カテゴリ

カテゴリ:ブレンデット・バッテッド

ラングス シュープリーム 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20200124_212553
LANGS 
SUPREME 
SCOTCH WHISKY 
(Than 5 years in Wood) 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ビターで若干古酒感を伴うドライなアロマ。干し草、オールブラン、オランジェット。微かにカラメル系のシェリーのニュアンスや、色の濃いはちみつのような甘いアロマもある。

味:カルメ焼きやカステラ生地のような、軽い香ばしさとしっとりとした甘味。グレーンを思わせる穀物由来の風味も感じられる。余韻は若干の古酒っぽさと、干し草を思わせるフレーバーが序盤の甘味と合わせて感じられて長く続く。

麦芽風味を主体に、仄かに古典的なシェリー樽由来のニュアンスを伴う素朴な味わいのブレンド。一部熟成した原酒を使っているのか、ハイランドタイプのモルティーな味わいの中にドライフルーツ等に通じるニュアンスが含まれていて、香味に奥行きを与えている。

IMG_20200124_212629

後にエドリントングループとなる、ハイランドディスティラリーと関係が深かった時代のラングス社のブレンド。同社はグレンゴインを所有しており、そのブレンドの中核にはグレンゴインと、この時代のハイランドディスティラリー傘下の原酒が使われていると考えられます。
(1970年代当時、関連原酒一覧:ブナハーブン、グレンロセス、グレングラッサ、タムデュー、グレンタレット、タムデュー、ハイランドパーク、マッカラン。)

もちろん上記すべてが入っているわけではなく、飲んだ印象としてはグレンゴイン他、タムデューやロセスあたりのノン~ライトピートタイプの原酒がメインと思われます。
しかし近年ありがちな無個性でライト、ドライなブレンドではなく、5年熟成表記ながら若さを感じさせない味わい深さは、使われているモルトの質の良さを感じさせるものです。

IMG_20200210_234735
(ラングスブランドのスタンダードグレードである、オールド・スコッチウイスキーの1970年代同時期流通品。シュープリーム(究極の、至高の)という銘だけに、構成原酒の質は良いのかもしれないが、味とシェリー感はオールド・スコッチウイスキーのほうが濃いように感じられる。個人的にはこちらのほうが好み。)


ちなみに”傘下”ではなく関係が深いというのは、ラングス社を所有していたのはウイスキー卸し業者のロバートソン&バクスターグループで、この企業がハイランドディスティラリーの設立に関わるなど、繋がりが深かったため。最終的にロバートソン&バクスターはハイランドディスティラリーに吸収され、1999年にはそのハイランドディスティラリーもエドリントングループに収まるわけですが・・・。

この時期を境に何が起こるかというと、エドリントングループは、自らが求めるポートフォリオに見合わない蒸留所やブランドの、積極的な整理を開始します。
例えばこのブログでも度々出てくる、バーンスチュワート社へのブナハーブンとブラックボトルブランドの売却。グレンゴイン&ラングスブランドは、イアンマクロード社への売却が、それぞれ2003年に行われます。
また、グレングラッサは2008年、タムデューは2011年に売却。買収しない代わりに残るブランドへの集中投資を行うエドリントンスタイル。。。なんとも潔いビジネス方針です。

ということで、こうしてイアンマクロード社の所有となったラングスブランドですが、軸となるモルトは同じでも、構成する原酒が異なるであろうことは想像に難くなく。昔のブレンドの方が、麦芽風味だけでなくシェリー感もアクセントになっている、柔らかさと奥行きのある味わいが魅力です。
なおラングス・シュープリームは、現在も飲食店向け等でアサヒビールからほぼ同じ熟成年数構成で販売されていたりしますが・・・その味わいは知らぬが花なのかもしれません。

グレンエルグ 12年 ピュアモルト1990年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20200107_222534
GLEN ELG 
AGED 12 YEARS 
Pure Malt Scotch Whisky 
1990's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★(5)

