カテゴリ

カテゴリ:ブナハーブン

ブナハーブン キャビノック 46.3% リミテッドエディション Batch No,2

カテゴリ:
BUNNAHABHAIN
CEOBANACH
(No Aged)
Batch No,2
700ml 46.3%

グラス:和吉工房テイスティンググラス
量:30ml
場所:BAR飲み(アイラ島@銀座)
時期:開封後一ヶ月程度
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:焦げたようなピートフレーバー、酸味を伴う乾いた植物感、少し根菜系のニュアンス。時間経過でバニラ、華やかな甘いアロマも開く。 

味:クリアな口当たり、ややトゲトゲしたアタックだが、徐々にバニラの甘みと塩水のコク、そして香り同様焦げたような強いスモーキーフレーバーが鼻腔に抜けてくる。
余韻の広がりはスモーキーで乾いたウッディネス。酒質由来の部分は弱く、少しいも焼酎っぽい癖も感じる。


ブナハーブンが限定的にリリースしている、ピーテッドモルト。ブランド名はそのまま読んだらセオバナックと読めそうですが、キャビノックなのだそうです。
同蒸留所はアイラ島にありながらノンピートモルトが代名詞であるわけですが、ピートフリークが増えた時代の流れには逆らえないのか・・・ちょくちょくこうしたリリースが見られるようになりました。
オフィシャルラインナップでは、既にトチェックやクラックモナがリリースされており、それぞれ国内でも並行品が流通しています。

今回紹介するキャビノックの樽構成はバーボン樽、熟成期間は10年以上とのこと。樽由来の風味とアイラ島のピートという組み合わせからか、ブラインドで出されたら"ちょっと荒めなラフロイグ"を連想しそうな出来栄えです。
ただし酒質由来の部分で軽さというか、ピートが浮ついている印象を受ける部分があって、味の中間から余韻にかけてバラつきがあり、何か違うと感じます。
また、メーカーコメントでは塩味についても触れられているものの、意識しないとわかりにくいのではないかという印象。この辺は開封後の時間経過でこなれ、変化があるかもしれません。

(アイラ島のピート湿原。代表的な景観と言えるピート採掘後の風景。大地を削るように掘り起こされたピートは、野積みで乾燥させた後、一般家庭からウイスキー製造まで広く利用される。 Photo by k67)

キャビノックの意味はゲール語でSmoky mistという意味があるのだそうです。
そこでふと思いついたのが、スコッチウイスキーの飲み方である、クラッシュアイスで作るミストスタイル。
このキャビノックはノンチル仕様なので、氷が溶けて濁りに繋がれば、まるで煙がグラスの中に充満するように見えて、口に含めばスモーキーフレーバーが広がる。まさにスモーキー・ミスト。
ちょっと洒落た感じですね。今は時期じゃないですが、暖かくなったら試してみようかな。

このボトルはハイドアウトクラブの投稿者企画で、ウイスキー仲間のMさん提供のボトルをテイスティングさせていただきました。
ブナハーブンと言うとシェリーカスクの印象があるのですが、ピーテッドモルトは若くても仕上がりが良く、バーボン樽の組み合わせは鉄板です。
ブナハーブンの新しい可能性を感じるボトルとして、楽しませていただきました!

ブナハーブン 27年 1988-2015 スリーリバース ダンス 53.7%

カテゴリ:
IMG_0348
BUNNAHABHAIN
Three Rivers
Aged 27 Years
Distilled 1988 
Bottled 2015
Cask type Butt #629
700ml 53.7%

グラス:サントリーテイスティング
量:ハーフショット
場所:BAR飲み(Y's Land IAN)
時期:直近開封
暫定評価:★★★★★★★(6-7)

香り:リッチでフルーティーなシェリーフレーバー。  黒蜜やチョコレートを思わせる甘いアロマ、オーキーな華やかさはややドライにも感じる。ほのかに干し葡萄の酸味や土っぽさ、全体的に嫌味の少ないシェリー樽熟成香でよくまとまっている。

味:少し粉っぽい口当たりからねっとりとした甘さ、香りの印象同様に嫌味の少ないリッチなシェリー感に加え、軽やかなスパイシーさとオーキーなフルーティーさ。アプリコットジャム、オレンジピールチョコレート。鼻抜けにほのかな硫黄香がある。
余韻はねっとりしたシロップの甘さに淡いウッディネスが心地よいドライさに繋がる。パッションフルーツや柑橘類を思わせるドライフルーツが充実している。 


