カテゴリ

カテゴリ:笹の川

笹の川酒造 安積蒸留所ニューポット ピーテッドモルト初蒸留記念 63.4%

カテゴリ:
IMG_5550
SASANOKAWA
ASAKA Peated Malt
No Aged (New Pot)
Mashing 2017.7.11
Distilled 2017.7.16
Bottled 2017.7.28
Phenol 50ppm
250ml 63.4%

【テイスティング】
柔らかい酸味と穀物を思わせる軽い香ばしさ、ほのかな甘み。奥から重みのあるピート香と、時間経過でニューポッティーな乳酸系と発酵香も漂う。
口当たりはシャープな刺激があり、そこから程よくコクのある甘み。香りではスモーキーな主張はあまり強くないが、味ではピートフレーバーが余韻にかけて焦げたようなニュアンスも伴って広がる。


安積蒸留所がリリースした、初仕込みのピーテッドモルトです。
操業から1年と少々、ついにピーテッド原酒の仕込みが本格的にスタートしました。
元々安積蒸留所の計画段階では、ピーテッドスタイルを中心に蒸留するという案も聞いていましたが、ご存知の通り、まずはピーテッドではない原酒作りからスタートしていました。 

この背景には、ノンピート(あるいは数PPM程度の超ライトピート)のほうが、原酒のベース部分の出来を確認しやすいという品質管理の面がひとつ。そしてもう一つが、普段ノンピート原酒を作り、1年のうちのメンテナンス期間前にピーテッドを作るというスタイルはありえても、ピーテッド原酒を作っていてノンピートに切り替えることは、蒸留設備への影響を考えると困難であるという、製造面の要素があるようです。

大手メーカーなら設備を切り替えるなど、同時平行で原酒を作ることも出来るのでしょうが、設備を一式しか持たないことが多いクラフトディスティラリーはそうはいきません。
実際、厚岸蒸留所など、2種類の原酒を作るクラフトは、このスタイルで操業されているようですね。

IMG_5552

さて、今回の初仕込みピーテッド原酒。安積蒸留所はノンピート原酒では素直で素朴なキャラクターのニューポットを作ることが出来ていましたが、ピーテッドモルトはまた違う難しさがあると聞きます。
そんなわけで「お手並み拝見といきますか」なんて若干尊大な気持ちでテイスティングしてみると、これが中々悪くない。ベースとしてはノンピート原酒同様酸味が強めながら、口当たりはシャープな刺激、嫌味の少ないプレーンなニューポッティーさに、ピートフレーバーが馴染んでいて、後はここからの成長次第というスタートラインに立っている原酒だと感じます。

スコッチに例えるなら、カリラ7:ラガヴーリン3くらいの比率で混ぜたようなキャラクター。
シャープな刺激もある香味はカリラのようであり、余韻にかけてしっかりと広がるピートフレーバーはラガヴーリンを思わせる要素に通じる。後は後述する植物的なニュアンスで、レダイグ的な要素も少し混じっている感じもあります。
近年、入手する麦芽の種類からか、ラフロイグを思わせる味わいのピーテッドモルトが一部クラフトからリリースされていますが、それらとは異なる仕上がりが期待できます。

ネガティヴ要素をしいて言うなら、酸味の奥に植物感、発酵した漬物というか、野菜のようなニュアンスが混じっているので、これが強くなりすぎると嫌味になるのですが、気になったのはその点くらい。 
そもそもニューポットは、産まれたばかりの今この瞬間より、その後の影響の方が将来の製品化においてウェートが大きく、一定のレベルがあって、"スタートラインに立てているかどうか"がポイントだと考えます。
そして我々消費者としては、今もさることながら、今後どう育つかという先も見据えて楽しむものかなと。

その先については、安積蒸留所が所有する樽で考えると、リフィルのシェリーバットやウイスキーカスクで10年熟成を目指すか、ファーストフィルバーボンなら3年くらいの短熟で出しても、ベースが素直なので短熟ピーテッドとして面白いかなという印象。逆に5年以上の熟成では、安積蒸留所の環境だと樽感が強くでるので、ピーティーさとチャーオーク系のフレーバーがこってりでた、濃厚なタイプに仕上がりそうです。
いずれにせよ、ここから数年先のリリースが楽しみです。



