カテゴリ

カテゴリ:ニッカ

ニッカ 竹鶴 ピュアモルト 17年 2000年代後半流通 43%

カテゴリ:
TAKETSURU
NIKKA WHISKY
PURE MALT
Aged 17 years
2003〜2011’s(2007’s)
700ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後数日以内
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:メローでチャーオークの焦げ感漂う、しっとりしたウッディネス。キャラメルナッツ、樹皮、古いウェアハウスのような落ち着いたニュアンスに、合わせてドライアプリコットや色の濃い蜂蜜、ピーティーさも感じられる。

味:口当たりは濃厚で、しっかりと芯のある味わい。角の取れた新樽経のウッディネス。ナッティーでメープルコーティングされたアーモンドやくるみ、林檎のカラメル煮を思わせる甘みもある。徐々にスパイシーで微かなピート、奥には黄色いフルーティーさがあり、戻りとして感じられる長いフィニッシュへと続く。

力強い酒質と、エステリーさのあるソフトな酒質が混ざり合い、やや強めの樽感の中で1本芯の通った味わいに仕上げられている。基本的には新樽系統の香味であり、ニッカウイスキーらしい好きな人にはたまらない味わい。ロックにしても悪くない。また葉巻との相性が良いのも特徴。


ウイスキー冬の時代、飲みやすさのブラックニッカクリアブレンドに対して、モルトの個性を出したリリースとして、2001年にラインナップを拡充する形で発売された竹鶴17年の2世代目に当たるボトル。
ニッカウイスキーがアサヒビール傘下となり、2003年にラベルチェンジが行われたのが、今回紹介するボトルのリリース時期にあたります。

初期の頃はコルクキャップが採用されており、途中からマイナーチェンジでスクリューキャップに変わったのか、同じラベルで2種類のキャップが存在するようです。
今回テイスティングしたボトルはスクリューキャップ版で、製造番号から2007年のものと推測。ちょうど自分が竹鶴12年でウイスキーに興味を持ったころで。。。この頃は4000円しなかったんだよなぁ。。。なんて個人的な話はさておき、当時の竹鶴は新樽やリメード樽のニュアンスが主体的で、ニッカ味ともいうべき無骨な樽感、そしてオーク由来の黄色い果実味が余韻にかけて感じられる、熟成感のある味わいが特徴です。

原酒構成を余市、宮城峡だけに限定すれば、ヘビーピートな余市ではなく、ライトピートタイプの余市と宮城峡が半々くらいか、ちょっと宮城峡が多めという感じでしょうか。加水でありながら酒質的にはしっかりと強さも残っており、飲みごたえもある1本に仕上がっています。

(竹鶴17年の現行ラベルである3世代目(左)と、今回の2世代目(右)。2011年ごろにリニューアルして切り替わっている。)

上記写真に写る、2世代目と現行品である3世代目を比較すると、ラベルチェンジ後しばらくの間は新樽に加えてシェリー樽やバーボン樽など、ニッカが所有する様々な樽で熟成させた原酒をバッティングされたような、いくつかの個性が口の中で混然と主張してくるような特徴があります。
余韻の黄色い果実味は変わりないのですが、樽同士の繋がりが薄いというか、こなれてくるまで時間がかかるだけでなく、新樽要素の代わりにニッカのシェリー樽とも言える、硫黄系のニュアンスが出てくるのも3世代目からで、明らかに原酒構成が切り替わっています。

ところが、先日2017年下半期製造ロットの竹鶴17年をテイスティングしたところ。該当するシェリー感が少なくなり、むしろ新樽的な無骨な感じが増して・・・樽構成としては2世代目への先祖返りをしている印象を受けました。
近年の原酒不足から生産量を春秋の2回に絞っていることと、シェリー樽が高騰して手に入りづらくなっていたことが影響しているのかもしれません。

それでもどちらが好みかと言われれば、やはり熟成感の強い旧ボトルが一歩リード。突き抜けて差があるわけではありませんが、経年もあってか一体感も今回テイスティングしたボトルのほうが強く感じられ、ウイスキー冬の時代の名品だよなと今更ながらに思うのです。

スーパーニッカ プレミアム 1990年代流通 43%

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
SUPER NIKKA
Premium
1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★(5)

