カテゴリ

カテゴリ:本・グラス・ウイスキー関連グッズ

テイスティングに関する連載 第2回 テイスティングの基本

カテゴリ:


ACCETORYさんで不定期連載中の「自宅で嗜むテイスティング入門」
その第2回としてテイスティングの基本的な流れをまとめた記事を掲載しました。

自宅で嗜むテイスティング入門(2)
テイスティングの基本

<構成内容>
・ウイスキーのサーブと注ぐ量
・香味の判別として意識すべき要素
・テイスティングの基本的な流れ
・チェイサーと加水


前回は前置き的な内容から、テイスティングの際に準備したい最低限のツールを紹介し、テイスティンググラスを使ってウイスキーの個性を意識しながら飲んでみましょう、という記事を掲載しました。
ただ、何もわからないままで「個性を意識して飲め!」というのも、気合いで空を飛べレベルの根性論と変わらないワケで、今回はテイスティングの流れの中で意識すべき点をいくつか紹介しています。

最初はテイスティングの流れだけまとめる予定でしたが、いざ書き始めてみるとどんどん量が増えてしまい、若干冗長気味な部分もあってこのボリュームに(第一回3000文字、第2回3600文字・・・)。
チェイサーに関する部分とかは分けて書いても良かったかなあ、でもテイスティングのステップで水を飲まないのも不自然だし、色々葛藤して書いては削りをくりかえしました。
次回からは"樽"にフォーカスし、色合い、香味の違いなど、ウイスキーのテイスティングで重要となる要素を、代表的なボトルを紹介しながらまとめていきます。
第3回はバーボン樽、第4回はシェリー樽、第5回は新樽やその他とする予定。樽がひと段落したら、ピートや麦芽風味など原料由来の香味に触れていきますか。後はもう一歩踏み込むためのグラス選びなども、紹介していきたいですね。


自分の考えをこうして記事にまとめてみると、頭の中に構成はあっても、モヤっとした部分も少なからずあるため、「あれ、ここはどうだったかな」といい意味での復習や、教えることによって教えられるような、非常に良い経験になっています。
例えば今回はテイスティングにおいて、どれくらい口に含んでいるのかを、1回毎にグラス重量を計量して確認してみたのですが、1〜2mlと極少量で安定していたのは計って始めてわかったことでした。

記事のほうは2週間毎で1本くらい掲載出来ればいいかなと思っていましたが、1ヶ月間が空いてしまいました。
週刊漫画の連載とかホントスゲーなって思います。
ただ今回は諸々の手続きがあって遅れた部分もあるため、第3回以降はもう少し早く掲載できると思います。
皆様、ACCETORYさんの記事もよろしくお願いします。


日本初のウイスキーアプリ誕生! ハイドアウトクラブ を使ってみた

カテゴリ:
先日、株式会社ハイドアウトクラブから、ウイスキーのテイスティング記録や情報交換等ができるiphone(iPad)向け無料アプリ「HIDEOUT CLUB」の先行公開が始まったので、早速使ってみました。 

結論から言うと、先行公開時点ということもあり記録アプリとしての使い勝手は及第点。 フェイスブックに近い形式のため、今後はその差別化が急務かなと。
投稿された内容の検索・統計機能の充実など、幾つか改善点が残されていますが、今後の展開次第では、ウイスキードリンカーご用達のアプリになる可能性も秘めていると思います。

 
HIDEOUT CLUB
https://hideoutclub.jp/
日本初!ウイスキー特化のコミュニティアプリ『HIDEOUT CLUB』がローンチ! 
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000017245.html

プレスリリースに書かれているように、ウイスキーの記録アプリは海外版が主流で、現在開発・公開されている国内向けのアプリはありませんでした。(以前はあったようですが、今は開発がストップしてしまっているようです。)
元々仲間内で、直感的に操作できるウイスキーの記録アプリを作れればと意見交換をしていた中で、今回のアプリの公開。早速インストール・・・と思ったら手持ちのiphoneがiOS9.0以上にアップグレードされてなくて、まずはそこから・・・とやきもき時間を過ごしてインストール終了。
いくつかマイナーな不具合があって「ウーン」となっていますが、それもアプリのためガマンします。


1.ユーザー登録
完全に独立したアプリかと思いきや、お約束のFacebook連携はされていました。
これについては賛否あるので、個別で登録するのも良いですし、Facebook IDでログインするもよし。
少なくとも使い勝手をまとめる今回の記事の本流ではないので、その議論は割愛します。

