カテゴリ

カテゴリ:ブレンデット・バッテッド

ハンドレッド 100 パイパーズ 12年 プレミアム 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20191210_163031
100 PIPERS 
PREMIUM 
SCOTCH WHISKY 
Aged 12 years 
1980's 
750ml 43% 

グラス:ー
時期:開封後数日以内
場所:お酒の美術館 池袋店
評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎたては麦芽香と林檎を思わせる華やかなフルーティーさが、熟成したモルトのニュアンスを感じさせる。ベースはべっこう飴のような穀物系の甘味。モルティーな要素は長くは続かないが、スワリングすると顔を出す。

味:マイルドな口当たり。オールブランのような軽い香ばしさとモルティーさに、林檎の蜜の甘味、仄かにキャラメリゼ。余韻は乾いた麦芽とドライオレンジピール、ほろ苦く染み込むように消えていく。

熟成した原酒がしっかり使われていると感じる、モルティーで適度な厚みがある良くできたブレンド。モルト比率はクラシカルなタイプか。熟成香からは、当時のシーグラム傘下にあったグレンキースやストラスアイラ等のスペイサイドモルトの香味が伺える。
ストレート以外にハイボール等でも美味しく頂ける。

IMG_20191209_195614

シーバスリーガル、ロイヤルサルートをリリースしていたシーグラム社がリリースした、同社ラインナップのエントリーグレードとなるウイスキーが100パイパーズです。
スタンダードのノンエイジボトルは1965年に発売され、現在も一部地域でシェアを獲得しているようですが。この12年プレミアムは1980年代後半から短期間、それもアジアなどの限定された地域でのみ販売されていたもののようです。

あまり情報がありませんが、数年以内と思われる販売期間でありながら、ずんぐりとしたタイプ(今回のボトル)と、ほっそりとしたタイプのもので、2種類のボトルが見られます。
どちらが古いか。。。というと、先に書いたようにほぼ同時期っぽいのですが、ラベル記載の情報等からずんぐりしている方が1988年前後、ほっそりしている方が1989年から1990年代初頭までと予想。

一方、飲んでみて思うのが、この時期味を落としているブレンデッドスコッチ全体の中で、12年グレードとしては結構良い線いってるということ。
そして上位グレードであるシーバスリーガルよりも、モルティーで美味しいのではないかという矛盾点。
そもそも、シーグラム社のなかでは、
100パイパーズ<シーバスリーガル<ロイヤルサルート
というブランドの位置付けがありながら、そこにエントリーグレードのプレミアム番というのは、シーバスリーガルの下に入るのかと思いきや、どうにもそれよりリッチなモルティーさがあると感じます。

加えて、シーバスリーガル12年のオールドには状態のまともな個体が少ないというのもあることから、100パイパーズ12年プレミアムのほうが良いのでは?とも感じてしまうのです。(もっとも、これはこれで樹脂臭のあるボトルが。。。という事例も聞いているのですが。)

ちなみに、短期間で流通を終えた12年プレミアムですが、現在はインド市場において100パイパーズが人気であることを受け、上位グレードとして復活しているようです。
ただし現在のブレンドの構成原酒は、アルタナベーンをキーモルトとしているようで、ストラスアイラやグレンキース、そしてロングモーンなどを使っていたとされる今回のものとは別物となっています。

IMG_20191209_190536
今回のボトルは、先日12月7日にオープンした、お酒の美術館・池袋店で頂きました。
明日14日には中野店もオープンするとのことで、昨年時点で5店舗だったところが既に日本全国で16店舗。さらに新たな出店計画もあるようで、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのゴールドリカー(のぶちゃんマン)さんです。
とはいえスタッフのお酒の扱い方や、オールドの知識など、店舗によって差は少なからずある状況でこの辺をどうしていくかが今後の課題なのかなとは思いますが、自分としては、色々なオールドボトルを楽しめる環境が身近にあるのは有り難く。このブログのオールドブレンドラインナップも、ここ1年で随分充実しました。今後も活用させていただきます。


