カテゴリ

カテゴリ:テイスティング

マッカラン10年 1980年代流通 40%

カテゴリ:
IMG_8180
MACALLAN
YEARS 10 OLD
1980's
750ml 40%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:個人宅持ち寄り会
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★(6)

香り:黒砂糖と揚げドーナッツのような香ばしく甘いアロマ、トーンの高い鼻腔への刺激に続いて、奥にはアロエのような青い植物感、シロップの甘み。

味:若干荒さはあるがコクのある甘みを感じる口当たり。黒蜜、粉末カカオをまぶした生チョコレートやアーモンドの香ばしさとほろ苦さ。中間は平坦気味だがレーズンを思わせる甘酸っぱさと徐々にピリピリとした刺激も感じられる。
余韻はほろ苦く、程よくドライなウッディネス。カラメルソースや熟成したクリームシェリーを感じる深い甘みも伴って長く続く。

深い甘みのあるシェリー感が備わっているものの、香りは度数以上に強いアタックがあり、酒質と樽は完全に融合しているわけではないと感じる。他方、樽の良さがそれを補ってバランスは悪くなく、全体を通しては深みのあるシェリー樽熟成モルトに仕上がっている。

IMG_8181

流通時期から見て、おそらくマッカランが自社のクーパレッジでスパニッシュオークの樽を作り始め、その樽が使われ始めた初期の原酒が使われていると思しき1本。
タンダー とし たシ感は 、現行品シェリーカスクとの大きな違いですし、テイスティングの通り、 酒質の強さも 1本。それは多少荒くはありますが、黄金時代と呼ばれる60年代の片鱗も備わっています。

(1990年代後半から2000年代流通のマッカラン10年。ラベルがやや垢抜けた印象、味わいも多少洗練されシェリー感はライトになったが、まだ方向性は変らない。)

話は変わりますが、今年に入りマッカランは新しい蒸留棟の工事を完了し、さらなる量産体制に入ったのは有名な話。
この蒸留所が、地上ではなく地下に作られ、遠目にはただの丘にしか見えないというユニークというか、未来的な姿をしているわけですが。その生産量はこれまでの約1/3増、約1500万リッターという原酒に対して、どれだけマッカランの象徴たるシェリー樽を確保できるかは疑問が残ります。

【参照】ウイスキーマガジンジャパン:マッカランの新しい蒸留所が完成(前編・後編)

もちろん、樽の確保については相当力を入れているという話でもあるのですが、肩張りボトルに変わってからのシェリー感の変化は大きく、一昨年リリースされたダブルカスクのように バーボン樽を用いるリリースが今後益々増えていくのだとも思います。
加えて年々軽くなる酒質も、かつての麦とシェリー樽が融合したようなキャラクターから見て、さらにライト化が進むのでしょう。
自分としてはそれを飲む前から否定するつもりはないですが、急激な変化に対して誰もが割り切れているかというと、難しいように思います。

先に触れましたが、マッカランは1970年代のシェリー樽の自社生産開始など、生産工程の切り替えが、のちのリリースで一つの節目として語られることが多くあります。
そういう意味で、今回の新しい蒸留棟の完成は、マッカランが切り替わったという節目として将来的に語られていくのでしょうし、例えるならブローラとクライヌリッシュのように、全く違うものなんだと割り切れるきっかけにもなるのではないかと考えています。

軽井沢 11年 ビンテージ 1994 シングルカスク 62.8% BAR無駄話にて

カテゴリ:

KARUIZAWA
VINTAGE 1994
Aged 11 years
Single Cask Malt Whisky
700ml 62.8%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR無駄話
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:パワフルで 鼻腔を刺激する香り立ち。ややハイトーン、乾いた草、そして煉瓦のような土っぽさとピート香。バニラ、ほのかにグレープフルーツのような柑橘系のアクセント。

味:とろりと粘性のある口当たり、ハイプルーフらしく強いアタックと荒いウッディネス。麦芽風味、ドライオレンジ、じわじわとブラウンシュガー、かりんとうを思わせる香ばしい甘み。余韻はスパイシーでドライ、でがらしのお茶のような渋みを伴う乾いたウッディネス、焦げたようなピート香が長く続く。