話は少し変わりますが、先日発売された雑誌Pen(11月15日号)に"ウイスキー最新案内"という特集が組まれています。
主要なクラフトディスティラリーの動向から、大手メーカーの最新リリース傾向、オールドボトルの特集など、非常に充実した内容で、自分の周囲のウイスキー愛好家からの反応は上々。
通常この手の特集は、どうしても大手メーカーの関与を邪推されがちですが、それよりも書き手の愛というか、現場の空気感がしっかり伝わる特集だったことが、評価される要素にあったようです。

この特集の中には安積蒸留所の取材記事もあり、今回のニューポットのテイスティングとしてもジャストタイミングでした。
まだお会いしたことはないのですが、安積蒸留所のクラフトマンは私と同世代。記事中から、日々悩み、考え、工夫しながらウイスキーづくりにあたられている姿と、今回のニューポットを重ね、その真摯な努力が実を結びつつあるのだなと、合わせて楽しむことが出来ました。
今後も引き続き地元に愛され、世界に評価されるようなウイスキーを目指し、頑張って欲しいです。

963 ブレンデッドモルト 17年 ミズナラウッドフィニッシュ 福島県南酒販 46%

カテゴリ:
SASANOKAWA
963
Blended Malt Whisky 
Aged 17 years 
MIZUNARA WOOD FINISH
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:華やかでドライな果実香、バニラ、ほのかに白桃の缶詰の甘み、香木を思わせるアクセント。奥からハーブ、栗の渋皮を思わせるウッディなえぐみも感じられる。

味:クリーミーな口当たりからピリッとしたスパイシーさ。バニラと林檎のコンポート、白桃のシロップ漬け、合わせてドライでビターなウッディさ。鼻腔に抜ける香木のような独特の甘いアロマ、微かにハーブのニュアンス。
フィニッシュはドライ、栗の渋皮煮を思わせる樽感、渋みが華やかさと合わさって長く続く。

ストレートではバーボン樽由来のオークフレーバーに後熟で付与された樽香が重なって、多少煩さが感じられるが、基本的にはウッディでフルーティーな味わいがメイン。少量加水するとドライアプリコットや缶詰のシロップなどの甘みが開き、全体のバランスが良い方向に変化。その他の飲み方としては、ロックをステアして冷やすように飲むと爽やかな味わいが楽しめる。



もはや前置きはおなじみ。安積蒸留所をもつ笹の川酒造協力の下、福島県南酒販が企画、販売しているブレンデッドウイスキーが963ブランドです。 

福島県南酒販では笹の川酒造が所有・貯蔵している原酒を中心にブレンドを組み立てていますが、ゆくゆくは日本全国から原酒を調達してブレンドを作るような、「ブレンドメーカー」的な文化が日本にも育っていって欲しいと感じるところ。
スコットランドでは、ジョニーウォーカーやバランタインなどの大手メーカーがそうして育ってきた歴史がある中、日本ではスコットランドよりも広く原酒を使う独自のスタイルが確立されても良いのになと思うわけです。 
(そのためには良質な原酒を提供出来るクラフトディスティラリーが、数多く育つ必要があるんですけどね。大手は自社で手一杯でしょうし。。。)

話がそれましたが、今回のボトルは昨日紹介したノンエイジのブレンデッド同様、17年熟成のブレンデッドモルトを2ヶ月間新樽のミズナラカスクで後熟したもので、400本の限定品。昨日の記事でも触れていますが、使われた樽が新樽だったことや夏場だったこともあって、2ヶ月と短い期間でもしっかり樽由来の香味は付与されているように感じます。 

ベースとなっている原酒はハイランドタイプのマイルドで癖の少ないタイプ。
その上で、バーボンバレル由来の華やかでフルーティーなオークフレーバーが、ミズナラ樽でフィニッシュした際の香味と上手く融合し、ウイスキー飲みの間で一般的に「ミズナラ香」とされているサントリーのミズナラ香に近い香木っぽさ、フルーティーさに通じるニュアンスも備わっています。
ノンエイジのほうは香木香よりスパイシーなウッディネスが特徴的な構成だったため、飲み比べた際に本当に同じミズナラ樽が使われたのかとびっくりしました。 

