カテゴリ

カテゴリ:その他(ブレンデッドなど)

イチローズモルト バーテンダーズチョイス 神田祭2019 シングルカスクブレンデッド 58.6%

カテゴリ:
IMG_20190507_224911
ICHIRO'S MALT 
BARTENDER's CHOICE 2019 
Single Cask Blended Whisky 
Selected by 神田 Bar Society  
Cask No, 5294 
700ml 58.6% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:新宿ウイスキーサロン
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:前面にライ系や新樽穀物の要素。スパイシーな香り立ちから、ウッディで干し藁やオーキーな華やかな酸のあるリンゴ、オレンジリキュールなどのアロマも感じられる。

味:スパイシーでしっかりとボリュームのある口当たり。柑橘のニュアンスからバニラと洋梨、アメリカン系の穀物やライを思わせる酸味もある。
余韻はドライで微かにスモーキー。ハーブの爽やかさとひりつくようで長く続くフィニッシュ。

これまで飲んだワールドブレンデッドシリーズでは一番好み。アメリカン系のフレーバーとモルト、それぞれの個性がマリッジに使われた樽感の中で融合したような美味しさが感じられる。少量加水しても崩れず、さらにバランスがよく柑橘のニュアンスがもう一歩前に出てくる。某社のワールドブレンドもこれくらいだったら。。。

IMG_20190507_224955

隔年で5月に開催される神田祭りを記念し、神田にBARを構えるバーマンや飲食店らが共同でリリースに関わる記念ボトル第4段。
最近イチローズモルトでリリースが増えている、ワールドブレンデッド区分のシングルカスクブレンデッドウイスキーです。

イチローズモルトのワールドブレンデッドのシングルカスクは、ハイプルーフな原酒を混ぜ合わせ、カスクストレングスでボトリングしているためか、マリッジの樽由来のフレーバーを突き抜けるような、様々な個性がぶつかり合う印象があります。
これが良い方向に振れれば良いのですが・・・なかなかそうなるとは限りません。若さが悪目立ちしたり、喧嘩してるような難しいボトルもあります。

しかし今回のリリースは、後熟に使われたとおぼしきバーボン樽由来のスパイシーさや華やかさに加え、いわゆるバーボンやカナディアンなどアメリカン系のライっぽさに通じる酸味と穀物由来の香味が、5~10年熟成程度のモルトのフレーバーと混じりあって融合している。
またバランスを取っている15年程度のミドルエイジの原酒も繋ぎの仕事をしており、第一印象ではバーボン系の個性の主張に驚くと思いますが、ジャパニーズを始めスコッチタイプの原酒も負けてない。高度数故のバランスを楽しむことが出来ました。
これは是非ストレートか少量加水で楽しんでほしいですね。


裏ラベルに書かれた「新たな時代を彩るボトル」の言葉。平成から令和へと時代が代わり、少なくとも今年に入ってウイスキー業界で何が変わったかと言えば、輸入原酒を使ったワールドブレンデッドの存在があります。
これまでは暗黙のうちに作られていたものが公になってきただけでなく、ジャンルの1つとして、今後も多くのメーカーからリリースされるだろうとも考えられます。

例えば、輸入原酒といってもスコッチタイプのみで仕上げても区分はワールドブレンデッドですが、それでは現地スコットランドのものと変わらないし、やはりワールドを名乗るからには各地のウイスキーの個性を融合することにも可能性を見いだしたい。
今回のリリースは、そんな自分が考えるワールドブレンデッド像にあって、ウイスキーの新たな時代に示すお手本のような構成だと感じたのです。


このボトルは新宿ウイスキーサロンで飲みましたが、そもそもは神田祭を記念したリリース。神田にあるBARを中心に取り扱われており、自分が知ってるウイスキーが強いところだとGROOVY、サンディマック、Eclipseなどで飲むことができます。(特にGROOVYさんは本企画の発起人でもあります。)
この記念ボトルは2011年の大震災以降自粛されていた神田祭再開の2013年から始まり、2015年以降は蒸留所の成長と共に歩んできた経緯もあります。
その想いやボトルに関するコアな情報を聞きたい方は、是非テイスティングがてら神田を訪れて見ては如何でしょうか。ディープな街で面白いですよ!