香り:ややドライでハイトーン。バニラや洋梨を思わせる麦芽の甘さに、カシューナッツ、青竹のような植物っぽさを伴うウッディさ。単調気味だが嫌みな要素は少ない。

味:香り同様にドライな麦芽風味。軽いスパイシーさとこちらも若竹のような青みがかったニュアンス。
余韻はクルミの薄皮を思わせるようなほろ苦さに、ウッディで微かにオーキーな華やかさが感じられる。

樽感はあまり強くなく、プレーンでやや癖のある麦芽風味が主体のピュアモルト。ディーンストンメインと言われても違和感はない。またそこに中性的なハイランド(あるいはスペイサイド)モルトを加えたような構成。決して悪くはないが、麦芽風味主体のなかでそれが分厚いわけでもない、ちょっと中途半端なボトル。ストレート以外にハイボールなどで。

IMG_20200107_222338

1990年、ディーンストン蒸留所を買収したバーンスチュワート社がリリースしたピュアモルト。先日紹介したグレンエルグ17年のスタンダードグレードに辺り、こちらは比較的多くのボトルがリユース市場で見られます。

構成原酒については不明ですが、まずこの風味、癖のある麦芽感はディーンストンでしょう。(あるいはタリバーディンとかそういうマイナーどころですが、繋がりがない。)
ディーンストン蒸留所は1982年に閉鎖されており、上記買収にともなって1年後に再稼働するわけですが。時期的には閉鎖前1980年前後の原酒を使い、そこに他社から調達した内陸の癖の少ないモルトを加えたものと推察
大半がブレンド用のモルトなのか、サードフィル以降のプレーンな樽で熟成していたのかと思えるくらいに樽感は淡く、プレーンオークで感じられるやや青みがかったようなニュアンスがドライな香味の中に備わっています。

数が多いことと中身が不明なこと、味も特別ななにかがあるわけではないため、プチオールドなジャンルに入るピュアモルトでありながら、そこまで価格が高等していないのも本リリースの特徴。まあ確かにこの辺買うならグレンフィディック12年の90年代とか買いますね(汗)。。。
特別悪くはないが、良くもない。結果特別選らばれる要素もない・・・不遇な子。ああ、こういう個性なんだと経験値にするか。
17年にあったような武器(シェリー感)が無いのが、辛いところですね。

87e2254a
(グレンエルグ 17年 ピュアモルト。こちらも麦芽風味に癖があるというか、ひっかかりのある味わいだが、シェリー感がオールド好きの琴線に触れる要素を備えており、この点が強みである。レビューはこちら



シーバスリーガル 18年 ミズナラカスクフィニッシュ 43%

カテゴリ:
IMG_20200128_221311
CHIVAS REGAL 
AGED 18 YEARS 
MIZUNARA CASK FINISH 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
700ml 43% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1ヶ月程度
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかだがウッディさを強く感じるややドライな香り立ち。熟成したスペイサイドモルトを思わせる、林檎の蜜や洋梨などのオーキーなフルーティーさに加え、カステラの茶色い部分、クローブやニッキのような若干のスパイス香がアクセント。

味:スムーズな口当たり。含み香に若干の若いミズナラっぽいスパイシーさと干し草、オーキーな華やかさが感じられた後、キャラメルのようなクリーミーさと甘味がビターなウッディネスと共に舌の上に広がる。
余韻は渋味とオークの華やかさが主体。程よくドライで染み込むように長く続く。

フィニッシュの影響もあってか、ウッディでオーキーな仕上がり。ベース部分には従来のシーバスリーガル18年にもある、アメリカンオーク系統の黄色をイメージさせるフルーティーさ、素直なブレンド。そこに焦がした木材のエキスを思わせるような色濃い要素、若干のスパイス香が合わさっている。
12年よりもリッチで分かりやすい味わいで、ロック等の飲み方も悪くなさそう。ただしあくまでもシーバスリーガルである。恐らく愛好家の思い描くミズナラ感は少ない。