2.記録してみる
このアプリの主な機能は「飲んだウイスキーの情報を記録して管理できる」ことにあり、そこからデータベースを構築したり、ユーザー間の交流に繋がっていくのがメインの流れとなる模様。
早速先日飲んだばかりの「グレンリベット・ファウンダーズリザーブ」を登録してみます。 

 

操作は悩まず直感的に進められるフォーマットで、iPhoneの画像フォルダから写真をアップし、ボトル名称と評価を登録。コメント、諸情報は必要に応じて入力する形式です。
これが思いのほかさくさく進んで、飲んでいる合間でも登録できそうなほど。
ボトル名称は選択式で、ボトラーズなども含まれるため色々候補が出てきます。今回はオーソドックスなグレンリベットだけに、いきなりマニアックなものがドカッと出てきました。
自分のような飲み手は問題ないでしょうけど、普通の人だと驚いちゃいそうなラインナップです。
(このボトルラインナップがどういう基準で並んでいるのかも、ちょっと謎です。)



ニューリリースやマニアックなボトル等、アプリ側に登録されていないボトルはユーザーサイドからの新規登録が必要になります。
ただ、ボトル情報は思いのほか多く登録されているため、通常利用する上で新規登録画面に当たることはあまりなさそうです。
ありがちなのが日本語的な読み方の違いで、結果が出てこないこと。今回のボトルなら、「リザーブ」と「リザーヴ」の2種類の読み方が一般的。しかし重複して新規登録されても、英語表記によって統一する整理がサーバー上ではされているようです。 
検索しても出てこない場合は、英語表記を入力するなど、工夫してみると良いかもしれません。

 
 
スコアは5.0が基準になって、そこから0.1点刻みで0~10点までの間で評価します。 0点は低評価、10点は高評価で、特にそれ以外の基準は設けられていないようです。
テイスティングコメントや、バックストーリー等は選択式ではなく、ユーザー側で手入力する方式。記録アプリとしては原始的ですが、その分浅くも深くも使える形になっています。
これら評価やコメントと合わせて「一緒に飲んだ友人」「飲んだ場所」の登録も可能です。
BAR飲みの場合は「このBARにこのボトルがある」という検索指標に使えますから、情報が集まってくれば飲みたいボトルを探すときに効果を発揮しそうです。 

また、本アプリは「個人の記録用」で使う目的にも対応するため、プライベートモードの有無も選択できるようになっています。公開前にチェックすれば、後述するフィード上にアップロードされないため、自分の記録用ツールとしても使用可能です。
数多く飲むとついつい忘れがちな、いつ、どこで、何を飲んで、それはどんな香味だったのかを、ボトルの写真付きで整理できるのは、これだけで結構便利だと思います。(後は検索、統計機能が充実したら最高です。)


3.交流する
このアプリはウイスキー特化の交流アプリでもあるため、ボトルの情報蓄積だけではなく、他ユーザーとの交流もサービスに含まれています。
先ほど投稿したボトル情報は、非公開にしなければフィードに展開され、それがきっかけになるイメージ。 
ここではフォロー機能に加え、コメントやイイネ系の機能等もあり、Facebookのタイムラインと同様の構造ですが、ウイスキーアプリらしくボトル毎に連携も取れる作りになっています。
ラックやフィード上の投稿の右下、「ボトル詳細」を開くと、ボトルのスペックや他の人の評価を閲覧出来ます。
本アプリは公開されて日も浅く、特定のボトル以外はまだ連携した評価を見れませんが、フィード上には徐々にボトルが投稿されつつあり、今後は飲んだボトルの情報交換にも一役買ってくれそうです。

 


4.課題や改善点について
アプリの基本的な流れを経験してみましたが、デザインはシンプルで、アプリの主たる機能の記録、管理、共有のうち、特に記録機能は直感的に操作が出来る完成度。最低限楽しんでいけるレベルの整備がされています。
一方、今のままではFacebook寄りのシステム過ぎるため、このアプリを使う強みがもう少しほしいところです。 
今後実装されてくるのだと思いますが、投稿されているボトルやBAR等の検索機能は最低限欲しいですし、テイスティングのまとめ方の工夫(数値化、イラストでの表現、地域での分類)や、個人の管理向けで点数や好みの傾向など、統計分析機能もあると嬉しいですね。

(テイスティング表現の一例、ウイスキーエクスチェンジから引用。)

