カテゴリ

カテゴリ:グレンドロナック

グレンドロナック 15年 2000年代流通 43%

カテゴリ:
IMG_20190903_235618
GLENDRONACH
100% MATURED IN SHERRY CASKS 
AGED 15 YEARS 
1990-2000's 
700ml 43%

グラス:テイスティンググラス
時期:不明
場所:Eclipse first 
評価:★★★★★★(6)

香り:ドライプルーンやかりんとうを思わせる甘くほのかに香ばしさのあるシェリー香に、ベリーを思わせる甘酸っぱさのアクセント。スワリングしているとドライなウッディさがメインになって、果実香が衰えていく。

味:スムーズで柔らかいコクを感じるしっとりとした口当たり。香り同様の甘味と果実感、オールブラン系の若干のほろ苦さのある乾いた麦芽風味。余韻はスウィートでややドライ、若干のタンニンや椎茸のようなニュアンスを伴って染み込むように残る。

基本的には同時期のマッカランやファークラスあたりと共通する、シーズニングタイプのシェリー感主体。そこに微かに伴うベリー感が70年代のドロナックに共通するシェリーカスクフレーバーの名残、共通項として感じられる。

IMG_20190903_235743

2000年前後に短い期間でリリースされていたドロナックのオフィシャル。
同オフィシャルリリースは、1980年代から1990年代にかけて、シェリーカスクメインのものと、リフィル(プレーンカスク)メインのもの、濃淡2種類で構成されてきていましたが、今回のボトルがリリースされていた時期のオフィシャルスタンダードは、100%シェリーカスクオンリーでした。

その後は12年表記でシェリー樽原酒をアメリカンオーク(バーボン樽)で再度熟成させたという、”オリジナル”に切り替わり・・・ただ、これは当時サントリーが取り扱っていたにも関わらず全く目立たない銘柄。
結局、親会社が変わったことで「ドロナックのハウススタイルはシェリーカスクにあり」と、2010年頃に18年アラダイス、15年リヴァイバル、そして12年シェリーカスクが発売され、大々的にラインナップが拡充され、100%シェリーカスクのドロナックが現代に甦ることとなります。

IMG_20190906_162408
(グレンドロナック18年アラダイス。1996年から2002年まで操業休止していた同蒸留所は、原酒不足から15年を休売とし、18年も同じ道のりを辿るものと言われていたが、結局現在も販売され続けている。最新ロットは18年表記でありながら中身は最短22年熟成という年齢詐称(笑)。味も正統派で、現行シェリーカスクとしてはかなり頑張っている。M、Fより断然オススメ。1本くらい買っておこうか。。。)

こうしてドロナックオフィシャルリリースの歴史を30年くらい俯瞰して見ると、サントリー時代の12年オリジナルが明らかに異色であり、その1本を境目にフレーバーの系統も大分異なることとなります。
ドロナックのハウススタイルはシェリー、そこに異論はないものの、このシェリー感が全く異なるんですよね。

以前レビューしたクリアダンピーボトルの18年は、素晴らしい赤い果実のフルーティーさを備えた1本。これは1970年代前半のドロナックのシェリーカスクに見られる特徴で、流通時期と熟成年数を考えれば違和感のない特徴と言えます。ここから徐々に該当する果実感が薄くなっていき、今回の15年でひっそり感じられるあと、サントリー時代を挟んで消える。
逆にシェリー感に近年のシーズニング系というか異なる甘味、果実感が増えていくのがもうひとつの傾向であり、使われている樽の比率が変わっていったことが香味の変化から感じられるのです。

IMG_20190911_004303

今日のオマケ:ニュートン アンフィルタード ピノ・ノワール 2014
モエヘネシーが所有しているワイナリー。樽での発酵後、フィルタリングをしないで瓶詰めされるというウイスキー好きが反応しそうな仕様も特徴。
トータルでは普通に美味しいカリピノですね。特徴とも言えるベリー系の甘酸っぱさに、もう少し熟した感じがあるかと思ったら、意外と仏っぽさがあるというか、ちと香りや味のタンニンも硬く、若々しい感じが。1日置いても大きく変わらず、作りはしっかりしているだけに4~5年放置しても良いかなって印象です。

