カテゴリ

カテゴリ:笹の川

963 ミズナラウッドフィニッシュ 17年 セカンドフィル 福島県南酒販 46%

カテゴリ:
963 BLENDED MALT WHISKY
MIZUNARA WOOD FINISH 
2nd Fill
Aged 17 years
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後数日以内
評価:★★★★★★(6)

香り:少しツンとした刺激、一瞬湿気ったような酸味を伴うが、すぐにバーボンオークのオーキーなアロマ。淡くミズナラを思わせる香木香にりんごのコンポート、蒸した栗、バニラのニュアンスが時間経過で前に出てくる。

味:オーキーでウッディな口当たり。序盤はややビターだが、次第にとろりとした粘性を伴う甘み、林檎やパイナップル、黄色系の果実味も感じられる。
余韻にかけてはほのかにクリーミーな甘み、白桃缶のシロップを思わせるような要素を含み、軽やかにウッディで長く続く。

ハイランドやスペイサイド系の原酒を思わせる穏やかな構成。若さを感じない適度な熟成感で、樽感はバーボンオーク主体だが、淡いミズナラのアクセントがフルーティーさを後押ししているように感じる。飲み方はストレート以外に、ロック、ハイボールも悪くない。


福島県南酒販から、夏のギフト向けに発売された963シリーズの最新作。
バーボン樽熟成のブレンデッドモルトをミズナラ樽で数ヶ月間後熟したものですが、ベースとなる原酒の香味がミズナラ樽由来の香味とうまくマッチ。近年高騰著しく、高嶺の花となってしまった同樽熟成ウイスキーの香味に近い構成となっているのがポイントです。

この963MWF17年は、昨年11月にもリリースされており、その際に使われたのはミズナラの完全な新樽。それを6月から9月頃まで、1年のうち最も暑い時期にフィニッシュに用いたことで、数ヶ月間でありながら結構しっかりと樽由来の香味が出ていました。(※写真左がファーストリリース、右がセカンドリリース。表ラベルは同一、裏ラベルが微妙に異なる。)

対して今回は引き継ぎとなるセカンドフィルに、ベース原酒はおそらくほぼ同じ系統のものを2月から5月、冬から春にかけて後熟。当然、樽から出るエキスの量が異なるため、ミズナラ感は多少淡くなっていますが、むしろファーストリリースの樽感が雑というか多少煩くも感じていましたので、樽に拘らずウイスキーの全体で見れば洗練されたような印象も受けます。
価格は前作から据え置きの1万円。2作目ということでファーストリリースを超える衝撃とはなりませんでしたが、これはこれで扱いやすく美味しいウイスキーなのではないでしょうか。


(ファーストリリース(左)とセカンドリリース(右)。ファーストリリースのほうが色濃く仕上がっている。)

今同じ系統が2作続いたわけですが、こうして見るとバーボン樽原酒とミズナラ樽の組み合わせは相性の良さを感じます。
香味としては、香木を思わせるニュアンスなど、アメリカンホワイトオークとミズナラの木材が持つ方向性の違いは当然ありますが、共通の要素がない訳ではありません。
ざっくり整理すると、バーボン樽はAとBの香味要素があり、ミズナラ樽はCとDを持つとするなら、このAとCがニアリーイコールなので、フィニッシュよって市場が求めるミズナラ樽熟成に近い原酒に仕上げられる可能性。

ミズナラはエキスの出が良いとも聞きます。新樽入手後いきなり10年単位の熟成を狙うより、フィニッシュで樽感を慣らしていくのも理にかなっています。
勿論樽は生き物、必ずこのようになるとは言い切れませんが、小規模生産のクラフト蒸留所の商品開発の方向性としては、参考になるリリースとも思うのです。

笹の川酒造 安積蒸留所の現在

カテゴリ:
笹の川酒造が操業する、福島県郡山市の安積蒸留所。
2016年に創業、試験蒸留期間を経て2017年1月にニューポット発売、共同カスクオーナー制度開始、ニューボーン発売。。。などなど、同蒸留所にとってシングルモルトウイスキー業界への船出となった1年間が過ぎ去り。いよいよ今年3月24日には、2度目の共同カスクオーナー制度の見学会&交流会が開催されます。

これまでも何度か触れていますが、ウイスキー製造は作り手側の技術、ノウハウの蓄積に加え、設備の慣れ的な要素も原酒の仕上がりに少なからず関わってきます。特に規模の小さいクラフト系は、創業から1〜2年程度は香味の変化が大きい時期と感じています。
自分も共同カスクオーナー制度に参加しているので、ぜひ見学会にて安積蒸留所の進化を感じたいところでしたが、あいにくこの週末はとても重要な家庭行事があり、参加が叶わないのです。(いわゆるひとつの記念日というヤツでして。)

