カテゴリ

カテゴリ:笹の川

山桜 ブレンデッドモルト ポートワイン&シェリーカスクフィニッシュ 46%

カテゴリ:
IMG_20190507_234538
YAMAZAKURA 
BLENDED MALT WHISKY 
PORT WINE CASK FINISH & SHERRY CASK FINISH 
Sasanokawa shuzo 
700ml 46% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5ー6)

香り:ウッディでシーズニング系のドライプルーンやチョコレートクリームのような甘さを感じるシェリー感。次第にワイン樽由来のシロップと薬草香。少し人工的な要素を伴う特徴的なニュアンスも伴う。

味:口当たりは少々緩めではあるが、角のとれたウッディな樽由来の甘味、シーズニング系のシェリー感。口の奥にウイスキーが流れていくにしたがって、木苺や酸化した赤ワインのような酸味、微かにハーブや椎茸っぽさも伴う。
余韻はスパイシーな刺激と共に、ビターで微かに焦げたような苦味と若干のタンニンが感じられる。

少しポートワイン樽由来とおぼしき甘味と酸味が目立つが、シーズニングシェリー系の香味をベースに、穏やかなモルティーさのある味わいでバランスは悪くない。少量加水すると最初は個性がぼやけるが、時間を置くことで馴染んで一体感が出てくる。ロックで飲んでも悪くないかもしれない。

IMG_20190507_234629

こんなの出てたのか、というリリース。
元市民の自分としては、笹の川酒造と県南酒販の商品はなるべく取り上げたいところですが、最近の笹の川酒造は安積蒸留所のニューボーンだけでなく、買い付けた原酒を数年程度熟成庫で追加熟成させ、オリジナルブレンドのリリースも精力的に行っており、百貨店限定品とかもあったりするのでつい見落としがち・・・。
調べてみると、直近ではシェリーやワインなど、各種フィニッシュのリリースが行われていたところでした。

今回のリリースは、50本と非常に少数のリリースであることから、何らかのイベント向けかなにかで、こうした貯蔵原酒の一部を用いてブレンドされたものと考えられます。
香味から察するに、ベースになった原酒の系統はハイランドタイプ。使われている原酒の熟成期間は10~15年程度といったところでしょうか。
ポートワイン樽とシーズニングシェリー樽でそれぞれ原酒をフィニッシュしたそうですが、ポートよりもシェリーの方がフレーバーが馴染んでいるため、ベースに使われた原酒がそれぞれ異なるか、あるいはフィニッシュ期間がシェリー樽原酒のほうが長いのかもしれません。

シーズニングシェリー系の香味をベースに、ポートワイン由来の甘味や酸味がアクセントになっているような構成。加水で整えられた口当たりは穏やかで、突き抜けないものの、全体的にバランスは悪くありません。
それこそ初期の頃にリリースされていた山桜15年シェリーカスクなどと比べると、ブレンドのノウハウが蓄積されてきてるなぁ、とも感じるリリースでした。

本ボトルはイベント会場で購入したものとのこと。ブースにあったのか、ボールペンを使って書かれた社長のサインが、本人を知ってる人には逆にチャーミングです(笑)。



963 ブレンデッドモルト 17年 ワインウッドリザーブ 46% 福島県南酒販

カテゴリ:
IMG_20190325_081923
963 
BLENDED MALT WHISKY 
AGED 17 YEARS 
WINE WOOD RESERVE  
Release 2019 
Bottled No, 547/634 
700ml 46% 

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:自宅
評価:★★★★★★(6)

香り:穏やかな香り立ち。トップノートは乳酸系の酸と、人工のオレンジシロップのようなケミカルさ。合わせてフレーバーティーを思わせる甘みとウッディネス。

味:ほのかな粘性とビターな口当たり。カカオをまぶしたバニラ、若い林檎、口内にとどめるとパイナップルシロップのような甘み。
余韻はウッディでドライ、オーキーな華やかさが鼻孔に抜け、ケミカルなフルーティーさと樽由来の渋味が長く残る。

加水が適度に効いて飲み口は柔らかく、ワインカスクらしい張り付くような色濃い甘みはそれほどないが、タンニン、ウッディネスは健在。酒質由来の香味としては、似たキャラクターではベン○ヴィス的な味わいでまとまっている。この一体感、ティースプーンモルトだろうか。