グレンドロナック 15年 リバイバル 2019年リリース 46%

カテゴリ:
IMG_20190330_201330
GLENDRONACH 
REVIVAL 
Aged 15 years 
Cask type  PX and Oloroso sherry 
2018-2019's 
700ml 46% 

グラス:テイスティンググラス
時期:開封後数日以内
場所:BAR LIVET
暫定評価:★★★★★★(5ー6)

香り:おがくずのようなウッディネス、干し草やジンジャー等のスパイス香、ブラウンシュガーの甘みと合わせて、徐々にプルーンやオレンジなどのドライフルーツを思わせるシーズニングシェリーのアロマ。

味:やや草っぽさとリコリス、ビターなウッディネスが粘性を伴って広がる。続いて色の濃いはちみつ、オランジェット、プルーンのドライフルーツの甘味もあり、杯を重ねるごとに存在感が増す。
余韻はウッディで、カカオのようなタンニンと合わせて奥にはオーキーさも多少あり、アプリコットのようなフルーティーさも潜んでいる。

アメリカンオークのシーズニングだろうか。最初は草っぽいウッディさが強く、ビターで好意的ではない要素もあって思わず身構えてしまう。しかし飲んでいくと気にならなく、むしろシェリー樽由来の粘性や甘味、ドライフルーツを思わせる要素が馴染んでくる。何口かゆっくり馴染ませて良さを引き出したい。

IMG_20190330_201401

グレンドロナック15年再復活。2015年に終売となったグレンドロナック15年が、2018年の9月頃から順次リリースを再開。今年に入ってアサヒビール取り扱いの正規品も日本に入ってきました。
グレンドロナック12年から21年のオフィシャルラインナップは、シェリーカスク由来の濃厚な味わいでファンが多く、愛好家にとっては待ち望んだ出来事、明るいニュースです。

終売になった経緯は、グレンドロナックの操業期間にあったと考えられています。
同蒸留所は1996年から2002年の間操業を休止していたため、該当する原酒が不足。結果、15年リヴァイバルは2012年以降いつ終売になってもおかしくなかったのですが、むしろよく2015年まで販売を続けたなという状況でした。なんせ15年表記なのに一番若い原酒で18年相当の熟成年数という、おかしなことになってしまうのですから。
(同じ理由で終売されるのではと予想された18年アラダイスは、販売を継続して今日に至っているので、18年のリリース継続のため原酒をセーブしたのかもしれません。)


さて、新たにリリースされたグレンドロナック15年は「リバイバル」の名称そのまま、ラベルデザインも終売前のものを踏襲していますが、よく見るとAGED 15 YEARS表記の下に書かれた説明文が2015年以前のものと異なっています。
※旧ラベルのまま新ロットを販売しているサイトも散見されるので、注文の際は注意。

IMG_20190403_181203
(画像引用:グレンドロナック15年リバイバル旧ラベル)

旧)EXCLUSIVELY MATURED IN THE FINEST SPANISH OLOROSO SHERRY CASKS
新)MATURED IN THE FINEST PEDRO XIMENES & OLOROSO SHERRY CASKS FROM SPAIN

新しいリバイバルは、スペインで製造(あるいは調達された)PXとオロロソシェリー樽を用いた熟成と読める表記ですが、旧リバイバルのように、100%スパニッシュシェリー樽であるかは指定がありません。
PXとオロロソを用いるバッティングは、グレンドロナック12年でも採用されており、その世代の樽が15年で使えるようになってきたこと。加えて、シーズニングシェリーカスクは近年アメリカンホワイトオークの割合が増えているそうで、表記の違いにはこうした背景もあるのだと考えられます。

