カテゴリ

カテゴリ:テイスティング

嘉之助蒸留所 ニューボーン 2018-2019 バーボンバレル 48%

カテゴリ:
IMG_20190905_001851
KANOSUKE 
NEW BORN 
Distilled 2018 July 
Bottled 2019 August 
Cask type Bourbon barrel #18153 
200ml 48% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後数日
評価:ー

香り:乾いた麦芽、トースト、蜂蜜梅やレモンを思わせる甘酸っぱいアロマ。合わせてつんとした刺激、酵母を思わせるようなニューポット臭も若干感じられる。

味:口当たりは柔らかいコクがあり、香ばしい麦芽とレモンキャンディのような甘味や酸、すぐにピリピリとした刺激が舌を刺激していく。余韻はほろ苦く、序盤の要素がスッとなくなり不思議と強く残らない。

嫌みなところの少ないニューボーンだ。ニューメイクの段階で感じられた作りの丁寧さが熟成でそのまま磨かれてきていて、特にノンピート原酒でありなら未熟な部分が目立たない。ハイボールも悪くなかった。トライ&エラーの段階といえる創業直後の原酒でこのクオリティは素直に好感と期待が持てる。
一方で樽感は1年熟成にしては強く、3~5年程度でピークを迎えるような早熟な仕上がりも予想された。

IMG_20190905_002355

嘉之助蒸留所リリースのニューボーン、リミテッドエディション。先日発売されたばかりの蒸留所限定品で、現地に見学にいったウイスキー仲間からお土産として頂きました!
今後はバーボン樽熟成以外に、シェリーやワインなど様々な樽でのニューボーンのリリースが予定されているそうで、現地だけでなくWEB SHOPでも毎月数量限定で発売されるようです。

同蒸留所のニューボーンといえば、昨年に8ヶ月熟成のものがリリースされていました。
これは米焼酎の熟成に使ったアメリカンオーク樽をリチャーしたもので、悪くない仕上がりでしたが、リチャーの影響で酒質の細かい部分までは見えづらかったところ。一方、同じく昨年リリースされていたニューポットをテイスティングした際の感想としては、
・綺麗な酒質で、適度なコクが感じられる。
・熟成による削りしろは少なめ、早熟なタイプ。
・熟成環境を考えるとバーボン樽で5年程度で仕上がるのではないか。
という印象をもっていました。

adecfe57
(嘉之助蒸留所リリースのニューポット。3種類のポットスチルを使い分けて作った複数の原酒をブレンドしているのが特徴。未熟感の少ない綺麗なタイプで、WWA2019では日本地区における最優秀ニューポットを受賞していいる。当ブログでのレビューはこちら。)

今回の原酒は約1年熟成。蒸留所がそもそも創業直後で、これからトライ&エラーのなかで酒質を変化させていく段階あることを考えると、成長予測の判断が難しいところではありますが、ニューポットの段階で感じた早熟系の原酒であることは間違いなく。
熟成環境と今の段階の酒質が落ち着く地点に解離が少ないというのは、この蒸留所の大きな強みだと感じました。

温暖な日本において、通常環境での熟成は樽感との駆け引きです。
例えば樽感のピークがバーボン樽だと5年後に来るような環境で、10年以上熟成させないと飲み頃がこない原酒では、どの段階でボトリングしても若いかウッディか、どっちつかずになりかねません。(この点、カヴァランとかは非常に上手く調整していますね。)
嘉之助蒸留所のバーボン樽熟成の原酒は、上述の条件が、どちらも短期でちょうど良いところにあるように感じます。

ここから先は勝手な妄想ですが、逆に、10年クラスの熟成を目指していくならば、複数回使ったアメリカンオークのリフィルバットや、あるいはシェリーやワインなどの熟成に用いられることがあるという500リットル以上の大型な樽を使ってみるのも手かもしれません。
九州には有明産業さんもありますから、樽材だけでなく樽の大きさという点でもタイアップが出来るのではないか・・・なんて。思い付きレベルですが、これも他の蒸留所とは異なる個性に繋がるようにも感じられました。


最近様々なクラフトからニューメイク、ニューボーンがリリースされて、着実日本でのウイスキー作りが根付いて、成長してきていることが感じられます。
若いウイスキーは粗く、飲みづらく、また生産量などの関係から大手メーカーのそれに比べて割高というネガティブな要素もありますが、決して完成度などの同じ土俵で比較するものではありません。
将来性という異なる評価軸で、リアルタイムでそれを見れるのは今だけ。ブームによる様々な影響が出ている昨今ですが、嗜好品愛好家として今を生きる我々はその点で幸運なのかもと思えるのです。

