カテゴリ

カテゴリ:グレングラント

グレングラント 12年 ノンチルフィルタード 48% 免税向け

カテゴリ:
GLENGRANT 
Aged 12 years
Non Chill-Filtered
Travel Exclusive
1000ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとした刺激を伴う華やかなオーク香。乾いたウッディなアロマが主体だが、洋梨、バニラウェハースなどの甘みもある。

味:ドライでオーキー、軽やかな刺激を伴う口当たり。乾いた木材に若干の溶剤っぽさ、淡くドライパイナップル、バニラの甘み。
余韻はウッディでドライ、無糖シリアルのほろ苦さと香ばしさを伴う長い余韻。

バーボン樽を思わせるオークフレーバーが主体。ストレートではウッディーな刺激が強く感じられるが、加水すると柑橘系の爽やかさ、林檎、麦芽風味も開いてバランスが良くなる。
ハイボールでは適度なコクを残しつつ、爽やかな木のアロマが鼻腔に抜けていく、夏向けの1本。


昨年末にリニューアルしたグレングラント12年。国内に展開されている通常販売品は40%加水品でしたが、免税店向けで展開されたリリースは48%のノンチルフィルタードで、ウイスキー好きがグッとくるスペック。加えて価格もリッターボトルで7000〜8000円程と、700ml換算で通常品と大差なく、手を出しやすい設定なのも魅力的です。

だったら高度数でノンチル仕様の12年の方が買いじゃないか(アサヒビールは40%だけ正規輸入して何やってるんだ)と思うのですが、ストレートでそのまま飲む分には果実味はどちらも同じくらい。逆にバランスは40%加水品の方が整っており、飲み進めやすい印象を受けました。
今回テイスティングしたノンチル品は樽由来の要素は強いのですが、その分木材由来のえぐみや苦味も強く、まだ調整の余地が残されている印象。ターゲットをどこに置くかで考えて作られてるんだなと、それぞれのボトルに見るところがあったのは興味深かったですね。
(40%加水、国内正規品のグレングラント12年。華やかでフルーティー、バランスの良い仕上がり。)

以上のように、近年リリースの中では整ってよくできたボトルですが、辛口なことを書くとグレンリベットにしてもグレングラントにしても、あるいはロングモーンにしても近年のスペイサイドモルトに感じるのが酒質の軽さ。ライトでスパイシー、チクチクとしたエッジの鋭い刺激は3回蒸留のモルトのようでもあります。
そこに今回のようなバーボン樽主体のオークフレーバーが出てくると、樽の味が主体になってしまうのが傾向として感じます。

では昔からこういうキャラクターだったかというと、けっしてそんなことはなく。昔はもっと野暮ったく、ピートの効いた個性の感じられるスタイルでした。
時代とともに変わっていくハウススタイル、いい部分も物足りない部分もあります。洗練されたキャラクターが今後どの方向に向かうのか、今の時代を楽しみつつ、先に起こりうる変化も楽しみにしたいと思います。

グレングラント 1964 ロンバートコレクション ゴルフシリーズ No,39 46%

カテゴリ:
GLENGRANT
The Lombard Collection No,39
Distilled 1964
(Bottled 1989)
(Aged 25 Years)
Cask No,23_30
750ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:濃い甘みを感じる香り立ち。少し絵の具っぽさがあるが、枝付きレーズンとチョコレート、時間経過でほのかに黒土っぽさと濃く入れた紅茶を思わせるウッディーな渋みもあり、非常にリッチ。

味:甘酸っぱくリッチな口当たり。レーズン、黒蜜、熟したプラムのようなフルーティーさも感じられる。ボディはミディアム、ふくよかで甘いアロマが鼻腔に届く。
余韻にかけては軽くスパイシーでアーシー。ビターチョコレートを思わせる苦味が染み込むように残り、長く続く。

シェリーの系統はGM系。色は非常に濃く、その通り濃厚な味わいだが、加水が効いて際どいところでバランスが整っている。複数樽バッティングであることも憎い仕様、是非ストレートで楽しみたい。

ジュエルオブスコットランドなどでおなじみ、ロンバート社がかつてリリースしていた通称ゴルフ、こと"ゴルフ界の偉人ラベル"。
このシリーズ最大の特徴はソサイエティのように蒸留所の記載がなく、独自のナンバリングによって整理されているところにあります。(蒸留所の分類はボトルに付属する小地図に記載されています。)

