カテゴリ

カテゴリ:ブナハーブン

ブナハーブン 21年 1990-2012 エイコーン 53.1%

カテゴリ:

BUNNAHABHAIN
ACORN’S Natural Malt Selection
Aged 21 Years
Distilled 1990
Bottled 2012
(Cask type Sherry)
700ml 53.1%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:こなれた感じのリッチなシェリー感。ブラウンシュガー、微かな硫黄、徐々に黒蜜の甘い香りに変化。樽由来の軽いえぐみとビターなウッディネスも感じられる。

味:甘くリッチなシェリー風味。プルーン、カラメルソース、カカオチョコ、微かな硫黄。
中間はリッチな甘みからビターなフレーバーへ、余韻は甘くドライ、ほろ苦くウッディーで長く続き、チョコレートを思わせる戻りもある。


エイコーンがリリースしたブナハーブンのシェリーカスク仕様と思しきシングルカスク。
1980年代、1990年代のブナハーブンはシェリーのリリースが多いものの、所謂近年シェリー系というか、えぐかったり、硫黄が強かったり、好みを分けるボトルが多い印象があります。

今回のボトルもまた若干の硫黄感はあるのですが、全体的にはこなれていて嫌味が少なく、リッチな甘みとビターなウッディネスを楽しめるボトルに仕上がっていました。おそらく口開けはもっとえぐみが強かったのでしょうけれど、開封後の変化が良い方向に作用しているようです。
先日飲んだTWAのブナハーブン1991もシェリーそのものの質は良かったので、やはり1990年頃のブナハーブンは樽のめぐりが良かったのでしょうか。1990年前後の樽がどの程度残っているかわかりませんが、こういうシェリー系のリリースだったらアリだなと思います。

 
飲んでる最中にサービスで出てきた、チョコのショットグラスで飲むウイスキー。
選んでいただければ入れますよ、と中身は選択制で、「マスターのおすすめは?」と聞けば、シーバスミズナラというので「じゃ、それで」と。
実はシーバスミズナラはのっぺりとした味わいがあまり好みではないのですが、チョコレートの香りが良いアクセントになって、中々楽しんで飲む(食べる)ことが出来ました。
ただ、チョコレートは持つたびに溶けていくので、ゆっくり持っていると滑り落ちてしまう。サッと飲んで残り少なくなったらまとめて口の中へ。
シェリー系のウイスキーやバーボンなんかと、相性がよさそうな飲み方ですね。

ブナハーブン 25年 ジェラール “サガ25周年記念ボトリング“

カテゴリ:
BUNNAHABHAIN 
The 25th Anniversary of SAGA 
"Gelard" 
Aged 25 years 
Distilled 1990 
Bottled 2015 
Cask type Hogshead 
700ml 48.3% 
暫定評価:★★★★★★(6)

 香り:華やかで軽やかな香り立ち。ドライでオーキーなアロマは青リンゴ、ドライパイナップル、微かなハーブを思わせるスッとした爽やかさ。加水すると乾いた麦芽風味とナッティなニュアンスもある。

味:口当たりはややドライでエッジの立ったオーク香とフルーティーさ。ボディはミディアム程度で、そこまで厚みは感じられない。ドライアップル、レモンピールの砂糖漬け、微かにシナモンと、奥には麦芽の白い部分の底支え。
余韻はドライで華やかなオーキーさと微かなスモーキーさが感じられる。
加水すると摩り下ろしリンゴ、ワクシーな風味が開くが、水に負ける印象もある。


SaGaシリーズを知る飲み手なら誰もが驚いた、まさかのスクエニと信濃屋のコラボボトル。
3種類リリースされた中で、特にSaGaシリーズの25周年を記念した色が強かったのが、このブナハーブン25年でした。
本ボトルはサガ2に登場するキャラクター、ジェラールをイメージしたボトリング。
サガシリーズの創世記、中期、未来というコラボボトルの中で創世記に当たる位置づけであり、そこにブナハーブンというのはよほど良い樽だったのか、それともジェラールのキャラクター設定から個性を誇る他のアイラモルトではなく、穏やかで尖った個性のないブナハーブンが選ばれたのか。いずれにしても3種類の中では一番楽しみだったボトルです。 (ついにねんがんのry)
ゲームに関する思い入れは自分あたりの世代だと特に強いものと思いますが、このブログでロマサガについて熱く語っても仕方ありませんので、その辺のネタに触れるのは最低限に留めてボトルの紹介を主眼におきたいと思います。

