カテゴリ

カテゴリ:長濱(長濱浪漫ビール)

アマハガン ワールドモルト エディション No,2 赤ワイン樽フィニッシュ 47%

カテゴリ:
IMG_20190612_233156
AMAHAGAN 
World Malt Whisky 
Edition No,2 
Red Wine Wood Finish 
700ml 47% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後1週間程度
場所:新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★(5ー6)

香り:スウィートで安いイチゴジャムのようなベリー香、奥に干し草、カカオのようなビターなウッディネスを伴う。時間経過で微かに柑橘や乳酸のような若さに通じる要素もある。

味:香りでも感じられた系統のシロップのような甘みとウッディなタンニン。アタックは強く、籾殻のような乾いたニュアンスと、じわじわとスパイシーな刺激を感じる。余韻はビターでややハイトーン。タンニンが染み込むよう。微かに染み込むようなピートフレーバーもあるが、ワイン樽の個性が支配的。

しっかりと樽由来のキャラクターがあり、奥行きはそこまでないが分かりやすい味わいに仕上がっている。加水するとバランスが崩れ、ニューポッティーさが顔をだす。ストレートで。


長濱蒸留所が自前の原酒と輸入原酒をブレンドして作ったリリース。前作が面白いというか、光るものを感じる出来だったので、今回は比較的早めにテイスティングです。
フィニッシュ前のベースとなっているのは昨年リリースされたアマハガン・ファーストリリースと同じものですが、そこに赤ワイン樽でフィニッシュをかけることで、仕上がりは前作とは大きく異なっています。

というのも、ファーストリリースでは序盤に若さが感じられ、中間以降輸入原酒がバランスをとって、フィニッシュはそのどちらの個性も混ざり合うような感じでした。
一方今回のセカンドリリース、ワイン樽フィニッシュは、序盤の若さをワイン樽の要素が塗り潰した。。。勢いで、中間、余韻にかけても影響。前作の仕込みから半年程度のフィニッシュでありながら全く別物のような分かりやすい仕上がり。
前作も上手く作ったと思いましたが、今回もまた原酒も限られている中で一般的なユーザーの欲しがる味わいにしっかりアジャストしてきていると思います。


1つのロットでベースとなるウイスキーをまとめて仕込み、複数回のリリースに使うことは、生産量や原酒に限りがあるクラフト蒸留所にあって珍しい手法ではありません。
むしろその土地のワイナリーの樽や、その土地で育ったミズナラ、桜、栗などの木材を使うことで、インスタント的ではありますが、地ウイスキーとしての体裁を整えることができるのです。
まあこの手の樽材等は扱いが難しいので、おいそれと簡単に成功するものでもないと思いますが・・・。

今回のボトルは、推定1年未満と少ない追加熟成期間のなかで、これだけはっきりとワインのニュアンスが出ているところに、滋賀県という地域の特色も感じられる。同じブレンドがベースとなっていることから、ワイン樽の影響を学ぶ意味でも前作との飲み比べをしてみるのも面白いと思います。

アマハガン ワールドモルト Edition No,1 長濱蒸留所 47%

カテゴリ:
000000006172_VMM0t2r
AMAHAGAN 
World Malt Whisky 
Edition No,1 
Release in 2018 
Nagahama Distillery 
700ml 47%

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:BAR 新宿ウイスキーサロン
評価:★★★★★★(5ー6)(!)

香り:爽やかな酸を感じる香り立ち、レモングラス、粉っぽさのあるオーク香はホットケーキ生地のような甘さを感じる。スワリングすると若いモルティーさと乾いた麦芽や木香、少し焦げ感を伴うスモーキーさも開く。

味:ボリュームがあって強い香味の広がり。はちみつレモンとアルコールのジンジンとした刺激。徐々にオーキーで加熱した林檎のようなフルーティーさ。余韻にかけて奥から焦げたようなピートフレーバーが顔をだし、ほろ苦くスモーキーなフィニッシュが長く続く。

若さはあるが嫌みのない若さというべきだろうか。短熟ピーテッドモルト長濱原酒とミドルエイジ程度のハイランドモルトの極端な組み合わせだが、両者の個性が複数の表情を見せ、それが混じり合う面白さがある。


昨年、長濱蒸留所が自社蒸留原酒と輸入原酒をブレンドしてリリースした、ワールドブレンデッドモルトウイスキー。ネーミングの経緯は不明ですが、アマハガンは長濱をローマ字表記にして逆さに読んだものです。

長濱蒸留所の創業は2016年。ブランデー蒸留に使われるアランビックタイプの蒸留器で蒸留を行っており、設備は地ビールを作るビール工場のなかに併設してあるユニークな作りも特徴。
原酒はピーテッドモルトを軸にライトピートからヘビーピートまで広く原酒を仕込み、今年はちょうど3年目。まさにこれからシングルモルトのリリースを行っていこうというクラフトメーカーです。

今回のリリースは、その長濱蒸留所の1~2年程度熟成の若い原酒を用いているため、まさにNo Ageといえる仕様であり、しかもウイスキーメーカーとしてブレンデッドのファーストリリースです。発売を聞いた時は「大丈夫か、これ」と、警戒にも近い感情がありました。
そんな第一印象もあって飲むのも後回しにしていたものの、先日ようやくテイスティング。結論から言えば、いい意味で驚かされましたね。


まず香味ともトップに若さはあるのですが、未熟香の嫌みな感じはなく、レモンなどの酸味のある柑橘を思わせる爽やかなキャラクター。
そこに10~15年程度熟成のハイランドタイプのモルト原酒。柔らかいタイプのブレンドモルトで、ベースの樽はバーボン系統でしょう。この手の輸入原酒にしては樽感が結構しっかり出ているので、長濱の原酒以外に調達した原酒を長濱の原酒保管場所で再びバーボン樽に詰め、追加熟成したのかもしれません。適度に熟成された麦芽風味に加え、オーキーなフルーティーさも感じられます。

余韻はそのまま終わるのかなと思いきや、ここで長濱モルトのピーティーな個性が樽感に置き換わるように出てきて存在感を増していく。長濱のスタイルはピーテッドモルト、このまま終わったら長濱じゃないですね。
加水の効き具合も、個性を潰さない程度にちょうどいい仕上がり。これを狙って47%仕様だったとしたら、ブレンドファーストリリースとしては充分すぎる仕上がりとも思います。

輸入原酒の力を借りてはいますが、蒸留所のキャラクターを感じやすくするために使っているような構成で、これなら長濱のクラフトウイスキーと呼んで差し支えないもの。
思っていた以上に完成度が高く、そして思っていた以上に面白いリリースでした。


FB_IMG_1557792304492

なお、AMAHAGANのセカンドリリースが、5月21日発売で予定されているそうです。
ワイン樽熟成の原酒を一部使っており、この個性をどう活かすかが非常に苦労した点だったとのこと。今回のテイスティングで面白いウイスキーという印象を持っていますので、次回は比較的早い段階でテイスティングしたいと思います(笑)。

※テイスティングの写真を撮影したと思っていたのですが、スマホのライブラリに見当たらず。。。後日撮影して差し替えておきますが、取り急ぎリカマンさんからお借りして掲載します。

このページのトップヘ

見出し画像
×