カテゴリ

カテゴリ:テイスティング

ジョンベッグ ブルーキャップ 43% 1950年代流通 雑酒特級

カテゴリ:
JOHN BEGG
Blue Cap
Old scotch whisky
1950's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティング
場所:KuMC@NSさん
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:灰っぽさを伴う穏やかなスモーキーさ。乾いた麦芽、土っぽさ。スワリングすると蜂蜜やリンゴのコンポートを思わせる甘み、エステリーなアロマ。

味:マイルドでコクのある口当たり。こなれた麦芽風味、ナッツやポン菓子の品のいい甘みや香ばしさ。徐々に存在感のあるオールドピートが柔らかく染み込むように広がる。余韻はピーティーでほろ苦い。しっかりとスモーキーで長く続く。

オールドブレンドの醍醐味とも言える柔らかい口当たり、こなれたモルティーさとどっしりと染み込むようなピートフレーバーを堪能出来る。灰っぽさを伴うこれらの風味は、個人的にオールドのロッホナガーの個性。少量加水するとピーティーさが全体に馴染むように感じられる。


ロイヤルロッホナガー蒸留所の創業者ジョンベッグ氏が設立した、ブレンデッドウイスキーメーカー・ジョンベッグ社のスタンダード。ブレンドに使用する原酒の中核は勿論、自らが創業したロッホナガーです。
1800〜1900年代当時、ブレンデッドウイスキーが市場を拡大したとされる時代にあって、蒸留所とブレンドメーカーという体制構築は規模のある企業では自然な流れ。徐々に現在の雛形となる大規模グループ化が業界として進んでいくことになります。

同社はその流れの中で、デュワーズ社の傘下となった後、最大勢力たるDCL傘下に入り。最終的にはロッホナガー蒸留所を残して銘柄そのものは消滅してしまう訳ですが。。。日本における第一次ウイスキーブームの折には、美味いウイスキー銘柄の一つとしてウイスキー通の間で知られていたようで、今尚ファンの間で人気のあるブランドです。


近年、リユース市場で見られるロッホナガー関連のブレンドはVAT69が中心です。ジョンベッグは写真左の紺色のラベルに、エリザベス紋章(1970年代流通)か、チェック柄紋章の1980年代流通のモノがたまに見られる程度。アメリカ向けには2000年代くらいまでブルーキャップがあったようですが、日本国内では中々手に入らないブレンデッドの一つになりつつあります。

今回はそのエリザベス紋章のさらに前。恐れ多くもキングジョージ5世の紋章が光る、オールドラヴァー垂涎のボトル。
ただ、キングジョージ5世の在位は1936年までで、本来このボトルの流通時期である特級区分が設定された旧酒税法施行時、つまり1950年代のイギリス国王はジョージ6世か、戴冠直後のエリザベス2世。
これはジョージ5世のスコッチウイスキーに与えた影響の大きさからか、ジョージ6世のワラントはウイスキーで見ることはなく、1960年代にエリザベス紋章に切り替わるまでキングジョージ5世の紋章が使われ続けるケースが多かったようです。

今回のボトルはロイヤルロッホナガーそのもの、あるいはそれが使われたとされる銘柄に備わった、独特の麦芽風味とピートフレーバーがメイン。ですがその個性は70〜80年代流通と比べて遥かに強い存在感で、半世紀を超える経年からオールド特有のこなれた味わいも堪能出来る、まさしく通好みの逸品でした。

エヴァンウィリアムズ 23年 1997年ごろ流通品 53.5%

カテゴリ:
IMG_8863
EVAN WILLIAMS 
Kentucky Straight Bourbon Whiskey
Years 23 old
Released in 1997
750ml 53.5%

グラス:SK2
場所:自宅
時期:開封後1年程度
評価:★★★★★★★★(8)

