カテゴリ

カテゴリ:グレンロセス

グレンロセス 30年 1975-2006 オフィシャル 46%

カテゴリ:
IMG_1062
GLEN ROTHES
Limited Release
Aged 30 Years
Distilled 1975.8
Bottled 2006.4
Bottled No, 885/3708
700ml 46%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後3年程度
評価:★★★★★★☆(6→7)

香り:ナッティーでドライな香り立ち、焦がしたバニラやキャラメル、オーク、ハーブを思わせる爽やかさも混じる。
樽感が強くリッチなアロマだが開封後の経年でバランスが取れており、加水するとトーンの高い爽やかさと乾いた植物感。

味:口当たりはリッチで度数以上の存在感。香り同様にナッティーな香ばしさとほろ苦い麦芽風味、淡い内陸系のピートフレーバー、雷おこし。じわじわとオーキーなフルーティーさ、鼻抜けに干し藁のような乾いた植物感。
余韻はウッディーで心地よくドライ、スパイシー。うっすらとキャラメル、アーモンドや胡桃を思わせるほろ苦さが長く続く。
加水すると序盤が柔らかい広がりになり、後半にかけてグレープフルーツのワタを思わせるフレーバーも感じられる。


グレンロセスのオフィシャル限定リリース。個人的に開封直後は「うーん」と思ってしまったボトルです。
決して悪くは無いのですが、テイスティングコメントの中でも書いてあるように、ナッティーでドライな印象が非常に強く、長期熟成のロセスに求めるフルーティーさとは違う傾向にびっくりしてしまいました。
こりゃあかんなぁと放置プレイして経過すること2年少々、存在すら忘れていたモノを久々にテイスティングすると強いドライさが軽減され、味の奥にはオーキーなフルーティーさも出てきて、こいつはイケるじゃないかと認識を改めて現在に至ります。
構成としては樽感が比較的強いものの、リフィルシェリー系の樽にいくつかバッティングされているようで、明確にこれとこれという指定は難しいです。

最近でこそグレンロセスはビンテージ表記のボトルではなくNAや複数年数バッティングをリリースしていて、いっぱしにオフィシャルモルトの一角という感じですが、古くはブレンデッドウイスキーにおけるトップドレッシングとして評価され、シングルモルトはあまりリリースされてきませんでした。
そうした中で、近年はボトラーズリリースが活発となり、オフィシャルとしてもBBR社が丸瓶にサンプルラベルという独特のデザインでリリースを始めたことで、様々なビンテージを飲むことができるようになりました。
個人的にグレンロセスの1960年代から1970年代蒸留は、オフィシャルにしてもボトラーズにしても安定して旨いという印象が強いです。

ただ酒質的にそこまで強いわけではないので、30年を越えるシングルカスクでは樽負けしている「樽材をしゃぶっているような味」のモノも少なくありません。何本か抱えて飲みましたが、嫌いじゃないけど親友にはなれないような、微妙な距離感が最後まで残る感じでした。
では最近リリースされているオフィシャルはどうかというと、えぐみが強かったり、妙に若かったりとやや迷走気味なボトルもありますね。ただ10年~20年の熟成で、近年にしては上質なシェリーカスクのリリースがあったりで底力を感じる蒸留所でもあり、今後もそうしたリリースが続くことを期待したいです。

グレンロセス 1998-2015 スパニッシュオークホグスヘッド 52.1%

カテゴリ:
 
信濃屋がリリース予定の日本向けオフィシャルプライベートボトリング、グレンロセス1998。
色からしてバリバリ濃厚な近年蒸留のシェリーカスクなのですが、サンプルを飲んでみて「なるほどこれは良いな」と、良い意味でびっくりしました。
先日の京都ウイスキーフェスティバルでは、信濃屋ブースに試飲ボトルもあったようなので、飲まれた方もいらっしゃるのではないかと思います。(週末の秩父祭にもブースが出されるようなので、ひょっとしたらそこにあるかもしれません。)
 
その香味は、つい先日発売された山崎シェリーカスク2016と同じ系統の味がする、プルーンやレーズンチョコレートの甘み、香木を思わせるウッディーさを備えた濃厚なシェリー風味。中間の多彩さはシングルカスクである以上やや単調ではありますが、不足を感じるほどではありません。
余韻はドライでタンニンの渋み、カカオやダークチョコレートを思わせるビターな甘さが長く残ります。
 
グレンロセスでスパニッシュオークシェリー樽は珍しい仕様とのことで、確かに直近でリリースされてきた中でも、系統の違う仕上がりだと感じます。
狙ったのか偶然か、グレンロセスは比較するのにおあつらえ向きとも言える、同じくシェリー樽熟成で濃厚な1本がキングスバリーからリリースされたグレンロセス2004-2015 シェリーパンチョン樽熟成。
近年蒸留の濃厚シェリー系としては悪くない、むしろ良い出来として先日投稿していますが、こちらはアメリカンオーク樽という話で、どちらも非常に濃厚なシェリー系ながら、比較して飲むとその差がはっきりとわかるように思います。
 