オールドグランダッド 114プルーフ 1990年代流通

カテゴリ:
IMG_20190816_215156
OLD GRAND DAD 114
KENTUCKY STRAIGHT BOURBON 
BARREL PROOF  
1990-2000's 
114 Proof 750ml 

グラス:国際企画テイスティング
場所:お酒の美術館 神田店
時期:開封後2ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:濃厚でメローな香り立ち。チャーオークの香ばしさ、チョコウェハースやキャラメルポップコーン。甘味と共に軽く乾いた木屑、ビターオレンジのような要素も混じる。

味:ウッディーでメロー、香り同様リッチな味わい。チャーオーク由来の濃厚さのなかにはチェリーシロップ、オランジェット、樹液のような粘性のアクセント。徐々に焦げたカラメルを思わせる苦味への変化。鼻孔に抜ける軽い植物感を伴い、ビターでウッディ、スパイシーなフィニッシュが長く続く。

メローでパワフルな濃厚バーボン。ライ麦27%と通常のバーボンより高いマッシュビルが特徴ですが、全体的には樽感が強くどっしりとした味わい。果実系の要素よりチャーオーク由来の色濃い甘味が主体で、甘味の後はウッディな苦味が余韻を引き締めている。加水以外にロックにしても崩れないしっかりとしたボディ感で、マッシュビル由来のスパイシーな刺激が際立つ。

IMG_20190816_215243

コスパの良いバーボンとして、愛好家から評価を受けるオールドグランダッド114。57%のバレルプルーフ仕様で、裏ラベルを読むと「樽から直接ボトリングされている」旨が書かれているわけですが、加水調整が入っているので真の意味でStraight from the barrelではないものの、ひょっとしてシングルバレルではあるのかもしれません。

今回のボトルは、蒸留所並びにブランドを所有していたナショナルディスティラリーグループがウイスキー事業から撤退し、ジムビーム傘下(厳密にはその前身である、フォーチュンブランド社)となった、1987年以降の流通品。香味の濃厚さから、当時の樽の影響の濃さを差し引いて熟成年数は6~8年程度と推察しています。

上述のシングルバレルなのかという点も気になりますが、それ以上にリリースに使われている原酒はどこで作られたものかという点が、オールドボトルでは気になるところ。
上の裏ラベルに書かれているFRANKFORT.KYは旧オールドグランダッド蒸留所を、CLERMONT.KYはジムビーム蒸留所をそれぞれ指しているわけですが、ジムビームで作られた原酒のボトリングプラントになっているフランクフォートの設備がいつまで蒸留所として稼働していたのか、はっきりとわかりません。

参考までにナショナルディスティラリー社が当時傘下としていたオールドテイラーは1972年、オールドクロウは1987年に蒸留所を閉鎖しているとのことで、グランダッドも1987年の売却と同時に閉鎖したと考えるのが自然。
ジムビームが蒸留所とストックごと引き取り、生産はジムビーム蒸留所に集約し、熟成とボトリングを各工場で行うという形に変更され・・・過去のストックを消費しつつ、新しい体制での生産原酒に切り替えていったと予想されます。あるいは一般普及品などは混ぜていた可能性も。。。

IMG_20190902_003346
(ほぼ同時期流通の加水仕様。ストレートでは普通のバーボンだが、加水やハイボールなど樽感を薄めるとソーピーなニュアンスが。。。)

ナショナルディスティラリー社時代のオールドグランダッドは、ソーピーで特殊なフレーバーが感じられるボトルがいくつかあることでも知られています。
20世紀後半、同社が所有する文字通りのドル箱、国民的銘柄であるオールドクロウが急激に売り上げを落とし、同社のウイスキー事業撤退のきっかけとなります。この背景には蒸留工程におけるミスを放置し続けたことによる、味の劣化があったという説があります。確かに、ベースが共通する1970年代アメリカ流通のギルビージンも似たようなおかしな味がするものがありましたし、そう考えると今回のボトルはジムビーム時代の原酒100%なのかもしれません。

