カテゴリ

カテゴリ:ブレンデット・バッテッド

バランタイン 21年 アメリカンオークエディション 40%

カテゴリ:
IMG_20190307_203143
BALLANTINE'S
SIGNATURE OAK EDITION
American Oak Casks
Aged 21 years
700ml 40%

グラス:サントリーテイスティンググラス
場所:日比谷BAR
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかい香り立ち。ドライで乾いた木材、オーク系の華やかなアロマ。メレンゲクッキーやカスタードを思わせる甘み。微かに青みがかった要素もあるが、バランスがとれており品の良さがある。

味:クリーミーで角のとれたウッディネス、柔らかい口当たり。徐々にスパイシーさとバニラや洋梨などのフルーティーさ。バランスの良い味わい。
余韻はドライでほろ苦いウッディネス。鼻に抜けるオーキーな華やかさ、近年系のトロピカルフレーバーも伴う。

アメリカンオーク由来のフルーティーさと華やかな特徴が、くどくない程度に備わったブレンド。バランスが破綻しておらず、加水ブレンデッド故に突き抜けはしないが、完成度の高い味わいと言える。
なお少量加水で一瞬フルーティーさ、クリーミーで華やかなウッディネスがさらに開くが、味はやや苦味が強くなる。

IMG_20190307_203351

バランタインから免税向け商品として、2015年と2016年にリリースされたシグネチャーオークエディション。バランタイン21年をベースに、特定の樽由来の香味を際立たせたブレンデッドで、ヨーロピアンオークとアメリカンオークがリリースされています。
リリース時期は上記の通りで、並行品が一部日本にも流通もしていたものの、この度正規品が今年の1月から日本でもリリースされています。

この手のリリースの大多数は、正規品がなくても特に困ることもないのですが、このタイムラグはなんだかなと感じてしまうことが、今回のリリースに限らずスコッチウイスキー全般でありますね。(今回のように免税品の場合、むしろよく入荷してくれた!!って話なのかも知れませんが。)

IMG_20190307_203053
(バランタイン・シグネチャー・オークエディション、ヨーロピアンオークエディション(左)と、アメリカンオークエディション(右)。すべて同一の樽で熟成された原酒から作られているわけではないようだが、どちらもしっかりとテーマとする樽由来の特徴が備わっている。)

もう一方のヨーロピアンオークエディションは、言わばスパニッシュオークであり、シェリー樽を思わせる黒糖やキャラメルのような甘み。アメリカンオークエディションはバーボン樽を思わせるバニラの甘みと、黄色いフルーティーさと言えるトロピカルなフレーバーが、バランタインという枠の中で主体的に、しかし過度に主張しないバランスで感じられます。

特に、アメリカンオークエディションのほうが、よりフレーバーの違和感がなく好みですね。
元々バランタインは、以前シングルモルトもリリースされたグレンバーギーやミルトンダフなど、内陸系の原酒を軸に作られており。それらの原酒とアメリカンオークカスクの相性のよさはこれまでの個別のリリースで折り紙つき。結果、バランタイン21年との相性も悪いわけがないのです。

度数が40%なので、ボディが弱すぎないか、香味のへたり具合が早いのではとも思いましたが、そんなことはなく。飲み疲れないバランスの良さは、家でじっくりのみたい美味しいウイスキーであると感じました。
いやあ、良い仕事してますねぇ。

マッキンレーズ レガシー 21年 1990年代初頭流通 43%

カテゴリ:
mackinlay-legasy-12-years
MACKINLAY'S
LEGACY
21 Years Old
Blended Scotch Whisky
1990's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:熟成したグレーンを思わせる色の濃い甘い蜂蜜や乾いた穀物のアロマ。キャラメルビスケット、カラメルソースにオレンジピールを思わせる甘い香りとビターなウッディネス。ほのかに腐葉土や粘土のような癖。グラスの中でスワリングしていると、とろりとした甘いアロマと奥にあるスモーキーさが一体となってくる。