IMG_20200128_221340

先日、日本への贈り物として新たにリリースされたシーバスリーガルの日本市場限定品。昨年から仕様違いの免税向けはありましたが、いよいよ一般市場向けとして発売されました。
シーバス・ミズナラといえば、2013年に発売された12年熟成のものがあります
しかしこれは、ブレンドを作る際のマリッジカスクの一部をミズナラ樽で行ったもので、ミズナラっぽさが感じられるか・・・というと、正直自分の味覚嗅覚では困難なレベル。
ただ品の良いオークフレーバーはあり、通常の12年より1ランク高いクオリティがあるブレンドでした。

そして、今回リリースされた18年。これは12年同様、日本の有明産業からミズナラ樽が調達されてフィニッシュに用いられているものだそうです。
100%ミズナラカスクでのフィニッシュなのかどうかは、詳しい話を聞いていないためわかりませんが(名古屋フェスとかでセミナー出た方、教えてください)、100%であっても1st fillのみではないというか、ウッディさのなかにこなれた印象もあり。。。
いずれにせよ、ベースのウイスキーの熟成年数もあって、樽要素そのものの比率の高さを感じる強めのウッディネスが備わった仕上がりとなっています。

ミズナラ樽はエキスの出が早く、ウッディななかにスパイシーさを伴う、独特な樽香が付与される傾向があります。一方で、全てがサントリーの山崎や響にあるようなオリエンタルなフルーティーさに仕上がるわけではないのも特徴で、特に短期間の熟成だとフルーティーさがでないものが多い。結果蒸留所によってはバランスをとるためミズナラヘッド(鏡板のみミズナラ、側面はアメリカンオーク。フルーティーさは後者由来を狙う)で熟成させるところも増えてきています。

今回はベースのブレンデッドが通常の18年とはそう大きく変わらない、スペイサイドモルト主体のオーキーなフルーティーさをシェリー樽で繋いだようなタイプと推察。ここに短期間ながらフィニッシュ(マリッジ)を行うことで、樽感は強く、しかしベース由来のフルーティーさを潰さない構成に作られているように思います。
全体の構成としては、若干グレーン由来の軽さ、フレーバーのなかの間延びしたような部分もありますが、口当たりは上乗せした樽感を上手く活かしてクリーミーさもある。
ミズナラらしさというと何をもってかは議論の余地はあると思いますが、大手メーカーらしい万人向けの安定感とチャレンジを両立した1本だと思います。

IMG_20200128_220159
今日のオマケ:グレンマッスル 2ndリリース

GLEN MUSCLE 
Blended Whisky 
2nd Release 
「No,2 Shiagatteruyo!!」
2nd fill bourbon finish #0706
700ml 55.1%

昨年5月、自分を含むウイスキー仲間でリリースに関わらせてもらった、オリジナルブランド「グレンマッスル」。
その第2弾が、滋賀県・長濱蒸留所からリリースされることになりました!(発売は2月17日、販売価格 は11,000円+税を予定。)

ブレンドを進める中で出会ったのが、最近のトレンドのひとつと言える印象的なフルーティーさを持つモルトウイスキーでした。あ、ここのこのヴィンテージでこういうフルーティーさが出るんだと。
そこにクラフトシーンでは貴重な19年熟成のグレーン。ボディと力強さを補う10年熟成の若いモルト。これら3種を軸に、複数の原酒を用いて試作を重ね、蒸留所が所有するバーボン樽でフィニッシュ。。。
所謂シングルカスク・ブレンデッドと呼ぶにふさわしい、はっきりとした個性と一体感、日本的なウッディネスを伴う味わいに仕上がりました。

ブレンドの系統を一言で言えば、フルーティーなタイプです。トロピカルフルーツというよりは、パイナップル果汁のような甘味と酸、ケミカルなピーチフレーバーにも似たフルーティーさを備えているのが特徴。とある経緯から熟成年数はAge Unknownと表記していますが、大半は18年以上熟成した原酒で構成されているため、決して若いブレンドではありません。モルティーで、熟成感も相応に感じられると思います。

現在は樽出し&ボトリング直後であることから、中身が馴染みきっていないことも考慮し、少し落ち着かせてから詳しくレビューしたいと思います。
前作同様に、このリリースも楽しんでもらえたら嬉しいですね。

