カテゴリ

カテゴリ:イチローズモルト

イチローズモルト 秩父 6年 2011-2017 ウイスキートーク福岡2017 59.5%

カテゴリ:
IMG_5384
ICHIRO'S MALT
CHICHIBU
Whisky Talk Fukuoka 2017
Distilled 2011
Bottled 2017
Cask(1st) Bourbon Barrel
Cask(2nd) Bear Barrel
59.5% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅
時期:開封後1週間以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎたてはバタークッキーのような甘いアロマが一瞬あるが、すぐにシトラスやレモンピール、あるいはグレープフルーツなどの柑橘類や、微かにハーブを思わせる爽やかなアロマ。ほろ苦いビール、乾いた麦芽香も開いてくる。

味:とろりとした口当たり、最初から柑橘やホップのIPA系の柑橘の香気やほろ苦い味わいが主体。そこにモルティーな香ばしさ、ピリピリとしたハイプルーフらしい刺激。ビールを思わせる香りが鼻に抜ける。
余韻はビターでグレープフルーツ、ホップの苦味が長く残る。微かにオークの華やかさも。

香味はビール感強く主体的。バーボンとビア樽、使われた樽同士が自然な感じに交じり合っている。若さゆえ荒い部分はあるが、嫌味な要素は少ない。
加水すると樽由来の個性がボケる印象。度数ほどの強さは感じないのでチェイサー片手にストレートで。

IMG_5385

今年の6月に開催された、ウイスキートーク福岡2017の記念ボトル。月と失われゆく動物#7 ツキノワグマ。
このシリーズは、環境省が定める「レッドリスト」に掲載されている、九州地方において絶滅の恐れがある動物をラベルにしたもので、リリースと共に欠けていく背景の月も特徴の一つ。
イベント関係者であるクラブバッカスの皆様により原酒の選定が行われた後、イベント当日購入希望が受け付けられ、10月に抽選、当選者への配送が行われたばかり。リリースされたてホヤホヤの1本です。
(博多のBAR Kitchen にて。月と失われゆく動物シリーズ#2〜6。徐々に月が欠けてきており、今作ツキノワグマの背景は"新月"。全てイチローズモルトの所有するカスクからリリースされている。)

今回使われたビア樽は志賀高原ビールのIPA樽。味わいはビール感6〜7:モルト感3〜4という程度で、柑橘系の爽やかさと苦味を連想させるIPA感が、過剰にならない範囲でしっかりと備わっており、ウイスキーらしいモルティーな味わいと共にバランスは良好です。
個人的な好みの話ですが、秩父のモルトのいくつかに感じられる余韻の苦手な要素が綺麗にマスクされているのもポイント。上述のバランスと合わせて、今までリリースされてきたIPA樽3作の中で、一番良い出来なのではないかとも感じています。
(ちなみに、先日リリースされたIPAカスクフィニッシュ2017の樽感とモルト感は5:5くらい。)

このウイスキーが持つIPA樽由来の爽やかさは、真夏よりもちょうど今の時期のような過ごしやすくなってきた気候の中で、昼間から飲むにはピッタリです。
IPA樽についてはその独特な香味ゆえに好みがはっきり分かれたり、まだまだイロモノ的な見方があるのも事実ですが、だからこそクラフトディスティラリーのように尖ったリリースが求められるメーカーがチャレンジする価値のあるジャンルの一つと感じます。

秩父にあっては今はまだベースとなる原酒の荒さ、若さがありますが、これが10年くらいの熟成を経た後でフィニッシュされたウイスキーの味わいはどうなるか。
創業初期の数年間と比較して味わいに厚みがで始めた、2012年以降の原酒が育っていく今後に期待したいところです。

イチローズモルト 秩父 IPAカスクフィニッシュ 2017 57.5%

カテゴリ:
ICHIRO'S MALT
CHICHIBU
IPA CASK FINISH 2017
Bottle #2298/6700
700ml 57.5%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@ナデューラ
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:クリアで爽やかな香り立ち。ホップ、レモンピール、パイナップル、柑橘と独特のエール感を伴うアロマ、焦げたウッディネスにツンとした酸味のある麦芽香。

味:粘性のある口当たり。ホップ系のグレープフルーツやオレンジの香気、薄めた蜂蜜。ボディはクリアなモルト感。
余韻はスパイシーでドライ、焼酎っぽい癖やえぐみと、バチバチとした刺激を伴う。

爽やかでフレッシュなIPA樽由来の香味と、クリアでツンとした秩父らしい酒質。樽感と酒質は比較的バランスのとれた構成。加水するとIPA感が和らぎ。。。しかし若い原酒らしくえぐみ、焼酎のようなフレーバーも強くなってしまう。