フィンドレイター 1823 ファウンダーズ 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191118_210326
FINDLATER'S 
1823 FOUNDERS 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1980's (1988-1989)
750ml 43%

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★(5)

香り:ブラウンシュガーを思わせるドライで甘いアロマの後、みたらしのややひねた酸、いぶりがっこ。コーンフレークのドライな穀物っぽさも感じられる。

味:マイルドな口当たりから黒糖ふ菓子のような乾いた甘味。微かに無花果のような甘酸っぱさもあるが、基本は緩い甘さ主体。余韻は黒飴のとろりとした甘味を、ドライな質感が引き締めて染み込むように残る。

飲みやすくマイルドなブレンド。こういうのをロックや水割りにしていたんだろうという昭和の味。淡くカラメル系のシェリー感がありつつ、熟成感もデラックスクラスとはいかないまでも感じられる。個人的にはもう少し変化が欲しいところだが、特級時代の末期流通にしては良くできている。

IMG_20191118_210403

当時インヴァーゴードンディスティラリー傘下だった、フィンドレイター社のリリースした日本向けボトル。
輸入業者および取引先にあるセンチュリートレーディングカンパニーは、三越伊勢丹グループのインポーター。現在はワインを中心とした輸入を担当していますが、当時はこのフィンドレイター社と伊勢丹のタッグで、洋酒ブームを背景に相当売り上げを伸ばしたようです。

ファウンダーズリザーブは、直訳すると創業者や創始者の貯えという意味。ですがウイスキー業界でよく見るそれは、創業者がストックしていた原酒が使われているわけではなく、いわゆる復刻版でレシピや味を再現したという位置付けのブランドに使われることが多くあります。
今回のボトルも、フィンドレイター社のルーツとなる酒類問屋が創業した1823年をブランド名としたものではありますが、1823年当時の原酒を使ったわけでも、味を再現した・・・なんてことも多分なく。それっぽい名前をつけた、というのが実態と考えられます。
(そもそも、フィンドレイター社の創業当時はウイスキーの製造・ブレンドを行っておらず、それが始まったのは1826年からという話も。。。)

主たる構成原酒は、同社に関連するディーンストン、タリバーディン、ブルイックラディ、そしてグレーンはインヴァーゴードン。この中では、特にディーンストンが効いている印象。
フィンドレイターはマイルドかつスモーキーさの少ないタイプのものが多く、このファウンダーズ1823も同様の構成。特に若さは感じられず、適度な熟成感(8~10年程度か)味は比較的リッチにまとまっています。

このブレンドのポジティブなところは、1980年代後半という多くのブレンドが味を落とした時期に、そこそこのクオリティを維持しているという点にあります。
淡いながらも効いたシェリー感、マイルドでのみやすい味わいに昭和のウイスキーシーンを感じる。当時から飲んでいた方からすれば、味わいも含めて懐かしいボトルなのだと思います。

アンバサダー エンバシー 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191031_231636
AMBASSADOR 
"Embassy" 
Blended scotch whisky 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★(4ー5)

香り:ドライでライト、グレーン系の穀物感、あわせて乾いた麦芽、おこし、干し草、奥から仄かに白粉やバニラの麦芽香。淡くモルティーなニュアンスも感じられる。

味:ライトで柔らかく、あるいは少し薄い口当たり。薄めた蜂蜜、わたあめ、バニラウェハース、柔らかい甘味から徐々にドライでヒリヒリとした刺激。ほろ苦くドライなフィニッシュ。

ライトでプレーンなウイスキー。グレーンと無個性なモルトの組み合わせで、比率は7:3くらいか。ボディもモルティーさも熟成感も弱く、ピートフレーバーも乏しい。一方で若さが目立つわけでもなく、なんとも面白味のないウイスキー。
ハイボール、あるいは水割りで飲まれていたシーンは想像に難くない。

