カテゴリ

カテゴリ:イチローズモルト

イチローズモルト 秩父 8年 2009-2017 Bar テンダリー20周年記念 61.9%

カテゴリ:
CHICHIBU
ICHIRO'S MALT
MALT DREAM CASK for Bar Tenderly
Aged 8 years
Distilled 2009 Nov
Bottled 2017 Nov
Cask type Bourbon Barrel
700ml 61.9%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR Perch 萌木の村
時期:開封後3ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(5-6)

香り:ハイトーンでオーキー、乾いた木材、ハーブ、白木のような強くドライなウッディネス。バニラやココナッツの甘み、微かに柑橘のニュアンスを感じる。

味:パワフルでウッディ、荒さを伴う口当たり。ココナッツやくるみ、薄めた蜂蜜、徐々にオーキーなフレーバーが、ファイバーパイナップルや金柑のようなフルーティーさを感じさせる。余韻ではほのかなえぐみが蓄積、ヒリヒリとトーンの高いフィニッシュへと繋がる。

強い乾いた木材のニュアンスを伴う樽感と、ハイトーンで余韻にかけて独特のえぐみを伴うミディアムボディの秩父らしいモルト。バーボンオーク由来の甘みやフルーティーさはポジティブで、少量加水するとバランスが改善される。


大森の老舗BAR、テンダリーが20周年を記念してボトリングした、秩父蒸留所モルトドリームカスク(MDC)の1本です。
まずは月並みですが20周年おめでとうございます。

これまで通常のリリース含め、MDCのボトルは比較的飲んできたわけですが、バーボンバレルの秩父の味と言えば、ある程度香味の系統は伝わるであろう、色々な意味での安定感。この時期の秩父蒸留所の通常仕込み原酒のクセは、飲むほどに口の中に蓄積するような感覚があって個人的に苦手意識があります。
それは加水しても変わらないボトルが少なくないのですが。。。このボトルはその要素が多少改善されるのが、樽由来の要素と合わせてポジティブに感じられました。

こうしたニュアンスはニューメイクの段階からあるわけではないので、やはり樽と熟成環境によるところなのかと思うのですが。。。はっきりとしたことはわかりません。人によっては発酵槽由来の香味という説もあれば、違う場所で熟成した秩父原酒にその傾向が感じられなかったことがあり。。。
国内外の増え続ける需要に対応すべく、秩父蒸留所では第二蒸留所の建設が発表されたところ。もう現地では工事が始まっているようです。
秩父はまさにウイスキーの街になりつつあると感じつつ、 違いがどう出るのかが今から楽しみです。


さて、このような記念ボトルは通常そのお店で提供されるものですが、萌木の村とテンダリーの間には、バーマンが繋ぐ縁があります。
以前当ブログでBar Perchを紹介した際にも少し触れましたが、Perchのバーマンだった久保田さんが自身の新たな修行の場として飛び込まれたのがテンダリーです。

テンダリーについてはもはや私が語るのも烏滸がましい、巨匠・宮崎氏がオーナーである老舗かつ名店の一つであるわけですが、その縁がこのボトルを萌木のカウンターに運んできたわけです。(今年の4月、テンダリーの皆様が研修としてPerchに来られた時、偶々自分も萌木の村に滞在しており、大変いい雰囲気の空間を共有させてもらいました。)
萌木再訪、その繋がりを感じながらのテイスティングとなった今回の1杯。次は大森のテンダリーに脚を運んでみたいです。

秩父 8年 2008-2017 酒育の会設立記念 モルトドリームカスク 61.3%

カテゴリ:
IMG_7286
CHICHIBU
ICHIRO'S MALT
Malt Dream Cask "Syuikunokai"
Aged 8 years
Distilled 2008
Bottled 2017
Cask type Bourbon Barrel
200ml 61.3%

グラス:スピリッツスニフター
場所:BAR飲み@ナデューラ
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5※)
※ウイスキー2〜3に対し、1程度の加水で★6

香り:フレッシュでハイトーン、ナッツや乾いた木材のアロマ、メンソールやハッカのような爽やかさと奥にはアクのようなニュアンス。徐々にビスケットのような甘み、微かにドライパイナップル。豊かな樽香を感じる。

味:ややアタックは強いがコクのある口当たり。蜂蜜、オレンジピール、ナッツの甘みと香ばしさ、少しえぐみを伴う所謂秩父味。舌の上で転がすとおがくずのような木香が鼻腔に抜け、ハイトーンで刺激の強いフィニッシュが長く続く。

