カテゴリ:

ROBROY
Deluxe quality
Blended scotch whisky
1970's
43% 0.75cl
暫定評価:★★★★★★★(7)

香り:オールドボトル特融の角が取れて穏やかだが存在感のあるスモーキーさを伴う香り立ち、麦芽香、土っぽい香りもある。グラスをスワリングするとカステラや干し柿のような甘いアロマ。歴史ある日本家屋を連想した。

味:とろみのある口当たりは、薄めた蜂蜜や麦芽風味と香り同様の構成で、ミドルからはどっしりとしたピートフレーバーが余韻まで繋がっていく。
余韻はピーティーでじわじわと染み込んでいくよう。麦芽と干しわら、微かにドライパイナップル。

モリソンボウモアが製造していたブレンデッド。テイスティングは大阪のローズバンクさんにて。
使用原酒は当然モリソン傘下のボウモア、グレンギリー、オーヘントッシャン。特に1970年代流通は蒸留時期が1960年代~1970年代初頭となるため、これらの同時期蒸留について経験のあるドリンカーなら否応なしに期待が高まるボトルだと思います。
香りからは当時のグレンギリーを思わせるようなスモーキーさがあり、ボウモア感はしいてあげるならオフィシャルの黒ダンピーに近い印象。染み込むようなピートにしみじみ旨いタイプで、蒸留時期を聞いて連想するトロピカルフレーバーのようは派手さはなく、なんというかいぶし銀なボトルです。

存在感はあるけど俺が俺がと主張してこないピート感って、やっぱりオールドボトルならではだと感じます。この手のフレーバーが出てくるボトルは当時の傾向として数多くあるわけですが、その中でもピートの出方で素晴らしいと思える1本です。
オールドブレンデッドフリークの方にはおすすめしたいですね。


ロブロイは、特級時代末期と1990年代初頭はサントリー経由でANAのプライベートブランドにもなっていたようですが、現在は国内への正規取り扱いはありません。
1980年代については木下商事が輸入していたものの、 この1970年代は輸入元がなかったこともあって国内流通量が少 なく、入手は海外オークションが一般的です。