カテゴリ

カテゴリ:ブレンデット・バッテッド

キングジョージ 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190625_223308
KING GEORGE Ⅳ 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
1970's 
760ml 43% 

グラス:
時期:不明
場所:BAR Main Malt
評価:★★★★★★(6ー7)

香り: 存在感のあるスモーキーさ、べっこう飴や香ばしい麦芽香がトップノートに。ややドライでハイトーンな刺激を伴いつつ、オレンジピール、蜂蜜を思わせるグレーンの甘やかなアロマも感じられる。  

味:粘性のある口当たり。キャラメリゼやみたらしの古酒っぽさのある甘味と、オールブランを思わせる香ばしい麦芽のほろ苦さ。
後半にかけて軽いスパイシーさと染み込むようなピーティーさ。 余韻はほろ苦くピーティー、スモーキーなフィニッシュ。ピリピリとした刺激を伴って長く続く。 

オールドスコッチに求める方向性のひとつと言える味わい。コクのあるグレーンの甘味とモルティーな個性、適度な古酒感、そして現代とは異なる角のとれたピートフレーバーが時代を感じさせる。ハイボールも悪くない。

IMG_20190625_223406

オールドウイスキーのバイブルとも言える、スコッチオデッセイのページを開くと、まず最初に目に入るのが、このDistillers Agency Limited のキングジョージ、そしてハイランドネクターです。

親会社であるDCLの"至宝"とされるタリスカー、ブレンド用原酒のローズバンクとその他同社が有する様々な原酒をブレンド。
ブレンドされている原酒の熟成年数は5~12年程度といったところでしょうか。若干若さを感じる部分はあるものの、コクのある口当たりから、タリスカー由来のスモーキーフレーバーが広がる完成度の高いブレンデッドで、当時のDCLのレベルが抜きん出ていることも伺えます。

他方で、この時代になると普及品としての位置付けで"様々な原酒"の割合が増えてくるのか、60年代に比べてボディの厚みやピートフレーバーが多少穏やかになって来ているようにも感じます。
80年代流通は特にその傾向が顕著であり、相変わらず完成度は高いのですが、ボディが軽くなりスモーキーフレーバーが少し浮わつくようにも。麦芽品種と精麦プロセス、そして蒸留方法の変更と効率化。DCLが1960年代から70年代にかけて各蒸留所で進めたそれらが原酒に与えた影響を、香味の変化から感じられるようです。

10633156
(1960年代流通のキングジョージ。シェリー系の甘味を感じるふくよかな麦芽風味に、どっしりと存在感のあるピートフレーバーが下支えとなっている。まさにスコットランドの地酒という味わいで、この手のフレーバーがオールドスコッチ愛好家には堪らない。)

70年代以降は特に日本流通が多かったブランドで、リユース市場でもモノは度々見かけます。
流通しているのは日本向けが多く、各流通時期の見分け方は比較的簡単。ティンキャップの60年代、70年代は今回のボトル(ラベルに特級の印字がないもの)と、特級表記がある安宅産業輸入のもの。80年頃に代理店がニッカに切り替わり、ラベル変更が間に合わなかったのか通関コード部分を一本一本シールで修正するボトルが見られます。
また90年代以降はボトルがスリムになるので、一目でわかりますが、海外流通品だと70年代から80年代の区別がしづらいのは難点です。

コンパスボックス フレイミングハート 6thリリース 48.9%

カテゴリ:
IMG_20190625_211338
COMPASS BOX 
FLAMING HEART 
BLENDED MALT SCOTCH WHISKY  
LIMITED EDITION 6th 
700ml 48.9% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:BAR Main Malt
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:しっかりとスモーキーで、角のとれた酸とアイラ要素を伴うピート香。蜂蜜レモンやグレープフルーツ、奥にはローストした麦芽や焦げた木材。熟成を感じる膨らみのある香り立ち。

味:粘性とコクのある口当たり。しっかりとピーティーだが、奥には洋梨のピューレやワクシーな麦芽風味、オレンジママレードを思わせる甘味と柑橘感も伴う厚みのあるフレーバー。
余韻はスモーキーでほろ苦く、適度にオーキーなウッディネスを伴いつつ長く続く。

アイラモルトのなかに内陸っぽいモルティーさ。上手く融合してひとつの香味のベクトルを作っている。パッと見は熟成したアイラだが、時間経過でワクシーなニュアンス、加水するとピートが弱まりハイランドモルトを思わせるいくつかのキャラクターが表面に出てくる。そのままで充分バランスの良いブレンデッドモルトであり、ストレートで楽しみたい。