開封後の時間経過でこなれた印象はあるものの、パワフルでアタックの強い、言い換えれば荒さのあるモルト。リフィルシェリー樽らしくシェリー感は淡く、ピートフレーバーがしっかりと感じられる。少量加水するとシェリー樽由来の個性が前に出てバランスは多少改善される。


先日に引き続き、BAR無駄話でのテイスティングから軽井沢ビンテージシリーズです。
これも懐かしいボトルですね。2010年に軽井沢蒸留所を見学に行った際、まさかこんなことになるとは夢にも思わなかったワケで。。。買い占めておけば軽井沢成金だったよねなんて話は、当時からのウイスキー愛好家にとって、今やちょっとした酒の肴だとも思います。

IMG_0264
IMG_0230
(かつての軽井沢蒸留所併設売店。山のように積まれる軽井沢Vintageと、1ショット5000円で試飲できた1968年蒸留40年熟成。おそらくリフィルシェリーカスクでの熟成と思うが、原酒、樽、そして熟成環境が噛み合い、フルーティーでまろやか、これまで飲んだ中で一番美味しい軽井沢だと記憶している1本。なお、価格は当時で1本10万円・・・。)

以前の投稿でも触れていますが、軽井沢のモルトはお世辞にも作りが丁寧というわけではなく、パワフルで荒々しく、ピーティーさも強い、言い方を変えれば長期熟成向けの原酒と言えます。
しかし、長期熟成に向かない日本の環境と、そこに濃厚なシェリー樽が多く使われていたことから、シングルカスクではどうしても荒さが残る傾向が多かったように思います。加えて1990年代あたりからは樽が安定せず、ファーストフィルのものでも荒くエグいだけでナンジャコリャというものがしばしば・・・。

今回のようにリフィルタイプのものは樽感でマスクされない分、樽由来のえぐみは控えめですが酒質の傾向が出ていますね。ボトリングから10年以上、そして開封後時間が経過していることなどからこなれてはいますが、元々は一層荒々しい味わいだったのではないかと。
そんなわけで、軽井沢のモルトはブームに反して率先して飲むことは無いため、今回久々に飲めたことで懐かしさと、軽井沢の酒質の部分の変化を味わうことが出来ました。

さて、BAR無駄話さんで夜通し飲み、そのまま1泊させていただいた翌日。朝食を挟んで行われたのはブレンダーズキットを使ってのオリジナルブレンドづくり。午前中のほうが香りがとりやすいって言いますしね(笑)。
キリンのキットは比較的最近のものですが、サントリーのはだいぶ昔のそれ。キリンのグレーン3種とサントリーのピーテッド原酒など、通常ありえない組み合わせです。

この日は午後から友人主催の別なウイスキー会があったため、ブレンドづくりも程々に、後ろ髪引かれつつも移動して梯子酒。後は飲む、食う、そして何故か打つという道楽の限りを尽くしたわけで、言わずもがな素晴らしく充実した週末となりました。

それにしても、狭いウイスキー業界では大概は知人の知人くらいの枠に収まるとは言え、直接会ったこともない自分を自宅に招待頂き、こうして貴重なお酒を経験させて貰える・・・。趣味が繋ぐ縁というのは、本当に人生を豊かにしてくれますね。

カスクオブ白州 1989-2005 シェリーオーク 63% BAR無駄話にて

カテゴリ:
IMG_8283
THE CASK OF HAKUSYU
SHERRY CASK
Distilled 1989 Nov
Bottled 2005 Apr
Cask type Europian Oak Sherry Butt
700ml 63%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:BAR 無駄話
時期:不明
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:パワフルで強く鼻腔を刺激する香り立ち。ベリーやレーズンの甘酸っぱさ、濃く入れた紅茶、合わせて香木のニュアンスを伴うウッディネス。徐々にこげたような苦味も伴う。

味:濃厚な口当たり。リッチなシェリー感で、カカオチョコレート、ドライクランベリー、焼き芋のこげた皮、じわじわとタンニン由来の渋みが支配的に。余韻はビターでドライ、多少の引っかかりはあるが、ダークフルーツケーキの甘みと鼻腔に抜けるドライフルーツのアロマ。ウッディーなタンニンと粘土質な癖を感じつつ長く続く。