また、雑談的な投稿やウイスキー以外のPR(例えば本やグッズの投稿、イベント開催など)をどう整理するかはポイントになりそうだと感じます。
雑談投稿が増えることは悪いことではありませんが、次第に"友の会"的になっていき、ボトルの記録が薄くなる恐れもあります。
交流アプリの側面もあるため何でもアリというのも考え方ですが、自分としては「ウイスキーの記録がメイン、そこから交流を広げるアプリである」として、ボトルの中身を記録しない投稿はバッサリ切ったほうが、Facebookと差別化出来ていいのかなと。 
登録ボトルの意図しない重複や、オールドボトルの整理なども今後課題になりそうですが、まだ先行公開ですのでそうした課題については触れず、様子を見ていきたいと思います。


その他の疑問としては、アプリの制作は慈善事業ではなく、ビジネスありきの話であり、今後ハイドアウトクラブ社がどのようにマネタイズするつもりなのかも気になりました。
利用規約を見ると、アプリの利用者は"投稿内容に関する著作権上の権利について、同社が無償で利用することを承諾する"旨の、食べログなどにも見られる記述もありますので、ウイスキーに関する多角的な情報を集約することで、今後の活動に繋げていく計画なのかもしれません。 
それこそ食べログみたいに情報が集まれば、ユーザーが選ぶボトル100選なんて企画も出来そうです。
しかしこの著作権の記述に関しては、現在ウイスキー関連で商業的な活動をされている方、将来なんらかの活動を展開しようとしている方々にとって、アプリ利用の障害になりえる可能性もあります。
ハイドアウトクラブさんは本アプリに関するPRを、3月6日のボトラーズフェスティバルでもブース出展して行う予定であるとのことで、この辺の話も含めてぜひ色々聞いてみたいと思います。

日本のウイスキー界にやっと登場したウイスキーアプリ。
いちウイスキー愛好家として、まずはその誕生を歓迎すると共に、今後の展開にも注目していきます。
(※掲載の情報は2016年2月22日時点までのものです。)

ウイスキーを知りたい、学びたい人にオススメの本(下)

カテゴリ:

引き続き、ウイスキー関連書籍の紹介です。(前編はこちらからどうぞ。)
まず前置きとして、この特集で選定した書籍にはムック系や単発の雑誌が含まれていません。
これは全ての本がそうだとは言いませんが、編集や監修がいい加減、あるいは情報の偏りが大きかったりで、帯に短し襷に長しという中途半端な内容のものが多いためです。
最初はとっつきやすいかもしれませんが、特段目新しい情報もなく、すぐ本棚で埃をかぶる運命にあるように感じます。
それでも「本当にウイスキーのことがわからないので、何でもいいからキッカケを作りたい」という人は、少々古い本ですが"知識ゼロからのシングルモルト&ウイスキー入門(古谷三敏著)"が、ウイスキーに関する基本的な知識と、一般的な銘柄に関する情報がバランスよくまとめられているように思います。
  51vJ0tTD5BL__SX350_BO1,204,203,200_

中古も安く手に入りますし、漫画レモンハートの内容がベースなので初心者でもわかりやすい。「ブレンダーの気合を感じるぜ」とか、一言で銘柄のPRがされているのも、広報的観点で見て理にかなっています。
こうした入門系の書籍は他にも色々ありますが、もう一つ候補を出すなら土屋守著の「ウイスキー完全バイブル」が、2015年11月発売で情報が新しく、初心者向けで今後の指針にもなる構成となっています。
前者はイラスト系で、後者は実写中心。どちらを好まれるかは読み手次第ですね。
ただし入門書1冊でカバーできる範囲は限られており、あくまで入門のキッカケづくり程度に考えてもらえればと思います。この手の入門書は1冊買えば十分です。
 
2.製法関連の情報を知りたい方へ
・熟成の神秘にフォーカスした入門書。「ウイスキーの科学」
・面白味はないが勉強にはなる。「ウイスキーコニサー資格認定試験教本」
 
ウイスキーの製法を知りたいという場合、大体の書籍には「お約束」的な情報が書かれているため、それこそ前編1.に上げた書籍や上述の入門書が1冊でもあれば、基礎の基礎は十分と言えます。ネットで調べても良いくらいです。
しかしそれ以上に踏み込んでウイスキーの製法、蒸留や熟成のなんたるかを学びたいとなると、かなり専門性が高くなります。
そうした踏み込んだ内容がまとめられたものは、「ウイスキーの科学」がまず挙げられます。
同書籍は、サントリーで貯蔵・熟成の研究に携わった経歴を持つ古賀 邦正氏が執筆。
全体の構成は熟成のメカニズムに重きが置かれていますが、ウイスキーの製造工程全般について詳しい解説と分析がされており、ウイスキーを知りたいという方の琴線をさらに刺激してくれると思います。
 