味のほうは、一口目が植物感というか苦味というか、シェリー樽由来のあまり良くない要素が感じられて「おや?」と思う一方で、続いてくる良い部分が口内に馴染んで行き、何口か飲んでいくとむしろ良さのほうがメインに感じられる点はポイント。これは旧15年にはなかった特徴です。
製造方法も一部変わった再稼働後の原酒、新しい世代のグレンドロナックであり、酒質や樽で当然変化はあります。それを上手く活用して、スタンダードラインナップを復活させた。
樽で苦労してるとは思いますが、歓迎すべきリリースなのです。


グレンドロナック ハンドフィル 25年 1993-2018 蒸留所限定 57.7%

カテゴリ:
GLENDRONACH
HAND-FILLED
Aged 25 years
Distilled 1993
Bottled 2018
Cask type Sherry Butt #698
700ml 57.7%

グラス:
場所:BAR ミズナラカスク (水楢佳寿久)
時期:開封後半年程度
暫定評価:★★★★★★(6)

【ブラインドテイスティング回答】
地域:スペイサイド
蒸留所:モートラック
熟成:20年程度
蒸留時期:1980年代後半~1990年頃
樽:シェリーバット・スパニッシュオーク
度数:58%程度

香り:ドライでスパイシー、ドライプルーンなどのダークフルーツ、香木やハーブのアクセント、かすかに黒蜜を思わせる甘酸っぱく濃厚なシェリー香。

味:パワフルで濃厚、しっかりとした酒質で余韻にかけてスパイシーな刺激も感じられるが、どこかこなれたような印象を受ける口当たりでもある。
余韻はビターで湿ったようなウッディネス、カカオチョコレートにベリーや黒葡萄、ハイトーンで長く続く余韻。

おそらくスパニッシュオークのシェリーカスクで、近年系シェリーの中でも評価されているタイプの香味が備わっている。十分美味しいのだが、もう少し甘みというか果実味が該当する香味に備わっていれば、さらに上の評価をつけていた。ストレートまたは少量加水で。


BARミズナラカスクにて、オーナーの篠崎さんが現地蒸留所にて購入されてきた、バリンチ(ハンドフィル)ボトル。何杯か飲んだ後で、最後の1杯に「ちょっとブラインドでもやってみます?」として出題いただいたものです。

シェリー感は所謂シガーモルトタイプ。テイスティングの通り強い酒質があり、かつ比較的涼しい場所にある内陸系の蒸留所で思い浮かんだのが、グレンファークラスやモートラック。どっちかと言えばモートラックかなぁという感じでしたが、該当する蒸留時期でグレンドロナックが出てこなかったのは不覚でしたね。。。 

一方で、口当たりには経年変化に近いようなこなれた印象もあり、熟成というよりボトリングから数年単位で時間が経ったのではないかと予想しましたが、思いっきり近年ボトルでした。
その違いはスペックを効いて納得。グレンドロナックのハンドフィルは、一度樽から払い出した原酒を90リットル程度のハンドフィル用のカスクに移し、そこから購入希望者が詰める形式で販売されています。
そのため、通常のボトリング行程と比較して空気に触れやすい環境にあることが、今回のようなこなれた印象に繋がったのかもしれません。

glendronach-hand-filled-visitor
(グレンドロナック蒸留所、ビジターセンターでのハンドフィル風景。購入者がラベルにサインし、ボトリングが行われる。画像引用:Peated perfection

ブラインドテイスティングの回答としては、樽と度数しか合致しておらず、それ以外は誤差の多い結果になってしまいましたが、誤認した部分と整合性の取れる理由もありましたので、納得のいく結果でもありました。何より、現地で購入された貴重なボトルのテイスティング機会を頂き感謝です。

それにしてもこういうスタイルのハンドフィルはまさに限定品という感じで、ロマンがありますよね。法律の問題などあるのだと思いますが(確か瓶詰め専用の部屋が必要とか)、現在日本の蒸留所で同じスタイルのハンドフィルの販売を行っているところはなく、あるのは酒屋の量り売りくらい・・・。
大手は難しいと思いますが、原酒の量がある程度確保できた数年後、クラフトディスティラリーなどはこうした試みを行っていただけないかなと思っています。