味:角の取れた丸みのある口当たり。直後にウッディさとピートの苦味を強く感じるが、これも徐々にこなれてきてカラメル系のシェリー感とアーモンド、穀物由来の甘み。中間から余韻にかけて程よいコクを伴うようになる。フィニッシュは強いウッディネスとピート、その奥にはりんごのカラメル煮のようなフルーティーさも潜んでいる。

注がれた直後は苦味が強く、グレーン感も目立っていて、飲み口と余韻までの香味を繋ぐ要素が開ききっていないようなチグハグな印象を受けたが、徐々にこなれてきて長熟ブレンドらしいコクのある甘み、熟成感が感じられるようになってくる。少量加水してもいいが、ストレートでじっくりと楽しみたい。

IMG_9610

かつては南極探検隊のウイスキーとして、そしてブレンドの名門として知られたマッキンレー社。
1980年代後半から1990年代にかけ、スコッチウイスキーメーカー各社がリリース戦略を見直し、イメージ向上などのため12年表記をつけたり、あるいは15年、20年熟成以上の長期熟成レンジのリリースに舵を切る中で、マッキンレーブランドからリリースされたのがハイエンドとなる今回の21年です。(該当するレンジでは、ほかにレガシー12年や17年もリリースされていました。)

当時のマッキンレー社はインバーゴードン傘下にあったことから、構成原酒はグレーンがインバーゴードン。モルトはすでに閉鎖されてはいたもののグレンモールとグレンアルビン、そして1963年に再稼動したジュラの最長期熟成原酒に、ダルモアなどでしょうか。比較的グレーンが目立っており、比率はグレーンが5~6割くらいという印象でもありますが、そこにモルトの個性としてしっかりとした熟成感と内陸系のピーティーさがあり、これが構成原酒を紐解くヒントになりそうです。

たとえば、ピーティーさとあわせて粘土っぽい癖がジュラに通じるところですし、ダルモアやグレンモールら内陸の原酒も、控えめですが存在感のあるピートフレーバーを感じられるモルトです。
古いマッキンレーズのブレンドは中々に通好みな組み合わせで知られますが、熟成したそれは贅沢とも感じます。

このボトルがリリースされていた当時、日本での販売価格は2万円(洋酒辞典1991年)だったそうです。現地での価格がどうだったかは、今となっては知る由もありませんが、この時期のハイエンドブレンドも今の市場ではそれなりに手の届く価格のものが多く。経年劣化も少ないため、普段飲みに使いやすいなとも思います。

ブラック&ホワイト セレクト 1980年代後半流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190214_232646
BLACK & WHITE 
SELECT 
Scotch Whisky 
1987-1989's 
750ml 43% 

グラス:グレンケアンテイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:BAR エクリプス
評価:★★★★★(5ー6)

香り:軽い酸味とともに、若干こもったような香り立ち。グレーン系の穀物感、焦がしたポン菓子、キャラメリゼの甘みとほろ苦さ。微かに蜂蜜のような甘味も。

味:マイルドな口当たり。香りで感じた以上の麦芽風味とカラメルソースの甘くほろ苦いシェリー感が主体。徐々にピリピリとした刺激を感じつつ、干し草のような乾いた植物感から、麦芽風味のスウィートなフィニッシュへ。

シェリー樽由来の要素を備えたハイランドタイプの原酒をベースとしたような、樽と麦由来のコクのある甘味が軸になっている。そこに若い原酒の刺激とグレーン感。少量加水するとそれらが馴染み、マイルドな甘みがじんわりと広がる。