秩父らしさと共に樽感がしっかりと感じられる。ストレートではフレーバー同士が多少バラついてとっちらかった感はあるが、加水するとまろやかな甘さ、パイナップルを思わせるオーキーなフルーティーさが開き、香味共一体感が出て楽しめる。


"酒育の会"は2015年から活動を開始した団体。お酒の文化や楽しみ方を普及させることで、多種多様な酒類が流通する日本だからこその、より良いお酒ライフをサポートすることを目的としています。当初は有志によるグループとしての活動でしたが、一般社団法人としての活動を2016年12月からスタート。その設立記念としてリリースされたのが、このイチローズモルト・モルトドリームカスクの秩父です。
初めは会員向けに販売されましたが、その後は一般にも販売されたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

秩父のリリースは数が多すぎて全ては追えてないのですが、この酒育の会のボトルは現在一般にリリースされている秩父モルトの中で最長熟の部類に入る1本です。
また近年リリースが主流となっている2010年前後ではなく、2008年蒸留という蒸留所稼働初期のころの原酒であるのもポイント。今の秩父とは少々異なる酒質を感じる味わいが特徴です。

香味は乾いたようなホワイトオークの樽感が強く、ストレートではクリアな酒質が樽由来の要素に馴染みきれてない印象を受ける部分があります。そこに個人的に"秩父味"と感じている樽のえぐみというかハッカのような独特なスパイシーさが蓄積してクドく感じるのですが、このボトルは加水で度数を落とすと一体感が出て樽由来の要素のいい部分も引き出せるようです。
今年2月で創業10周年を迎えた秩父蒸留所。おそらく今後リリースされるであろう10年熟成は、バッティング加水とシングルカスクが2種類あるのではないかと思いますが、この酒育会向けボトルを飲むとバーボンタイプで10年熟成は酒質との兼ね合いで際どいところ。他方でバッティングであれば可能性は残るでしょうし、特に48%加水仕様に期待したいです。 

IMG_7292

さて、今回のテイスティングは池袋のBAR Nadurra(ナデューラ)さんにて。
ナデューラは当ブログでも紹介させていただいた禁煙のBAR、このGW中はちょっと懐かしいものや、今では中々飲めなくなってしまったレアなボトルを含む16種類から3種を選んでお得な価格で楽しめるフェアを開催中です。(詳細はこちらから)

日曜日は定休日なので、フェアは今日を含めて残り3日。この他にもメーカーズマークのハイボールがサービス価格。気になるボトルをこの機会にどうぞ!

イチローズモルト 秩父 7年 2010-2018 ウイスキー祭2018 59.6%

カテゴリ:
CHICHIBU
WHISKY FES
Aged 7 Years
Distilled 2010
Bottled 2017
Cask type Cream Sherry Hogshead #2633
700ml 59.6%

グラス:グレンケアン
場所:BAR飲み@エクリプスファースト
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:ドライでパワフル、強い刺激を感じる香り立ち。合わせて黒蜜、信玄餅、ダークフルーツを思わせる色の濃い甘さを感じるが、終始アタックが強い。

味:香り同様、一瞬の甘みの後にスパイシーでウッディ、強いアタックのシェリー感。黒砂糖、レーズンチョコレート、ほのかにカカオ。
後半にかけてハイトーンなウッディネス。ヒリヒリとした唇や口内の刺激、タンニン、えぐみは少なくクリアなシェリーの甘みと共に長く続く。

熟成環境と樽のサイズゆえか、樽感は程よく出ているが、角が取れた味わいとは言い難い。少量加水しても強い刺激はあまり変わらないが、甘みよりもウッディさ、渋みの方が残る。インパクトの強いハイテンションな酒。


今更説明は不要ですが、今年2月の秩父ウイスキー祭で記念ボトルとして販売された1本。
おそらくPXとオロロソをブレンドした、一般的な甘口クリームシェリーでシーズニングされた樽で熟成された秩父モルト。使われたシェリー酒由来か、甘く濃厚な香味であるものの、合わせてかなりスパイシーでパワフル、刺激も強く仕上がっています。

この樽感から考えるに、使われたホグスヘッド樽は、500リットルのシェリーカスクを組み替えて、鏡板も替えて作る350リットルサイズのシェリーホグスヘッドではなく。近年増えている250リットルで組み上げた新樽をシーズニングし、そのままウイスキーに使われるタイプのシーズニングカスクではないかと考えます。
一度バラした組み替えのホグスヘッドより樽材同士の組み合わせが良く、度数やアルコール感が下がりにくかったのでは?と感じられた訳です。


