カテゴリ

カテゴリ:ブレンデット・バッテッド

ロングジョン 21年 ロイヤルチョイス 1980年代流通 43%

カテゴリ:
LONG JOHN
"Royal Choice"
Years 21 old
1980-1990's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後3ヶ月程度
場所:個人宅持ち寄り会
評価:★★★★★★(6)

香り:薄めたカラメル感やべっこう飴を思わせる甘い香り立ち。干草、オレンジピール、淡い薬品香を伴うスモーキーさ、ナッティーな香ばしさも伴う。

味:マイルドな口当たりからほろ苦く染み込むようなピートフレーバー。オレンジママレードとキャラメリゼ、微かな古酒感。中間はとろりとして穏やかなボディ。余韻はドライで渋みを伴いつつ、スモーキーなフィニッシュが長く続く。

古酒っぽさと熟成感のあるまろやかな香味、ボディはミディアム程度で強くはないが、程よい厚みにスモーキーフレーバーがしっかり感じられる。またアイラ的なピート香も混じり、キーモルトの一つが存在感を主張する。


1980年代後半から1990年代にかけ、香港などのアジア市場向けにリリースされていたと思しきロングジョンの上位グレード。当時は海外の今後発展させたい市場向けのボトルが少なからずあったので、その位置付けでしょうか。
日本にはスタンダードなロングジョンの正規代理店があったものの、21年の入荷はかなり少なかった模様。これは本国も同様で、現在のリユース市場は当時免税店などで買われたお土産物が中心になっています。

ロングジョンに限らず、1980年代後期は多くのブレンドが味を落とした時期ですが、そこは腐っても20年熟成。つまるところ、1960年代蒸留の原酒です。
アイラ系のピーティーさが感じられるあたり、ロングジョンブランドのキーモルトであるラフロイグが使われてることは間違いなさそうです。ただし、メインというよりはいち要素で、当時スモーキーだったハイランド系の原酒もある程度使われてると思います。

グレーンのフレーバーは5:5か4:6程度といったところ。穏やかなモルティーさやピートフレーバーが、現在のブレンドとは異なるキャラクターを感じさせますね。
古き良き味わいにして、若いブレンドをいくら瓶内熟成させようとと届かない領域にある構成。ロングジョンに限らず、下手に1960年代流通のノンエイジにチャレンジするなら、1980〜90年代の20年オーバーは状態も悪くないものが多いし、狙い目だと思います。


ロングジョンと言えば、上記青いセラミックのボトルの方もあり、流通時期的には今回のボトルの後で1990年前後からになるようです。
こちらもしっかりピーティーでありながらまろやかな飲み口。同時期のスタンダードなロングジョンNA、あるいは12年より熟成感があるのは間違いないものの、セラミックボトル効果もあってそれほど変わらない価格で流通している状況。 
横置きされやすい形状ですし、確かにボトルによって結構状態差があるようにも感じます。

また、メインの流通場所が香港などアジア圏なので、なんとなく「あっ・・・(察し)」となってしまう風評被害もあるいは・・・。
まあ今の時代、安くて美味いものは早々なく、ある程度ギャンブルをしなければ手に入らない。オールドはその最たる例。まだ5000円前後の宝くじなのだから、高騰する人気モルトウイスキーに比べれば良心的とも言えそうです。

クイーンアン 1970年代流通 43% ウイスキー特級

カテゴリ:
IMG_8345
QUEEN ANNE
RARE SCOTCH WHISKY
1970's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス(名称不明)
場所:BAR Main Malt
時期:不明
評価:★★★★★(5ー6)

香り:ポン菓子を思わせる軽い香ばしさを伴う甘さ。ザラメ、干し草や乾いた穀物を思わせるドライな要素が主体。癖のない素直な香り立ち。

味:とろりとした緩い口当たり。軽い穀物感とサトウキビのような植物質を伴う甘み、バニラ、余韻は微かなピートを感じるが、メインはグレーン由来のマイルドな甘み。

プレーンなブレンデッド。内陸系の癖の少ない若い原酒にグレーンでバランスを整えた、これといった個性はないが安心して楽しめる味わいではある。ハイボールがオススメ。


アメリカ・カナダ市場を見据えた輸出用のウイスキー銘柄だったとされるクイーンアン。サムシングスペシャルの兄弟銘柄でもあり、普及価格帯に位置付けられていました。

この当時のキーモルトはロングモーン、ベンリアック、グレンリベット、グレングラントらスペイサイドの有名どころが名を連ねていますが、そこはテイスティングコメントでお察し。上位グレードのサムシングスペシャルは熟成して華やかさもあるモルティーさが備わってますが、こちらは普及価格帯あるあるですね。
かつてオールド沼にハマり始めた頃、この組み合わせは間違いないやろと嬉々として購入し、なんだか普通だなぁと肩透かしを食らったのは懐かしい思い出です。