IMG_5531

率直に言うと、963 17年ミズナラウッドフィニッシュは、これまで何度かリリースされてきた笹の川酒造関連リリース中で一番の出来と言えるボトルだと思います。
もちろん樽感が荒削りというか煩さというか、地ウイスキーらしい洗練されてなさが感じられるところはありますが、ミズナラ樽由来の香味を学ぶ意味でも使えるボトルで、時代のニーズともマッチしています。

何より価格も10000円と、モルトウイスキーでこの仕様であれば、充分納得感のある設定なのが嬉しいですね。
笹の川酒造では、2年前に山桜15年をリリースし、そのコスパのよさで人気となった製品がありましたが、今回のボトルにはそのルーツを感じさせるものがあります。
また、使われたミズナラ樽は良い意味でリフィルとなっている状況ですから、この樽で後に何を熟成させるのか。安積蒸留所では現在熟成中の原酒もありますし、このままシングルモルトの熟成に使われるのか、あるいは今回のようにフィニッシュに使われるのか・・・後の展開も楽しみです。

963 ブレンデッドウイスキー ミズナラウッドフィニッシュ 福島県南酒販 46%

カテゴリ:
IMG_5528
SASANOKAWA
963
BLENDED WHISKY
(No Aged)
MIZUNARA WOOD FINISH
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封直後
評価:★★★★★(5)

香り:ツンとスパイシーな木香、若い原酒のクリアなニュアンス。デミグラスソースのような酸味と甘みの混じる不思議なアロマとかすかに溶剤っぽさ。奥から木が焦げたような灰っぽさと煙、まるで炭焼き小屋にいるような・・・。

味:少し粘性を感じる蜜っぽい甘さ、香り同様スパイシーなウッディネス。胡桃やナッツ、木の樹皮、キャラメルを思わせる淡いチャーオークフレーバーから徐々にほろ苦い樽感。余韻はドライでスパイシー、ピートと焦げたような香味を伴うほろ苦さが長く残る。

若くクリアなブレンデッドをベースとして、スパイシーな樽香、ウッディーな香味が付与されている。樽感コテコテの樽材しゃぶり系ウイスキーというワケではないが、香味共に樽感を強く感じるのはフィニッシュに使われたミズナラ樽の要素故なのかもしれない。少量加水するとスパイシーさが収まり飲みやすくなる。
ロックは水っぽさが強くなりやすい一方、ハイボールはしっかりと冷やして仕上げればスッキリとして上々。 

IMG_5530

笹の川酒造の協力のもと、福島県南酒販が企画、販売しているオリジナルブランドのウイスキー「963」。 
これまでNAから21年熟成、ハイランドモルトやピーテッドモルトをキーモルトにしたブレンドなど、自社貯蔵原酒以外に国内外から調達した様々な原酒を使ったブレンドをリリースしてきたところ。
今回は同社が調達したミズナラ樽でフィニッシュした、ノンエイジのブレンデッドウイスキーと17年熟成のブレンデッドモルトウイスキーが、それぞれ400本限定でラインナップに加わることとなりました。

近年、ミズナラ樽で熟成させたウイスキーに対する世界的な人気の高まりを受け、ミズナラの本家ともいえるサントリー以外に、クラフトディスティラリーでもミズナラ樽を調達して使うケースが増えてきています。
イチローズモルトでは以前からバッティング用の大樽にミズナラを使った、MWRをリリースしていますが、通常のミズナラ材の調達から樽作りも進行中。長濱蒸留所などでも、ミズナラ樽での試験的な熟成が行われているようです。

(今回の963に使われたミズナラ樽。どちらも新樽、サイズはホグスヘッドだろうか。写真は963ブランドのFacebookページから引用。)

さて、963ミズナラウッドフィニッシュは、新樽のミズナラ樽を使い、ベースとなるブレンドに対して2ヶ月間の後熟を行なったもの。たった2ヶ月間・・・と思うかもしれませんが、テイスティングの通り、結構しっかり樽由来のニュアンスが感じられます。
元々ミズナラの新樽はエキスが出やすいだけでなく、フィニッシュの期間が気温が高く木が膨張してエキスが出やすい夏場だったことも作用しているようです。
       
