カテゴリ

カテゴリ:秩父

イチローズモルト 秩父 6年 楠田ワインカスク2017 57.5%

カテゴリ:
IMG_5218
CHICHIBU
ICHIRO'S MALT
Matured in the KUSUDA wine cask 2017
Aged 6 years
Distilled 2011
Bottled 2017
700ml 57.5% 

グラス:グレンケアン
量:ハーフショット
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:濃厚でパワフルな香り立ち。ツンとした刺激に薬草風呂のようなハーブ、植物感のある樽香、焦げた木材、ナッツ、プルーンやベリー味のキャンディを思わせる甘さ。

味:口当たりは香り同様パワフルで、とろりとした甘みからタンニンを感じつつ、強い刺激が樽由来の香味を突きやぶってくる。木苺のソース、ハーブ、濃く入れすぎた紅茶、ビリビリとしたアタック。
余韻はドライでハイトーン、ウッディなえぐみを伴い樽由来の甘みが長く続く。

濃厚なワイン樽とクリアでハイトーンな秩父原酒、どちらの特徴もしっかり感じられる1本。
このアタックの強さ、ストレートでは少々呑み疲れるが。。。
 
秩父でウイスキーを作る肥土伊知郎氏のイチローズモルトと、秩父出身の楠田浩之氏がニュージーランドで設立したワイナリー「KUSUDA WINES」が、秩父繋がりでコラボレーションしたのが、今回の楠田ワインカスクシリーズです。
2015年にはピノ・ノワール樽(ピノノワール種で仕込んだ赤ワインを熟成させていた樽)でフィニッシュしたシングルカスクが300本限定でリリースされ即完売。これは濃厚でフレッシュな味わいだったと記憶しています。
そして今回はピノ・ノワール樽、シラー樽で原酒をフィニッシュし、4樽バッティングしたシングルモルト仕様で1270本が発売されました。

お恥ずかしいながら、クスダワイナリーの製品を私は飲んだことが無いのですが、同ワイナリーはニュージーランドワイン業界のいわば超新星。国際線のファーストクラスで提供される実績、著名なワイン評論家からDRC等と同等の評価を受け、クスダのファンだと公言される出来栄えなど、ここ10年間の評価は青天井なのだとか。。。まあこの手の金賞受賞的PRはワインにあって若干眉唾的ではありますが、非常に高い評価を受けているのは間違いありません。
特に今回使われたピノ・ノワールとシラーのワインは、かねてよりクスダワイン=ピノ・ノワールとして評価が定着していた代表的品種に加え、シラー種も人気が高まっているのだそうです。

飲んでみると赤ワイン樽らしくとろりとした甘みに、ほのかな酸味、ハーブ、スパイス、ウッディなニュアンスがしっかり感じられます。ともすればベタつきがちなワイン樽フィニッシュですが、ベースの秩父らしいハイトーンな口当たりで、中和というか上書きされていくイメージ。
フィニッシュに使われたのは空樽は、クスダワインに使われる樽はフレンチオーク(新樽比率は30%)との記載がワイン側にあり、リフィルのフレンチオークであるのは間違いなさそうです。
結構しっかりウッディなので、1度使った樽で2〜3年くらい後熟しているのかもしれません。

このボトル、1270本が秩父市内のみで発売された中で、うち100本がふるさと納税の対象にもなって、結構な額の納税でしたが即完売。それもまた話題になったところ。 相変わらず凄い人気です。
楠田ワインの高品質の秘密は「クスダマジック」なる"超手をかけてワインを作る"ことなのだそうですが、それが今の評価に繋がっているわけですから、何事も日々の努力の積み重ね、そして熱意、情熱があってこそですね。
かたやイチローズモルトも様々なウイスキー作りにトライし、スタッフに熱い想いがあるのは異論を挟む余地はないところ。今回の一本は、世界にその名を知られる2ブランドの、まさに情熱のコラボと言うべき作品です。

イチローズモルト 秩父 2010-2017 ウイスキー祭 WWA ワールドベスト受賞

カテゴリ:
秩父ウイスキー祭2017
ICHIRO'S MALT
CHICHIBU
Chichibu Whisky Festival 2017
Aged 6 years
Distilled 2010
Bottled 2017
Cask type Fino Sherry Hogshead
700ml 59.2%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
量:30ml
場所:BAR飲み(Nadurra)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)(!)

