カテゴリ

カテゴリ:デュワーズ

デュワーズ ネプラスウルトラ 12年 1980年代流通 40%

カテゴリ:
DEWARS 
Ne Plus Ultra
AGED 12 YEARS
SCOTCH WHISKY Deluxe
1980-1990's
750ml 40%

グラス:リーデルヴィノテクスピリッツ
時期:不明
場所:BAR Sanndrie
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:モルティーな香り立ち。おしろい系の麦芽香を主体に、古酒感、蜂蜜やレモンバウム、しっとりとした甘みの奥に淡く柑橘感のある柔らかい広がり。内陸のピーティーさも伴う。

味:口当たりはマイルドで、香り同様に麦芽風味主体な構成。ボディは厚く、べっこう飴や色の濃い蜂蜜紅茶と ほのかにオレンジママレードを思わせるほろ苦さ。
余韻はドライでウッディ。干草や麦芽風味、微かにピーティーで長く続く。

モルティーで熟成感がある、柔らかい飲み口からボディのしっかりしたブレンデッド。アバフェルディ主体なバッテッドと言われても違和感がない。


デュワーズブランドの最高峰にして、その名の通り"至高"の一本と位置付けられている銘柄。リリース開始時期ははっきりとわからないものの、デュワーズ社がDCL傘下となった1925年から30年あたりではないかと推測。1930年前後 には日本にも輸入され、銀座のBARなどで提供されていた記録も残っています。

興味深いことに、現在の市場価格は他のオールドブレンデッドと比較して高価格帯で取引されている本銘柄ですが、当時の相場ではそれほど大きな差はなかったこと。 リリース直後と思しき1930年代流通のボトルに12年表記が確認出来ることから、 ブレンドのグレードは 当時のデラックスクラスだったのではないかと考えられます

(昭和9年の輸入業社カルノー商会の取扱商品一覧(上)と銀座のBARのラインナップ(下)。ネプラスウルトラに加え、ビクトリアヴァットなどの銘柄が確認出来る。

その後、世界大戦の影響で日本への輸入は途絶えたものの、1960年代に復活。1990年代から2000年代の一時期にかけてはリリースそのものが途絶えていたようですが、2015年ごろにネプラスウルトラ30年として免税店向けがリリースされ、現在に至っています。

自分はネプラスウルトラはこれまでファイネスト表記&グレートエイジ表記の70年代と80年代初期流通のみしかテイスティング出来ておらず、今回の80年代後半の12年表記で3種のみの経験ですが、印象は総じてモルティーでハイランド系の麦感や熟成感がしっかりある構成。
ネプラスウルトラの意味である"至高"という名付けは、原酒の選別もさることながら、同社の目指した形がこういうタイプのブレンデッドだったのでしょう。アンセスターあたりのデュワーズとも近いベクトルを感じますが、ネプラスウルトラの方がよりマイルドでモルティーです。

なお戦後流通品の遍歴をざっと調べてみると、向けや時期で比較的細かくラベルが変わっているのも本銘柄の特徴。
基本的にはボトルの色(ブラウン→グリーン)、キャップ形状(ティン→スクリュー)と、スクリューキャップ時代はネック部分の金色のメダルの表記がDか12かで1980年代前半以前かそれより新しいかがわかります。
また12表記でもラベルに The Very Finest Scotch Whisky of Great Age 表記がある場合は1980年代前半で、単にデラックスやブレンデッド表記の場合は後期以降の流通と見ることが出来ます。

デュワーズ 12年 アンセスター 1980年代流通 43%

カテゴリ:
DEWARS
AGED 12 YEARS
ANCESTOR
SCOTCH WHISKY
1980's
750ml 43.5%

グラス:国際規格テイスティンググラス
時期:開封直後&開封後1週間程度
場所:お酒の美術館 神田店
暫定評価:★★★★★★(6-7)

香り:柔らかい香り立ち。はじめは角の取れたエステリーさに加え、おしろいっぽさのある強い麦芽香。蜂蜜やオレンジママレードの甘み、奥にはポン菓子、淡いピーティーさと土っぽさ。

味:マイルドな口当たりから香り同様に強い麦芽風味、干草、蜂蜜、コクのある口当たりで余韻にかけてしっかりと広がる。余韻はややドライでオレンジピールを思わせるほろ苦さ、柔らかいスモーキーさで長く続く。

しっかりとしたモルティーさがあるブレンデッド。キーモルトたるオードとアバフェルディを思わせる個性を主体に感じる。少量加水でよりマイルドな麦芽風味と、フルーティーさも開く。ハイボールも悪くないが、これじゃなくてもという印象も。。。作るなら濃いめで。