ただ、全蒸留所をリリースにするほど原酒が確保できなかったのか、あるいは加水バッティングで量は発売されたものの、人気が出ずに捌き切れなかったのか・・・このゴルフシリーズとしてはスプリングバンク、トマーティン、グレングラントなど10蒸留所に満たない少数をリリースし、あとはナンバリングすらないシングルモルトの12年ものなどに止まって終売となってしまったようです。

このボトル、社会人になってウイスキーの道に本格的に入ったころ、通っていたBARの1件で「この辺飲んでおいたほうがいいですよ」と勧められてテイスティング、わけもわからず美味いと感じたのが最初。
その後、今から4年ほど前、どこから出土したのかオークションに12本セットが大量に出品され、仲間と共同で購入して自宅で開封したのが2度目。
妻もお気に入りでちびちび飲んでいましたが、そのボトルがこの度、天に還って行きました。最後は残ったのを全部注いだら、入れすぎちゃいました(笑)。

熟成年数やボトリング年数がボトルに記載されていませんが、同じボトルで「特級表記」のあるものがあり、とすると、1989年前後のボトリングと推察、熟成年数は25年程度のようです。
1964蒸留で1989年詰のボトルなど、今の市場状況では極めてレア。プレミア価格でなら現在も購入することはできるようですが、出来ることなら4年前の自分に「ボーナス払いにしてでもケースで買っておけ」と声を大にして言いたいです。

グレングラント 12年 43% 2016年ニューリリース

カテゴリ:
GLENGRANT
Aged 12 Years
2016's
43% 700ml

グラス:国際規格テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(LIVET@新宿三丁目)
時期:開封2ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでドライな香り立ち。奥行きはあまり感じない。ナッティーな軽い香ばしさにオーキーな樽香主体。ドライアップル、バニラ、微かにハーブを思わせる爽やかさも感じる。

味:香り同様にドライでオーキーな口当たり。ややピリピリとした刺激を伴う。ボディは軽く、ドライパイナップル、皮剥きアーモンド、乾いた麦芽、洋梨の甘みも開いてくる。
余韻はドライで華やか。ほのかにウッディな渋みを伴う。

ドライでライト、近年のスペイサイドモルトを象徴するようなボトル。加水すると飲みごたえは落ちるが麦芽風味と華やかなオークフレーバーが際立つ。ロック、ハイボールなどの使い勝手も悪くない。


昨年行われた、グレングラントのラインナップリニューアルでリリースされた1本。
それまではNA、10年、16年だったラインナップで16年が終売、12年、18年が新たに追加され、ラベルもおじさん2人が樽を囲んで飲み交す歴史あるデザインから、洗練されて都会的なものに一新しました。
国内流通では在庫の関係かNAと10年が旧ラベルですが、公式には統一して変更されています。


(グレングラント16年旧ボトル。終売になってしまったが使い勝手の良いオフィシャルボトルだった。)

そうして新しくリリースされた12年は、価格的には旧16年と同レンジ。年数と価格は関係無いと思いつつも、表記が4年下がって同価格は少々残念感が。。。
まして16年がスペイサイドモルトらしい華やかさ、ドライフルーツや麦芽の香味と価格以上に満足感のあるコスパの高い1本だったため尚更です。
そのためニューリリースはダブルパンチで見劣りしてしまうかも。。。と若干警戒していたわけですが、昨年の試飲会で飲んでビックリ。ボディは軽くなったものの樽由来の華やかな香味がわかりやすく、ボトルデザイン同様味わいも洗練された感じがあります。これはこれで悪くないと思える出来なのです。

昨年新しくリリースされたスペイサイドモルトのスタンダード品の中でも印象に残った1本で、昨年末の更新でも取り上げています。
なお、残る18年は現時点で日本に入ってきておらず、アサヒが入れるか平行が先かという状況。ウイスキーバイブル始め海外評価は高いようで、どんな系統に仕上がっているかが楽しみです。

グレングラント 10年 1970年代流通 43% スクウェアボトル

カテゴリ:
IMG_3320
GLENGRANT
Aged 10 Years
1970's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@マッスルK氏)
時期:開封後3ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(6-7)

香り:乾いた牧草、ローストしたような香ばしさ、ほろ苦い香り立ち。どこか田舎っぽさを感じさせるアロマ。時間経過でシトラスや白葡萄、洋梨などの爽やかな要素も感じられる。