IMG_20191031_231754

スコッチの大使(アンバサダー)の大使館(エンバシー)という、それらしい銘をつけられているブレンデッド。ざっと調べた感じでは、日本市場向けのリリースだったようです。
流通時期にあたる1980年代後半。表記から察するに1988年頃の日本は天下のバブル景気真っ只中にあり、様々な銘柄で日本限定流通品がありましたから、元々輸出用銘柄であるアンバサダーがその市場に参入しないわけがなかったということですね。

アンバサダーは1954年からハイラムウォーカーの傘下にあり、構成原酒はバランタインと共通していると言われています。他方で、ベースで明確に同じなのはスキャパのみで、アードベッグやグレンバーギー等がどの程度使われていたかは未知数。実際、12年や25年などの上位グレードの構成は内陸寄りで、アイラの比率はバランタインに比べて控えめだったと感じます。
アンバサダーのメインターゲットはアメリカ市場だったようですから、スモーキーさを抑えてライトかマイルドな構成を目指すのも違和感はありません。

加えて今回の流通時期である、1980年代後半あたりのスタンダードグレードのスコッチウイスキーは、原料の品種改良や製造行程の簡略化など様々な要因から原酒のコクが乏しくなってきている時期にあたり・・・
このエンバシーからはアイラを思わせるスモーキーさも、熟成したハイランドモルトの華やかさもなく。ライトで無個性で、個性の弱い原酒をグレーンで引き伸ばしたような、まさに特級時代末期の量産型ブレンデッドという構成です。

ちなみにアンバサダーは、1970年代頃に”World Lightest"をキャッチコピーとして採用していたそうですが、当時はそこまでライトという訳ではなく。それが作り手の意図とは離れたところで”世界一ライトなウイスキー”にたどり着いたとすれば、なんとも皮肉な結果であると感じます。

IMG_20191028_213355
今日のオマケ:ポマール 2011 シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ
先日の痛い割り勘出費のうちの一本。銘柄解説は割愛。

ベリーシロップのような甘やかさ、木材と微かに苔、マシュルーム。少し湿ったようなニュアンスがあり、しっとりとしたアロマ。口当たりはブルゴーニュのピノにしては比較的肉厚というか、ボディのある味わい。そこから熟したザクロや梅干しを思わせる柔らかい酸、染み込むようなタンニンが蓄積していく。
こちらもチーズとの相性バッチリ。肉も食べたかった・・・。

死屍累々と言われるブルゴーニュでも、それなりに値段のするのはちゃんと美味しいんだなと感じた1杯。その筋の方からすれば1万円前後のワインなんて当たり前というか、こんなのまだまだという話かもしれませんが、特にこだわりのない自分からすると、こういうのが3000円くらいで飲めたら選択肢も広がるんだろうなと思ってしまう。
普段がはっきりと分かりやすい味わいの新世界中心なので、たまにブルゴーニュを飲むと香味の組み立てというか、全体のバランスの基準点を考えるいい機会になりますね。

フェイマスグラウス セントアンドリュース オープン 2000 記念ボトル 40%

カテゴリ:
IMG_20191020_170206
THE FAMOUS GROUSE 
ST ANDREWS OPEN CHAMPIONSHIP 2000
RESERVE SCOTCH WHISKY 
500ml 40%

グラス:国際規格テイスティング
場所:自宅@BAR 1two 3さんから頂き物
時期:不明
評価:★★★★★(5)

香り:華やかでオーキーな熟成香が前面にあり、合わせてはちみつや穀物系の甘味、これがあまり持続せず、干し草やおが屑、ドライで軽い香味要素があとに残る。

味:飲み口はスウィートで蜂蜜や白粉っぽい麦芽の要素、加熱したリンゴ、微かにオークの華やかさ。合わせてドライでピリピリとした刺激を伴う。余韻はほろ苦く、後半に感じられた刺激がそのまま残るが、同時に熟成したグレーン由来か穀物系の甘味のあるフレーバーが張り付くように感じられる。