香り:キャラメリゼ、ベリーや柘榴、オレンジの甘酸っぱさ、艶のある香り立ち。ややドライな刺激もあるが、ハイプルーフ由来の強さが香りをより一層発散させている。

味:香り同様に甘酸っぱく、パワフルで香味にしっかりと芯のある口当たり。濃く入れた紅茶、メープルシロップ、ドライクランベリー、オレンジチョコレート。鼻腔にもしっかりと抜けていく。余韻はウッディーで微かにこげたようなニュアンスと共に、タンニンが染み込むように感じられるが、熟成感に対しては強くなくバランス良くまとまっている。

赤みがかった濃い色合いが美味しさを予感させる。陶酔感を伴う甘酸っぱい香りは、加水すると一気に開く。特にオレンジ系のニュアンスが後押しされる印象で、ロックにしても充分に長く楽しめるコシの強さがある。グラスは口がすぼまっているタイプより、多少開放的なほうがポジティブな要素を拾いやすい。

IMG_8867

銘酒と言われるバーボンは数多くありますが、閉鎖とか終売とか、禁酒法時代とか。。。そういう付加価値を除いてダイレクトに味だけで勝負した時。間違いなく高い評価を受けるのが、80〜90年代流通のエヴァンウィリアムズ23年であることに、異論の余地はないと感じます。

同銘柄は、1989年から1995年ごろまで、1966〜1972年蒸留の原酒をそれぞれ年毎に用いて、マッカランを思わせる熟成年数と蒸留年を表記した単一蒸留年リリースを行っていました。
ところが1973年以降の表記はリリースされておらず、流通時期としては1996年ないし1997年ごろのボトルから、熟成年表記のみに切り替わったようです。(時同じく、ボトルのデザインもやや角ばったものから、若干丸みを帯びたデザインへと変更されています。)



今回のボトルは、瓶底の加工から切り替わった直後のボトルであると推察。そうでなくとも、1990年代後半の流通品であることは間違いありません。
この仕様の変化が何を意味するかは定かではないのですが、スコッチタイプのブレンドとは異なり、バーボンでは熟成年数表記以上の原酒がふんだんに使われるような印象はなく。おそらく使われても年跨ぎか、せいぜいプラス1〜2年といったところと思われます。

パッケージチェンジであって構成原酒の条件に大きな変化があったとは考えらず、何れにせよ高いクオリティを維持しています。
長期熟成バーボンに見られる芳醇で艶のある甘みと、オールドシェリー樽にも共通するベリー系の赤い果実の甘酸っぱさを伴う豊かな樽香。熟成感に対して余韻のえぐみがあまり出ておらず、タンニンが甘みを引き締めていく。ああ、これは美味い。66年表記のボトルにも感じられるベリー感をそのまま継続し、こちらは濃縮したようなオレンジ系のニュアンスも混じる。
72年表記にも負けず劣らずで、同時開封ではないので一概に比較はできないものの、先日ウイスキー仲間との持ち寄り会で比較テイスティングした結果、むしろこちらの方がという声もあったくらいなのです。

※ご参考
エヴァンウィリアムズ23年 1966年蒸留
エヴァンウィリアムズ23年 1972年蒸留

それにしても、近年のバーボンは10年を超えない熟成でも、樽材由来と思しきえぐみが強く出ているものが少なくありません。
なぜこのエヴァンウィリアムズしかり、昔のバーボンの多くは、長期熟成であってもえぐみの少ない豊かな味わいに仕上げることが出来たのか。
製法や原料の違いもあるとは思いますが、それ以上に現行品の多くに感じられる、樽材の中に残るようなえぐみ的な香味の量等から察するに、樽材の仕上げに野外に干しておく期間が昔の方が長かったのではないかと予想しているのですが。。。その真相はオールドシェリー樽の真実同様に、予測はできても確定までたどり着けない謎の一つです。


アーリータイムズ 1970年代流通 イエローラベル 40% 特級時代

カテゴリ:
EARY TIMES
Kentucky Straigt Bourbon Whisky
"YELLOW LABEL"
4 Years Old
1970〜1980's
700ml 40%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR AIKA
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6ー

