カテゴリ

カテゴリ:笹の川

笹の川酒造 963 ブレンデッドウイスキー 赤ラベル 46%

カテゴリ:
IMG_5116
963
MALT & GRAIN
RED LABEL
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:ツンとしたアルコール感、ハッカのようなスーッとする爽やかさ、ザラメの甘さ、乾いた穀物のようなアロマ。時間経過でラムのような植物っぽいニュアンスが開いてくる。

味:ややドライで若さを感じるニュアンスはあるが、まろやかなコクのある甘みがある。ケーキシロップ、バニラウェハース、ビスケット。
余韻はヒリヒリとしたアルコール感、ドライ。干し草、微かなピートを伴いさっぱりとしている。

香りほどアタックは強くなく、口に含むと柔らかい甘みにモルティーな味わい。ハイランドタイプのブレンデッドを地で行く構成。単調気味だが飲みやすくまとまっている。
ストレート、ロック、ハイボール、様々な飲み方で気軽に飲める晩酌ウイスキー。


先日紹介した963の黒ラベルの姉妹品。黒ラベルがアイラモルトを彷彿とさせるピーティーな原酒を主体に作られているのに対し、赤ラベルは穏やかなハイランドタイプの原酒を主体に構成されています。
WEB上の評判は黒ラベルのほうが良いようですが、香味のベクトルの違いはあれど、質的に両者にあまり差はなく、この赤ラベルもなかなか頑張ってるなと感じています。

ピートや樽感というものはお化粧のようなモノで、付けすぎているとケバくてしつこいものの、原酒の嫌味な部分、若い部分などをマスクするため、それなりな仕上がりになる傾向があります。ニューポットなんかはまさにそうですね。
他方、ノンピートならぬピートをほとんど焚いていない原酒の場合はその逆、酒質由来の要素がダイレクトに飲み手に届きます。
若い原酒を使うウイスキーでは、そうした香味とのバランスが特に難しいと思う部分になります。

IMG_5110

この963赤ラベルは、全体のバランスをとるため若い原酒に加えて中熟クラスの原酒が使われている印象があります。
樽感は淡くリフィルタイプですが、飲み口の後に広がる甘みに柔らかいモルティーなコクが混じって余韻への橋渡しとなっており、若さ、嫌味な要素を軽減。熟成感としては黒ラベルよりも感じられます。
こういう樽が強くなくコクのあるウイスキーは、ハイボールにしても柔らかさ、スムーズな飲み口が残るので、テイスティングの通り色々な飲み方に使えるわけです。

笹の川酒造のお膝元である福島県郡山市では、酒販店頭にも多く見られるようになってきたという963シリーズ。
カクハイを卒業したら次はご当地ハイボール。笹の川酒販では今年からピーテッド原酒の製造も始まったとのことで、このまま現地の文化として成長し、根付いていって欲しいですね。

笹の川酒造 963 ブレンデッドウイスキー 黒ラベル 46%

カテゴリ:
963
MALT & GRAIN
FINE BLENDED WHISKY
SASANOKAWA SHUZO
700ml 46%

グラス: 木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★(4-5)

香り:透明感のある香り立ち。乳酸系の酸味、塩素、シトラスの爽やかさと焦げたようなスモーキーさ。徐々にローストナッツを思わせる香ばしさもある。

味:ドライな口当たりとあわせてとろりとしたオイリーな甘みのある粘性、ピリピリとしたスパイスの刺激、酸味を伴う麦芽風味にスモーキーフレーバーがしっかりと広がる。
余韻はドライでピーティーでスモーキー、根菜を思わせる苦味、焦げたようなピートの香味がしっかりと長く続く。

ピーティーでモルティーなブレンデッドウイスキー。原酒の若さ故やや単調な味わいではあるが、その分ピートレフレーバーという個性が際立っている。ドライな飲み口に反してボディもそこそこあり、ストレート以外にロック、そしてハイボール、あるいは最近流行りのシビハイなど用途は多い。


今年3月頃、笹の川酒造と福島県南酒造がリリースしたブレンデッドウイスキーの新商品。開封直後から味わい的に夏向きだなと、ブログ掲載時期をずらしたところ、気が付いたら8月に入ってしまっていました。
いやぁ、月日が経つのは早い。。。 最近特に早い。。。(笑)