イチローズモルト マデュロオリジナルブレンデッド 2019年リリース 58%

カテゴリ:
IMG_20190414_203657
ICHIRO'S MALT 
MALT & GRAIN 
MADURO ORIGINAL BLENDED 
French Oak Cask Finish 
Single Cask Blended Whisky 
Release in 2019 
700ml 58%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封直後
場所:BAR BLACK HEART @持ち寄り会
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ボリュームのあるしっかりとした香り立ち。乾いた檜木やバニラクリームのような木香に、レモンバウムのような加工されて角の取れた酸を感じる。奥にはシナモンやハーブ、和生姜のスパイシーさも伴う。

味:ドライでウッディ、口内に広がる香り同様の木材感やバニラ香と、合わせてドライアップルや砂糖をまぶしたレモンピールのような甘酸っぱいドライフルーツ風味。若さもあるが、熟成感も同時に備えており、穀物系のニュアンスと共に余韻はしっかりとしたスパイシーさ、強い樽感で整えられたような味わいがある。

基本的にはイチローズモルトのワールドブレンデッド系統の味わいであるが、平均的な熟成感の高さがバランスを取り、フィニッシュに用いたフレンチオーク由来と思われる強いウッディネスが仕上げとばかりに濃厚に全体を覆っている。加水すると、原酒部分とのバランスが崩れるのか、バニラの甘みと共にウッディな香味と、若干の青さ、若さ由来のスパイシーさが目立ってしまう。


本日のレビューは、自分のような一般人でも、名前くらいは聞いたことがあるだろう高級ホテル・グランドハイアット東京にあるジャズラウンジ「マデュロ」が、イチローズモルトと共に企画したオリジナルウイスキーです。

その仕込みは約4年前、まさにマッサンによってウイスキーブームに火がついた時に行われたもの。
イチローズモルトが調達した10~20年熟成のスコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアンの各種原酒と、恐らく秩父以外に羽生、川崎らも含まれているであろう日本産の原酒。これらのブレンドをフレンチオーク樽で3年間フィニッシュし、カスクストレングスでボトリングした、ワールドブレンデッド規格のシングルカスクブレンデッドウイスキーです。(長いw)

今年の秩父ウイスキー祭の記念ボトルでも同じ規格のものがリリースされていましたが、印象としてはフィニッシュ樽の違いだけでなく、原酒の熟成感含めて全体のレベルがワンランク違うなと感じています。

IMG_20190315_205234

その構成等を香味から推察すると、モルトとグレーンの構成比率は5:5程度。国産原酒由来とおぼしき樽感と酸、そして勢いのある香味を、適度な熟成感のあるハイランドタイプの柔らかいモルト原酒とグレーンが繋ぐ。イチローズモルトらしい個性が感じられつつも、尖りきらない構成にまとめられています。
またフィニッシュ用の樽はフレンチオークの新樽だったのでしょう。樽熟ワインなどに感じられる、乾いた木香とバニラ系のアロマとウッディネスが強く全体を包み込んで、前述の仕上がりに繋がる要素となっているのです。

もうひとつの特徴として、フィニッシュ期間が3年間と長いことからか、ストレートで飲む分には味わいの解離が少ないように感じられます。
しかし加水すると原酒部分の要素が弱まるためか、樽感とのばらつきが少し出始め、特に1:1程度まで割った時の樽香の広がり方はかなり浮わついているようでした。
そのため、飲み方としてはテイスティンググラスよりもロックグラスなど口が開いたものを使って、ストレートあるいはロックで飲むと、香りが必要以上に増幅されず適度な距離感で楽しめるのかもしれません。
(ラウンジで、ジャズを聞きながらロックスタイルで飲むには丁度良いかもしれません。)


今回のリリースを含めてイチローズモルトのブレンデッドのポイントは、多様な原酒を使ったブレンデッドウイスキーでありながら、”イチローズモルトらしさ”という枠の中に収まっていることだと感じます。
例えば、響とマデュロはまったく個性が違います。あるいはバランタインなどのブレンデッドスコッチとも違います。当たり前の話ですが、輸入したスコッチ原酒のみを使えば、それっぽい味わいを作ることは出来るものの、イチローズモルトというブランドを考えると、ブレンデッドスコッチの再現は違いますし、響の再現も当然方向性が違います。

大手ブレンデッドメーカー各社と同様に、”ブランドらしさ”の上で、どのようなキャラクターを表現するかは、ウイスキーメーカーとして立ち位置の確立に繋がる重要な要素と言えます。
嗜好品であるため、好みの差異は個人個々で当然あるわけですが、その前提には他のイチローズモルトの製品同様に、ちゃんとイチロー味であることがあります。