最近スコッチモルトでも、ボトラーズリリースで今回のような短熟濃厚シェリー系が増えています。自分はこうしたタイプのお酒はあまり好まないのですが、インパクトの強さ故、明確な味を評価する声もあると思います。
ちなみに、昨年同ウイスキー祭でリリースされた限定ボトル、秩父ウイスキー祭2017は、WWA2017でベストシングルカスクを受賞。秩父蒸留所の快挙へと繋がった訳ですが、そのボトルと今回のリリースは、フィノシェリーとクリームシェリーの樽の違いだけでなく、酒質も違う傾向に仕上がっているとまで感じられるのが、シングルカスクウイスキーの面白さです。

大手メーカーが加水&バッティングで安定したリリースを強みとするなら、クラフトはリリースの小回りを利かせることができるのが強みと言えます。
このように様々な樽を使い、個性の違いをより強く打ちだせるリリースを、今後も楽しみにしています。

銀河鉄道999 秩父 7年 2010-2018 小学館集英社プロダクション 61.3%

カテゴリ:
IMG_6489
CHICHIBU
GALAXY EXPRESS 999
Aged 7 years
Distilled 2010.2
Bottled 2018.1
Cask type Bourbon Barrel
Bottle No,11/118
700ml 61.3%

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:BAR飲み@GOSSE
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:クリアでツンとした刺激を感じる香り立ち。ドライでナッティ、バニラ、ファイバーパイナップル、ドライアプリコットを思わせるオーキーなフルーティーさ。

味:粘性を感じる口当たり。色の濃い蜂蜜の甘みとオーク、ナッツ、干し草を思わせるドライなウッディネス、奥には焼酎感。
余韻はドライでハイトーン、乾いた麦芽とウッディネス、ほのかにえぐみを残すフィニッシュ。

表記はないがバーボンバレルでの熟成と思われるオークフレーバー主体の香味。寒暖差のある土地での熟成らしく、約8年にして樽はだいぶ強いが、秩父蒸留所に共通するキャラクターも残っている。普通に美味しい秩父モルト。
加水すると華やかな香味が開き、ネガティヴ要素も消えてバランスが良くなる。 


最近、「大人の逸品」として、ウイスキーのリミテッドリリースを活発に行っている小学館集英社プロダクション。元々小学館には世界的なウイスキーコレクターにして、ウイスキーワールド誌でのテイスターも勤めた山岡氏が所属しており、そうした活動をしようと思えば出来る土壌はあったところ。同社からのリリースは、昨年話題になったゴルゴ13やブラックラグーンなどと人気作とのコラボリリースに加え、長熟のスペイサイドリージョンなど順調に増えており、いよいよその気になってきたのかな、という印象です。

さて、この秩父・銀河鉄道999ラベルは、同社の看板誌の一つともいえるビッグコミックの創刊50周年を記念し、同誌に掲載れていた作品をラベルとして発売されているシリーズの1本。
今回は秩父だけでなく、上記写真の通りスペイサイドリージョン名義でもう1本、スコッチモルトもリリースされていて、今年新作も公開される銀河鉄道999にかける思いが伝わってくるようです。(※銀河鉄道999の主たる連載はビッグコミックの兄弟誌のほうでしたが。)

ここで同作のファンであれば、コレクションしたいとか、味わいからストーリーを思い浮かべるとか、違った楽しみ方もあるのでしょうけれど、自分にとって銀河鉄道999はキャラクター名とストーリーの概要程度しか知らないもの。
よってそうした考察は別な方にお任せするとして、ここでは純粋に中身に関する話を中心に書いていきます。

この秩父モルトが蒸留された2010年。実はちょうど現地を見学していました。
改めて写真を見て、まだ貯蔵庫に樽がすくないなとか、肥土さん若いなぁとか、そんな懐かしさを覚えつつ、やはりウイスキーとして思い浮かぶのは酒質の違いです。

秩父蒸留所が創業した当初、産まれたのニューポットはクリアで長期熟成に耐えるとは思えない軽い酒質のウイスキーでした。
ポットスチルの形状を見る限り、ボディのある原酒が出来そうなものですが、ウイスキーづくりはポットスチルが全てではなく、原料、酵母、発酵、蒸留温度、ミドルカット。。。ポットスチル形状以外の様々な要素で仕上がりが異なることは大いにあり得るわけです。
そのため率直に言えば初期の頃の蒸留では、樽に負けてえぐみが強く出てるリリースもあると感じています。