というのも、ロングモーンやベンリアックの1960年代蒸留長期熟成に期待するフルーティーさは皆無で、感じられるモルティーさはプレーンな系統。グレンリベット、グレングラントはこの当時もっとピーティーだったと思うのですが・・・あとはベンリアック10年とか素朴な感じでしたし、その系統の原酒がメインなんだろうなーと。端的にいえば、スムーズで飲みやすいマイルドなウイスキーに仕上がっています。

ちなみに、クイーンアンは以前1960年代流通のダンピーボトルについて記事にしていますが、このボトルはグレーン系の香味が強くなっており、元々プレーンだったモルティーさはさらに穏やかで没個性的になっています。1970年代、製造元のヒルトムソン社はグレンリベット&グレングラント社と合併(協力関係?)しており、供給される原酒を得てさらなる量産体制に入った結果なのかもしれません。

ホワイトホース 12年 エクストラファイン 1990年代 43%

カテゴリ:
WHITE HORSE
EXTRA FINE
Aged 12 years
1990's
750ml 43%

グラス:グレンケアン
場所:Jam lounge
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソース、みたらし、紹興酒系の古酒感、焦げたニュアンス。しっかりとスモーキーで奥にはヨードを思わせる島的な個性もある。

味:とろりとした口当たり。まろやかでスモーキー、次第にピリッとした刺激、土っぽいピーティーさとキャラメリゼ、みたらし、微かな酸味、味の濃さに対してボディはやや軽め。
余韻は焦げたようなほろ苦さ、スモーキーでドライ、長く続く。

古酒系のニュアンスがボトル差で好みを分けるかもしれないが、しっかりスモーキーでピーティーな、らしさも感じるブレンデッド。加水すると一気に水っぽくなるので、ストレートか濃いめのハイボールでオススメしたい。


2年ほど前になってしまいますが、記事コメントでこのラベルの頃のホワイトホース・エクストラファインが美味いと伺っていて、今度飲むかと思っていたもの。大変申し訳ないことに、すっかり先延ばしになっていました。
(いや、買えば良いんですがまずはBAR飲みと思っていてすっかり忘れていたというか。。。)

ホワイトホース・エクストラファイン12年は、1980年代に日本市場向けにリリースされていた3タイプのホワイトホース(デラックス12年、エクストラファイン、マイルド)の後継品。3タイプのブレンデッドは、ホワイトホースのキーモルトであるラガヴーリン、グレンエルギン、クライゲラヒをそれぞれメインとし、だいたい1990年代初頭までリリースされていたところ。
日本市場はバブル崩壊後でウイスキー冬の時代に向かう最中。ラインナップに見直しが入ったのか、この3種を一つに統合したホワイトホースの上位グレード的位置付けで整理された経緯があります。

裏ラベルにはそれぞれの原酒のキャラクターが触れられていますが、旧エクストラファインと同じような位置付けと思わせて、最も強く感じられるのはラガヴーリン。
ホワイトホースでラガヴーリンの効いた上位グレードと言えばローガンですが、正直このエクストラファイン12年は80年代後期ごろのローガンと比較してあまり差がないようにも感じます。どういう差別化だったんだろう。。。

何れにせよ特級時代の銘柄ではないので、あまり高騰はしておらずお買い得なブレンデッドだと思います。

ピンチ 1970年代流通 43%

カテゴリ:
PINCH
By Haig & Haig
Blended Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:自宅@サンプル ドーノック
評価:★★★★★★(6)

香り:カステラの茶色い部分、みたらしのような甘くほのかに香ばしい、古酒系の深みを感じるアロマ。

味:まろやかでとろんとした口当たりだが、一呼吸置いてピリッとした刺激。乾いた麦芽風味、甘食、みたらし、じわじわと内陸系のピート。
余韻はほろ苦くスパイシー、序盤の甘みを引き締めてしつこさを感じさせないフィニッシュ。

熟成したモルト原酒のコクのある味わいに、スパイシーな異なるタイプの麦芽風味を持つ原酒が合わさっている。ストレート以外にハイボールも美味しい、流石のビッグ5。

「ヘイグを飲まずして・・・」の言葉で知られる、ブレンデッドウイスキー業界のBIG5、ジョン・ヘイグ社のブレンデッドの上位グレードに当たるのがピンチです。ホワイトホースで言うところのローガンに当たるブランドですね。
現在はディンプル名義で15年熟成のブレンデッドが販売されていますが、1980年代まではアメリカ向けがディンプル、ヨーロッパ向けがピンチとしてリリースされていました。