約15年という熟成年数ゆえストレートでは少々やんちゃ、余韻にはピート由来か粘土のような癖があるものの、樽感は実に濃厚でパワフル。スパニッシュオークの香木系のニュアンスと、ジャパニーズらしい濃いウッディネスが特徴的。少量加水すると香味共に開きバランスが良くなる。あるいは葉巻を合わせてじっくりと楽しみたい。


白州でシェリーカスクと言えば数年前まで1年に1度リリースされていたオフィシャルのシングルモルトがありましたが、今回のボトルはその原型とも言えるシングルカスクリリース。
前者のリリースよりも、スパニッシュオークらしさのある香木香を伴う濃厚なウッディネスは、一見して白州というより山崎のそれと近い印象を受けるものの、酒質ベースのトーンの高さと粘土やゴムのような独特な癖がシェリー感の裏に潜んでおり、異なるキャラクターも感じます。

この手のシェリーカスクはストレートでは濃厚でウッディネスも強く、スムーズな飲み心地とは言い難い原酒ですが、この原酒がミズナラ原酒と合わせてサントリーのブレンドを作る上で必要不可欠なパーツ。近年不足しているが故に、響21年クラスの生産に影響が出ているんですよね・・・。(最近は蒸留所の有料試飲からも原酒がなくなったようですし。)

モノは4年熟成のスパニッシュオークシェリーカスクから厳選していたと聞きましたが、確かにこのクラスのシェリー樽をサントリーの生産規模に合わせて安定的に手に入れるのは難しいと言わざるを得ず。今後益々、気軽に飲めなくなるタイプのモルトなのかなと感じています。


さて、今日の更新はボトルだけでなく、飲んだ場所(BAR)紹介の二部構成。今回は茨城県下妻某所、個人宅に整えられたホームバーでテイスティングさせて頂きました。
先月、このBARの主である住谷さんからブログにコメントを頂き、メッセージをやりとりをする中で、だったらウチに遊びに来ませんかと、オトコのロマン溢れる空間"BAR 無駄話"にご招待頂いたのです。

IMG_8310

BAR無駄話は、以前ウイスキーワールド誌に掲載されたり、FBのタイムラインでウイスキー仲間が投稿していたりで、存在は知っていました。
ただ言うて個人宅でしょと、気に留めていない部分があったのも事実なのですが、いざ訪問してみるとバーカウンターから椅子、棚、グラス、そしてそれとなく置かれている調度品の数々に至るまで、住谷さんが収集された一点モノが多数あり、その一つ一つがオーセンティックな雰囲気を作り出しているのです。(ニト○で買い集めるだけじゃ、こうはいかないんですよね。。。)

まさに玄人はだし。あるいは個人的な趣味だからこそできる、手間の掛け方とも言えます。
住谷さんは30年ほど前からウイスキーに開眼されており、特にジャパニーズウイスキーを中心に飲まれていたとのこと。当時のジャパニーズは不遇の時期です。写真のバックバーには写っていないセラーや収納スペースから、出てくる出てくる秘蔵ボトルの数々(笑)。
この特別な空間に、業界関係問わず友人、知人を招いて日々交流する。お世辞抜きに素晴らしい趣味だと思いますし、将来自分もこんな空間を持てたらいいなぁとか考えてしまいます。

IMG_8308
IMG_8307

今回は雨上がりの夕方から、テラスで軽食をハイボールとともに。そしてその後はホームバーでじっくりと秘蔵のウイスキーを楽しむ。大変充実した1日となりました。
そして宴は1夜を挟んで翌日まで続くのですが。。。それはまた後日の更新で。
       

ストラスアイラ 35年 1986年リリース 200周年記念ボトル 43%

カテゴリ:
IMG_7910
STRATHISLA
Years 35 old
Bi-centenary Release 1986
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:不明
場所:KuMC
評価:★★★★★★★★★(9)

香り:スモーキーでピーティー、燻した麦芽と甘いバニラ香、チョコウェハースやキャラメリゼ、徐々に生チョコレートのような甘み。奥にはドライアプリコットやオレンジピール。古びたウェアハウスを思わせる落ち着いたウッディネス。ゾクゾクするような妖艶なアロマ。

味:マイルドな口当たりだが、ボディの芯はしっかりとしている。香り同様に存在感のある燻した麦芽のピーティーなニュアンスに加え、キャラメルプディング、土っぽさとヘザー。余韻は心地よくドライ、ビターな内陸系のピートフレーバーが強く感じられ、染み込むように長く続く。