また自分以外にも、様々な理由から現地訪問が中々出来ない愛好家はいらっしゃると思います。
そこで見学会&交流会をちょっとフライングし、直近で蒸留されたばかりのニューポットをテイスティング。その変化を紹介するとともに、熟成中の原酒の成長をイメージ出来る指標になりそうな話など、安積蒸留所の"現在"を掲載していきます。


さて、2017年1月に発売された、安積蒸留所のニューポット。当時自分は以下のテイスティングレビューを掲載しています。

香り:酸味が強く、ドライなアルコール感と微かに発酵臭を伴うアロマ。加水すると乾燥させた麦芽、おかき、無糖のシリアルを思わせる香ばしさを感じる。

味:軽くスパイシーな口当たり、最初はニューポットらしい乳酸系で微かに発酵したような酸味、口の中で転がすとオイリーで香ばしい麦芽風味が主体的に。
余韻は麦芽系のフレーバーが後を引きつつあっさりとしている。 ボディはミドル程度、加水するとバランスがとれて口当たりは柔らかくまろやかに。


これが約1年間でどのように変ったかというと、ベースはもちろん同じながら、香味の中にあったネガティブな雑味、発酵したような感じが軽減され、綺麗な酸味から軽く香ばしい麦芽風味とコクを感じる酒質へと変化。この綺麗な酸味が、安積蒸留所の個性の一つですね。
ネガティブな要素が少なくなったことで、個性が洗練されてきた印象です。

日本のクラフト蒸留所なんてブームに乗ってるだけだろ?、と思う方も少なからず居ると思いますが、安積蒸留所は秩父蒸留所の協力でスタッフの研修を行うなど、秩父蒸留所がこれまでチャレンジしてきた試みのうち、成功事例、良い部分を引き継いでいるとのこと。
こうした知識に加え、1年間の操業を通じた経験の蓄積や試行錯誤の結果が、今回ニューポットに感じられた変化であるとすれば、既にそれは色眼鏡で見るものではなく。蒸留所としても業界としても、良い方向に進んでいると感じます。 

安積蒸留所ポットスチル
(定点観測:ポットスチルの外観。左が2016年7月ごろ、右が現在。使い込まれたことで色合いに変化が見られる。)

熟成庫
(定点観測:熟成庫の一画。2016年7月の試験蒸留時点(上)と現在(下)。貯蔵量が増えたことで、樽とウイスキーの香りが熟成庫を満たしている。新樽、ミズナラ、バーボン、シェリー、ワイン・・・様々な種類の樽が並んでいる。)

ニューポットに良い変化が見られたことは、この時期の原酒を樽詰めする共同オーナー制度だけでなく、蒸留所の今後に向けても明るい話です。
しかしもう一つ忘れてはいけないのが、熟成環境がもたらす原酒への影響です。

安積蒸留所は、"風の蒸留所"と名乗るように、盆地福島県の中心部に位置し、夏はカラッと暑く、冬は磐梯山と安達太良山からの冷たいおろし風が吹きすさぶ、寒暖差の激しい地域にあります。
本来、設立したばかりの蒸留所の原酒がどのように成長していくかは、相応の時間が経たなければ判りません。そのため、厚岸蒸留所などは試験熟成として建設予定地で原酒への影響を調べていたほどです。
では安積蒸留所はというと、先日掲載したニューボーンに加え、蒸留所設立前、笹の川酒造としてウイスキーを製造していた頃に購入した原酒があります。
そのうちの一つ、ニューポットからバーボンバレルで約8年間熟成させてきた某国産原酒を飲んでみると、これが日本らしい熟成感、蜜っぽい甘みとフルーティーさで多少樽は強いものの美味しいウイスキーに仕上がっているのです。

これは郡山の環境がもたらす熟成への影響を量る上では、重要な指標であると言えます。
樽にもよりますが、バーボンバレルでなら上記同様5〜10年程度の熟成期間を設定しておくのがこの環境では良さそう。その他の樽との組み合わせを考え、工夫を続ける必要はあると思いますが、現在の原酒との組み合わせで考えると、同様の系統に育つのではないかとも思うのです。

(オマケ:福島県南酒販がリリースする963の樽も安積蒸留所の熟成庫に置かれている。250リットルのシーズニングシェリーカスクでマリッジされているのはネットショップ限定品?、左奥には昨年高い評価を得たミズナラウッドリザーブのセカンドバッチの姿も。)