味:ややドライだが、柔らかくもボディをしっかり感じる口当たり。グレープフルーツの綿を思わせるほろ苦さと柑橘系のニュアンス。白葡萄、後から乾いた植物感、粘土のような土っぽさが麦芽風味とあわせて開いてくる。
余韻は軽くスパイシー、トーストの香ばしさ、ほろ苦くビターな麦芽風味とあわせて長く続く。

少量加水すると、土っぽさと麦芽やオークの華やかな香味が開く。特に麦芽由来のバニラや粥っぽい甘さが香味の厚みに繋がり、加水してなお飲みごたえが持続する。現行品も良く出来ているが、この厚みのある味わいと独特な麦芽風味はこの当時ならでは。


グレングラントのオールドボトルと言えば個人的にはこの角瓶です。ラベルデザインは先日ストラスアイラの記事でも触れたGM蒸留所ラベルを参考にしたデザインが採用されており、最近飲み始めた方でも見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。

ラインナップは。。。5年、8年、10年、12年、20年など短熟から長熟まで色々あり、半端な熟成年数や限定品を含めると本当に色々ありすぎて不明(笑)。
5年などの短熟はトールボトルでもリリースされ、1970年代から日本にも一部輸入されていますが、やはり流通の大元は海外。特にこのグレングラントはイタリアで高い人気があったことから、同国周りの流通品が現在もオークション等で数多く見られます。
(同時期流通、プラスクリューキャップの20年、21年。スコッチオデッセイによると、20年は当時シェリー樽の最高傑作との評価を受けていたという。)

このグレングラントの角瓶は先に書いたように本当に様々なラインナップがあるだけでなく、スタンダード品は同年数でもロット違いでだいぶ味にバラツキがある印象。
まるで人の手作りの体温を感じるような、おおらかな当時を象徴する作りですが、それでも大体のボトルで外れがなく、旨いから良いだろ?細かいことは気にするな、という味わいが、このグラントを飲む楽しみだったりします。

それこそ、今回テイスティングしたボトルも、以前飲んだものと比べて。。。だったり(笑)。
このボトルはウイスキー仲間のマッスルKさんが「良いグラントの当たった」と送って下さったモノ。
グラントの味わいとダブルで暖かさを感じる夜のひとときでした。

グレングラント 18年 1998-2016 カスクストレングス 蒸留所限定

カテゴリ:

GLENGRANT
Distillery Edition
Cask Strength
Aged 18 Years
Dsitilled 1998
Bottled 2016
Cask type Bourbon #23113
500ml 58.6%

グラス:テイスティンググラス(名称不明)
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1週間以内
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかな香り立ち。上等なバーボンを思わせるメローなウッディネス。アプリコットジャム、パイナップル、蜂蜜、強くオーキーでほのかに乾いた木材のえぐみもあるが、全体は綺麗にまとまっている。

味:オークフレーバー主体だが嫌味なところが少なく、ねっとりとしてリッチな口当たり。蜂蜜、オレンジママレード、濃縮したオーク。余韻は華やか、メローな甘みを伴いつつウッディでドライ、舌先にスパイスの刺激も感じる。 


グレングラントの蒸留所限定リリース。
500mlで近年蒸留というスペックのためか、ワリと普通に買えてしまうボトルのようですが、その香味は華やかで濃縮したオーキーさが楽しめるグットボトルです。

恐らく長期間天日干しにされた後で、上質なバーボンを長熟させた樽が使われているのではないでしょうか。
オークフレーバーにありがちなドライで刺々しい刺激が控えめで、バーボンそのものなメローな香味も混じる、剛速球的な濃い樽感。欲を言えば酒質由来の部分がもう少し強くても、とは思いましたが、その分はっきりわかりやすい旨さが魅力とも感じました。
一緒に飲んでいたテイスターの某氏がこれなら100本欲しいと感動していましたが、確かにこれで普通に買えるなら自宅にあっても良いですね。

さて、グレングラントですがオフィシャル通常ラインナップの最長熟成年数は16年です。
16年はここまで樽感は強くないものの、やはりオーキーで華やかな香味が感じられ、値段を考えても十分オススメできるボトル。その香味のキーとなる部分を、今回のボトルに感じた気がします。

ただ、この16年の国内入荷が無くなり、いよいよ終売へと動いているという話です。
蒸留所限定ボトルは早々買えるものでもありませんし、10年は少々若すぎる。
これくらいのクオリティを出してくれる後継品があるなら、文句なしなんですが。。。

このページのトップヘ

見出し画像
×