カテゴリ

カテゴリ:ブレアソール

ブレアソール 28年 1988-2016 徳川家康 戦国武将シリーズ 47.3%

カテゴリ:
BLAIR ATHOL
Tokugawa Ieyasu
Aged 28 Years
Distilled 1988
Bottled 2016
700ml 47.3%

グラス:サントリーテイスティング
場所:BAR飲み(GOSSE@目黒)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:華やかでドライなオーク香、乾いた木のエッジの立った香り立ちに、バニラ、白葡萄、洋梨の甘いアロマ。徐々にケミカルでオイリーなニュアンスも感じられる。

味:口当たりはスムーズでドライ、香り同様にオークフレーバー主体でバニラや熟した洋梨の甘みから、ケミカルでオイリーなニュアンス。駄菓子屋のキャンディのような甘さも伴う。
余韻はドライでケミカル。乾いたウッディネスが舌に染み込む。

樽構成は不明ながら、度数や樽感からリフィルホグスヘッドと思われる1本。28年でボトリング本数90本はいささか少なく、ひと樽のうち一部をボトリングしたものと推察。
加水すると華やかさは変わらないがドライな要素が軽減されるものの、水っぽさが強くなりやすい模様。

WLN発起人にして、カメラマンの佐々木氏が企画している戦国武将シリーズ。初期リリースは名古屋を中心にごく少量リリースされるのみでしたが、リリースを重ねる毎に日本中に広まり、直近リリースのいくつかは酒販店等でも見かけるようになりました。

今回の徳川家康はその最新リリースとなるボトルで、先日開催されたWLN(ウイスキー・ラヴァーズ・名古屋)に合わせてリリースされた1本。
同シリーズについては流通地域の違いから飲む機会がほぼなかったことと、失礼を承知で本音を書けば、最近増えた所謂ラベル買い狙いのボトルだと、あまり興味を持てなかった心も少なからずありました。
しかし飲んでみると中々どうして、ホグスヘッド系のバニラやオークフレーバーに、酒質由来のケミカルなニュアンスが混じり、キャッチーなフルーティーさが光る、良い感じに仕上がってるボトルなのです。
勧めてくださったGosseの油井さん、ありがとうございます。

カスクの選定とボトリングにあたっては、ウイスキーテイスターの山岡氏と、ドイツの超有名ボトラーである、ウィスキーフェア、ウィスキーエージェンシーのカーステン氏が協力していることから、同ボトラーズ所有の原酒と推察するのが自然な流れ。
特にこのホグスヘッド系でいかにもなフルーティーさは、魔法の液体を使っているとも度々噂される、ドイツ系ボトラーズなら納得の構成です。

なお、なんでブレアソールで徳川家康やねんという疑問については、裏ラベルに解説がありますので、そちらをご参照ください。

ブレアソール 26年 1998年蒸留 シグナトリー 59.6% ワイントリーテッドバット

カテゴリ:
BLAIR ATHOL 
Signatory Vintage 
Aged 26 Years 
Distilled 1988 
Bottled 2015 
Matured in a Wine Treated Butt 
700ml 59.6% 
 
グラス:創吉テイスティング
量:20ml程度
場所:BAR(Ambrosia)
時期:開封2~3か月経過
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:ほのかな酸味を伴うドライなシェリー香。梅酒、イチジク、黒砂糖やかりんとう、香ばしい麦芽のアロマ。徐々に生木っぽい香りもあるが、強くは感じない。
高度数のためかベタつきは少なく、高いトーンで続いて行く。

味:粘性のある口当たり、かりんとう、プルーンを思わせる香ばしい黒砂糖系の甘さとほのかな酸味。ウッディでスパイシー、微かに硫黄のニュアンスも感じられる。
余韻はビターチョコレートの甘み、ヘーゼルナッツ、やや強めのアルコール感でヒリヒリする。
 
先日のTWDの合間、これ、どう思いますか?と出されたブラインドテイスティング
「どう思いますか?」の意図を測りきれず、予想蒸留所(モートラック)と簡単な感想しか伝えられなかったことは、少々申し訳なく思っているところ。
というのもこのボトル、"Matured in a Wine Treated Butt"という特殊なシェリー樽で熟成されたボトルで、言ってみれば今のシェリー感との違いを問われていたわけです。
 
ワイントリーテッドバットとは何かというと・・・武蔵屋さんのサイトにわかりやすい説明がありましたので引用します。
"古い樽にPaxarette (パクサレット)と言われる度数の高いシェリーを詰めてリフレッシュさせた樽のことです。スコッチ業界では1990年にその行為は禁止されました。"
https://www.musashiya-net.co.jp/products/detail.php?product_id=10575

早い話が、樽感の抜けた使い古しの樽に、濃く甘いシェリーを入れて再度シーズニング(というかリンス)し、シェリー感をエンチャントして熟成させているわけです。
製法だけ聞くと、樽材由来の木香は控えめになって、純粋にシェリーの香味が強調されてきそうですが、実際は混ぜている形に近かったという話。
これはオールドボトル(特にオールドブレンデッド)とも関係のある話ですが、それはまた後日まとめるとして。。。
 
今回のボトルはどうだったかというと、まぁ普通にファーストフィルシェリーと言われればわからないレベルのシェリー感。ほんの少し硫黄も感じましたが、全体的にはそんなに悪くない仕上がりだと思います。ベースにあるシェリー樽が、そこまで出がらしではなかったのかもしれません。
ネット市場の在庫を見ると、1988ビンテージのブレアソール&ワイントリーテッドバットのボトルはいくつかリリースされている中で、このシグナトリーのカスクストレングスだけは売れ残ってるんですね。
他のボトルはまた違うのか。BAR等で見かけたら試してみたいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×