カテゴリ

カテゴリ:アイリッシュ

ティーリング 12年 2005-2017 ブランデーカスク ウイスキーマガジン 58.3%

カテゴリ:
IMG_7533
TEELING
Whisky Magazine Selection
Aged 12 years
Distilled 2005
Bottled 2017
Cask type Brandy #16596
700ml 58.3%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅
時期:開封後1ヶ月程度
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:ややドライで刺激的ではあるが、華やかでオーキー、洋梨や白葡萄を思わせる果実香。甘栗の加熱したでんぷん質の甘み、微かにハーブのアクセント。乾いたウッディネスが干草を連想させる。時間経過で後半の植物感とアイリッシュらしいシロップのような人工的な甘みも感じられる。

味:粘性と酸味を伴う口当たり、ハイプルーフらしい刺激もあるが、ねっとりとリッチなオークフレーバーがそれを包み込んでいる。シロップ漬けパイナップルや林檎、バニラ、香り同様の構成。奥にはかすかにケミカルなニュアンスも。
余韻はオーキーで華やか、ほろ苦いウッディネスが舌の上に張り付くように長く続く。

ストレートではアイリッシュらしさはあまり無く、香味はオークフレーバー主体。ねっとりとしたコクと淡い酸味が、元々入っていたものに由来しているのだろうか。少量加水すると樽感が伸びて、バランスのとれた飲み口に。ハイボールにするとほのかな酸味と品の良いオークフレーバー、冷たい飲み口からアイリッシュらしいフルーティーさが解けるように感じられて美味。 

IMG_7536

ウイスキーマガジン向けにボトリングされた、ティーリングシリーズのひとつ。シェリー、バーボン、ポートとブランデー含めて4種類リリースされた中、おそらく最もノーマークだったカスクが、この1本ではないかと思います。(実際まだネット酒販で売れ残ってますし。)

ティーリングはアイルランドのボトラーズメーカーとして創業。2015年からダブリンで蒸留も開始していますが、それ以前の原酒は主要蒸留所からの買い付け。今回の中身はブッシュミルズでしょうか。
ブランデー的な要素は飲み口にコクや粘性を感じる程度で、カラメルや色濃い樽感ではなく。むしろバニラや洋梨、パイナップルを思わせるオークフレーバーが主体の構成。一般にその系統の香味を感じやすいバーボン樽熟成のウイスキーよりも充実していると感じます。

表記はブランデー樽ですから、材質はフレンチオークのリムーザンオークでしょうか。。。この辺は経験不足で断定出来ませんが、12年熟成という期間に対し、強めに出た樽感は、木目の荒いリムーザンオークのならこういう仕上がりもあるのかもしれません。
まあ、ブラインドで飲んだらアイリッシュはギリギリわかっても、このブランデーカスクを当てる自信はありませんが。(汗)

今回のリリース、ウイスキー仲間のシガーマスターO氏や静岡在住のS氏が推されていて、どんなもんかと思ってましたが予想外かつ期待以上の仕上がりでした。オーキーなフルーティーさが一般受けしやすく、価格的にもこの構成で1万円弱ならコスパ良好と言えます。
強いて言えば、強く出た樽感に対して酒質の成長に乖離があり、これが若干仕上がりの荒さに繋がっているところ。同じ系統の樽でさらに熟成に時間をかけた、46%加水20年熟成とか飲んでみたいですね。

ブッシュミルズ スチームシップコレクション ポートカスク 40% ブラインド

カテゴリ:
BUSHMILLS
STEAM SHIP COLLECTION
Limited Edition
Port Cask
700ml 40%

【ブラインドテイスティング回答】
地域:アイリッシュ
蒸留所or銘柄:特定できず
仕様:ブレンデッド
熟成年数:10年程度
蒸留時期:近年
樽構成:バーボン及び複数樽
度数:45%程度
暫定評価:★★★★★(5)

香り:紙っぽさとツンとした刺激、牧草や薬のような苦味を伴うアロマ。奥から穀物系の甘み、柑橘、バニラの要素も感じる。

味:ほろ苦く穀物的な味わいから、蜂蜜のような甘み、舌先にピリピリとした刺激とほのかにライムのような柑橘系のアロマが鼻腔に抜ける。
口当たりはオイリーだがボディ感はあまりない。余韻はべたつきのあるケミカル系の甘さとほのかな薬香を伴って長く続く。

