カテゴリ

カテゴリ:テイスティング

白州 オーナーズカスク 1992-2008 シェリーバット 63%

カテゴリ:
FB_IMG_1559118154978
SUNTORY SINGLE CASK WHISKY 
HAKUSYU 
The Owner's Cask 
Distilled 1992 
Bottled 2008 
Cask type Spanish Oak Sherry Butt #2I40067 
700ml 63% 

グラス:木村硝子テイスティング
時期:不明
場所:サンプル@萌木の村 舩木村長
評価:★★★★★★(6)

香り:鼻腔を刺激するアタックの強さと、スパイスそのものの香りを伴う、両面の意味でのスパイシーさに、樹液っぽさをまとうウッディネス。樽香主体のリッチなアロマはコーヒーチョコレート、ダークフルーツの色濃さに加え、ほのかに香木を思わせるニュアンスも感じられる。

味:度数を感じさせないとろりとした口当たり。黒蜜やダークフルーツの甘酸っぱさに加え、香り同様のスパイシーさ、徐々に強めのタンニンが感じられ余韻にかけて長く続く。フィニッシュはドライでビター、冷めたエスプレッソ、ほのかにゴムっぽさもあるが、ベタつきが少なく樽由来のリッチな甘みと合わさって長く続く。

スパニッシュオーク由来の濃厚なキャラクターが主体。いわゆる圧殺系。特徴としては、少し樽が荒いというか、スパイシーさが強いように感じられる。また度数の高さ故に序盤の樽由来の香味や濃厚な甘みに潰されていない余韻も特徴と言える。

IMG_20190601_015008

これを飲んで白州とわかる人はまず居ないでしょうが、かつて限定でリリースされていた白州シェリーカスクの強化版というか、オーダーメイド仕様と言える、シングルカスクらしく尖った個性が魅力の1本。
スパニッシュオークシェリー樽の特徴、スパイシーなアロマが際立っていると構成だと感じます。

過去オフィシャルリリースの白州のシェリーカスクは、粘土のような、あるいは絵の具とも例えられる、樽からでたエキスが混じり合うことで生まれた癖のある味わいが多少感じられたところ。今回のものにはそうした特徴は少ないですが、新樽で感じられるえぐみや樹液のようなニュアンスは若干備わっています。
恐らく、熟成環境の違いや樽の誤差でそうした個性が強くでたものもあったのだと考えられます。

他方で、樽は同じまたは近いものを使っていても、八ヶ岳と近江、熟成環境の違いなのか、山崎と白州でシェリー樽の仕上がりの違いがあるのも面白いです。八ヶ岳はラックの関係でシェリー樽のような大きなサイズが入らないという話を聞いたことがあり、保管環境の違いがフレーバーに関係しているのかもしれません。
サントリーは樽以外に、熟成環境にも工夫をしているので、ついあれこれ考えてしまいます。

FB_IMG_1560768207936

今回突然届いた萌木の村 舩木村長からの贈り物。いつもありがとうございます!
最近丁度夜が涼しいので、この手のウイスキーを自然体で楽しめる夏前最後の一時期ですから、これ幸いとテイスティングです。

この手のウイスキーの評価は、飲む環境、気候の影響が大きいものと感じています。
それは単にボトル単体の温度だけでなく、飲み手の状態も気候によって変わるため。
これからやって来る真夏の高温多湿のなか、体内に熱がこもった状態でねっとり濃厚なシェリー系はちょっと進まない・・・。(だからこそ、1杯目のハイボールやキナソーダとかが最高に染みるわけですが。)

そうなると、真夏であっても爽やかな空気と夜の涼しさのある北の地や、清里のような避暑地って、ウイスキーを楽しむには凄く良い環境であるように思うんですよね。昨年真夏の清里に伺いましたが、本当に爽やかで気持ちの良い環境でした。
そんなことを考えながらテイスティングしていたら、萌木に行きたくなってきた。これはひょっとして釣られているのか。。。(笑)

今週末は清里ウイスキーフェス。家庭事情でまたしても伺えませんが、時間をつくって是非また遊びにいきたいですね。

アマハガン ワールドモルト エディション No,2 赤ワイン樽フィニッシュ 47%

カテゴリ:
IMG_20190612_233156
AMAHAGAN 
World Malt Whisky 
Edition No,2 
Red Wine Wood Finish 
700ml 47% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5ー6)

香り:スウィートで安いイチゴジャムのようなベリー香、奥に干し草、カカオのようなビターなウッディネスを伴う。時間経過で微かに柑橘や乳酸のような若さに通じる要素もある。