香り立ちに微かにツンとしたアタックを感じるが、チャーオーク由来のメープルシロップやドライオレンジを思わせる程よくメローなアロマ。柔らかいコクと、とうもろこし茶のような香ばしくも甘い口当たりから、ウッディなタンニンもほのかに感じられる。
多少若さに通じる荒さはあるものの、バランス良く、万人向けのお手本のようなバーボン。


懐かしの通称"イエローラベル"。アーリータイムズと言えば、現在は角瓶でやや背の低いデザインが特徴であるところ。1980年代以前はトールボトル、古いものはこうしてイエローベースに赤茶色を下地で銘柄名と、派手なデザインが採用されています。

1980年代以前のアーリータイムズの見分け方は、ボトル形状と度数にあります。
トールボトルのネック部分に丸みのあるものと、ストレートタイプのものがあり、後者は1980年代、前者は1970年代とざっくり区別可能。また、度数は1980年代に入るとイエローラベルは40%固定になるのに対し、1970年代は地域によって40〜43%仕様のものが混在していたようです。
これは、アーリータイムズ(ブラウンフォーマン)が、普及価格帯商品としてライト志向に合わせた低度数化を進めたためで、日本向けはサントリー経由(1978年以前)が41%仕様となっているものの、その後は40%仕様に切り替わっています。

前置きが長くなりましたが、今回のボトルはこれら条件から、1970年代後期から1980年代前半の流通と見ることが出来ます。
時代毎の香味の考察ができるほどアーリータイムズは飲んでいないので、この時代はこうと言い難いのですが、いくつか飲んだ中では、ややドライでボディが軽く感じられた90年代以降より、ピリッとしたアタックに柔らかいコクのある甘さの1970〜80年代の方が好みですね。


なお、特級時代末期になると、赤茶色の下地がなくなった現行品に近いイエローラベルや、薄茶色がかったクリーム色のラベルなどラベルデザインの変化に加え、角瓶形状のボトルも登場。時系列はトールボトル→角瓶とは思いますが、この辺の流通時期に大きな差は無く、複数種類のアーリータイムズがほぼ同時に日本市場に流通していたことが伺えます。
(中には37%仕様なんてボトルもあったようです。これ、連邦アルコール法上はバーボンにならないのでは。。。)


余談ですが、アーリータイムズと言えばミントジュレップです。(1987年にブラウンフォーマン社がケンタッキーダービーのオフィシャルドリンクに採用。)
今回のボトルを注文した福島県郡山駅前のBARアイカさんは、こだわりのフレッシュフルーツカクテルが有名なお店。ですが、ウイスキーも充実していて、バックバー及びディスプレイケースにはオーナーの趣味でずらりと並ぶ新旧様々なボトルの数々。

バーボンベースでオススメというミントジュレップを頼むと、この時は特級時代のイエローストーンがベース。
記事的には画竜点睛を欠くものの、そんなのどうでもいいくらい激ウマ。え、ホントにバーボンとシロップとミントですか!?という爽やかで微かな酸味を伴うコクのある味わい。
特級時代のバーボンとか贅沢なチョイスについては、「いっぱい仕入れたのがあるけど、誰も飲まないから(笑)」って、これが地域差か。。。
食事も美味しく、レストランとしても使えるBARで、是非ともうちの近所に欲しいお店でした。

Fruit Restaurant Bar Aika
営業時間 PM5:00~PM12:00 (定休日:無休)
http://fruit-aika.p2.weblife.me/ 


IMG_8656

グレンファークラス 25年 43% 角瓶 1980年代後期流通

カテゴリ:
IMG_8742
GLEN FARCLAS
Years 25 old
1980's
750ml 43%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
場所:BAR サンドリエ
時期:開封後1年程度
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:甘酸っぱさを感じる濃厚なシェリー感は、カラメルソースとドライクランベリー。あるいはデラウェアやチェリーを思わせる瑞々しいフルーティーさも感じるアロマ。

味:スウィートでふくよか、古酒感のあるシェリー感で、徐々にドライな口当たり。ベリーシロップ、レーズンクリーム、キャラメリゼ。余韻にかけてウッディなタンニンを伴い、染み込むように長く続く。