香り:カステラと麦芽、メレンゲクッキー。柔らかい甘みの後から少しのアルコールとモルティーさ。ほろ苦くドライ。

味:穀物系の軽い香ばしさ、蜂蜜、カステラやカルメ焼き、スウィートでマイルドな甘みが中心で、ほのかな香ばしさも感じられる。
余韻はほろ苦く、樽感由来の甘みが張り付くように長く続く。

モルトとグレーンの比率は4:6程度だろうか。若干グレーンスピリッツ的な要素もあるが、主体は香ばしく強いモルティーさとこってりとした熟成グレーンの甘み、ジャパニーズらしいブレンド。加水すると微かに洋梨のような果実味が開く。


1990年にリリースされ、その後スーパーニッカ15年に移行する形でフェードアウトした、スーパーニッカの上位グレード。個人的に統一感というか高級感のあるデザインがツボで、オールドにハマりはじめの頃、3本くらい購入した記憶があります。
キャップの部分までガラスがコーティングされており、初期のスーパーニッカ・カガミクリスタルボトルを思わせるデザインがグッときちゃったのです(笑)。

もっとも、味は当時のジャパニーズの枠の中というか、特筆して複雑さがあるわけではありません。
マイルドで甘く香ばしい、そして香味にボリュームがあるという感じ。様々なフレーバーが混ざり合うスコッチとは異なる、ワインで言う新世界系のわかりやすさ。
こうした香味は、多少なり水が加わるロックや水割りで飲まれるようなスタイルを想定していたようにも感じられます。

ちなみに先に触れたように、スーパーニッカプレミアムは、2006〜2007年ごろにスーパーニッカ15年にシフトする形で市場から姿を消す訳ですが、プレミアムの方がマイルド、15年の方が樽香含めて香味のメリハリが効いていて、ブレンドの方向性の違いを感じることが出来ます。
少なくともニッカの売りと言える新樽系のニュアンスは、15年の方が感じやすい印象です。

結果、ストレートで飲むなら15年。ノスタルジーな雰囲気を感じたいならプレミアムをロックで。。。後者は思い出と共に飲みたいウイスキーかな、なんてクサいことを思うのです。

ブラックニッカ ディープブレンド エクストラスイート 46% 2018年リリース

カテゴリ:
IMG_8538
BLACK NIKKA
Deep Blend
EXTRA SWEET
Limited Bottled in 2018
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1~2日
場所:自宅
評価:★★★★★(5)(!)

香り:トーストと蜂蜜を思わせる甘く香ばしい香り立ち。ツンとした刺激が鼻腔を刺激するが、奥には淡いオーク香があり、熟成を感じさせるアクセントになっている。

味:ボリュームがあってスウィートな飲み口に、やや若さを感じる荒さ、刺激が続けて感じられる。中間はグレーン由来の蜂蜜や穀物系の甘み、徐々に程よいスモーキーさ。若干べたつく甘さが舌に残るものの、ほろ苦くドライな香味が余韻に繋がっていく。

通常のブラックニッカをスケールアップさせた上位互換と言える構成。やや荒さも感じられるが、全体的にボリュームがあり、いい意味で飲み応えに繋がっている。加水やハイボールは飲みやすくはあるものの、これといったポジティブな要素は見つけられなかった。 ロックはある一点を超えるとシャバシャバになるが、そこまでは意外に香味が持続する。
なお、開封後の時間経過で、一部のスコッチモルトを思わせるような若干ケミカルなニュアンス、モルティーさが香りに感じられるようになる。

IMG_8533

・ブレンダーズスピリット2016
・ブレンダーズスピリット2017
・クロスオーバー
・アロマティック
・エクストラシェリー
とリリースが続いてきたブラックニッカの限定品。ベースから別格で総合的にレベルの高かったブレンダーズスピリット以降は、自分の評価はどれもブラックニッカという枠の中で、目先を変えてピートやシェリー原酒の個性を際立たせる。例えるなら夏はトマト、冬はカボチャみたいな、レストランの季節限定メニューのような印象でもありました。

それはそれでテイスティングをする面白さが勿論あるのですが、流石にここまでブラックニッカ枠が続くと食傷気味になるというか、新鮮味も薄れます。 
そろそろスーパーニッカとか、ザ・ニッカとか、違う路線で限定品が来きてほしいな・・・と方向転換を期待していたのですが、予想通り再びのブラックニッカ。
だってリッチブレンド銘柄の限定品を出したんだから、残ったディープブレンドでもやりますよね。