味:香りでも感じられた系統のシロップのような甘みとウッディなタンニン。アタックは強く、籾殻のような乾いたニュアンスと、じわじわとスパイシーな刺激を感じる。余韻はビターでややハイトーン。タンニンが染み込むよう。微かに染み込むようなピートフレーバーもあるが、ワイン樽の個性が支配的。

しっかりと樽由来のキャラクターがあり、奥行きはそこまでないが分かりやすい味わいに仕上がっている。加水するとバランスが崩れ、ニューポッティーさが顔をだす。ストレートで。


長濱蒸留所が自前の原酒と輸入原酒をブレンドして作ったリリース。前作が面白いというか、光るものを感じる出来だったので、今回は比較的早めにテイスティングです。
フィニッシュ前のベースとなっているのは昨年リリースされたアマハガン・ファーストリリースと同じものですが、そこに赤ワイン樽でフィニッシュをかけることで、仕上がりは前作とは大きく異なっています。

というのも、ファーストリリースでは序盤に若さが感じられ、中間以降輸入原酒がバランスをとって、フィニッシュはそのどちらの個性も混ざり合うような感じでした。
一方今回のセカンドリリース、ワイン樽フィニッシュは、序盤の若さをワイン樽の要素が塗り潰した。。。勢いで、中間、余韻にかけても影響。前作の仕込みから半年程度のフィニッシュでありながら全く別物のような分かりやすい仕上がり。
前作も上手く作ったと思いましたが、今回もまた原酒も限られている中で一般的なユーザーの欲しがる味わいにしっかりアジャストしてきていると思います。


1つのロットでベースとなるウイスキーをまとめて仕込み、複数回のリリースに使うことは、生産量や原酒に限りがあるクラフト蒸留所にあって珍しい手法ではありません。
むしろその土地のワイナリーの樽や、その土地で育ったミズナラ、桜、栗などの木材を使うことで、インスタント的ではありますが、地ウイスキーとしての体裁を整えることができるのです。
まあこの手の樽材等は扱いが難しいので、おいそれと簡単に成功するものでもないと思いますが・・・。

今回のボトルは、推定1年未満と少ない追加熟成期間のなかで、これだけはっきりとワインのニュアンスが出ているところに、滋賀県という地域の特色も感じられる。同じブレンドがベースとなっていることから、ワイン樽の影響を学ぶ意味でも前作との飲み比べをしてみるのも面白いと思います。

キングギドラ 24年 1993-2017 アイリッシュシングルモルト 信濃屋×ゴジラ 50.7%

カテゴリ:
IMG_20190614_213632
KING GHIDORAH 
IRISH SINGLE MALT WHISKY 
Shinanoya for Godzilla 
Aged 24 years 
Distilled 1993 
Bottled 2017 
700ml 50.7% 

グラス:グレンケアンテイスティング
時期:開封後2週間程度
場所:BAR Eclipse first
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ドライで溶剤系の刺激のある香り立ち。ややチーズのような乳酸系の酸に、バニラやバナナの甘み、ほのかにキウイのような青い果実のアロマも伴う。

味:乾いたウッディネスが口内を刺激する強い口当たり。オーキーでココナッツとドライパイナップル、口のなかで転がすとトロリとしたシロップ、加熱したリンゴのような甘みも感じられる。
フィニッシュは華やかなオーク香と共に、スパイシーでドライ、ハッカのようなスーッとする口内への刺激と微かにケミカルなニュアンスも感じつつ長く続く。

樽はバーボンバレルだろうか。らしいオークフレーバーがドライでアタックの強い酒質と共に感じられる。アイリッシュらしさはあるが、ブッシュミルズのようなケミカル強めではなく、クリアで淡麗なタイプである。ハイボールにすると爽やかで軽やかな飲み口、スパイシーでオーキーなウッディネスがアクセントに。真夏に飲めばなんとも贅沢この上ない。

IMG_20190615_162957

信濃屋が、映画「ゴジラ・キングオブモンスターズ」の公開に合わせて、登場する4体の怪獣をそれぞれラベルにしてリリースしたシリーズ。
今回のテイスティングアイテムは、そのうちの1本、アイリッシュウイスキーの”キングギドラ”です。

4本の中身は各キャラクターのイメージ合わせ、信濃屋が確保している原酒の中からチョイスしたとのこと。スコッチモルトは長期熟成のアイラモルト(ラフロイグ)、アイリッシュも同様に20年以上の熟成年数。それ以外にバーボン、ラムとジャンルの垣根を越えてのチョイスは、同社が長きに渡り様々な生産者、ボトラーズとコネクションを築いてきたからに他ならないと感じます。