ブナハーブンでシェリーというとえぐみが強くゴムゴムしく、個人的には閉口してしまう印象が強かったところ。
しかし1980年代後半から1990年代前半蒸留のモノには「おっ!」と思うものがいくつか出てきており、特にこのスリーリバースのダンスは、今まで飲んだ1980年代蒸留ブナハーブンの中では頭一つ抜けて良い出来のシェリー樽熟成モルトだなと感じました。
直近のリリースと比較して、マスコットキャラのVサインを獲得していないのが不思議なほどです。

シェリー樽モルト特有のリッチで深い甘みのある口当たりから、樽材由来のえぐみは控えめで、ドライフルーツを思わせる香味がすぐに開いてきます。
ブナハーブンらしくピートは皆無で、シェリーの影響により塩気などの地域特有の要素もありません。余韻はほろ苦くほのかに硫黄香が鼻に抜けるのですが気にならない程度。メーカーコメント同様に柑橘系のドライフルーツを思わせるほのかな酸味と果実味も感じられます。
ホグスヘッドでフルーティーなモルトというのは良くあるのですが、これはバット表記でありながらこうした傾向のある香味は、何か特別な樽なのかなと感じます。バットの27年熟成で224本ボトリングってのも少ないですし・・・少なくとも、ただのシーズニング樽ではなさそうです。

IMG_0350

1980年代はスコッチのシェリー樽モルトにとって暗黒時代に等しく、大きく質を落とした時期でした。
黄金期といわれた1960年代の原酒は枯渇し、シェリー樽モルトはもうダメなのか。。。と思っていましたが、それが1990年前後の時期から質を戻しつつある蒸留所が見られます。
こういうボトルを飲むと未来のウイスキーに希望が持てますね。
評価は7にしようか迷いましたが、今後の変化の触れ幅をとって6-7とします。

ブナハーブン 25年 1987-2013 アデルフィー 46.6%

カテゴリ:
BUNNAHABHAIN
Adelphi Selection
Aged 25 Years
Distilled 1987
Bottled 2013
1 of only 590 Bottles
700ml 46.6%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6) 

香:若干グラッシーなフルーツの皮を思わせるほろ苦い香立ち。麦芽やナッツの香ばしさ。軽やかで爽やか。

味:薄めた蜂蜜、ナッツの香ばしさを感じる甘く香ばしい口当たりから、麦芽、オレンジママレード、オーキーなフルーツ感。ボディはライト寄りだが樽感とのバランスが取れている。
余韻は心地よくドライな麦芽風味。スィートでフルーティー。

ボトラーズからリリースが多いブナハーブンの中でも、当たりというか安定感のあるビンテージだと思う1987年蒸留。某ボトラーズからリリースされた100点満点アイラも1987ビンテージでしたね。
今回のボトルはボトリング本数からおそらくリフィルシェリーバット、材質はアメリカンホワイトオークで、ブナハーブンのシェリー系にありがちなゴムゴムしい感じのものではなく、品の良い軽やかなフルーティーさが楽しめるバランスの良さ。
度数の落ち方、樽の出方、1987の中でも完成度の高い部類に入る1本だと思います。 

ブナハーブンはアイラの中でもノンピートスタイルを主流とするため、樽さえ良ければシェリー系との相性も良く、バーボン樽とはもちろん良い。ほのかな塩気が心憎い仕上がりとなるのですが、アイラモルトというだけで異色な扱いになり、割りを食ってる気もします。
例えばこれがハイランドあたりの蒸留所だったら、一般的な評価は違ってきそうです。あくまで自分の主観ですが。。。

特段このボトルについてはこれ以上語れることも無いので、最後はウイスキー仲間のIさんがUPされていた、自分のお気に入り壁紙をご紹介。
ブナハーブン蒸留所へと繋がる道。この構図、色彩、良いですね~。爽やかな風が吹き込んでくるような景色はまさにこのボトルの味のよう。見ているだけで期待に胸が膨らんでゾクゾクしてきます。
Photo by T Ishihara

ブナハーブン 21年 1990-2012 エイコーン 53.1%

カテゴリ:

BUNNAHABHAIN
ACORN’S Natural Malt Selection
Aged 21 Years
Distilled 1990
Bottled 2012
(Cask type Sherry)
700ml 53.1%

グラス:創吉テイスティング
量:30ml
場所:BAR飲み(Ambrosia)
時期:不明
暫定評価:★★★★★★(6)

香り:こなれた感じのリッチなシェリー感。ブラウンシュガー、微かな硫黄、徐々に黒蜜の甘い香りに変化。樽由来の軽いえぐみとビターなウッディネスも感じられる。

味:甘くリッチなシェリー風味。プルーン、カラメルソース、カカオチョコ、微かな硫黄。
中間はリッチな甘みからビターなフレーバーへ、余韻は甘くドライ、ほろ苦くウッディーで長く続き、チョコレートを思わせる戻りもある。