トップノートに若干キャップ系のニュアンスがあるが、それを除くと熟成したハイランドモルトを感じさせるモルティーさと熟成感。飲み口もマイルドでバランスがとれていて、良いグレーンを使っていることが伺える。単なるNASのフェイマスグラウスではないようだ。一方でモルト由来の要素が長く続かないのは、やはりブレンデッドだからなのだろう。

IMG_20191020_170252

5年に1度開催されている、全英オープンゴルフ、その2000年大会の記念リリース。
先日はホワイトホースのアメリカズカップ(ヨット)の公式ウイスキーをレビューしましたが、今回はゴルフです。ただ、元々ゴルフはイギリス発祥、あるいはスコットランドに起源説もあるくらいで、当然ウイスキーとの関連エピソードは少なからずあり。。。フェイマスグラウスに限らず、ゴルフに関連するボトルはこれまでも数多くリリースされてきました。

中でもセントアンドリュースの存在は特別なもので、ゴルファーにとっては憧れのひとつ。
そのブランド価値たるや1970年代にセントアンドリュースという銘柄が輸出をターゲットにリリースされたところ、中身はどうってことない普通のブレンドなのに日本市場で大人気となって、ウイスキー冬の時代を乗り越えて現在も販売され続けていることからも伺えます。

さて、今回の記念ボトルですが中身は普通のフェイマスグラウスかと思いきや、どうもそうではない印象。当時のスタンダード品より熟成感があり、内陸系モルト由来のフルーティーさが備わっています。
フェイマスグラウスというと、ハイランドパークやマッカランがキーモルトとして有名ではありますが、該当するフルーティーなフレーバーはどちらとも異なるタイプ。2000年の同銘柄は業界大手グループのひとつエドリントン傘下に移っていて、同社の所有するグレンロセス等の内陸原酒がキーになったブレンドではないかと考えます。

以上のように味はそれなりですが、全英オープンゴルフの記念ボトルであることと、ミレニアムリリースでもあることも合わせてレアリティが高く、海外のオールドボトル市場ではそこそこの値段がついているようです。
他方でこのボトルに使われているキャップの裏地は例の白い悪魔(樹脂)であるだけでなく、下の写真のように外箱が横置き前提のようなデザインであることから、現存するボトルはかなりの確率でキャップ臭がついているのではと。。。
今回のボトルもほんのりとそれらしいニュアンスはありましたが、許容範囲内だったのは外箱がどこかの段階でなくなって、縦置きに切り替わっていたからだと考えられます。
IMG_0836_15
1012249-1

以前トロピカルなバラン17年というレアなロットを経験させていただいた、愛知県安城市のBAR 1 two 3さんから
「面白いボトル手に入ったんですが、飲んでみますか?」
とまたも声がけいただき、頂いたままになってしまっていたフェイマスグラウス。
レビューの通り、普通のフェイマスグラウスかと思ってましたがそんなことはなく、ワンランク上の雷鳥だったのは素直に驚きでした。
また外箱とキャップの難点がクリアされた偶然の1本であったことも、さながらアタリのオールドパーのよう。今回も貴重な経験をありがとうございました。

ホワイトホース 12年 アメリカズカップ 1987 記念ボトル 43% 特級表記

カテゴリ:
IMG_20191027_073252
WHITE HORSE 
AGED 12 YEARS 
RPYC AMERICA'S CUP 1987 
LIMITED EDITION SPECIAL BLEND 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ザラメやキャラメリゼを思わせるスウィートでドライなアロマ。合わせて干し草を思わせる軽い植物、おこし、淡いスモーキーさを伴う。

味:スムーズな口当たり。鼈甲飴や薄めた蜂蜜のような甘味からドライでスパイシーな刺激。序盤はプレーンなフレーバー構成だが徐々に染み込むようなピートが主張し、ほろ苦いスモーキーフレーバーが長く続く。

近年寄りな構成のブレンド。同じ12年熟成のローガンとは異なる構成で、ボディはやや軽くグレーンの主張と、モルトはクレイゲラヒやグレンエルギンがメインという印象で、ラガヴーリンは隠し味。言わば同時期のスタンダードのホワイトホースをそのまま12年熟成にしたようでもある。