1980年代後半の特級時代末期、バブルに湧く日本市場向けにリリースされた、ブラック&ホワイトの限定品。この時代はヘイグ、ホワイトホースなどで日本向けのブレンデッドウイスキーがリリースされていましたが、このボトルもその一つ。
先日レビューさせていただいた、以下のブラック&ホワイト・セレクト リザーブはこの後継品にあたるものと思われます。

d70ef443
(ブラック&ホワイト セレクトリザーブ1990年代流通。カラメルソース系の甘味は控えめだが、麦っぽい要素はこのボトルのほうが強い印象。

ブラック&ホワイトは、1970年年代ごろまではメーカーの代表作という感じでしたが、1980年代に入り一部の12年表記化やグループ全体としてブランド戦略の見直しが進むと、徐々にスタンダードクラスでも安価な価格帯へグレードダウンが進んでいました。
1980年代後半などはまさにその最中。そのため当時のスタンダード品と比較すると、このB&Wセレクトはワンランク上のブレンドという印象です。

ちなみに1980年代後半といえば、DCLがギネス社と合併する形で誕生したUD社がシングルモルトウイスキーの販売戦略としてクラシックモルトシリーズを発表。傘下であるジェームス・ブキャナン社からは、名品・ダルウィニー15年がリリースされていましたが、今回のリリースはそれと同時期であり、ボトル形状も同じものが使用されています。

その香味との関連性はというと、オールドブレンデッドらしいカラメルソースのような甘いシェリー風味の中に、ハイランドタイプの麦芽風味とグレーンの穀物感。この麦芽風味は当時のダルウィニーに近い要素ですが、熟成感は15年ほどは感じられず、なかでもグレーンが8年とか若い原酒なのではと。
そんなわけでマイルドさの中に若干の荒さはありますが、総じて飲み安い仕上がりであり、シェリー好きの日本人が好みそうなブレンドだなとも思うのです。

アボットチョイス 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
ABBOT'S CHOICE
FINE OLD SCOTCH WHISKY
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後数日
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:ややひねたようなアロマはあるが甘みのしっかりした香り立ち。カステラ、黒糖麩菓子、ほのかにスモーキーでしっかりとした香り立ち。

味:マイルドで甘い口当たりから、香ばしほろ苦いピーティーさ。キャラメリゼ、みたらし、オールブランやローストした麦芽。
余韻は染み込むようにピーティーでスモーキー、若干ドライな口当たりを残して長く続く。

香ばしい麦芽とカラメル系。70年代の比べてカラメル感は強いが、よく出来たブレンデッド。ストレートか少量加水で。ハイボールは特徴がぼやけてこれじゃなくて良い感強し。


ラベルで損しているウイスキー、ことアボットチョイス。日本ではこの時代を最後に、兄弟銘柄のチェッカーズとともに輸入が途絶えてしまうのですが、ブランドとしても1990年代中頃には終売になっていたようで、アメリカ輸出品の現地登録が1995年で途絶えているという記録が海外サイトに残っています。

せめて怪しげな修道士の顔がなければ、なんて思うのですが、それはそれで没個性的なラベルだったかもしれない。。。っていうか、さらに旧ラベルのものは下記の通り一層リアリティ溢れるおっさんなので、多少はチャーミングにデフォルメされているのか(笑)。
とりあえず、今回の流通時期の中身は、オールドの古酒・醤油系のフレーバーがヒットする方なら問題いない。麦感あり、古典的なピートフレーバーありで、なかなかの出来なブレンデッドです。


(1950年代流通と推測される、アボットチョイス。ラベルがいかつい(笑)。第二次世界大戦前はヨーロッパマーケットへ、大戦後はアメリカ市場へと売り込まれた。時期的にはアメリカ市場向け初期品に当たる。画像引用:Whisky paradise)

(輸入業社となった巴工業の関係から、日本で多く見られる1970年代流通と1980年代流通。ボトルの色は70年代のほうが濃いが、中身の色合いは80年代のほうが濃い。どちらもレベルの高いブレンデッドである。)

アボットチョイスは、これまでの記事でも触れているように、リンクウッドをキーモルトの一つとしています。
これは作り手である、Jhon McEwan社がDCLからリンクウッドのライセンスを受けているためで、1970年代はまさにオールドリンクウッドを思わせるモルティーさ、スモーキーフレーバーに存在感があります。