グレンドロナック 25年 1968年蒸留 ANA向け 43%

カテゴリ:
GLENDRONACH
Aged 25 years
Distilled in 1968
For ANA
Cask No,20
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
時期:開封後1年程度
場所:KuMC@NSさん
評価:★★★★★★★★(8-9)

香り:ベリー感を伴う濃厚なシェリー香。カカオをまぶしたチョコレートクッキー、イチジクの甘露煮、クランベリーや熟した苺の赤い果実香。スワリングしているとオーク由来の華やかさを感じる。

味:濃厚で芳醇な含み香。スムーズな口当たりから、香り同様にベリー感ある甘酸っぱさとこなれたウッディネス。枝付きレーズン、クランベリーチョコレート、アーモンドのアクセント。余韻はウッディで程よいタンニンを伴いつつ、陶酔感のあるシェリー香が長く続く。

ベリー系オールドシェリーの豊かな香味に、熟れた果実が発する、ある種のフェロモンを含むようなゾクゾクさせる要素を伴う素晴らしいボトル。
加水すると穏やかな飲み口でシェリーオーク由来の豊かな甘みがベリー感と共にさらに広がる。

グレンドロナックのオフィシャル加水リリースの中で、非常に高い評価を受けている一本。1960年代後半から1970年代前半のドロナックに多く見られる、深いコクとベリー感漂うリッチな香味が特徴の、ここ2〜3年以内のリリースではまずお目にかからない、素晴らしいシェリー樽熟成モルトです。
このままウイスキーのシェリーカスク製造方法に革命が起きない限りは、あるいは後述する後天的変化が起きない限りは、将来は伝説的な評価を受ける可能性が高いボトルだと思います。 

素性としては、成田−ヒースロー間を就航していた、ANA国際線の機内販売で限定販売されていたというリリースで、総本数は2500本と言われています。自分が機内で買ったら確実に我慢できず、その場で開けますねw
しかしなぜグレンドロナックなのか。マッカランでもフィディックでもボウモアでもなく、なぜANAは日本でほぼ無名とも言うべき蒸留所を選んだのかは疑問が残ります。(スコットランドでも当時第一線というほどではなかったと思います。)

どのくらい無名だったかと言うと、1990年代初頭、当時18年クリアダンピーが売れないからと、1本1000円で社内販売したという噂を。。。聞いた記憶が。日本市場におけるウイスキー冬の時代とバブル崩壊後が極まったようなエピソードが伝えられているほど。(ちくしょう!ケースで欲しい!)
ひょっとするとこのANAドロナックも、そうした過程の中でカスクが払い降ろされて誕生したのではと推察しています。

仕様は43%の加水であるため、バッティングのシングルモルトなのかと思いきや、シングルカスクの加水を複数リリースして計2500本だった模様。背面ラベルには異なるカスクナンバーと、ボトリング本数が記載されています。(確認できる範囲で、一番若いナンバーで3、大きい数字は27。2500本とする場合、6カスク程度あるものと推察。)
他方で、中には全く記載されていないボトルもあり、ひょっとするとバッティングもあったのかもしれません。


なお、グレンドロナックの加水は、このANA向けのような濃厚シェリーであっても後天的にパフュームに変化する可能性を秘めていると考えられます。
以前写真のオフィシャルクリアダンピー18年で該当する香味に変化したボトルを飲んだことがあり、このボトルもひょっとして状態次第で該当する変化が起きないか、極めて心配になってきました。

その意味で、このボトルは本当時良い時期に飲ませてもらえました。中にはこれを御本尊にように飾られているお店もあるようですが、開けたらウボァーってことになっていないことを、祈るばかりです。

グレンドロナック 18年 1980年代流通 43% クリアダンピー

カテゴリ:
グレンドロナック18年
GLENDRONACH
Aged 18 years
1980's Clear Dumpy bottle
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
場所:自宅@サンプルMさん
時期:不明
評価:★★★★★★★★(8)

