カテゴリ

カテゴリ:ハンキーバニスター

ハンキーバニスター 12年 1980年代流通 特級表記 43%

カテゴリ:
IMG_3289
HANKEY BANNISTER
Aged 12 Years
Scotch Whisky
1980's
750ml 43%

グラス:木村硝子テイスティンググラス
量:30ml以上
場所:自宅
時期:開封後4ヶ月程度
評価:★★★★★★(5-6)

香り:香ばしい穀物系のアロマ、殻付きの麦芽や干し藁の乾いた植物感に、ほのかにメレンゲクッキーを思わせる甘みが混じってくる。

味:しっかりとした骨格を感じる口当たり。ママレードジャム、カルメ焼きの香ばしさを伴う甘さ、ほのかに乾いた植物感。徐々にほろ苦い麦芽風味が、みたらしの焦がしたようなニュアンスに変わっていく。
余韻はほろ苦く、軽いスパイシーさが染み込むように長く続く。

使われた原酒の酒質の良さを感じるブレンデッド。しっかりとした骨格があり、モルティーな味わいと樽由来の甘みが飲みごたえにつながっている。
それゆえ加水にも負けず、穀物や干し藁系の香味に代わりに甘みが引き立ち、飲スウィートな麦芽風味もある。ハイボールにしても同様で、余韻にかけてしっかりと味が残る。
グレンファークラスがキーモルト、と聞くだけで少し気持ちが前のめりになってくるブレンデッド。ハンキーバニスターの1980年代後期流通品です。
ハンキーバニスターの中身に関する情報は、1年ほど前に書いた同時期流通のノンエイジ品の記事にほとんど載せてしまったので、実は改めてこれと書きづらい部分があります。

なので、残ったスペースでは流通時期とリリース、ラベルの特徴について少し触れて結びとしたいと思います。
ハンキーバニスターのラインナップは、NA、8年、12年、15年、21年の5種類が確認できます。
NAから12年はスクウェア型のトールボトル、12年、15年は花瓶のようなデザインのフロストボトル、21年は藍色が映える陶器ボトルが特徴的です。

この全てのラインナップが揃うのが1980年代で、1970年代となると15年、21年はリリースされておらず、NA、8年、12年がリリースの中心。
シンボルマークは1980年代が1ポンド硬貨を思わせるイラストであるのに対し、1970年代以前はエリザベス女王の紋章をモチーフにしたようなデザインが使われています。
1978年の一件で、紋章を使えなくなったための変更でしょうか。

ハンキーバニスター 1980年代後期流通 ”ウイスキー特級” 

カテゴリ:

ハンキーバニスターはグレンファークラスがキーモルトと言われているブレンデット。
でしたが、現在はインバーハウス傘下にあり、構成原酒も同社が所有するプルトニー、バルブレア、アンノック、スペイバーンなどに変わっています。
ハンキーバニスターのグレーン抜きとなるグレンドラモンドは兄弟銘柄。グレンドラモンドの方は少々若さを感じるもののシェリー系の構成で、しっかりした味わいに仕上がっています。

HANKEY BANNISTER
SCOTCH WHISKY
1980's
43% 750ml

構成原酒:グレンファークラスなど
評価:★★★★★(5)

香り:リフィル系のシェリー香とグレープフルーツやオレンジを思わせるウッディーなアロマ、麦芽、アーモンド、少し古い油のようなヒネ香、えぐみがある。芯の強い香り立ちで微かにスモーキー。アルコールが立っており状態の良さを感じさせる。

味:コクがあってボディのしっかりした甘くほろ苦い口当たり、雷おこし、ザラメ、オレンジピール、後半シェリー樽の香味が残る。フィニッシュはビターでほのかにピーティー。カステラの茶色い部分を思わせる甘さが長く残る余韻。

キーモルトからこってりタイプを連想するやもしれませんが、1980年代流通あたりのモノはバランスタイプで、モルティーなフレーバーが展開された後で、シェリーは後半に感じる程度。
そうした風味のため、ロックやハイボールが意外と悪くなく、特にロックが良い。コクのあるブレンドなので氷にも負けず、ハイボールにしても余韻に味がしっかり残ります。
個人的な好みを言えばもうちょっとシェリーが濃くても良かったのですが、それはさらに古い時代のものが応えてくれます。


1980年代後期、特級時代の末期頃の流通ボトルで期待していませんでしたが、開けてびっくり状態が良く、シェリー香もわかりやすく、楽しめたブレンデットでした。
特級表記は時期によっていくつかのパターンがあるのですが、ただ「ウイスキー特級」のみ書かれるシンプルな表記は1980年代後半の特徴。色々ボトルを見てきましたが、1988年、1989年あたりに多いように思います。

この1988年はハンキーバニスターにとって節目となる年です。
海外サイトの情報では、同年、インバーハウス社がハンキーバニスターのブランドを取得、上述のとおり名前は同じでも中身は違うものに生まれ変わります。 
このボトルはちょうどその辺りの日本流通ですが、当時の流通速度を考えればインバーハウス社に切り替わる前の在庫でしょう。
また日本ではバブルの崩壊、ウイスキーブームの完全終焉により、同ボトルを積極的に展開していた三越が取り扱いを縮小。いつしかハンキーバニスターは日本の市場から姿を消しました。 

スコッチオデッセイの表現を引用すれば、1970年代はスコッチウイスキーの黄金時代でした。
改めてこのボトルを見ると、淡い琥珀色がスコッチウイスキー黄金時代最後の名残のように思えるのです。

このページのトップヘ

見出し画像
×