オーク系のウッディさにべったりとした甘さやほのかな薬っぽさ。蒸留方法に特徴がある原酒が使われている印象。
ハイブリッドスチルを使っている新興国系かアイリッシュで迷う。ただそれにしては熟成年数をそこそこ感じるので、ただ単にアイリッシュなのかもしれない。

ウイスキー仲間で当ブログに写真も提供頂いているT.Ishiharaさんからの出題。
今から1世紀以上前。ブッシュミルズがアメリカへの輸出を開始した際に使われた蒸気船、その処女航海125周年を記念し、2016年に免税店向けに販売されたのが蒸気船シリーズ"STEAM SHIP COLLECTION"です。

ラインナップ構成は樽違いで3種類、シェリーカスク、バーボンカスク、そして今回のポートカスクの3種類がリリースされています。
今回のテイスティングアイテムは、その3種類のうち、ルビーポートを3年間シーズニングさせた、ポートカスクで熟成した1本。熟成期間は不明ながら、10年から14年程度の原酒が使われているという話もあります。
加水が効いていることもあると思いますが、シーズニングに使われたポートがそこまで強くないのか、あまりリッチなポート感ではありませんが、らしいケミカルなフルーティーさも奥に感じられるバランスタイプのウイスキーです。

ブッシュミルズ 蒸気船シリーズ ラインナップ。

ブラインドテイスティングの回答と比較してみると、ポートカスクの印象をどう捉えたかが「カギ」になったように感じます。
余計な雑念が入り新興国系もあるかも、なんて考えたりもしていますが、地域や蒸留方法による特徴、熟成感は概ね感じた通り。
他方で、ポートカスクやワインカスク熟成のウイスキーに見られるべたつきのある感じ、そこに加水が加わって奥行きのあまりないのっぺりとした質感を樽由来ではなくグレーンっぽいなと感じてしまったのが失着でした。
ワイン系、ポート系は普段あまり飲まない飲まないので、またしても意識の弱いところからミスリードしてしまったようです。

銘柄の絞り込みについても、これという確証を持てませんでしたし、アイリッシュやアメリカンはまだまだ経験が足りませんね。
この辺の理解、整理を進めることが今年の課題かなと思います。


余談ですが、この蒸気船シリーズは一部日本にも並行輸入されており、国内での購入も可能です。
ただ、日本の酒販サイトの一部では「ブッシュミルズ蒸留の125周年を記念したボトル」としての記載が見られ、それをそのまま引用するサイトも・・・。
ブッシュミルズの創業年については諸説ありますが、少なくとも200年以上は経過していますので、間違いのないようご注意ください。

ブッシュミルズ 12年 ディスティラリーリザーブ 40% ブラインド

カテゴリ:
IMG_9644
BUSHMILLS
DISTILLERY RESERVE
Aged 12 years
2017's
Cask type Ex sherry & Ex bourbon
700ml 40%

【ブラインドテイスティング解答】
地域:アイリッシュ
蒸留所or銘柄:クーリー
仕様:シングルモルト
熟成年数:12年程度
蒸留時期:近年
樽構成:バーボンバレル主体
度数:43%
暫定評価:★★★★★(5ー6)

香り:青みがかった華やかなオーク香、レモン、蜜感のある林檎、干草、うっすらとケミカルなトロピカル香も開いてくる。

味:若干の水っぽさのある口当たり、素朴な麦芽風味、クラッカー、すぐにバニラの甘みやケミカルなフレーバーが開いてきて支配的に。余韻はややべたつきがあり、ケミカルなシロップ、ネクター系の甘さ、ほのかな植物感が張り付くように残る。

アイリッシュか南ハイランドか非常に悩ましいボトル。アイリッシュにしてはモルティーさとオークが強いし、近年の南ハイランドにしてはあまり毒々しさがない。普通に考えればアイリッシュで、ブッシュミルズなど、このレンジのオフィシャルでトロピカル要素が強いところではない銘柄と予想。



先日に引き続き、ウイスキー仲間のIさんからのブラインド出題。Iさんが昨年現地を訪問した際、購入されたものだそう。

素直に考えればアイリッシュなのですが、どうにも南ハイランドがちらついて、最後まで地域で悩んでいたことが伺えるテイスティングの流れ。
その結果、ブッシュミルズも候補としておきながら、アイリッシュとスコッチの中間点的なモルトなのではないかと、キャラクターを明確にイメージ出来ないクーリーを諸情報から予想するという、自分の舌と鼻を信じられなかったテイスティングをしてしまいました。
こういう予想をすると、大概外れますw