また、2000年代以降、近年にかけて樽感が薄くなるに従いドライでスパイシーさが際立つようになっていくオールドグランダッドですが、所有者が代わり、安定した操業に切り替わったのは怪我の功名だったのかもしれません。
例えそれが、レシピだけ同じで設備の異なる、嗜好品として大事な要素を犠牲にした代物だったとしても・・・。

アードベッグ トリー・バン 19年 2000-2019 46.2%

カテゴリ:
IMG_20190904_092806
ARDBEG 
TRAIGH BHAN 
Batch No,1
GUARANTEED 19 YEARS OLD 
Distilled 2000 
Bottled 2019 
Cask type American Oak & Oloroso Sherry 
700ml 46.2% 

グラス:グレンケアン
場所:BAR Eclipse first 
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:グラスに注いだ瞬間から立ち上るヨードや潮気を含むピート香。香り立ちは柔らかく、灰っぽさや乾いた土、奥には柑橘や蜂蜜、オークのニュアンスをアクセントに、しっかりとスモーキーなアロマ。

味:マイルドな口当たり、角のとれたピートフレーバーと塩気がはっきり感じられる。乾燥させた麦芽、木屑、香り同様柑橘類の甘味と仄かな酸、含み香に松脂を思わせる要素も混じる。
余韻は塩気がそのまま残り、スモーキーでピーティー、ウッディな渋みを伴って、ほろ苦く蓄積するように長く続く。

なんとも正統派なアードベッグ。樽感は香味ともリフィル系のプレーンなタイプで、酒質を邪魔しない構成が、逆に多彩な香味と熟成感を際立たせている。この樽使いはいかにもディアジオらしい。飲み進めていくと、強い塩気と蓄積するようなウッディさが若干引っ掛かる部分もあるが、全体的には完成度の高いオフィシャルリリースである。

IMG_20190903_225417
IMG_20190903_232830

9月3日、昨日発売されたばかりのアードベッグの新商品、トリー・バン。特に狙って飲みに行った訳ではないのですが、入荷しているなら1杯いっときますかと。
同シリーズはスモールバッチで毎年様々なスペックのシングルモルトをリリースしていく構想のようで、ファーストリリースは2000年蒸留で19年熟成。アイラモルトでは近年数少なくなってきた中熟仕様かつ、単一蒸留年の仕様でリリースされています。

トリー・バンはゲール語で歌う砂を意味する・・・ボトリングの日は嵐だった・・・という背面ラベルや外箱記載のエピソードはさておき。
近年ラフロイグが18年を終売にしたり、あるいはラガヴーリンがショートエイジの8年をラインナップに加えるなど、アイラ全体で15年熟成以上のリリースの話をほとんど聞かない中。アードベッグは昨年も20年熟成以上のミドルエイジリリースを限定で実施していた実績があるだけでなく、20年近いシングルモルトを2万円ちょっと、納得感のある価格設定でリリースしてきたのは素直に驚きです。

樽構成はアメリカンオーク樽とオロロソシェリー樽。味わいから察するに、アメリカンオーク樽は複数回使用したサードフィルあたりのウイスキーカスクがメイン。合わせて使われているオロロソシェリー樽はヨーロピアンオークと思われますが、これも大半がリフィルと思われます。
シェリー樽の比率はそこまで多くない印象で、酒質の個性を潰さない熟成をさせつつ、口当たりの甘味やコク、バランスを整えるために少量使っているのではと推察。
他のリリースだと、ラガヴーリンのジャズフェスボトルとかで近い作りがあったなと。あとは毎年恒例のスペシャルリリース系統ですね。いかにもディアジオらしい樽使いです。

プレスリリース等の事前情報から、シェリー樽多めかと思っていたので(色合いが"暖かみのある茶色"ってなってたし)、あまり期待してなかったというか、少なくともこの系統とは予想していませんでした。
香り立ち、味わい、オフィシャルリリースとして10年等の延長線上にある仕上がりで、価格だけでなく内容にも納得。先日のアードベッグデーでリリースされた”ドラム”も、あれはあれで若いなりに良さはありましたし、こういうので良いんですよ。
また、ボトラーズ等でもリリースが増えているヤングエイジのアイラモルトは個性の強さなどで普通に楽しめるものもありますが、今回のようなリリースを飲むと、熟成した原酒の存在は尊いものと認識させられます。

