カテゴリ

カテゴリ:ブルイックラディ

ブルイックラディ 20年 1969-1989 R.W.ダッシー 53.6%

カテゴリ:
BRUICHLADDICH 
R.W.Duthie
Islay Single Malt Whisky
Aged 20 Years
Distilled 1969
Bottled 1989
53.6% 750ml  

グラス:サントリーテイスティング
量:30ml程度
場所:個人宅(TMC T兄さん)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★★(6→7)

香り:ツンとハイトーンで華やかな香り立ち。乾いた植物感からバニラの甘み、淡くカラメルを思わせる古酒感。徐々にリンゴやカスタードを思わせる甘みに変化する。少量加水するとさらにリンゴ系の香りが強くなる。

味:乾いた麦芽やバニラウェハースを思わせる軽やかな香ばしさ、続いて蜜入りリンゴや熟した洋ナシ、鼈甲飴を思わせるコクのある味わいから、トーン高くヒリヒリとした刺激へと変化。
余韻は乾いた木を思わせるウッディネス。ドライで洋ナシのタルトを思わせる甘みが長く続く。
加水すると香味が伸びて、さらに蜜っぽい甘みを引き出せる。


昨日ダッシー絡みのボトルを紹介したので、今回の記事はそのダッシーからブルイックラディです。
当時のブルイックラディのキャラクターというと、ノンピートでボディの線が細く、オークフレーバーがうまく馴染んだリンゴを思わせる香味が特徴。このボトルもまた例外ではなく、同様のベクトルな仕上がりとなっています。
また、ケイデンヘッドを出元とするボトルの特徴として、90年代ボトリングあたりはリフィル系統の樽感、ツンとした乾いた木のニュアンスが多く見られますが、その傾向も感じられます。
そこから察するに、ボトリング当時はもっとやんちゃでフレッシュだったものが、瓶内変化でゆっくりと馴染んできたのではないかなと思います。
実際、ヒネとまではいかないものの、瓶熟による古酒感は香味の中にあり、良い意味でまとまりに繋がっていました。

このボトルをテイスティングする機会を、今年は3回も頂いておりました。
1度目は今回とは別ボトルで、ブラインドテイスティングでほぼ口開けを飲んでおり、70年代あたりのスプリングバンクと答えて見事に撃沈。(この時はそこまで突き抜けた印象はなく、普通に美味しいくらいやなと。)
2度目はテイスティングを書いた時。タイミングの違いか、あるいは固体差か、2度目のほうが華やかさや香味の開きがありました。
また、3度目は後述するオールドブレンデッドテイスティング会でのテイスティングで、3度目のほうが美味しかったことから、時間経過で開く要素もあったと推察します。

なお、このボトルは先日のオールドブレンデッドテイスティング会にラスト2ショット分が持ち込まれており、じゃんけん大会での勝者にテイスティングの権利が!
今回、育児でイベントに参加できなかったT兄さんが、合間を縫ってボトルを届けてくださったのです。イベント本体より盛り上がった瞬間でした(笑)。
いつもありがとうございます!

ブルイックラディ ベアバーレイ 2008 アンピーテッド 50%

カテゴリ:

BRUICHLADDICH
Bere Barley 2008
Unpeated Islay Single Malt
700ml 50%

【ブラインドテイスティング(TWD)】
地域:ハイランド
年数:10年未満
度数:55%程度
樽:バッティング

グラス:創吉テイスティング
量:30ml程度
場所:Bar Ambrosia
時期:比較的直近
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:白ワインのような酸味を伴う麦芽香、クッキーの甘さ、リンゴや洋梨を思わせる白いフルーティーさに、ほのかにピーティーなニュアンスも感じられる。

味:ドライアプリコットや梅っぽい酸味、濃い麦芽風味とライチのようなフルーティーさ。余韻はドライでオーク材の乾いたエッジとほのかなピートフレーバー。スパイシーで長く続く。

ブルイックラディからリリースされた、古代種の麦芽品種(ベア)で仕込まれたノンピートスタイルのシングルモルトです。
ピートの使い方にアイラ島での麦の生産、2回蒸留のみならず4回蒸留、様々な樽の使い分けまで、本当にブルイックラディはいろいろなことをやってますね。(所有企業が変わったので、今後はどうなるか分かりませんが。)