そしてもう1冊が「ウイスキーコニサー資格試験教本」。
ウイスキーコニサー試験を受けるにしろ受けないにしろ、ウイスキー全般に関する情報が網羅されており、当然蒸留に関する記述も通常の書籍より詳しく書かれています。ウイスキーブームで試験制度も活発になり、毎年リニューアルされているため情報の新しさもある程度担保されている。かつて自分も1冊買いました。
ただ、教本であるため中身はストイックさが強く、参考にするというより「勉強したい」という意欲がある方向けです。少なくとも自分にとってはウイスキー飲みながら読んで楽しむって感じではないですね。


3.マニアックな知識を求める方へ
・ウイスキー関連の歴史を知りたい方に。「ウイスキー起源への旅」
・ついに出た一冊、しかしここまでの情報が必要かは謎。「バーボンの歴史」
・オールド愛好家のバイブル。「スコッチオデッセイ」
 
この3冊は、それぞれの分野に特に深くハマった人向け、あるいはハマっていきたい人向けと言えます。
例えばウイスキーの歴史は、これまで挙げた書籍の中で簡単な解説などは必ずされており、ウイスキーを飲んでいく上で通常困らない範囲の知識は得られると感じています。
しかしそこから更に踏み込みたい場合は「ウイスキー起源への旅」が、勉強もさることながら読み物としても良いかもしれません。
もっとライトにウイスキー関連の歴史を知りたい場合は「ウイスキーの歴史(ケビン・R・コザー著)」がまとまっている印象を受けます。単純に読み物としてだけなら「もし僕らの言葉がウイスキーであったなら(村上春樹著)」も有名ですね。
  51oGLmcpJTL__SX344_BO1,204,203,200_
「バーボンの歴史(リード ミーテンビュラー著)」、「スコッチオデッセイ(盛岡スコッチハウス著)」は、その手の分野に興味が無ければなんのこっちゃという内容ですが、そちらの道に進まれる場合はまさにバイブルと言えます。
「バーボンの歴史」は、2016年1月に発売されたばかりのバリバリの新刊。これまで単体で取り上げられることの少なかったバーボンを、製法から歴史までここまでやるか?というくらい深く掘り下げており、愛好家御用達の1冊になりそうです。(自分もまだ全部読めてません。)
オールドボトルに興味が出てきたら、「スコッチオデッセイ」は一冊あって損なしです。
主に1971年から1989年前後で流通したスコッチウイスキーを、製造会社別にエピソードや構成原酒と合わせて紹介しています。書かれている内容は必要最低限ですが、これまで昔の「世界の洋酒事典」等を開いて調べなければならなかったことが1冊に凝縮されている、まさに道しるべです。
また、ウイスキー全般、ラベルに様々な歴史と情報が込められています。
それらに興味をもたれた方は、スコッチオデッセイと合わせて「スコッチ・ウイスキー物語 ラベルに読む英国の歴史(森護著)」が良い参考書になると思います。

 
長くなってしまいましたが、自分がこれまで読んできた書籍を中心に、これからウイスキーを学びたいという人向けの書籍をまとめさせてもらいました。
選定に関しては賛否両論あるかと思いますが、ウイスキーそのものの特集は数多くある中で、書籍の特集はあまり見られなかったこともあり、自分なりに参考になる(長く使っていける)かなと思うところを集めたつもりです。
ちなみに自分は飲み始め当初、コレクターのように書籍を買いあさった時期がありました。
しかし、情報の重複も多く、結局参考にする本は限られてしまいました。
ジムマーレイのウイスキーバイブルや、マイケルジャクソンのウイスキーエンサイクロペディア、ザガッティーのコレクションブックとかもありますが、いまや特にページを開くこともなく、本棚で埃被っちゃってますね(笑)。
なので、「これからウイスキーを勉強したい、右も左もわからない」という方は、入門書を1冊、そして後は1.で紹介したところから1冊買われて、後は知識欲に応じて2.、3.あたりから揃えていくのが良いのかなと感じます。
なお、これは取り上げた方が良いんじゃないか、という本が他にありましたら教えて頂けますと幸いです。

ウイスキーを知りたい、学びたい人にオススメの本(上)