この963シリーズは輸入原酒も含めて幅広く原酒を使って作る、福島県南酒販のプライベートブランドの一つです。
昨年は963の8年や21年が50%オーバーの仕様でリリースされ、特に21年が某ウイスキー雑誌で高評価されるなど注目も集めました。
今回テイスティングしている963の第二弾となるNA(黒ラベル、赤ラベル)シリーズは、46%加水で価格を抑えるために比較的若い原酒を使用。赤はハイランドタイプ、黒はアイラ系のスモーキーな構成、どこかで聞いたような住み分けですが、程価格帯の無個性なウイスキーから脱却し、モルトの尖った個性を付与する方向性でブレンドされています。

黒ラベルについては若いは若いのですが、嫌味に感じるほどの未熟香はなく、クリアでドライ、余計な要素が少ない分ピートフレーバーが際立ってブレンドの個性を楽しめる味わい。また、モルト比率も多めなのでしょう、結構しっかりモルティーで、例えば若いカリラやアードモアに共通する香味も感じられます。


(笹の川酒造・安積蒸留所でカリラというと思い出すのが貯蔵庫に転がっていたカリラの古樽。中身は既にカリラではないウイスキーカスクだが、こうした樽があるのは同社が長くウイスキーづくりに関わってきた証でもある。)

ウイスキーづくりはサントリーやディアジオのように多種多様な原酒を持てる場合を除き、特にクラフトの場合は作れる商品の方向性に限りがあり、しかも大体どの会社も同じところに収束する印象があります。
すると1本あたりのコストは大手の方が安く済むので、どうしてもクラフト系のブランドは割高になってしまいます。これはどの業界も同じような状況ですね。
ではクラフトは何を武器に大手と戦うか、一つは同じ市場で戦わない、大手が出さないような味、個性的な商品を作っていくのが一案。
そしてもう一つは、地域に根ざした活動で、ご当地アイドル的に一定の市場を確保する方法。

この963の黒、赤は個性という点で面白いウイスキーを作ってきたと思います。バランスよりも尖った味わい、しかしどちらのタイプもスコッチ・ジャパニーズ全体で珍しくないので、昨年試作品を見せてもらった日本酒酵母のウイスキーや現地のワインやリキュールなど何か使えないかと感じるところ。
後は963の(福島県郡山市を中心とした郵便番号から命名)このブランドがいかに現地でファンを獲得するか。現地の百貨店などではテイスティングイベントも行われているようですし、昨年募集されたカスク共同オーナーも素晴らしい企画でした。手間がかかるだけでなくトライ&エラーも続くと思いますが、今後も引き続き面白いウイスキーを作っていって欲しいです。

笹の川酒造 山桜 9年 シェリーウッドフィニッシュ 56% 三越伊勢丹向け

カテゴリ:
SASANOKAWA
YAMAZAKURA
Aged 9 Years
Sherry Wood Finish
Specially Bottled For Mitsukoshi Isetan
700ml 56%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml
場所:自宅(サンプル@TSさん)
時期:開封後1週間程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ツンとして甘くドライな香り立ち。ザラメ、クラッカー、乾いた草っぽさとキンカンを思わせる柑橘香。徐々にスパイシーでハーブ、ジンジャーのニュアンスに古樽のえぐみを伴う。

味:甘くドライでスパイシー、少し粉っぽさを伴う口当たり。オーキーでバニラ、砂糖をまぶしたレモンピール、奥にはナッティー。
余韻はハイトーンでスパイシー、古酒っぽい樽のえぐみ、乾いた麦芽の香ばしさを伴い長く続く。

ホワイトオークで熟成されたオーソドックスな構成たる、オーキーでスパイシーな香味。クラフト系の癖も余韻に混じる。フィニッシュのシェリーカスクはサードフィルくらいの樽を使ったのだろうか、強くは主張しない。
この手の香味は突き抜けないが、安定して楽しめる。加水すると刺激が収まり、バランスが良くなる。