アイリッシュは主要な銘柄以外それほど意識して飲んでいないので、ブラインドで地域がわかっても、どうしても不安が残ってしまいます。
他方、それ以外の要素は、ほぼほぼ感じたとおりでしたので、全体的には及第点かなと。アメリカンとアイリッシュの蒸留所毎のキャラクターの理解が、今後の課題でもありますね。


(ブッシュミルズ蒸留所外観。スコッチのそれを思わせるキルン塔の反対側、高層階の熟成庫がスコットランドとは異なる独特の雰囲気を醸し出している。Photo by T.Ishihara)

さて、このブッシュミルズ12年ディスティラリー・リザーブは、蒸留所限定で販売されているリリースの一つ(一部海外酒販では購入可能な模様)。以前は白いラベルのデザインでしたが、昨年からリニューアルし、この水色のデザインとなったようです。

蒸留所限定というと特別な印象を受けますが、 個人的にはオフィシャルスタンダードのベクトルから大きくそれないと感じる構成。 加水でバランスよく、樽感は基本リフィルとバーボンバレル主体か、シェリー系のこってり感は控えめ。
アイリッシュらしさの適度にある、万人向けのリリースだと思います。

レッドブレスト 25年 1991-2016 メゾンドウイスキー60周年記念 53%

カテゴリ:
REDBREAST
Aged 25 Years
Distilled 1991
Bottled 2016
All Sherry Single Cask
(Seasoned Spanish Oak 1st fill)
Celebrating The 60th Anniversary of La Madison du Whisky
53% 700ml

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml程度
場所:自宅(持ち寄り会@Yさん)
時期:開封後1ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:甘く濃いシェリー系の香り立ち。ツンと鼻腔を刺激するギスギスとドライなウッディネス。カカオチョコ、焼き芋っぽい焦げ感。奥にはケミカルなシロップの甘いニュアンス。徐々に機械油っぽさも感じる。
(言われてみれば微かにブルーベリージャムの甘いアロマも漂うような。。。)

味:ウッディーで強くドライ、香り同様ギスギスしてパワフルな口当たり。シーズニングシェリーを思わせるドライプルーンやチョコレートの甘み、奥にはケミカルなフレーバーもある。
余韻はビターでドライ。ヒリヒリする刺激を伴うハイトーンなフィニッシュ。

全て1stフィルのシェリー樽だと言うだけあって、シーズニング系のシェリー感が強く、欧州の愛好家を中心に評価されそうなボトル。加水するとアイリッシュ系の要素が多少前に出てきて飲みやすくなるが、シェリー感は少しぼやけてしまい、一長一短という印象。

LMDWこと、フランスに拠点を置くウイスキー商社「ラ・メゾン・ド・ウイスキー」が創業60周年を記念してリリースしたボトルの一つ。
この60周年を記念して相当な種類のボトルがリリースされており、2016年を振り返るにあたり避けては通れないと言っても過言ではありません。

中でも話題になったのが、このレッドブレスト25年。海外の某氏が「リッチフルーツ!」「これはまさにコニャックだ!ランシオあるぞ!」とレビューして高得点を出したのが震源か。FBでは「ブルーベリーの香味」なるものも話題になってましたね。
で、自分はどうかというと、ブルーベリーの香味は時間経過で「これかな?」というものが感じられたものの、流石にコニャックは某氏と世界観の違いを感じてしまいました。(それこそLMDW繋がりでフランスを意識しすぎなんじゃ?と思ってしまったほどです。)

レッドブレストはハイプルーフタイプを中心に樽感があざといというか、ギスギスしたリリースが多い印象があり、このボトルも例に漏れずその系統であると感じます。
樽はスパニッシュオークのシーズニングか、ウッディネスが強く、箱の裏を見ると感じた通りのスペックが。
今回は口開けから1ヶ月程度経過したあたりのボトルを頂いたため、多少果実味が開いていたように思いますが、それでもアタック強くエッジの立った樽感は、1杯テイスティングするのに中々時間を要しました。口開けはもっとすごかったんだろうなと推察します。
他方、シェリーの奥には甘み、ケミカルなフルーツ感もあり、加水や時間経過の変化を見る限りポテンシャルはありそう。開封後2〜3年程度かけて飲み頃を待って楽しむのが良いのかなと感じます。