テイスティングでは、熟成期間の短さゆえかアイラっぽさはあまり感じなかったこと。ノンピートスタイルでありながら、ほのかなピートフレーバーが感じられたことが印象的でした。
麦芽系の風味が強く淡いピートフレーバーから、古典的なハイランドスタイル(北ハイランド系)を予想したのですが、バッチリやられてしまいました(笑)。

古代品種による酒質への影響については、ここ最近リリースされたグレンモーレンジやアランなどと同様に、ボディのある麦感が印象的。樽や蒸留方法の違いかフルーティーさは異なるものの、麦芽品種が原酒そのものに与える影響は無視できないのだなと改めて感じました。
約7年と若い熟成期間でありながら、多層的なニュアンスが感じられ、同時にテイスティングした他のメンバーも、多彩な風味だったり、コクのあるボディーだったり、古代品種由来と思われる要素を評価していました。

今の時点ではまだまだ粗さの残るボトルをですが、古代種原酒のバッティングに加水ハイプルーフというスペックは、後20年くらい瓶熟させて飲むと面白いことになりそうです。

ブルイックラディ 29年 1972年蒸留 2001年 日本向けバリンチボトル

カテゴリ:
BRUICHLADDICH 
(Aged 29 years) 
Distilled 1972 
Bottled 2001 
Cask type Bourbon #689 
700ml 49.3% 
 
グラス:サントリーテイスティング
量:30ml以上
場所:個人宅
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:淡い香り立ち。麦芽系の甘さ、パン生地、徐々にエステリーで品の良い蜂蜜や蒸かし芋を思わせる穀類の黄色い甘さ、煮たリンゴ、微かにハーブを思わせる爽やかさもある。

味:ドライでスパイシーな口当たり、エッジの立った麦芽感、蜂蜜、リンゴの蜜の甘みから、徐々に灰っぽいピーティーさ、ほろ苦い香味が広がる。
フィニッシュはスモーキーな麦芽風味。バーボン樽というスペック表記だが、香り、味共に熟成期間ほど樽感は強く感じないバランス良く自然な仕上がり。

ブルイックラディ蒸留所が2001年に再稼働した後、日本でのセールス再開を記念したローンチパーティーで配られたという日本向けバリンチボトル。
この1972はボトルの存在すら知りませんでしたが、オフィシャルのカスクストレングスにグッドビンテージとくれば、素性を知らない自分であっても期待せざるを得ません。
(バリンチは、本来樽の中からサンプルをすくい上げるスポイトのような器具の名称ですが、「樽から直接くみあげてボトリングした」という意味で、その場で樽詰め・販売される蒸留所限定ボトルの通称としても使われています。)
 
まず驚いたのが、はっきりとピートの主張があるということ。
現行品のブルイックラディにあるような、刺々しく強いピートフレーバーではありませんが、余韻にかけてピーティーでスモーキーなフレーバーを感じます。
この頃のブルイックラディは、スペイサイドモルトと間違えるほどの穏やかな個性で鳴らした蒸留所。もちろん今回のボトルも淡い酒質にリンゴを思わせるフルーティーさもあるのですが、予想を裏切る構成にびっくりしました。
このボトリングはジムマッキュワン氏が直々時に選んだという話もあり、休止開け後のブルイックラディがピート路線に走ったのも、同氏が目指したのがこうしたモルトだったからではないか・・・とも感じてしまいました。
 
ただ、1点疑問を感じるのがボトルの仕様です。
カスクタイプはバーボン樽で樽番号は1つのみ、仕様はカスクストレングス(加水なし)であることが明記されており、つまりこのボトルはシングルカスクのカスクストレングスです。
一般的なバーボン樽の容量は180リットル、ホグスヘッドでも250リットルです。さらにエンジェルシェアもあるので、年間2%と仮定しても29年間では500リットルサイズでなければ404本(約280リットル)を確保することはできません。
味わいは樽感がそこまで強くないタイプでしたので、バーボン樽としても2樽バッティングではないか・・・。
うーん、どなたか答えを知りませんか?
→教えて頂けました。同一日蒸留の複数樽バッティングだそうです。
よく見ると表ラベルにAged in Oak Casksと書かれており、思いっきり複数形でした(笑)。どうりでバランスが良いなと。
ご教示いただきありがとうございました!

 
このボトルはウイスキー仲間主催の持ち寄り会で飲ませていただきました。
全体的にまとまりも良く、これで甘味やフルーティーな要素が開いて来れば、さらに高まる要素はプンプン感じます。貴重なボトルをありがとうございました!