IMG_20190325_081947

意欲的に様々なリリースを行っている、笹の川酒造の関連会社、福島県南酒販のプライベートブランドである963シリーズから、バーボン樽熟成の原酒を国産ワイン樽でフィニッシュした、ワインウッドリザーブのリリースです。

これまで、963の17年熟成ブレンデッドモルトはミズナラ樽フィニッシュが2本リリースされていて、どちらもハイランドタイプで癖の少ない原酒がベース。バーボン樽由来の華やかなオークフレーバーとミズナラ樽のスパイシーさと合わさった、”愛好家に認知されているミズナラフレーバー”を擬似的に構成している面白いリリースでした。
そして今回のワインカスクリザーブも同様にバーボン樽原酒がベース。。。なのですが、バーボン樽由来のオークフレーバーもあるはあるものの、それ以上に所謂ジェネリックトロピカルに該当するケミカルなフルーティーさ、シロップのような甘みが樽由来のビターな味わいのなかで主張していて、原酒の構成からしてこれまでのリリースとは異なっていて少々驚かされました。

ばらつきの無い個性、ケミカルなフルーティーさから、ブレンドを構成している主たる原酒はハイランドモルトの"Bの辺り"と推察。国産原酒でこの系統はまだ無いですね。
ワイン感はワインそのものを思わせる酸味やハーブ系のニュアンスは少なく、コクがある程度。色も写真の通りでうっすら赤みがかった程度であるため、国産ワイン樽といってもワインがそう濃く無いタイプか、あまり長期間使っていない樽だったのかもしれません。

一方で樽材由来のウッディさ、渋味はそこそこ強く、ここはスコットランドでのバーボンバレルによる熟成感と異なるところ。
裏ラベルには「17年バーボンバレルで熟成し、最後にワイン樽で後熟」という説明で17年表記となってますので、ワイン樽の期間が1年未満のように読めますが、それでこの樽感は少々違和感あり。例えばティースプーンモルトの輸入原酒(バーボン樽ベース)を、安積蒸留所で再びバーボン樽に詰め、ワイン樽後熟含めて3~4年単位熟成して仕上げたとかなら。。。熟成感の違いも納得できます。

何れにせよ、このウイスキーに備わったフルーティーさは近年のトレンドのひとつであり、これもまた面白いリリースだと思います。
ここで後熟に使った樽は、また新たな熟成に使えますし、原酒の幅を広げて更なるリリースに繋げていってほしいと思います。

963 ダブルマチュアード 46% 福島県南酒販

カテゴリ:
963-double-matured
963 DOUBLE MATURED
MALT & GRAIN FINE BLENDED WHISKY
Release in 2018 

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度

IMG_9390
RED 500ml 46%
評価:★★★★(4)

やや焦げ感と樽由来の溶剤っぽさを伴うビターなアロマ。オレンジピール、微かにナッツ、時間経過でグレーン感が前に出てくる。若さ由来の酸味を伴う口当たりだが、余韻はほろ苦く奥には蜂蜜を思わせる甘みもある。

安価なブレンデッドにはない香味の起伏があるものの、それは言い換えればばらつきというか、まとまりのなさとも言える構成がこのボトルには感じられる。通常品は若い原酒のライトな構成で、そのベースに後熟の分の樽感が暴れている印象。

IMG_9391
BLACK 500ml 46%
評価:★★★★★(4-5)

チャーオーク由来のワックス感交じりのウッディネス、香り立ちはあまり強くはないが焦げた樹皮のようなスモーキーさがほのかに混じっている。
口当たりはピーティーでビター、焦げ感の奥にはグレーン由来の穀物感、ピリピリとした舌あたりに原酒の若さも多少感じるが、樽感でマスクされている。
余韻はスモーキーで根菜のようなニュアンスの混じるドライなフィニッシュ。

通常品はピーティーでクリア、若いカリラを思わせる味わいで、ハイボールに使いやすい印象であったところ。ダブルマチュアードはクリアな部分に樽感が加わり、これはこれという仕上がり。ロックで飲むとちょうど良い。

IMG_9392
AMBER 500ml 46%
評価:★★★★★(5)

オレンジキャンディーや蜂蜜を思わせる甘いアロマ。合わせて焦げた木材、シトラスのような少し尖った印象のある柑橘感、若いバーボンのような溶剤とウッディなえぐみを伴うニュアンスも。
口当たりは少しべたつきがあり、蜂蜜とシュガートースト、オレンジママレード。徐々にビターでピートの存在感。微かにスモーキーさも伴う。