ベースに使われたブレンドからは、熟成感としては6~8年程度の若い原酒の傾向。ノンピートかと思いましたが、ライトピーテッドタイプなのか、スモーキーな要素が潜んでいるように感じます。
そして気になるのは、どんな影響が出ているかですね。
ミズナラ樽と言えば、おそらく大多数の飲み手がドライフルーツを思わせる華やかさに、「白檀」「伽羅」に例えられる、香木的な香味をイメージすると思います。
ところがミズナラ樽を使えば必ずそうなるかと言うとそうではなく、香木系の香味が出る場合もあれば、ニッキのようなスパイシーさが強調されるケースもあり、樽の質かなんらかによって、仕上がりに違いが出てくる模様。
今回のノンエイジブレンドは、ベース原酒が樽感淡く若いタイプであるためか、華やかさよりもスパイシーなフレーバーが目立つ仕上がりとなっています。

ちなみに、上述の長濱は八ツ橋か?というくらいにニッキ全開でしたし、秩父のMWRもスパイシー傾向ですから、そういう意味では意外な仕上がりという感じではありません。
963のNAレンジは、郵便番号に由来する同ブランド名称から"ポストマンハイボール"として、飲み方にハイボールをプッシュしているそうですから、使い方で考えるとこの仕上がりのほうが使いやすいとも言えそうです。

なお、後日紹介する17年のほうは、所謂香木系のニュアンスを備えた仕上がりになっており、2本を飲み比べるとミズナラの影響がどう働いたかがわかりやすく。ミズナラ原酒が高騰する昨今にあって、その経験積むことが出来る教材としても使えるリリースだと思います。

笹の川酒造 安積蒸留所が第2回共同カスクオーナーの募集を開始

カテゴリ:
昨年、笹の川酒造と福島屋商店さんのコラボで実施された安積蒸留所の共同カスクオーナー制度。
募集が行われた当時、まだ安積蒸留所からはニューポットの販売もされておらず、すべてが未知数だった状況。にも関わらず最大150口の予定を大きく上回る254名317口の応募があり、急遽樽数を増やして対応したというのですから、やはり自分の樽を持つという特別感、未知のものへの期待感は愛好家の背中を押すのに充分すぎる効果があるということだと思います。


さて、その共同カスクオーナー制度ですが、つい先週末から第二回の募集が開始されました。
今年の募集は100〜150口、2018年の蒸留から5年間の熟成で、価格は1口1万6000円から。
樽は今年もバーボン樽でしょうか。
ボトリング時の仕様は700ml43%の加水シングルカスクで1口あたり2本を予定。オリジナルラベルは別料金で対応と、告知されている内容は、基本的に前回第一回と同じ仕様となっています。 

笹の川酒造×福島屋商店 共同カスクオーナー制度「琥珀色の浪漫」
※参加登録ページは以下からとなります。
(10/17 申し込み多数により今年も2樽への増加調整中とのことです。)



樽詰めされる安積蒸留所のニューポットは、少し田舎っぽさのあるオーソドックスなタイプ。酸味と程よい雑味を感じるアロマ。口当たりに柔らかいコクのあるモルティーな甘み、香ばしさがあって「いいんじゃない?」と言いたいところですが。。。
日常的に行われる試行錯誤や、今年からノンピートに加えてピーテッドモルトの仕込みも始められており、2018年にはこれまでとは違った仕上がりのニューポットが作られる可能性は高いと感じます。
(2016年12月と2017年1月に仕込まれたニューポット。後者の方が嫌味な部分が少なく感じられる。)

それはピーテッド、ノンピートという仕様の根本的な違いというよりも、酒質そのものの変化があるのではないかということ。
現時点で蒸留時期の異なる複数種類の安積蒸留所のニューポットを飲んでいますが、雑味がクリアになっていたり、コクがあったりと、ウイスキー作りの経験が詰まれる中で酒質のブレを繰り返しながら、徐々に洗練されてきている印象も受けます。
それはイチローズモルトの秩父しろ、厚岸にしろ、津貫にしろ・・・全てのクラフトにあることで、ポットスチルや設備の癖的な理解をはじめ、ウイスキーの作り手が常に良いモノを求めて工夫を続けているからに他なりません。
こうした変化を味わう意味で、第一回目に参加されている方が引き続き参加されるのも面白いかもしれませんね。

ちなみに自分も今回の募集に一口応募していて、手続き待ちです。
ボトリングされるのは2023年。ウイスキー業界はどのようになっているのか、そして我々はどのように年を重ねているのでしょうか。


