カテゴリ

カテゴリ:テイスティング

富士御殿場蒸留所 シングルモルト12年 赤ワインカスクフィニッシュ 51%

カテゴリ:

KIRIN FUJIGOTENBA
Single Malt Whisky
Aged 12 Years
Red Wine Cask Finish
Cask No,7 B019
700ml 51%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(個人所有ボトル)
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:レーズン、徐々にハーブ、ローストアーモンド。奥からリンゴのカラメル煮なども混じる、華やかなでリッチなアロマ。ハイトーンな刺激もあり、フィニッシュに潰されない個性を感じる。

味:濃厚だが、少しベタつきのある口当たり。メープルシロップ、イチジクの甘露煮、クラッカーの香ばしさ。エステリーなフルーティーさもあり、徐々にスパイシー。
余韻は粘性のある甘さ、ウッディで徐々にビター、スモークベーコンを思わせる燻したような煙を感じる。

多少べたつきが感じられるが、赤ワインカスク由来のリッチな香味を、骨格のしっかりした原酒が支える。加えピートのニュアンスなど、個性的かつパワフルで面白みのあるシングルモルト。


キリンウイスキーマスターブレンダーの田中氏が、ウイスキーアワードIOW2017で世界一に選出されたことを受け、その記念に4樽製造するうちの初めの1樽。
10年もののピーテッド原酒を、シャトーメルシャンの赤ワイン樽(フレンチオーク)で2年間フィニッシュ。ピーテッド原酒もそうですが、赤ワインフィニッシュというのも、富士御殿場蒸留所=バーボン樽なリリース主体の中で珍しく、個性的な組み合わせが注目を集めました。

個人的に今回のリリースは、富士御殿場蒸留所のモルト原酒待望とも言える1本です。
それは赤ワインフィニッシュが・・・では無く度数。富士御殿場のモルト原酒は、基本的に50%で樽詰めされる(グレーンは55%)ので、熟成の間に度数が下がり、50%を維持することはまずありません。
結果、モルトのみではスモールバッチ17年46%でも結構ギリギリという、短熟向け原酒となるのですが、その富士御殿場から、ついに50%越えのシングルモルトがリリースされたのです。

(富士御殿場蒸留所で主に使われている、バーボンの空き樽。フォアローゼズ蒸留所にて撮影。今回のワインカスクフィニッシュにも、バーボン樽由来の華やかなアロマが潜んでいる。Photo by T.Ishihara)

今回の原酒が仕込まれた12年前は、旧富士山麓の開発最盛期。2004年後半〜2005年前半(富士山麓は2005年9月発売)にあたり、様々な度数の原酒を試す中で試験的に高度数で仕込まれた原酒だったのではないかと推察。あるいは、稀に起こりうる熟成の最中に度数が上がる現象が起こったのかもしれません。
バーショーで確認するタイミングを逃してしまったので(単に聞き忘れていただけとも言う)、次回関係者にお会いした際に聞いてみたいと思います。
あるいは、確認された方いらっしゃいましたら、是非教えてください!

先に書いたように、今回のリリースは4樽選ばれたうちの一つとされており、今後残りの3種がリリースされるようです。
ワインカスクフィニッシュ12年は、ワイン樽のニュアンスの奥に、富士御殿場モルトらしいエステリーさ、オークフレーバーの華やかな香味もあり、できればバーボン樽との王道的な組み合わせの50%Over原酒を試したいという気持ちがさらに強くなりました。
今後続くリリースが一層楽しみです。

カリラ 2007-2016 ウイスキーラバーズ名古屋記念ボトル 50.3%

カテゴリ:
IMG_3251
CAOLILA
Whisky Lovers Nagoya 2017
Aged 9 years
Distilled 2007
Bottled 2016
700ml 50.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:焦げたようなスモーキーフレーバーを伴うクリアな香り立ち。ツンとしたアルコール感や溶剤を思わせる刺激がギスギスとした硬いイメージに繋がる。ほのかに根菜っぽい土っぽさ、時間経過でシトラスやレモングラスの爽やかさも開いてくる。

