カテゴリ:
ISLE OF SKYE 
Years 12 old 
MACLEOD’S Blended Scotch Whisky 
1980’s 
750ml 43% 
構成原酒:タリスカーなど。
評価:★★★★★★(6) 

香り:みたらしやたまり醤油を思わせる古酒風味、スモーキーで枯れた草、ほのかに土っぽいアロマ。奥には漢方薬を思わせる薬っぽさや時間経過でモルティな華やかさも。

味:まろやかでとろりとした飲み口からみたらし、カラメル、オールブラン、微かなヒネ、濃い味わいだがボディはミディアム程度でやや単調。中間からピリピリとした胡椒のスパイシーさ、存在感のあるピートフレーバー、苦味が強く広がってくる。
余韻はスモーキーでピーティー、ビターだがフレーバーは長く続かない。
 

スカイ島の名家、マクロード家にゆかりのある、イアンマクロード社が製造するブレンデッドウイスキー。
キーモルトは上述のようにタリスカー、そこにハイランドモルト。現在も販売が続く銘柄で、現行品には同社傘下のグレンゴインやタムデューが使われている模様です。
タリスカーはMHD傘下の蒸留所ですが、かつてタリスカーがスカイ島に蒸留所を建設するにあたって由来となったのがマクロード家であり、そうした創業時からの関係から、長きにわたって原酒の融通が続いているのだとか。
 
スコッチオデッセイによれば、このアイルオブスカイが日本国内に輸入されるようになったのは1983年のこと。今回のボトルはまさにその初期のものと思われる仕様です。
原酒的には1960年代後期から1970年代初頭が使われているブレンデッドで、モルトとしてはまず間違いなく黄金期。飲んでみるとオールドらしいとろりとした口当たりから存在感のあるピートフレーバーが広がり、なんともらしい風味です。現行品のようにオレがオレがとピートが露骨な主張をしない、どっしりとした存在感でその場を支配する感じですが、これは苦味も強く、ブレンドとは思えない個性です。
一方で複雑さや余韻は弱く、後半広がってほしいところでピート以外のフレーバーが大人しくなってしまいます。
この辺は如何にも80年代らしく、状態はそこまで悪いわけではないので、ブレンドによるものと思われます。
飲み方としてはストレートだけではなく、ハイボールにしてもピーティーさが引き立ち、古酒感を炭酸が軽減して美味しくいただけます。
逆に、ピーティーなウイスキーを苦手とする場合は、この手のフレーバーはただ苦いだけと感じて難しいかもしれません。
 
アイルオブスカイのオールドボトルは、今回のスクウェアボトル以外に複数流通しており、オークションでよく見られるのはデキャンタの12年、21年、そしてグリーンダンピーの21年です。
これらに共通するのがコルク臭の危険性。横置きしやすい箱に入っていたのもあって、中々良いボトルに出会えません。
一方このスクウェアボトルはというと、キャップ裏が金属張りで、これまたデンジャラスなタイプ。総じてリスクの高い銘柄であると言えます。
手を出す場合は覚悟を決めて、少しでも横置きのなさそうな外観のものを選んでください。