IMG_20191027_073335

ヨットレースの世界最高峰と言われる、アメリカズカップの公式ウイスキー。ゴルフなどではこの手のリリースがよく見られますが、ヨットの大会では珍しい・・・というか、調べる限り後にも先にもアメリカズカップでウイスキーがリリースされたのは、この1987年だけのようです。
なぜ1987年のアメリカズカップなのかというと、それはおそらくこの年の大会運営が、オーストラリアのRPYC(ロイヤル・パース・ヨット・クラブ)だったことと、大会そのものの話題性の高さが経緯として考えられます。

当時のイギリスとオーストラリアの関係の強さは言わずもがなですが(1986年までオーストラリアはイギリス国籍であり、完全に独立していなかった)、話題性についてはこの大会の歴史に少し触れる必要があります。
そもそもアメリカズカップはアメリカの大会ではなく、1851年の万国博覧会で開催されたヨットレースで、アメリカのチームが優勝してヴィクトリア女王からカップを下賜されたことがルーツにあり。その後、この優勝カップは優勝したチームが次の大会まで保持するものとして、国際大会に発展してきた歴史があります。

アメリカ号のカップ争奪戦(AMERICA'S CUP)として大会が初めて開催されたのが1870年。以降、この優勝カップは100年以上アメリカチームが保持し続けていましたが、連勝記録がはじめて途切れたのが1983年の第25回大会。ニューヨークヨットクラブをオーストラリアのRPYCが破ったことで、大会史上はじめてアメリカ国外にカップが流出することとなり、1987年第26回大会はアメリカ側にとってのリベンジマッチとして注目を集めていたのです。
この大会はアメリカのチームが勝利し、カップを奪還。絶対王者の敗北から勝利へ、苦難の物語は小説や映画にもなっています。

そんなわけで、本ボトルはヨット競技が好きな人にとってはたまらない1本と言えますが、ウイスキー愛好家視点で注目すべきは12年表記とブレンド構成です。
当時ホワイトホース銘柄から12年熟成のウイスキーはリリースされておらず、使われていたのは上位グレードのローガンのみ。少し後、1987~1988年頃には日本市場向けでラガヴーリンの効いたデラックス12年が発売されますが、デラックス12年がローガン系統だったのに対し、こちらは当時のホワイトホースのベクトルそのままに、スモーキーさを抑え、内陸原酒とグレーンを主としてバランスよく作ってあるように感じます。

ラベル張り替えではなく、特別にブレンドされたものなのでしょう。ホワイトホース社(UD)の本気が感じられるようでもあります。
ただ当時のホワイトホースはアメリカ市場で苦戦していた傾向があり、表記から流通時期を推察するとボトルが日本に流通したのは大会後。。。ということは、在庫になってしまったのかもしれません。
1988年の第27回大会でホワイトホースがリリースされなかった理由は、推して知るべしといったところですね。

IMG_20191023_194813
今日のオマケ:ジャクソンエステート・アンダーソンヴァレー ピノ・ノワール 2015

口当たり柔らかく、チェリーやクランベリー、ザクロら赤い果実の熟したようなフレーバーはシロップのような甘味も感じさせる。飲みやすいしらしさもある美味しいカリピノだが、水っぽさというか、やや変化に乏しい。余韻のタンニンも口当たり同様に柔らかく、ほのかにハーブ香を伴うソフトなフィニッシュ。完全に早飲み系で、あまり熟成向けではないのかも。

ケンダルジャクソンの単一畑のリリースで、上位グレードがジャクソンエステート。単一故に骨格のしっかりした味わいかと思いきや、一口目の印象はかなりソフトでちょっと肩透かし気味。その後時間経過で酸も出てバランスが取れてきましたが、全体的に穏やか過ぎるかなぁと。
例によってアメリカンな肉料理と合わせましたが、これはちと肉が勝ってしまったような(汗)

IMG_20191023_195945

このページのトップヘ

見出し画像
×