そんなわけで、安積蒸留所の現状と原酒の出来は比較的順調といえる状況であり、今後がますます楽しみになりました。
所縁の地にある蒸留所だけに、この成長と可能性は嬉しいですね。
今回はノンピートの原酒にフォーカスしていますが、ご存知のようにピーテッド原酒も昨年から仕込まれておりますし、さらには日本酒酵母で仕込んだ安積蒸留所独自の原酒もあります。
これらの成長についても、今後レポートできればいいなと思っています。

山桜 安積蒸留所 ニューボーン アメリカンホワイトオーク 63.3% 笹の川酒造

カテゴリ:
ASAKA
NEW BORN
YAMAZAKURA
Distilled 2017.1.5
Bottled 2017.6.27
Cask type New American Oak Barrel #17003
700ml 63.3%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月以内
評価:ー

香り:ツンとしたアタック、ほのかに甘酒や麹のような癖を伴う香り。レモンバウム、乾いたウッディネス、ポップコーンや焼き芋を思わせる軽い香ばしさと甘みもある。

味:少しの刺激を伴う粘性、コクのある口当たり。蜂蜜レモンキャンディの甘み主体の味わいに、東京沢庵のような出汁っぽさを伴う酸味がある。
余韻はハイトーンでヒリヒリするアルコール感、焼き芋を思わせる焦げ感とねっとりとした甘みで長く続く。

新樽熟成らしく樽系の香味がだいぶ出始めているが、決して悪い方向ではない。あくまで発展途上であり、むしろ3年〜5年でのウッディでメローな仕上がりが期待できる。
加水すると香味とも酒質由来の酸味が引き立ち、天然酵母の麦パンを食べているよう。この麦芽風味と酸味が今後の熟成を経て熟成香、樽香と合わさった時にどう仕上がるか、楽しみになる1本。


昨年初頭、ちょうど今から1年前。福島県郡山市に創業した安積蒸留所から初のニューポットがリリースされました。
その原酒は多少荒削りながらネガティブ要素の少ない、素朴でコクと個性とも言える酸味のある味わい。当ブログでもレビューを掲載していますが、熟成による伸び代と削りしろのある素性の良い原酒と感じています。

そして今回テイスティングするニューボーンは、その同時期に蒸留した原酒をアメリカンホワイトオークの新樽で約半年間熟成させたもの。
この他にも安積蒸留所からはバーボン、シェリー、ミズナラといった樽でそれぞれ数ヶ月熟成させたニューボーンが、樽毎に複数種類リリースされています。


日本の酒税法等においてニューボーンの定義は明確にはありませんが、熟成期間3年未満のウイスキー(スピリッツ)がリリースされる際の名称として、主に国内市場で使われています。
言わばニューポットはスタート地点、そしてニューボーンは成長過程であり、決して美味しいだけのウイスキーとは言えないものですが、それぞれを飲むことで原酒の成長曲線に2つ以上の点がプロットされ、当該蒸留所における原酒の質、熟成環境の影響、それらを踏まえての成長を認識するきっかけとなります。

さて、安積蒸留所のニューボーンシリーズですが、先に書いたように酒質は素性の良い部類であり、若さゆえに多少感じられるネガティブな要素は熟成の過程で軽減されて樽感と馴染んでいくものと感じます。
それより、見ておきたかったのは熟成環境の影響です。
樽由来の要素としては、バーボン樽は余韻にかけてコクと淡い華やかさがあり、5〜8年程度でピークを迎えるであろう構成。ミズナラはスパイシーでニッキのような香味が早くも感じられ、シェリーはやや癖のあるウッディさで甘みが出ておらず、まだ未知数のところがある印象。

そして今回のテイスティングアイテムである新樽熟成のニューボーンは、バレルサイズであることも影響してか、4種類の中で最も樽の影響が出ているだけでなく、今後夏場を迎えることを考えても、やはりピークは速そうです。
それこそ10年で余市の新樽熟成のような、濃い甘みとウッディな仕上がりになるのではないかと感じます。やはりピークは速そうですね。

なお、ピークが早く来るということは、それだけ酒質の仕上がりが荒くなる可能性もあります。
安積蒸留所の酒質はそこまで荒いタイプではないので、短熟で飲めない味わいにはならないと思いますが、より馴染みやすい綺麗なニューポットを作っていく必要があるのも事実です。
2016年の創業から1年以上が経過して、スタッフの技術やノウハウの蓄積、設備としての慣れ、つまり蒸留所としてはどう成長しているのか。この点については、後日改めて記事にしたいと思います。