焦げ感のある樽香と甘み、全体としては序盤は赤、終盤は黒に通じる要素がある一方、そのままだと樽感と合わせて荒い作りだったところ。シェリー系の原酒だろうか、それらを繋ぐ軸として仕事をしている印象を受けた。こちらもロックに使いやすい。

IMG_9393

福島県南酒販がギフトシーズンに向けてリリースした、963ブランドのアレンジ品と新商品。3本セットで同社WEB以外にビック酒販などでも販売されています。
同シリーズは、先月のウイスキーフェスティバルでもブースで展開されており、ツイッターなどに書かれた感想は概ね良好だったようです。

アレンジ品となる963赤ラベルと黒ラベルのダブルマチュアードは、それぞれ該当するブレンドをバーボン樽で再貯蔵したもの。日本の熟成環境からか比較的濃い樽感と共に、リチャーの影響か全て焦げたようなニュアンスを伴う味わいです。
今回は違いがわかりやすいよう、通常品(※ギフトセットには付属しません)と比較もしながら、テイスティングしてみました。 

赤ラベル、黒ラベル共に通常品はボディのそこまで厚くない、プレーンで若い輸入原酒主体のブレンドです。
どちらも追熟による樽感は強くあるのですが、黒の方がまとまって感じられ、赤の方がギラつくのは、樽の個体差というよりピートでカバーされている部分が大きいのかもしれません。
特に開封直後は後付けの樽由来の要素が目立っており、1ヶ月程度経って多少落ち着いてきた印象。

一方、新商品となるアンバー・ダブルマチュアードは、スペイサイド系の原酒をベースとした赤、アイラ系(というよりピーティーなハイランドか)の黒という2つのキャラクターのあわせ技と言える構成に、両者にはあまり使われていなかったシェリー系の原酒が加わっているのか、該当するニュアンスと共に幾分重みのある香味に仕上がっています。 
若い原酒の荒さはあるのですが、余韻にかけてのじわじわと広がるピーティーさは 、スコッチのブレンドにみられるキャラクターで、上手く作ってあるなと思います。


クラフトディスティラリーは大手メーカーほど原酒の種類がありません。
その中でスタンダード品を安定してリリースさせつつ、限定品も作らなければならない。難しい立場にある中で、ベースは同じでもフィニッシュで少し目先を変えるというのは有効な方法と言えます。

昨年、今年とリリースされた963ミズナラウッド17年は、ファースト、セカンドリリースともに中々の出来。ウイスキーの味の6割が樽によるものとすれば、これに習って例えば現地で育った栗や桜などの木材を後熟樽に使うのは、独自性を出せるテーマであり、探求することで各地の個性あるリリースに繋がるのではと感じています。

笹の川酒造 山桜 ピュアモルト ノンエイジ  48%

カテゴリ:
YAMAZAKURA
PURE MALT WHISKY
No age
Sasanokawa Shuzo
700ml 48%

グラス:
場所:BAR ハリーズ高岡
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:嫌味の少ない酸味とフレッシュな若さを感じるアロマ。レモングラスの爽やかさ、パンのような酵母香とほのかにトーストの香ばしさも混じる。

味:若さのある口当たり、薄めた蜂蜜と砂糖漬けレモンピールを思わせる甘さ、微かなオークフレーバー。ニュートラルな構成。
余韻はほのかにドライで干し草のようなほろ苦さを伴いあっさりとしている。

8年程度熟成のスペイサイドモルトのようなウイスキー。香りから感じられる若さの割りに加水がほどよく効いて嫌味が少なく、柑橘系のニュアンスを伴うモルティーさが主体。ハイボールにするとさっぱりとして、夏場に飲むには使いやすい。


昨年笹の川酒造がリリースしていたノンエイジのピュアモルト。蒸留所の見学時やイベントなどでは何度か試飲していたのですが、掲載するのを忘れていたので改めてテイスティングすることにしました。
元郡山市民として、地元企業の作品は抑えておきたいですからね。

このバッテッド、所謂ジャパニーズらしさとも言える強い樽香ではなく、その味わいはスコッチタイプ。オフィシャルラインナップだとグレンマレイのスタンダード品が近いという印象です。
余韻にかけて樽由来のドライさが多少感じられるところから、チェリーウイスキーなどの地ウイスキー用に調達していた原酒で、複数回使用の古樽で追加熟成していたものをブレンドしていると思われます。


