カテゴリ

カテゴリ:ブラドノック

ブラドノック 12年 1985-1997 スコッツセレクション 60%

カテゴリ:
BLADNOCH
Scott's Selection
Aged 12 Years
Distilled 1985
Bottled 1997
750ml 60%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後4年程度
評価:★★★★★(5)

香り:綺麗に樽香の乗った甘い香り立ち。ハニージンジャー、はちみつレモンキャンディ。乾いたウッディネス、ほのかにの乾いた牧草を思わせるニュアンス。奥からフローラルなパフュームがじわじわと開いてくる。

味:お菓子のレモンバームを思わせる甘くほのかな酸味を伴う口当たり。序盤は適度なコクがあってまろやか、麦芽風味も感じられるが徐々にスパイシーな刺激。合わせてソーピーなフレーバーが開く。まさにレモン石鹸。 

開封から時間の経っているボトルで、最初はもう少しフレッシュだった記憶もあるが、全体的なベクトルは変わらない。
ローランドモルトにしては比較的ボディが厚く、そこに"らしい"エッジの鋭いスパイシーさを併せ持っている。
加水するとよりまろやかでソーピーなフレーバーが開き、ますます飲み手を選ぶ構成に。。。


ウイスキー愛好家の間で、当たりボトルが多いと定評のあるスコッツセレクション。リリース元はスペイサイドディスティラリー社で、1980年代はブレンデッドウイスキーの製造を行っていたことから、様々な原酒を買い付けていたようです。

このブラドノック1985は、4年前に自分で購入したもの。
序盤は好ましい樽感や麦芽風味が広がる中、徐々に湧き出てくるパフュームが好みを分ける構成です。
最近はボトルの存在すら忘れ去っていたのですが、先日ウイスキー仲間とスコッツセレクション・ブラドノック1987のフレーバーについて話題となり、久々に飲んでみました。

同氏いわく、ブラドノック1987は樽香の綺麗にのった、パンケーキやクレープを食べているようなウイスキーであると。
対してブラドノック1985は類似の要素はあれど、決定的な違いとしてソーピーなフレーバーがあり、この短期間の間に一体何が。。。
実際このボトルに限らず、ブラドノックはソーピーな ボトルが散見され、1980年代から1990年代蒸留あたり、特に1980年代の原酒に多い印象です。

ブラドノック12年 1987-1999 58.2%

同蒸留所の歴史を振り返ると、1980年代のブラドノックは1983年からベル社主導による設備の近代化が進められていたそうで、1987年にUD社(現ディアジオ)が蒸留所を取得した後も、設備の近代化を引き続き行い、生産量を増やしていたという記録がありました。
この手のフレーバーは設備の近代化や、蒸留設備の汚れなどによって、何かのバランスが崩れた時に出てくることが多い印象があります。
今回の場合、様々なアップデートが施される中で、時にそのフレーバーに振れる製造が行われ、時にはそうでなかったか。あるいはUD社に変わったあたりで、原因だった設備が交換されたか。何れにせよ、この辺りにターニングポイントがあるのかもしれません。

なお、ブラドノックは1993年の休止後、紆余曲折にオーストラリアの企業に買収され、2015年から再稼働のプロセスに入っています。
何気にファンの多い蒸留所でもあり、このブログに写真を提供してくださっているT.Ishihara氏も熱狂的なブラドノッカーその一人。
新生ブラドノックがどのような原酒を生み出すのか、自分も楽しみです。

ブラドノック 23年 1966-1989 ダンイーダン 50.8%

カテゴリ:

BLADNOCH 
DUN EIDEANN 
Aged 23 Years 
Distilled 1966.3 
Bottled 1989.10 
Cask type Sherry 
750ml 50.8% 

グラス:木村硝子
量:30ml以上
場所:個人宅(Whisky linkイベント)、自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:リッチで甘いシェリー香、高貴、充実している。カラメルソース、黒葡萄、ウッディーでほのかに湿った紙を思わせるニュアンス。徐々に麦芽の芯の部分の甘さ、干し藁の香ばしい植物感。少量加水するとドライフルーツを思わせる酸味も開いてくる。

味:粘性のある甘さ、ピリピリと細かい刺激のある口当たり。カラメルソース、レーズンチョコ、皮ごと葡萄を口に含んだようなみずみずしい甘みとほろ苦さ。シェリーの奥にはフローラルで、微かにパフュームライクな要素も感じられる。 余韻はビターでウッディなタンニンを伴い長く続く。少量加水するとシェリーの奥に感じられたフローラルなニュアンスが一つ前に出てくる。


絶滅危惧種のローランドモルト、ブラドノック。。。と聞いてグッとくる人は相当なマニアの部類でしょう(私のウイスキー仲間には一人心当たりがありますがw)。
過去にはUD社の傘下にあったため、花と動物シリーズやレアモルトなどのリリースもあり、今回のボトルを含めて高い評価を受けたものもあります。
では近年はというと、線の細いローランドモルトよろしく、フローラルで草っぽさ、良い方向に行けばレモン系の爽やかなフレーバーが楽しめますが、下手すると所謂パフュームフレーバーまで出てしまうボトルもあり、自分としては率先して飲むことはあまり無い蒸留所です。

そんな中でも「おお!」と驚きと感動があったのが今回のボトル。そう言えばブラドノック1つも掲載してなかったなと、ちょうど良いので掲載します。
最初に飲んだのは3年前のWhiskylinkイベント、その後何度か機会を頂いており、自分の中のベストなブラドノックと言えばこの1本が該当します。

しっとりとした甘みのあるシェリー系、当時のGMなどの多く見られるカラメルソースのような甘みを含んだ系統で、葡萄を皮ごと食べたような瑞々しさ、そこにブラドノックらしいいくつかのフレーバー。余韻は樽由来のウッディネスも程よく効いて、単なるこってり系のシェリーで個性を圧殺したボトルでないのも好印象です。 


ブラドノック蒸留所の歴史は地理的な問題や、不況による需要と供給のバランスなどから順風満帆とは言いがたく、1993年には休止の危機にあったところを、前オーナーによる買収から何とか繋ぎとめられます。(ただその買収もWhisky Magazineの特集によれば「別荘地への転用」目的だったということで、蒸留所を観光資産として利用するプランが無ければ、閉鎖に等しい状況だったとか。)
その後、形式的な蒸留を維持する年間生産量10万リットルを条件とした買収が成立。しかし蒸留再開は2000年まで掛かるなど様々な紆余曲折があったようです。

2009年には新生ブラドノックのオフィシャルボトルである8年モノが販売されましたが、2014年には再び休止状態となり、翌年2015年にはオーストラリアの企業に買収されることが決定し、現在は2017年の蒸留再開に向けて準備中・・・とのことです。
他方で、この準備としては現在の設備を総入れ替えするレベルであるようで、BBCの特集記事には"There will be four stills, new boiler, new mash tuns, new wash backs, it's a very exciting project."とあり、初留、再留の数は1基ずつから2基ずつに。マッシュタンなども変わり、新しいキャラクターに生まれ変わる可能性が大きいとも予想されます。
これもウイスキーブームの産物。同蒸留所の設備は非常に整っていて美しいと聞きますが、新しいブラドノックからどのようなスピリッツが生まれるのか、楽しみにしています。

このページのトップヘ

見出し画像
×