エイコーンがリリースしたブナハーブンのシェリーカスク仕様と思しきシングルカスク。
1980年代、1990年代のブナハーブンはシェリーのリリースが多いものの、所謂近年シェリー系というか、えぐかったり、硫黄が強かったり、好みを分けるボトルが多い印象があります。

今回のボトルもまた若干の硫黄感はあるのですが、全体的にはこなれていて嫌味が少なく、リッチな甘みとビターなウッディネスを楽しめるボトルに仕上がっていました。おそらく口開けはもっとえぐみが強かったのでしょうけれど、開封後の変化が良い方向に作用しているようです。
先日飲んだTWAのブナハーブン1991もシェリーそのものの質は良かったので、やはり1990年頃のブナハーブンは樽のめぐりが良かったのでしょうか。1990年前後の樽がどの程度残っているかわかりませんが、こういうシェリー系のリリースだったらアリだなと思います。

 
飲んでる最中にサービスで出てきた、チョコのショットグラスで飲むウイスキー。
選んでいただければ入れますよ、と中身は選択制で、「マスターのおすすめは?」と聞けば、シーバスミズナラというので「じゃ、それで」と。
実はシーバスミズナラはのっぺりとした味わいがあまり好みではないのですが、チョコレートの香りが良いアクセントになって、中々楽しんで飲む(食べる)ことが出来ました。
ただ、チョコレートは持つたびに溶けていくので、ゆっくり持っていると滑り落ちてしまう。サッと飲んで残り少なくなったらまとめて口の中へ。
シェリー系のウイスキーやバーボンなんかと、相性がよさそうな飲み方ですね。

ブナハーブン 25年 ジェラール “サガ25周年記念ボトリング“

カテゴリ:
BUNNAHABHAIN 
The 25th Anniversary of SAGA 
"Gelard" 
Aged 25 years 
Distilled 1990 
Bottled 2015 
Cask type Hogshead 
700ml 48.3% 
暫定評価:★★★★★★(6)

 香り:華やかで軽やかな香り立ち。ドライでオーキーなアロマは青リンゴ、ドライパイナップル、微かなハーブを思わせるスッとした爽やかさ。加水すると乾いた麦芽風味とナッティなニュアンスもある。

味:口当たりはややドライでエッジの立ったオーク香とフルーティーさ。ボディはミディアム程度で、そこまで厚みは感じられない。ドライアップル、レモンピールの砂糖漬け、微かにシナモンと、奥には麦芽の白い部分の底支え。
余韻はドライで華やかなオーキーさと微かなスモーキーさが感じられる。
加水すると摩り下ろしリンゴ、ワクシーな風味が開くが、水に負ける印象もある。


SaGaシリーズを知る飲み手なら誰もが驚いた、まさかのスクエニと信濃屋のコラボボトル。
3種類リリースされた中で、特にSaGaシリーズの25周年を記念した色が強かったのが、このブナハーブン25年でした。
本ボトルはサガ2に登場するキャラクター、ジェラールをイメージしたボトリング。
サガシリーズの創世記、中期、未来というコラボボトルの中で創世記に当たる位置づけであり、そこにブナハーブンというのはよほど良い樽だったのか、それともジェラールのキャラクター設定から個性を誇る他のアイラモルトではなく、穏やかで尖った個性のないブナハーブンが選ばれたのか。いずれにしても3種類の中では一番楽しみだったボトルです。 (ついにねんがんのry)
ゲームに関する思い入れは自分あたりの世代だと特に強いものと思いますが、このブログでロマサガについて熱く語っても仕方ありませんので、その辺のネタに触れるのは最低限に留めてボトルの紹介を主眼におきたいと思います。

ブナハーブンは平均してボディが厚い酒質ではなく、このオーキーなフレーバーはいかにもボトラーズからのリリースらしいタイプです。ブラインドでは絞り込みが難しいと思いますが、蒸留所を言われると納得する感じ。
これ以上熟成させたら更にドライで、樽材しゃぶってるような味になってしまうところ、その際どいところでのボトリングであり、ボディが許容できるギリギリの樽感が詰まっている。酒質そのものの味としては、麦芽風味と微かなスモーキーさ、素直な味わいで、バランスよくまとまっています。
口開けでしたので今後さらにドライな方向に振れるか、樽感がこなれてフルーティーなタイプになるか、後者の良い変化を期待したいところ。

後々他の2本についても紹介していきますが、所詮記念ウイスキーって言ってもたいしたことないんでしょ。色物でしょ。と言う勝手な先入観を吹き飛ばしてくれる、良い出来のモルトでした。

このページのトップヘ

見出し画像
×