様々な樽での熟成やフィニッシュで、クラフトならではのチャレンジングなリリースを手がけているイチローズモルト。今回のテイスティングアイテムもまた、あまり例のないIPAカスク、即ちエールビールのIPAの熟成に使った樽での追熟を行なった意欲作です。

イチローズモルトでは志賀高原と箕面に秩父モルト熟成後の樽を貸し出しており、両醸造所でエールビール(IPA)の熟成に使われたものが今回の原酒のフィニッシュに使われています。ビールの方まで追えてなかったのでスルーしてましたが、結構いろんなリリースが出ているんですね。おおよそですが志賀高原では半年以上、箕面では12ヶ月ほど熟成に使ったものを秩父に返しているようです。
ウイスキーとビール熟成を交互に繰り返す、他のジャンルには見られない樽のループです。
(補足:近年ではウイスキー樽熟成のワインやグラッパがあるので、同じようなループで作られたリリースが今後は出てくるかもしれません。)

秩父でのIPAカスクフィニッシュは、昨年成田空港の免税店向けとしてリリースされたのを皮切りに、今年に入ってe-powerから6年モノのリリースがあり、これで3作目でしょうか。
これまではシングルカスクでしたが、今回はシングルモルト。10樽以上のバッティングということもあり、これまでの2作の突き抜けるようなIPA感ではなく、バランス寄りでコクと丸みを帯びたバッティングらしいフレーバーになっています。
秩父系のニュアンスも残っている、バランスのとれたタイプですね。

エールとしてのIPAは完全に好みが分かれる味わいであるため、カスクフィニッシュも同様。自分はこてこてIPA大好きなので免税向けの方がヒットですが、人によっては異なりそうです。
聞いた話では、今回のカスク選定からブレンドは肥土伊知郎氏自身で行なったとのこと。免税向けについては「あれは自分の選定した樽じゃない」と、納得いくのは今回のリリースということでしょうか。
ウイスキートーク福岡のボトルもIPAフィニッシュらしいので、次のリリースも楽しみです。

イチローズモルト 秩父 6年 2011-2017 マディラカスク 61.3% 信濃屋 GAME

カテゴリ:
IMG_5332
ICHIRO'S MALT
"THE CAME"
Distilled at CHICHIBU
Distilled 2011
Bottled 2017
Cask type Madera hogshead #1370
700ml 61.3%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
量:ハーフショット
場所:BAR飲み@ナデューラ
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:濃厚で露骨なベリー感漂う香り立ち。黒蜜、柘榴、ドライクランベリー。湿ったウッディネス、微かに薬草リキュールのような甘みとハーブ香。

味:粘性があり濃厚な当たり。レーズン、イチジクの甘露煮、香りで感じたよりも薬草感が強く広がる。飲み口でアルコール感は度数ほど強くないが、余韻にかけて口内を刺激する。
余韻はパワフルでドライ、ポートのような甘みとウッディなほろ苦さが長く続く。

「露骨」という表現がしっくりくるような果実香。個人的にはネガティブな意味ではないが、薬草のようなニュアンスと合わせて好みを分けるかもしれない。
特筆すべきは、それに長期熟成シェリー樽由来のベリー系の香味に共通する要素が備わっている点。荒削りな部分もあり完璧ではないが、カスク選定に関わった方々の狙いが伝わってくるようでもある。加水せず、ストレートで楽しみたい。


信濃屋がプライベートボトルリリース10周年を記念して、昨年末から展開しているアニバーサリーラインナップの第5弾。今回は同社のオリジナルラインナップGAMEから、マディラワインカスクで熟成させた秩父。
兼ねてから信濃屋はGAMEシリーズとしてイチローズモルト(羽生)のリリースを行ってきたところ。今回のボトルはその繋がりを活かした、スペシャルな1樽をチョイスしてきたと思います。

というのも、このボトルの最大のポイントはテイスティングでも触れた、シェリー樽熟成ウイスキーのごく一部に備わる果実香。2010年ごろからウイスキーを飲まれていた方は、グレンドロナックやグレンファークラスなどで熟して艶がかったベリーのような香味を「ランシオ」として話題になったのは記憶されているかと思いますが、今回のボトルはそれに通じるニュアンスが備わっているのです。

勿論、短熟ゆえに随所に荒さはあるものの、もし自分がカスク選定をして秩父でこのサンプルに当たったなら、声をあげて驚いていたでしょう。
熟成に使われた樽でマディラワインといえば、先日グレンモーレンジから同カスクフィニッシュのバカルタがリリースされましたが、その香味と今回のボトルは別物です。
マディラワインカスクは最後に白葡萄か黒葡萄か、どちらのワインを入れたかで香味が変わるとのこと。これは黒の方だったのか、ワイン側の熟成期間違いか。。。実に興味深い要素です。