IMG_20200128_233014

※グレンマッスルとは
近年、”安価で良質な原酒の枯渇”という特にボトラーズ受難の状況の中で、美味しく手軽に楽しめる、ちょっと尖った魅力のあるウイスキーが減りつつあります。
そうしたウイスキーを作ることはできないか。主に国内蒸留所が保有する原酒から、国産・輸入原酒を問わず用いて、ウイスキー好きが”求める味”だけでなく、その際のエピソードを含めて楽しんでもらえるようなウイスキーを作る。
愛好家による愛好家のためのウイスキーが、グレンマッスルです。

具体的にはウイスキーメーカー協力のもと、メンバーがブレンドやリリースの監修・テイスターとなるものですが、説明を変えると、こういうリリースがほしいとメーカー側に踏み込んで交渉しているとも言えます。

なお本グレンマッスルシリーズは、主に愛好家グループ内で消費されることを前提としたプライベートリリースですが、メーカーを通じて一部一般向けの販売も行われます。
その製造・販売に当たっては、前作同様チームメンバーが監修料等の報酬、または売り上げを受け取ることはありません。
ボトルについてもリリースされた際は、各自必要本数をメーカーから購入しております。
ブームに乗じて一儲けしようなどの考えはなく、ウイスキーを楽しむことの延長線上にある活動ということを、ご理解頂ければと思います。

グレンリーブン モルト 5年 1980年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20200115_200447
GLEN LEVEN 
MALT Scotch Whisky 
YEARS 5 OLD 
John Haig 
1980's
750ml 43% 

グラス:リーデル
時期:開封後半年程度
場所:BAR Regalo AKASAKA
評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかいが厚みのある香り立ち。リンゴのカラメル煮や紅茶、薄めたみたらし。古酒っぽさはあるが、モルティーなフルーティーさと甘さが感じられる好ましいアロマ。

味:少しざらつくような質感はあるが、コクと膨らみのある口当たり。キャラメルコーティングしたオールブラン、あるいは麦チョコ。モルティーな甘味と香ばしさの中に、程よい甘味のアクセントがある。余韻にかけてビターで軽くスパイシー。染み込むようなピーティーさがあり、序盤の甘さを引き締めるように長く続く。

当たり前だが、ヘイグやディンプルに共通点がある香味構成。短熟故に複雑さはあまりないが、モルティーな要素は上記ブレンドの好ましい部分を強めたような、良いとこどりの味わいである。ヘイグ好きのオールドラヴァーには是非おすすめしたい。

IMG_20200115_200524

ヘイグやピンチ(あるいはディンプル)で知られる、ジョン・ヘイグ社がリリースしていたブレンデッドモルト。
日本市場ではヘイグに比べて遥かに流通が少なく、レアなボトルのひとつと言えますが、やっと出会うことができました。(ボトルが今回のBARにあることは知っていましたが、なんとなく開封注文しづらかったというのもあり・・・。)

グレンリーブン銘柄としては1960年代からリリースされたようで、初期のものは8年または12年熟成表記、クリアボトルに白地のラベルでした。それがヘイグのラベルチェンジと合わせてか、1970年代から今回テイスティングしたものと同様のグリーンなデザインに。また、5年熟成はこのラベルチェンジ後に誕生したグレードのようで、代わりに8年がリユース市場に見当たらないことから、その後継品ではないかとも考えられます。

ハイランドモルト表記のあるボトルが同じグリーンラベル時代に見られること。何よりそのコクがあってモルティーな味わいから、構成原酒はヘイグがキーモルトとするグレンロッシーが主体と推察。実際はDCL傘下の蒸留所から様々な原酒が融通されていたとは考えられますが、なんでも経年変化でこうなるとは思えません。
5年モノとは思えない柔らかさ、そして麦芽風味と当時のハイランドタイプの染み込むようなピーティーさは、元々がこういうタイプでなければ、ここまで仕上がらないと感じます。古き時代のモルトの力、魅力を感じられるグッドボトルだと思います。

同時期のヘイグと比べ、まちがいなく旨い銘柄であるのですが・・・1990年代に終売した模様。
この銘柄に限らず、例えばストラスコノン等ブレンデッドモルトは一部市場で試験的に投入されていましたが、ウイスキー冬の時代とその後のトレンドがシングルモルトに移行したため、広くPRされなかったという経緯があるのかなと思います。
いいものが必ずしも選ばれるとは限らない。無情な世界です。