味:とろりとした粘性に加え、ピリピリとスパイシーな口当たり。麦芽風味と香り同様に焦げたようなスモーキーさが鼻腔に届く。微かに乳酸系の酸味、ヨード、焦げた木材のほろ苦さ。
余韻はほろ苦く、スモーキー、序盤の刺激を伴い長く続く。

口当たりで感じるコクのあるボディは、加水するとよりクリアで爽やかな香味に。硬さに繋がっていた要素が収まり、麦芽由来の香味も開いてくる。


BARよっちさんから頂いた、ウイスキーラバーズ名古屋2017の限定ボトル小瓶第2弾。
実は3種のうち、このカリラだけは別途飲んでいたのでテイスティングは2度目ですが、最初に飲んだ時は持ち寄り会の結構がばがば飲んでいる中だったので、ちゃんとし飲むことが出来て良かったです。

安定のカリラ、という一言に尽きる若いアイラらしいフレーバー。スペックと中身の関係は平均的なレベルで、樽感は淡く、酒質ベースの香味が主体的。特段裏切られるようなことも、期待以上の何かということも無いと感じます。
ただ、これは現時点での評価であって、今高評価を受けているバロックレイド時代のカリラなど、案外ボトリング当時はこういうピッチピチな味わいだったのではないかとも。最近リリースの増えてきた短熟のカリラは、ボディの軽いものも少なくない中で、口当たりのとろみ、麦感などから20年、30年先の可能性のあるボトルだと感じます。

ちなみに、既にイベント会場等において完売となった、このウイスキーラバーズ名古屋2017の記念ボトル3種(グレンギリー、カリラ、ブラックスネーク)ですが、2017年6月18日に福岡で開催される、ウイスキートークにおいて少量追加販売されるとのことです。

参照:ウイスキートーク福岡2017

最近、日本の各地域でこうしたイベントが開催されており、それが観光需要に繋がるなど、地域活性化にも貢献している模様。
ウイスキーラバーズ名古屋は入場規制が発生するほどの盛況ぶりで、改善点は大いにあるとしても、その盛り上がりは説明不要と言えますし。他のイベントでは、秩父ウイスキー祭りなんて約3000人が訪問するというから、ウイスキーの持つ力と現地の魅力のコラボは凄いと言わざるを得ないですね。

イベント開催に関わられている皆様の苦労には頭が下がる想いとともに、引き続き日本のウイスキー業界を盛り上げていってほしいと思います。

ダルウィニー 2000-2016 ディスティラーズエディション 43%

カテゴリ:
DALWHINNIE
Distillers Edition
Double Matured in Oloroso Sherry Cask
Distilled 2000
Bottled 2016
700ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:甘くエステリーな香り立ち。蜂蜜、林檎のコンポート、サルタナレーズン、じわじわ乾いた麦芽、木材の削りくずを思わせるウッディネスも。

味:とろりとした口当たり、麦芽風味、ホットケーキ、オレンジジャム、果実味のある甘い風味が広がる。ボディは柔らかく、穏やか。
余韻はドライでスパイシー、土っぽいほろ苦さ、しっかりとウッディなオークが蓄積するように長く続く。

香味とも樽が強くドライな系統だが、エステリーでフルーティーなニュアンスも備わっており、ダルウィニーらしい麦芽風味と合わせて多彩な仕上がり。一方ボディはそれほど強くないので加水は少量程度までなら、樽感とのバランスも取れてくる印象。


ここ数年のダルウィニーダブルマチュアードの中で、最も良い出来ではないかと感じる1本。あるいは、今年のディスティラーズエディションの中でも、印象に残った1本であり、ダルウィニー好きな自分としては嬉しい驚きでした。