IMG_20190615_160349
(信濃屋「ゴジラ・キングオブモンスターズ」シリーズ4種。左から
・モスラ ヴェネズエラ ラム 2006
・ラドン ヘブンヒル 2009 
・ゴジラ キルブライト 1989 
・キングギドラ アイリッシュシングルモルト 1993
ヘブンヒル以外蒸留所が明記されていないのは、原酒買い付け元との関係だろうか・・・。ちなみにエクリプスはオーナーが恐竜好きで、スリーリバースのダイナソーなど恐竜系リリースが豊富に揃っている。)

さて、話を今回のキングギドラにフォーカスすると、このボトルは”アイリッシュシングルモルト”表記のみで、蒸留所は明記されていません。24年熟成というスペックからティーリング関係、つまりブッシュミルズあたりかと思っていましたが、飲んでみると印象が違うのです。

というのもティーリングの長期熟成の特徴とも言える、ケミカルなフルーティーさが控えめ。むしろバーボン樽を思わせるアメリカンオークの乾いたウッディネス、オークフレーバーが主体。酒質は淡麗でクリアなタイプのようで、ティーリング(ブッシュミルズ)やミドルトンよりクーリーあたりに共通項があると感じました。
一方キングギドラは3つ首の竜ですから、アイリッシュの3回蒸留ってところから選んでるんじゃないかとも考えられる。酒質的に刺激があり、キングギドラが吐き出すブレスのようといわれたらそれもそうなのですが、香味の系統から感じたクーリーは2回蒸留が特徴で。。。なんだろう、ブッシュでたまたまドライで淡麗タイプなのでしょうか。

ただまあだからといって不味いとか、悪いというわけではなく、普通に美味しいボトルです。
自分はアイリッシュの経験値がそこまで高いわけではないので、是非他の愛好家の意見やレビューも参考にしたいですね。

FB_IMG_1560597797469

今回のテイスティングは神田のエクリプスさんで実施しました。
エクリプスは今日がまさに開業4周年の当日。同店オーナーの藤井さんとは自分が丁度ブログ活動を再開した年、2015年の7月に川口のアラサイドで知り合い、よもやその後夜通し飲んだり、ブラインドテイスティングで競いあったり、一緒にボトリングに関わったりするようになるとは思っていませんでした。
ウイスキーに関する活動以外にシードルで新しい動きもあるようで、5年目のエクリプスがどんなサービスを展開してくるか楽しみです!4周年、おめでとうございます!

ブリタニア 8年 ピュアモルト 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_20190608_011134
BRITANNIA 
YEARS 8 OLD 
Pure Malt Scotch Whisky 
1970's 
760ml 43% 

グラス:国際企画テイスティング
時期:不明
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:干し草っぽさを伴う、熟した洋梨やべっこう飴のスウィートなアロマ。ハーブや紙系のニュアンス、古酒感の一つとしてほのかに沢庵っぽい酸もある。

味:やや尖ったような口当たり。軽やかな刺激、香ばしくナッティでほのかに洋梨のような蜜っぽさ。余韻は干し草や紙系のニュアンスを伴いつつドライでピーティーなほろ苦さが染み込むように続く。

評価が難しいウイスキー。華やかではないがモルティーな甘み、ブレンドにはない厚みと複雑さがあり、フレーバーのレイヤーは豊富である。ただ、いかんせん紙や植物系統を含み通好みな部分があり、人によっては苦手な要素を強く感じてしまうかも。

IMG_20190608_010749
IMG_20190607_230711

キーモルトはグレンスコア、そしてリトルミルだろうと言われている昭和の洋酒業界によくある謎ブレンデッド。
この点については作り手の素性としても、テイスティングで感じた香味の観点からも、伝え聞く情報に違和感なしといったところ。
特に今回テイスティングしたピュアモルトからは、それらの蒸留所に似た個性が感じられます。

勿論この手のブレンドには、大手が販売した所謂バルク扱いの原酒や、当時調達できた他蒸留所のものも当然使われているはずで、キーモルトのみで議論するのは難しくあります。
実際今回の8年からも、内陸の熟成した原酒とおぼしき蜜っぽい甘さが備わっていたりしますが、納得できる個性があるということは重要だと思います。
特に香味とも序盤で感じる植物系のニュアンス、紙っぽさはリトルミルやロッホローモンド系列でまさにといった個性ですし、NAS仕様のブレンドの軽さはローランドらしさでもあります。また、余韻に感じられる強く主張しないほろ苦いピーティーさが、グレンスコアというのも違和感ありません。