状況が変わり始めたのはは2010年から2011年頃。こうして8年近く熟成した原酒を飲んでみると、30年とは言わないまでも10年程度の熟成に耐えうるボディとバランスを残しています。
ここに至る過程では、秩父蒸留所はクラフトウイスキーの先駆者ゆえ、前例のない様々な苦労や挑戦があった事は想像に難くありません。
銀河鉄道999の如く、イチローズモルトの終わりのない旅は一つ一つの駅(リリース)を経て、今後何処に至るのでしょうか。それを現在進行形で見ていける我々は、幸運な飲み手と言えると感じています。


イチローズモルト モルト&グレーン リミテッドエディション ワールドブレンデッド 48%

カテゴリ:
ICHIRO'S MALT
Malt & Grain
World Blended Whisky
Limited Edition
Batch 2
700ml 48%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@BAR LIVET
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:華やかでドライアップルやアプリコットを思わせるフルーティーさ、微かにハーブ、干し草、乾いた木のアロマを思わせるオーク香。時間経過でツンとした刺激、酸味も伴う。

味:粘性のある口当たり。蜂蜜のかかったクラッカーのような軽い香ばしさを伴うグレーンの甘み、ファイバーパイナップル、ドライアップルを思わせるオークフレーバー。
余韻はドライでウッディな渋み、酸味を伴う麦芽風味と若干の焼酎っぽさも感じられる。

全体的にはオークフレーバーのある内陸スコッチモルトと、グレーンの風味がメイン。特に熟成感のあるグレーンが全体を繋いでまろやかな口当たりであるが、秩父モルトの酸味と若く刺々した主張が相反する要素となって、"混ざっている感"も残る。少量加水すると各原酒に繋がりが出て、バランスがぐっと良くなる。ストレートで構成原酒の主張を楽しんだ後は、加水を試したい。


イチローズモルトがリリースしているウイスキーの中で、物量としては最も飲まれているであろうホワイトラベル"ワールドブレンデッドウイスキー"の上位グレード版が、今年に入りリリースされたリミテッドエディションです。

ワールドブレンデッドウイスキーは、イチローズモルトが自社産のモルト原酒以外に、海外から輸入したモルト原酒、グレーン原酒をブレンドして作るウイスキーです。
ホワイトラベルがリリースされたばかりの頃、輸入原酒に関して特段これという記述はありませんでしたが、数年前に「チチブ ブレンデッドウイスキー」とする表記に変わり、昨年あたりから「ワールドブレンデッドウイスキー」へと名称(説明文)が変わっていきました。

近年のウイスキー業界の流れと照らし合わせると、背景を色々イメージしてしまう時系列でもあります。
ただ、誤解のないように補足すると、そもそもイチローズモルトは蒸留所の見学時やイベントなどの商品説明で、ホワイトラベルは世界5地域で生産される原酒を用いて作られている旨の説明をされてきましたので、それがラベルに反映されたという話でもあります。


日本のウイスキーにおける輸入原酒の使用については、いかに理論的に説明しても、好き嫌いに近い本能的な要素もあって一定数から理解が得られないのは仕方ないことです。
ただ、現在世界的なウイスキーブームで多くの蒸留所が産声をあげ、原酒が作り出されている中。こうしたリリースこそ、ウイスキーづくりの技術がある日本だから出来るブレンデッドウイスキーの一つ。さながら世界の技術の粋を集めて作られる最先端製品の如く、新しい可能性に繋がる区分だと思うのです。

話が脱線してしまいましたが、今回リリースされたリミテッドエディションは、特段情報はありませんが、ノーマルなホワイトラベルに比べてしっかり熟成された原酒が使われているようで、全体的に樽香や熟成感を感じる味わいに仕上がっています。背面ラベルの記載で考えれば、輸入原酒であっても、秩父で追加熟成をしたものも含まれているかもしれません。
平均的な熟成年数は12年くらいでしょうか。香味からざっくり予想するなら、5年くらいの秩父に、10〜20年くらいのグレーン、スコッチモルトなどという構成ではないかなと感じます。

ちなみに、先日発表されたウイスキーマガジン社主催、ワールドウイスキーアワード(WWA)の日本地区審査において、限定品区分のジャパニーズブレンデッドウイスキーでは、このイチローズモルト"ワールドブレンデッドウイスキー"の日本版ともいえる、"ジャパニーズブレンデッドウイスキー"が日本地区のベストウイスキーに選出され、世界審査に進むことが発表されています。
昨年はシングルモルト部門でWWA初戴冠を果たしたイチローズモルト。2年連続の受賞となるか、結果を楽しみに待ちたいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×