長々書いてしまいましたが、このウイスキーが企画されたという2015年は、まだハイエンドグレードといえば長熟の羽生と川崎の樽感どっしりのリリースが多かった時期です。作られてはいましたが、ワールドブレンデッドという単語もありません。
それが、2019年の今飲んでも違和感の無いキャラクターに、こういう中長期的な視点でのブレンドの仕込みも行われていたんだなと。メーカーとしての戦略も感じたリリースでした。


以下、余談。
マデュロオリジナルブレンデッドは、公式情報を見ると同ラウンジ以外で飲むことが出来ないように読めますが、ブティックショップにてごく少量一般販売が行われたそうです。
このレビューはそのボトルをウイスキー仲間主催の定例会で頂いたもの。持ち主のミルキーKさんからは、開けたからには掲載してもらうというご希望あり、感謝の気持ちと共に、姿勢を正してテイスティングさせて頂きました。

清里フィールドバレエ 29周年記念 イチローズモルト ジャパニーズブレンデッド 48%

カテゴリ:
IMG_8371
KIYOSATO FIELD BALLET
29th ANNIVERSARY
Ichiro's Malt & Grain
Japanese Blended Whisky 
Bottle No, 368/403
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:豊かな樽香、メープルやキャラメルナッツのような香ばしく甘い香り立ちから、時間経過でドライアプリコットの甘酸っぱさ、シュガースポットの出たバナナ。ほのかにミントの爽やかさも伴う。

味:リッチな樽感を感じる柔らかい口当たり。ウェハスチョコレートやピーナッツの甘みと軽い香ばしさ、濃く入れた紅茶のタンニン、オレンジジャムの甘み。余韻はビターで程よくドライ、微かにハーブや松の樹皮。メローな樽香が鼻腔に抜け、長く続く。

香味ともジャパニーズらしい樽感が主体だが、それが柔らかく多層的にまとまったブレンデッド。熟成した原酒こそのスケール感を感じさせてくれる。
少量加水すると、最初は樽香がギスギスしたような刺激を感じるものの、すぐに穏やかになり、メープルシロップを思わせる熟成したバーボンのような甘い樽香と、ママレードジャムのような甘酸っぱい口当たりも。

IMG_8375

今年もリリースされた、シリーズ第5作目となる清里フィールドバレエ記念ウイスキー。早速テイスティングさせていただきました。
作り手は前作同様、イチローズモルトの肥土伊知郎氏。シリーズ第2作からリリースを継続しているため、イチローズモルトとしては4作目となり、そしてこれが当面最後のリリースとなります。

清里フィールドバレエは、毎年8月に山梨県清里・萌木の村で開催されているバレエの野外公演。
ウイスキーとの関係は特段ありませんでしたが、今から4年前に公演25周年を記念したウイスキーをサントリーの輿水氏が手がけたことから繋がりが生まれ、その後は作り手を変えて1年に1度、公演に合わせた記念ウイスキーのリリースが継続されています。
その中で、伊知郎氏の目標は響30年を越えるウイスキーを作り上げること。フラグシップブランドの如く羽生蒸留所と川崎蒸留所の長期熟成原酒を惜しみなく使い、毎年異なるアプローチを感じさせるブレンドを仕上げていました。

今年はその集大成にして、自信作であるとの話も伺っています。
構成原酒である羽生モルトと川崎グレーンは、熟成期間や環境の関係などから樽感が強く、そのブレンドも基本的には同様のウッディネスとフルボディな構成が軸。
前作、28周年記念はフルーティーさとリッチな樽感に奥行きのバランスが良く、ファーストリリースの25周年とは違うベクトルで完成度の高いウイスキーであったところ。

今作、29周年の基本的な構成は上記の通りなのですが、それが飲み口から余韻にかけて存在感を維持しつつもソフトにまとまって、熟成によって得られた個性が繊細なものまで多層的に楽しめる点に、作り手が目指す形が見えるようです。

(清里フィールドバレエ・アニバーサリー25th、28th、29th。多層的で洗練された美しさを持つ25thに対し、26thからは限られた原酒の中でブレンドとしての完成度を年々上げてきた。)

使われた原酒はモルトが20〜25年熟成、グレーンはより長熟で40年弱といったところでしょうか。樽はホワイトオークの古樽的なウッディネスが強くバーボン、シェリー、プレーン、あるいはコニャックと区別がつきづらいものの、加水が効いてうまくまとまっています。

今回のブレンドを例えるなら、ゆっくりと沈んでゆく夏の夕日のようであり、々しいフィナーレというよりは、 観劇の興奮と終幕の寂しさの中で流れるエンドロールのようでもあります。
原酒のストックが厳しく、既存の組み合わせで作るイチローズモルトのフィールドバレエは今作で最後。ですが、そもそもイチローズモルトのフィールドバレエは26th限りの予定だったところ。リリース後、萌木の村を代表するレストラン・ビール醸造場が火災で全焼する事故が起こり、 しい状況に置かれた萌木の村の活動を後押しするため、27th以降の制作を続け られたというエピソードがあります。