麦とピート、そして熟成したモルトのまろやかさ。しっかりとスモーキーでオールドスタイルのストラスアイラの魅力がこれでもかと詰まった1本。樽はプレーンオーク系で、適度に感じられる程度であり、酒質の引き立て役に徹している。スコッチとして求める今は無きスペイサイドのスタイルの一つ。間違いなく感動できるモルト。

IMG_7912

ストラスアイラ蒸留所、創業200周年記念リリース。もはや解説は不要というレベルで文句無く伝説級のモルトです。
自分が飲み始めた頃は、なんだかんだ飲む機会の多かったボトルでしたが最近は疎遠気味。久々に飲みましたが、樽感を底支えにしてあくまで主役は麦とピートという構成に加え、加水と熟成で整った飲み口から、オールドらしく厚みのあるボディと妖艶なアロマが大きなスケールをもって展開してきます。

単純に逆算すると蒸留時期は1950年、1951年ということになるのですが、間違いなくそれ以前の原酒が使われていると思います。
ただし1940年代は第二次世界大戦の影響から多くの蒸留所で生産に影響が出た時期であることや、このスモーキーさと麦由来の風味の強さから、40年代の前半を飛び越えて1930年代の原酒まで使われているのではないかと。それこそ、以前テイスティングさせていただいた1937年のGMストラスアイラに近いニュアンスがあったようにも。。。

現行品のストラスアイラからは失われてしまった、このフレーバー。もはや別世界の代物と言えばそうなのですが、改めて飲むと自分がウイスキーに求めているのはこの味わいなんだなと感じさせてくれます。
カウンターでただただ幸せを満喫させてもらいました。OJさん、ありがとうございます!

ちなみに・・・一つカミングアウトすると、あれは今から7年前くらいですか。ウイスキー仲間からのブラインドでこのボトルをジョニーウォーカーの60年代と答えたのは中々恥ずかしい思い出です。古酒っぽさと、オールドピートの強さをメインに感じてしまったのでしょう。今飲んだらもうちょっとマトモな回答が出来ると・・・いいなぁ(笑)。

わしが國 大吟醸 雫搾り 斗瓶取り 2018 山和酒造店

カテゴリ:

山和酒造 わしが國 
大吟醸 雫搾り 斗瓶取り
使用米:山田錦100%(精米歩合40%)
製造年月:H30.6
720ml 16%

綺麗で繊細な香り立ち。和梨やメロンを思わせる吟醸香には嫌味が無く、口当たりも柔らかくマイルド。程よい酸があり、すっきりとした余韻へと繋がる。
何も無いがあるというか、日本酒という特徴はありながら実に自然に飲めてしまう嫌味のなさで、杯を重ねても負担に感じない。
ウイスキーに例えるなら、まるでバランタイン30年のような・・・。


ウイスキー仲間主催、日本酒会のお土産品。宮城県は山和酒造店の地元向け銘柄「わしが國」、そのコンクール向け本気仕込みの1本なのだとか。

例によって記事にする上で調べてみると、確かに世界最大の日本酒品評会SAKE COMPETITION 2018で金賞を受賞されたとか、吟醸部門で8位だったとか、全体の出品数が1700本以上だった中でそれだけ上位に選ばれるお酒というのですから、このバランスの良さと丁寧な仕上がりが蔵元の目指す方向性にして、本気ということなのだと思います。

実際、販売店などで山和酒造の酒は何口でも飲めることや、食中酒としてもPRが散見されます。
またこの暑い真夏日、熱帯夜であっても冷酒でスイスイ飲めてしまう口当たりの良さ。それでいて、単に酒の味がしない水のようなアルコールってワケでもないのもポイントで、上品な吟醸香と適度な米の旨味が日本酒であることを感じさせてくれます。
こういう透明感というか、整った味わいはウイスキーで例えるならバランタイン。それも現行品の30年のイメージが頭に浮かびました。勿論味が似ているというわけではなく、あれも上品な華やかさで透明感があって・・・そして負担の無い味わいが同じ方向性であり、プロの仕事を感じさせてくれるのです。


そんなわけで、今回は勿論食中酒として楽しませて貰います。オードブルと刺身、どれとも合うまさに万能系の日本酒ですね!

このページのトップヘ

見出し画像
×