余談ですが、同じメゾン60周年記念ボトルのシェリー系ボトルではドロナック、プルトニーが中々良いシェリー感でした。(聞くところではアベラワーも良かったそうです。自分はまだ試せていませんが。。。)
ドロナックはフルーツ系のシェリー。プルトニーはオーソドックスなタイプですが、そこにプルトニーらしいワクシー麦芽風味の強い味わいが印象的です。

これらのボトルは目黒のGosseで扱いがありますので、都内在住の方は2016年の振り返りにテイスティングしてみても良いかもしれません。

ティーリング 24年 ウォッカトニック30周年記念ボトル 57.4%

カテゴリ:
IMG_0967
TEELING
Vintage Reserve
Aged 24 Years
Bottled For 30th Anniversary of WODKA TONIC
Cask No, 6864
700ml 57.4%

グラス:リーデル ヴィノム コニャックテイスティング
量:30ml程度
場所:BAR飲み(Wodka Tonic)
時期:開封直後
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:ハッカの爽やかさに、蜂蜜の甘さ、程よい酸味ある香り立ちから桃やドライアップルを思わせるケミカル系のフルーツ香。

味:リッチで濃厚な甘味、蜂蜜、洋梨、香り同様のケミカル系のフルーティーさ。 余韻はウッディーで華やか、花のようなアロマが鼻に抜ける。 アイリッシュらしいフレーバーがあるが、口当たりに厚みととろみがあり、それが強みとして感じられる。


西麻布の名店、BARウォッカトニックが30周年を記念してボトリングした、アイリッシュウイスキー、ティーリングのシングルカスク。
ティーリングは2015年からダブリンで蒸留所を稼働させていますが、そもそもはボトラーズメーカーとして活動しており、このティーリング・ビンテージリザーブとしてリリースされているのはブッシュミルズの原酒と言われています。

一連のリリースの特徴は、非常にわかりやすいケミカルなフルーティーさ。メーカーコメントではトロピカルフレーバーとも例えられることも多いです。
それが1970年代中頃のベンリアックやトマーティンなどにも共通するフレーバーであることから、その系統が好みな方々がマークしているリリースでもありますね。

このボトルも例に漏れず、予想通りの構成ではありますが、流石ウォッカトニックさん、これは良い樽選んでます。
同じビンテージリザーブの中でも、紙っぽさや植物感が強く出すぎているリリースもある中、口当たりの甘みがしっかりとあり、ボディが軽くなりがちなアイリッシュらしからぬ厚み、そこに"らしい"フルーティーさと華やかさ。植物っぽいニュアンスも、アクセントとして良い感じに効いています。

ちょっと贅沢ではありますがこのボトル、ハイボールが旨いんです。
ストレートで感じた厚みが、 割ってもしっかり飲みごたえを維持。それだけでなくフルーティーさがバランスよく整って、林檎のコンポートー を思わせる綺麗な香味が広がるのです。
マスターのYさんオススメの飲み方で、半ば配給的に出てきたわけですが納得の美味しさでした。これはベンリアック1976のハイボールにも負けてないな~。

さて、先に述べたようにティーリングは2015年からダブリンで蒸留所を稼働させています。
新しい蒸留所はこのフルーティータイプを目指すのか、それとも他のアイリッシュのようにライトで軽い味わいに仕上げるのか、今回はその方向性のヒントとなる非常に面白いサンプルも飲むことができました。
IMG_0935
マスターが同蒸留所で入手されたニューポットです。
飲んでみると少しオイリーな口当たりから、あのケミカルさがまったく無く、クリーンで雑味の少ない綺麗な味わい。
これだとピークは15年くらいできちゃうかな、というのが第一印象で、フルーティーさは樽次第という感じ。
他方で以前そうしたフレーバーの無い原酒を、あるウイスキーの空き樽で熟成させた実験サンプルを飲んだ際は見事にケミカルなフルーティーさが出ており、今後どのように育つか楽しみです。

最後になりましたがウォッカトニック様、30周年本当におめでとうございます!

このページのトップヘ

見出し画像
×