日本には1970年代前後からサントリーがピンチを輸入していたため、ディンプルよりもピンチのほうが流通していた模様。ただ、一部並行品や個人での購入品でディンプル表記のものも国内に入って来ていたようです。
ブランドとしてはその後1980年代に12年表記となり、最終的にはディンプルに統一されて現在に至っています。

キーモルトはグレンロッシーとグレンキンチー、デラックスグレードに当たるためヘイグに比べて熟成した原酒が用いられており、素朴な味わいのヘイグに対してとろりとしたみたらしやキャラメルのような香味が強く、これはグレンロッシー由来のコクではないかと。
1970年代からは流通量多く比較的安価で手に入るため、オールド入門にも勧めたいボトルなのですが、流通地域の多さからか、キャップの裏側が安定せず、樹脂、鉛と悪さをするものがいくつかあるのが玉に瑕。。。


このサンプルは50mlウイスキーショップのドーノックさんで購入しました。
スペックから状態に難のあるボトルは時に安価でも手を出しづらいものの、こうして確認済みのものを販売頂けるのは、オールドでは逆にありがたいですね。

バランタイン 17年 1970年代流通 角瓶 43%

カテゴリ:
BALLANTINE'S
17 Years old
1970's Square bottle
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプル Bar 1 two 3
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)(!)

香り:どっしりと土っぽいピート香と、パッションフルーツや林檎が熟したようなトロピカル要素を含むフルーティーなアロマ。スワリングしていると軽く瓜のような青い甘みも感じられるが、合わせてスモーキーでオールドモルトのニュアンスが前面に出ている。

味:スムーズだがモルティーでナッツと麦芽、林檎の蜜、ほのかにオールドシェリーのニュアンスも伴いつつ、じわじわとピートフレーバーが存在感を増す。
余韻はビターでドライ、やや軽めであるがスモーキーさが長く続く。

60年代を思わせるトロピカルな要素、熟した果実が発散させるような妖艶さが香りに感じられ、ゾクゾクする。味わいもモルティでスモーキー。古典的な麦感由来の要素を多分に感じさせる点が好印象。一方余韻にかけてのドライさが強くこれが徐々に蓄積してくる。


これほどのフルーティーさを持つバランタイン17年には出会ったことがありません。衝撃的なロットを体験させてもらいました。 
味か香りかで言えば、香りだけで御飯三杯系。熟成した60年代モルトのトロピカル香に、オールドアイラのピーティーな要素が加わったとんでもないブレンデッド。他方、余韻の香味がドライで強く残らないあたりに、長熟原酒が使われながらもブレンドらしい特徴として感じられます。

バランタイン17年はデキャンタなどの特別仕様を除き、通常はグリーントールのボトルです。それが1970年代の青赤紋章時代の一時期、ボトルが足りなくなったのか12年仕様の角瓶でリリースされたロットがありました。
今回のボトルはそのうちの一つ。ラベルはFINEST BLENDED表記と、VERY OLD表記の2種類があり、日本国内市場でも並行品、正規品含めてポツポツ見かけます。
この角瓶、過去に飲んだものはグリーントール17年のフルーティー系統という印象だったのですが。。。先日、FBのウイスキー関連グループに、新安城のbar 1 two 3のバーマンMさんが17年角瓶が凄いトロピカルだという投稿をされていたのです。

これまでの経験から、正直トロピカルって言ってもフルーティーなだけちゃいます?と半信半疑だったところ、「飲んでみます?○○さんにサンプル渡しておきましたから」と、疑問があるなら飲んでみろとばかりに男気溢れるサンプルが、共通の知人ヅテで手元に届いたワケです。
結果は上記の通りで、自分の見識の浅さを認めるしかありません。何せ本当に1960年代の一部モルトに感じられる正真正銘のトロピカル香が備わっていたのですから。

なぜバランタインにこんな香りがあるのか。そもそもオールドブレンデッドでこれという前例が思いつかないので、既に謎は深くあります。
このバランタインの流通時期は1970年代中頃で、それも数年程度だと思うのですが、仮に1977年あたりのロットとして該当する原酒は若くても1959、1960年。ビンテージ的にはロングモーンなどで類似のトロピカル感がありましたが、当時の主要原酒たる7柱でこの手のフルーティーさを出す蒸留所がパッと思いつきません。
あるとすればグレンバーギー。。。ミルトンダフ。。。本当に、一体何が使われたのか。オールドのロット差の幅は魅力であり、可能性であり、そして怖さを実感した貴重な経験でした。

補足:BAR 1two 3さんは、BAR NAVIのページを見る限りあまりオールド系のお店という感じではないのですが、実はマスターは沼にどっぷりで、日々ボトルを探されたり、先日はオールドのイベントを開催されたりと、ラインナップは随分替わっているようです。
本来は疑問を感じたならばこちらから伺わなければならないところ。また一つ愛知に宿題が出来てしまいました。

このページのトップヘ

見出し画像
×