トリー・バンのファーストリリースはアードベッグ好きに是非とオススメ出来る1本。ただし余韻にかけて多少引っ掛かる酸やウッディさが気になった部分もあるので、開封後の変化も見てみたいと思います。
特にあの塩気。。。海辺で樽の乾燥でもさせていたのか、蓄積するように残る特徴的なフレーバー。アイラらしいっちゃらしいですが、この辺が馴染むとどうか。
ただそれ以外では、現時点でも総じて好印象なモルトでした。

グレングラント 10年 40% & 酒育の会リカル9月号

カテゴリ:
IMG_20190901_234830
GLEN GRANT 
Aged 10 years
Release 2018~ 
700ml 40% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★(5ー6)

香り:華やかでドライ、オーキーな香り立ち。若干粉っぽさもあるオーク香だが、ファイバーパイナップルや洋梨を思わせるフルーティーさと仄かな酸味。奥には白粉っぽさも混じる麦芽香も潜んでいる。

味:フレーバーの輪郭は少しぼやけているが、ライトでスムーズな口当たり。乾いた麦芽風味とオークフレーバー。香り同様に華やかな含み香に加え、若干の酸を伴う。徐々に薄めたパイナップルシロップの甘味と、じわじわとスパイシーな刺激、干し草や乾いたウッディネスを伴うドライなフィニッシュ。

香味とも加水で若さや熟成の荒さを誤魔化したような部分はあるが、癖の少ない酒質の素性の良さに加え、時間経過で麦芽香がオークフレーバーのなかに開いてくる。ストレートだけでなくハイボール等他の飲み方に幅広くマッチする、使い勝手の良い1本。価格も実にお手頃。

IMG_20190721_213206

現行品のスペイサイド・オフィシャルでオススメを問われたら、間違いなくチョイスするのがグレングラントです。
変な癖のない素直な酒質に、バーボン樽(アメリカンオーク樽)由来の華やかなオークフレーバーを組み合わせた、近年スペイサイドの典型的な構成とも言える仕上がりが特徴で、香味の安定感だけでなくキャラクターを経験する意味でも価値ある1本。
2016年にラインナップが大々的にリニューアルされ、以降上記の傾向が強調される形になっています。

グレングラントのオフィシャルリリースは通常ラインナップで4種あり、すべてに共通するのがアメリカンオークの華やかなフレーバー。熟成年数を増すごとにそれがリッチになっていく、分かりやすい違いがあります。
ラインナップでもっとも若い5年・メジャーリザーブは流石に若さが目立つものの、以降は適度な熟成感に樽香のノリが良く。
特にリッチなフルーティーさが楽しめるのは18年ですが、コスパが良いのは10年、12年。店頭価格3000円程度で購入できる10年は現行品のスコッチモルト全体を見てもなかなかのものだと思います。

スペイサイド&ハイランド地方から、他の同価格帯のモルトを挙げると、グレンフィディックやグレンリベット12年などもありますが、それぞれキャラクターが異なっている。飲み口の柔らかさならフィディック、華やかさならグラント10年といった具合です(なおリベットry)。ただフィディックは近々ラベルチェンジが行われるようで、今後「良くなった」といわれる味わいを維持できるかは様子見の状況です。
また、似たようにライトでオーキーなタイプだとグレンマレイ12年もありますが、ほんの少し流通価格が高く、これならグラントやフィディックで良いかなとか思ってしまうのです。

Screenshot_20190901_081951
Screenshot_20190901_081937

さて、先日発刊された酒育の会の機関誌「LIQUL(リカル)」9月号。
メインの特集では蒸留所リストと共に、ジャパニーズクラフトの同行について触れられていて読みごたえのある内容。
そのなかで、担当させていただいているコーナーで、グレングラントをクライゲラヒと共にスペイサイドモルトのオススメ2銘柄として掲載しています。
※酒育の会:LIQUL(リカル)電子版はこちら

記事の文字数制限で両者に関する詳しい解説は省略していますが、これも今回のように補足していければと。記載の2銘柄だと、グレングラントからは山間を吹く冷涼な風を思わせる爽やかな味わいが。クライゲラヒからは、一面に広がる麦畑を思わせる牧歌的なイメージ、というくらいに明確に違いがあります。