そんなわけで今回はいつもの先行テイスティングもせず、見かけたら買おうくらいにトーンダウン。あ、46%なんだ、ニッカで珍しいねえ・・・とか、ボトルを見てやっと気づくほど(汗)。
しかしその味わいは、ここに来て本シリーズ一番の王道系、原点回帰とも言える構成。これまでの限定品のように何かに特化したわけではないし、ブレンダーズスピリットのように全てが別次元の構成というわけでもない。
いわば同じ素材のスープですが、ダシの量が2倍になってるというか、煮込み時間がずっと長いような違いと言いますか。スケール感の違いを感じる構成に、これはサンプル手に入れるべきだったかなと、ちょっと後悔しました。

ブレンドのキーになっているのは新樽で10年以上熟成された余市、宮城峡のモルト原酒とカフェグレーンとのこと。新樽はちょっと前のカラメル系の色合いのヘビーチャー新樽ではなく、バニラやオーク系のタイプで、ブレンドには若さ一辺倒じゃないコクがあります。時間経過で一部のスコッチモルト的なケミカルさは顔を出しますが、その中で余韻にかけてのピーティーさがニッカらしさに繋がっていると感じます。

これまでのリリースで言えば、ブラックニッカ復刻版にあったようなピーティーな原酒の存在感。そこに価格にしては頑張っている熟成感と、46%だからこその飲みごたえ。
ピートやシェリーと、ある意味ウイスキーエントリー層向けにわかりやすい個性を強調してきたブラックニッカ限定シリーズですが、このエクストラスウィートは往年のブラックニッカファンにこそ勧めたい。そんな1本に仕上がっている、玄人好みのリリースだと思います。

ニッカ 宮城峡 12年 フルーティー&リッチ 55%

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
MIYAGIKYO
Fruity & Rich
Aged 12 years
500ml 55%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:ややドライでスパイシーな刺激の強い香り立ち。乾いたウッディネス、蜂蜜、バニラやココナッツの甘く濃いオーク香。ドライアップルやパイナップルを思わせる果実香もある。

味:パワフルで粘性のある口当たり。リッチな果実味、林檎のコンポートやオレンジママレード、徐々にスパイシーな刺激が感じられ、強く広がる。
余韻はドライでハイトーン、ヒリヒリとした刺激と共にオーキーな果実味、ナッツを思わせる香ばしさが長く続く。

バーボンバレル系の濃厚な味わい。ジャパニーズらしく熟成年数の割に樽が強く確かにリッチ、アタックはその分加水でありながら強さが残っている。加水すると麦芽香に加え、林檎、ビスケット、ほのかなスモーキーさと共に酒質由来の香味が開いてくる。


2008年ごろにリリースが開始された、宮城峡蒸溜所限定のウイスキー。55%とカスクストレングスを思わせるハイプルーフですが、複数樽バッティングの加水調整済みシングルモルト。
特段説明の必要もないとは思いますが、このシリーズは発売当初12年のエイジング表記があったものが、現在はノンエイジに切り替わって、全体的に樽感と熟成感がライトな仕上がりとなっています。

フルーティー&リッチはそのシリーズの中でもアメリカンホワイトオークのはっきりとフルーティーな香味が強く、バーボンバレルを中心に原酒が構成されている印象。非常にはっきりとわかりやすく、好印象を持たれやすい構成ですね。
ただ同じ蒸溜所限定品として販売されていたシングルカスクリリースの15年や、マイウイスキーのシングルカスク10年も同様の樽構成である中で、ベクトルは同じではありますが、何故かバッティング加水の12年の方が少し荒さが目立つのは、違う樽の原酒も多少混じっている故かもしれません。

(シングルカスク15年、フルーティー&リッチ12年、カスクストレングス10年。多少の違いはあっても全てに同様の傾向がある。宮城峡らしさも強い。)

この宮城峡のバーボン樽熟成原酒は、少量加水、ハイボール、どう飲んでも安定して美味しいわけですが。。。一番のオススメが山でのアウトドアシーンに持ち込むこと。
清涼な空気と土や木の森の香り、水の音、ウッディでフルーティーな強い味わいが、同じようにストレートで飲むのとでは一味違う。
多くは感じられる要素との親和性で、アメリカンホワイトオークに由来するところとは思いますが、日本の同じような環境で育ったことも、少なからず影響していると考えると熟成の神秘を感じますね。


