カテゴリ

カテゴリ:バロックレイド(オールドラリティ)

オールドラリティ 1980年代流通 43% 特級表記

カテゴリ:

OLD RARITY
De luxe Scotch Whisky
1980’s
750ml 43%

グラス:テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(Main Malt)
時期:不明
評価:★★★★★★(6)

香り:カラメルソース系の甘いアロマ、かりんとう、穀物の香ばしさ、かすかに植物のえぐみも感じる。徐々にモルティーな麦芽風味とスモーキーさ。

味 滑らかでモルティーな口当たり、カルメ焼きを思わせるほのかに香ばしい甘さ、干し藁、淡い塩素のアクセント。余韻にかけて染み込むようなピート、麦芽、塩分のコク、長く続く。 


かつてカリラ蒸留所を所有していた、バロックレイド社がリリースするブレンデッド。スタンダードクラスの銘柄はBL(バロックレイド)、その上位グレードがオールドラリティです。
その他には、ブレンデッドモルトのグレンイラがありましたね。

これらのキーモルトは勿論カリラで、グレンイラは100%カリラなんじゃないかという味わい。
当時のカリラは今よりピートや酒質が淡くライトで、元々ライトな構成のBLは時間とともにその要素がわかりやすく開いてきますが、オールドラリティはキャラメル的な甘みでマイルドに仕上げられており、カリラの個性を楽しむより、上位グレードのブレンデッドの一つとして全体のバランスや完成度を楽しむボトルかなという印象です。 

オールドラリティについては終売時期に関する情報が諸説ありますが、1980年代後半の12年表記あたりがラストと考えられており、会社の統合合併に伴う影響とすれば1986年のDCLがギネス社傘下となってブレンデッドのマーケット戦略が変わったことが要因でしょうか。
BLは1990年代まで売られていたようですが、おそらくUD社が1997年頃にディアジオ社となる業界再編のあたりで終売になったものと思われます。(バロックレイド社は2007年に解散しています。)

ちなみにこのオールドラリティはオークション市場で人気のある銘柄の一つですが、1980年代のデラックス表記スクリューキャップは裏面が金属張り。購入されてデルモンテ臭に泣くいた方も多い模様で、最低半年は放置する覚悟で購入されることをお勧めします。

バロックレイド ゴールドラベル 1980年代流通

カテゴリ:


BULLOCH LADE
GOLD LABEL
100% Scotch whisky
1980's
40% 750ml 
構成原種:カリラなど 
暫定評価:★★★★★(5) 

香り:ヒネと微かにくすんだ古酒感のある香り立ち。麦芽、若いグレーンのえぐみ、レモンピール、塩素、徐々に柔らかいスモーキーさ。全体的にはライトで軽めに仕上がっている。

味:少し水っぽさを感じるライトな口当たり、麦芽風味主体でプレーン、ボディの線は細く、透明感というより全体的には儚い印象。
微かな酸味とえぐみから、塩水のコクや海藻を感じた後、ピーティーな余韻が盛り上がるように感じられる。


WL最古参会でのテイスティング、会のラインナップというよりもフリータイムの中でたまたま話題になって、口安め的にテイスティング。 
バロックレイドは製造元であるバロックレイド社が当時カリラ蒸留所を持っていたことから、キーモルトはカリラと言われているブレンデッド。日本にはあまり流通しておらず、国内中古市場ではレアな部類に入るボトルですが、ちょっと前に90年代のハーフボトルが大量に流通したので、見たことがある方は多いかもしれません。
スタンダードクラスで比較的若い原酒が使われていると思われる構成、樽感控えめでプレーン、古酒的なくすみ、角の丸さを差し引けば、加水ながら当時はより荒さも強かったことが伺える味わいです。 

以前このブレンドを飲んだ時は自分のスキル不足から、どのへんがカリラなのかまったくわかりませんでした。印象はライトタイプの普通のブレンドだなあと。
しかし久々に飲んでみて、余韻にかけてのフレーバーはまさに当時のカリラだなと感じることが出来ました。

きっかけとなったのは、このバロックレイドブレンデッドのグレーン抜きとも、あるいは実は100%カリラとも言われる「グレンイラ ピュアバッテッドモルトウイスキー」を1本家飲みしていたこと。また、質はまったく違うながら、先日テイスティングさせていただいた、カリラ15年100Proofとも共通する要素が感じられました。
やはりウイスキーは飲んでナンボですね。 些細なことですが、自分の成長を感じることが出来た1杯でした。


このページのトップヘ

見出し画像
×