古くはDCL傘下にして、米国市場で売り上げ3位という高い評価を受けていた、デュワーズブランド。その原動力はクセが少なくコクのある味わいに加え、スタンダード品につけられたホワイトラベルという名前にあったのは、時代を感じさせる要素であります。

ただしデュワーズ・ホワイトラベルのオールドは、古いものほど原酒由来の要素が強く魅力ではあるのですが、70年代ないし80年代になるとベースの若さか口当たりの荒さが目立ちはじめ、スタンダードスコッチの枠を越えない、というのも本音だったりします。
加えて60年代以前はティンキャップで地雷率の高さも・・・まあ80年代あたりはハイボールで飲むには良いんですけどね。

一方でデュワーズの上位グレードは別格。ブレンドに使われているハイランドタイプの原酒が良さを出すには、一定期間の熟成が必要ということなんでしょう。
このアンセスターの香味は、愛好家から高い評価を受ける同時期のデュワーズ・ピュアモルトの系統。70年代のデラックス表記の方がモルティーな風味が際立っている印象はありますが、80年代でも充分美味い。シェリー感とか華やかさとかピートとか、そういう目立った系統じゃない、厚みのある麦芽風味と蜂蜜を思わせるコクのある甘みを楽しめます。

正直、12年表記でこのレベルなら、ティンキャップのホワイトラベルを買わずに、アンセスターを年代問わず複数本調達した方が幸せになれると思います。
最近オールドブレンデッドの世界に足を踏み入れた方など、一度飲んでいただきたいボトルです。

デュワーズ ホワイトラベル NA 1960年代流通 ティンキャップ 43%

カテゴリ:
デュワーズ ティンキャップ
DEWAR'S
White Label
Dewar's Finest Scotch Whisky of Great Age
(No Aged)
1960's
760ml 43%

グラス:テイスティンググラス(名称不明)
量:30ml
場所:BAR飲み(BAR to entrance)
時期:開封後数ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)

香り:ほのかに金属臭があるが、スワリングするとカルメ焼きやザラメを思わせる甘いアロマが開いてくる。徐々に乾燥した草っぽさと内陸系のスモーキーフレーバー。微かなハーブ、色の濃い蜂蜜、あるいはみたらしのメローな甘さも感じられる。

味:口当たりは軽くスパイシーで乾いた麦芽風味とコクが感じられる。モルトスナックを思わせる軽やかな香ばしさと干し藁の乾いた植物感、ママレードやカラメルソースのほろ苦さ、余韻にかけてスモーキーで、染み込むように続く。


昨年、ハイドアウトクラブの関係で来店した高円寺のBAR to entrance(エントランス)で頂いた1杯。オールド市場の中でも人気の高いデュワーズ、その1960年代流通のティンキャップボトルです。
デュワーズは、古くは戦前1900年代から日本に輸入されていましたが、第二次世界大戦の影響で輸入がストップ。再会されたのは1969年(スコッチオデッセイ著)とのことで、本ボトルを含むティンキャップ時代のデュワーズの国内流通ボトルは非常に希少という事になります。 

ただ、希少ではあるものの、キャップ臭という状態に難のあるのがティンキャップ。やってしまったボトルはマジでどうにもならないですからね。
このボトルは・・・というと、若干そのニュアンスを感じるものの、香味は良い具合に開いていて、構成原酒であるアバフェルディとグレンオード、古き良きハイランドモルトが織りなす麦芽系のコク、決して強くは無いけれど存在感のあるスモーキーな味わいが感じられ、しみじみ旨い1本でした。

※戦前のウイスキー事情は以下のウイスキーマガジン「戦前の日本とウイスキー【全3回】」が詳しい。第一回にはデュワーズの記述も見られる。内容の濃い読み応えのある記事です。
ご参考:http://whiskymag.jp/whiskyhistoryinjapan_1/   

IMG_2338
ちなみに、このボトルはBAR飲みだと1ショットそれなりなお値段になる事もしばしばですが、「高円寺価格ですから」と、かなり安価な設定で頂けました。
エントランスは総本数こそ多くないものの、所謂地元の止まり木としてはボトルも現行品からオールドまで程よく揃っている、WEBの情報じゃ絶対わからないお店。こんなBARがあったのかと、お店との出会いにも感謝です。

デュワーズ ホワイトラベル NA 1970年代流通

カテゴリ:

DEWAR'S
White Label
Finest Scotch Whisky
1970〜1980's 
70proof  26 2/3flozs

グラス:木村硝子 古酒
量:30ml程度
場所:個人宅(Whisky linkイベント)
時期:不明
構成原酒:アバフェルディ、オード、など
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:やや荒さのある穀物系の香り立ち、カラメル、オレンジピール、淡いピートフレーバーと、奥には土っぽいニュアンスもある。