ブリタニアは当時海外への輸出が中心のブランドだったようですが、調べてみると現在も似た名前のものがリリースされています。
当時日本に流通したのは、NAと8年のブレンデッド、8年と25年のピュアモルト。(この中では25年のみ未経験。。。)
ブレンデッドのほうはピュアモルトより色が濃いように見えますが、ボディが軽くライトで、妙にグレーン系の甘味が残るためハイボールにするならあるいはですが、飲み応えは流石にピュアモルト8年に及ばない。
モルト100%だけあってなかなか複雑さがあり、純粋にテイスティングを楽しむことが出来ました。

人気のなさから流通価格は安価な部類であり、今回のボトルはオールドボトルのピュアモルト入門として丁度良いかもしれません。

ラフロイグ 15年 1990年代流通 43%

カテゴリ:
Screenshot_20190529_000152
LAPHROAIG 
AGED 15 YEARS 
SINGLE ISLAY MALT 
1990's 
700ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
時期:不明
場所:自宅@サンプル
評価:★★★★★★★(7)

香り:注いですぐは樽由来の甘い香りと若干の焦げ感とゴムっぽさ。あわせてヨードを纏ったピートスモークもはっきりと主張する。スワリングしていると、塩素、樽感の奥から熟したグレープフルーツやトロピカルな要素も伴う。

味:ややオイリーでスウィート、軽いスパイシーさを遅れて感じる。香り同様に若干のゴム感のある樽由来の色濃いフレーバー。熟したグレープフルーツ、魚介のダシ、ピーティーな苦みと塩気の刺激が後半から存在感を増す。
余韻はスパイシーでピーティー。ヨードというか海藻、仄かにアーモンドナッツ。湿ったウッディネス。島系の要素と樽香が声高に主張しないものどっしりとした存在感で長く続く。

シェリーやチャーオーク系の樽由来のしっかりとした甘みに、強いピートと塩気、当時のラフロイグらしいトロピカル系のフルーティーさも奥に備わっていて、少々樽感が野暮ったくはあるがリッチな味わいを堪能出来る。総合力の高い1本。

IMG_20190529_000343

チャールズ皇太子が愛飲したとされている、ラフロイグ15年。近年では2015年に蒸留所創業200周年としてリリースされたものが有名ですが、元々の通常ラインナップは1980年代にリリースされ、1990年代にかけてラベルチェンジして再版された後、2010年頃に終売となっています。

1980年代流通の15年、通称ビックレッド(写真下)は今や伝説的なボトルとして知られています。
アイラ要素のあるピート香と、トロピカルなフルーティーさが混じり合う多層的な香味が、やや強めの樽感と合わせて感じられる。一方、今回テイスティングした1990年代流通は、一部酒質はその系譜を受け継ぎつつも、樽感はさらにリッチな仕上がりで、フルーティーさよりもピートと樽由来の甘みのほうが目立っている。主従の異なる仕上がりとなっています。

今回のボトルを1995年前後での流通品と仮定すると、蒸留時期は1980年代前半あたりになります。
ボトラーズのラフロイグでこの頃のものは、酒質が多少軽くなってきてはいるものの、ピーティーさに加え、魅惑的なトロピカルフレーバーを備えるものがあります。この15年は、まさにその系統の酒質を強めの樽感で束ねたような構成であるとも感じました。

d0447a68

なお15年終売の後、その後継品としてリリースされたのが、2016年に終売となった18年です。
終売間際の15年であってもシェリー系の樽が比較的強めに効いたリリースだったと記憶していますが、18年はどちらかと言えばバーボンバレルやホグスヘッドタイプのフルーティー路線で、200周年の15年系統です。

当時、終売はあまり気にならず、むしろフルーティーな18年を歓迎していましたが、今改めて旧世代のラフロイグを飲むと、その1杯の満足感に驚かされます。
それはさながらブイヤベースのような、こってりとした魚介料理のイメージ。近年の華やかな15年とは、飲み応えも仕上がりも全くの別物ですね。
今回のサンプルはウイスキー仲間のGさんとのサンプル交換で頂いていたもの。最近この手のラフロイグがご無沙汰立っただけに、その美味しさを思い出させてくれた1杯となりました。

このページのトップヘ

見出し画像
×