カテゴリ

カテゴリ:ミルトンダフ

ミルトンダフ 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
image
MILTON-DUFF
GLENLIVET
100% Highland Malt Whisky
Aged 12 Years
1970-1980's
750ml 43%

【ブラインドテイスティング】
地域:スペイサイド寄りハイランド内地
蒸留所:グレンバーギー
熟成年数:15〜20年程度
蒸留時期:1990年代
樽:バーボンホグスヘッド主体
度数:46%程度
その他:複数樽が混じった印象、加水もされているか。バランタインの味がする。

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:50ml程度
場所:自宅
時期:開封後半年程度
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:品の良い華やかな香り立ち。ドライパイナップル、白ぶどう、最初はドライなオーク香が主体だが、時間経過でバニラの甘みが充実してくる。

味:華やかでドライな口当たり。麦芽風味と、洋梨や白桃缶のシロップを思わせる甘みが開いた後は乾いた木のえぐみ、微かにピーティーな焦げ感。
余韻はドライで染み込むように細く長く、軽いスパイスの刺激を伴う。


ウイスキー仲間のYさんから頂いたブラインドサンプル。
華やかでドライ、麦芽風味とリフィル系の樽感や微かなスモーキーフレーバーが混じる、ハイランドの中でもスペイサイド寄りの構成。この個体については、非常に状態が良いとも感じる1本です。

今回のテイスティングは迷走しています。
回答に記載したように、香味の中でバランタインに感じる要素を捉え、上記の特徴も感じながら、真っ先に浮かびそうなミルトンダフを思い出さずにグレンバーギーと思い違いして回答。
何をやってるんだ俺は。。。(笑)。

しかし最もやらかしてしまったのは蒸留所でも樽構成でもなく、蒸留年代ですね。
2回に分けてテイスティングをしたのですが、最初にテイスティングした時はオールドっぽい要素を拾ったものの。翌日改めてテイスティングした際、その前に飲んだ別なオールドボトルの影響か、古酒感をあまり感じず、近年で比較的出来の良い複数樽バッティングかなと思ってしまいました。


オールドボトルの特徴として、最もわかりやすいのはヒネ香。特にカラメル添加の強いボトルや、シェリー系の構成だったりするとヒネ香が出やすい印象があります。
ただ、今回のようにヒネ香がほとんどない場合は、樽の影響のないガラスの瓶に入れられていたことでの変化、所謂瓶熟による味わいの慣れ、舌あたりの丸みなどで判断します。
通常の熟成でもこうした要素は出ますが、樽材由来の影響もあわせて濃く、味もドライになっていくので、その関係はどうかというところも見る必要があり。。。何れにせよ経験値が必要となります。

ちなみにこの時代のミルトンダフは、バランタイン12年と同じ形状のボトルを使用しているので、見た目が結構似ています。
当時はまだまだブレンデッド全盛期、日本市場においてもブレンデッドは売れるがシングルモルトは無名の商品。
その中で 抱き合わせで酒販店に売られた事もあったようで、バランタインはなくてもミルトンダフが店頭に並んでいたことがあったのだとか。
バランタインが美味い理由がよくわかる佳酒。流通量はそこそこあったボトルなので、一度は飲んでおきたい1本です。

ミルトンダフ 20年 1965-1985 ムーンインポート 57%

カテゴリ:

MILTONDUFF - GLENLIVET
Moon Import 
20 Collection
Aged 20 Years
Distilled 1965
Bottled 1985
Cask Type Sherry Wood
57% 750ml

グラス:リーデルソムリエ ブルゴーニュグランクリュ
量:30ml強
場所:個人宅(Whisky link イベント)
時期:開封後4~5ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★★(7-8)

香り:トーンの高い香り立ち。リフィルアメリカンオーク系のバニラやカスタードを思わせる甘さ、乾いた麦芽、淡いウッディネスとスモーキーさ、奥にはオレンジリキュールのようなニュアンスもある。

味:香り同様の構成で、ハイトーンな口当たり。カスタードの甘みとほのかに柑橘系のニュアンス、まるでクレープジュゼットのよう。
余韻は華やかな麦芽風味、乾いた木のウッディネス、序盤からの甘み、フレーバーを伴い高く抜けていく。


ラベルだけでもただならぬ雰囲気を醸し出している1本。バッティングでハイプルーフ、そして 1960年代蒸留の20年熟成、コアなモルトファン垂涎のスペックで、否応なしに期待が高まります。

シェリーウッド表記ですが、使われたのはおそらくアメリカンホワイトオークのリフィルシェリーバットを2~3樽でしょうか。
シェリー樽の由来の色の濃い甘みではなくハイトーンな構成で、ボトリング後30年という時間が経過してなお、古酒を思わせる角の取れ具合に加えて生き生きとした酒質の強さ、パワーを感じます。
ボトリング直後は相当なやんちゃで、今ようやく飲み頃を迎え始めたという感じでしょうか。大ぶりなグラスで一気に開かせると、華やかなモルティーさとカスタードやクレープのような甘みが感じられ、そのポテンシャルには感服の一言です。

本ボトルはGWに開催されたWhisky linkイベントでのテイスティング。
ミルトンダフが使われているブレンデッドというとバランタインですが、昔のバランタインを支えていたであろう華やかな酒質の由来はここにあるのだと、ブレンデッドを飲むことが多い自分は、当時のバランタインとの共通点を特に感じました。

このページのトップヘ

見出し画像
×