香り:甘く香ばしい香り立ち。ブラウンシュガー、かりんとう、ツンとした木材の刺激が混じる。徐々に灯油っぽいケミカルなニュアンスから、パッション系のフルーティーさも奥に感じる。

味:甘くパワフルでスパイシー、固さのある口当たり。ブラウンシュガー、サルタナレーズン、ドライイチジク、甘みに混じって少し樹脂っぽい癖が鼻腔に抜ける。
余韻はドライでスパイシー。ハイトーンで口内がヒリヒリする。かりんとうを思わせる香ばしさ、少々ケミカルな甘みを伴い長く続く。

秩父らしいスパイシーでハイトーンな酒質に、シェリー樽由来の甘みが上手くマッチ。フィノシェリーはどのへんがフィノなのかはわからないが、これまでのリリースにあった酸味、えぐみが上手くカバーされている。加水するとシロップを思わせる甘みと共にケミカルなニュアンスが更に開く。

秩父ウイスキー祭

今年で4回目を迎えた秩父ウイスキー祭における限定ボトルであり、ウイスキーマガジン社主催のウイスキー品評会、ワールドウイスキーアワード2017(WWA2017)における、シングルカスクウイスキー部門で世界一に輝いた記念すべき1本。
日本のシングルモルトウイスキーが同賞を受賞するのは、余市(2008年)、山崎(2012年)に次いで3度目。ブレンデッド部門では竹鶴や響が毎年のように受賞する中で、シングルモルト部門は高いハードルがあり、近年では台湾のカヴァラン蒸留所のウイスキーが評価されるなど、2012年の山崎25年から4年以上受賞を逃していました。
そんな中、稼動から10年に満たない日本のクラフトディスティラリーが、新たに作り上げた原酒で受賞するのは初めてのことであり、快挙と言えます。 

参照:【速報】ウイスキーアワード2017
http://whiskymag.jp/wm_award2017/ 
(グレーン部門では富士御殿場蒸留所が2年連続で受賞。ブレンデッド部門は響21年が世界一を受賞しています。)

まさに記念となる1本。296本限定でのリリースに加え、抽選販売だった事などから既に購入は難しいですが、1杯は飲まねばウイスキー愛好家の名が廃ると、ストックを持ってるBARでテイスティングします。
樽由来か従来の秩父モルトにはあまりないケミカル系の要素が潜んでいるものの、少々荒削りながら、甘くスパイシーで香ばしさとドライな果実味も伴うシェリー感が広がっていく。何より、これまでの秩父に感じられたえぐみなどの過熟を思わせる要素はなく、熟成のバランスも良好。
いい出来とは聞いていましたが、これは確かに今までテイスティングしてきた秩父の中で、ベストの一つと思える仕上がりです。

WWAの審査は、全てブラインドテイスティングで行われているとされています。
それだけ聞けばガチな審査であるコトがうかがえますが、過去の結果を見ると、違和感ある受賞も発表されており、その内容について不明瞭なところがないワケではありません。
しかしウイスキーの品質が箸にも棒にもかからないようなモノはまず選ばれないわけですし、何よりテイスティングの通りこの秩父は良い出来です。
何より審査結果にグダグダ言うのは野暮というもの。秩父蒸留所の皆様が成し遂げた成果を、ただ祝福したいと思います。


ちなみに、今回の原酒が蒸留された2010年は、ちょうど自分が秩父蒸留所を見学させてもらった時期。当時は、ハイボールブームが燻っているような状況で、まだウイスキーブームと言えるほどの動きは起きていませんでした。
周囲の声には、いまどき蒸留所なんて物好きな人もいたもんだという声が無かったわけでは無く、肥土伊知郎氏がベンチャーウイスキーを立ち上げた2004年、蒸留所稼動直後の2008年なんてなおのこと。
それでもコツコツと活動を重ね、今や世界的にも有名なクラフトウイスキーディスティラリーに成長。秩父でのウイスキー祭には3000人を越える参加者が足を運び、伊知郎氏においては、建設が進む他の蒸留所についてもアドバイザー的に活動されるなど、日本のウイスキー業界を牽引する中心人物の一人となっています。 

今回の受賞のみならず、さらなる活躍をいち愛好家として楽しみにしております!
WWA2017、ワールドベストシングルカスクウイスキー受賞、おめでとうございます!

イチローズモルト 秩父 ピーテッド 2016 54.5%

カテゴリ:

CHICHIBU
Ichiro's Malt
The Peated 2016
Distilled 2012
Bottled 2016
700ml 54.5%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み(GOSSE@目黒)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:スモーキーで強いアロマ、バニラやナッツを思わせる甘い樽香、ほのかにエステリー。淡いヨードとピートフレーバーの奥から乾いた木のアロマも感じる。

味:やや粘性を伴う口当たり、パワフルなアタック。香り同様にピートフレーバーとバニラを思わせる甘みと微かにドライオレンジ、柑橘のニュアンス。そして強くスモーキーな鼻抜け。
余韻はスパイシーでドライ、乾いた麦芽風味、ピーティーで強いアルコール感を喉に伴う長い余韻。

