カテゴリ

カテゴリ:グレンエルギン

グレンエルギン 36年 1968-2004 GMコニッサーズチョイス 46%

カテゴリ:
GLEN ELGIN
Gordon & MacPhail
Connoisseurs Choice
Aged 36 years
Distilled 1968
Bottled 2004
Cask type 1st fill Sherry Casks
700ml 46%

グラス:木村硝子ティスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後1週間程度
評価:★★★★★★★(7)

香り:皮付き葡萄、ほのかにベリージャム、カラメルソースのほろ苦さを伴う甘いリッチなアロマ。高貴なニュアンスがある。スワリングしていると麦芽の芯の部分、バニラを思わせる甘みが開いてくる。

味:まろやかだが少しベタつく口当たり。レーズンチョコレート、ほのかにカカオ、カラメルソース。ほろ苦さとあまずっぱさがしっかりと広がる。鼻抜けはベリーを含むフルーティーなシェリー香。
余韻にかけては麦芽風味、ややベタつく舌触りを残して長く続く。

ザ・GMという独特の甘みのあるまろやかなシェリー樽由来の香味から、淡く高貴な果実味。酒質由来の麦芽風味やほのかなピート香も感じられる。個性と樽感のバランスが取れた佳酒。加水調整によるひっかかりの少ない飲み口で、負担なく飲み続けられる。是非ストレートで。


現在のGMコニッサーズチョイスから、2世代前に当たる時期のボトル。個人的にはGMがGMであった時代というか、GMだからこそと感じるリリースでもあります。

それは色合いや風味に加え、このボトルが複数樽バッティングによるシングルモルトであること。
使われた原酒は1968年6月蒸留の1st fillシェリーカスク熟成のみで、味の傾向にブレもなく、恐らく当時のグレンエルギン蒸留所からニューポットをXX樽分として買い付け、まとめて自社保有の樽に詰めて熟成させていたのでしょう(結果蒸留時期が同じで味の系統も同じ樽が複数揃う)。

メーカーとしての規模に加え、長い歴史があるからこそ可能なリリース。
そのシェリー感は、近年主流になりつつあるスパニッシュオークの香木系ニュアンスを含むフレーバーではなく、カラメルソースのようなとろりとした甘みにウッディなほろ苦さが混じる独特のGMシェリーをベースに、ベリーや葡萄の果実味のある高貴なシェリー感のある構成。
先に書いたように樽の系統が複数樽の中で大きくブレている感じはなく、似た系統の樽でそれぞれ熟成されていると感じられます。

リリースの多かったGM社一連のシリーズ。店頭は難しそうですが、きっとまだBARや愛好家のストックとして眠っているモノも多いはず。
あともう2〜3本ストックしておきたいのですが、どこかに転がってないものか。。。

このグレンエルギンは、先日、友人との持ち寄り会に持ち込むので開封した一本。60年代のグレンエルギンというと、結構珍しいですね。GMなら大きくは外さないはず。。。と思ってましたが、やはりさすがの安定感です。
(さりげなく書かれているホワイトホース表記も個人的にグッときます。)

今から6年前、某ショップに売れ残っていたこのボトルを購入する際、同じコニッサーズチョイスで同じビンテージのグレンキースも在庫があり、どちらにするか悩んでエルギンにしたことをボトルを眺めていて思い出しました。

当時は3回蒸留時代のキースを買っておけば良かったかなと若干後悔したのですが、実はそのボトルは数年後に嫁経由で自分の手元に来るという奇跡的な縁を見せ・・・。なお、自分の好みを言えば、内容的にはダントツでこのシェリー樽熟成のグレンエルギンを買っておいて良かった。今のウイスキー市場を見ると、殊更そう感じます。

グレンエルギン NA 1990年代流通 43% ホワイトホース表記

カテゴリ:
GLEN ELGIN
"WHITE HORSE"
Single Highland Malt
(No Aged)
750ml 43%

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅@TMC
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:柔らかい香り立ち、程よいヒネ感を伴う甘く香ばしいカラメルフレーバー、かすかにオレンジママレード。奥から土っぽいピート香に、蝋っぽいニュアンスのある麦芽香も感じられる。