三寒四温、3月らしく寒暖の差が激しい日々の中で、東京では徐々に桜が咲き始めています。
今日はその桜を冠した笹の川酒造の山桜シリーズから。三越、伊勢丹の企画商品で、以前このブログでも紹介した、山桜9年カスクストレングスのシェリーカスクフィニッシュ版です。
9年表記らしく香味はフレッシュ、アルコールの刺激も感じますが、決して若いニューポッティーさがあるわけではなく、オークフレーバーの奥にはクラフトディスティラリーらしい温暖な中で貯蔵された古酒系の樽感も感じられます。

原酒構成は、その味わいからこれまでの山桜シリーズ同様、15年程度の自社ブレンド用に貯蔵してきた原酒と、新たに買い付けたものとのバッティングという印象。
一方で、ノーマルな9年カスクストレングスとの違いが、ラベルの「ジャパニーズウイスキー表記」。最近、マルスやイチローズモルト、笹の川酒造らクラフトメーカーのウイスキーは、日本で蒸留しているかどうかでこの表記の線引きをしている印象があり、ジャパニーズ表記をしているという事は、自社蒸留並びに国内調達の原酒で構成されているという事でしょうか。
ベースとなる酒質はハイランドタイプのニュートラルな構成で、国内蒸留所でこの手のフレーバーとなると。。。いくつか考えられますね。

樽構成はテイスティングの通りホワイトオーク樽のフレーバー主体。シェリーオークという名称から、濃い色合いを予想していましたが、比較的ライトカラーで、シロップのような甘みと、微かにナッティーなフレーバーが付与されている程度です。
シェリー風味を加えるのではなく、貯蔵で強く出た樽感のバランスを整えるための短期間のフィニッシュだったのではと推察します。(クラフトだと、江井ヶ島が白ワイン樽や焼酎樽で、こういうフィニッシュをしています。)

個人的にシェリー感の濃くでた味わいに温かみを感じる一方、この手のツンとしたウッディさは少し冷たいイメージを持ちます。
それはさながら今の時期のよう、風は肌寒いけれど、日差しは暖かい小春日和。ローカルネタですが、逢瀬川の桜並木、開成山公園の桜、学生時代に見た景色を思い出した1杯でした。


このボトルは、ウイスキー仲間のTSさんからサンプル交換で頂きました。綺麗な写真もありがとうございました!

笹の川酒造 安積蒸留所 ニューポット 2016年蒸留 63%

カテゴリ:
IMG_3211
ASAKA
SASANOKAWA SHUZO
NEW POT
Disitlled 2016.12.26
Bottled 2017.01.13
250ml 63%

香り:酸味が強く、ドライなアルコール感と微かに発酵臭を伴うアロマ。加水すると乾燥させた麦芽、おかき、無糖のシリアルを思わせる香ばしさを感じる。

味:軽くスパイシーな口当たり、最初はニューポットらしい乳酸系で微かに発酵したような酸味、口の中で転がすとオイリーで香ばしい麦芽風味が主体的に。
余韻は麦芽系のフレーバーが後を引きつつあっさりとしている。
ボディはミドル程度、加水するとバランスがとれて口当たりは柔らかくまろやかに。

まごうことなきモルトウイスキーのニューポット。どこか垢抜けていない素朴なニュアンスを伴う、個性のプレーンなハイランド系統の仕上がり。
酸味が多少強いが、発酵臭や温泉卵のような硫黄系の要素は少なく、加水の変化を見ても素性は悪くないと感じる。
中長期熟成向けの原酒であると感じる一方、今後蒸留のノウハウやイメージが蓄積する中で、どのような方向性で蒸留所のキャラクターが洗練されていくかを見て行きたい。

笹の川酒造が昨年操業した安積蒸留所、そのニューポットが福島県を中心に出荷されました。
蒸留は2016年12月26日、ボトリングは2017年1月13日で、年末を挟んだこともあり、この約3週間はタンクの中でボトリング待ちだった模様。
そう言えば昨年告知された福島屋商店の樽オーナー制度の樽詰めは、2017年3月ですから、これと同系統の原酒が使われるのかもしれません。

今年中にはピーテッドモルトの仕込みも行われる予定とのことで、この酒質でピーテッドであれば、アイランズ系統の中々楽しめるモルトができるのではないかと感じています。
地元に蒸留所が稼働を開始しただけでも嬉しい事ですが、活発な動きがあるのはなおの事。今後も引き続き紹介していきたいです。