IMG_20190625_211405

ウイスキーは”アート”であると、時に今までにない手法も取り入れ、最高のブレンド作りを志すコンパスボックス・ウイスキー社。
不定期にリリースされるブランドのひとつが、フレイミングハートです。

満足の行く原酒が揃ったか、あるいは納得のブレンドが出来た時のみリリースされるという位置付けなのでしょうか。前回の5thリリースも良い出来でしたが、昨年発表された6thも負けず劣らず良い出来です。
その印象を一言で言えば、熟成したアードベッグっぽさのあるカリラ。おっ、新しいの出たのかと、ブレンド比率もわからず注文しましたが、コクのあるボディにしゃきっと尖ったピーティーさが程好く馴染んで、レベルの高いブレンデッドモルトに仕上がっています。

原酒構成と比率はカリラ39%、クライヌリッシュ17%、ディーンストン29%・・・と言うざっくりした情報が日本の主な酒販サイトで公開されていますが、詳細なレシピは以下の模様。

・カリラ19年 39.5%
・ディーンストン15年 28.7%
・クライヌリッシュ15年 10.9%
・クライヌリッシュ23年 5.7%
・ハイランドブレンデッドモルト9年 7.7%※
・ハイランドブレンデッドモルト10年 7.5%※※

※ブレンデッドモルト9年内訳:クライヌリッシュ60%、ダルユーイン20%、ティーニニック20%
※※ブレンデッドモルト10年内訳:グレンオード、ベンリネス、アルターベーンが含まれている。比率不明。

flaming-heart-2018-recipe
(海外ウイスキー情報サイトより引用。各原酒のキャラクターと、使われた樽等の情報はこの図を参照のこと。比率の表記は多少ざっくりめ。)

前作、フレイミングハート5thでは30年熟成のカリラを60%以上使っていて、もうほぼカリラじゃないかという味でしたが、今回カリラは全体の約40%。比率が下がったということもあってか、前作よりもブレンデッドモルトっぽさは感じやすくなったように思います。
しかしピーティーかつアイラ要素は全面に感じる仕上がりであり、ブレンドモルトの若さは目立たない。むしろクライヌリッシュとディーンストンのワクシーでフルーティーな原酒が、上手く全体をボリュームアップさせている。
クリアなカリラというより、どちらかと言えば15~20年程度熟成させたアードベッグやラガヴーリンベースのキャラクターにも近いと感じました。

1c357d8f
(フレイミングハート5thエディション。コンパスボックス・ウイスキー社の15周年を記念してリリースされた。3年前のリリースだが、今考えると非常に贅沢な原酒構成で味も文句なし。)

細かいことを言えば、モルト100%なのと色々な樽が使われているのもあって、各フレーバーの繋ぎ部分で若干の粗さを感じるところもあります。
ですが、主に感じられる樽の要素はリフィルのアメリカンオークホグスヘッドやバレルのそれ。過度に主張しすぎない樽香が酒質由来の香味を引き立てており、逆に言えば一体感がありつつも、それぞれの個性を拾うことが出来るバランスであると言えます。

これは確かにアート、作り手の高い技術のうえに成り立つ作品です。
ごちゃごちゃしていると感じる飲み手もいれば、自分のように厚みがあって個性を楽しめると感じる飲み手もいると思います。
一方、近年のアイラモルトのリリースは短熟や若い原酒主体のNASが増えているなかで、ミドルエイジ以上のアイラシングルモルトを擬似的に再現しているようなブレンデッドであることや、価格も押さえられているのが嬉しいところ。
この熟成感のピーテッドアイラモルトは、今やオフィシャルでもボトラーズでも12~13kじゃ買えません。。。

フレイミングハート以外では、昨年リリースされたアードベッグ主体のノーネームも良かったですし、コンパスボックス社の上位ブランドは軸となる原酒の個性を伸ばして奥行きも備えさせるような、ブレンドとしての分かりやすさがありつつレベルが高いのが特徴。ウイスキーはとにかく味が一番という趣向の方にはオススメの1本です。

オールドパー 1950年代流通 雑酒特級 43%

カテゴリ:
IMG_20190518_124335
Grand Old Parr 
REAL ANTIQUE AND RARE OLD 
Scotch Whisky 
1950's 
750ml 43% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★★(6ー7)

