カテゴリ

カテゴリ:ブラック&ホワイト

ブラック&ホワイト 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:
BLACK & WHITE
James Buchanan
1980's
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
場所:BAR飲み@アポロニア
時期:不明
評価:★★★★★★(5-6)

香り:綿菓子、ザラメを思わせる甘いアロマ。微かに林檎、徐々にドライな籾殻や干草、ほのかにスモーキーさも感じられる。

味:柔らかくコクのある麦芽風味、ポン菓子、薄めたケーキシロップ、しつこすぎない甘味と穀物感。余韻は淡いピートフレーバーと若干のえぐみ、あっさりとしている。

ややライト寄りの構成だが、マイルドな穀物風味で飲みやすくバランスの良いブレンデッド。ストレートでは若さからくるえぐみ、若干の引っかかりもあるが、ハイボールでの飲み心地は良好。さっぱりと楽しみたい時にオススメ。


ブラック&ホワイト70〜80年代は、プレーンなスコッチの代表格。ジョニーウォーカーのようにカラメル系の香味が強いわけでも、ホワイトホースのようなピーティーさがあるわけでもない。。。
そういう点でこの時期のブラック&ホワイトはクセの少ないライトなブレンデッドなのですが、よくありがちなグレーンじゃぶじゃぶというわけでもなく、それなりにモルティーな上でという点も特徴と言えます。

構成原酒はダルウィニーやグレントファース、この他にDCL傘下の蒸留所の中でも上記特徴に合致するハイランドタイプの原酒がメインといったところ。
適度なコクと淡いスモーキーフレーバーも感じられ、ストレート、ハイボール、人によっては水割りと使い勝手の良い1本です。
昭和の洋酒ブームにおけるスタンダードクラスを代表する銘柄の一つでもあるのですが、後のブランド整理で位置付けも価格も下落し、1990年代以降は千円台のスコッチウイスキーとして構成は異なるものとなります。

そうした背景から、個人的にブラック&ホワイトとしてオススメ出来るのは、紋章が変わらないこの時期までという印象。出来ればもう一つ前の犬のイラストが中央に書かれていない時期である70年代後半流通か、理想的にはそのさらに前に当たる、犬のイラストが書かれていない白黒ラベル時代の方が、よりスムーズな飲み心地とモルティーさを楽しめるのですが。。。


ブラック&ホワイト 8年 1940年代流通 43.4% アメリカ向け

カテゴリ:
BLACK & WHITE
Blended Scotch Whisky 
8 Years old 
1940's
4/5Quart 86.8proof

グラス:木村硝子テイスティング
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:やや金属感のあるアロマ、薄めたカラメルやカステラ、焦げた焼き芋。ほのかなオフフレーバーの混じる甘い古酒感。合わせてオールドらしく存在感のあるスモーキーさも主張してくる。

味:マイルドな口当たりから厚みのあるボディ。麦パフっぽい麦芽風味、ほのかに干し草、後半はどっしりとしたピートフレーバーが広がる。
余韻はしっかりピーティー。スモーキーで長く染み込むよう。

香りは多少警戒させられるも、味には目立ったオフフレーバーはなく、経年を考えれば状態はいい。麦とピートを味わうウイスキー。さながらピートが黒、麦が白か。


ブラック&ホワイト(B&W)のアメリカ向けボトル。
肩ラベルに書かれた「By Appointment to His Majesty the King」表記は、1936年から1952年まで在位したキングジョージ6世を指すものと考えられ、流通時期を推定する要素の一つとなっています。
(前後世代となる、キングジョージ5世並びにクイーンエリザベス2世の時代は独自のワラントがあり、それぞれの世代のB&Wにプリントされている。)
また、表ラベルの下に貼られた「Britain Drivers the goods」表記のシールは1945年に開催された英国展のものという話もあり、1940年代の流通が濃厚なボトルと言えます。

素朴な麦芽風味に加え、どっしりとしたピートフレーバーは、内陸系の原酒でピートが強かった時代の特徴。これぞオールドボトルの魅力です。
B&Wで言えば、1960年代以前のボトルにこうしたピートフレーバーが見られますが、今回のボトルは特にしっかりと感じられます。

キーモルトは、ダルウィニー、グレントファース、コンバルモア。また、B&Wを作るブキャナン社はDCL傘下であったため、グレンダラン、クライヌリッシュ、アバフェルディという、かつてブレンド向けだった蒸留所も歴代の構成原酒に名を連ねています。
今回のボトルの蒸留時期は1930年代以前。先にも記載したように、ピートフレーバーにしてもスコッチモルト全体で現在と異なるキャラクターがあり、どの蒸留所という指定は難しいですが、厚いボディと麦芽風味は旧世代のダルウィニーがいい仕事をしてそうなイメージです。

なお、B&Wのフレーバーの変化を追うと、華やかでマイルドな1970年代を挟み、1980年代以降のそれは市場のニーズに合わせた結果か香味のライト化が進んでいきます。特に2匹の犬が表ラベルに描かれるようになる頃はピーティーさも少なく、1980年代後以降もはや別物レベルの構成となっています。 
コンセプトが入門者や若者でも楽しめるマイルドな酒だったそうで、癖のあるピートフレーバーを削る方向にシフトしていったのかもしれません。


今回のボトルは、昨年12月にIANで開催された、「ウイスキーラバーズ名古屋2018・出展用ボトル先行テイスティング会」での1本。ウイスキーラバーズ名古屋の開催まであと2週間少々。今日からラバーズ名古屋開催まで、テイスティングしたボトルを紹介していきます。

今年のウイスキーラバーズ名古屋はコアユーザー向けの愛好家出展ブースを拡張していて、さらに凄い事になりそうな予感。当然、当日はIANブースに限らずオールドブレンドが少なからずあるものと思います。
目玉のボトルは多くありますが、古き良き時代のスコッチは、スターターとしても箸休めとしてもオススメです。

このページのトップヘ

見出し画像
×