カテゴリ

カテゴリ:フェイマスグラウス

フェイマスグラウス 1989 ビンテージモルト 12年 40%

カテゴリ:
IMG_3243
THE FAMOUSE GROUSE
Vintage Malt Whisky
(Blended Malt Whisky)
Aged 12 Years
Distilled 1989
700ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:個人宅(持参物@Fさん)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーでほのかにヒネを伴う甘い樽香、黒砂糖、カラメルソース、微かにレーズン。徐々に麦芽香が開くだけでなく、華やかなモルティーさも感じられる。

味:ゆるくまろやかな口当たり、黒糖麩菓子を思わせるような甘さと麦芽風味、徐々にビターチョコレートのほろ苦いニュアンスが感じられる。度数は低く中盤まではアタックは強く無いが、ボディは比較的しっかりとしており、フィニッシュまで香味が伸びていく。
余韻はビターで染み込むピートフレーバーに加え、麦芽やシェリー樽由来の甘みが染み込むように残る。

香味にしっかりと感じることが出来るスモーキーフレーバー、そしてオールドシェリー系の甘い樽香。度数以上に感じるボディが、このウイスキーのキーモルトがハイランドパークとマッカランであることを如実に現している。
また、飲み進める中で麦芽系の香味が開いてくるのは、タムデュー由来だろうか。 少量加水すると全体のフレーバーが馴染み、さらにバランスよく楽しむことが出来る。

IMG_3245

最近フェイマスグラウスの上位グレードに興味があり、機会があれば飲もうと思っていた同銘柄のブレンデッドモルト、ビンテージモルトウイスキーシリーズ。
このボトルは同銘柄が2000年の記念にリリースした1987ビンテージに次ぐ第2弾で、ありがたいことにウイスキー仲間主催のホームパーティでテイスティングの機会を頂きました。 

同ボトルの流通時期の2001年、2002年頃と言えば、この時期のフェイマスグラウスのキーモルトであるハイランドパーク、マッカラン、共に旧ボトルでオフィシャルが美味しいと評価されていた時期。樽の違いもあるだろうから、一概には比較できない。。。と思っていたものの、思った以上にオフィシャル系統の仕上がりで、シェリー系の樽感も楽しめます。

自分の中でイチオシのフェイマスグラウスは、不定期に発売されていたブレンデッドモルトの30年です。
長熟ハイランドパークの個性がしっかりと感じられ、実に良くできたウイスキー。機会があればもう1本手に入れたいと考えていましたが、ここにもう一つナイスなウイスキーに出会いました。 

ビンテージモルトウイスキー1989は、その30年の系譜を受け継ぎ、やや荒削りながら 構成原酒のキャラクターがしっかりと感じられるのが魅力。
欲を言えば度数が40%と低いことで、せめて46%、いや43%あったら。。。とも思いますが、家飲み用にこういうのが1本あると落ち着くんですよね。
今後は1987、1992といった同銘柄の他のビンテージも、探して飲んでみたいと思います。

フェイマスグラウス 1980年代流通 ”ウイスキー特級” 松下電器取扱い

カテゴリ:

1980年代からスコットランドで一番飲まれているウイスキーは、ジョニーでもバランタインでもなく、フェイマスグラウスだそうです。 2012年の統計ではイギリスでもトップだったとか。
フェイマスグラウスの名前の由来である、「あの有名な雷鳥のウイスキーをくれ」と注文されたことがきっかけというエピソードは1900年ごろの話。この当時はローカルで有名だったに過ぎず、フェイマスグラウスが本当の意味でフェイマスになったのは、1970年~1980年にかけて。
ハイランドディスティラリー社の傘下に入り、原酒を確保して拡販路線をとったことで、1980年代に世界で100万ケースを販売。名実共にフェイマスな雷鳥のウイスキーとなりました。
今回の一本は、その1980年代の中ごろ流通のフェイマスグラウスです。

THE FAMOUS GROUSE
FINEST SCOTCH WHISKY
1980's
43% 750ml

構成原酒:グレンロセス、タムデュー、ハイランドパーク、グレンゴインなど
評価:★★★★★★(6)

香り:ケーキシロップを思わせる甘い香り立ち、麦芽、植物系のえぐみと穀物の香ばしくも甘くライトなアロマもある。
奥からスモーキーさ、オレンジピールの爽やかさ。

味:マイルドでスムーズ、グレーンのニュアンスを感じる口当たりだが、後半から粘性があり、口の中に張り付くようにフレーバーが残る。
オレンジママレードジャム、薄めの紅茶、オールブラン、ピートとあわせて乾燥させた牧草っぽさ。余韻はビターで長く、ハイランド系のピート香がじわじわと鼻腔まで抜けてくる。

氷と混じることで柔らかいスモーキーさが感じられ、ハイボールはスムーズでメローな飲み口に適度な熟成感、麦芽、ピートなどのモルト由来の風味を感じることが出来るレベルの高い1杯。
兵庫県三ノ宮の名店、BARメインモルトの駆けつけ1杯といえば、キンキンに冷やしたフェイマスグラウスを使う氷無しのハイボール。ここは同BARをインスパイアしてオールドボトルも氷無しで楽しむのも良い。もちろんアテはハムサンドイッチを準備したい。