味:粘性のある甘い口当たり、穀物系の風味、オレンジ香料、みたらしを思わせる古酒のカラメル感。淡いハイランド系のピートフレーバー。香りと同様の構成で安心して飲める。
余韻はややべったりとした質感、オールドピート、シロップを入れた紅茶の甘みとタンニンが口の中に張り付くように残る。


ビック5の一角を占める、スコッチの大手メーカーの一つであるジョン・デュワーサンズ社。今回のボトルはそのスタンダード品で、同社の代名詞ともいえるホワイトラベルです。
香味はスタンダード品だけにやや荒さがあるものの、アンセスターでも感じたオレンジの香味を感じる麦芽風味は健在、ストレートでもハイボールでも、オールドブレンデッドの醍醐味を堪能することが出来ると思います。。 

デュワーズのオールドは、ブレンデッドウイスキーの中でも人気の高いボトルの一つ。遡ると日本市場とも非常に長い付き合いがあるのですが、第二次世界大戦の影響で一時期輸入が途絶えていました。 
輸入が再開されたのは1969年。そのため1960年代のティンキャップ仕様の日本向けは特に数が少なく、JAPANTAX付きスクリューキャップも貴重な存在。今回のボトルはイタリア向けで、時期的には日本の輸入も再開し始めた頃と同時期のもの。米ガロンに統一される前、英ガロン表記である70Proofが古酒ファンの心をくすぐります。 

デュワーズホワイトラベルはラベルの細かい変化が多いブランドであり、 来はそこから年代を絞っていくわけですが、このボトルは通常の流れとは異なる 珍しいラベ ルが採用されています。
というのも、1970年代並びにそれ以前の White Label」の表記をメインに据えており、デュワーズの名称は控えめという感じのデザインが主流。
その後1980年代に入り、人種差別への配慮からWhite表記を強調するデザインを控えるようになり、徐々にデュワーズの表記がメインになっていく。1980年代中頃から後期にかけては紙質やラベルトップの紋章含め、 れます。

このラベルは全体的なデザインや仕様1970ズメインの表記が採用されているのが特徴。国が違うことで強調する部分も変えていたのでしょうか。
オールドボトルは現行品以上にこうしたデザインがの違いがミステリアスで、自分のような飲み手にはたまらないわけです。

デュワーズ アンセスター デラックス 1970年代流通

カテゴリ:

デュワーズ アンセスター
DEWAR'S
Deluxe
Ancestor
1970's
43% 75cls 
構成原酒:オード、アバフェルディ、など。

【ブラインドテイスティング】
分類:ブレンデット
銘柄:チェッカーズ
度数:43%
蒸留時期:1950~1960年代
熟成年数: NA
評価:★★★★★★★(7) 

香り:少しくすんだ香り立ちから、柔らかいスモーキーさと爽やかな柑橘系の香りを伴うアロマ。オレンジママレードやレーズン、林檎のコンポートー、微かにカラメル。 徐々に麦芽を思わせる香ばしさとスモーキーフレーバーが存在感を出してくる。

味:口当たりは香ばしい麦芽と内陸系のピート風味、甘めのオレンジママレード。ピートフレーバーはどっしりと存在感を増していき余韻まで繋がっていく。
鼻抜けはスモーキーで。余韻は麦芽、カラメリゼのほろ苦い甘さ。長く舌に残る余韻。 

そういえばまとめて回答をUPしただけで、投稿していませんでした、以前北海道のSさんから頂いていたブラインド。
デラックス表記のノンエイジなので流通は1970年代が濃厚、日本にも入ってきていたボトルであり、あれば当然特級表記となります。
自分好みの爽やかな麦芽風味と内陸系のピーティーさが強く、これは昔のリンクウッド由来じゃないかとチェッカーズを指定しましたが見事に外しw
それ以外の要素としては大きくズレてはいませんが、ツメの甘いテイスティングでした。

デュワーズはいわゆるビッグ5の一角で、ボトル詰めのウイスキーを初めて売り出した功績のあるメーカー、当然その歴史も200年近いものになります。
日本にも戦前から輸入されており、当時の資料では「デワーズ」などと表記され、舶来モノの高級洋酒として存在が認知されていた銘柄。推測でしかありませんが、ウイスキー作りを目指す鳥井信治郎氏や竹鶴政孝氏も目指す形の一つとして飲んだのではないかと思います。

ご参考:ウイスキーマガジンより昭和9年のカルノー商会取り扱い銘柄

当時はアメリカ市場で人気を博し(理由は味というより名称にあったとか…)、そもそも味が良いので、今なおオールド市場で高い評価を受けています。
グラスになんかついたままだったかと思うほどの柑橘感を伴う麦芽風味とピートフレーバーは、まさに自分好みの味わいでした。

このページのトップヘ

見出し画像
×