ブナハーブンは平均してボディが厚い酒質ではなく、このオーキーなフレーバーはいかにもボトラーズからのリリースらしいタイプです。ブラインドでは絞り込みが難しいと思いますが、蒸留所を言われると納得する感じ。
これ以上熟成させたら更にドライで、樽材しゃぶってるような味になってしまうところ、その際どいところでのボトリングであり、ボディが許容できるギリギリの樽感が詰まっている。酒質そのものの味としては、麦芽風味と微かなスモーキーさ、素直な味わいで、バランスよくまとまっています。
口開けでしたので今後さらにドライな方向に振れるか、樽感がこなれてフルーティーなタイプになるか、後者の良い変化を期待したいところ。

後々他の2本についても紹介していきますが、所詮記念ウイスキーって言ってもたいしたことないんでしょ。色物でしょ。と言う勝手な先入観を吹き飛ばしてくれる、良い出来のモルトでした。

ブナハーブン 25年 46.3% オフィシャルボトル

カテゴリ:

BUNNAHABHAIN 
Aged 25 years 
46.3% 700ml 
暫定評価:★★★★★(5) 

香り:サルファリーでナッティーな香り立ち。プルーン、醤油、発酵したワインを思わせる酸味を伴うオロロソ香。濃厚だが平坦で盛り上がる印象は少ない。

味:粘性を感じる重みのある口当たり、黒砂糖、プルーン、湿った木、徐々にスパイス。果実感は控えめ。
余韻はべったりとした甘さとウッデゥネス。擬似シェリーを思わせる生木っぽさを伴う長い余韻。

一応現行オフィシャルラインナップの中ではブナハーブンの最高峰 とされているもの。
シェリーの要素がしっかり出たシングルモルトで、25年で46% というスペックらしく濃厚な味わいでもあります。
ただこのシェリー樽の風味が所謂疑似シェリー系のえぐみやゴム感の強いもので、濃厚ですが何とも飲み進みません。
ブナハーブンのボトラーズリリースを振り返ると、1980年代蒸留のシェリー感ってこういうえぐい感じなんですよね。それがオフィシャルにもモロに出ている印象です。

このボトルはGSさんの所有物。いつもありがとうございます。
最初に飲んだのは昨年の5月。ブラインドテイスティングで出されて・・・確かその時はグレンドロナック現行品の15年だと回答した記憶があります。
いつか書こうと思っていてタイミングを逸していたのですが、昨年末、仲間との飲み会の席で半年ぶりに遭遇。久々に飲んでみると、気温差か開封後にこなれたのか、甘さが落ち着いてしまいよりえぐみが強調されていました。

昨日、TWAのブナハーブン1991を掲載したので、併せて現行品として更新を並べてみました。自分のブナハーブンのシェリーカスクに対する印象は、
この25年のタイプ。 オフィシャルがTWA1991の系統になってくれたら、 間違いなく評価するんですけど。

ブナハーブン 23年 1991年蒸留 2015年ボトリング TWA & ネクター

カテゴリ:
BUNNAHABHAIN 
THE WHISKY AGENCY & THE NECTAR 
Aged 23 years 
Distilled 1991 
Bottled 2015 
Matured in a Refill Sherry hogshead 
700ml 45.8% 

【ブラインドテイスティング(TWD方式)】
地域:ハイランド(グレンドロナック)
熟成年数:25年
度数:43%
樽:シェリーバット
評価:★★★★★★(6)(!)

香り:カラメル、ブラウンシュガー、 ほのかにベリー果実味のある充実したシェリー感。サトウキビやアロエのような植物感のある甘さ。微かに硫黄を感じるが時間経過で軽減される。

味:甘くスムーズな口当たり、シェリー感はレーズン、イチジク、 リンゴなどのドライフルーツと麦芽風味。中間からサルファリー、タンニンも感じられるがそれほどキツいものではない。 フィニッシュはほのかにスパイシーで焦がしたカラメルのほろ苦い 甘味、タンニンが舌に染み込むドライで長い余韻。

【フレーバー評価(5段階)※】
バランス:3
ボディ:3
香り:4
樽感:5
甘さ:5
複雑さ:3
熟成感:4
華やかさ:3
酸味:2
苦み:3
刺激:2
ピート:1

※テイスティングにおいて、 香味に関連するそれぞれの要素がどれだけ感じられたかを数値化し たもの。3で平均的、数値が高くなれば強く、濃く、 厚く感じられる。なおこの5段階評価は最終的な評価(★評価) には直結しない。