味:まろやかで粘性のある口当たり。軽く香ばしい麦芽風味、モルトスナック、徐々に淡いエステリーさも開いてくる。余韻はカラメルソースと内陸系のピートフレーバーが開いて長く続く。

ストレートで充分楽しめるが、加水するとスウィートな麦芽香が開き、ボディもある程度までは水に負けない印象。ピートの香る古典的なスペイサイドモルト。


グレンエルギンが1980年代流通のボトル(トールボトルに黒地に金のラベル)から、大幅なデザインチェンジを行なった、1990年代流通の1本。
それまで12年だった年数表記も無くなりノンエイジに。その後再び12年表記が復活するも、ダンピー気味なボトルデザインは現行品のグレンエルギンまで続いていくこととなります。

中身の話をすると、1990年代と1980年代のボトルには、香味の傾向にも大きな違いがあり、結果的に内外ともグレンエルギンのターニングポイントだったという印象です。
1980年代がとろりとした甘みの強い味わいにであるのに対し、1990年代は現行品の延長線上で、コクと麦芽風味、そしてスモーキーなフレーバーをよりしっかりと楽しめるというイメージ。NA仕様ですが熟成感は12年以上に感じられます。
ブレンデッドではホワイトホース・エクストラファインに近いキャラクターがあり、それぞれと飲み比べることで、その違いと類似点を感じることが出来ると思います。
(グレンエルギンの特徴を際立たせたブレンド、エクストラファイン。この時代のグレンエルギンに通じる特徴を感じる。)

同銘柄は、ホワイトホース繋がりで国内に多く流通したため、シングルモルトの中ではカーデューなどと並んでリユース市場への流通も多いボトルです。

しかし1980年代以前のボトルは最近価格が上がってきているだけでなく、状態的にヒネたものも多い印象。今から抑えるなら、そうしたリスクや出費を覚悟で1970年代のこってり系を突き詰めるか、価格的にも手頃で、現行品との比較もし易い1990年代のボトルがオススメです。


グレンエルギン 20年 1976年蒸留 1996年ボトリング ブラッカダー

カテゴリ:
GLEN ELGIN 
Blackadder Limited Editions 
Aged 20 Years 
Distilled 1976 
Bottled 1996 
46.3% 700ml 
評価:★★★★★★(6)

香り:華やかで甘いオーク香、バニラ、白粉、オレンジリキュール、ドライアップル。ただオーキーなだけではなく、麦芽の白い部分の甘い香りにオレンジ香料のような爽やかさも混じる、上品な香り立ち。

味:ボディは軽めだが、やや粘性がありスパイシーな口当たり。香り同等に華やかなオーク香と麦芽風味、薄めた蜂蜜、スポンジケーキ。余韻はドライで微かにピーティー、オーキーであっさりしている。

ブラッカダーが現在のロウカスクシリーズをリリースする前、1990年代にリリースしていたリミテッドエディションシリーズ。ブラッカダーの代名詞ともなった「樽の粉末」もまだない時代のボトルです。
樽に関する記述はありませんが、味や度数、ボトリング本数等からリフィルバーボンホグスヘッドだと思われます。
この手のボトルは中々巡り会えないので、近い味わいで近年のリリースのモノも合わせて紹介すると、まず思い当るのが鹿児島の酒ショップKinkoさんと北海道のBow Barさんがリリースした、グレンエルギン37年(1975-2013)。以前このグレンエルギン37年をブラインドで出された時、今回のボトルを飲んでいたのでグレンエルギンと指定できたこともありました。
 
グレンエルギンはオフィシャルリリースこそ少ないものの、各ボトラーズから数多くリリースがあるため、多様なキャラクターを味わうことができる銘柄の一つです。
中にはなんじゃこりゃと首をかしげてしまうようなえぐいシェリー系のボトル等もあるわけですが、今回のボトルはバーボンオーク由来と思しきオーキーな華やかさと、酒質由来の麦芽風味やオレンジのアロマが感じられる、20年という適度な熟成がもたらす負担の無い仕上がりです。
同蒸留所の特徴でもある麦芽の甘味ははっきり感じられ、ピートフレーバーは控えめ、ボディは軽く柔らかい。締めの1杯というよりは、最初、あるいは2~3杯目で飲みたい感じです。

このページのトップヘ

見出し画像
×