作り手との繋がりを感じるエピソードですが、そのブレンドづくりも今作で区切り。萌木の村としては公演30周年の節目向け、新たな作り手に想いを託してリリースを継続する予定と伺っています。
自分は観客席に身を置き、まさにその観劇を見た心のままに一連の情景を思い返しつつ、また来年の夏の夜の出会いを心待ちにしているのです。

イチローズモルト モルト&グレーン リミテッドエディション ワールドブレンデッド 48%

カテゴリ:
ICHIRO'S MALT
Malt & Grain
World Blended Whisky
Limited Edition
Batch 2
700ml 48%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み@BAR LIVET
時期:開封後1〜2週間程度
暫定評価:★★★★★(5-6)

香り:華やかでドライアップルやアプリコットを思わせるフルーティーさ、微かにハーブ、干し草、乾いた木のアロマを思わせるオーク香。時間経過でツンとした刺激、酸味も伴う。

味:粘性のある口当たり。蜂蜜のかかったクラッカーのような軽い香ばしさを伴うグレーンの甘み、ファイバーパイナップル、ドライアップルを思わせるオークフレーバー。
余韻はドライでウッディな渋み、酸味を伴う麦芽風味と若干の焼酎っぽさも感じられる。

全体的にはオークフレーバーのある内陸スコッチモルトと、グレーンの風味がメイン。特に熟成感のあるグレーンが全体を繋いでまろやかな口当たりであるが、秩父モルトの酸味と若く刺々した主張が相反する要素となって、"混ざっている感"も残る。少量加水すると各原酒に繋がりが出て、バランスがぐっと良くなる。ストレートで構成原酒の主張を楽しんだ後は、加水を試したい。


イチローズモルトがリリースしているウイスキーの中で、物量としては最も飲まれているであろうホワイトラベル"ワールドブレンデッドウイスキー"の上位グレード版が、今年に入りリリースされたリミテッドエディションです。

ワールドブレンデッドウイスキーは、イチローズモルトが自社産のモルト原酒以外に、海外から輸入したモルト原酒、グレーン原酒をブレンドして作るウイスキーです。
ホワイトラベルがリリースされたばかりの頃、輸入原酒に関して特段これという記述はありませんでしたが、数年前に「チチブ ブレンデッドウイスキー」とする表記に変わり、昨年あたりから「ワールドブレンデッドウイスキー」へと名称(説明文)が変わっていきました。

近年のウイスキー業界の流れと照らし合わせると、背景を色々イメージしてしまう時系列でもあります。
ただ、誤解のないように補足すると、そもそもイチローズモルトは蒸留所の見学時やイベントなどの商品説明で、ホワイトラベルは世界5地域で生産される原酒を用いて作られている旨の説明をされてきましたので、それがラベルに反映されたという話でもあります。


日本のウイスキーにおける輸入原酒の使用については、いかに理論的に説明しても、好き嫌いに近い本能的な要素もあって一定数から理解が得られないのは仕方ないことです。
ただ、現在世界的なウイスキーブームで多くの蒸留所が産声をあげ、原酒が作り出されている中。こうしたリリースこそ、ウイスキーづくりの技術がある日本だから出来るブレンデッドウイスキーの一つ。さながら世界の技術の粋を集めて作られる最先端製品の如く、新しい可能性に繋がる区分だと思うのです。

話が脱線してしまいましたが、今回リリースされたリミテッドエディションは、特段情報はありませんが、ノーマルなホワイトラベルに比べてしっかり熟成された原酒が使われているようで、全体的に樽香や熟成感を感じる味わいに仕上がっています。背面ラベルの記載で考えれば、輸入原酒であっても、秩父で追加熟成をしたものも含まれているかもしれません。
平均的な熟成年数は12年くらいでしょうか。香味からざっくり予想するなら、5年くらいの秩父に、10〜20年くらいのグレーン、スコッチモルトなどという構成ではないかなと感じます。

ちなみに、先日発表されたウイスキーマガジン社主催、ワールドウイスキーアワード(WWA)の日本地区審査において、限定品区分のジャパニーズブレンデッドウイスキーでは、このイチローズモルト"ワールドブレンデッドウイスキー"の日本版ともいえる、"ジャパニーズブレンデッドウイスキー"が日本地区のベストウイスキーに選出され、世界審査に進むことが発表されています。
昨年はシングルモルト部門でWWA初戴冠を果たしたイチローズモルト。2年連続の受賞となるか、結果を楽しみに待ちたいと思います。