(安積蒸留所のポットスチル。間接加熱式でストレートヘッド。三宅製作所製。)

日本に限らず各蒸留所のニューポットをテイスティングすると、それぞれに特徴があり、狙っているキャラクターで違いが出ていることがわかります。
ニューポットが熟成していく過程や、熟成を終えて製品化された後、その全行程から作り手はフィードバックを受けて、目指すキャラクターを絶えず調整していきます。

対して、まだ稼働し始めたばかりのクラフトディスティラリーは、一定期間熟成させたマイルストーンとなるリリースがないため、先をイメージしながら原酒を作っていくことになります。
例えるなら連載開始時点の漫画のようなもので、書かれ続けるうちに、画風とキャラクターにも変化があり、徐々に個性が洗練されていくようなもの。
安積蒸留所のニューポットも、このリリースが完成形ではなく、様々な原酒が作られ、ノウハウが蓄積し、目指す個性がはっきりとしていくのだと思います。

今回のリリースだけでなく、津貫、長濱、そして今年中には厚岸、三郎丸、静岡といったその他の蒸留所からもニューポットのリリースがあると思いますが、彼らのスタート地点に立ち会えるというのは、この時代にウイスキーを飲んでいたからこその楽しみでもあります。

ニューポットは決して美味しくはないもので、将来の姿に思いを馳せて楽しむものです。(プラス地元の酒であれば、それだけで感慨深いものも。)
10年後、20年後にリリースされているであろう製品から、2017年の今を振り返った時、どのような個性が育っているのか。
願わくばその時代まで、日本のウイスキー産業が成長を続けていることを祈って、今回の記事の結びとします。

笹の川酒造 安積蒸留所がウイスキー樽の共同オーナー募集を開始

カテゴリ:
笹の川酒造樽オーナー募集
日本各地で新しい蒸留所が産声を上げる中、操業した蒸留所が「樽売り」を開始しています。
樽売りには大きく2パターン、熟成した原酒を販売するものと、新酒の段階で売るものがあるわけですが、日本のクラフトディスティラリーのほとんどは熟成させた原酒を持ちませんので、今後蒸留するニューポットを販売し、規定の期間貯蔵庫で熟成。数年後にボトリングしたウイスキーが手元に届くというシステムになります。

自分で樽を持つ。
ウイスキー好きなら一度は憧れるマイ樽ですが、その価格は決して安くありません。
直近、国内クラフトディスティラリーのおおよその販売価格は、200リットルのバーボン樽(約5年程度の保管)で100~200万円。何よりボトリング後には100本単位で同じウイスキーが届くことになり、企業や団体が何かの記念に詰めておくなら現実味はありますが、個人の場合は消費や保管スペースの問題も・・・。
そんな中、先日募集開始された笹の川酒造(安積蒸留所)と福島屋商店の樽オーナー制度は、1口16000円で2本分を販売するもので、個人消費者でも気軽に参加できる共同企画となっています。

笹の川酒造 福島屋商店
参考及び画像引用:ウイスキー樽オーナー募集(福島屋商店)
https://www.fukushimaya-shoten.jp/whisky/

安積(あさか)蒸留所は、福島県郡山市にあるクラフトディスティラリー。
笹の川酒造については、このブログでも度々取り上げている"山桜"や"963"などの商品でご存知の方も多いと思いますが、同社が自社で原酒を生産するため、今年4月に整備を完了したのが、安積蒸留所です。
その後、5月~9月頃を試験蒸留期間として、設備の確認や様々なタイプの原酒を試験的に生産。10月から本格的に蒸留を開始しています。

今回募集される樽オーナー制度での原酒は、同蒸留所の系統からノンピート。樽のタイプは書かれていませんでしたが、ウイスキーオーク(リフィルカスク)か新樽、バーボン樽あたりだと思います。
保管期間は2017年3月から2022年までの5年間。ボトリングはシングルカスクの43%加水で、別途オプションでオリジナルラベルにも対応している模様。熟成期間中は、1年に1回のサンプリングや樽オーナー対象の蒸留所見学会なども行われるそうです。
時期的には、来年4月から社会人になる方、子供が生まれる方、あるいはお店を開業されたり節目の歳を迎える方が購入される(贈り物とする)のも面白いかもしれません。