2回目の熟成に使われた樽は、オロロソシェリーカスク。しかし近年のそれとしてイメージするシーズニング系のシェリー樽のニュアンスはほぼなく、飲み口に程よい甘みと、ウッディネスを与えている以外、味のベースはアメリカンオーク由来と思しきフルーティーさ。
ダルウィニーのオフィシャル15年は、年間平均6度と寒冷な熟成環境からそれほど強い樽感のボトルではないので、ダブルマチュアード用の原酒が特別だったのか、あるいは集中熟成庫で環境が違ったか。何れにせよスペックからこの味わいを連想した方は、居なかったんじゃないでしょうか。

(ダルウィニー蒸留所の巨大なワームタブ。最近では1996年に改修工事が行われたものの、伝統的な設備は継続して使い続けている。Photo by K67)

ダルウィニー蒸留所は1960年代の大改修でフロアモルティングを取りやめ、石炭直火蒸留も1972年にスチーム式に切り替え、その後も徐々に設備を近代化していく中で、香味や酒質が穏やかに、細くなってきた過去があります。
今回のボトルもまさに近年のダルウィニーという要素はあり、酒質の部分でボディの細さから、香味が強く発散していくようなニュアンスはありませんが、飲みやすくまったりと楽しめる良いリリースだと思います。

サントリー ローヤル 15年 ゴールドラベル 43%

カテゴリ:
SUNTORY WHISKY
ROYAL
Age 15 years
2000’s
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後3ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:注ぎたては少しぼんやりとしているが、紅茶のような柔らかい甘さ、徐々にマスカットや林檎を思わせる、華やかでややドライな樽香。ウッディでしっかりとした熟成感を感じるアロマ。

味:とろりとしてリッチな口当たり。合わせてウッディなほろ苦さ、複雑な樽感に軽い穀物感のあるグレーンの甘味、バニラウェハース、キャラメリゼ、微かにドライアプリコット。バランス良く、多層的。
余韻はねっとりとした甘味、コクを感じたあとで程よくドライ、長く続く。

ストレートではシェリー樽原酒の重厚なニュアンスも感じられるが、少量加水するとより華やかな樽香が解けるように広がってくる。ロックの味の持ちも良く、ハーフロックにするとスイスイ飲めてしまう香味のまろやかさ。その日の気分で様々な飲み方を楽しめる。

サントリー渾身の逸品として1960年代に開発されたブレンデッドウイスキー、ローヤル。
詳しい話は公式サイトを確認いただくとして、1997年、そのローヤルが12年にリニューアルする過程で、上位グレードとして発売されたのが、今回紹介するローヤル15年です。

当時発売されていたローヤル15年は、ギフト向けのゴールドラベルと、通常品の青地のラベルがありますが、流通時期によるロット差程度なのか味にあまり差はない(友人談)とのこと。自分が縁があったのはゴールドラベルばかりで、まだ飲み比べが出来ていませんが、機会があればこちらも購入したいです。
ちなみに2007年には再度リニューアルがあり、ラベルが微妙に変わったものの、2008年にはローヤル12年と共に終売となっています。(現行品はノンエイジ表記です。)

聞き齧っただけの話を垂れ流してしまいましたが、肝心の中身はというと、複雑で熟成感あり、山崎モルトの香味も感じられる、良くできたブレンデッドウイスキーです。
発売時期からしてウイスキー氷河期真っ只中、原酒も余っていたのでしょう。自分の中では当時がフラグシップである響含めサントリーブレンデッド全体がうまい時期という印象。
ローヤル15年はややもっさりした重さというか、言い換えれば重厚さというか、響とはブレンドの方向性に多少の違いはありますが、その系譜を受け継ぐ原酒のニュアンスも感じられます。

流通量多く、現時点ではそこまで古くないのでオールドボトルにありがちなリスクが少ないのもありがたい。ただボトル形状は大口径コルク採用かつ横置きされやすい形状のため、今後劣化ボトルが増えていく可能性も。。。
そう考えるとローヤル15年はまさに今が飲み頃。我が家の家飲みボトルの一つとしても重宝しています。

ベンリアック 50年 1966-2016 GMケルティックラベル 54.3%

カテゴリ:
BENRIACH 
GORDON & MACPHAIL
Aged 50 Years
Distilled 1966
Bottled 2016
Cask Type 1st Fill American Hogshead #606
54.3% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:持ち寄り会@マッスルKさん
時期:開封後1ヶ月未満
暫定評価:★★★★★★★★(8)(!)

