カテゴリ

カテゴリ:セントマグデラン

リンリスゴー 25年 62.4% ウイスキーエクスチェンジ

カテゴリ:
LINLITHGOW
The Whisky Exchange
Aged 25 years
Distilled 1982
700ml 62.4%

グラス:リーデル
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(カームバー)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6ー7)

香り:ツンとハイトーンな香り立ち、鼻腔を刺激するアルコール感。生焼けホットケーキの生地、麦芽、微かにバニラと青っぽいニュアンスも感じられる。グラスの残り香はムワッとする麦芽香。

味:とろりとした口当たり、香り同様にハイトーンで強い刺激があるが麦芽系のニュアンスが強く、時間経過でバニラ、洋梨の甘みも開いてくる。またシトラスを思わせる爽やかさもある。
余韻はスパイシーでハイトーン、ややドライ。麦芽風味と微かな草っぽさを伴い長く続く。

口当たりは強く、3回蒸留のエッジの立ったローランドらしい香味。一方で麦感をベースとした濃さがあり、加水すると刺激が収まって一体感のある味わいに。ストレートでらしさを感じた後はぜひ少量加水も。


正直、良い印象のないリンリスゴー(セントマグデラン)の1980年代。
ただでさえこれというボトルに出会ったことがない蒸留所であるだけでなく、それも1982年蒸留で閉鎖間際の暗黒時代です。
個人的に"盛りコメ"ボトルの中でも盛大な盛りっぷりと感じるインプレッシブカスクのセントマグデラン25年とほぼ同スペックで、食指の伸びないリリースだったのですが・・・。
つい先日、帰省と合わせて普段伺わないBARに来店したところ、直近抜栓した中でのオススメボトルとのことで注文してみました。

IMG_3840
(京都カームバーのバックバーの一部。周囲をボトルに囲まれる配置、これは探り応えがある。。。)

ラベルのセンスが光る、2007年にウイスキーエクスチェンジがリリースしたちょい古ボトル。
一口飲むと麦系の厚みがしっかりとあり、アタックは強いがバランスは決して悪くない。思わずボトルスペックを忘れて1970年代蒸留かな?とか思ってしまいました。
樽はおそらくリフィルシェリー系でしょうか、あまり主張する感じはありませんが、品の良い果実味と爽やかさで、3回蒸留でありながら強くでている麦芽系の風味をアシストしています。

欲を言えば、もう少し果実味が強ければ★7確定でも良い、高まるモルトウイスキーだったろうなと思うのですが、この手の麦芽風味がしっかりあるモルトも最近貴重になってきたところ。逆にこうした熟成感から、乾いた木材のようなニュアンスが強くで過ぎていない点が、バランスの良さに繋がっているとも言えます。
こういうボトルは、まだ暫く寝かせておいても面白そうです。

ボトリングから約10年が経過し、度数と酒質由来のアタックの強さも多少丸くなっているのか、将来性も感じられた今回のテイスティング。
後10年、20年くらいは酒質的に問題ないと思いますが(コルクは気化したアルコールでやられる懸念がありますが)、現時点でも、往年のモルトウイスキーファンの琴線に響く1本だと思います。

セントマグデラン 33年 1975-2008 GM スピリットオブスコットランド

カテゴリ:
image
ST MAGDALENE
Spirit of Scotland
Aged 33 Years
Distilled 1975
Bottled 2008
Cask type Refill Sherry Hogshead
47.5% 700ml

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(個人イベント)
時期:開封後1ヶ月以内
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ハイトーンでクリア、ほのかな草っぽさを伴う香り立ち。ツンとしたエッジのあるオーク香、徐々に華やかな樽感主体のアロマに変化する。

味:少し紙っぽい口当たり、オーキーで華やかなフルーティーさ、ドライアップル、洋梨、そして程よいシェリー感。ボディはクリアで香り同様樽感主体な味わい。余韻はドライで華やか、強く水分が奪われていく。


先日中野ハイランダーインで開催された、個人主催イベントでのテイスティング。
GMリリースの日本JIS向け、スピリッツオブスコットランド。このシリーズはロングモーンといい名品が多い印象があり、このセントマグデランもひそかに気になっていました。

というのもセントマグデランは「これ!」というボトルに出会ったことが無く、自分の中であまり良い印象の無い蒸留所でした。
それがこのボトルは好ましいフルーティーさ、シェリー感があり、流石SOSブランド、そして70年代、「結構イケるやん」と見直した・・・のですが、冷静に考えると結局樽感ありきの話で、酒質由来の部分は相変わらずなんですよね。
樽感の奥にあるのは、ローランドらしいクリアでほのかに草木のようなニュアンスがある、ひっそりとした個性の酒質、好きな人はともかく、自分はいまひとつ高まりきりませんでした。

セントマグデランは1983年に閉鎖され、現在は蒸留所の建物だけがアパートに利用されています。
蒸留所名称の由来は、リンリスゴーの街にある古い十字架のこと。稼動当時からブレンド向けに原酒が生産されていたため、ウイスキー不況のあおりを受けて規模縮小、閉鎖となったようです。
最近はウイスキーの需要増を受けてローランドも新蒸留所稼働など復権の兆しがあるようですが、歴史はまた繰り返すんでしょうね。

このページのトップヘ

見出し画像
×