さて、同蒸留所についてはウイスキーマガジンが特集した記事が既にWEB上にあるため、その仕様を知ることは出来ます。
しかし、味も知らぬ蒸留所の原酒を樽買いするのは、たとえ少量であっても抵抗があるものです。
そこで今回の記事では、安積蒸留所のニューポットの特徴に触れつつ、5年後の姿にフォーカスして紹介します。
IMG_0659

実は今年の7月。試験蒸留中の同蒸留所を見学、出来上がったばかりの原酒のテイスティングもしておりました。
訪問記として記事を書く予定でしたが、タイミングを逃してしまって・・・現在に至っていたのです。(笹の川酒造の皆様、申し訳ございません。)

笹の川酒造は日本酒が主軸のメーカーであることもあり、仕込みの際にはウイスキー酵母以外に日本酒酵母を使った原酒も試験的に作っています。
別メーカーの方に聞いたところ、この日本酒酵母での発酵は、ウイスキー酵母やビール酵母に比べて難しく安定しないそうで、試験蒸留中うまくいかない事もあったのだとか。
そう言っても、どうせ蒸留するんだから大きな違いはないだろうと思っていたのですが、写真の5種類のニューポットでも、うつくしま夢酵母は日本酒のような華やかさがあり、協会701酵母はクリアで雑味が少ない、901号や広島酵母は逆に苦味などの雑味のあるウイスキーらしいニューポットに仕上がるなど、明確な違いにびっくりしました。


見学の際に聞いた話では、単一酵母ではなく、複数の酵母を掛け合わせるなどして笹の川独自の原酒を作っていく実験もしているとのことでしたが、先日のウイスキーフェスティバルでお聞きした際は、ひとまずウイスキー酵母で生産を開始したとのこと。

そのニューポットは、度数63〜64%。ボディはミディアム程度。
金属臭や硫黄臭などの嫌味な要素が少ない、穀物系の香ばしさと酸味を伴う素性のよさを感じる香り立ち。コクのある口当たりに軽いスパイス、乾いた麦芽の香ばしさ、ほのかに梅を思わせる酸味。余韻は軽やかな香ばしさが盛り上がるように残ります。
華やかでフルーティーなタイプというより、素朴な田舎料理を思わせるタイプだと感じました。

熟成環境に話を移すと、安積蒸留所は福島県のほぼ中心、郡山市の街中から少し離れたところにあります。
同市の気候は盆地の福島県らしく夏はカラッと熱く、冬は非常に寒い。即ち寒暖差があって熟成が早く進む環境であるため、このニューポットなら後は樽次第で、短期間の熟成でもそれなりに楽しめるクオリティに仕上がることも期待できます。

写真は笹の川酒造の熟成庫。リンクウッドとカリラのウイスキーカスクに目が行きがちですが、ブレンド用に調達した原酒や、試験蒸留したニューポットの姿もあります。(また、元々倉庫だった場所を改築したため、ダンボールなどの荷物が(笑))

購入した原酒もまた、ここで5年間の眠りにつきます。
一つ懸念事項を上げるなら、夏場は30度くらいまで気温が上がるため、樽が強く出過ぎる可能性があることでしょうか。ただ、それも土地の色、土地の味であり、ウイスキーの熟成と共に過ごす期間が、特別な時間である事に変わりはありません。
また、ボトリング時に43%まで加水する仕様が予定されているため、強い樽感を押さえてバランスの良さに繋がる可能性もあります。
今回の企画と類似のものは、かつてニッカウイスキーが浪漫倶楽部として行っていましたが、現在は募集を停止しているため、久しぶりの機会となります。今後、その他の蒸留所でもこうした企画が増えてくれたらいいなと思いつつ、控えめにアピールして、この記事の結びとします。

IMG_0643 IMG_0653
※オマケ:安積蒸留所のポットスチル。そしてミルから糖化槽への芸術的な配管の取り回し。天井の高さと装置の大きさの関係で、斜めに上げる形になってしまったのだとか(笑)

このページのトップヘ

見出し画像
×