香り:古い熟成庫のような落ち着きと古びた印象を受ける古酒香。キャラメルコーンのような甘味、あるいはべっこう飴、仄かな香ばしさのある古典的な麦芽香。時間経過で干し草や土っぽさとスモーキーフレーバーが存在感を増す。

味:しっとりとしてマイルドな口当たり。古典的な麦芽風味とカルメ焼、色の濃い蜂蜜。続いてピリッとする刺激とオールブランのほろ苦さ、合わせてどっしりと強いピートフレーバーが感じられ、スモーキーなフィニッシュに繋がる。

経年で角はとれているがかなりピートフレーバーが強く、当時のモルトの特徴とされるキャラクターがこのボトルからも感じられる。モルト比率も高く、当時のジョニーウォーカーなどと比較しても決して劣らない。むしろレベルの高いオールドブレンドである。金属臭さえなければ。。。

IMG_20190518_124449

奇跡的なオールドパーを引き当てることが出来ました。輸入はミリオン商事で、同社は1952年に西八丁堀に東京本社を開業しているため、雑酒表記の期間と合わせると本ボトルの流通時期は1952~1960年ということになります。外箱にも雰囲気がありますね。

オールドパーと言えば金属キャップによる状態の悪いものが多いボトル。古ければ古いほどリスクが高まるため、10本中8本はハズレではないかという宝くじ的ボトルであることは過去の記事でも度々触れてきたところ。加えて、そもそもモノが少ない1950年代流通品で金属臭のないボトルに当たるというのは、ボトルの相場以上に価値と幸運のあることだと思います。

オールドパーの主要原酒であるグレンダランは、1964年に蒸留所の建て替えに着手。以降旧設備と新設備の2蒸留所が稼働する状況となりますが、今回のボトルの流通時期は建て替え前であり、原酒は100%旧設備によるもの。また、使用原酒を12年熟成相当と考えれば、蒸留は1940年代前半から中頃で、戦時中ないし戦後の仕込み。
テイスティングで触れた通り、ピートフレーバーが60~70年代流通のオールドパーと比較してもどっしりと強く感じられるのが特徴で、これはグレンダラン含めブレンドに使われている蒸留所の原酒に、世界大戦の影響から無煙炭の入手が困難となってピートが多く炊かれていたためと考えられます。
いやーこのオールド系統のピートフレーバーがたまらんのですよねえ。

※1960年代以降のオールドパー、香味とラベル変移についてはこちらを参照

さて、オールドパーと言えば、かの総理大臣吉田茂が愛飲していた酒として知られています。こだわりの強い人だったとされ、ウイスキー、葉巻、車、スーツ。。。それぞれこれであると決めた特定の銘柄があり、ウイスキーはオールドパーだったというのです。
それはもう有名なエピソードであり、オールドパー、吉田茂、で検索すると出てくる出てくる数々のコラム記事。同氏が飲み残したとされるオールドパーは、高知県にある所縁の旅館城西館に残されており、いつもチーズをアテに楽しまれていたのだそうです。

yoshidayoshidashigeru_robi
画像引用:https://www.jyoseikan.co.jp/info/yoshida.shtml

ではいつ頃ハマったのかというと、自分の知る限り2つ説があります。
1つは戦前の外交官時代に現地で飲んで気に入っていたというもの。そしてもうひとつが戦後総理大臣に就任し、高知県から立候補して国会議員となった後、遊説で城西館に宿泊した時。ウイスキーが飲みたいと言い、旅館社員が現地の酒屋を方々探して手にいれてきたものという話。
もし後者なら、ちょうど今回の流通時期である1950年代のボトルである可能性が高いのです。

当時の吉田茂総理のもとに相談や挨拶にいって、オールドパーの水割りやロックが出たら気に入られた証拠であると。その後多くの政界関係者に愛飲され、あやかろうとギフトとしても一般にも広く扱われるようになったわけですが。。。
この現行品以上にスモーキーな時代のオールドパーを飲んで気に入るというのは、一般的にピートフレーバーが受け入れられていなかった時代であるにも関わらず、随分日本人離れした味覚を持っていたんだなとも思います。

当時と今では経年変化で味は違うでしょうが、こうして経過した時間の分だけ密度を増すオールドボトルのエピソードこそ、瓶熟によって増していく魅力と言えるのかもしれません。

デュワーズ ホワイトラベル 1980年代後期 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190515_223212
DEWAR'S 
FINE SCOTCH WHISKY 
"White Label" 
1980's 
750ml 43% 

グラス:国際規格テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
場所:お酒の美術館 神田店
評価:★★★★★★(5ー6)