フェイマスグラウスといえば、キーモルトにハイランドパークとマッカランを連想する方も多いと思いますが、それは現行品に限った話で、こと1990年代以前はハイランドパークやタムデューが中心となったウイスキーです。
当時フェイマスグラウスを製造していたハイランドディスティラリー社(Highland Distillers)は1970年にフェイマスグラウスを、1996年にマッカラン蒸留所を傘下としています。
スコットランドでは会社、グループの枠にとらわれず原酒の融通もされていましたが、メインとなる(必然的に使用量が多くなる)原酒は、安定して確保出来る所有蒸留所が中心となります。まして上述のように消費量の多いブレンドであればなおのことです

今回のボトルはハイランドディスティラリー社時代であり、マッカランの影響はあまり期待出来ません。実際、味のほうではハイランドパークの影響をかなり感じます。
グレーン感もそこそこあり、一口飲んだだけではライトで締まりが無いと言う印象も持ったのですが、2口、3口と飲み進めるほどに口の中でモルティーなフレーバーが混ざり合い、ピートのニュアンスがじわじわ効いてきました。
バランス良く、後を引くブレンドであり、ファンが多いのも納得の1本です。

※補足※
フェイマスグラウスの日本国内への輸入は、1974年にハマヤ株式会社が、1970年代後半(あるいは1980年)頃から松下電器が取り扱いを行っています。
ハマヤ時代はボトル形状がそもそも異なっており、ネック部分が丸みを帯びています。
松下電器時代は、ラベルに特級表記が直接印字されているかどうか、特級表記が印字されているならその上にロゴが入っているかどうかで、おおよその時代を判別出来ます。
・1980年代初期、ラベルに特級表記が無い(紙で別張り)
・1980年代中期、ラベルに特級表記あり(ロゴ無し、今回のボトル)
・1980年代後期、ラベルに特級表記あり(ロゴ有り)
以上、ご参考まで。



3000円以内でオススメのシェリー樽熟成ウイスキー 〜ネイキッド・グラウス〜

カテゴリ:
昨今のウイスキーでシェリー樽熟成系、それもしっかりその香味がついたものを買おうと思ったら、5000円以上は欲しいところでした。
マッカラン、グレンドロナック、ベンリアック、グレンファークラス、ダルモア…
まあ3000円以内じゃまずムリだよなーと思ったら、ありました。この値段でこのシェリー感は素晴らしいの一言です。

THE NAKED GROUSE
700ml 40%
"リッチな近年系シェリー香、ドライチェリー、イチジク、生木のニュアンス、エグミも少々。
香り同様の濃さがありつつ甘く滑らかな口当たり。ドライプルーン、樽香、微かな麦芽、注いですぐは平坦気味だが時間でピート、スモーキーさも顔を出す。"

ネイキッドグラウスは、フェイマスグラウスのオフィシャル通常販売品ラインナップの1つ。
正直、3000円で買えるウイスキーとしては、よくこの値段で出してるなというワンランク上のしっかりシェリーな構成です。
予算がある方は他に選択肢もありますが、家飲みは手軽に…という方にはぜひ。それこそヘタにマッカラン12年現行品なんて買うくらいなら、このボトルがオススメです。

ハイランドパークとマッカランというシェリー樽に馴染みのある原酒をキーモルトとして、1stフィルシェリー樽でマリッジ。
ブレンドだろ?と思うかもしれませんが、香味はしっかりモルティーでモルト比率は高めだと感じます。時間とともにハイパ系のニュアンスが出て来るのも好印象。

やるなあフェイマスグラウス!
3000円予算内、最高のシェリー樽熟成系の1本としてプッシュいたします。

参照:ネイキッド・グラウス(信濃屋)

備忘録:フェイマスグラウス30年

カテゴリ:

フェイマスグラウス30年を介錯!
2ショット強残ってましたが、空けてしまいます。

今週は昇天強化月間なのです。

10987691_640575469421184_8883614995376572305_n


評価:★★★★★★★(7)

”口当たりの長熟らしい滑らかさ、
オレンジピールやチョコ
、リフィルオークにかすかなシェリー樽のウッディネス。
濃縮感と嫌味の無い複雑さ、余韻の強いスモーキーさが実に後を引く。”


フェイマスの30年はグレーンなしのモルトウイスキー、
口開けからの時間経過でこなれた今は、ほとんどキーモルトであるハイランドパークの味わいです。

このボトルは2000年あたりの流通なので、中身はマッカランやハイランドパーク、タムデューなどの
1960-70年代蒸留が使
われてるワケですから、マズイわけないですよねw

ブレンドということで、シングルカスクに比べ軽視されがちですが、
この複雑さ、バランスはシングルカスクでは中
々得難いもの。
ハイランドパーク好きにこそオススメしたい、
そんなハイクオリティボトルです。

いやあ美味しかった!また仕入れないとなー(´Д` *)

このページのトップヘ

見出し画像
×