フルーティーさのあるオールドシェリー感がたまらない1本。ボディもしっかりあってふくらみのある味わいに時代の良さを感じる。ストレートで。


グレンファークラス角瓶時代の最終パッケージにして、1980年代後半に数年間リリースされていたとされるボトル。
1970年代のケルティック、1980年代前半のリボンラベルと続く角瓶世代の中で、年数表記を囲う二重丸からダブルサークルラベルとも言われています。

この後、1990年代にブラウンカラーのダンピータイプに大幅なパッケージチェンジをするわけですが、角瓶時代は流通経路が確立していなかったのか、このラベルのファークラスは国内だとあまり見かけないですね。
人によっては、オフィシャル通常ラインナップのグレンファークラスが"グレンファークラス"だったのは、この角瓶時代までと評価する声もあるボトルでもあります。

飲んで感じるのはまず第一に時代の良さ。流通を仮に1988年として、蒸留は1960年ごろの原酒とくれば、間違いないビンテージ。何より適齢期ともいうべき整ったシェリー感が良いですね。
当時のファークラスは結構ロット差がある印象で、特に25年はドライなものに当たることもしばしばありましたが、これは状態もバッチリ。堪能させて頂きました。


このボトルは東京立川駅南口前のBAR、サンドリエさんで頂きました。
落ち着いた雰囲気のあるオーセンティックなBARで、ウイスキーの品揃えは勿論、カクテルもバッチリ。近く紹介記事も書きたいと思いますが、西東京在住の方には是非オススメしたいお店です。

BAR Sandrie (サンドリエ)
営業時間 PM7:00~AM4:00 火曜定休
http://bar-sandrie.wixsite.com/sandrie

グレンオード 28年 58% 2003年ボトリング

カテゴリ:
IMG_8588
GLEN ORD
AGED 28 YEARS
NORTHERN HIGHLAND MALT
"A LIVELY COMPLEX WHISKY" 
Released in 2003
700ml 58%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@頂き物 @NYさん
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:注ぎたては香ばしい麦芽香、おしろいと微かにニッキのようなスパイス。奥にはエステリーで洋梨の果肉を思わせる品のいい果実香があり、熟成を感じる。

味:モルティーな甘みとプレーンな熟成感。存在感のある麦感は麦芽糖、おこし、じわじわと麦芽の芯の白い部分。余韻はピリピリとした刺激、ほろ苦い内陸のピーティーさを伴ってドライなフィニッシュが長く続く。

まさにモルトウイスキー。ラベルの通り麦の酒である。ピートのアクセントがまた良い。加水すると麦系の甘みが香味に引き出され、口当たりもよりマイルドでクリーミーさからウッディな余韻へ。


ディアジオから当時1〜2年毎にリリースされていたオードのリミテッド。他には25年、30年があったような。
この時期のオフィシャルラインナップに採用されていたラベルがわりとも言える麦の穂が、まさに名は体を表すと言える香味との一貫性がポイント。オードに求める個性、あるいはハウススタイルを体現しているようなボトルです。

一般的に樽による熟成は、香味のまろやかさが得られる一方で、樽感が強くなりすぎて、酒質由来の個性を邪魔してしまうことが多くあります。
それがこのボトルではあくまで引き立て役、感じられるのは熟成したモルティーさと角の取れたピートフレーバー。また複数樽バッティングであることも、香味の奥行きに繋がってるように感じます。
レアモルトといいスペシャルリリースといい、ディアジオさんはホント、こういうリフィルカスクを使った仕事が得意ですよね。

この一連のオードのリミテッドは2012〜3年くらいまでは市場でよく見かけましたし、BARやイベントなどでもだいぶ飲みましたが、ボトラーズ1960〜70年代の原酒が枯渇し始めると、その代替となってか徐々に姿を消していき。。。近年ではオードの長期熟成そのものが見なくなってしまいました。
最近リリースされた中で近いベクトルのボトルだと、ダルユーイン34とかですが、これも例によって良い値段。
樽感の強いモルトは今も多数ありますが、プレーンな樽感で酒質ベースの熟成香味は、今後ますます貴重になって行くように思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×