笹の川酒造 安積蒸留所ニューポット ピーテッドモルト初蒸留記念 63.4%

カテゴリ:
IMG_5550
SASANOKAWA
ASAKA Peated Malt
No Aged (New Pot)
Mashing 2017.7.11
Distilled 2017.7.16
Bottled 2017.7.28
Phenol 50ppm
250ml 63.4%

【テイスティング】
柔らかい酸味と穀物を思わせる軽い香ばしさ、ほのかな甘み。奥から重みのあるピート香と、時間経過でニューポッティーな乳酸系と発酵香も漂う。
口当たりはシャープな刺激があり、そこから程よくコクのある甘み。香りではスモーキーな主張はあまり強くないが、味ではピートフレーバーが余韻にかけて焦げたようなニュアンスも伴って広がる。


安積蒸留所がリリースした、初仕込みのピーテッドモルトです。
操業から1年と少々、ついにピーテッド原酒の仕込みが本格的にスタートしました。
元々安積蒸留所の計画段階では、ピーテッドスタイルを中心に蒸留するという案も聞いていましたが、ご存知の通り、まずはピーテッドではない原酒作りからスタートしていました。 

この背景には、ノンピート(あるいは数PPM程度の超ライトピート)のほうが、原酒のベース部分の出来を確認しやすいという品質管理の面がひとつ。そしてもう一つが、普段ノンピート原酒を作り、1年のうちのメンテナンス期間前にピーテッドを作るというスタイルはありえても、ピーテッド原酒を作っていてノンピートに切り替えることは、蒸留設備への影響を考えると困難であるという、製造面の要素があるようです。

大手メーカーなら設備を切り替えるなど、同時平行で原酒を作ることも出来るのでしょうが、設備を一式しか持たないことが多いクラフトディスティラリーはそうはいきません。
実際、厚岸蒸留所など、2種類の原酒を作るクラフトは、このスタイルで操業されているようですね。

IMG_5552

さて、今回の初仕込みピーテッド原酒。安積蒸留所はノンピート原酒では素直で素朴なキャラクターのニューポットを作ることが出来ていましたが、ピーテッドモルトはまた違う難しさがあると聞きます。
そんなわけで「お手並み拝見といきますか」なんて若干尊大な気持ちでテイスティングしてみると、これが中々悪くない。ベースとしてはノンピート原酒同様酸味が強めながら、口当たりはシャープな刺激、嫌味の少ないプレーンなニューポッティーさに、ピートフレーバーが馴染んでいて、後はここからの成長次第というスタートラインに立っている原酒だと感じます。

スコッチに例えるなら、カリラ7:ラガヴーリン3くらいの比率で混ぜたようなキャラクター。
シャープな刺激もある香味はカリラのようであり、余韻にかけてしっかりと広がるピートフレーバーはラガヴーリンを思わせる要素に通じる。後は後述する植物的なニュアンスで、レダイグ的な要素も少し混じっている感じもあります。
近年、入手する麦芽の種類からか、ラフロイグを思わせる味わいのピーテッドモルトが一部クラフトからリリースされていますが、それらとは異なる仕上がりが期待できます。

ネガティヴ要素をしいて言うなら、酸味の奥に植物感、発酵した漬物というか、野菜のようなニュアンスが混じっているので、これが強くなりすぎると嫌味になるのですが、気になったのはその点くらい。 
そもそもニューポットは、産まれたばかりの今この瞬間より、その後の影響の方が将来の製品化においてウェートが大きく、一定のレベルがあって、"スタートラインに立てているかどうか"がポイントだと考えます。
そして我々消費者としては、今もさることながら、今後どう育つかという先も見据えて楽しむものかなと。

その先については、安積蒸留所が所有する樽で考えると、リフィルのシェリーバットやウイスキーカスクで10年熟成を目指すか、ファーストフィルバーボンなら3年くらいの短熟で出しても、ベースが素直なので短熟ピーテッドとして面白いかなという印象。逆に5年以上の熟成では、安積蒸留所の環境だと樽感が強くでるので、ピーティーさとチャーオーク系のフレーバーがこってりでた、濃厚なタイプに仕上がりそうです。
いずれにせよ、ここから数年先のリリースが楽しみです。



話は少し変わりますが、先日発売された雑誌Pen(11月15日号)に"ウイスキー最新案内"という特集が組まれています。
主要なクラフトディスティラリーの動向から、大手メーカーの最新リリース傾向、オールドボトルの特集など、非常に充実した内容で、自分の周囲のウイスキー愛好家からの反応は上々。
通常この手の特集は、どうしても大手メーカーの関与を邪推されがちですが、それよりも書き手の愛というか、現場の空気感がしっかり伝わる特集だったことが、評価される要素にあったようです。