清里フィールドバレエ 28th イチローズモルト ブレンデッドウイスキー 48%

カテゴリ:
IMG_5015
KIYOSATO FIELD BALLET
28th Anniversary
Ichiro's Malt & Garin Japanese Blended
700ml 48%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1週間以内
評価:★★★★★★★(7)

香り:熟成感を感じる重みのある香り立ち。キャラメルやチョコチップクッキー、ナッツ、杏ジャムの酸味、ハーブの爽やかさ・・・まるで熟成庫の中にいるような多層的なアロマ。時間経過でウッディネス、ハーブを思わせるニュアンスが強くなっていく。

味:とろりとコクのある口当たり、黒砂糖、キャラメリゼしたアーモンドや胡桃の甘みとほろ苦さを感じた後、ドライアプリコット、熟成梅酒、落ち着いた甘酸っぱさからじわじわとタンニンが広がっていく。樽感は強いが決してしつこくない。
余韻は柔らかくドライ、酸味を伴うウッディネスとほのかなえぐみ。滑らかに伸びていく。

クラフトウイスキーとして完成度の高いブレンデッド。熟成感は体感30年ほどだが、それを越える古酒、傾向の違う原酒が使われてバランスが取られている印象もある。羽生らしさと重厚感のある香味、余韻にかけてのまとまり、柔らかさに注目したい。
加水すると飲み口はさらに柔らかく、樽感もおだやかになってポジティブな変化が見られる一方、甘みや果実味が多少犠牲になる。チェイサー片手にストレートで楽しみたい。
IMG_5031

清里、萌木の村で毎年夏に開催されているバレエの野外公演、清里フィールドバレエ。今まさに28年目の公演が行われている最中であり、今年もその公演を記念したウイスキーがリリースされました。

記念ウイスキーのリリースは3年前の25周年から始まり、今作のブレンダーは26周年、27周年に引き続きイチローズモルトの肥土伊知郎氏。
閉鎖蒸留所である羽生蒸留所のモルト原酒と川崎蒸留所のグレーンを使ったブレンデッドウイスキーで、どちらも原酒のストックが非常に少なくなり、もうリリースできないのではないか。。。という話も囁かれる中。貴重な原酒を使ったリリースを継続しているのは、イチローズモルトと萌木の村との結びつきの強さを感じます。

今回のリリース、純粋にブレンデッドとして26周年、27周年以上によく出来ている1本だと思います。
これまでのイチローズモルトによる2作、26周年は長期熟成グレーンのバニラ系のニュアンスが強く、27周年はモルト、樽が強く出て荒々しさも残る構成。
そして今年の28周年は、長期熟成モルトとグレーンがバランス良く調和、これまでと傾向が異なり濃厚でコクがありながら、ともすればしつこくなりがちな味わいが余韻にかけて穏やかにまとまる。
観劇が終幕することへの一抹の寂しさと、後に残るウッディネスがじんじんと興奮の名残のごとく感じられるのです。

勿論、同じ★7評価の中でもこれ以上に綺麗で華やかで、そしてスムーズなブレンデッドウイスキーが他に無いわけではありません。ネガティブな要素も少なからずあります。
ただ、今回のボトルはクラフトやジャパニーズの「らしさ」を備えつつ、多層的な香味として高いレベルでまとまっている点が素直に良さとして感じられるのです。
ウイスキーは時間と環境が育てるものだということを再認識した1杯でした。

IMG_5024

この2017年、萌木の村からはこれで3本もの記念ウイスキーがリリースされたことになりました。
ポールラッシュ生誕120周年のシングルモルトとメーカーズマークがそれぞれ4月と7月に。そしてこのフィールドバレエが8月に。タイミングもあるとは言え凄いペースです。
オーナーであり企画人でもある舩木氏は「清里の奇跡」と表現していましたが、願うだけで奇跡は起きないわけで、きっと様々な苦労や調整があったのだと思います。

清里フィールドバレエ記念ボトルは、サントリーが手掛けた25周年ボトルの、美しく華やかな味わいに始まったストーリーが、中間から後半は様々な動きと伏線が絡まる重々しい内容となり、今年のそれは起承転結で言うフィニッシュ、フィナーレとしてぴったりな内容でした。
順を追うならこの後はカーテンコール・・・。来年はどういったリリースが行われるのか、今から楽しみです。

このページのトップヘ

見出し画像
×