自分の好みを言えば、秩父のバーボン樽など短熟のボトルの多くには、口当たりはパッと華やかなのですが、余韻に若さゆえのえぐみ、未熟感に通じる感覚があり、飲み続けるうちにそれらが蓄積していくのが苦手な要素だったりします。
作り手側は創業時から様々な工夫をされていて、当時からだいぶ作り方も変わったそうですが、10年未満はまだ短熟、熟成しきれてない要素はどうしても残るものです。

他方、全てのボトルがそうではなく、ピーテッド2016、免税向けIPA、WWAでアワードを受賞した秩父ウイスキー祭り2017などは、同様の要素があまり感じられず。今回のマディラカスクもまた濃厚な飲み口から、ともすれば重く飲み進めづらい部分もあるところ、酒質と高い度数が良い方向に作用し、余韻でもバランスが取れている印象を受けました。
正直、驚かされた1本です。香り的には★7でも良かったかな。。。と言うくらいの衝撃。今後の秩父のリリースが楽しみになりました。


余談:本ボトルをテイスティングした池袋のナデューラさんは、本日、10月4日の営業で3周年を迎えます。
当ブログを始めて少しした頃、開店して1周年を迎えたばかりの同店に立ち寄ってからもう2年ですか。月並みですが、光陰矢のごとしですね。
時間と共に全ての姿が変わっていく中で、良いBARが変わらずそこにあるのは自分が帰る場所があるようでほっとします。
これからもウイスキー愛好家の学び舎として、家に帰る前の止まり木として、細く長くお店を続けていってもらえればと思います。 

【BAR訪問記】BAR Nadurra

イチローズモルト 秩父 6年 楠田ワインカスク2017 57.5%

カテゴリ:
IMG_5218
CHICHIBU
ICHIRO'S MALT
Matured in the KUSUDA wine cask 2017
Aged 6 years
Distilled 2011
Bottled 2017
700ml 57.5% 

グラス:グレンケアン
量:ハーフショット
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:濃厚でパワフルな香り立ち。ツンとした刺激に薬草風呂のようなハーブ、植物感のある樽香、焦げた木材、ナッツ、プルーンやベリー味のキャンディを思わせる甘さ。

味:口当たりは香り同様パワフルで、とろりとした甘みからタンニンを感じつつ、強い刺激が樽由来の香味を突きやぶってくる。木苺のソース、ハーブ、濃く入れすぎた紅茶、ビリビリとしたアタック。
余韻はドライでハイトーン、ウッディなえぐみを伴い樽由来の甘みが長く続く。

濃厚なワイン樽とクリアでハイトーンな秩父原酒、どちらの特徴もしっかり感じられる1本。
このアタックの強さ、ストレートでは少々呑み疲れるが。。。
 
秩父でウイスキーを作る肥土伊知郎氏のイチローズモルトと、秩父出身の楠田浩之氏がニュージーランドで設立したワイナリー「KUSUDA WINES」が、秩父繋がりでコラボレーションしたのが、今回の楠田ワインカスクシリーズです。
2015年にはピノ・ノワール樽(ピノノワール種で仕込んだ赤ワインを熟成させていた樽)でフィニッシュしたシングルカスクが300本限定でリリースされ即完売。これは濃厚でフレッシュな味わいだったと記憶しています。
そして今回はピノ・ノワール樽、シラー樽で原酒をフィニッシュし、4樽バッティングしたシングルモルト仕様で1270本が発売されました。

お恥ずかしいながら、クスダワイナリーの製品を私は飲んだことが無いのですが、同ワイナリーはニュージーランドワイン業界のいわば超新星。国際線のファーストクラスで提供される実績、著名なワイン評論家からDRC等と同等の評価を受け、クスダのファンだと公言される出来栄えなど、ここ10年間の評価は青天井なのだとか。。。まあこの手の金賞受賞的PRはワインにあって若干眉唾的ではありますが、非常に高い評価を受けているのは間違いありません。
特に今回使われたピノ・ノワールとシラーのワインは、かねてよりクスダワイン=ピノ・ノワールとして評価が定着していた代表的品種に加え、シラー種も人気が高まっているのだそうです。

飲んでみると赤ワイン樽らしくとろりとした甘みに、ほのかな酸味、ハーブ、スパイス、ウッディなニュアンスがしっかり感じられます。ともすればベタつきがちなワイン樽フィニッシュですが、ベースの秩父らしいハイトーンな口当たりで、中和というか上書きされていくイメージ。
フィニッシュに使われたのは空樽は、クスダワインに使われる樽はフレンチオーク(新樽比率は30%)との記載がワイン側にあり、リフィルのフレンチオークであるのは間違いなさそうです。
結構しっかりウッディなので、1度使った樽で2〜3年くらい後熟しているのかもしれません。