安積蒸留所を稼働する笹の川酒造の熟成庫を見学すると、樽に書かれた日付からニューメイク以外に地ウイスキー用の原酒も数年単位で保管されているのがわかります。この山桜ピュアモルトの原酒もそうした原酒のうちの一つなのでしょう。
現在は安積蒸留所の原酒が熟成され、もうじき2年を迎えます。区切りというかスタート地点に到達するまであと1年。
新しい原酒が使われ、チェリー(種)から桜が芽吹き、大輪に育つことを楽しみにしています。

963 ミズナラウッドフィニッシュ 17年 セカンドフィル 福島県南酒販 46%

カテゴリ:
963 BLENDED MALT WHISKY
MIZUNARA WOOD FINISH 
2nd Fill
Aged 17 years
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後数日以内
評価:★★★★★★(6)

香り:少しツンとした刺激、一瞬湿気ったような酸味を伴うが、すぐにバーボンオークのオーキーなアロマ。淡くミズナラを思わせる香木香にりんごのコンポート、蒸した栗、バニラのニュアンスが時間経過で前に出てくる。

味:オーキーでウッディな口当たり。序盤はややビターだが、次第にとろりとした粘性を伴う甘み、林檎やパイナップル、黄色系の果実味も感じられる。
余韻にかけてはほのかにクリーミーな甘み、白桃缶のシロップを思わせるような要素を含み、軽やかにウッディで長く続く。

ハイランドやスペイサイド系の原酒を思わせる穏やかな構成。若さを感じない適度な熟成感で、樽感はバーボンオーク主体だが、淡いミズナラのアクセントがフルーティーさを後押ししているように感じる。飲み方はストレート以外に、ロック、ハイボールも悪くない。


福島県南酒販から、夏のギフト向けに発売された963シリーズの最新作。
バーボン樽熟成のブレンデッドモルトをミズナラ樽で数ヶ月間後熟したものですが、ベースとなる原酒の香味がミズナラ樽由来の香味とうまくマッチ。近年高騰著しく、高嶺の花となってしまった同樽熟成ウイスキーの香味に近い構成となっているのがポイントです。

この963MWF17年は、昨年11月にもリリースされており、その際に使われたのはミズナラの完全な新樽。それを6月から9月頃まで、1年のうち最も暑い時期にフィニッシュに用いたことで、数ヶ月間でありながら結構しっかりと樽由来の香味が出ていました。(※写真左がファーストリリース、右がセカンドリリース。表ラベルは同一、裏ラベルが微妙に異なる。)

対して今回は引き継ぎとなるセカンドフィルに、ベース原酒はおそらくほぼ同じ系統のものを2月から5月、冬から春にかけて後熟。当然、樽から出るエキスの量が異なるため、ミズナラ感は多少淡くなっていますが、むしろファーストリリースの樽感が雑というか多少煩くも感じていましたので、樽に拘らずウイスキーの全体で見れば洗練されたような印象も受けます。
価格は前作から据え置きの1万円。2作目ということでファーストリリースを超える衝撃とはなりませんでしたが、これはこれで扱いやすく美味しいウイスキーなのではないでしょうか。


(ファーストリリース(左)とセカンドリリース(右)。ファーストリリースのほうが色濃く仕上がっている。)

今同じ系統が2作続いたわけですが、こうして見るとバーボン樽原酒とミズナラ樽の組み合わせは相性の良さを感じます。
香味としては、香木を思わせるニュアンスなど、アメリカンホワイトオークとミズナラの木材が持つ方向性の違いは当然ありますが、共通の要素がない訳ではありません。
ざっくり整理すると、バーボン樽はAとBの香味要素があり、ミズナラ樽はCとDを持つとするなら、このAとCがニアリーイコールなので、フィニッシュよって市場が求めるミズナラ樽熟成に近い原酒に仕上げられる可能性。

ミズナラはエキスの出が良いとも聞きます。新樽入手後いきなり10年単位の熟成を狙うより、フィニッシュで樽感を慣らしていくのも理にかなっています。
勿論樽は生き物、必ずこのようになるとは言い切れませんが、小規模生産のクラフト蒸留所の商品開発の方向性としては、参考になるリリースとも思うのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×