違いの理由については断定できませんが、調べてみると蒸留方法でグラントは1980年代に新しい設備への切り替えがあった一方、クライゲラヒは古典的な設備をそのまま使っていることが少なからず影響しているように考えられます。
スコッチモルトはかつてグレングラントも含めて麦感を厚く備えた原酒が多かったわけですが、一方で近年は麦芽品種の変更や、ピートの使用を控えたり、あるいは蒸留方法を切り替えたりで、先にも述べた通りライトで華やかなタイプの仕上がりが増えてきているのです。

地酒が世界的なブランドに成長するなかで、求められる香味にアジャストしていったようにも見える変化。ただし、そのフレーバーが完全になくなった訳ではなく、オーク香の奥に潜んでいるのも感じ取れます。
今回レビューしたグレングラント10年か、あるいは別途記事にしている12年あたりと、該当する麦芽風味が出ているモルトを飲み比べていくことで、さらに個性の理解が進むようにも感じられます。

クエルボ リゼルヴァ デ ラ ファミリア 40%

カテゴリ:
IMG_20190829_115857
Jose Cuervo 
Reserva 
DE LA FAMILLIA 
EXTRA ANEJO 
Release 2011
700ml 40% 

グラス:テイスティンググラス名称不明
場所:BAR Fingal
時期:不明
参考評価:★★★★★★★(7)

柔らかい香り立ち。テキーラ独特の植物感と柔らかい酸、メープルシロップを思わせる甘さ、オレンジママレードのような柑橘を思わせる要素も潜んでいる。
口当たりは実にマイルドで、アルコール感を感じさせない。バニラやキャラメルナッツの甘味、柔らかいウッディネスと溶け込むような焦げ感が、長期熟成を思わせる奥行きと多彩さを構成している。また、香りで感じられたテキーラの個性、角のとれた酸味と若干の植物感も含み香として鼻孔に抜けていく。

ウイスキー好きに飲んでもらいたいテキーラ。度数やテキーラの特性上パンチはそれほどでもないが、長期熟成のグレーンやカナディアンと比べて遜色なく、むしろ奥行きなどでは本ボトルに分がある。また、ブランドエピソードがもたらす特別感も無視できない。

IMG_20190828_011143
IMG_20190828_011312

先日、テキーラの代表的銘柄であるクエルボ1800のオールドボトルを紹介しましたが、このクエルボの現行品で、気になっていた銘柄が同社の最上位グレード「リゼルヴァ・デ・ラ・ファミリア」。どこかで飲めればと思っていたところに、Fingalのバックバーで見かけたので注文してみました。

元々同銘柄は生産者の一族、クエルボ家が内々に楽しむために作っていたプライベート仕様。それが創業200周年を記念して1995年以降通常ラインナップに加わったものです。
外箱のデザインはメキシカンアーティストが毎年手掛け、ボトリングのコルク封も手作業で行うなどハンドメイド仕様と様々なこだわりがあるようですが・・・重要なのはやはり味です。

樹齢10年以上のアガヴェを原料とし(麦と違って、テキーラの原料となる竜舌蘭は成熟するまで最低でも6~8年かかる)、使用する樽はアメリカンオークとフレンチオーク。
原酒の熟成期間は最低3年以上のエクストラアネホに、最長で30年以上熟成させた原酒も含めて幅広いレンジをブレンドしているとのこと。2~3年でも十分な熟成期間となるテキーラにあっては、30年ともなると相当長期熟成な部類に入ります。
それがどれくらい使われているかはわかりませんが、長期熟成100%だから旨いわけではないのはウイスキーも同じ。飲みやすくあるもののやや単調ぎみになりがちな熟成テキーラにあって、原料の品質だけでなく熟成と原酒の幅が、ブレンドにおける重要な役割を担っているのだと感じます。

IMG_20190901_123503
(同レゼルバ・ファミリアの現行品(右)は、2017から蝋封が緑系の色に変化している。左はシルバーテキーラの最高峰プラティノ。未熟成であるためテキーラの風味が強く感じられるが、飲み口は柔らかくスムーズ。)

また何より、熟成に使われている樽や長期熟成によって得られる香味にウイスキーとの共通点も感じられることから、これはウイスキー好きに飲んでほしい一本。
類似はやはりグレーンやカナディアン系統ですが、長熟のブレンデッドらしさもどことなく。。。香味と個性のバランス、そして熟成感は双方に共通する魅力も備えており、新しいジャンルへの繋ぎになってくれるのではないかと思います。





このページのトップヘ

見出し画像
×