香り:ややトーンが高く、若い原酒の荒らさを感じる香り立ち。乾いた穀物、オリーブオイルのような少し特異なニュアンスの混じるグレーン感。柔らかいスモーキーさと麦芽香。ザラメのような甘さも感じる。

味:スムーズだがしっかりとした骨格がある。香ばしい麦芽風味からオレンジ系の甘酸っぱいモルティーさ、薄めたカラメルソース。少し若い原酒のえぐみと若干の草っぽさもある。余韻はほろ苦く、柔らかいスモーキーさを伴い長く続く。

思ったよりも香味が多彩。主要原酒以外に色々ブレンド向けの若い原酒が混じっている味わい。仕上がりの粗さはあるが、見るところもあり、この時代のブレンドとしてはレベルの高い部類に入る。加水するとマイルドで洋菓子、マフィンのような甘味が開き、一気にバランスが良くなる。これならハイボールも充分に楽しめそう。

IMG_20190515_221522

黄金の特級時代と言えど、多くのブレンデッドが味を落としていた1980年代後期。この特級時代の末期頃(1988~1989)に流通したのが、今回のレビューアイテムです。
そもそも、デュワーズ・ホワイトラベルのスタンダードは古いものであっても、若い原酒由来のアタックの強さが目立って造りが粗い。というのが持論でしたが、このボトルは12年クラスの片鱗といえる、粗さの中に熟成感のあるモルティーさが備わった1本でした。

今回のボトルの流通時期は、ジョン・デュワーズ社らを傘下としていたDCLが、1986年にギネス社との合併でUD社を設立。その傘下に移行した時代であり、主要構成原酒はアバフェルディ、グレンオード、オルトモアで、使われている可能性としてロイヤルブラックら、クライゲラヒ、そしてUDのブレンデッド用原酒あたりだったと考えられます。
(現在、デュワーズの構成原酒でレジェンダリーシリーズとしてリリースされている6蒸留所のうち、マクダフだけは当時マルティニ社の傘下であり、1993年からデュワーズないしバカルディ傘下となる。)

個性の違いを把握しづらい若い内陸の原酒と、それ以上に多様な原酒が使われているため、マクダフの有無がとか、あるいはブラックラがどうこうとかは、少なくとも自分にはわかりません。
ただUD傘下となってジョニーウォーカー等の香味に変化があったように、デュワーズもブランドの見直しが行われたのかもしれません。80年代後半の流通ながら、その前のロットにはなかった味わい深さに通じる要素が感じられたのが印象的でした。

Screenshot_20190527_090224
IMG_20190515_224133
(今回のラベル、なにか違和感があると思ったら、その正体は受賞メダルの有無。なぜかまるごと無い。上2ラベルは同時期ないしその前後の流通品だが、デュワーズ・ホワイトラベルはこのように流通先や時代で細かいラベルチェンジが多く、オールドの購入者泣かせな銘柄である。)

さて、上記でデュワーズ・ホワイトラベルのラベル違いが多いという話に触れたところで、各時代毎の簡単な見分け方を紹介すると、それは紋章の色です。

めちゃくちゃ古いやつはメダルの数が違うとか、1960年代以前はティンキャップとか、他にも見ればわかる特徴があるのですが、スクリューキャップになった1970年代以降は、流通量が多い一方ラベルの種類も多く、流通時期が分かりにくいのです。
そこで、最も簡単に判断できる共通の特徴が紋章の色。時代の境目にあるボトルは紛らわしいものもあったりしますが、大概はこの基準で整理することが出来ます。

~1970年代中頃まで:白黒(下記)
1970年代後半から80年代前半:赤線
1980年代中頃から後半:青赤(本記事掲載)
1990年代以降:金色
※ホワイトラベルについてのみの整理ですので、12年など他のグレードの場合は異なります。

IMG_20190527_092011

この紋章の色で流通時期を見分ける話は、バランタインのオールドボトルでも知られており、そしてデュワーズとでは同じような配色構成のものが2つあります。
ただ、バランタインとデュワーズでは、紋章の色とリンクする流通時期が異なるため、混同しないように注意が必要です。

それこそこれはだいぶ前、とあるBARで実際にあった話。デュワーズの赤紋章時代のものを「60年代流通です」と出された時がありました(バランタインの場合、赤線で書かれた紋章は1960年代以前の流通品だが、デュワーズは上記の通り)。狙ったわけではなく、勘違いだとは思いますが・・・。
ちなみにその時自分は紋章での見分けを知らず、そのまま飲んで帰って調べてアレッ?となったクチ。いい勉強になりました(笑)。