カテゴリ:
ここ最近、ブームの影響もあってウイスキー関連の書籍が随分増えました。アマゾンで「ウイスキー」と検索したところ、ムックや雑誌を除いた新書、単行本だけで300件以上。もっともウイスキーに関係ない書籍も引っかかっているため、「参考書」と言えるものかつ、比較的近年のモノに絞るとだいぶ数は少なくなりますが、それでも50冊程度は該当書籍がある状況です。
ワインに比べれば圧倒的少数ですが、自分が「ウイスキーを知りたい」と手を伸ばした2009年頃に比べ、日に日に増えている事は言うまでもなく。店頭に並ぶ数が少なかった当時ですら、何を買うか悩んだわけですから、今からウイスキーを勉強しようとしている方の心中は察するに余りあるほどです。
 
というわけで、今回はそうした方向けに、この辺買っておけば長く使えるんじゃないか、と思う本を用途別に紹介していきます。
ネット上が多くの情報であふれている昨今は、ちょっと調べれば断片的な情報は多数見つかりますが、それらを繋ぎ合せるには、専門書籍によってまとめられた知識の後押しが必要です。
残念ながらウイスキー分野において1冊ですべての用途をカバーする書籍はないため、目的に応じて2冊、3冊と購入していくのが一番かなと感じます。また、本ブログはスコッチ・ジャパニーズタイプのウイスキーがメインであるため、選定もその色を強くしています。
 
 
1.蒸留所や銘柄を知りたい
・やっぱり偉大。「シングルモルトウイスキー大全」「ブレンデッドウイスキー大全」
・ビジュアル豊富、初心者向けで長く使える。「男のスコッチウイスキー講座」
・ボトル毎のレビューが豊富で見ごたえあり。「世界ウイスキー大図鑑」
 
ウイスキーに興味を持ち、どんな蒸留所があるのか、その素性を知りたい、と思う人は多いはず。そうした時にまず第一候補となる書籍が、土屋守著の大全シリーズ。ブレンドのほうは興味があればですが、ウイスキーの道を歩く上で、シングルモルト大全(初版1996年、第3版2009年発行)は、1冊あって損はないと感じます。

もちろん書かれている内容は全てではなく、割愛されてしまった歴史などもあります。
しかしこの本が発売されるまで、包括的に蒸留所の情報をまとめた書籍は日本に無く、同書による日本のウイスキー業界への貢献は計り知れません。
初版が発売されたころはスマホで調べるなんてことも出来ない時代、蒸留所を訪問するにも所在地を調べることが最大のネックで、この書籍片手に蒸留所めぐりをした関係者も多いとか。現在の第三版は2009年発売で、そろそろリニューアルが待たれるところです。
ちなみにブレンデッドウイスキー大全は、リニューアルされたばかりで情報も新しい。しかし旧版の方が本数は多く掲載内容も多少異なるため、興味がある方は新旧揃えても面白いと思います。

こうして長らくウイスキー愛好家にとって不動の地位にあった大全シリーズですが、ついに表れた対抗馬が和智秀樹著「男のスコッチウイスキー講座(2014年11月発売)」です。
蒸留所の写真が豊富で、ボトルの紹介もグラフ形式でわかりやすい。掲載数は100蒸留所と上述の大全より多少少ないものの、長く楽しめる一冊に仕上がっています。
また、自分はまだ読めていないため上記には掲載していませんが、同書籍とセットとなる「スコッチウイスキー 迷宮への招待(2015年11月発売)」では、銘柄を中心とした紹介がされており、ドリンカー目線でわかりやすいと評判。サンプルを見る限り中々良さそうで、次に買う本はこの1冊の予定です。
 

これら4冊は大きさも厚みもあるため、正直携帯性はあまりよくないのですが、さらに厚みと大きさがあって完全に自宅用となるのが「世界ウイスキー大図鑑」です。
元々2009年に初版が販売されたWorld Whiskyの翻訳版で、日本国内では2013年に発売されました。
約700ものボトルレビューと主要な蒸留所紹介がされているのが特徴で、今飲んでるボトルや次に飲む銘柄のアタリをつける、"蒸留所や銘柄を知りたい"という目的にあっては、非常に読み応えのある内容になっています。(味が落ちた銘柄などがバッサリ書かれているのも面白い。)
 
少々ネックなのがボトルの紹介が中心となっているため、終売してしまったものも見られるなど、徐々に本としての賞味期限が迫ってきているということ。
まあこれは大図鑑に限らず、紹介した本全てに言えることでもあります。
その点をカバー出来るのが定期的に発売されている、ウイスキーワールドやウイスキーマガジンなどの情報誌。コアなところだと一年に一度発行されている「Malt Whisky Year book」なんてのもありますね。(英語オンリーですがw)
 
次回は製法関連の情報を知りたい方、マニアックな知識を求める方へおすすめの書籍。
長くなりましたので後編に続きます。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×