一方、今回の1980年代流通品は、古酒的な甘さは強いのですが、原酒そのものの個性や厚みは少し控えめに。これは原酒の比率もさることながら、リンクウッドそのものの酒質の変化もあるのでしょう。余韻で残るスモーキーフレーバーはかつての時代の残滓のようです。
決して出来は悪くはないんですが、この時期のブレンデッドスコッチ全般に感じられる変化には、少し物足りない気持ちも覚えてしまうのです。

シーバスリーガル 18年 インペリアル 1990年代流通 43%

カテゴリ:
CHIVAS
IMPERIAL
Aged 18 years
1980-1990's
700ml 43%

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後数日以内
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライでエステリー、華やかな香り立ち。乾いた麦芽とバニラ。あるいはドライアップル、ファイバーパイナップルなどの白・黄色系のドライフルーツを思わせる軽く華やかなオーク香。微かに干草を思わせるウッディさもある。

味:ドライでウッディ、スパイシーな刺激を伴う口当たりだが、洋梨や薄めた蜂蜜、品の良い果実感を伴うオークフレーバーが主体となって広がる。ボディは最低限。余韻はドライでスパイシー、モルト由来の香味はあまり残らないが、華やかな樽香が長く続く。

モルティーで華やか、そして熟成感もあり上質な原酒を使っていることが伺える、中々侮れないブレンデッドである。
少量加水すると麦系のフレーバーが出て、口当たりのドライなアタックも軽減される。度数落ちのシングルモルトに共通するところもある。


シーバスリーガルが1980年代末期にリリースした、同ブランドとしてのミドルグレード。
時同じく25年熟成のチェアマンズリザーブがリリースされており、スタンダード品に都落ちしていた感のある12年の中間として、ブランドイメージ向上の狙いがあったものと推察。現在のラインナップが構成されたのが、この時代ということになります。

このインペリアル18年。現行品の18年と比較すると、原酒の質もさることながら、ブレンドの傾向が違います。
現行品がシェリー感も多少加えつつ、それよりも樽で苦労している印象のある、湿ったようなウッディさや植物感、軽いえぐみが目立つのに対し。今回のインペリアルは、現行品の25年を思わせる系統。グレンキース、ストラスアイラ、ロングモーン。。。アメリカンホワイトオークの樽で熟成したスペイサイドモルトのオーキーな華やかさ、フルーティーさといった、近年評価を受けている要素が主体であり、下手なシングルモルトと比較しても見劣りしないような完成度です。

(現行品の18年ゴールドシグネチャー(左)と、リリース初期のインペリアル18年。ボトルの高級感は現行品の方があるようにも見えるが。。。)

このシーバスリーガル・インペリアル18年は、向けの違いかラベルチェンジかで、"インペリアル"としてリリースされていたであろう10年弱の間に、3つのラベルが確認できます。
①CHIVAS IMPERIAL 表記
②CHIVAS REGAL 〜18〜 表記 
③IMPERIAL部分が帯のように黒塗りされている。キャップがクラウンローヤルと同じデザイン。

①についてはウイスキー特級表記が確認されており、1980年代末期の初期品から1990年代の流通品と推察されます。
残り2本ははっきりとしませんが、同ボトルは後々、2000年代ごろにCHIVAS REGAL 18 RARE OLDへと移行していくため、②が後期品と考えるのが妥当・・・一方で③は近年寄りでの仕様でありながら、①と②とのデザインのの関連性が当てはまりづらく・・・。オークションでは免税向けをいくつかみかけたので、並行してリリースされたものかもしれません。

何れにせよ、今回テイスティングした①①の18年は中々の出来。値段を考えたら充分(少なくとも現行品を買う以上に)アリなボトルであると感じます。
ただ、このボトルはキャップが樹脂系のアレであるため、状態の怖さが健在なのはオールドのリスク。。。
ラベル違いはまた違う構成であることも考えられるため、②、③も追って試してみたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×