ティーチャーズ セレクト 40% サントリーブレンダーが手掛けたスコッチ

カテゴリ:
IMG_20190519_004635
TEACHER'S SELECT 
BLENDED SCOTCH WHISKY 
PEATED FLAVOUR WITH RICH SWEETNESS
700ml 40%

香味とも若く刺々した酸味と、根菜っぽさのあるピートフレーバーが主体だが、味は多少グレーンが効いてマイルドな甘味もある。主体は若いアードモアなのだろう。モルティーでスモーキーな個性が思った以上に備わっている。

使われている原酒は5年前後といったところだろう。樽香は淡くプレーン。ストレートでは粗さが目立つものの、飲めないほどではない。むしろ1000円ちょっとのスコッチとしては、しっかりとモルト由来のピーティーな個性が備わっている点が評価出来る。
このウイスキーが本領を発揮するのはハイボール。ピートを含めた原酒の香味が全体的に軽くなり、ライト寄りに振れるものの、逆に粗さも目立たずグイグイ飲めて食中酒として使うには丁度良い。

IMG_20190520_210113

ティーチャーズの日本向け限定品。ティーチャーズはビーム社傘下のブレンデッド銘柄であり、2014年のサントリーによる買収でさらに結び付きがさらに強くなっていました。
セレクトは元々コンビニ限定で2018年から販売されていましたが、2019年4月から酒販店向けにも展開されることとなった銘柄です。

流石にコンビニの酒棚にあればリリースそのものは認識していましたが、「日本のブレンダーが手掛けた」という話は知らず。だったら飲んでみようかと。
最も、手掛けたといってもどの程度関わっているのか。。。確認したところ、チーフブレンダーを含むサントリーのブレンダー陣が本当にこの製品をブレンドしているのだそうです。
これって凄いことだと思うんですよね。日本向け製品とはいえ、ティーチャーズのような100年以上の歴史があり、スコッチウイスキーを代表するようなメージャー銘柄を、日本のブレンダーが手掛けるというのは初の事例ではないでしょうか。(確認したところサントリーとしては初とのこと。他社も無いでしょうから、公式には日本初ということに。)

良い原酒があっても、ブレンド次第ではどうにもなりません。まして制限の多い価格帯ではなおのこと。
近年、日本のウイスキーはスコットランドを越える高い評価を受けており、ブレンデッドウイスキーとブレンド技術もまた同様に評価されていたところ。自国向けボトルといっても、技術とそれが認められていなければ商売としては成り立たない仕事ですから、またひとつ日本のウイスキーメーカーが歴史を作ったように感じたのです。

IMG_20190521_170849

前置きが長くなりました。元々、現行品のティーチャーズ・ハイランドクリームは1000円程度の低価格ウイスキーですが、価格を考えると実に良く出来ている銘柄と言えます。
キーモルトであるアードモア由来のピーティーさが良い仕事をしており、スモーキーフレーバーをしっかりと感じられるのが最大の特徴。旧ラベルの方がマイルドとか、コクがあったとか、そういう意見もあるでしょうけれど、現行品は現行品で良くできています。

ハイランドクリームのモルト比率は45%で、40種類の異なる原酒が使われているそうですが、そのうちアードモアの若い原酒の比率は結構高いように思います。
また今回のセレクトも同じ系統の作りですが、ハイランドクリームのほうがその他ハイランド系の原酒が仕事をして若干多彩というか、セレクトのほうが奥行きが軽いというか、それはハイボールにするとより顕著に感じられます。
メーカーコメントの「ほのかなスモーキーさ、優しい甘み」は、ハイボールにしたときのコメントなんだろうなと。
飲みごたえはありませんが、広く受け入れられる要素は感じられる。使い勝手の良い1本です。飲み屋のハイボールとか、これで良いんだけどなー。


以下雑談。
最近、イベントとかでお会いする方々に「普段何飲まれてるんですか?」と聞かれることが何回かあったのですが、現行からオールドまで幅広く飲んでます。
それこそ、今回のような現行品の普及価格帯ブレンデッドもその一つ。以前は、失礼ながら「現行品なんて」と思っていた時代もあったのですが。。。
ハイボールだとウイスキーもグラスも冷やして作ると、香りのスモーキーさや味がぼやけず、それでいてスッキリとした仕上がりになるので、食中酒やお風呂上がりなど、案外良いなと使っているのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×