以下、余談。
ニッカといえば先日ブラックニッカ プレミアムからエクストラシェリーがリリースされ、もういい加減ブラックニッカのリミテッドリリースは最後だろうと思わせておいて、また9月に出るみたいですね。
今度はブラックニッカ・ディープブレンドの限定品で、エクストラスウィート 46%。新樽熟成の原酒を中心に、宮城峡と余市モルトの10年ものをキーモルトとしているそうです。
構成的にちょっと期待したい気持ちはあるものの、そろそろ「もう他ので良くない?」って思ってしまいます。。。

ニッカウイスキー 竹鶴 25年 ピュアモルト 43%

カテゴリ:
NIKKA WHISKY
TAKETSURU
PURE MALT
Aged 25 years
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後半年程度
場所:BAR飲み@Y's Land IAN
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:馥郁として甘酸っぱい香り立ち。キャラメルナッツ、ドライアプリコット、ウッディでリッチなアロマ。綿菓子のような甘み、香木系のニュアンスもある。時間経過でポン菓子のような麦芽香も感じられる。

味:マイルドでふくよか、ウッディだが滑らかな口当たり。杏子やピーチ、甘酸っぱくコクのある濃縮した味わい。奥にはナッツの香ばしさ。
余韻は乾いた麦芽風味、シロップのような甘み、染み込むようなピートのほろ苦さが一体となって長く続く。

濃厚でいてバランスが良く、美しく整えられたウイスキー。さながら職人の手で磨かれ、組み上げられた木工のようなウッディネス。甘酸っぱい風味は竹鶴17年以上に見られるニッカ味だが、円熟味を帯びてよりリッチに仕上がっている。構成原酒には30年クラスも使われているのではないか。。。ストレートをじっくりと楽しみたい。


実は初テイスティングとなる竹鶴25年。
日本の熟成環境におけるピークと言える熟成年数、ブレンドによる複雑さと加水によって整えられた飲み口。濃厚でありながら負担なく、それでいて充実した香木香、甘酸っぱい香味を伴うアフターテイストがもたらす確かな満足感。。。先日レビューした40年の熟成感も素晴らしかったですが、25年は全体のバランス、一体感が特筆モノ。正直、ここまでとは思っていませんでした。

これまでも何度か触れていますが、日本のウイスキーというか熟成環境は、スコットランドに比べて時に温暖で、時に寒冷で、結果酒質の成長に対して樽感が強く出るのが特徴としてあります。
そのため酒質が育ち切らず、パワフルで荒々しい状態のままボトリングの時期を迎えてしまうものがしばしば見られるわけですが、それをカバーするのがバッティング(ブレンド)であり、加水であると感じています。

上述のように酒質が育ち切るのを待つと樽が強くなりすぎるのは、あくまでシングルカスクのカスクストレングスでリリースした場合です。
それはそれで美味しいウイスキーもありますが、加水することで酒質の荒さや樽感をある程度軽減しつつ、奥行きや多彩さをバッティングで作り上げることが可能。樽感の強い日本の原酒は言い換えれば削りしろが多く、これがカンナがけで美しく整えられたようなウッディネスとなり、スコットランド的なバッテッドモルトと異なる日本独自の味わいへと繋がっていくのだと思います。

先日発表されたWWA2018で竹鶴17年が4度目のワールドベストを受賞し、21年も合わせると合計8度目の受賞と、同ジャンルにおいて圧倒的な存在感を発揮し続けている同ブランド。ブレンデッド部門では響シリーズが常連で、こちらも先人たるスコッチブランドを圧倒しています。
勿論このコンペの評価が全てではありませんが、他のバッテッドモルトウイスキーを見ても、瞬間最大風速的に素晴らしい限定品はあっても同系統の風味を持つ代替品が見当たらないんですよね。

日本が持つブレンド技術と、目指すべき方向性の一つを見るような味わい。匠の技で美しく整えられたウイスキー。
ちなみにこのウイスキーを家飲み出来たら良いなとは思うのですが、自分の場合はむしろ飲む側も少し襟を正すような、例えば美しく整ったホテルのラウンジや調度品の揃うオーセンティックな空間で味わいたい、という特別な気持ちにもさせてくれるのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×