TWDにて、Yさんからの出題。
これは中々面白いボトルで、 解散時にYさんから強奪いたしました(笑)。
ブナハーブンは何気にシェリー系のリリースが多い蒸留所、 かつてオフィシャルからリリースされた1968等は抜群に旨いの ですが、1980年代、1990年代のシェリーカスクは、 えぐみが強いというかゴムっぽいというか・・・ 正直如何ともしがたいところ。
現在販売されているもので、 濃いシェリー系だとオフィシャル25年は閉口モノですし、 ボトラーでも突き抜けたレベルのものはなく。 やっぱりバーボン系のほうが良いんかねーという認識が固まっていました。

ところが、 このボトルは古典的なシェリーを思わせる柔らかい甘さ、 ドライフルーツの風味も感じられる、甘味、樽感の濃さ、 ともに近年モノとしては文句ないレベルです。
ただ少々硫黄感があり、ここが自分にとっては残念で、これさえなければ・・・と。しかし時間経過で軽減されるようで、昨日の夜確認のため飲んだところ、最初に飲んだ時よりずっと良くなっていました。
他のボトルで例えるなら、アランのエンジェルズリザーブや20周年記念ボトルが大丈夫ならこのボトルもまた口開けから濃厚で良いシェリー系のボトルとして楽しめると思います。

そう言えば1990年前後蒸留のシェリーホグスヘッド原酒は、他蒸留所含め味の良いモルトが増えているように感じます。
樽を組み替える際に鏡板等で何か工夫をしているのでしょうか。それとも1960年代蒸留で1990~2000年頃にかけて増えたボトラーリリースのどっかんシェリー、その樽のお古が出回り始めたのか。何れにせよこういうリリースが進化して欲しいです。


TWDの活動で使っているテイスティングシートが多少形になってきたので、今回は写真ではなく文字で起こしてみました。一般的なウイスキーのテイスティングノートは、点数と香り、味、の3項目(あるいは味がフィニッシュと分かれて4項目)ですが、結局ボディがどれくらい厚いのか、樽の強さなどは文字ではわかりにくい部分も多く。
記載は長くなってしまいますが、こういうまとめ方はどうかなと試験的に使ってみました。
テイスティングコメントは極力フレーバーの抽出のみにして、各要素の強さは5段階評価にしたという感じです。
これも何回か使ってみて、伝わりやすいテイスティングフォームの工夫をしていきたいですね。

ブナハーブン16年 ウイスキーエクスチェンジ レトロラベル

カテゴリ:

THE WHISKY EXCHANGE 
BUNNAHABHAIN 
Retro label
Aged 16 years 
700ml 55.6%
評価:★★★★★★(6)

香り:あまり香りが立つ印象ではなく、プレーンでトーンの高い香り、メンソールのような爽やかさ。乾いた木の香り、微かに蜂蜜の甘さもある。

味:香りからすると意外なほどひろがるフレーバー。ピーティーでクリア、アルコール感は強いがボディはそれほどでもない。。水飴のような甘さ、強い麦芽風味、鼻抜けはスモーキーで余韻はピーティー、レモンピールを思わせる樽材の渋みも感じられる。

香りから味の印象がない。加水でも香りは経つ印象はないが、味のほうはバランスが良くなる。
ただし加水はウイスキー2に対して1くらいまでで、それ以上入れると負けてしまう。


安定したリリースの多い、エクスチェンジ社のレトロラベルシリーズ。 エクスチェンジ社については、今更長々書く話ではないので省略します。
ラベルデザインが何らかのオールドボトルをモチーフにしているのもあって、非常に雰囲気があるというか、センスを感じるのもシリーズを通しての特徴です。 もちろんラベルだけではなく、中身も安定したレベルでハズレが少ない印象。エクスチェンジ社の規模と力を感じます。
以前ロンドンのエクスチェンジショップに行った際に購入したダルユーインの29年も良かったですし、去年リリースのあったクライヌリッシュも評価の高いボトルでした。

今回のブナハーブンはというと、最近リリースの増えてきたピーテッドタイプ。
これまでのレトロラベルは該当する蒸留所の王道的なスタイル中心で、あまり冒険的なカスクチョイスは無かった気がするのですが、ブナハーブンの新しい試みであるピーテッドを詰めてきたのは面白いなと思います。 
透明感があり、度数と横並びで考えるとボディの細い味わい、そこにピートがのってカリラやポートエレンに似た印象を受けます。
まさにアイラモルトらしさのある味わいですが、カリラほど洗練されたシャープな印象も、ポートエレンのようなレザー感等のいい意味での雑味があるわけでもない。何ていうか乱暴な印象すら受ける味わいですが、 中身は近年蒸留ですから仕方ないのかなと。
素材も違いますし、10年くらい寝かせるか開封後1年以上経過して飲み頃という状況かもしれません。

このページのトップヘ

見出し画像
×