加水しても基本的な方向性は変わらない。アイラ島のピートを使ったのか、スモーキーさに淡いヨード混じるようにも感じる。香味の変化という点ではやや単調気味だが、4年少々でこの酒質なら、秩父の環境でも10年程度の熟成に耐えるのでは。


今一大ブームの中にある、秩父蒸留所のピーテッド。2016年リリースのこのボトルは、若いなりに中々よく出来た1本です。
秩父の原酒は蒸留開始初期のものだと多少バラつきがある感じですが、2010年くらいから蒸留ノウハウの蓄積か、だいぶ安定したように思います。
口当たりの若い原酒らしく荒さ、パワーはありますが、ねっとりとしたコク、変な酸味やえぐみの無さ、そこにラフロイグ系統のピートフレーバーで、秩父モルトに多く見られる癖を感じにくい仕上がりとなっています。
フレーバー全体のまとまりを考えると、これまでリリースされてきた秩父のピーテッドより良い出来なんじゃないでしょうか。

若いモルトはピーテッドだとそれなりに楽しめるものが多い、と言うのはウイスキーにおける定石の一つと言えます。 
料理で言うならカレーみたいなもので、多少脱線しても最後はスパイスのキャラクターでなんとかしてしまうあの感じ。
最近はボトラーズ側の原酒不足からカリラ、タリスカー等で短熟モルトがリリースされているだけでなく、日本では秩父以外のクラフトディスティラリーでも、ピーテッド原酒の生産が宣言されているところ。テイスティングする機会はさらに増えそうです。


なお、ピーテッドモルトウイスキーの需要増からか、仕込みに使うピーテッド麦芽の値段が上がっているそうです。(国内での流通価格は、昔はピーテッド麦芽のほうがノンピートより安かったのだとか。)
なるほど、これも時代の流れだなぁと。
そしてピーテッドをこれから仕込む蒸留所が、ピートの強い個性の中でどのように蒸留所毎のキャラクターを表現するのか。
また、ピートと一括りに言っても、内陸のものかアイラのものか、果ては日本産という選択肢に加え、その乾き具合などでもフレーバーは異なると聞きます。
楽しみな要素は尽きませんね。

秩父 6年 2009-2016 イチローズモルト MDC BAR キッチン 62.2%

カテゴリ:

CHICHIBU
Ichiro's Malt
Malt Dream Cask for Bar Kitchen
Aged 6 Years
Distilled 2009 Nov
Bottled 2016 Sep
Cask type Bourbon barrel
700ml 62.2%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封1週間程度
評価:★★★★★☆(6)

香り:ツンとした乾いた木材を思わせるアロマ、ドライレモンピール、クラッカー、奥にはバニラの甘さ、ナッツのニュアンスも感じる。秩父らしい酸味を伴うクリーンで爽やかな構成。時間経過でバーボンそのものを思わせるフレーバーが少し混じる。

味:とろりとした口当たり、シリアルを思わせる香ばしい味わいから、蜂蜜の甘みと微かにウッディなえぐみ、溶剤系のニュアンスを感じた後、スパイシーでオーキーなフルーツ、近年系トロピカルフレーバーも顔を出す。
余韻はややドライ、ハイトーンでヒリヒリする。ジャスミン茶を思わせる華やかさと植物感、後半に感じられたオーキーなフルーツが鼻に抜けていく。

ストレートでは1口目で感じたフルーティーさが3口目以降あたりから感じ辛く、チェイサーやクラッカーなどでリセットしていく必要がある。
加水するとバーボン樽由来のフルーティーさが開き、ぐっと親しみやすくなる。ロックも悪くない。ハイボールはこのボトルの良い部分とも言えるバランスの良いフルーティーさが薄れ、飲みやすくはあるが魅力は感じない。


博多のBAR キッチンさんが樽買いし、つい先日ボトリングしたばかりのモルトドリームカスク。
同店と言えば、カードシリーズを全種揃えてのテイスティング会を開くなど、イチローズモルトの南の聖地とも言えるBAR。
先日マスターの岡さんとお会いした際、どうですか?とお誘い頂き譲ってもらいました。

6年と10ヶ月、約7年間のバーボンバレルでの熟成。秩父は色々飲んできましたが、その中でも良くまとまっているリリースだと思います。
秩父は熟成の見極めが難しい蒸留所で、正直そこを外しているボトルも少なからずあります。
しかしこれは秩父らしいクリーンな酒質にバーボンバレルの個性、フルーティーさも感じられて、ウッディな渋みやえぐみは少ない、バランスの良い仕上がり。特に加水での味の変化が良いですね。