香り:ツンとした樽香とシナモンなどのスパイス、ハーブ。徐々に甘栗、ドライアプリコット、熟したパイナップル。最初はドライで香りが立たないが、ほんの数分でフルーティーさが充実してくる。

味:最初はドライな口当たりだが、徐々に甘みと粘性がひろがる。紅茶を思わせる心地よいタンニン、ピリピリとしたスパイシーさから舌の上で発散するフルーティーさ、熟した桃、アプリコットジャム、トロピカルフルーツ。ボディはしっかりして、生きている。
余韻はドライ、華やかなオークフレーバーが非常に長く残る。

最初はドライで樽のニュアンスが強いが、5分10分もすれば急速に香味が開き、甘み、フルーティーさが充実してくる。
今後開封後変化でさらに開く印象がある一方、加水するとボディが崩れ、一気に香味とも弱ってしまう。ストレートでじっくりと、時間をかけて半世紀に渡る時の流れを楽しみたい。
昨年リリースされたLMDWの60周年記念シリーズ。もっとも突き抜けたスペックであり、目玉とも言える1本が、このベンリアック50年GMケルティックラベルです。
ケルティックラベルは数年前に乱発されて以降、リリースされるのは久しぶりという印象がありますが、流石メゾン、そして流石GM。長熟原酒の枯渇が叫ばれる現代において、「奇跡」と言っても過言では無い、とんでもない樽を持っていました。

他の銘柄を含めると50年オーバーのウイスキーはこれが初めてというわけではありませんが、総じて度数が低かったり、過熟気味のウッディーさが強かったりで「ピークを過ぎてるけど飲めるレベル」という仕上がりが多い印象。
それがこのベンリアック1966は、50年の時を越えてなお、枯れず、くすまず、54%と高度数を維持。酒質部分の香味はだいぶ削られてシャープになっている感じはありますが、樽感は華やかでフルーティー、過熟感のあまりないオークフレーバーが、舌の上で綺麗に発散していくのです。
これは長期熟成原酒にありがちな、40%前半まで度数が落ちてしまった、最初はフルーティーだけど後が続かないものとの大きな違いです。

樽は1st fillのアメリカンホグスヘッド。この時代ではシェリー樽だと思うのですが、明示的にこれがシェリーと言えるかは曖昧なフルーティーさ。何より1st fillのシェリーホグスヘッドであればもっと濃厚なシェリー感が備わっているところ、そういうニュアンスはありません。
ではバーボンホグスヘッドかというと、シェリーに比べて容量が小さい環境で50年も熟成させたら、もっとドライで渋みも強く出るはず。。。どちらの樽であっても、このベンリアックのフレーバーには繋がらないのです。(エンジェルズシェアをざっくり計算すると、どちらの樽でも一応今回ボトリングしている本数は得られる可能性はあり、足し合わせ等ではないようです。)

何かヒントはないかとメゾンのサイトを見ると、樽仕様が「Remade hogshead 1st fill」となっていました。
ホグスヘッドは基本組み直して作るものですから、リメードである事はおかしい事ではありません。
しかし使い古したアメリカンホワイトオークの樽を再加工して作ったリメードホグスヘッドを起点とし、そこに1度ウイスキーを熟成させた後の1st fillであれば、今回のような熟成感もある程度説明がつきます。

一方、樽は前述の通りであっても、度数に関しては高度数すぎるものを入れた感じでも無いので、純粋に一般的な度数で樽詰めされ、熟成環境が噛み合った結果と言う印象。
何れにせよ半世紀という時間をかけて作られた原酒を飲む事は、味わい以上に特別な想いがあります。まして今回のように、特別にバランスの取れたものは尚更です。
素晴らしいウイスキーをありがとうございました!

このページのトップヘ

見出し画像
×