香り:黒砂糖、苺ジャムや葡萄を思わせる果実香、熟した果実のように引っかかりのない惹き付けられる甘みのある香り立ち。時間を置くとカカオチョコレートの奥深いほろ苦さ、さらにベリー感、ランシオ、陶酔感を伴う。

味:まろやかでコクのある口当たり、香り同様のベリー系の果実感、レーズンチョコレート、徐々にウッディーなタンニン。ほのかにフローラルなアロマが鼻腔に抜ける。余韻はオールドシェリーの甘み、ドライでタンニンが口内に染み込む。

なんと言っても香りが素晴らしい。残り香だけで御飯3杯食べれてしまうような、これぞシェリー樽熟成のウイスキーに求める陶酔感がある。味には少し古酒っぽいニュアンスはあるが、果実味とふくよかな甘みと共に樽由来のウッディネスが蓄積してくる。 


グレンドロナックが1980年代にリリースしていた、シェリータイプのオフィシャル18年。
同時期のオフィシャルラインナップは、グリーンカラーのダンピーボトルで8年、12年がリリースされていますが、グリーンダンピーのものはプレーンカスクで熟成されたような淡い色合い、酒質主体の構成で、18年とはベクトルの異なるリリースとなっています。(以下写真参照)

この8年や12年を飲むと、当時のグレンドロナックはトロピカル要素を含むフルーティーさと麦芽風味、ピート香と酒質が強かった時代のハイランドモルトの魅力がしっかり備わっていることがわかります。
そして18年はというと、その酒質をベースとして、後の1971や1972などのリミテッドリリースで愛好家を唸らせた、別格なシェリー感を備えている。そんなボトルをオフィシャルラインナップで量産していたわけですから、この時代のグレンドロナックは化け物としか思えません。


さて、改めて言うまでもなくグレンドロナック18年のオールドは、自分の大好物なタイプのシェリー系モルトです。
過去何度もテイスティングをしており、それこそ墓まで持っていきたいウイスキーの一つ、とも宣言していたほど。ただ、今回のボトルは少しばかり事情が異なっていました。

今回のボトルは、自分のウイスキー仲間のMさんとサンプル交換したもの。(写真もお借りしました!相変わらずプロと見まごう程のクオリティです。)
頂いたサンプル瓶は2つ。1つ目を開封したところ、香りはやはり素晴らしい陶酔感を備えている一方で、味の余韻にかけて何故かソーピーなパフューム香が。。。
自分はパフュームと硫黄、あとはキャップ系のオフフレーバーに関して鋭敏な傾向があるのですが、まさかグレンドロナックからこのフレーバーが出ているとは信じられませんでした。

持ち主に確認したところ、やはり同様のニュアンスを感じるとのこと。特に持ち運んだりして振動を与えると開いてくるようです。
残ったもう1つのサンプルは、しばらく安置した結果気にならない程度に治まってくれたのですが、スワリングにすら反応するようで、1ショット飲みきる頃には該当するフレーバーが奥のほうに再び芽吹いてるような感じもありました。

いい色してるだろ?ウソみたいだろ?
でもパフュってるんだぜ。。。なんて呟いてしまった1杯目。

所謂パフューム香と言われるフレーバーは、製造行程で付与される先天的なケースが広く知られているところですが、ボトリング後に何かが変化して生まれてしまう後天的なケースもあります。
パフューム系の香味で知られるボウモアやグレンタレット、エドラダワーなどは先天的ですが、このボトルは後天的なものと考えられます。類似の事例は何度か経験しており、このブログで掲載したボトルではキングスバリーのロングモーン1964がありました。
あくまで仮説で科学的な検証はしていませんが、麦由来のトロピカル系のフレーバーを形成する要素は、加水や熱など何らかの原因で鹸化してパフュームに変化する可能性があるのではないかと、改めて考えさせられたわけです。

オチというほど大層なモノではありませんが、蒸留酒故寿命が長いウイスキーとはいえ、いずれこのように変化するリスクがある。美味しいボトルは美味しいうちに。それこそ自分の体が健康で美味しく飲めるうちに楽しみたいですね。

このページのトップヘ

見出し画像
×