ただ約7年の熟成ではどうしても原酒の未熟部分、アルコールの角は充分に取れないため、これまでリリースされてきている秩父全般に共通する"らしさ"も残っています。
このまま熟成を続ければどうなるかというと、フルーティーさだけが強くなって、熟成感が増していくような熟成が続くことはなく、実際は樽感も合わせて増えてしまうためウッディーでドライな構成になりがち。
もちろん、それはそれでウイスキーとしては面白いですし、加水調整などすれば美味しく飲める可能性もあります。
ただ、なるべく自分の樽をカスクストレングスで美味しく、バランス良く出すならば・・・このタイミングが秩父蒸留所の飲み頃の一つ、なのかもしれません。 

BARキッチンさん、貴重なボトルをありがとうございます。
ああ、早く博多に行く機会を作らないと(´Д` )

イチローズモルト 秩父 52席の至福 西武鉄道向けボトル 59.4%

カテゴリ:
IMG_0910
ICHIRO'S MALT CHICHIBU
Exclusively Bottled for
FIFTY TWO SEATS OF HAPPINESS
Cask in 2010
Bottled 2016
Cask type PX Hogshead #2628
700ml 59.4%

グラス:創吉テイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:開封後1週間以内
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:ツンとしたアルコール感。やや青さのある強い香り立ちから、黒砂糖、サトウキビ、ほのかにイチジク煮。
徐々に甘さに乾燥させた黒豆のような香ばしさとウッディーなニュアンスも感じられる。

味:粘性を感じるハイトーンで刺激の強い口当たり。ペドロヒメネスのリッチな甘さ、黒蜜、プルーン、ほのかにドライオレンジ、濃さはあるが奥行きはあまりない。
余韻はスパイシーで舌がサラサラとする、若干の青い植物感と樽材の渋み。意外とあっさりしている。


イチローズモルトが、観光列車「西部旅するレストラン 52席の至福」向けにボトリングしたプライベートボトル。PXシェリーホグスヘッドで6年間の熟成、318本のボトリングです。
西武線を走る52席の至福は、2016年の4月から新宿・池袋ー秩父間で運行を開始した観光列車。売りはもちろん車窓から見る景色とともに味わう、厳選されたコース料理。そのコース料理に合わせて注文できるドリンクの一つとして、イチローズモルト・52席の至福が準備されています。

ラベルを見るとトランプを思わせる4種類の柄に52という数字から、てっきり新しいカードシリーズでも発売したのかと思ってしまいましたが、このロゴマークは同列車のコンセプトを現したもので、それは以下PRサイトにて紹介されています。

52席の至福
「西武鉄道52席の至福」PRサイトはこちら

さて、ボトル概要の紹介はこれくらいにして、気になる中身のコメントを。
実はこのウイスキーはブラインドテイスティングで飲みました。
ブラインドと言っても、3種類のシェリー系ボトルの中にこのボトルが入っている選択式。残りの2本はBAR Show向けのアランとドロナック。ドロナックは同じPX系の樽で熟成されたものでしたし、秩父の濃厚なシェリーカスクは初めてだったので少々身構えて挑みましたが、ベースとなる酒質の違いは明白で、ノージングで1発でした。

今回のボトルは度数なりのアタックや荒さもありますので、この列車に乗られる普段ウイスキーを飲みなれないような方々は、ロックにするか、加水するような飲み方をしないと厳しいかもしれません。
構成はPX樽での熟成らしく、濃厚なシェリー感で完全に食後酒系。硫黄感はなく甘みをメインに感じます。
しかしねっとりと重い味わいではなく、トーンの高い香味にハーブや植物系のニュアンスも混じっており、樽感としてはピークに近いところまで出ていますが、バランスという点では荒さが残っているように感じられます。
この辺は6年という短熟の宿命で致し方ないところ。ただ元が素直な酒質であるだけに、シェリー樽との組み合わせは樽やバッティング次第で良いとこいきそうな気もします。


以下余談。
今回のボトル。ラベルの蒸留年表記がDistilled ではなくCask inで、麦芽品種の表記こそあれどシングルモルト表記もジャパニーズウイスキー表記も無い。この中身は本当に秩父で蒸留されたモルトなのかと、ウイスキー仲間経由で確認してもらいました。
答えは正真正銘秩父での蒸留で、ラベル表記はデザインの関係とのこと。
イチローズモルトのCask in表記については、元々秩父はボトリング能力の問題から蒸留から樽に入れるまで若干ロスが発生するケースがあり、DistilledではなくCask in表記を使っていたそうです。(月末に蒸留し、ボトリング行程で月をまたぐと、表記上は蒸留月から1ヶ月の誤差が生じる。)
気にするほどでもない事でしたが、一つなるほどと思えた話でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×