バーンスチュワート 21年 ブレンデッドウイスキー 43% 1990年代流通

カテゴリ:
IMG_20191210_163042
BURN STWART 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
Aged 21 years 
1990's 
750ml 43% 

グラス:不明
場所:お酒の美術館 池袋店
時期:開封直後
評価:★★★★(4)

香り:注ぎたてはドライであまり香りが開かないが、徐々にフローラルでパフューミーなアロマが支配的に。ポプリ、香水、乾いた麦芽とバニラの甘さ。

味:口当たりは水っぽく、薄いような印象があるがワンテンポ置いてフローラルな含み香。ややカラメル系の甘味と乾いた麦芽のほろ苦さ。フィニッシュはパフューミーでドライ、長く支配的に残る。

評価についてはもはや単純に好みの問題であり、基準点から加点することは出来ない。この手のフレーバーが大丈夫という方は問題なく楽しむことができるであろう、比較的モルティーでリッチな香味の広がりがある。ただ、それが自分にとっては苦手以外の何物でもない系統であったということである。


オールドブレンデッドを探求していると、こんな銘柄があったのかと思うボトルに関わっている率が高いと感じる一つがバーンスチュワート社。先日も同社がリリースしていた時代のグレンエルグをレビューしたところですが、今回のボトルもほぼ同時期、1990年代に同社が外部調達した原酒を使って作られたとされるブレンデッドです。

バーンスチュワート社は、1948年に創業した蒸留所を持たない零細的なブレンデッドメーカーですが、1988年に買収されて経営者が変わった後、拡張路線を辿ります。
具体的には
1990年 ディーンストン蒸留所
1993年 トバモリー蒸留所
2003年 ブナハーブン蒸留所
をそれぞれ取得。ディーンストンとトバモリーはウイスキー不況を受けて1982年に閉鎖されていた蒸留所であり、それを再稼働させての事業拡張です。

単に再稼働といっても、電源を入れ直せば動くというものではなく、設備の修繕や改修、人員の配置など金も時間も当然かかります。特に1993年からの10年間はトバモリーの再興に尽力したようで、蒸留所の大規模な改修やレダイグブランドの復活など、近年のブランドの基礎を作ったと言っても過言ではありません。
2003年のブラックボトルブランドと、ブナハーブン蒸留所をエドリントンから取得した際は、閉鎖されていた蒸留所という訳ではなかったものの、その後ブナハーブンは順調に販売量を伸ばして現在に至っています。
(バーンスチュワート社そのものは、2002年と2013年の買収によって、それぞれ親会社が変わっている。)

さて、今回のボトルの流通時期は、同社がディーンストンとトバモリーを取得したあたり。ですが、このブレンドのキーモルトはこのどちらでもないと考えられます。
なにせ、テイスティングの通りとてつもなくパフューミーな香味であるため。両蒸留所とも癖のある原酒を作りますが、該当するフレーバーが出ていたことはなく、テイスティング前のこのどちらかが使われているのでは。。。という期待は脆くも崩れたわけです。

流通時期を1995年前後と考えると、原酒の仕込みは1970年代前半。ボウモアにしてはピーティーさが乏しいので、旧エドリントンあたりからグレンタレットの原酒でも調達したのではないでしょうか。
構成は比較的モルティーで、モルト6:グレーン4くらいか。加水の影響か少し口当たりで水っぽさはありますが、香味の広がりはしっかりとしていて、麦芽系の風味もパフュームライクな中に感じられます。

ただ、社名を掲げたブレンドで、こういうフレーバーを出すというのは、もう好みの違いとしか言えません。
当時のバーンスチュワート社の経営陣とブレンダーは、このフレーバーが良いと判断したということなのですから。
好みと思う方、我こそはと思う方は是非どうぞ。昨年話題になった言葉を借りれば「挑戦する勇者を止めはしない」です。

このページのトップヘ

見出し画像
×