カテゴリ:
 
AILSA BAY
Single malt scotch whisky
(No Aged)
PPPM 21
SPPM 11
700ml 48.9%

グラス:SK2、創吉テイスティング
量:100ml程度(シェア購入)
場所:自宅
時期:開封後2週間程度
評価:★★★★(4)

香り:ピーティーで若い酸味の混じる麦芽香、ハッカ、スワリングしていると淡い消毒臭、時間経過でシロップの甘みと根菜のアクやエグみを思わせる植物感が開いてくる。樽感は淡く、奥行きや複雑さはあまり感じない。

味:水っぽい飲み口からエッジの立った口当たり。じわじわと土っぽいピーティーさ、根菜、ニガリを思わせるえぐみと苦味に加え、ビスケットを思わせる甘み、塩気も少し感じられる。
余韻はピーティーで植物系の苦味が強くなっていく。香り同様、若さをピートで補っている印象で、熟成感は弱く酒質もプレーンであり複雑さもあまり感じれない。


ウィリアムグラント社が、2007年に新設した第4蒸留所、アイルサベイ。そのファーストリリースです。
本蒸留所はグレンフィデックの兄弟蒸留所に当たり、その他にもバルヴェニー、そしてキニンヴィが有名です。
中でもキニンヴィは、原酒がほぼ100%ブレンド用であるため、飲めない蒸留所として知られているわけですが、グラント社はここにきてもう一つ、シングルモルトマニア注目の蒸留所を追加してきたわけです。
「どうせまた飲めない蒸留所だろ」とあまり意識もしていませんでしたが、どうやら昨今のブームを受けてシングルモルトも展開されていくようで、ウイスキー仲間との海外直接購入であっさり飲む機会に恵まれてしまいました。

アイルサベイ蒸留所は、ウィリアムグラント社がローランドに所有するグレーン工場、ガーヴァン蒸留所の敷地内に建設されており、位置づけ的にはローランドモルトに分類されます。また、ガーヴァン敷地内の建設場所はレディバーン蒸留所の跡地でもあり、閉鎖、グレーン蒸留所も含めると、アイルサベイはウィリアムグラント社の第6蒸留所であるとも言えます。
ローランドモルトとしては珍しくピーテッドタイプで仕込まれており、ピートレベルはブルイックラディ(ポートシャーロット)とほぼ同じ21PPM。もう一つの指標となるSPPM(Sweet Parts Per Million)は独自の表現方法で、甘味のレベルを意味するようです。
SPPMは比較対象がないため、現時点であまり意味はないですが、今後同社の製品に統一して使用されるなら面白い試みだと思います。


前置きが長くなってしまいましたが、今回のボトルは、そもそも最長で8年熟成というところ。味に奥行きがなく単調気味な構成となっています。
同蒸留所では、ニューメイクスピリッツを、一度ハドソンベイバーボンと呼ばれる25~100リットル程度の小さい樽に詰め、6~9ヶ月間熟成させて味を濃縮させ、その後ボトリングまでの期間をファーストフィルかセカンドフィルのバーボンバレルで熟成するという、一般的に行われている熟成方法とは逆の工夫もされているようです。しかし今回のボトルでは、メーカーコメントほどの樽感は感じられず、全体的に淡い仕上がりとなっているところ。土っぽいピーティーさと植物系のニュアンスの混じる根菜のような風味が主体で、若さはピートで中和されてなんとか飲めるかなというレベルの仕上がりです。他の蒸留所で例えるなら、近年の若いレダイグに似ている部分があるかなという印象も持ちました。

ハイボールにすると消毒液のようなアロマが強く立ってきます。飲み口はすっきり、その中に香ばしさも感じられ、やっぱりピーティーなモルトは炭酸との相性が良いんだなと思う反面、これじゃなくても良いように思うのは・・・。
今回はファーストリリースですし、旨さというより際立った個性を楽しむボトルだなと整理。面白い原酒がラインナップに加わったと思います。ブレンドの観点では原酒の幅が増えるのは良いことですし、今後のアイルサベイ並びにウィリアムグラント社の展開が楽しみです。