このボトル、1270本が秩父市内のみで発売された中で、うち100本がふるさと納税の対象にもなって、結構な額の納税でしたが即完売。それもまた話題になったところ。 相変わらず凄い人気です。
楠田ワインの高品質の秘密は「クスダマジック」なる"超手をかけてワインを作る"ことなのだそうですが、それが今の評価に繋がっているわけですから、何事も日々の努力の積み重ね、そして熱意、情熱があってこそですね。
かたやイチローズモルトも様々なウイスキー作りにトライし、スタッフに熱い想いがあるのは異論を挟む余地はないところ。今回の一本は、世界にその名を知られる2ブランドの、まさに情熱のコラボと言うべき作品です。

清里フィールドバレエ 28th イチローズモルト ブレンデッドウイスキー 48%

カテゴリ:
IMG_5015
KIYOSATO FIELD BALLET
28th Anniversary
Ichiro's Malt & Garin Japanese Blended
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★★(7)

香り:熟成感を感じる重みのある香り立ち。キャラメルやチョコチップクッキー、ナッツ、杏ジャムの酸味、ハーブの爽やかさ・・・まるで熟成庫の中にいるような多層的なアロマ。時間経過でウッディネス、ハーブを思わせるニュアンスが強くなっていく。

味:とろりとコクのある口当たり、黒砂糖、キャラメリゼしたアーモンドや胡桃の甘みとほろ苦さを感じた後、ドライアプリコット、熟成梅酒、落ち着いた甘酸っぱさからじわじわとタンニンが広がっていく。樽感は強いが決してしつこくない。
余韻は柔らかくドライ、酸味を伴うウッディネスとほのかなえぐみ。滑らかに伸びていく。

クラフトウイスキーとして完成度の高いブレンデッド。熟成感は体感30年ほどだが、それを越える古酒、傾向の違う原酒が使われてバランスが取られている印象もある。羽生らしさと重厚感のある香味、余韻にかけてのまとまり、柔らかさに注目したい。
加水すると飲み口はさらに柔らかく、樽感もおだやかになってポジティブな変化が見られる一方、甘みや果実味が多少犠牲になる。チェイサー片手にストレートで楽しみたい。
IMG_5031

清里、萌木の村で毎年夏に開催されているバレエの野外公演、清里フィールドバレエ。今まさに28年目の公演が行われている最中であり、今年もその公演を記念したウイスキーがリリースされました。

記念ウイスキーのリリースは3年前の25周年から始まり、今作のブレンダーは26周年、27周年に引き続きイチローズモルトの肥土伊知郎氏。
閉鎖蒸留所である羽生蒸留所のモルト原酒と川崎蒸留所のグレーンを使ったブレンデッドウイスキーで、どちらも原酒のストックが非常に少なくなり、もうリリースできないのではないか。。。という話も囁かれる中。貴重な原酒を使ったリリースを継続しているのは、イチローズモルトと萌木の村との結びつきの強さを感じます。

今回のリリース、純粋にブレンデッドとして26周年、27周年以上によく出来ている1本だと思います。
これまでのイチローズモルトによる2作、26周年は長期熟成グレーンのバニラ系のニュアンスが強く、27周年はモルト、樽が強く出て荒々しさも残る構成。
そして今年の28周年は、長期熟成モルトとグレーンがバランス良く調和、これまでと傾向が異なり濃厚でコクがありながら、ともすればしつこくなりがちな味わいが余韻にかけて穏やかにまとまる。
観劇が終幕することへの一抹の寂しさと、後に残るウッディネスがじんじんと興奮の名残のごとく感じられるのです。

勿論、同じ★7評価の中でもこれ以上に綺麗で華やかで、そしてスムーズなブレンデッドウイスキーが他に無いわけではありません。ネガティブな要素も少なからずあります。
ただ、今回のボトルはクラフトやジャパニーズの「らしさ」を備えつつ、多層的な香味として高いレベルでまとまっている点が素直に良さとして感じられるのです。
ウイスキーは時間と環境が育てるものだということを再認識した1杯でした。

IMG_5024

この2017年、萌木の村からはこれで3本もの記念ウイスキーがリリースされたことになりました。
ポールラッシュ生誕120周年のシングルモルトとメーカーズマークがそれぞれ4月と7月に。そしてこのフィールドバレエが8月に。タイミングもあるとは言え凄いペースです。
オーナーであり企画人でもある舩木氏は「清里の奇跡」と表現していましたが、願うだけで奇跡は起きないわけで、きっと様々な苦労や調整があったのだと思います。

清里フィールドバレエ記念ボトルは、サントリーが手掛けた25周年ボトルの、美しく華やかな味わいに始まったストーリーが、中間から後半は様々な動きと伏線が絡まる重々しい内容となり、今年のそれは起承転結で言うフィニッシュ、フィナーレとしてぴったりな内容でした。
順を追うならこの後はカーテンコール・・・。来年はどういったリリースが行われるのか、今から楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×