ブルイックラディ 27年 1968年蒸留 1996年ボトリング 52.6% GM

カテゴリ:

BRUICHLADDICH 
Gordon & Macphail 
Natural Cask Strength 
Aged 27 years 
Distilled 1968 /12/11 
Bottled 1996 /6 
700ml 52.6% 
評価:★★★★★★★★(8) 

香り:エステリーな華やかさとややドライな樽香、メープルシロップ、リンゴのカラメル煮、微かなハーブ、徐々に焼き芋やカステラのような甘さも感じる。
香りの要素にジャパニーズ的な艶を感じるのは樽由来だろうか。

味:口当たりで広がる高貴なウッディネス。艶のある樽由来の苦味と色の濃い甘さはリンゴのカラメル煮、マロングラッセを思わせる。
濃厚だが甘さと渋みのバランスが良く、負担に感じるところがない。後半にかけてスパイシーな刺激もある。
余韻は程よくウッディでドライ。キャラメルムースのような豊かな甘みが長く続く。

自分が求めているブルイックラディの味わいは、ピートではなくフルーティーなのだと再認識した1 本です。

閉鎖前、それも1980 年頃までのブルイックラディは穏やかなスペイサイドモルトのような味わいで、おおよそアイラとは言い難い構成であることは改めて説明するまでもないところ。

このボトルもまたそうしたキャラクターの通りで、そこに樽香やリンゴを思わせるフルーティーさ、そして樽要素は強いものの熟成期間から負担に感じるレベルではなく、なんとも完成度の高い味わいです。

 

1968のブルイックラディはイントレ、ペニーブラック、レガシーなど評価の高いボトルが多いんですよね。 早いうちから伝説的な扱いを受けたボトルもいくつかありますが、全体的には割と最近になって高騰しだしたように思います。

ロングモーンとか買えなくなってきたから、次はコイツだ! みたいな流れでしょうか。

それこそ60年代~1970年あたりのラディは、 選ばなければ2~3万くらいで2014年頃まで買えたように思います。自分もだいぶお世話になりました。

最近は・・・ちょっと難しいと思いますが、ウイスキーのテイスティングを深めていくなら、1 度飲んでおきたいラディのキャラクターです。

ブルイックラディ 35年 1966年蒸留 2001年ボトリング オールドモルトカスク

カテゴリ:
BRUICHLADDICH 
Old Malt Cask 
Aged 35 years 
Distilled 1966 
Bottled 2001 
700ml 40.5% 
暫定評価:★★★★★★(6) 

リンゴ(王林系)や白葡萄を思わせる果実風味に蒸かし芋的な甘さが穏やかに感じられるボトル。樽由来か穀類的な甘さから、落雁のようなさらさらと上品な甘味が余韻にかけてじわりと広がっていく嫌味の無い構成です。

香りは割とはっきりしていますが、味はライトで線の細いタイプ。それほど樽感が強いわけではありませんが、個性が主張しないところはいかにも度数落ちのボトルだなぁと。
これがボウモアやラフロイグならそれなりに評価される香味になったんでしょうけれど、当時のブルイックラディは線が細く、下手すると一部スペイサイドよりも穏やかな個性。
この仕上がりは、逆にらしいっちゃらしいボトルと言えるかもしれません。

1960年代蒸留のブルイックラディはアイラの中では比較的入手難易度は低かったものの、流石に最近は手に入らなくなりました。
このクラシックスタイルなラディの片りんは、現行品ではオフィシャルの16年 ザ・ラディを飲むことで体験することができます。60年代蒸留の味を再現しているとは言えませんが、90年代に流通していたトールボトル時代のブルイックラディの味わいは、あぁこんな傾向で穏やかだったなと、その姿を見ることができると思います。


去年投稿し損ねたボトルたちシリーズ。GSさん宅でのテイスティング。(いつもありがとうございます!
あんまり集中的に投稿してもなぁとローテーションでまわしていたら、結局年末になって、じゃあ年末はこのシリーズでいくかと考えたものの、妻方の実家に居たため編集頻度は激減、年を越してしまいました。
有難いことに既に年末年始にかけて続々とネタが集まっているので、今年は遅れの無いように集中してやっていきたいと思います。

このページのトップヘ

見出し画像
×