近年のシェリー系に復活の息吹を感じている中で、さらにまたレベルの高いボトルが1本。
こういう動きがさらに加速してほしいなと感じています。
 

グレンロセス 11年 2004年蒸留 アメリカンパンチョンシェリー樽熟成 キングスバリー

カテゴリ:

GLENROTHES
Kingsbury
Aged 11 Years
Distilled 2004
Bottled 2015
Cask type American Panchon Sherry
700ml 58%
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:濃厚な甘いアロマ、癖少なくこってりとリッチな黒蜜、チョコレート、微かにレーズンなどのドライフルーツ。時間とともにイグサ、乾いた木のえぐみ。

味:口当たりは乾いた草っぽさから濃厚な甘さ、チョコレートやプルーン、癖のないシェリー風味。徐々に焦げた木の風味もある。
余韻は黒蜜の甘さにカカオチョコレートの苦味、度数ゆえかべたつかない。舌先スパイシーでドライ。

キングスバリーからリリースされたグレンロセスのシェリーカスク。
このリリースはいくつか面白いなと思った点があり、メモを残しておこうと思った次第です。
まず、これまでシェリーバットというのは当たり前にあった中で、シェリーパンチョン樽というのは珍しい仕様。
酒屋情報では、この樽材はアメリカンホワイトオークだそうで、パンチョン樽そのものはサントリーが積極的に使っていますが、アメリカンホワイトオークのシェリーカスクで、バットではなくパンチョンにしているところ、キングスバリー側の狙いが気になります。

また樽を工夫しても、中に詰めていたシェリーの質が良くなければお話になりません。
キングスバリーと言えば関係が深いのはバルデスピノ。今回もバルデスピノ産のシェリーカスクということか、これが思いのほか悪くないんです。
酒質は最近のグレンロセスらしい草っぽさが感じられる中で、シェリーそのものは黒蜜のような濃厚さがあって安心して飲める印象。60年代蒸留のシェリーにある突き抜けた完成度はないものの、最近の一般的なシェリーカスクにみられる生っぽいウッディーさや、変なえぐみ、ゴムっぽさが少なく、濃い風味を抵抗なく味わえます。
樽材の違いが生っぽい木の風味の少なさに関係しているのでしょうか。

ここ最近、シェリー樽熟成のスコッチウイスキーを中心にマイナスフレーバーの少ないボトルが見られるようになってきたと感じます。
もちろん、評価の高いシェリー樽熟成ウイスキーにある妖艶な甘みや、豊富な果実感という点はまだまだですが、1980年代蒸留にあったような、シェリーの原液を直接混ぜたような味わいものに比べたら相当改善されたリリースが多いと感じます。
これがウイスキー、あるいはシェリー樽製造側にノウハウや工夫の結果だとしたら、これからどんどん良くなることも予想されるわけで。密かに10年先のシェリー樽熟成ウイスキーが楽しみだったりしています。

グレンロセス 33年 1972年蒸留 2005年ボトリング オフィシャルボトル

カテゴリ:

GLENROTHES 
Aged 33 years 
Distilled 1972 
Bottled 2005 
43% 700ml 
暫定評価:★★★★★★★(7) 

香り:少し古酒っぽさを伴う華やかな香り立ち。メープルシロップ、リンゴのコンポート、白葡萄。果実感が充実して多層的なアロマ。

味:華やかで とろりとした粘性のある蜂蜜やオレンジママレードのような麦芽風味 。微かに青みがかった甘さが熟したメロンのようでもある。厚みと少しのヒネ感。鼻抜けは白葡萄ジュースのような華やかさ、 心地よくドライな余韻。


グレンロセスがISC2005で最高賞のトロフィーを獲得した、その時のテイスティングアイテムだったボトル。
最近グレンロセスキーモルトのブレンドを幾つか紹介したので、オフィシャルのほうも掲載してみます。
一言で旨いスペイサイドモルト、このシリーズの長熟や70年代蒸留は安定して旨いものが多く、80年代に入ってもそれなりにまとまったものが多い印象。そりゃ使ったブレンドも旨くなりますよ。
ボトラーズだと、あまり長熟過ぎるものはドライすぎたり個性が弱くなりすぎているモノもありますが、このボトルは流石オフィシャルだけあって、良い原酒選んでバッティングしてます。加水ですが複雑で飲みごたえもありますし、完成度の高い一杯です。

グレンロセスのオフィシャル自体はリリースが無かったわけではなく、80年代からトールボトルがあったものの、1990年代に入って一時期国内流通が途絶えていたという話。この丸瓶時代は確かこのボトルくらいから、日本にも入ってきたんじゃなかったかなと思います。
2000年代前半の日本のモルト市場って、ほんと良いモノがゆったりとした速度で流通していましたよね。

同銘柄はボトル形状はもとより蒸留年、ボトリング日時等が記入されたラベルが採用されており、当時のオフィシャルボトルとしては珍しい仕様になっています。
このボトルは現行品にも引き継がれていますが、最近の通常販売品からはビンテージと熟成年表記は消えてしまいましたね。ハイエンドクラスならあるようですが・・・ここでもみられるNA化に時代の流れを感じます。

このページのトップヘ

見出し画像
×