カテゴリ

カテゴリ:アボットチョイス

アボットチョイス 1970年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:

ABBOT'S CHOICE
Finest Old Scotch Whisky
1970's
760ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1-2年程度
場所:自宅@サンプル ぎんがさん
評価:★★★★★★(6)

香り:香ばしく淡い酸味を伴う香り立ち、奥から麦芽香、微かにリンゴの蜜を思わせる甘み、土っぽいピーティーさを伴って時間経過で開いてくる。

味:柔らかい口当たり、オールドらしいこなれた麦芽風味、ポン菓子、モルティーで合わせて角の取れたエステリーさ。微かに洋梨、蜂蜜レモンキャンディのような甘みも感じられる。
余韻は少し荒さもあるが、ほろ苦くジワリと染み込むピート、穏やかなスモーキーフレーバーで長く続く。

オールドスタイル。素朴な麦芽系のニュアンスが中心で、モルティーでピーティーなブレンデッド。熟成感に通じる果実要素、エステリーさが香味のアクセントになっている。口当たりは多少ゆるいものの、全体的にはキーモルトであるリンクウッドの個性を感じやすい。


ラベルやパッケージデザインで損をしていたブランドとされるアボットチョイス。以前記事にした1980年代のフィギュアボトルはまさにその典型ですが、このラベルもそれなりに「手に取りづらさ」を醸し出しています。
なんせ、洋酒がギフトとして扱われることが多かった時代。一般レベルの知識しかない方が、箱を開けたらキメ顔坊さんラベル(またはフィギュア)であった時の心境は想像に難くありません。
せめてオールドパーみたいにバックストーリーでもあれば話は違ったんでしょうけど。。。

ですが、味は本物。間違いなくいい原酒使ってますよ。
無名銘柄や低価格のブレンドにありがちな、グレーン増し増し系だったり、あるいは表情の見えない無個性なハイランドorローランドモルトを中核せず。キーモルトである"かつてのリンクウッド"をしっかり感じられるモルティーな構成が、オールドブレンデッドを飲む楽しみを感じさせてくれます。
ストレート以外にハイボールにしても美味しそうです。


アボットチョイスの姉妹銘柄で、上位グレードにあたるチェッカーズも"本来の姿"はスモーキーで芳醇なオールドリンクウッド感をしっかり感じられるブレンドです。
しかし使われている金属張りキャップの影響で、今やオフフレーバーが出ている個体の方が多く。。。果敢にチャレンジして散っていった同志は数知れず。

そこにきて、アボットチョイスのボトル仕様は問題なし。また、試しにこの2種類に加えて、ほぼ同時期の流通であるリンクウッド12年、計3種類を飲み比べてみましたが、共通項はしっかり感じられます。
リンクウッドは品のいいフルーティーさと麦芽風味に、存在感のあるピーティーさが魅力で間違いない旨さ。チェッカーズは長熟原酒も多少混じっているのか、よりマイルドかつ香味の濃い口当たりから、余韻のほろ苦さと ピーティーさ、焙煎した麦芽の香ばしさとカルメ焼きのような甘みを感じる。やはり美味いブレンドです。

(チェッカーズとアボットチョイス、1970年代流通品の比較。色の濃いほうがチェッカーズ。)

比較をすると、アボットチョイスの方が少々軽い印象はあるものの、大きく見劣りはしない。むしろ、麦系の香味がわかりやすいだけでなく、地雷を引く可能性を考慮すると、"DCLの至宝"と呼ばれた時代のリンクウッドを感じたいなら、アボットチョイスの1970年代流通でいいんじゃない?とも感じます。
不遇な時代を生きたアボットチョイスに、時を経て光が当たる時代がついに訪れたと言えるのかもしれませんね。

アボットチョイス 1980年代流通 43% 特級表記 フィギュアボトル

カテゴリ:
IMG_7634
ABBOT CHOICE
Fine Old Scotch Whisky
Figure Bottle
1970-1980's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR飲み@アポロニア
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかく甘い香り立ち。麦芽香、信玄餅のような黄粉の穀物感と、ほのかに蜜のニュアンス。じわじわとスモーキーなアロマもある。

味:しっとりとしてスウィートな麦芽風味、淡いキャラメルや鼈甲飴、林檎のコンポート。若干の古酒っぽさを伴いつつ、徐々にほろ苦くスモーキー。余韻は林檎の蜜、微かにニッキのようなスパイス感、ピートフレーバーを伴い染み込むように残る。

バランスの取れたブレンデッドウイスキー。熟成年数は8〜12年程度という印象。程よい熟成感があり、蜜っぽいグレーン由来の甘みに、熟成したスペイサイドモルト原酒を思わせるフルーティーな香味も随所に感じられる。


チェッカーズの姉妹銘柄にして、普及価格帯でリリースされていたブレンデッドです。
アボット(修道院長の意味)の名前そのままに、ラベルには職位の高そうな修道士のイラスト、あるいは今回テイスティングした修道士をモチーフとしたフィギュアボトルでリリースされており、後者は変え栓で顔にあたる部分が付属していたのですが、これが紛失しているものも少なからず見られます。

写真には写っていないですが、ラベルはボトルの背面にあり。知らない人が見ると銘柄不明で首無し地蔵みたいな・・・ちょっと不気味なデザインになってしまうのが気になりますが、味は問題ありません。まあ仮に変え栓があったとしても、良い意味で目を引くデザインであるとは言い難く。一方で姉妹品のチェッカーズは、1980年代にブレイクしたアイドルグループと偶然にも同名。スコッチオデッセイの記述によれば、当時の業界では「坊さんは売れない」と嘆く声が多かったそうです(笑)。 



(画像引用:Whisky Paradise 

さて、チェッカーズ及びアボットチョイスのキーモルトはリンクウッドとされています。勿論DCL系列の同品らには、それ以外にも様々な原酒が用いられていると思いますが、同じ1970年代流通のボトルでは、チェッカーズのほうがモルティーで濃いスモーキーさがある一方、アボットチョイスは品のいい甘み、やわらかい口当たりがメインで余韻にかけて"らしい"ピートフレーバーが感じられるといった具合。
1970年代前半という蒸留時期的に、このクラシカルなピートフレーバーや適度な麦芽風味がリンクウッド由来と思われます。

アボットチョイスは久しぶりのテイスティング。好みなのは70年代のチェッカーズですが、状態の悪いロットが目立つのが。。。アボットチョイスもこの陶器ボトルはコルクに難ありであるものの、バランスのとれた作りもブレンデッドらしく落ち着く旨さで良いですね。

追記:BARアポロニアは「ウイスキーの教科書」の著者などで知られる橋口孝司氏が昨年開業されたBARです。バックバーはオフィシャル中心のラインナップですが、オールドブレンデッドやこんなボトルもあるのかという隠し球。マスターの確かな知識に裏付けされたボトルチョイスで、改めて基礎からしっかり勉強させていただきました。
BARアポロニアWEBサイトhttp://www.aporonia.com/

このページのトップヘ

見出し画像
×