【以下、ご参考】
笹の川酒造、安積蒸留所の紹介については以前記事化していますので、そのリンクも貼らせて頂きます。

第一回募集記事と蒸留所(熟成環境)等の紹介記事。
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1062846773.html
   
安積蒸留所 ニューポットのテイスティング記事
http://whiskywarehouse.blog.jp/archives/1064108877.html

また、他のサイトとなりますが、第一回の共同オーナー制度に参加され、その後同蒸留所を見学、個別に取材をされた方の記事が大変良くまとまっておりますので紹介させていただきます。
笹の川酒造では、共同オーナーを対象とした交流会、現地見学会を今年の3月に開催しており、その模様もまとめられているのでオーナーになる楽しみの一つもイメージしやすいかなと思います。

クラウドファンディングの現場から ~福島・ウイスキー共同樽オーナープロジェクト~
http://www.actzero.jp/social/report-21210.html


前回のオーナー募集の際は、当ブログの記事がきっかけとなって参加された方が結構いらっしゃったそうです。元郡山市民として、地域活性化にも繋がる活動を応援出来て嬉しいですね。
自分は日本全体のウイスキー文化の発展もさることながら、縁のある土地にウイスキー文化が根付いて、そこで作られたウイスキーを飲むのも楽しみの一つ。
笹の川酒造さんの活動は、引き続き応援を兼ねて紹介していきたいです。

福島県南酒販 963 ブレンデッドウイスキー 赤ラベル 46%

カテゴリ:
IMG_5116
963
MALT & GRAIN
RED LABEL
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:ツンとしたアルコール感、ハッカのようなスーッとする爽やかさ、ザラメの甘さ、乾いた穀物のようなアロマ。時間経過でラムのような植物っぽいニュアンスが開いてくる。

味:ややドライで若さを感じるニュアンスはあるが、まろやかなコクのある甘みがある。ケーキシロップ、バニラウェハース、ビスケット。
余韻はヒリヒリとしたアルコール感、ドライ。干し草、微かなピートを伴いさっぱりとしている。

香りほどアタックは強くなく、口に含むと柔らかい甘みにモルティーな味わい。ハイランドタイプのブレンデッドを地で行く構成。単調気味だが飲みやすくまとまっている。
ストレート、ロック、ハイボール、様々な飲み方で気軽に飲める晩酌ウイスキー。


先日紹介した963の黒ラベルの姉妹品。黒ラベルがアイラモルトを彷彿とさせるピーティーな原酒を主体に作られているのに対し、赤ラベルは穏やかなハイランドタイプの原酒を主体に構成されています。
WEB上の評判は黒ラベルのほうが良いようですが、香味のベクトルの違いはあれど、質的に両者にあまり差はなく、この赤ラベルもなかなか頑張ってるなと感じています。

ピートや樽感というものはお化粧のようなモノで、付けすぎているとケバくてしつこいものの、原酒の嫌味な部分、若い部分などをマスクするため、それなりな仕上がりになる傾向があります。ニューポットなんかはまさにそうですね。
他方、ノンピートならぬピートをほとんど焚いていない原酒の場合はその逆、酒質由来の要素がダイレクトに飲み手に届きます。
若い原酒を使うウイスキーでは、そうした香味とのバランスが特に難しいと思う部分になります。

IMG_5110

この963赤ラベルは、全体のバランスをとるため若い原酒に加えて中熟クラスの原酒が使われている印象があります。
樽感は淡くリフィルタイプですが、飲み口の後に広がる甘みに柔らかいモルティーなコクが混じって余韻への橋渡しとなっており、若さ、嫌味な要素を軽減。熟成感としては黒ラベルよりも感じられます。
こういう樽が強くなくコクのあるウイスキーは、ハイボールにしても柔らかさ、スムーズな飲み口が残るので、テイスティングの通り色々な飲み方に使えるわけです。

笹の川酒造のお膝元である福島県郡山市では、酒販店頭にも多く見られるようになってきたという963シリーズ。
カクハイを卒業したら次はご当地ハイボール。笹の川酒販では今年からピーテッド原酒の製造も始まったとのことで、このまま現地の文化として成長し、根付いていって欲しいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×