当たり。蜂蜜、麦芽、洋梨や杏ジャムを思わせる濃い甘みのフルーティーさと紅茶の風味、ナッツの香ばしさもある。
余韻にかけてはオーキーでドライ、ウッディーな苦味にトロピカルな戻りも感じる華やかで長いフィニッシュ。


ウイスクイーが展開しているボトラーズブランドのインプレッシブカスク、その最上級グレードとしてリリースされたプラチナシリーズです。1970年蒸留で40年熟成、第一弾のグレンリベットに続いて2010年末ごろにリリースされたボトルになります。
久々に飲んでみましたがやはり旨い。長期熟成で相応に樽感は強いものの、46%まで落ちながら厚みのあるボディでギリギリバランスが取れています。
旨みの濃い濃厚な味わい、香りも華やかかつリッチなフルーティーさで、個性という点では「スペイサイドの長期熟成のひとつ」という包括的な到達点にたどり着いてしまっていますが、こういうウイスキーこそボトラーズリリースの醍醐味だったよなと、懐かしくもあります。
 
思い返すと、グレングラントはボトラーズリリースを支えた偉大な蒸留所の一つと言えます。主要なボトラーズからは1960年代、70年代のリリースが大量にあり、シェリー系にしろバーボン系にしろ、それがほぼ間違いなく旨かった。冷静に考えるとこれって凄いことです。
最近のボトルではオフィシャルの16年が中々良い出来であるものの、その差はいかんともしがたく。当分はストックボトルのお世話にならざるを得ませんが、いずれまた21年、25年、長期熟成のボトルリリースが増えていくことを期待したいです。

グレングラント16年 オフィシャルボトル

カテゴリ:



GLEN GRANT
16 years old
700ml 43%
評価:★★★★★★(6)

香り:品の良いフルーティーで甘い香り立ち。砂糖をまぶしたレモンピール、洋梨、バニラ、微かに蒸かした栗の甘みも感じられる。
オーク香が充実しており、開けたては固いが徐々に良くなってくる。また少量加水しても華やかな甘さが引き立つ。

味:口当たりはスパイシーなオーク風味、バニラ、麦芽のクラッカー、微かな草っぽさとドライパイナップル。加水すると麦芽風味が強くなる。また、多少若さを感じる部分もある。
余韻はスパイシーで乾いたオーク材。ハニーブレッド、香ばしく甘い余韻。

グレングラントの国内正規ラインナップのハイエンド。
ハイエンドと言ってもラインナップがNA、10年、16年の3種類でお値段も5000円台と比較的お手頃。
これまでグレングラントはNAと10年しかラインナップとして認識しておらず、16年は最近リリースかと思ったら2013年の国内流通開始だったんですね。時代の流れに取り残されていました(汗)。 

一言でオーク系のフレーバー主体で華やかな味わい。最近のリリースの基本の一つという印象です。
家のみでストレート、ハイボールとも楽しめるようなコスパの良い1本になっています。
冬場は寒さで硬さが感じられるかもしれませんが、時間経過で開いて来ればさらに楽しめると思います。 

こうしたオークフレーバー主体の香味は、特にボトラーズに多い最近のトレンドの一つです。 この価格帯でこの仕上がりにまとめてくるのは流石だと感じました。 原酒が豊富で大量生産出来るオフィシャルだからこそ、ますますオフィシャル回帰の流れを感じますね。
飲み始めたばかりの人には基本となる1本になるでしょうし、コアファンであっても下手に短熟ボトラーズに手を出すなら断然この1本をオススメします。

このページのトップヘ

見出し画像
×