この特集の中には安積蒸留所の取材記事もあり、今回のニューポットのテイスティングとしてもジャストタイミングでした。
まだお会いしたことはないのですが、安積蒸留所のクラフトマンは私と同世代。記事中から、日々悩み、考え、工夫しながらウイスキーづくりにあたられている姿と、今回のニューポットを重ね、その真摯な努力が実を結びつつあるのだなと、合わせて楽しむことが出来ました。
今後も引き続き地元に愛され、世界に評価されるようなウイスキーを目指し、頑張って欲しいです。

963 ブレンデッドモルト 17年 ミズナラウッドフィニッシュ 福島県南酒販 46%

カテゴリ:
SASANOKAWA
963
Blended Malt Whisky 
Aged 17 years 
MIZUNARA WOOD FINISH
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかでドライな果実香、バニラ、ほのかに白桃の缶詰の甘み、香木を思わせるアクセント。奥からハーブ、栗の渋皮を思わせるウッディなえぐみも感じられる。

味:クリーミーな口当たりからピリッとしたスパイシーさ。バニラと林檎のコンポート、白桃のシロップ漬け、合わせてドライでビターなウッディさ。鼻腔に抜ける香木のような独特の甘いアロマ、微かにハーブのニュアンス。
フィニッシュはドライ、栗の渋皮煮を思わせる樽感、渋みが華やかさと合わさって長く続く。

ストレートではバーボン樽由来のオークフレーバーに後熟で付与された樽香が重なって、多少煩さが感じられるが、基本的にはウッディでフルーティーな味わいがメイン。少量加水するとドライアプリコットや缶詰のシロップなどの甘みが開き、全体のバランスが良い方向に変化。その他の飲み方としては、ロックをステアして冷やすように飲むと爽やかな味わいが楽しめる。



もはや前置きはおなじみ。安積蒸留所をもつ笹の川酒造協力の下、福島県南酒販が企画、販売しているブレンデッドウイスキーが963ブランドです。 

福島県南酒販では笹の川酒造が所有・貯蔵している原酒を中心にブレンドを組み立てていますが、ゆくゆくは日本全国から原酒を調達してブレンドを作るような、「ブレンドメーカー」的な文化が日本にも育っていって欲しいと感じるところ。
スコットランドでは、ジョニーウォーカーやバランタインなどの大手メーカーがそうして育ってきた歴史がある中、日本ではスコットランドよりも広く原酒を使う独自のスタイルが確立されても良いのになと思うわけです。 
(そのためには良質な原酒を提供出来るクラフトディスティラリーが、数多く育つ必要があるんですけどね。大手は自社で手一杯でしょうし。。。)

話がそれましたが、今回のボトルは昨日紹介したノンエイジのブレンデッド同様、17年熟成のブレンデッドモルトを2ヶ月間新樽のミズナラカスクで後熟したもので、400本の限定品。昨日の記事でも触れていますが、使われた樽が新樽だったことや夏場だったこともあって、2ヶ月と短い期間でもしっかり樽由来の香味は付与されているように感じます。 

ベースとなっている原酒はハイランドタイプのマイルドで癖の少ないタイプ。
その上で、バーボンバレル由来の華やかでフルーティーなオークフレーバーが、ミズナラ樽でフィニッシュした際の香味と上手く融合し、ウイスキー飲みの間で一般的に「ミズナラ香」とされているサントリーのミズナラ香に近い香木っぽさ、フルーティーさに通じるニュアンスも備わっています。
ノンエイジのほうは香木香よりスパイシーなウッディネスが特徴的な構成だったため、飲み比べた際に本当に同じミズナラ樽が使われたのかとびっくりしました。 

IMG_5531

率直に言うと、963 17年ミズナラウッドフィニッシュは、これまで何度かリリースされてきた笹の川酒造関連リリース中で一番の出来と言えるボトルだと思います。
もちろん樽感が荒削りというか煩さというか、地ウイスキーらしい洗練されてなさが感じられるところはありますが、ミズナラ樽由来の香味を学ぶ意味でも使えるボトルで、時代のニーズともマッチしています。

何より価格も10000円と、モルトウイスキーでこの仕様であれば、充分納得感のある設定なのが嬉しいですね。
笹の川酒造では、2年前に山桜15年をリリースし、そのコスパのよさで人気となった製品がありましたが、今回のボトルにはそのルーツを感じさせるものがあります。
また、使われたミズナラ樽は良い意味でリフィルとなっている状況ですから、この樽で後に何を熟成させるのか。安積蒸留所では現在熟成中の原酒もありますし、このままシングルモルトの熟成に使われるのか、あるいは今回のようにフィニッシュに使われるのか・・・後の展開も楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×